b's mono-log

« April 2017 | メイン | June 2017 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2017/05/31 (Wed.)

Zeiss Touit レンズファームウェアアップデート

主に α6000 で使っているツァイス Touit 32mm F1.8 ですが、以前からちょっとした不具合に悩まされていました。

Touit 32mm F1.8

条件によって、撮影した画像の下半分の露出が異常に低い(暗い)状態で撮れてしまったり、

Touit 32mm F1.8

画像の下端がブラックで記録されてしまったり。
F4~6.3 くらいの設定で撮影したときに発生するようなのですが、再現性は 100% ではなく、原因はよく分かりません。でも昔から(最近はあまり聞かないけど)ミラーレスカメラでオールドレンズを使うときに電子先幕シャッターを使用するとケラレることがあるというのはオールドレンズユーザーにはよく知られた話で、確かにそれによく似た症状ではあります。それにしたって電子連動してるレンズで起きるとは...不具合なんでしょうね。

いつかのボディ側のファームウェアアップデートにこれの対策が含まれてくるかな?と思いましたが、現時点ではその様子もなし。ソニー純正レンズではないし、シグマやタムロンのようにファームアップ用のレンズドックが発売されているわけでもないし、再現性 100% ではないから一度に複数枚撮って OK テイク使えばいいや、という感じで今までダマシダマシ使ってきたんですが、先日シグマのキャッシュバックに駆け込まなかった方から「こんな症状出てないですか?」と聞かれ「それだよ!」と(;´Д`)。やっぱり同じ不具合抱えてる人がいた...。
しかも知らない間にツァイス自身がファームウェアアップデートサービスを始めているということで、私もさっそく申し込んでみました。

ファームウェアの更新 Touit Eマウント

Touit 32mm F1.8

こちら↑、ファームアップ前の状態。純正レンズならばこの画面にレンズファームバージョンも表示されるところが、互換レンズでは表示されません。だからファームアップも期待できないだろうな、と思い込んでいました。

ちなみに富士フイルム X マウント用の Touit はメーカーに送らなくてもユーザー側でファームアップが実施できるようです。調べてみたらダウンロードできるファームウェアのネーミングルールも X マウント純正レンズと同じだし、Touit 関連の特許はツァイスと富士フイルムの連名で申請されているというし、薄々そういうことだろうなと思っていましたがやっぱりそうだったんでしょうね。

Touit

というわけでツァイスのサイトからファームウェア更新依頼書をプリントアウトして添付、市ヶ谷のツァイス(株)本社に送付。12mm F2.8 のほうにも更新ファームが出ていたので、特に不具合はないけどついでに送っておきました。送料はとりあえず片道は発払い(都内から 1,000 円ちょっと)、返送は先方負担で送られてきました。
ちなみに私の 32mm は国内ではなく B&H の抱き合わせセールで買ったものなので、化粧箱に北米版の品質保証シールが貼られています。まあグローバル企業だし日本製のレンズだし固いことは言われないでしょうと思ったら、案の定何のお咎めもなく対応いただけました。

なお私の場合は今週月曜日に発送して今日届いたので、中一日。届いてすぐ作業してそのまま送り返してもらえたようで、恐ろしく早い(;´Д`)。どうも私より先に送った人のところにはまだ返ってきていないようですが(ぉ

Touit 32mm F1.8

12mm・32mm ともレンズファームウェアは Ver.02 になりました。試しに今まで不具合が出ていた設定で連写してみたところ、ケラレも下端切れもゼロになりました。不具合が直っただけとはいえ、これは嬉しい。描写自体はすごく気に入っていたレンズなので、これで改めて使い込んでやることができます。ツァイスの担当の方、迅速なご対応ありがとうございました。

というわけで、Touit で同様の症状に悩んでいる方はファームウェアアップデートをオススメします。

Carl Zeiss / Touit Planar T* 32mm F1.8 E-mount

B00COJO7WC

投稿者 B : 23:36 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2017/05/30 (Tue.)

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM 購入

少し早い、自分への誕生日プレゼント。

シグマ / [Art] 85mm F1.4 DG HSM

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

ずっと狙っていたレンズ。シグマのレンズキャッシュバックキャンペーンの期間終了間際、駆け込みで購入しました。
85mm F1.4 といえば α 用の G MASTER レンズも評価が高いですが、価格差が大きすぎるのと私の場合は EOS・α 両対応できるという点に惹かれてシグマを選択。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

半年前に店頭で初めて触ったときにもおののきましたが、実に巨大なレンズです。このぶっといフォーカスリングが「AF でも MF でもどんと来い」と言っているかのよう。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

フィルタ径はなんと φ86mm。「ツァイス Otus をリファレンスに開発した」というのがこのレンズの触れ込みですが、前玉の大きさまで Otus 級になっています。ここまで来るともはや「デカイ前玉だけでご飯三杯イケル」とか言っているレベルではありません(;´Д`)ヾ。やる気と腰が試されている...。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

φ86mm ともなると MC プロテクタの選択肢も少なく、値段も上がってくるのでいつものように PRO1D だ ZX だと贅沢は言えず、とりあえずケンコーの無印 MC プロテクタ(それでも Professional 表記がある)でお茶を濁します(汗。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

去年買った Planar 85/1.4 ZE と並べると、これが同じ 85mm F1.4 同士なのかと思うくらいにサイズが違います。AF と MF で違うとはいえ、これはちょっと恐ろしい。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

Planar の前玉がシグマの 6 群目くらいのレンズに見えるくらいのサイズ差。これでも Planar の方でさえ、持ち出すのにはけっこう気合いが要るんですが、シグマのほうはもう「このレンズを使うために写真を撮る」くらいのやる気がないとカメラバッグに入れるのすら躊躇しそうです。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

兄弟レンズと言えるシグマ 50mm F1.4 [Art] と比べると、これまたけっこう大きく重いと感じていた 50mm が普通の単焦点レンズに見えてきます。85mm を買ったことで結果的に今後 50mm の稼動率が上がるかもしれません(ぉ

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

EOS 5D Mark III に装着してみると、意外や意外?これは悪くないバランス感。実際にこの状態で首から提げるとそれでもフロントヘビーな状態になり、ボディ側にバッテリグリップをつけてバランスを取らないと辛いくらいですが、それほど無理な感じはありません。最新鋭の 85mm F1.4 らしく OVF を覗いた瞬間から高画質であることが分かるほどで、これは撮影が楽しくなりますね。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

MC-11 経由で α7 II につけると、これはさすがに厳しい。ボディよりもレンズが本体という感覚です。
ただ MF で撮るなら EVF の正確さは捨てがたいので、三脚を使って人物撮影するような用途であればこれもアリかな。

SIGMA [Art] 85mm F1.4 DG HSM

シグマのフルサイズ向け F1.4 単焦点シリーズはあと 20mm と 24mm がありますが、個人的には「単焦点大三元」と思っている 35mm・50mm・85mm を揃えられたので、ひとまず満足です。
特に中望遠は好きな焦点距離なので、これを使って力のある写真を撮れるよう腕を磨いていきたいところ。

シグマ / [Art] 85mm F1.4 DG HSM (キヤノン用)

B01M0UO0HX

投稿者 B : 21:58 | Camera | My Equipment | コメント (0) | トラックバック

F1 モナコ GP 2017

F1モナコGP決勝:ピット戦略で明暗、ベッテルが逆転し今季3勝目。マクラーレンは全滅

伝統のモナコ GP。同じく世界三大レースのひとつであるインディ 500 での佐藤琢磨優勝のニュースにかき消された感がありますが(笑)、こちらはミハエル・シューマッハー時代以来 16 年ぶりのフェラーリ 1-2 フィニッシュで幕を閉じました。

フリー走行からフェラーリ優勢だったのに加えて、Q2 ではラストアタック一発に賭けたハミルトンの計測ラップがまさかのバンドーンのクラッシュによる黄旗でフイに。Q3 ではボッタスが 2 位ヴェッテルに 2/1,000 秒差まで迫ったものの、フェラーリが久しぶりのライコネン PP を含むフロントロウ独占で決勝に臨みます。

決勝ではグリッド順的にハミルトン優勝の可能性は低く、スタートでボッタスに先行されさえしなければフェラーリ楽勝ムード。ライコネンは難なくホールショットを決め、このままゴールまで行くかと思われました。
しかし状況が変わったのが初回ピットインのタイミング。ライコネンはほぼ予定通りにタイヤ交換を済ませたのに対して、2 位のヴェッテルが 2 周多く引っ張り、その間にファステストラップを連発することでオーバーカット成功。ライコネンとしてはピットアウト後にバックマーカーに引っかかるタイミングでのタイヤ交換でもあったわけで、これは事実上のチームオーダーではないかと勘繰りたくなります。ライコネンは納得しないでしょうが、ヴェッテルとハミルトンのチャンピオン争いが今後熾烈を極めそうな中、フェラーリ的には勝てるときにできるだけポイント差を稼いでおきたかったのでしょうし...。

個人的には、このドライバーズサーキットで久々にライコネンの勝利が見たかったので非常に残念。まあ今年はマシンの仕上がりが良いのでまだ勝てるチャンスもあるでしょうし、大得意なサーキットであるスパでの発奮に期待です。

アロンソの代役としてバトンが出走したマクラーレン・ホンダは、予想通り予選から非常に好調で 9・10 番手を獲得。しかしバンドーンは Q2 でのクラッシュにより Q3 出走できず、さらにスペイン GP で受けたペナルティで 3 グリッド降格。バトンに関しては実力で 9 番手を獲っておきながら PU 換装ペナルティで最後尾という厳しいレースになりました。

