b's mono-log

« Android 8.0 Oreo | メイン | ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる 7 つの裏技 »

2017/08/23 (Wed.)

お台場ユニコーンガンダム 正式公開日発表

RX-0

↑画像は RG ユニコーン先週末のお台場の進捗とほぼ同じ状態まで組み上げたものです。

というわけで、お台場ユニコーンガンダムの正式公開日が発表されました。

発光&各部動作で『変身』を実現!お台場「実物大ユニコーンガンダム立像」9月24日より展示開始! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

予定日は 9/24(日)。先日のエントリーで、シルバーウィーク前の 9/16(土)あたりではないか?と予想したのですが、一週間後でしたか。まあ今年はシルバーウィークと言えるほどの連休でもないし、8 月は雨天が続いて工事も遅れ気味だったのかもしれないし、こんなもんですかね。全体像はほぼできたとはいえ、全身のコーションマークを貼り付ける作業にどれくらい時間がかかるかは、MG ユニコーン Ver.Ka を作ったことがある人なら想像できるはず(笑

また今回の立像の最大の関心事である「変身機構をどこまで再現するのか」に関しても、ヒントが示されました。

「RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC(TOKYO WATER FRONT CITY)」の名称となる実物大ユニコーンガンダム立像は、夜間の演出で「ユニコーンモード」から「デストロイモード」への変身(変形)を可能な限り再現。
50ヶ所の発光に加えて、角の開閉や顔のモード変更、肩・腰・膝パーツの展開などのギミックで、リアルな立像を楽しむことができる。

やはり完全変形ではなく「可能な限り再現」というレベルになるようです。少なくともフレーム構造上難しい脚と肩幅については可動せず、建造中の各パーツから推測したとおり装甲のスライドで実現可能な範囲での変身にとどまる模様。あとは顔の差し替えがどういうギミックで実装されるかと、公式で言及されている部分以外がどこまで再現されるのかが気になるところ。腕の伸縮はありそうだし、バックパックもバーニアの開閉は確実としても、ビームサーベルの収納はなさそうかな...あれは避雷針を兼ねるんじゃないかと思っています。

いずれにしてもあと一ヶ月。まあそれくらいには完成するんだろうなと思ってましたが、日付が確定すると楽しみが高まってきますね。今週か来週末にでも、もう一度様子を見に行ってこようかなあ。

RG 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム

B071JNCT1N

投稿者 B : 22:00 | GUNPLA | Hobby

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Android 8.0 Oreo | メイン | ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる 7 つの裏技 »