b's mono-log

« September 2017 | メイン
 1 |  2 |  3 | all

2017/10/23 (Mon.)

Windows 10 Fall Creators Update

先週リリースされた Windows 10 の「Fall Creators Update」を適用してみました。

Windows 10 Fall Creators Update

まだ Windows Update での配信は始まっていないので、Media Creation Tool(手動アップデータ)をダウンロードして、サブ機の VAIO Pro 11 にインストール。前回は Windows MR のシミュレータを試したかったからいきなりメインマシンに入れてしまいましたが(笑)、今回は慎重を期してみました。

Fall Creators Update での主な変更点については以下の記事が詳しいです。

どこが変わる? 「Windows 10 Fall Creators Update」の新機能を徹底解説(前編:UI、OneDrive、スマホ連携) | できるネット
【西田宗千佳のRandomTracking】Fall Creators Updateで生まれ変わるWindows 10。MRやフォトなど進化 - AV Watch

上記の西田宗千佳氏の記事にもある通り、大規模アップデートとはいえ最近の傾向としてはスケジュール優先で本丸の機能は後追い提供、手今日してみても何が変わったかイマイチ分からない...というのが常態化しています。だから前回の Creators Update 以上に見た目上の違いが分かりにくい。

追加された機能リストを見ても自分にメリットがありそうなものはあまり多くなく、せいぜい OneDrive のファイルオンデマンド機能くらいでしょうか。今までは全部同期するかしないかしか選択肢がなく、特にモバイル環境での使用ではローカルストレージ容量や通信容量的に使いづらかったのが、ようやく解決されました。

それから私が一番気になっていたのはこの機能。

Windows 10 Fall Creators Update

設定に「電話」の項目が増えていて、Windows 10 PC とスマートフォンとの連携が可能になりました。

「Web ブラウズやメール作成、写真などスマホで行っていた作業の続きが即座に PC で行えるようになる」という触れ込みで、それをどう実現しているのか、どれくらいスムーズにできるのか、に興味がありました。
これまで Windows 10 のスマホ連携機能といえば、Windows 10 Mobile 搭載スマホとの MS-TCC(スマホを触らずに PC からの操作のみでテザリングのオンオフができる機能)くらいしかありませんでした。それが W10M が事実上のメンテナンスモードに入ったタイミングで、Android や iOS とのまともな連携機能が追加されるというのは何とも皮肉ですね...。

Windows 10 Fall Creators Update

実際に使ってみました。
設定の「電話」を開くと、スマートフォンとの連携設定が行えます。連携を行うにはまず「電話の追加」をクリックします。

Windows 10 Fall Creators Update

すると「電話と PC をリンクするから電話番号を教えろ」とのこと。スマホに SMS を送ることで設定を開始できるようです。
なおここでは電話番号を国番号から入力する必要があるため、日本国内の場合はプレフィクスに「JP(+81)」を選択した上で、携帯電話番号が例えば「090」始まりだった場合はここに最初のゼロを取って「90」から入力します。

Windows 10 Fall Creators Update

そうするとスマホに SMS でリンクが送信され、それを開くと(Android の場合)Google Play ストアにある「Microsoft Launcher」のダウンロード画面に遷移します。
SMS で送られるのは単なるダウンロード画面へのリンクだけで、認証は結局この Microsoft Launcher を使って Microsoft アカウントで行うだけなので、例えばデータ専用 SIM しか挿していないスマホであっても Microsoft Launcher さえインストールすれば PC と連携させることができます。

Windows 10 Fall Creators Update

Microsoft Launcher をインストールして驚いたのは、Android のホーム画面自体が Microsoft Launcher に置き換わってしまっていたこと!「Launcher」というのはそういうことか(;´Д`)ヾ。画面上の検索窓も Google ではなく Bing だし、もう W10M は出さないけど他 OS のフロントエンドを乗っ取ってしまえという戦略なんですかね。デフォルトブラウザが Edge に置き換わっていないのがせめてもの救いです。

Windows 10 Fall Creators Update

ホーム画面の構成こそ Android のデフォルトと似たような感じですが、アプリ一覧はまさに Windows 10 ベース。Android デフォルトと違ってアルファベット順にアイコンが並ぶので逆に探しやすいとも思いましたが(笑)、自分のスマホが MS に乗っ取られたようで癪なので(ぉ)いつもの Xperia ホームに速攻戻しました。

Windows 10 Fall Creators Update

Microsoft Launcher を MS アカウントで認証すると、PC 側からも該当のスマホが認識されました。
この状態で、スマホ側のブラウザ(Chrome)で見ている Web サイトを PC でも開いてみます。

Windows 10 Fall Creators Update

ブラウザのインテント(共有機能)を使うと、共有先に「PC で続行」というアイコンが追加されていることが分かります。この場合、ホーム画面を Microsoft Launcher に設定している必要はなく、他のホーム画面を使っていてもインテント先に「PC で続行」は表示されます。なので安心してホーム画面は切って良いです(ぉ

