b's mono-log

« August 8, 2017 | メイン | August 10, 2017 »

2017/08/09 (Wed.)

MMCX コネクタに接点復活剤を試す

Shure SE215 の MMCX 接触不良問題。コネクタのクリーニングによって一応の解決をみたかに思えていました。が...しばらくして、再発。しかも、今度は右側

えええー...汚れの付着は原因ではなかった、あるいは原因の一つに過ぎなかった、ってことでしょうか。改めてコネクタを外して見てみると、

SE215 Special Edition

確かに右チャンネルの端子にうっすらと汚れはついているものの、前回の左側ほどではありません。汗をかきやすい時季だから汚れもつくし、前回断線のチェックや掃除をしたときに何度か挿抜したから端子が緩くなってる可能性もあるけど、少なくとも単にクリーニングをすれば解決するという問題ではなさそう。
というわけで、今度再発したら試そうと思っていた接点復活剤を買ってみました。

サンハヤト / ニューポリコールキング 接点復活王 PJR-L15

接点復活王

こういう電気接点向けの塗剤で昔から有名なのは SETTEN No.1 だけどちょっと高価いし、Ultimate Ears のイヤホンにも付属していたりして定番の DeoxIT にしようかと思ったらメーカー(国内代理店)欠品中でいつ入荷するか分からないようだし、あまり高価なのを試すつもりもなかったので汎用の接点復活剤にしてみました。主用途はスライド接点向けとのことですが、接合時にクルクル回転する構造の MMCX ならばスライド接点用の復活剤が適していそうだな、という思惑もあり。

接点復活王

原料が書かれていませんが、基本的にはコネクタの通電と潤滑を目的とした導電性のオイルです。「ほとんどの素材を侵しません。」という一文に安心(笑

接点復活王

ボトルはプラモ用の接着剤のように刷毛つきのキャップがされているので、それでコネクタにうっすらと接点復活剤を塗ってやります。あまり塗りたくると逆に導電性が下がったり、汚れを吸着する原因になったりしそうなのでごく少量。本当に一塗りしかしないからまだほとんど残っていますが(笑)、また定期的に塗ってやれば良いかと。

接点復活王

塗布してからかれこれ一週間程度使ってみたところ、これまで悩まされていたノイズや音切れがピタッと収まりました!こないだのクリーニング以上に効果がありました。
ただ、以前に比べると音質が若干マイルドになった気がするのはプラシーボでしょうか(汗)。まあ微妙にでも導電性が変化しているわけで、少しくらい変わっていてもおかしくないですが。まあ、ノイズや音切れよりは全然マシですが。

こういうのもやっぱり DeoxIT とか SETTEN No.1 とかと比べたらどうなんだろう、というのは気になるところではありますが、これもイヤホン本体やリケーブル以上の沼の入口だと思うので、このへんで納得しておくことにします。

サンハヤト / ニューポリコールキング 接点復活王 PJR-L15

B01GROTPEO

投稿者 B : 23:15 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

« August 8, 2017 | メイン | August 10, 2017 »