バトンは結局 1 周目にタイヤ交換を済ませることでトラフィックを逃れる戦略を採りますが、目の前のウェーレインが全く同じ戦略を採ったために不発。そのうえ 60 周目には業を煮やしてウェーレインへのオーバーテイクを仕掛けたところ接触、そのまま両車リタイア。あの狭いポルティエでインを刺すこと自体がちょっと無茶だったとは思いますが、ウェーレインもミラーを見ている素振りが全くなかったなあ、と。
バンドーンのほうは前車を抜けないまでも堅実に 10 位を走行し、チームに今シーズン初ポイントを持ち帰るかと思ったら...バトンの事故からのセーフティカー明けに後続のペレスにオーバーテイクを仕掛けられ、コーナーでアウトに膨らんだところでマシンコントロールを失ってクラッシュ。ペレスはこの少し後にもクビアトに強引に仕掛けて撃墜しているし、今回の走りはちょっとひどいんじゃないかと。

結果だけ見れば失望しかないレースでしたが、前回のスペイン GP でのアロンソ Q3 進出と今回のダブル Q3 進出、ポイント獲得まであと一歩という内容を見ると、徐々にではあるけど進歩しているのかな、と前向きに考えることはできます。パワーユニットの大規模アップデートは次戦カナダには間に合わなさそうという話ですが、シャシー性能も合わせて今よりも少しでも改善することを期待したいですね...。

投稿者 B : 21:00 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/05/29 (Mon.)

佐藤琢磨がインディ 500 制覇!

今日書くべきはモナコ GP の話じゃなくて絶対こっちでしょう!おめでとう琢磨!!!

【速報】佐藤琢磨が歴史的快挙。日本人初のインディ500制覇を成し遂げる

↑YouTube にアップされている動画は権利関係が怪しいものばかりなので、とりあえずインディの公式チャンネルにあったレース後会見の動画を貼っておきます。これはこれで、琢磨自身のレース人生を振り返る内容でジーンと来る内容です。

今年のインディ 500 は F1 からアロンソがスポット参戦するということもあり、例年以上に注目が集まっていたレースであることは確かです。また、琢磨が昨年まで所属していた A.J. フォイトが今季からシボレーエンジンにスイッチしたことに伴い、ホンダの支援を受ける琢磨が今季はトップチームの一つであるアンドレッティに移籍したことも「今年は 2013 年のロングビーチ以来のワンチャンある」と思わせる要素でもありました。が、まさかインディの年間最大のレースであるインディ 500 で優勝するとは!私はさすがにリアルタイムで観戦はできず後からダイジェスト的に観ただけですが、それでも目頭が熱くなりました。F1 で日本人がモナコ GP を制するのと同等の価値があることです。これで佐藤琢磨は名実共に歴代最高の日本人レーシングドライバーになったと言えるでしょう。それ以前から、世界のトップフォーミュラで優勝経験のある唯一の日本人ドライバーではあったわけですが。

レース自体はコーションとリスタートを繰り返す内容で琢磨自身も激しく順位を上下させながらも、最後のコーション後のリスタートでトップ 3 につけ、かつてマルシャ F1 で走っていたマックス・チルトンと 2010 年のインディ・ジャパンで圧勝したエリオ・カストロネベスとの激しいデッドヒートの末、ラスト 5 周でトップを奪取。そのままカストロネベスを抑え込んでチェッカー、という手に汗握るレースでした。それにしても終盤のオーバーテイクは圧巻で、ほとんど追い抜きらしい追い抜きがなかった直前のモナコ GP とは対照的。いいものを見せてもらいました。

考えてみると、琢磨は 2010 年のインディ参戦以来 8 年目のシーズンを過ごしているわけで、2002~2008 年の参戦だった F1(しかも 2003 年はテストドライバー契約で、2008 年はチームがシーズン中に撤退した)よりもインディでのキャリアの方が既に長くなっており、すっかりベテランドライバーの一人なわけです。それだけの経験を積み、トップチームからの出走ということで、ある意味勝つべくして勝ったレースだったのかもしれません。同世代の私としても、40 歳になってもまだ夢って叶えられるんだなあ...と勇気づけられました。

今季の F1 はマクラーレン・ホンダが不甲斐ないこともあり、久しぶりに他カテゴリのレースを観てみようかなと改めて思っています。インディ 500 で琢磨&ホンダが勝ったなら、次に期待したいのはル・マン 24 時間。トヨタは昨年トップを快走しながら残り 6 分でリタイアという辛酸を嘗める結果になりましたが、今年こそは結果に結びつけてほしいところです。

投稿者 B : 23:56 | F1 | コメント (0) | トラックバック

炭火焼肉 本牧亭 その 5

半年サイクルで通っているお気に入りの焼肉店にまた行ってきました。

本牧亭

本牧亭

基本的にプロスポーツ選手の来店が多い店で、客席付近に貼られているものはプロ野球選手や関取のものが中心ですが、改めて入口付近の色紙をよく見てみると芸能人の名前も沢山あるんですね。つい店内をキョロキョロしてしまうけど、今のところ私が訪店したときに有名人に遭遇したことはありません(笑

