b's mono-log

« 住吉大社 | メイン | 東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯 »

2017/07/06 (Thu.)

ドラマ『野武士のグルメ』 [Netflix]

先月でドラマ『孤独のグルメ Season6』が放送終了してしまって、私は軽い井之頭ロスに陥っています(ぉ。その心のスキマを埋める意味で、3 月に Netflix にて配信開始されていたこのドラマを今さらながら視聴しています。

野武士のグルメ | Netflix

Netflix に限らず SVOD は今まで未契約だったんですが、hulu がシステムリニューアルで大ゴケした状況も考えると、これは日本でも Netflix が覇権を取る流れになるかもなあ...という読みもあり、とりあえずサインアップして無料期間中に本作だけでも観ておこうかと。

『野武士のグルメ』はもともと久住昌之先生のエッセイとそれを土山しげる先生が漫画化した作品が存在し、これはそれをドラマ化したものになります。制作スタッフは共同テレビの『孤独のグルメ』チームが、サントラはスクリーントーンズが担当。キャストが変わっただけでほぼ『孤独のグルメ』そのもの、と言えるかもしれません。

が...、映像を見ると明らかに『孤独のグルメ』とは違う。原作者が同じでも切り口が異なるので別の作品であることには間違いがないのですが、テレ東の(Season1 に比べて今は大所帯になったとはいえ)低予算ドラマと違って Netflix がオリジナル作品に割り当てる大きなバジェットがあればここまで映像を作り込めるのか!と驚かされました(笑。とにかく照明の使い方が贅沢だし、主人公・香住武の自宅はハウススタジオを使って撮ってるし。毎回ちょっとしか出てこない妻役が鈴木保奈美とか贅沢すぎる(ぉ。

香住武役の竹中直人は漫画版のイメージとは違うものの、おそらく久住さんご本人をイメージした配役であろうことはドラマ化発表時にも書いたとおり。しかし会社員として真面目一徹で働いてきて、定年で急に自由な時間ができた初老の男という役どころは、一般的にイメージされている竹中直人とは真逆(笑。ギラギラしてない竹中直人というのは新鮮で、それだけでも一見の価値があります。食事シーンでは『孤独のグルメ』ばりにモノローグがふんだんに挿入されているわけですが、その語り口も竹中直人っぽくなくて、聞いているだけで妙に笑える(笑。
「野武士」役の玉山鉄二もいい味を出しています。ここは竹中直人の一人二役でギラギラした野武士にしても面白かったんじゃないの?とも思いますが、竹中直人でそれをやるとコメディ色が強くなりすぎる気もするし、これでいいか(ぉ

ドラマの作りとしては原作のストーリーラインをほぼ忠実に映像化したものになっています。撮影は実在の店舗をロケ地にしているようですが、例えば焼肉回では上野という設定なのにお店だけ新宿の店舗を使っているなど、『孤独のグルメ』のようなドキュメンタリードラマではなく『食の軍師』と同じフィクションの作り方。ただお店選びはかなり原作の雰囲気を意識して選ばれており、中華回のラーメン店はあまりにもコテコテだったから撮影用に内装を変えたのかと思ったほど(笑。料理は 100% そのお店のものが出てきているわけではなさそうですが、キラキラして死ぬほどうまそうなアジの干物とか、照明とカメラワークによってメシテロ映像の新たな境地を開拓していると思います。

『孤独のグルメ』とは違ってストーリーの比重が大きめなドラマなので、純粋なメシテロ力としては『孤独のグルメ』ほど強くない印象はありますが、役者の力もあってなかなか面白い。私はまだ 4 話までしか観ていないので、とりあえず無料期間である今月中に残りも観てみようと思います。

投稿者 B : 00:24 | Japanese Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 住吉大社 | メイン | 東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯 »