b's mono-log

« 自作機をようやく Windows 10 化 | メイン | 銀座 金春湯からのシロ・カシラ(タレ) »

2016/07/01 (Fri.)

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY @TOHO シネマズ日本橋

機動戦士ガンダム サンダーボルト』の劇場版イベント上映を観に行ってきました。

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY @TOHO シネマズ日本橋

TOHO シネマズ日本橋の TCX シアターにて。この作品は戦闘シーンの迫力と楽曲とのマッチングが素晴らしいので、自宅環境ではなく劇場で観たかったんですよね。新宿ピカデリーや横浜ブルク 13 では 4K 上映もされているらしいですが(本作はガンダムシリーズ初の 4K 製作)、2K でも TCX シアターなら最高と思える画質で堪能することができました。

サンライズ第 1 スタジオが手がける戦闘シーンは圧巻の一言。『UC』でもここまでスピード感のある戦闘シーンはなかったように思うので、一年戦争でこのモビルスーツ性能はチートすぎでしょとか、サンライズ第 1 スタジオって「モビルスーツが超高速に動く表現」は赤い光がジグザグに飛び回る表現しかできないのかとかツッコミどころはありますが(笑)、それでも 70 分間座席から微動だにできませんでした。これはテレビ画面でしか観ないというのはもったいないわー。劇場行って良かった。

音楽もまたいい。楽曲は、劇伴作家ではなくガチのジャズ・ミュージシャン菊地成孔氏。私はジャズをあまり聴かないので今回初めて知ったのですが、先日の『ガンダム LIVE EXPO』でご本人も「普段はアニメを全く観ないだけでなく、むしろジャズ以外の趣味を何も持っていない」というくらいの門外漢。登場人物たちが出撃時に聴いている楽曲という設定なので、むしろ純粋なジャズ界を出自に持つ音楽の方がリアリティを感じます。戦場のスピード感や混乱と見事にマッチしていて、カッコイイ。
最近流行りの爆音上映というわけではないですが、自宅ではなかなか鳴らせない大音量でこのフリースタイルジャズと戦闘シーン SE のコラボレーションを味わえるのも劇場ならでは。劇中でイオが「音楽は耳じゃなくて身体で空気の振動を感じるモンだ」という台詞がありましたが、この作品の音楽・SE も身体で感じてナンボだと思います。

本作はもともとネット配信された 4 話分の OVA を一本の劇場版にまとめたものですが、新規カットもあり。戦闘シーン等にいくつかの追加カットがあったほか、ED を兼ねたラストシーンに大幅な追加がありました。これを見て感じたのは、やっぱり続き作る気マンマンじゃないですかー!ということ。原作コミックのほうは既に第二部・地上編に突入しているそうなので、そちらのアニメ化計画があるのでしょうね。宇宙空間とはまた違った重力を感じる MS 戦、期待したいところです。

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY [Blu-ray]

B01EHI4MOK

投稿者 B : 23:12 | GUNDAM | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 自作機をようやく Windows 10 化 | メイン | 銀座 金春湯からのシロ・カシラ(タレ) »