b's mono-log

« August 2017 | メイン | October 2017 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2017/09/30 (Sat.)

ガンダムベース東京を見てきました

ダイバーシティ東京内に先日オープンした「ガンダムベース東京」を見てきました。

THE GUNDAM BASE TOKYO

THE GUNDAM BASE TOKYO

場所はこの春までガンダムフロント東京が存在したダイバーシティ東京プラザ 7F。以前はガンダム関連の複合展示施設という位置づけでしたが、ガンダムベース東京はガンプラが主役。物販中心だろうし積極的に見るような場所でもないかと思い、この夏から何度もユニコーン立像の建造現場を見に来ていたにも関わらず今までスルーしていました。

THE GUNDAM BASE TOKYO

ガンプラが主役ということで、初期のガンプラから最新のガンプラまで展示されています。
最新のガンプラと平行してこの旧キットが今でも売られ続けている、というのは改めてすごいことだと思います。

THE GUNDAM BASE TOKYO

エントランスには著名人が作ったオリジナルガンプラが多数展示されていました。
本当に全員自分で作ったかどうか分かりませんが(笑)、このクワトロ・バジーナ専用サザビーはなかなかカッコいいな...。

THE GUNDAM BASE TOKYO

ガンダムベース東京のメインコンテンツの一つが、静岡にあるバンダイホビーセンター(ガンプラ生産工場)にまつわる展示。開発者がどういうこだわりでガンプラを設計しているか、がよく分かる内容になっています。ガンダムフロント東京でも終盤は同じような展示がありましたが、情報量が段違い。これは一度見ておいて損はないでしょう。

THE GUNDAM BASE TOKYO

実際に試用されていた設計技術マニュアル!バインダーの表紙に手書きされているのが生々しい。
企業秘密の部分は塗り潰されていますが、このマニュアルは具体的な手法だけでなくカッコ良く造形するための思想やポリシーについて触れられているのが印象的。技術者たちの間で長年ノウハウとして培われてきたものがこうして受け継がれているということですね。

THE GUNDAM BASE TOKYO

設計士の工具。市販品に自分で手を加えて細かい作業がしやすいよう改良していたり、この使い込まれ具合がいかにもプロの道具という印象。こういうのを見るとグッときます。

THE GUNDAM BASE TOKYO

プラモのパーツ分割検討上の図。ランナーに落とし込む前段階のようですが、これを見るだけでそれぞれのパーツをどういう金型で作るか、組み立て後の可動をどう考慮するか、およびバリエーションキットを想定した仕込みを最初から入れていること、が読み取れます。これは RG ユニコーンの設計図のようですが、今後プレミアムバンダイかどこかでフルアーマー版が出てくることが分かります。

THE GUNDAM BASE TOKYO

ペレット(プラモデルの材料)と成型機の展示。このあたりはガンダムフロント東京でも展示されていましたね。

THE GUNDAM BASE TOKYO

ガンダムベース東京内には無料のガンプラ組み立てルームがあり、物販コーナーで購入したガンプラをその場で組み立てることができます(書いてませんでしたがたぶん持ち込みも可)。
親子で来てガンプラを購入し、すぐに組み立てる...みたいな楽しみ方でしょうか。

THE GUNDAM BASE TOKYO

さらにはペインティングルームもあり。ガンプラと塗料類の持ち込みが必要ですが、エアブラシが借りられてレクチャーも受けられるというのはありがたい。自宅でエアブラシ塗装はハードルが高いので、組み立てルームよりもこっちのほうが需要あるんじゃないでしょうか。

THE GUNDAM BASE TOKYO

塗装ブースはこんな感じ。
私はガンプラは基本的に素組み(スミ入れ)+トップコートの簡単仕上げ派ですが、たまに塗装してみたくなるんですよね。今度利用してみようかなあ...。MG クラスを全塗装するとなると丸一日籠もってることになりそうですが(笑

THE GUNDAM BASE TOKYO

場内には模型誌に掲載された作例やコンテストの入賞作なども多数展示されています。こういうの見ると自分も塗装ちゃんとしたほうがいいのかな、という気になってきますね。

THE GUNDAM BASE TOKYO

期間限定の特別展示コーナーもあります。現在は立像の展示開始に合わせて『ガンダム UC』の特別展示を 10 月末まで行っています。
オープン当初はビルドファイターズの特別展示で私はあまり興味がなかったので、この UC の展示になるまでガンダムベース東京自体をスルーしていたというのが実情(ぉ

展示内容はユニコーン関連のガンプラとアニメ原画等が中心。原画は撮影禁止でしたが、私は過去の UC 関連のイベントで何度も見ているので軽く流し見する感じで。

THE GUNDAM BASE TOKYO

展示品の目玉の一つが、今回参考出展された 1/20 のユニコーンガンダム。サイコフレームが鮮やかに発光していてカッコイイ。そのうち商品化されるんでしょうね。来春の「新プロジェクト」合わせでとか。