本牧亭

何はなくともビールから。
キムチをつまみつつ、火が入っていく網を眺めながら肉のお出ましを待ちます。

本牧亭

いつものごとく「ファミリー盛り」からスタート。主要な部位の肉が一通り揃っていて、どれもハズレがないのでまずはこのセットを頼んでおけば間違いない。
この日の牛は鳥取の田村牛とのこと。とても柔らかくて、サシの入り方も上品でうまーい。

本牧亭

ファミリー盛りに含まれる赤身の薄切り肉。これを、火が通りきらないくらいにサッと焼いて...というより炙って、のほうが近いかな。タレをつけた上に別売の生卵(黄身のみ)にくぐらせていただくと、すき焼き風で死ぬほどうまい。生きてて良かったと思える瞬間です。

本牧亭

見た目からして瑞々しい状態で出てくる野菜盛りは、三浦半島の朝採れ野菜。
中でもそら豆の存在感が半端ない。

本牧亭

肉も野菜もおいしすぎて、お酒が進んじゃいます。
ビールでお腹いっぱいにするのがもったいなく感じたので(ぉ)飲み物はハイボールへ移行。

本牧亭

野菜焼きセットに含まれる、ステンレスカップで蒸し焼きにする何か。季節によって内容が変わるわけですが、この日はジャガイモでした。
このじゃがバター、普通のよりも甘みが強く感じられて、すごくおいしい。

本牧亭

さらにお肉を追加していきます。カイノミ(左)とザブトン(右)。

本牧亭

ザブトンはカルビ以上の霜降り肉で、口に入れた瞬間に脂身がサッと融ける。
これだけ霜が降ってるにも関わらず、全然胃に重たくないのもいい。控えめに言って最高です。

本牧亭

肉の〆にはレバー、ホルモン、マルチョウの曲者系を。
ここのはホルモンであっても上品で、肉のおいしさを堪能できるのが嬉しい。

本牧亭

全体の〆は石焼きビビンバで。あらかじめ調理場で石焼きにしたものをテーブル付近まで持ってきて、目の前でかき混ぜてくれるサービス付き。
こういう演出、盛り上がります。

本牧亭

今日もいい肉だった...と思い返しながらビビンバを味わいます。
お焦げの香ばしさがまたいいじゃないですか。

本牧亭

デザートにアイスがついてくるのもこの店の特徴ですが、何種類ものアイスから選べるので、今回はアイスサンドにしてみました。

ああ、おいしかった。満足した。
これがあるから、またしばらくがんばろうと思えるんだよなあ。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 長原駅旗の台駅北千束駅

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/05/28 (Sun.)

CD の収納を思い切って見直す

「書斎の収納を見直せ」という家族からのプレッシャーが強くなってきたので、今まではほぼ壁一面を使っていた CD/DVD ラックを観念して解体することにしました。
もともとラックに収まりきらないくらいあった CD/DVD ですが、少なくとも音楽に関しては自宅でもウォークマンか PC からネットワーク越しに鳴らすことがほとんどで、CD をそのままかけること自体滅多にない昨今。かといって楽曲自体は今でも聴いているので物理メディアを捨てたり売ってしまうのも憚られる。収集癖のある身としては大切なコレクションではあるけど、最近は新曲を買うのも配信経由がほとんどで CD 自体はほとんど増えることもないし、思い切って既存の CD はアーカイブという位置づけで保管することにしました。

しかし CD の保管で困るのがジュエルケース。CD そのものよりもジュエルケースが嵩張るし重いし、というわけで、これを使って圧縮することに。

コクヨ / CD/DVDケース メディアパス 1 枚収容 100 枚 黒 EDC-CME1-100D

コクヨ メディアパス

コクヨの CD 用ソフトケース。けっこう昔からある定番商品で、まさに今回のような用途にうってつけの製品です。まさかこれを私が使う日が来るとは...。
自分が持っている CD の枚数を数えるのも面倒だったので、とりあえず 100 枚×3 セット購入して、足りなければ買い足す算段です。

コクヨ メディアパス

この「メディアパス」、基本的には不織布を使った CD ケースなわけですが、ちゃんとライナーノーツを入れるためのポケットが備えられているのが市販 CD のスペース圧縮用たる所以。
ちなみにサイズ違いで DVD 用や Blu-ray 用もあるようですが、どうやら Blu-ray 用は既に販売終了しているようで、おそらく不織布転写問題が発覚して販売中止になったものと思われます。

コクヨ メディアパス

試しに一枚入れてみたところ。裏ジャケットや背タイトル(オビ)もちゃんと収納できていて、ジュエルケースの見え方がそのままソフトケース化された格好になります。

コクヨ メディアパス

内側はこんな感じ。裏ジャケットや背タイトルはもともと 90° の折り曲げしか想定していないものを 180° 折ることになるので多少のダメージは免れませんが、おそらくこれを再びジュエルケースに戻すことはないでしょうから、まあ良し。
また背タイトルはモノによって幅が違うため(1990 年代後半以降の CD は背タイトルが細いことがほとんど)位置合わせが微妙に難しいですし、そもそも背タイトルがない輸入盤では表からの見栄えがやや間抜けな感じにはなります。

