b's mono-log

« May 3, 2017 | メイン | May 5, 2017 »

2017/05/04 (Thu.)

手打ちそば 根津 鷹匠

根津神社の帰りにこちらのお店で蕎麦をいただいてきました。

根津 鷹匠

鷹匠

実は(書いてませんでしたが)去年来たときにふらっと入ってみたらすごく美味しかったので、今年も来ようと思っていたんですよね。
根津神社の近く、ちょっと入ったところにある「知る人ぞ知る」という佇まいのお店。一見では何のお店かちょっと判らない店構え。

鷹匠

正午開店ながら、オープン前には既に行列ができるほどの人気店のようです。調べてみたら食べログの TOP5000 に入っているようで、それは行列もできるわ...という感じ。去年も少し並んだので、今年は開店前に来てみたら一巡目で入ることができました。

店内は板敷きの小上がりがメインで、あとカウンターが数席という構成。畳じゃないというのが珍しいですが、店名からして猟師の山小屋で食べる蕎麦という趣なんでしょうかね。

鷹匠

蕎麦が出てくるまでの間に、焼き味噌で繋ぎます。
香ばしい味噌の香りに、つい日本酒が欲しくなってしまうけど、真っ昼間だからちょっと自粛。でもこの焼き味噌、おいしいです。

鷹匠

メインは鴨せいろ。蕎麦は二八蕎麦と深山蕎麦(田舎蕎麦)が選べるところ、蕎麦そのものの風味を味わいたい私は深山で注文しました。

鷹匠

そば粉の色がそのまま出た黒い麺は、十割ではないようですが今まで見たことがないほど太い。蕎麦というより手打ちうどんのような存在感があります。
見るからに食べごたえがありそうです。

鷹匠

つけ汁には鴨の切り身だけでなくつみれも入って、ちょっと得した感じ。

鷹匠

蕎麦とはちょっと思えないほどコシの強い麺だけど、噛むと立ち上がってくるこの香りは間違いなく蕎麦。
この蕎麦、うまいなあ。ここまでしっかりした田舎蕎麦には、東京はもちろんのこと本場信州でもなかなか出会えるものじゃない。

鷹匠

こちらは普通の二八蕎麦。これもレベルが高いと思うけど、あの深山蕎麦を食べた後だとさすがに霞みます。

鷹匠

食べ終わる頃にはお店の外にまでズラリと大行列。早めに来て正解でした。

この店、やっぱり気に入った。GW 期間中はメニューの種類を限定しているようですが、普段のメニューもどんなのか、気になるなあ。
新蕎麦の季節にでも改めて来てみようかと思っています。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 根津駅千駄木駅東大前駅

投稿者 B : 22:57 | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

« May 3, 2017 | メイン | May 5, 2017 »