THE GUNDAM BASE TOKYO

発光は覚醒モードのグリーンにも対応していて、赤/緑/無発光(アイセンサーのみ発光)を切り替えながら展示されていました。
これじっと見ていると欲しくなってきますね...家に置けないけど(´д`)。

THE GUNDAM BASE TOKYO

プレミアムバンダイ限定の PG フェネクスも展示されていました。このサイズで全身金メッキという威圧感(汗
私は RX-0 は HGUC・RG・MG ひととおり組んできましたが、そろそろ PG にも挑戦しないといけないのかな...という気がしてきてしまいました。

THE GUNDAM BASE TOKYO

物販コーナー。
最新のガンプラももちろん買えますが、ここがすごいのは旧キットもほぼ品揃えが揃っていること。さらに言えばガンダムデカールも全種類置いてある(笑

THE GUNDAM BASE TOKYO

旧キットはヨドバシ等でも販売はされていますが、これだけ漏れなく、さらに作例まで揃えて展示されていることはまずありません。
今の基準で見ると物足りない部分も多い旧キットですが、ここまで並べられると圧巻。

THE GUNDAM BASE TOKYO

1/144 の G アーマー!これ、五歳か六歳の頃に買ってもらって、無謀にも全塗装(筆塗り)に挑戦した記憶が。どう仕上がったのか、そもそも完成させられたのかも憶えていませんが(笑
大人になってから MG ファイターを作ってリベンジはしたんですが、当時のキットを目の当たりにすると、改めてチャレンジしたい気持ちが湧いてきますね。

THE GUNDAM BASE TOKYO

ガンダムフロント東京時代に比べると、あまりリピートするような施設じゃなくて外国人観光客向け感が強くなっています。まあガンダムベースという施設自体、もともと海外展開していた企画を日本に逆輸入してきたものですしね(台北にもあって、春に台湾に行ったときにちょっと覗いてきました)。私は次回は特別展示が興味あるテーマだったときか、量販店や通販で入手困難なガンプラ/ガンダムデカールがあったときに来るかなという感じ。ユニコーン立像を見に行ったついでに、変身演出の合間に一回りするくらいでちょうど良いんじゃないでしょうか。

投稿者 B : 22:00 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2017/09/29 (Fri.)

オールドレンズ・ライフ 2017-2018

澤村徹 / オールドレンズ・ライフ 2017-2018

4768308953

毎年秋恒例、澤村徹さんの「オールドレンズ・ライフ」最新刊が発売されました。
今回のキャッチコピーは「本物のレンズ沼へようこそ」。ここまでストレートかつ挑戦的なコピーを使ってきたのはシリーズ初ではないでしょうか。

「沼」解禁: metalmickey's blog
がんばって特色使ってます!【オールドレンズ・ライフ2017-2018】: metalmickey's blog

私もさっそく購入しました。年イチとはいえけっこう嵩張るムック本を毎年物理で買い続けるのも本棚を圧迫するし、今年から電子版にしようかなあ...と思っていたところに「表紙のタイトルに特色使っちゃった(てへぺろ)」とか言われたらみんな紙版を購入するしかないじゃない(;´Д`)ヾ。

今回のメイン特集は、キャッチコピーにもあるとおり「本物のレンズ沼へようこそ」。私もこれまでにいろんなオールドレンズを見てきましたが(ま、自分で買ってるのはツァイスを中心にオールドの中でも「無難な」レンズばかりですが)、パクテッセ、アーガス、ヴェラ...自分が見たことのないレンズがまだまだこんなにあったのか!と改めて沼の深さを思い知りました。人はいま、戸口に立っている。この沼の彼方に、道は続いている...。

マウントアダプタでは先日私もレビューさせていただいた K&F Concept 製品が紹介されており、日本でも急速に定番マウントアダプタの一つとして起ち上がってきている印象があります。

沼にもいろんな種類があることが解るのが第 3 特集「隠れクセ玉属性レンズを探せ!」。オールドレンズといえば独特の描写で、フレアやソフトフォーカスによる描写の味だったり、グルグルボケや六芒星ボケなど「現代の評価基準では失格だけど、その描写にハマる人は虜になる」というものが少なくありません。中でも今回強烈なインパクトがあったのは、絞り羽根が二枚で真四角にボケるロシアレンズ MC Zenitar-ME1 50/1.7。四角くボケる背景はさながらドット絵のようで、このボケをどう活かせるかはさっぱり想像がつかないけど一度撮ってみたい!と感じさせる引力があります。

レンズ沼的視点で言うと「もうひとつの選択肢 オルタネイティブ MF レンズ」。新品で入手できる現行マウント向け MF レンズということで「オールド」ではありませんが、ミラーレスカメラ向けにマニアックなレンズ選びをする上では確実に選択肢に入ってきます。定番のツァイス Loxia、フォクトレンダーに加えてトキナーからも FiRIN シリーズが出ましたし、最近では中国メーカーの勢いも無視できなくなってきています。しかも少し前までならマウントアダプタを介すのが当然だったのが、今では E マウントネイティブな新品 MF レンズの選択肢が増えているという。これを新たなる沼と言わずに何と言うのでしょうか(汗。

