b's mono-log

« September 10, 2017 | メイン | September 12, 2017 »

2017/09/11 (Mon.)

Sony VPL-VW245

ソニー、4Kネイティブレーザープロジェクタ「VP-VW745」。170万円 - AV Watch
4Kネイティブプロジェクタが55万円に。ソニー「VW245」 - AV Watch

iconicon

ソニーの 4K プロジェクタの新製品が発表されました。レーザー光源を搭載して実売 150 万円台(ソニーストア価格)の「VW745」と通常の高圧水銀ランプを採用しつつ価格を 50 万円前後に抑えた「VW245」の二機種。どちらも絶対額が高いことは事実ですが、レーザー光源モデルは VPL-VW5000 が 800 万円&受注生産だったことを考えると、VW745 でようやく 4K レーザープロジェクタがホームシアター用として現実的な価格帯に降りてきたと言えます。
VW245 のほうもまあ高いわけですが、アドバンストアイリス(動的絞り機構)やオートキャリブレーション等の機能を削ることで従来機種の半額まで価格を抑えてきていて、この値段なら何とか手が届きそう...と思える価格帯。最近のカメラの値段を見ているとむしろ安いとさえ思えてしまいます(笑

私も長年プロジェクタの買い換えを考えてきて、昨年 AV アンプを買い換えたときに来年こそはプロジェクタを!と思っていました。イメージ的には 30 万円以内で...となると 4K はまだ射程範囲外だし、そもそも今年は何かと物入りで結局買えなさそうなのが現実です(´д`)。でも 4K テレビが 5 万円台で買えるのにプロジェクタはなかなか 4K が安くならないなあ...と常々思っていたところ、VW245 でようやくその道筋が見え始めた、のでしょうか。
あと一年くらいしたらなんとか 30 万円以内で買えるようにならないかなあ。まあ、我が家の液晶テレビもそろそろ十年選手になってきていて、プロジェクタの前にテレビの買い換えが発生してしまう可能性が高いんですが。プロジェクタの買い換えは夢のまた夢、なのかなあ...いっそエプソンの 2K エントリーモデルをサクッと買ってしまったほうが幸せなのかもしれません。

投稿者 B : 22:45 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

« September 10, 2017 | メイン | September 12, 2017 »