で、こうやって圧縮した CD を収納するためのボックスはこれにしました。

無印良品 / 硬質パルプボックス CD 用 ワイド

無印良品 硬質パルプボックス

定番の無印パルプボックス、これを 4 セット購入。まとめ買いするとけっこういい値段になりますね...。
しかしいざ必要になったときに探しやすいよう、こういう出し入れしやすいボックスは重宝します。

無印良品 硬質パルプボックス

↑の写真は二枚組の CD があったりソフトケースが足りてなかったりしてジュエルケースも混ざっていますが、通常のジュエルケースなら 32~33 枚しか入らないところ、このソフトケースを使って厚みを減らすことで 70 枚ほど収納できる格好になります。これが 8 ケース分あるので合計 500 枚以上は収納できる計算、これなら CD に関してはある程度めどがつきました。

あとは不足分のソフトケースと二枚組用のケースを買い足して収納するだけですが、どんなに効率よく作業しても 1 枚 1~2 分はかかるし、それぞれの CD に思い出もあってつい手が止まってしまうし、なかなか作業が進みません(´д`)。空き時間を見つけてぼちぼち進めていこうと思います。

コクヨ / CD/DVDケース メディアパス 1 枚収容 100 枚 黒 EDC-CME1-100D

B00LKX58HQ

投稿者 B : 23:35 | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2017/05/27 (Sat.)

東京都新宿区高田馬場のシャン風豚高菜漬け炒めと牛スープそば

「さてと、まったく未知の相手、ミャンマー出身のシャン。どこからどう攻めたらいいのか」

高田馬場

今回は二週間前の『孤独のグルメ Season6』に登場した高田馬場にやって来ました。
高田馬場、学生時代にはよく来ていた街だけど、ずいぶん久しぶり。あまり変わってないように見えるけど、よく見るといろいろと変わってる。駅前の新星堂(レコード屋)、よく利用してたんだけどなあ。

高田馬場

今回の目的地は、駅すぐそばの JR と西武線の線路の間にある雑居ビルの一角。ちょっとごみごみした感じの、いかにも孤独のグルメっぽい界隈にあります。このへん、昔は来たことがなかったなあ。

ノングインレイ 高田馬場のミャンマー料理

高田馬場

この、ディープなたたずまい。向かいに赤提灯、隣がスナックというのもまたいい(笑。

で、お店に入って予約の名前を伝え、「奥です」と言われたのでゴローちゃんと同じようにお店の奥に進もうとしたところ、

「そっちじゃなくて、二号館のほう」

え、二号館!?

ノング インレイ

スナックを挟んで二軒隣に「ノング インレイ II」。おおおおお、ここが二号館。
ミャンマー料理なんていうマニアックな店、しかも高田馬場のこんなマニアックな場所で、二号館。よほど、日本にいるミャンマー出身の人々に愛されている店なんだろうなあ。

ちなみに本館のほうは見た感じミャンマー系のお客さんでいっぱいな感じでした。で、二号館のほうはドラマを観て来たと思われる巡礼者でいっぱい(笑。
厨房は基本的に本館の方にあって、二号館まで運んでくるシステムになっているようです。

ノング インレイ

この BOSE、カラオケスナックの居抜き感ある(ぉ
ここも元々は隣と同じようなスナックだったんだろうなあ。駅前雑居ビルあるある。

さておき、料理を選ぼう。

ノング インレイ

まずは...なになに、エキゾチックゾーン?(※写真は一部加工済みです)
蚕、コオロギ、竹蟲...かえるのもも肉がなんだか普通の料理に思えてくるラインアップ。シャン料理って、そういうものなの?

久住さんはセミを食べてたけど、さすがにこれに行く勇気はないなあ。
シャン料理初顔合わせゆえ、エキゾチックは遠慮させていただこう。

ノング インレイ

とりあえずミャンマービールから。お冷やっぽいコップに缶ビール、という自宅感(笑。
味のほうはアジアンビールらしい、薄くて水代わりにゴクゴクいけるタイプ。

ノング インレイ

で、まずはお茶葉サラダ。これが私にとっての初ミャンマー。

うっわ、何これ?超おいしい。
見た目から想像がつかない、今までに食べたこともない味だけど、超おいしい。これ好き。
サラダというより、スナック食べてるような感じ。

ノング インレイ

ピリ辛空芯菜の炒め物。中華料理でも定番メニューの一つだけど、これ好きなんだよなあ。中国に限らず東南アジアの定番なんだろうか。
空芯菜にタレの味がよく絡んで、期待通りうまい。