しかも今年は富士フイルムの GFX が発売され、中判向けオールドレンズの多くが本来に近い画角で使えるようになった、というのもオールドレンズ的には大きな話。私はさすがにそこまで手を出す気はありませんが(笑)、そろそろブームも一段落してネタが切れてくる頃だろう...ということもなく、沼は広さも深さも増すばかりです。
私は昨年シグマ MC-11 を入手してからオールドレンズではなく α7 に EF マウントレンズをつけることのほうに熱中してしまっていますが、久しぶりにこっちに戻ってみようかなあ。

投稿者 B : 22:17 | Book | Camera Mook | コメント (0) | トラックバック

2017/09/28 (Thu.)

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC 夜間演出

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

お台場ユニコーンガンダム、改めて夜間のライトアップ&演出を見に行ってきました。
昼間は変身演出のある二時間おきにユニコーンモード/デストロイモードが切り替わっていましたが、夜間は演出タイム以外はデストロイモード固定で展示されていました。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Sony FE 70-200mm F4 G OSS ]

太陽光が明るい昼間は、サイコフレームが発光していてもやや淡く見えていましたが、夜は赤い光がハッキリ見えてカッコイイ。サイコフレームに刻まれたモールドも、アニメの雰囲気をよく再現できています。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Sony FE 70-200mm F4 G OSS ]

夜間は明暗差がありすぎて、スマホで撮影するとサイコフレームが完全に白飛びしてしまうと思ったので、ダイナミックレンジに定評のある α7S で撮影しました。ここまでしなくても、一眼レフやミラーレスで撮影して RAW 現像すればハイライトの発色はある程度救えると思いますが。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

うん、想像していたとおり、夜間の方が昼間よりも数倍カッコ良く見えます。純粋な立像としては先代 RX-78 のほうが首が可動したりミスト噴出したり派手でしたが、やはりこの夜間発光状態の印象は強烈ですね。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

背面。バーニアが青く光るのは先代同様ですが、膝裏も白く発光しています。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

公開初週ということで、夜にもかかわらず人はかなり多かったです。カメラと三脚持ってきてる人も多め。かつ他の人の邪魔にならず撮影に良い位置を確保するのにはちょっと苦労しました(まあ基本的にみんな見上げるので、あまり前後の人の邪魔になることは気にしなくても良さそうでしたが)。夜間演出は 30 分おきに三種類あり、人もずいぶん入れ替わるので、一度良い場所を押さえたら移動せずに確保し続けるのが良いように思います。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

三種の変身演出の一つめ「機動戦士ガンダム UC RE:MIX0096」。スタート前に一度暗転し、ユニコーンモードに変身した上で、テレビ版のタイトルバックとともに演出が始まります。
背後で投写されている映像内のビーム砲発射や爆炎と同期してユニコーンのライトアップがダイナミックに変わっていくのが斬新。映像中のユニコーンが頭部バルカンを発砲したら立像の該当箇所が明滅するとか、マジで熱い(笑

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

「機動戦士ガンダム UC RE:MIX0096」はアニメ本編の超ダイジェスト映像。劇場で BD でテレビで何度となく観ている映像ですが、立像のライトアップとセットで見るとまた新しい感動がありますね。特に映像と連動してデストロイモードに変身していくシーンは、この目で直接見ると鳥肌が立ちます。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

クライマックスでは覚醒モードの緑色に発光。足元のお客さんからも歓声が上がります。まあこれは予め分かっていても実際に来ると高揚しますよね。さらに通常の覚醒モード(装甲のライトアップが白)とサイコ・フィールド展開モード(ライトアップが緑)の 2 パターンが存在します。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

二つめの変身演出「機動戦士ガンダム UC SPECIAL MOVIE "Cage"SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle」。Tielle によるユニコーン立像のイメージソング『Cage』に合わせた演出が行われるものです。こちらはストーリー性があまりないので高揚感はありませんが、音楽に合わせてリズミカルにライトアップが切り替わっていくのが美しい。ユニコーンモードでもサイコフレームが露出している立像の構造を利用して、ユニコーンモードでサイコフレームを白く光らせるというのも、凛としたイメージでなかなかカッコイイ。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

最後は「翔べ!ガンダム 2017」。ファーストガンダム(テレビシリーズ)の主題歌に合わせた変身演出ということで、何故ユニコーンなのにファーストの主題歌に合わせるのか?というのはちょっと疑問でした。
始まってみると、今となっては懐かしいファーストガンダムの主題歌と OP 映像に合わせて立像にライトアップ演出がなされるだけで、必然性がよく分からないのですが、

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

主題歌の 2 番の途中から、映像側の主役が RX-78 ガンダムから RX-0 ユニコーンガンダムにバトンタッチ。そのままユニコーンが当時の OP 映像を再現するという胸アツ演出!ネタバレを避けるために事前に動画等を見ずに行ったんですが、これにはさすがに笑い声が出ました(笑