Windows 10 Fall Creators Update

「PC で続行」を選択すると、続行先の PC のリストが表示されます。同一の MS アカウントに紐付いている PC が複数ある場合、任意の PC で開くことができます。次の瞬間に、選択した PC で自動的に Edge が起動し、さっきまでスマホで見ていたページが開きます。

あるいは「後で続行」を選択すると紐付いている全ての PC のアクションセンターに通知が届き、任意のタイミングで続行することも可能。

こういう「後で読む」系のアプリやサービスは他にもありますが、OS 標準で機能が入っていると確かに楽ではあります。

Windows 10 Fall Creators Update

写真の共有はどんな感じなのかも試してみました。
Google の「フォト」アプリでも、インテント先に「PC で続行」が追加されていました。

Windows 10 Fall Creators Update

選択すると「リンクを作成」「共有アルバム」の選択肢が出現。どうやら PC に画像を直接送れるわけではなく、いったん Google フォトに画像をアップロードした上で、そのリンクを PC に送るという仕組みになっているようです(PC 側ではブラウザ上でそのアップロードされた URL が開く)。つまりここでは MS アカウントが仲介できるのは URL 情報だけで、どんなアプリだろうと URL を通じて PC にデータが渡されるということ。だからクラウドサービスと一体化された Google フォトであれば PC に共有できるけど、例えば単なるローカルアプリである Xperia 標準のアルバムアプリでは「PC で続行」のインテントは現れません。
えー、結局クラウド経由でしか遅れないなら、画像を PC に送りたい場合は自分でスマホから Google ドライブなり OneDrive に突っ込んでも手間的には大差ないじゃん。ちょっと期待外れだなあ...。Web ブラウズの続きを PC で読むのには便利だからそれは使うと思いますが、この機能については現状の実装よりも将来の発展のほうに期待かな。

上記西田氏の記事にある「Timeline」と「Cloud-powered Clipboard」の機能が使えるようになれば飛躍的に便利になるはずなので、とりあえずは今の機能を使いつつ今後のアップデートを楽しみに待ちたいと思います。ただかなり複雑な機能であることは間違いないので、来春予定の RS4(?)での提供も怪しいものじゃないか、とは思っているのですが...。

Microsoft / Windows 10 Pro

B01JNAVHJA

投稿者 B : 22:10 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2017/10/22 (Sun.)

GRAN TURISMO SPORT はじめました

やや出遅れ感がありますが、ようやくグランツーリスモ SPORT を始めました。

グランツーリスモ SPORT

グランツーリスモ SPORT

購入したのはデジタルリミテッドエディション。発売日前に PlayStation Store で予約購入していたんですが、結局プレイする時間が取れたのは週末になってから。
しかも、初回起動時はリミテッドエディション等についてくる特典データがちゃんと読み込まれず、ゲーム内に何か読み込むための操作があるかと思ったら何も見当たらず。調べた結果「PS4 を再起動してゲームを起動し直す」必要がありました(;´Д`)。不具合なのか何なのか分かりませんが、なんなのよそれ...。

しかも、

グランツーリスモ SPORT

初回起動直後に出てきたメッセージがこれ(´д`)。深夜早朝ならまだしも発売初週の土曜日の真っ昼間ですよ。
GT SPORT は従来のシリーズとは違ってオンラインプレイ前提なので、サーバメンテ中はアーケードモードでしか遊べません。

いきなりの仕打ちに心が折れそうになりながら、とりあえずアーケードモードを中心にやってみました。

グランツーリスモ SPORT

グラフィックのクオリティやドライビングの感覚は、良い意味で代わり映えしないグランツーリスモクオリティ。GT6 からけっこうブランクが空いているのでどれくらい画質が向上しているかは(少なくとも 2K/SDR なテレビで見ている限りは)判別できませんが、レース中にチームスタッフがピットロードを歩いているという演出って旧作にあったっけ?これはちょっとすごいと思いました。
あと時間帯や天候を選んでレースができ、その状況に応じてサーキットの景色が全く変わって見えるのも素晴らしい。

ただアーケードモードは旧作をやり込んでいれば上級でも普通に勝ててしまって手応えがありません。やっぱり GTS の本領はスポーツモード(オンラインレース)にあるのでしょう。

グランツーリスモ SPORT

しかしスポーツモードに入ろうとした瞬間「その前に講習を受けろ」とのメッセージが(;´Д`)ヾ。ゲームなのにそんなの受けないといけないのか...。

グランツーリスモ SPORT

講習といってもビデオを二本見るだけ、合計 5 分弱の時間が取られるだけなので大したハードルではありませんが、逸る気持ちが少し萎んだのは事実。
まあ講習内容もかいつまんで言えば「熱くなりすぎるなよ、スポーツマンシップだ」という内容だったので、少し萎えさせるくらいでちょうど良いのかもしれませんが。

あとスポーツモードで遊ぶには PlayStation Plus に加入する必要があるのを忘れてました。月額課金されてもしばらくじっくりやる時間なさそうなんだよなあ...と思い、ちょっと保留(ぉ。スポーツモードをやらないなら GTS を買った意味もないわけで、近いうちに課金してオンラインレースしたいところではあります。

