b's mono-log

« MERRELL BASK MOC | メイン | EOS M5 »

2016/09/14 (Wed.)

超高速!参勤交代 リターンズ@チネチッタ

前作がとても好きだった映画の続編が公開されたということで、さっそく観に行ってきました。

超高速!参勤交代 リターンズ

しかし『シン・ゴジラ』や『君の名は。』が大ヒットを飛ばしている一方で、それ以外の邦画はほとんど顧みられていないのか?平日夜というのを差し引いても、公開一週間以内の映画館がガラガラ、というのはちょっと心配になってしまいますね。私はほぼ中央の席を取ったんですが、同じ列には他にお客さんがいませんでした。

事前情報を仕入れずに観に行ったので、期待半分、不安半分という気持ちでした。「続編に名作なし」というように、前作の焼き直しだったらどうしよう...と。

ストーリーは前作で「超高速に参勤」した後の話。参勤したら交代(帰郷)もするわけで、湯長谷藩(現在の福島県いわき市)への岐路の出来事です。前作で佐々木蔵之介演じる内藤政醇に無理難題をふっかけた幕府老中・松平信祝(陣内孝則)が再び策を弄し、湯長谷藩で一揆を発生させて今度は往路のさらに半分の時間で参勤交代の復路を行かせる、というストーリー。

いくら時間軸が半分になったからといって、同じように制限時間の中を走って参勤交代させるだけじゃ芸がないよね、と思ったけど、参勤交代自体はけっこうあっさり完了。製作サイドも前作からどうスケールを広げるかはかなり意識したようで、帰郷後の湯長谷藩での出来事に尺の大半を使いつつ、同時に江戸での出来事を平行して描くという二面展開。当初想定していなかった流れで、飽きるどころか先が気になっていきました。
それから全体的に前作よりも殺陣のシーンが大幅に増えていて、ダイナミックかつ緊張感のある場面が要所要所に出てくるのも良かった。一方で期待通りの細かな笑いも忘れず、緩急のある内容にまとまっていると思います。

個人的には今回初登場となった大岡越前の配役が意外すぎてスクリーンに出てきた瞬間に吹き出してしまったんですが(笑)、そういうのも含めて俳優陣の個性と実力が揃っていることが、この映画をうまく引き締めていると思います。あと一般的にあまり富山出身のイメージがない西村雅彦が珍しく富山弁(シチュエーション的にかなりわざとらしい)を喋っているのもポイントです(ぉ。

大作の陰で埋もれがちな邦画だけど、私はこういうの好きです。でもさすがに三作目...はないだろうなあ(笑。

投稿者 B : 23:30 | Japanese Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« MERRELL BASK MOC | メイン | EOS M5 »