これらの変身演出は写真だとなかなか様子が伝わりませんが、キヤノンのハイアマ向けビデオカメラで動画撮影した方がいるようなので、そちらでご確認ください(丸投げ

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

昼間の展示は変身演出はあっさりしすぎているし、アニメ版の設定との違いが気になったりして素直に感動できない部分があったのですが、夜は素晴らしいですね。暗いこととライトアップでディテールが誤魔化されるのもありますが、想像以上に心に響きました。
今後もまたちょくちょく見に行こうと思います。

RG 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム

B071JNCT1N

投稿者 B : 22:00 | GUNPLA | Hobby | Photograph | Sony FE 70-200/F4 G OSS | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7S | コメント (0) | トラックバック

2017/09/27 (Wed.)

美女と野獣 [PS Video]

Blu-ray Disc の発売は来週ですが、一足先に配信が始まっていたので、セル版を購入して鑑賞しました。

美女と野獣

B073XKYW9L

劇場公開から五ヶ月足らずでの配信開始。劇場公開時のパブリシティ効果が残っているうちに配信とパッケージも売っちゃいたいのは分かるけど、さすがに早くないですか(;´Д`)ヾ。

元々のアニメ版『美女と野獣』も、ディズニー映画の中でもトップクラスに完成度の高い作品だと思います。が、この実写化によってさらに一段レベルが上がったのでは、と思います。
冒頭のベルが村の中を歩いて行くシーン、ガストンがメインの酒場のシーン、ベルの晩餐のシーン、舞踏会に向けてドレスを身に纏うシーン、そして何より有名なベルと野獣のダンスシーン...どれも素晴らしい。美しい映像と音楽の洪水を浴びているような感覚で、男の私でさえ「すてき!」と感じてしまったわけだから、これ年頃の女の子が観たら夢見ちゃうんじゃないですかね(と思ってしまうあたりがおっさんなのかもしれませんが)。

構成的にはアニメ版よりも映画らしい尺にするためか、ベルが両親の過去について知るシーンや野獣の独唱シーンなど、細かくエピソードが追加されていますが、それほど違和感なく物語の深みを増すことに成功していると思います。個人的には、近世フランスあたりが舞台のはずなのに(ファンタジーだから厳密な定義はないのでしょうが)登場人物の人種が混在している「大人の配慮」が却って違和感を生み出しているように感じました。まあそれも映画全体の完成度からみれば些末な問題であるとは思いますが...。

これは何度観ても味わえる名作だと思います。全体通して観るのには時間がかかるけど、セル版を買ったことだしミュージカルシーンだけでも繰り返し観よう。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/09/26 (Tue.)

正しいブスのほめ方

ある人に勧められて面白そうと思った本を読んでみました。

トキオ・ナレッジ / 正しいブスのほめ方

4800202639

タイトルと表紙イラストのインパクトが強くて、完全にネタ本の印象が強いですが、中身は半分くらいは真面目な本。褒めづらい人、褒めるところが見つけにくい人をいかに褒め、どうコミュニケーションしていけば良いかというテクニックや考え方について書かれたものです。
私はお世辞だったり社交辞令だったり、あるいは利害が一致しない相手とのコミュニケーションや自分が納得していないことについて表面的に取り繕ったりすることが本当に苦手で、たぶんそれで損してる部分は少なくないんだろうなと自覚しています。でも最近はそうも言っていられなくなってきたので、この本も先日の「ダークサイド・スキル」に通じるところがあるかと思って手を出してみました。

外見的なブス...に限らず、「見るからに損している人(≒見た目をほめづらい人)」「完全にウザい人(≒できれば関わりたくない人)」「限りなく残念な人(≒内面をほめづらい人)」「逆にほめづらい人(≒ほめられ慣れていてお世辞が効かない人)」「まあまあ浮いている人(≒価値観が独特な人)」の計 35 種類の人に関して、その生態とどう褒めるかについて解説されています。単にテクニック的な部分だけでなく、あるタイプの人がどんな思考回路でそういう行動を取ってしまうのかが解るのは確かにありがたい。別におだて上手になりたいとは思いませんが、他人を動かしたり協力を得たりするには「その人がどのようなモチベーションで動いているか」を理解する必要があるわけで、その認識の一助になります。またほめ方のテクニックについても、自分のように心にもないことを口先だけで言えないタイプだったとしても、「(○○だけど)●●ですよね!」「(○○にしては)●●だよね!」というように、心の中で前置きをしながらポジティブな部分だけを言葉にするという技を多用していて、これなら私も自分の気持ちを納得させながら他者を持ち上げることができそうだな、と思いました(笑

まあここに書かれていることを実践すると、確実に相手を見下しながら表面的に持ち上げるようなものの見方が身についてしまいそう。それに、自分自身が誰かから褒められたときに「でも内心はこう思ってるんじゃないの?」と疑ってかかりそうで、性格が悪くなる気もします(;´Д`)ヾ。
ちなみにこの本に書かれている内容を自分に当てはめると、私は典型的な人見知りタイプらしいです。うん知ってた(´д`)。

ネタ的な要素もあるため、全部が全部役に立つというわけではありませんが、人とのコミュニケーションを円滑にする上で必要な考え方が学べる一冊だと思います。サラッと読める内容だし、気分転換がてらに読むにもちょうど良いのではないでしょうか。

投稿者 B : 22:19 | Book | Business | コメント (0) | トラックバック

2017/09/25 (Mon.)