グランツーリスモ SPORT

フォトモードもさらにパワーアップしてます。川崎の工場夜景と愛車が撮れるとか、なんて俺得!
カメラ側の露出やホワイトバランスだけでなく、エフェクトまでいじれるのでかなり幅の広い写真が撮れます。カメラクラスタでも唸るレベル。

グランツーリスモ SPORT

背景を流して撮ることも自由自在。それも速度設定も任意にできるんですよ。
フォトモードだけで一日遊んでいられる自信があります(笑

グランツーリスモ SPORT

VR でもやってみました。実はこれかなり期待してた。

が...レースはライバル車が 1 台のみというかなり寂しい設定。PS4 の処理性能的に VR では多数のクルマを走らせることが難しかったのではないかと思いますが、レースゲームとしてはこれでは面白くない。むしろ単独走行モードで VR ドライビングシミュレータとして走った方が楽しめるんじゃないかと。
オーバルサーキットで走行中に轟音が聞こえ、上を見上げたらジェット機が飛んでいたときにはちょっと震えましたが、それくらいかなあ。あくまでオマケ、実験的な実装だと感じました。ステアリングコントローラがあればもっと没入できるのかもしれませんが。

グランツーリスモ SPORT

自宅でゲームのためにテレビを占有できるのなんて深夜くらいだし(スプラトゥーンは子どもと一緒に遊ぶから別枠)、MXGP3 だってまだ中途半端だし、待望の GTS だからといってなかなかやる時間が取れなさそうなんですが、それでも待望のグランツーリスモ最新作。来月に入ったら PS Plus に加入してやり込んでみようかなあ。

グランツーリスモ SPORT

B01GHLDNSQ

投稿者 B : 21:14 | Game | PS4 | コメント (0) | トラックバック

2017/10/21 (Sat.)

旧ニンテンドー 3DS LL の応急修理

長女が 4 年弱使ってきた旧型ニンテンドー 3DS LL が、壊れました。

3DS LL

壊れたのはヒンジ。まあ 3DS に限らずノート PC でも経年劣化(というかパーツ疲労)によるヒンジ故障は最も多い故障原因かと思います。
それでも「次に買い換えるまで」といってヒンジを気遣いながらダマシダマシ使っていたんですが、最近一度落下させたらしく、電源ランプは点くものの画面が一切映らなくなりました。

もともと買い換えるつもりだったので良いんですが、画面が写らないと買い換えてもデータの引っ越しができないのがちょっと問題です。ゲームソフトはパッケージで買ってるからいいとして、プリペイドカードを使ってホーム画面のテーマファイル等をいくつか購入していたので、それが移行できないと本人的にはちょっと悲しい。任天堂のサポートに送ればデータ移行くらいはやってもらえそうですが、往復の送料を考えたらダウンロードデータも再購入したほうが安いかもしれないし、どうする?と。

とりあえず、私が修理してみてダメだったらデータを買い直すことにしました。

3DS LL

ユーザーの多い 3DS LL ならばちょっとググればすぐに分解手順くらい出てくるので、参考にしつつサクッとバラします。
それほど複雑な構造ではありませんが、集積度の高まった最近のスマホの構造を見慣れていると、基板の空き地は広いしフレキシブルケーブルも多く、一世代前のデジタル機器という印象。

3DS LL

内部をよく見ると、ヒンジ付近にあるフレキケーブルがズレて抜けかかっていました。なるほど、落下時の衝撃でここが緩んでいたのが画面が映らなくなった原因か。
というわけで、このケーブルを挿し直して電源を入れ直してみたところ...、

やっぱり映りません(;´Д`)ヾ。

3DS LL

もう一度バラして細部までよーく見てみると、さっきのフレキケーブルの裏側にもう一本フレキがあり、それも抜けかかっていることが判明。ここは盲点だった。

3DS LL

基板の裏側はこのままでは作業できないので、いったんシャシーから基板を剥がした上で、裏側のケーブルを再接続。

すると、

3DS LL

映ったー!!

液晶が割れたわけでもないし、落下の弾みにどこかのケーブルが断線したのでもなければどこかの接触が悪くなってるんだろうと思っていましたが、正解でした。
とはいえ片側のヒンジがなくなっている状態では、このまま使っているとまた故障するのは時間の問題なので、取り急ぎデータの引っ越しを行います。

New 3DS

買い換え先は、New ニンテンドー 3DS(LL じゃないほう)。それもハローキティのきせかえプレートパックでした。普段はキティラーじゃないくせに、なぜ DS はキティにこだわるのか(笑

LL じゃないほうの New 3DS は先日生産完了の案内が出たところですが、まだ流通はしているようですね。このきせかえプレートパックも特にプレミアがつくこともなくネット通販で普通に買えました。

New 3DS

最近のスマホを見慣れていると、画面が小さくて額縁も広い通常版 3DS はもう古くさく見えてしまいますね。個人的にはもうスマホより小さい画面の端末でゲームをする気は起きないので、最低でも LL サイズは欲しいところですが、LL は電車内で遊ぶのがちょっと気が引けるんですよね...。

ともあれ何とか応急修理してデータ移行できて良かったです。新しい 3DS も大事に使ってください。

任天堂 / New ニンテンドー 3DS きせかえプレートパック ハローキティ

B016XIA2IC

投稿者 B : 22:30 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/10/20 (Fri.)