ノング インレイ

きたきたきましたよ、シャン風豚高菜漬け炒め。

どのへんがシャン(ミャンマーの少数民族)風なのか分からないけど、この高菜漬けの味がそうなのかな。
初めて食べたのに好きだと思える、ガツンとおかず味。これもまたおいしいじゃないですか。

ノング インレイ

メニューを見ておいしそうだったスペアリブ。
なんだけど、実物はメニューより見た目が地味なような?(笑
「ふらっと QUSUMI」でもメニューと見た目が全然違う料理が出ていましたが、この店はそういうのがままあるっぽい。

ノング インレイ

鶏のボンジリ。焼鳥屋でも定番のひとつだけど、エスニカンなピリ辛ダレをつけて食べるのがミャンマー流。
おいしいんだけど、う~ん、お茶っ葉サラダや高菜漬け炒めの強烈なうまさの後だと、ちょっと霞む。
この店、超あたりメニューとそうでもないのの落差が大きいのかもしれません。

ノング インレイ

つまみっぽいメニューが続いたので、飲み物はハイボールに移行します。
ピリ辛で熱くなった口に、キンッキンに冷えたハイボールがありがたい。

ノング インレイ

マトンのサティ。サティといえばタイ料理のイメージがあるけど、他の東南アジアでもポピュラーな料理なようで。
ミャンマーの飲んべえちゃんも、このサティにミャンマービールでへべれけになっちゃったりするんだろうか。

ノング インレイ

お肉のスパイシーサラダ(鶏)。これが、スパイシー「サラダ」というネーミングに油断していたら、こちらの HP をガッツリ削りに来る辛さ!(;´Д`)。
一口めはうまみが先に立つんだけど、その後にスパイスの重みのある辛さが、舌にズシンと来る。辛い物好きとしてはこういうの全然アリだけど、辛いの苦手な人は要注意。

ノング インレイ

ちょっと、アルコール以外で辛さを中和するものが欲しかったので、もち米を。
なかなか、もち米をそのまま食べる機会ってないよな。

それにしても、容器、おもしろ。

ノング インレイ

普通の白米よりももっちりとしていて、甘みのあるもち米が、辛い料理に合う合う。
おかずの味ともち米の甘みがお互いを呼び合うかのようだ。

ノング インレイ

酢筍と豚肉の煮込み。これもまた独特の風味。
ピリ辛系なんだけど、筍の酢漬けに由来する酸味が相まって、トムヤムクンや酸辣湯に通ずる酸っぱ辛さ。ここまでのピリ辛料理とは方向性が違って、これおいしい。
さっきのもち米と組み合わせるとさらにおいしい。

ノング インレイ

さ~、そろそろラストスパートと行きましょうか。

久住さんが食べていたお肉のカレー(マトン)。じっくり煮込まれたカレーに柔らかいマトンがおいしい!
「ふらっと QUSUMI」では「ルウが少ない」と突っ込まれていたけど、実際はそんなこともなく。収録後からルウをちょっと増やしたんでしょうか(笑

ノング インレイ

で、牛スープそば。メニューには載ってないけど頼めます。

これは見た目通りやさしい、じんわりくるおいしさ。
野菜と肉のシャキトロなせめぎ合いが応えられない。
深いなあ、シャンの森。

ノング インレイ

もう少しミャンマー奥地に踏み込んでみるか。
というわけで、テーブルに常備されていた各種スパイスを駆使して、オリジナルの味づくり。
ナンプラー以外は基本的にどれも辛い系だけど、中でもトウガラシの酢漬け、これはやばい。ブータン料理を思い出させる強烈な辛さを発揮してきます。

店員さんによると、ミャンマーの人でも何でも辛くするわけではなくて、このスープそばにスパイスをガンガン投入するのは少数派なんだとか(;´Д`)。
「味を調整したかったら付け合わせの高菜を入れるくらいでも十分ですよ」とのこと。先に言ってよ(汗

ノング インレイ

お腹も満たされたので、最後はデザートを。
辛いものの後は甘いものでクールダウンすべく、シュガープラタ。

見た目はクレープかチヂミのようだけど、ちょっとパイっぽい食感の揚げもので、砂糖をつけて食べると確かにおいしい。
ここまでの辛さがスッと引いていくかのようだ。

ノング インレイ

そして、ゴローちゃんも食べていたイチャクウエ(揚げパン)とミルクティー。

ミルクティーのほうは、さすが東南アジアらしく、チャイっぽい甘さ。
甘い紅茶ってあんまり得意じゃないんだけど、このシャン料理の後ならばこの甘さ、アリだな。

ノング インレイ

イチャクウエはミルクティーに浸して食べるのがおすすめ。
日本の発想では、揚げ物をお茶に浸けないよなあ。
でも食べてみるとほっこりする。

ノング インレイ

食後、閉店間際でお客さんのいなくなった本館のほうを改めて覗いてみました。
劇中とおんなじ、ミャンマー語と日本語のハイブリッドな牛スープそば(と春雨)のお品書き。

店内の写真を撮っていたら、女将さんが気さくに「写真撮りましょうか?」と声をかけてくれたので、お言葉に甘えてゴロー席で記念写真を撮ってもらいました。
ちなみに女将さん、劇中のようにカタコトでは全然なくて、普通に流暢な日本語。