SawanoHiroyuki[nZk] / 2V-ALK [Hi-Res]

SawanoHiroyuki[nZk] / 2V-ALK

B0746MLN15

o1』以来約二年ぶりとなる澤野弘之のヴォーカル・アルバム第二弾が発売されました。

この全く読みようもないアルバムタイトルは「WALK」と読むようです(2V→VV→W ALK か)。まあ同氏の楽曲のタイトルは意味不明だったりあまり意味がなかったりするものが多いので、あまり気にしてはいけません(『ガンダム UC』のサントラには『20140517』とかあったりする。それタイトルじゃなくて作品の公開日やろ!っていう)。
収録曲は『o1』同様に大半が何らかのアニメ・ゲームのテーマソングとして採用実績があるもの。まあ私はガンダム以外のアニメはそんなに観ないので、聞き覚えがあるのはテレビ版『ガンダム UC RE:0096』の OP/ED を務めた『Into The Sky』と『Next 2 U -eUC-』くらい。でもそれ以外の楽曲も、何かの世界観を想起させるスケールの大きな、かつ熱量の高いものが粒揃いで、聴いているだけでテンションが上がってきます。アルバムの最初から最後までこの熱量がほぼ変わらないのがすごい。

映像劇伴(サントラ)ではオーケストラやピアノの印象が強い澤野弘之氏ですが、[nZk] 名義のヴォーカル曲は打って変わってロックな楽曲揃い。どれもパワフルな曲ですが、UC ep6 のテーマ曲『RE:I AM』に頭をガツンと殴られた身としては、やはり Aimer が歌う #8『ninelie <cry-v>』が圧巻だと思います。Aimer のさん歌曲はこの 1 曲だけですが、願わくはもう 2~3 曲聴きたかった...。

[nZk] の活動としては、昨日正式公開されたお台場ユニコーンガンダムのテーマソング『Cage』もテレビ版同様に Tielle のヴォーカルで発表されましたが、残念なことにこのアルバムには収録されていないんですよね...。これは別途シングルとして発売されるのか、あるいは来春発表される「ユニコーンガンダムの新プロジェクト」の中で別の楽曲と共に収録されるのか。今後の動向も見守っていきたいと思います。

投稿者 B : 22:55 | Music | コメント (0) | トラックバック

2017/09/24 (Sun.)

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

本日から正式公開されたお台場ユニコーンガンダムを早速見に行ってきました。

建造中から既に何度も見に行ってはいましたが、完成しての正式公開ということで、ようやく本来の演出含め見ることができることを楽しみにしていました。特にサイコフレームが全発光状態なのは今回初めて見ることができました。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

真っ昼間のデストロイモードはこんな感じ。太陽光下でもそれなりにサイコフレームの赤い光が見えていますが、さすがにちょっと白っぽい。やっぱりこれの本領は夜間のライトアップ演出にありそうです。とはいえ、本当にお台場にユニコーンガンダムの立像ができたんだなあ...という感慨しきり。

ただ、ユニコーン立像の真正面には仮設フォトデッキが鎮座しているし、いいアングルには植木や街灯が立っているし、写真泣かせの条件ではあります。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

正式公開初日だけあってかなりの集客。お台場ガンダムの前にこんなに人が集まったのっていつ以来でしょうか。
そして、ユニコーン正面の一番良い位置がフォトデッキと植木で占められてしまっているのが分かるかと思います。写真的には葉っぱが落ちる冬場の方が撮りやすいだろうなあ。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

背面のバーニアは青色 LED で光っています。
定時演出のときも含め、RX-78 ガンダムのときのようなミスト噴出は行わないようです。まあ発光だけでなく可動までさせる電装品満載の立像だし、ミストは大敵ですよね...。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

最後の最後に組み立てられた設置部。ユニコーンモードでもデストロイモード相当の展開状態で展示されています。某お台場ガンダムマイスター曰く「いずれ股下をくぐれるウォークイベントをやるだろうから、可動するとその際に手を挟むなどの事故を想定して固定状態なのでは」とのこと。なるほど...。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

膝アーマーの展開状態がよく見ると公式設定とやや違っています。公式設定では膝の出っ張っている装甲は「く」の字に展開しているのが、この立像では膝前面の装甲が長く出っ張っているパーツと平行になっています。設定通りに作ると膝側面の装甲展開時に干渉するということでしょうが。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