久しぶりに豚組 [しゃぶ庵]個室でゆったり

豚組 [しゃぶ庵]に行ってきました。

豚組 [しゃぶ庵]

豚組 [しゃぶ庵]

しゃぶ庵には毎年 2~3 回は行っているんですが、近年はイベントだったり大人数の某新年会だったり、誰かがセッティングした会に参加してホール席を利用することのほうが多くなっていました。つい先日も TrackR のブロガーイベントで行ったところですが、今回は久しぶりに自分で予約して行ってきました。

豚組 [しゃぶ庵]

二人だったので個室に通してもらえました。ホールの活気ある雰囲気もいいですが、個室は落ち着いて過ごせるのがありがたい。私が予約するときは基本的に個室を取るようにしています。ちなみに予約にはトレタかんたんウェブ予約を利用しました。

豚組 [しゃぶ庵]

まずはビールから。「馨和 KAGUA」の Blanc をいただきます。
繊細かつクリーミーな泡と華やかな香り。食前酒にちょうどいい。

豚組 [しゃぶ庵]

お通し的な小鉢から料理がスタートします。
この小鉢に入っているハムも、豚組らしくちゃんと銘柄豚。野菜とポン酢ジュレでさっぱりといただきます。

豚組 [しゃぶ庵]

しゃぶ庵に来ると基本的にはコースで料理はおまかせしつつ、必要に応じてアラカルトで何か追加するのがおすすめ。今回は「とことん豚づくしコース」にしたので、前菜はこの四種。それぞれ種類の違う銘柄豚のテリーヌ、パテ、生ハム、サラミ等が並べられて、ビールでも日本酒でもワインでもイケます。

豚組 [しゃぶ庵]

からの、豚角煮。トロットロに煮込まれた角煮、絶品です。
脂身がそれほどしつこくないのもポイント高し。

豚組 [しゃぶ庵]

そーなると日本酒が欲しくなってくるわけです。石川の地酒「手取川」を冷酒で。
銘柄豚のうまさに緩んだ味覚をキリッと引き締めてくれます。

豚組 [しゃぶ庵]

しゃぶしゃぶの前にさらにもう一品、メンチカツ。
姉妹店にとんかつ屋をもつ豚組グループだけあって、このメンチカツがまたレベル高いんです。

豚組 [しゃぶ庵]

肉のうまみがしっかり閉じ込められたメンチカツ。サクサクの衣もいい。
思わずこの後のしゃぶしゃぶを待たずして「メンチおかわり」を決めたくなってしまうけど、ここは本題の前にグッと我慢。

豚組 [しゃぶ庵]

オレンジ色のル・クルーゼの鍋に、しゃぶしゃぶのつけだれ四種が運ばれてきました。
つけだれは、左から順にさっぱりした塩だれ、風味のいいフルーツポン酢、濃厚な胡麻だれ、最後にこの店独特のめんつゆ。
それぞれつけだれ単体でも十分美味しいけど、テーブルに備え付けられている薬味を足すとさらに味に広がりが出ます。

豚組 [しゃぶ庵]

肉のほうは銘柄が三種類から選べます。今回は二種類混ぜて頼んでみました。
鮮やかなピンク色の豚肉、このまま食べたいほどうまそう。

豚組 [しゃぶ庵]

個人的には鍋にしゃぶしゃぶ肉を投入してウェルダンにしてしまうのはもったいなく感じてしまうので、直箸で申し訳ないけど直接しゃぶしゃぶして、そのままたれにつけていただきます。
肉そのものもいいけど、四種類のつけだれがそれぞれに個性的な味で、いくら食べても飽きない。私は胡麻だれにたっぷりめにラー油を入れたのか、ワサビを効かせためんつゆが好み。

豚組 [しゃぶ庵]

ひととおり食べ終わったところで、肉や野菜のうまみが溶け出した鍋で〆の豚骨ラーメンを作ってもらえます。
この細麺が、満腹になりかけた胃にもツルツル入っていってまた美味しいんですよね。

豚組 [しゃぶ庵]

しゃぶ庵はやっぱり個室で料理と会話をゆったり楽しむのがいいですね。久しぶりの個室、堪能しました。
ここに来ると他の店でしゃぶしゃぶを食べる気がしなくなるのが難点ですが(笑)、また来ようと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:豚しゃぶ | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/10/19 (Thu.)