ノング インレイ

ああ、うまかった。大満足。
ミャンマーの町の食堂って、こんな感じなのかな。

さすがに放送後だけあって店内はほぼずっと満席、たぶんこのお店始まって以来の混雑だったんじゃないでしょうか。
接客も回っていないようで、注文が通ってなかったことも何度かありましたが、それも仕方ない。むしろ店員さんが忙しすぎて体調を崩さないように祈るばかりです。

あのお茶葉サラダと高菜漬け炒めの味はしばらく忘れられそうもないなあ。近くに来ることがあったらまた寄ろうと思います。
ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX

B071VBJHMR

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 高田馬場駅目白駅西早稲田駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2017/05/26 (Fri.)

PSVR と Trinus でポジショントラッキングを試す

先日買った Web カメラですが、目的は Trinus PSVR を使って PC+PlayStation VR のポジショントラッキングを試してみるためでした。
しばらく放置気味の PSVR を PC を使ってもう少し有効活用できないかなと思い、いつぞやのアップデートで Trinus PSVR が対応した Web カメラベースのポジショントラッキングをダメモトで試してみることにしました。1,000 円そこそこの Web カメラを一つ追加するだけで遊べるなら安いものです。

Logicool HD Webcam C270

基本的には本来の(PS4 との組み合わせにおける)PSVR のポジショントラッキングと同様に、PSVR についている青色 LED のマーカーを Web カメラで認識してトラッキングしてしまおう、というのがこの仕組み。いろいろ調べてみたところ Web カメラ側の露出/ゲインをうまく設定しないと正しく認識できないようで、カメラのドライバ側にコントロール機能がついているかが重要です。ロジクールの C270 は安価な Web カメラながら基本的な設定をひととおり変更できるので、この点は合格。

Trinus PSVR

Trinus PSVR 側は「Position Tracking」タブ内で「Positional Tracking」チェックボックスをオンにするとトラッキングが有効になります。奥行き(前後方向)のトラッキングはまだ精度が低いようで、「Disable Depth」にチェックを入れることで上下左右方向のトラッキングのみ有効にすることができます。
カメラ側で PSVR の LED マーカーを認識すると、プレビューウィンドウ内に赤丸がつきます。また緑丸は頭の回転軸を示しているようです。カメラのゲイン設定しだいでは視野内の明るい点を LED マーカーと誤認識してしまうようで、私の場合は露出/ゲインをグッと下げ、部屋の灯りを暗くしたところ PSVR を正常に認識しました。

が...、↑のスクリーンショット(部屋の様子はモザイクをかけてあります)にもあるとおり、頭の回転軸がなぜか頭の横に認識されているようで、この状態で首を振ると軸がずれた状態で視界が動くため、まともに使えたものではありません。この状態では 3 分も使っているだけで VR 酔いすること確実。ちょっと実用にはなりませんね...。
PlayStation Camera はデュアルカメラなので、Trinus PSVR でもマルチカメラにすればもう少し精度は上がりそうな気もします。また PC に汎用 Web カメラではなく PS3 用の PlayStation Eye をつければもっとまともに動くらしいという情報もありますが、私の場合はあくまで実験にすぎないのでそこまでコストかけるのもなあ...と。

ポジショントラッキングなしでも内蔵ジャイロを使った 3DOF(3 軸)のトラッキングはできるので、Trinus PSVR がもう少し枯れるまでは 3DOF だけのほうが快適かな。Trinus PSVR も最近はアップデート頻度がガクッと落ちているので、先行きが心配なところではありますが。

ロジクール / HD Webcam C270

B003YUB660

投稿者 B : 23:54 | Game | PC | PS4 | コメント (0) | トラックバック

2017/05/25 (Thu.)

ゼルダの伝説 BoW 攻略中 (2)

もうとっくにクリアした人も少なくないんでしょうが、私はまだぼちぼちやってます。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゆっくりしたペースではありますが、『トワプリ』のときは気分が乗りきらずに買ってからクリアまで 8 ヶ月近くかかったので、それに比べればいいペースかなと。日常的な狩りや料理ならまだしも、ストーリーを進めようと思ったらそれなりにまとまった時間が必要で(まあ細切れにしてもいいんだけど)純粋に時間が取れていないというだけです。
それでもワールドマップは全解放し、マスターソードも入手、四神獣も解放してメインシナリオとしてはあとガノン討伐を残すのみ、というところまで来ました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

比較的簡単なのが多いほこらチャレンジに比べるとメインダンジョンである四神獣は歯ごたえのあるギミックが多い。それだけに攻略サイトに頼らずに解けたときの快感はたまりませんね。
ただ、四神獣攻略のためのギミックとして、ダンジョンの一部または全部を回転させたり傾けたりする操作を多用するので、VR じゃなくてもかなり酔います(;´Д`)。カースガノン(四神獣のボス)と戦う頃にはリンクではなく自分のリアルライフが減っているという...。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