ユニコーンガンダムの「変身」演出、私は今日は 15:00 の回のみ見てきました。どういう演出になるのか謎だったんですが、少なくとも昼間は「デストロイモードに変身する回」と「ユニコーンモードに変身する回」に分かれるようです。で、私が見に行ったときはデストロイ→ユニコ-ンに変身する回でした。
アニメ設定との違いは、可動部の違いはもちろんのこと、装甲の動きが「ス...ス...ス...」という滑らかな動きであっさりしすぎていることと、フェイスマスクの動きが「ガンダムフェイスが顔の奥に引っ込んでいき、首下からユニコーンフェイスがせり出してくる(ユニコーンへの変身時)」というシンプルな可動になっていること。もうちょっと溜め感というか動きの加速感があったほうが変身の力強さが表現できたのでは...と思いますが、長期間稼動させることを考えるとこのへんが限界ですかね。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

変身演出はデストロイからユニコーンに一回移った後、サイコフレームが点滅しながらもう一度ユニコーン→デストロイ→ユニコーンに遷移する、という流れでした。まあ一回の変身にかかる時間はせいぜい 5 秒程度で、それだと間が持たないのでわざわざ繰り返しているんでしょう。それでも昼間の演出は 1 分程度で終了してしまい、他のお客さんたちも「あれ?これでおしまい??」という感じの飯能だったので、かなりあっさりしています。しかも昼間は 2 時間おきにしか変身演出がなくてとても寂しい。せめて公開 1 ヶ月くらいはもうちょっと短い間隔でやってくれませんかね...。
なお夜間は 30 分おきに変身演出が入るそうなので、本命は昼間よりも夜ですね。私は改めて夜間を見に行こうと思いますが、お台場ガンダムマイスターが今朝から夜まで現地に詰めて撮影しているようなので、とりあえずそちらのレポートに期待(丸投げ

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

ユニコーンモード時に可動するパーツは結局「ツノ」「顔」「肩アーマー」「腰フロントアーマー」「膝側面アーマー」の 5 箇所。以前私が RG ユニコーンを使って予想した状態でほぼ正解でした。全身の印象としてはサイコフレームが発光していないだけでほぼデストロイモード相当であり、建造中にあれこれ期待していた身としてはちょっと残念。まあ、実寸大で可動するユニコーンガンダムを作ってくれただけでありがたいという思いもありますが。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

このユニコーンガンダム立像の公開に合わせて、来春にユニコーン関連の新プロジェクトが始動することが発表されましたが、どうなるんでしょうね。『ガンダム UC』自体は完成された作品で続編を作っても蛇足になりそうだし、MSV 的な展開も既にけっこうやられているし、どこに何を足せるのか?という疑問もあります。間もなく UC の福井晴敏氏原作で『機動戦士 MOON ガンダム』という漫画が連載開始されるそうですが、そちらは逆シャア~UC の間の時間軸になりそうだし。立像公開に合わせて発表されるということはかなり力の入ったプロジェクトだと思われますが、期待半分、不安半分という感じ。

RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

今日は都合によりあまり長時間滞在できなかったので、夜間演出も含め改めてゆっくり見に来ようと思います。

RG 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム

B071JNCT1N

投稿者 B : 22:00 | EF24-70/F4L IS USM | EOS 5D Mark III | GUNPLA | Hobby | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2017/09/23 (Sat.)

暑さ寒さも彼岸まで

暑さ寒さも彼岸まで

[ Canon EOS 5D Mark III | SIGMA 85mm F1.4 DG HSM A016 ]

お彼岸ですね。

とはいっても我が家の墓参りはお盆にするのが習わしで、お彼岸といっても特に墓参りのために帰省することもありません。私にとってはむしろヒガンバナを撮りに出かける時季、という感覚。桜と同様に一週間程度しか見頃がなくて、ちょうど良いときに撮りに行くのがなかなか難しかったりします。

暑さ寒さも彼岸まで

[ Canon EOS 5D Mark III | SIGMA 85mm F1.4 DG HSM A016 ]

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、夏の暑さもようやく落ち着いてきた感覚があります。まあ今年の夏は雨が多くて猛暑感はありませんでしたが、それでも湿度が高くて不快な日が多かった。熱いのが苦手な私としては、ようやく過ごしやすい季節が来てくれて嬉しい。

暑さ寒さも彼岸まで

[ Canon EOS 5D Mark III | SIGMA 85mm F1.4 DG HSM A016 ]

ヒガンバナといえば巾着田にも一度行ってみたいんですけどね。飯能よりさらに北となるとなかなかハードルが高い。今年はちょっと行けそうにありませんが、来年あたり計画してみようかなあ。

投稿者 B : 22:13 | EOS 5D Mark III | Photograph | SIGMA 85/F1.4 DG HSM A016 | コメント (0) | トラックバック

2017/09/22 (Fri.)