Adobe Lightroom CC クラウド版とクラシック版

アドビ、Lightroomをクラウドベースアプリに - デジカメ Watch

Adobe がプライベートカンファレンス「Adobe MAX」において、Creative Cloud 製品のアップデートを発表しました。多くのソフトウェア群で同日最新バージョンが配信開始されていますが、中でも話題になっているのは RAW 現像ソフトウェアである Lightroom でしょう。

Adobe Creative Cloud

従来の Lightroom は「Lightroom Classic CC」と改称され、デスクトップアプリとしては継続するものの徐々にメンテナンスモードに入っていくものと思われます。その一方でモバイルアプリをベースに進化してきたクラウド版が代わって「Lightroom CC」を名乗ることとなり、今後の進化の方向性がこちらであることが明示されました。Adobe は当面は二つのバージョンが併存していくと公式には説明していますが、クラウド版が機能的にクラシック版の機能をほぼ吸収したタイミングで本格移行が行われるものとみられます。

両バージョンの位置づけや機能差分などは PC Watch の笠原一輝氏の記事で詳細に解説されています。

【笠原一輝のユビキタス情報局】新名称になったAdobeの写真編集アプリ「Lightroom Classic CC」と「Lightroom CC」を速攻レビュー ~プロの写真管理もクラウドストレージ時代に突入 - PC Watch

クラシック版は名称が変わってマイナーアップデートが施された程度であまり違いが感じられませんが、クラウド版(新 Lightroom CC)のほうはどんなものか、少しだけ使ってみました。

Adobe Lightroom CC

起動直後の画面。ファイルの取り込みから始めるわけですが、クラシック版とは違ってフォルダ単位での取り込みができず、ファイル単位か外部メディアからの取り込み、あるいはスマートデバイスとの同期が選べます。一応ファイル単位での取り込みダイアログでフォルダ内の画像を全選択すればフォルダ単位の取り込みとほぼ同じことはできますが、クラウド同期が前提なのでフォルダ単位の大量のデータ取り込みはまだ想定されていない感覚があります。

Adobe Lightroom CC

編集画面はこんな感じ。調整項目はクラシック版とほぼ同じですが、UI がスマホアプリ的というか Web アプリ的というか。このほうが PC だけでなくスマホやタブレット版のアプリと機種依存なく共通の UI にできるということでしょうが、クラシック版の超細かい UI に慣れた身としては調整項目の一覧性がなくなってしまったのが残念。それからクラウド版ではトーンカーブがいじれないのが、けっこうトーンカーブ多用派としては惜しい。階調補正でもある程度までは追い込めるけど、トーンカーブも併用できたほうが痒いところに手が届くんですよ...。

また右クリックメニューの内容も相当少なくなっています。これが発展途上ゆえのものなのか、マルチデバイス対応にあたって意図的に減らしたものなのかは分かりませんが、右クリックから現像設定を細かく指定して JPEG 出力、という今まで使い慣れたワークフローから外れてしまうのは使いにくい。

Adobe Lightroom CC

でもそれ以上にクラウド版の致命的な弱点は「クラウド版である」ということに尽きるでしょう。私が使っている Creative Cloud フォトプランだと 20GB のクラウドストレージが付属してくるのですが、RAW データで 20GB なんてあっという間ですよ。例えば先日撮ってきた全日本モトクロス選手権の写真なんて、明らかな失敗写真を削除して粗く整理した状態でも 40GB 近くある。試しにフォルダ内の写真を全部読み込ませてみたところ、全てクラウドストレージに同期し始めたので途中で容量がいっぱいになってしまいました(´д`)。
大容量のプランを契約すれば最大 1TB のクラウドストレージが使用可能になりますが、それでもローカルにある全ての RAW 画像が収まる容量では全くなく、空き容量が減ってきたら削除して新しい作業用データを同期させる、という作業スペース的な使い方をするのであればクラウドである意味も半減します。当然未来の姿はこっちなんだろうけど、現実はまだまだ環境が追いついてきていないな、というのが正直な感想です。

私もイベントで撮った写真をすぐに SNS 等に共有したいけど少し編集してからにしたい、かといって Instagram ではいじれる幅が狭いし画質も落ちるし...という欲求はあって、そういうときにモバイル版でもフル機能に近い Lightroom が使えるのは確かに便利。で、外で軽く編集した状態のまま自宅で続きの本編集ができるのであれば、クラウド版は確かに「アリ」なんだと思います。でもまだ道半ば感が強いかな。
私は当面 Lightroom Classic CC をメインに使うのは変わらないと思います。来たるべきクラウド版への完全移行が必要な時点で、Lightroom CC が期待したような完成度でなければ、そのときは SILKYPIX なり Capture One Pro への転向も考えるかもしれません。

Adobe / Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)

B00M3X5STU

投稿者 B : 23:54 | Camera | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2017/10/18 (Wed.)

