b's mono-log

« April 9, 2017 | メイン | April 11, 2017 »

2017/04/10 (Mon.)

Windows 10 Creators Update

先週後半から先行配信が始まっている Windows 10 の大規模アップデート「Creators Update」をさっそく適用しました。

大型アップデート「Windows 10 Creators Update」提供開始 -INTERNET Watch

Windows 10 Creators Update

今回は思い切っていきなりメインマシンをアップデート。重大な不具合出ないといいなあ(汗

Creators Update の目玉機能は以下の内容と言われています。

  • Windows Ink の機能強化
  • 「Paint 3D」をはじめとした 3D 関連の機能追加
  • OS レベルで VR/MR をサポートする「Windows Mixed Reality」の搭載
「Creators」というだけあって、ペン関連と 3D/VR/MR 関連の機能に特化した印象。そういえば最近の Surface もやたらクリエイター推しだし、Mac への対抗軸を作りたいんだろうなあという雰囲気が滲み出ています。

Windows 10 Creators Update

Windows MR としては「拡張現実ポータル」という VR/MR 向けプラットフォームが標準搭載されました。これ、今年後半に発売されるという各社の VR/MR ヘッドセットを使って VR 空間内を動き回ったり、ここから他の VR/MR アプリを起動する役割を持っています。VR 空間内には空中の任意の場所にアプリウィンドウを配置することができて、Windows が MR によって「デスクトップ」という概念から脱却しようとしていることの一端を垣間見ることができます。私は一度だけ HoloLens を体験したことがありますが、HoloLens は現実空間内に MR でウィンドウを配置できたのに対して、この「拡張現実ポータル」は VR 空間内で同じことができるイメージ。まだ粗削りな印象はあるものの、新たな OS のシェルを定義しようとしている感覚があり、なかなか面白い。

ただ、現時点では Windows MR 対応の HMD は発売されていないので、この機能を実際に使うことはまだできません。が、

Windows 10 Creators Update

設定の「更新とセキュリティ」→「開発者向け」から「開発者モード」を有効にしておくと、拡張現実ポータルを起動した際に「シミュレーションのセットアップ」を行うことができ、PC ディスプレイの平面の中ではあるものの、このアプリの UI イメージに触れることはできます。2D で見ると実際の VR の感覚の半分も理解できないと思いますが、とりあえず一見の価値はアリ。

でもこれだけだと大半のユーザーには Creators Update をすぐに適用するメリットはないように思えます。が、実際には変更点は多岐にわたっています。具体的にはマイナビに掲載されている以下の記事が詳しい。

「Redstone 2」アップデート対応版!! すべてが分かるWindows 10大百科 (1) 創作者向けの「Creators Update」 | マイナビニュース

特に基本的な UI 周りは地味ながら細かく手が入っています。例えばスタートメニューのタイルの使い勝手が向上していたり。

Windows 10 Creators Update

従来のタイルは Windows 8 のライブタイルの残滓という感じであまり使い道がありませんでした。アプリアイコンを自由に配置することもできましたが、フォルダ分けができないのでまだ左側のアプリ一覧のほうが使い勝手が良かった。それが、Creators Update では Android のホーム画面のようにフォルダを作ることができるようになり、自分でカスタマイズすることでアプリの呼び出しが随分ラクになりました。これなら余計なライブタイルを消してよく使うアプリをまとめておけば、アプリ一覧からたどっていくよりも素早く操作できそうです。

またコントロールパネル関連も大幅に整理が進みました。

Windows 10 Creators Update

今までは設定画面が UWP(ユニバーサルアプリ)ベースの「設定」と従来の Win32 ベースの「コントロールパネル」が共存し、「設定」は Windows 10 Mobile と共通のライトな設定周りが中心、「コントロールパネル」は従来からある深い設定が網羅、という感じで分かれていました。これがまた使いづらく、どこに何があるのか迷いやすい構造を生んでいましたが、今回のアップデートで主要な設定機能が「設定」にまとめられました。シンプルすぎるフラット UI はイマイチ好きにはなれないけど、「コントロールパネル」側にあった機能の多くが「設定」に移植され、とりあえず「設定」から辿れば良い状況になったのは大きな進歩。MS は同じ機能を Win32 から UWP に作り替えるという地味な作業をやったはずで想像以上に時間がかかったのでしょうが、ようやく整理されてきました。

Windows 10 Creators Update

画面解像度を変更するにも、従来はディスプレイのプロパティを開いてから「詳細」を開かないと操作できなかったのが、1 ページ目にまとめられています。など、こういう当たり前なんだけど今まで何故かとっちらかっていた UI がようやく整理統合されてきたのはありがたい。クリエイター向けの新機能よりも、こういう UI の改善の積み重ねこそが Creators Update の価値であるとすら思います。

一般ユーザー向けには明日以降順次 Windows Update を通じて配布開始されるようですが、旧バージョンの Windows からの移行に取っ付きづらさを感じていた人も、これならそろそろ切り替え時なのではないでしょうか。

Microsoft / Windows 10 Pro

B01JNAVHJA

投稿者 B : 23:43 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

« April 9, 2017 | メイン | April 11, 2017 »