REALFORCE R2

REALFORCE

東京ゲームショーに行ってきました。
とはいっても二時間ほどしか滞在できなかったので、気になるブースをぐるっと回ってきただけで、ゲームの試遊はほとんどできず(;´Д`)ヾ。この物足りなさ。

その中でもこれは実機を見てこよう、と思っていた東プレ REALFORCE R2 の実機について軽くインプレ。

高級キーボードREALFORCEが世代交代。狭額縁設計採用、反応位置調整機能も搭載 - Engadget 日本版
東プレ、静電容量式キーボード"REALFORCE"を16年ぶりに刷新 ~キー反応位置を3段階で変更可能な「APC」モデルを投入 - PC Watch

ゲームショーまで行って書くことそれなのかよ!というツッコミは甘んじて受けます(ぉ
PC といえばノート型が常識となり、外付けキーボードでもストロークの浅いタイプが市民権を得る今、昔ながらのデスクトップキーボードはもはやマイノリティ。しかし自宅と職場の両方で Realforce 91UBK を愛用し、普段のテキストの大半をこのキーボードで書いてきた身としてはこれが最も快適に入力できるキーボードだし、その新型が出るとなれば黙っていられないわけです。二台の 91UBK は今もヘタる兆候もなく動いていますが、初めて買い換えのきっかけが訪れたと言えます。これまでに何度か Cherry 軸のキーボードに浮気しようかとも考えましたが、やっぱり REALFORCE の気持ちよさに慣れると移れないんですよね。

REALFORCE R2

こちらが新モデル、REALFORCE R2。4 シリーズある中で最上位の「R2SA-JP3-IV」(アイボリー)になります。現行モデルと比べると、ファンクションキー上側のスペースが削られてコンパクトになったことと、外装のエッジ部分が丸みを帯びていたのがシャープなデザインになったことで「今風」の印象になりました。まあノート PC の薄型アイソレーションキーボードが当たり前になった現在、この見た目でも「古くさい」と言われそうな気はしますが(笑。

REALFORCE R2

地味ながら大きな改良と言えるのがスペースキー。スペースキーの左右にある [Ctrl]~[無変換]・[変換]~[Ctrl] のキーピッチを少しずつ詰めることで、日本語 108 キーボードながら英字キーボード並みの幅広スペースキーを実現しています。この発想は目から鱗。これにより際下段のキー配置が微妙に変わることで誤操作の元になるのでは?と不安になりがちですが、個人的には普段は左側の [Ctrl][Alt] と [変換](これは ATOK のキーアサイン変更機能で日本語入力オン/オフに割り当てている)くらいしか使わないので多分大丈夫。左 [Alt] は誤差の範囲レベルでしかズレていないし、慣れが必要なのは [変換] キーの位置くらいでしょう。

REALFORCE R2

上位機種に当たる APC(Acutuation Point Changer:キースイッチの反応位置をカスタマイズできる機能)モデルでは、テンキーの上側に APC の切り替えキーとボリューム操作キーが追加されています。
私はキーボードにマルチメディアキーは要らない派なんですが、ボリュームキーだけはあると便利。堅実な REALFORCE シリーズらしい取捨選択と言えます。

REALFORCE R2

こちらは標準モデルの R2-JP4-BK。APC モデルではないのでテンキーの上は空いています。
アイボリーカラーはどんなに形が変わっても「1990 年代の事務パソコン感」から脱却できない印象がありますが、ブラックになると急激に精悍な印象になりますね。

ちなみに本体カラーによって変わるのは外観だけでなく、キーボードとしての仕様も違ってきます。
アイボリーモデルはキーによって加重が 30g/45g/55g と変更されている変加重キーなのに対して、ブラックモデルは ALL45g。キートップの印字もアイボリーはかなあり、ブラックはかななし。私は今の 91UBK では 30g のキーがちょっと軽すぎる印象があり、キーを打つ手を止めて文章を考えているときに左小指が落ちて勝手に「あああああ...」と入力されていることが時々あるので、次買い換えるときには ALL45g モデルにしようと思っていました。なのでブラックがかななし・ALL45g 仕様というのは願ったり叶ったり。人によってはブラックで変加重がよかったとかアイボリーでかななしがよかったとか悩ましいでしょうが、個人的にはジャストな仕様です。

REALFORCE R2

APC モデルのブラックカラー版。標準モデルとはキートップの刻印の色が違いますが、実際に標準モデルはレーザー刻印、APC モデルは昇華印刷となっているようです(アイボリーはどちらのモデルも昇華印刷)。印字の消えにくさは体感上はレーザーも昇華印刷も大きく変わらないと思いますが、タイピング時にはキートップなんてまず見ないし、シックにまとまっている APC モデルのほうがカッコイイですね...。

時間がなくて APC モデルのスイッチ位置を切り替えた感じなどは試せなかったんですが、毎日触れている 91UBK の感触そのままによりコンパクトになるのはいいですね。私の 91UBK は二本ともキートップがテカテカになってきてしまったので、久しぶりにザラザラ感のあるキートップに触れると気持ちいい(笑。あとやっぱり私には変加重よりも ALL45g のほうが合っているように感じました。