テレビのイベントリレーと追従録画の話

先日エアレース最終戦を録画したときの話。

さすがに日曜 26 時からの生中継は翌日の仕事を考えると起きてらんないので、BS1 での放送を録画して翌朝観ました。
放送の枠は 3 時間あったんですが、インディアナポリスは強風のためラウンドオブ 14 のスタートが定刻より 50 分遅れとなり、早朝 5 時までの放送時間では競技そのものは収まったものの、表彰式は溢れてしまいました。

BDZ-ZT1500

放送終了予定時刻近くになると、画面端にテロップが表示され、BS1 のサブチャンネル(102)で放送が継続される表示が出てきました。
さすがに放送延長は想定していなかったので、あー表彰式の映像は観られないのか、まあファイナル 4 までちゃんと観られたから良しとするか...と思ったら、一瞬のブラックアウトを経てサブチャンネルの録画に切り替わりました。

BDZ-ZT1500

通常の放送より帯域の狭いサブチャンネルでの放送なのでフル HD の解像度は出ておらず、大画面で観るにはちょっと厳しい画質ですが(インターレースだから静止画で撮るとさらに解像感が落ちて見えますが、動画で見ている分には上の写真よりは多少マシに見えています)、それでも室屋の年間チャンピオンのトロフィー授与場面が観られて感激。

デジタル放送には「イベントリレー」という機能があって、今回のようにスポーツなどが延長し、途中から別のチャンネルで放送を継続する場合(高校野球中継の NHK 総合←→E テレの切り替えが代表例)にレコーダが自動的に追従録画できるようになっています。
先日レコーダを買い換えて UI も変わったけど、録画自動延長の設定を気にしたことがなかったので、デフォルトで自動延長になっていたのか無意識に設定していたのか...と画面を確認してみたところ、

BDZ-ZT1500

録画予約画面に自動延長に関する項目そのものが見当たらない。本体設定のほうを見ても何もありません。確か、UI に XMB を採用していた時代の機種は録画予約画面に「延長」という項目があったし、本体設定にも「番組追跡録画」の入/切があったのに。わざわざ録画するのに途中で切れても良いなんていうユーザーもほとんどいないでしょうし、自動延長・自動追従以外の動作はしません、ということなんですかね。

ちなみに、録画は一本の録画映像の中でチャンネルがシームレスに切り替わっていました。ビットレートも解像度も異なるビデオが繋がって録画されているのは初めての経験(笑)。調べてみたらパナのレコーダではイベントリレーで別チャンネルが自動録画された場合は別々の録画データとして管理されるようなので、扱いやすさだけを考えたらソニー製レコーダのほうが便利そうです。

私は野球をあまり観ないので、こういうイベントリレー機能が役に立つことは滅多にありませんが(むしろ初めて使ったかも)、そういうときほど見逃したくないものだったりするので、助かりました。

ソニー / BDZ-ZT1500icon

iconicon

投稿者 B : 22:15 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2017/10/17 (Tue.)

ROAST HORSE #3

某馬主(会員権持ちの方)にお誘いいただいたので、喜び勇んで広尾の会員制馬肉料理専門店「ローストホース」に行ってきました。

ローストホース

ROAST HORSE

時々タイムラインに写真が流れてくることもあって自分自身がもっと頻繁に行っている感覚だったんですが、前回行ってから一年のブランクが空いていたんですね...。それでも前回の写真を見ただけで味を昨日のことのように思い出せる。それくらい強烈な印象に残っているのがこのお店。

ROAST HORSE

最初はスープから。
微妙に写真映えしない絵面ですが(笑)、これは胡麻のスープ。胡麻の良い香りに鰹だしが効いていて、優しくも深みのある味が口の中にじんわ~っと広がります。おおお、これおいしい。

ROAST HORSE

そして馬肉の握り。馬肉のスタートは毎回ここからですが、もう三度目ともなるとこれを口に入れた瞬間から語彙力の低下が始まります(ぉ

すごーい!おーいしーい!!!(←

ROAST HORSE

飲み物は、このお店が持ち込み OK なので今回の馬主さんが持ち込んだ日本酒「冬単衣」。Makuake でのクラウドファンディングを経て販売されたお酒で、ガジェットクラスタ的には付属の保冷バッグの蓄冷材をシャープが開発した(液晶から派生した素材を使用)ことでも話題になりました。
この保冷バッグで -2℃ に保たれた冬単衣を飲んでみると、飲み口はキリッと冷たくて、でもほんのり甘い後味がふわあっと広がって、なかなかに美味。繊細な馬肉料理ともよく合っています。

ROAST HORSE

料理の方は、松茸と春菊、馬肉ロースのおひたしへと続いていきます。
私はなにげに今年の初松茸。春菊との香りの組み合わせが馬ロースの旨味を引き立てます。

ROAST HORSE

そして、ここから怒濤の馬刺し連撃が開始されるわけです。
まずはハラミ(左)とシャトーブリアン(右)。いきなり本命級からキタ!!
馬肉の旨味をガッツリと味わえる部位からのスタートで、テンションアガります。

ROAST HORSE

続いてこの店の定番であるオビ、フタエゴに加えて、季節ごとの一品は今回赤身のアボカド載せ。

見ている間にも脂がどんどん溶けていくオビとフタエゴはいつも通り、間違いない美味しさ。オビは口に入れた瞬間に脂が溶解し、噛まなくても肉の線維が解けていくのを舌で感じます。そしてフタエゴは脂の旨味モンスター(何
赤身のアボカド載せ、私はアボカドってちょっと苦手なんですが、これは上にかかっているジュレっぽいものが馬肉とアボカドの味の接着剤の役割を果たし、見事な一体感を醸し出しています。これもおいしい!