冒険の最初のうちはリンク自体も弱く、自分のプレイスキルも低いのでおっかなびっくり進めていましたが、今ではリンクのステータスも上がり、操作のほうもそれなりに扱えるようになってきて、「どこまでなら行けそう/戦えそうか」「これ以上は無茶だな」というのが判断できるようになってきました。リンクと一緒に自分も成長していることを実感しています。
また、メインやサブのチャレンジ(クエスト)を通じて世界観を知っていくというのはこの手のゲームにありがちな手法ではありますが、「失った記憶を取り戻していく」という設定がそこに説得力を与え、自分自身がリンクとしてこの世界の一員であるという実感を得ることに繋がっていると思います。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

今のところハートの器 16 個、がんばりゲージ 2+3/5、主要な装備品はだいたい揃ったというところ。

だいたいのことはアイテム多用でゴリ押しできるのがこの世界のルールなので、周到に準備さえすれば現時点でもガノン討伐に行くことは不可能ではないはずと思っています。が、サブチャレンジやほこらチャレンジもまだたくさん残っているし、何よりもまず自分自身がまだこの世界に浸っていたいので、クリアはもうちょっとリンクを成長させてからにしようかなと。
でも、遅くともスプラトゥーン 2 の発売までにはクリアしようと思います(笑。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

B01N12HJHQ

投稿者 B : 22:26 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

2017/05/24 (Wed.)

メッセージ @T・ジョイ PRINCE 品川

オデッセイ』以来(?)の本格 SF 大作を観に行ってきました。

メッセージ

個人的には、ばかうけコラボプロモーションはちょっとどうかと思うんですが...まあ、感動ドラマとして宣伝されてしまった戦隊アニメに比べれば、作品そのものに対するリスペクトがある分マシですかね。ただ邦題『メッセージ』は日本人の解りやすさ重視でストレートなタイトルをつけたんでしょうが、原題『Arrival(到来、到達)』のほうがダブルミーニング的で、観終わった後の納得感は高いように思います。

この映画はいわゆる宇宙人とのファースト・コンタクトものです。それも『インデペンデンス・デイ』ではなく『未知との遭遇』的な方向性で、アメリカにしては珍しく宇宙人と対話しようとします(ぉ。
こういうファースト・コンタクトもので重要なのは、宇宙人がどんな姿形でどのようなコミュニケーションをするのか、という点。人間に近いサイズ感で何かしらの音声コミュニケーションを行う...みたいなのは地球人の常識にとらわれすぎだと思うけど、そうじゃない表現を劇場版ガンダムでやってしまった事例(ぉ)もあったりするので難しいところです。私は言語学に疎いので本作の設定にどれほどのリアリティがあるのかはよく分かりませんが、テレパシーのようにぶっとんだ設定ではない形で提示されたことには納得感がありました。また、映画の尺の大半を未知の知的生命体とのコミュニケーション確立の過程描写に使っていて、SF とは関係のないところで「そうだよなあ、コミュニケーションって異文化間でなくても共通言語化と総合の要求を正しく理解することから始まるんだよなあ」としみじみ考えたりもしました。

ちなみに主人公ルイーズのよき理解者である米軍のウェバー大佐、どこかで見た顔だと思ったら『ローグ・ワン』でソウ・ゲレラを演じていたフォレスト・ウィテカーだったんですね。随分印象が違う役だけど、独特の存在感ある役者さんです。

個人的に素晴らしいと思ったのは音響。宇宙人ヘプタポッドの音声コミュニケーションの表現も興味深かったですが、ルイーズが初めて宇宙船に足を踏み入れるシーンの重圧感をはじめとして心理描写が音響で表されているのがすごい。この音のせいで、自分自身がその場にいるような感覚で、強いプレッシャーを受けたほど。ノーチェックだったんですが、これアカデミー賞の音響編集部門賞を受賞しているんですね。これは映画館の音響で体感すべきだと思います。

本作に登場する宇宙船は『2001 年宇宙の旅』の冒頭以来 400 万年ぶりに地球に再来したモノリスであるようにも思えるし、時空の概念については『インターステラー』に通じる部分もある。今までの様々な SF 映画を下敷きにした奥行きのある作品です。が、宇宙ものとしてのリアリティよりはもっと人生観寄りの部分に共感してしまう、深い作品でもあります。うまく言語化できないけど、観終わったときに「いい映画だった」と感じました。

この映画を監督したドゥニ・ヴィルヌーヴの次作が『ブレードランナー 2049』なんですよね。オリジナルの『ブレードランナー』は哲学的だった原作とは違ってエンタテインメントに振り切った映画でしたが、『2049』はこの監督の手でどんな作風になるのか。今から楽しみになってきました。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« April 2017 | メイン | June 2017 »