まあ、私は普段はテンキー要らない派なので、買うとしてもテンキーレスモデルが出てからにします。今後は無線(Bluetooth?)版も計画にあるという話ですが、使わないときにサッと片付けてデスクを広く使える無線キーボードいいなあ、と思っていたこともあり、無線版のバッテリ寿命やスリープ復帰時のレスポンス次第では、無線テンキーレスモデルが出たら間違いなく買うと思います。

投稿者 B : 22:22 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2017/09/21 (Thu.)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V』の公開から間もなく三週間が経とうとしていますが、これを体験するために改めて新宿ピカデリーへ行ってきました。

ルウム会戦をシャアザクのコックピットで体験するVRコンテンツ、現在予約受付中! - GAME Watch

機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-

その名も『機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-』。ルウム戦役におけるシャア・アズナブルの出撃シーンを VR で体験できるアトラクションです。四週間ある劇場公開期間の後半、それも平日しかやっていないというハードルの高さ。しかもこの体験には当日分の『THE ORIGIN V』の鑑賞半券が必要ということで集客の落ちる時期のテコ入れ策感満載だけど、ガンダムでシャアで VR ならば自分が行かずに誰が行くんだ!という気持ちで強引に時間を作って行ってきました。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-

新宿ピカデリーの 1F ロビー、いつもは新作絡みの特別展示をやっているスペースに、VR 用のブースが作られていました。
体験には Web 予約が必要ですが、金曜夜でもなければ案外空いているようで、当日でも空きがあれば体験可能です。

内部には VR ブースが 4 部屋設けられていて、受付を済ませると空いている部屋に通されます。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-

ブース内はこんな感じ。ドスパラ製のゲーミング PC と HTC Vive を使っているようです。
椅子に座ると手際よく HMD とヘッドホンを装着され、あまり前置きもないまま(私が VR 経験者で注意事項の必要がなかったのもあるかも)いきなり VR コンテンツがスタート。

流れをざっくり説明すると、

  1. パプア級補給艦のモビルスーツデッキで出撃準備
  2. シャア専用ザク II に搭乗し、コクピット内で発進シークエンス
  3. 輸送艦から発艦、宇宙空間を連邦艦隊に向かって進む
  4. 連邦軍のマゼラン級(サラミスだったかも)と交戦
という感じ。基本的にはシャア視点で体験することになります。

最初に VR 空間内にモビルスーツデッキが現れたときにはちょっと震えました。シャアザクだけでなくハンガーに格納されている量産型ザクも複数見ることができ、『THE ORIGIN V』クライマックスの出撃直前のシーンはこんな感じだったのかー!という感激があります。そしてザクのコクピット内は、Ζ ガンダム以降の全天球モニタ表現を見慣れた身としては視界が狭く、初期の MS は死角だらけだったことがよく分かります。
出撃シーンでは、ドレン「出撃指示はまだ出ていません!」シャア「攻撃隊の責任者は私だぞ」(うろ覚え)という劇中のやりとりまで再現されていたのは嬉しかったですが、セリフがあるのはここまで。発艦してしまうと追加のセリフはほぼなく、あとは映像を見ているだけになってしまうのが残念。ザクの操縦桿を握ったり無数のボタンをパチパチ押してリミッター解除したりしたかったのに(´д`)。もっと言えば最後の「私に跪け、神よ!」のセリフも欲しかったところ。
序盤が没入感あっただけに、後半が惜しかったなあ。身体性(操縦桿やボタンに触れることでザクに乗っている感が高まる)かセリフのどちらかがあればもっと良かったのに。同じガンダムの VR でも『ダイバ強襲』はアムロのセリフと身体性(ガンダムのマニピュレーターに座ることができて、さらに揺れる)があって濃い体験ができたから、そのレベルを求めてしまいます。まあ有料アトラクションと「映画のおまけ」という違いはありますが。

ゲームではなく見るだけの VR なので過度に期待すべきものでもありませんが、「モビルスーツに乗れる VR」という点ではおそらく史上初。コンテンツの作り的には SteamVR で配布/販売できるはずですし、横展開や今後の発展にも期待したいところです。もし『THE ORIGIN V』をまだ観ていなければ、ついでにこの VR を体験する目的でピカデリーに行っても良いと思います。平日しかやってませんが...。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

というわけで三週目の劇場特典は 1/144 のザクマシンガン(限定カラー)のガンプラでした。私は 1/144 のザクは RG しか持っていないけど、このガンプラはどうしようかなあ...。
ちなみに実は先週も一度観に行ったので二週目の特典、セイラのミニ色紙も入手済みです(ぉ

イベント上映はあと一週間あまり残っていますが、私はあとは Blu-ray の発売をおとなしく待とうと思います...。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 [Blu-ray]

B072MZN33K

投稿者 B : 23:00 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« August 2017 | メイン | October 2017 »