ROAST HORSE

それからカイノミと、再びオビ。肉の上にかかっているのはごま塩です。
ある程度食べ慣れているはずの馬刺しなのに、ごま塩がかかるとまた違った風味が感じられて、これまたいい。なんだか肉の味自体が濃くなったように感じられます。

ROAST HORSE

馬刺しラッシュの最後はハツ刺し&レバ刺し。
くさみが全くないハツとレバーの刺身は、微かな歯ごたえがありつつ、馬肉のうまさを濃厚に凝縮した感じ。牛レバーとは世界観の異なる味が広がっています。

ROAST HORSE

このポタージュスープ的なやつは、例によって馬肉のユッケを生卵のエスプーマに沈めたもの。見た瞬間に幸福中枢が刺激されるやつ。
しかも今回の味付けは、なんと林檎と海苔(!)。説明を受けた瞬間「え、林檎と海苔!?」と思わず声を上げてしまいました。梨入りは食べたことあるから林檎は驚かないけど、それに海苔を合わせるとは。

でも騙されたつもりで食べてみると、これがめちゃくちゃうまい。林檎の甘みと海苔の風味がケンカせずにユッケの旨味を引き出していて、まるで馬肉ユッケって最初からこういう味だったかのような違和感のなさ。なんでこんなにうまいのか、なんでこんな組み合わせを思いついたのか、疑問は湧くけどそんなこと関係なくうまい。エスプーマの一滴さえ残さずに完食しました。

ROAST HORSE

この一見普通の揚げ春巻きは、シャトーブリアンの揚げ春巻き 北海道のホタテ入り。馬のシャトーブリアンを使った揚げ春巻きでさらにホタテ入りとくればうまくないわけがないじゃないですか。こんなんズルいわ(何

ROAST HORSE

さらに定番のコウネ(たてがみ)の握り。このとろける脂身のうまさたるや。それでいて、牛や豚の脂のような重ったるさが全然ない。何度食べてもうまいし、本当なら毎日でも食べたい。

ROAST HORSE

焼き野菜はエリンギ、玉ねぎ、蓮根に銀杏という旬な食材が揃って出てきました。
これらの野菜はこの店専用の農場で作られたもので、味には絶対の自信を持っているとのこと。

ROAST HORSE

野菜は繊維を切断する方向に包丁を入れると旨味ごと水分が逃げて行ってしまうので、食材ごとに切り方にもこだわりつつ、目の前で切ってくれます。
瑞々しさを湛えたエリンギと玉ねぎがおいしいことは以前来て知っていましたが、この蓮根がまた。レンコンのくせにホクホクもちもちした食感なんですよ!?こんな常識を超えたレンコン反則やろ。

ROAST HORSE

馬テールと栗の炊き合わせ 白味噌ソース。中央の白いのは背脂。
ここまで来ると、もう「うまい」以外のことを...だんだん...考えられなくなってきました...。

ROAST HORSE

ここまで散々馬肉料理を堪能してきたところで、いよいよメインのローストホースのご登場。

第一弾は馬ヒモ(スペアリブ)のローストホース。
「ヒモ」というだけあって細長く、見るからに何かが凝縮された感のあるローストホースです。

ROAST HORSE

ああ、これ、表面がカリッと焼かれた中に肉汁がふんだんに閉じ込められているやつや...!

食べてみると、ひと噛みごとにじゅわっと肉汁と旨味が口の中に広がって、いつまでも噛み続けていたくなる。
馬肉って肉の中では淡泊な部類だと思うけど、これはむちゃくちゃ濃厚。

ROAST HORSE

ちょうどいい頃合いで出された長芋の味噌漬けで口の中を少しリセットしながら、ひたすらローストホースをついばんでいきます。

ROAST HORSE

二つ目のローストホースは、チョウチンのローストホース。チョウチンとはバラの外側の部位で、サシの入り方がさしづめ大トロといったところ。
石窯で焼かれたこれを薄切りにして、生ワサビとともにいただきます。

ROAST HORSE

この店に来ると、さすがに料理名を全部は憶えきれないのでスマホにメモを取っているんですが、これを食べているときのメモが「柔らかい脂 肉汁~~~!!」としか書かれていない件(ぉ。いかに言語中枢が破壊される味かがおわかりいただけたでしょうか(何。
本当に、柔らかい赤身の間から肉汁が溢れ出てきて、泣きそうになります。

ROAST HORSE

〆のごはんはもずくの雑炊。
やさしい味の雑炊で、この日の馬のおいしさをしみじみと振り返ることができます。

ROAST HORSE

これまた馬肉に負けないくらい毎回楽しみにしているデザート、今回は「梨のチーズケーキのかき氷」。
梨とチーズケーキってこんなに合うんだ...という見事なハーモニー。季節外れだけど、ここのかき氷はいつ食べてもおいしい。

ああ、今回も紛れもなくおいしかった。
安い店ではないけれど、料理の内容からすると安いとしか言いようがありません。たぶん会員制でコース一種類のみ、かつ常に満席という営業状態がこの値段でこの味を実現しているんだろうなあ。普通にやっている店だとこうはいかないはず。

お誘いいただきありがとうございました。
会員を増やす予定はないようなので、今後もどなたかに誘っていただく機会を待つしかないわけですが、次のチャンスがあれば逃さずにまた来たいと思います。

ごちそうさまでした。

投稿者 B : 23:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/10/16 (Mon.)

レッドブル・エアレース 室屋義秀が年間チャンピオン獲得!

室屋義秀

INDIANA POLIS RACE REPORT:新王者が魅せた、不屈の精神力 | Red Bull Air Race

今シーズンこれまでに千葉大会を含む三勝を挙げ、年間チャンピオンを賭けて挑んだ最終戦インディアナポリスにて、マルティン・ソンカとの激しい戦いを制した我らが室屋義秀が優勝、念願の年間チャンピオンを獲得しました。おめでとう室屋選手!!

思い返せば第二戦サンディエゴでは往年のポール・ボノムを思わせる強さで完全勝利。次の千葉ではペナルティもあって薄氷の勝利ではあったものの、今季の室屋には運が味方している感がありました。しかしその後はブダペストでの 3 位以降伸び悩み、チャンピオンシップはマルティン・ソンカ、ピート・マクロード、カービー・チャンブリス、室屋の四つ巴の様相を呈します。そして全戦ドイツ/ラウジッツでは「ラウンドオブ 8 までに上位三人の誰かを直接対決で下し、ポイント差をできるだけ多く詰める」というアグレッシブな作戦が見事に功を奏し三勝目。首位ソンカと 4 ポイント差で最終戦を迎えていました。

しかし、そのインディアナポリスの予選では室屋のマシンにまさかのエンジントラブルが発生し、11 番手タイムに留まります。それだけならまだしも、ラウンドオブ 14 ではいきなりマルティン・ソンカと直接対決するという展開に。ここでソンカに勝てば逆転チャンピオンの可能性が高まりますが、決勝当日までに修復できなければ危ないのでは...とも思っていました。

室屋義秀

そしてラウンドオブ 14。室屋のマシンは無事修理できたものの、コースはパイロンが傾くほどの強風が吹いており、難しいコンディション。先攻の室屋はフライトでインコレクトレベルの 2 秒ペナルティを受けてしまい、のっけから厳しい状況。それでもペナルティ込みで 1 分 06 秒台というタイムは悪くなく、負けてもファステストルーザーとして残れる可能性がありました。
続くソンカのフライト。室屋のペナルティを見ながらも手を抜かず勝てるタイムを狙っているように見えましたが、終盤にまさかのパイロンヒット!3 秒のペナルティが加算されてしまい、結果として室屋に軍配が上がります。

これで室屋のチャンピオン獲得が濃厚になった...と思ったら、ペナルティ込みでもソンカが敗者の中で最速タイムを記録しており、ファステストルーザーとしてラウンドオブ 8 に生き残ります。

ラウンドオブ 8、室屋の対戦相手は今季マスタークラスに昇格したばかりのミカエル・ブラジョー。ここは難なく勝利し、ファイナル 4 へ。
いっぽうソンカの対戦相手はマット・ホール。今季こそあまり振るわないものの過去二年選手権 2 位を獲得している実力者であり、番狂わせも十分考えられるカード。しかしマット・ホールはインコレクトレベル+パイロンヒットで 5 秒のペナルティをもらい、ソンカが順当に勝ち上がりました。

ファイナル 4 は室屋、ソンカ、昨年の覇者ドルダラー、ベラルデの四人。室屋としてはここはもう勝つしかなく、それでもソンカが 2 位に入れば逆転チャンピオンは成りません。その間にドルダラーが割り込んでくれることを期待するしかない状況。最後の直接対決でチャンピオンが決まるというドラマチックな展開になりました。

室屋は一番手でのフライト。これまでのキャリアでの四勝は全て一番手もしくは二番手のフライトの結果であり、先に飛んで後のパイロットにプレッシャーを与えるのは得意としているところです。そしてこのフライトがペナルティギリギリの「攻めた」アタック。もう少し風があったらパイロンヒットしていたに違いないほどのスレスレで、通常ならエンジン出力が落ちてくるファイナル 4 でまさかの 1 分 03 秒台、マット・ホールの予選トップタイムよりも 1 秒以上速いトラックレコードを記録してしまいました。これにはさすがに鳥肌が立ちましたね...。
他の三人はここでこれを上回るタイムを刻むことはほぼ不可能。ペナルティなしでいかに一つでも上の順位を得るか、というレースになります。続くドルダラーもベラルデも 1 分 05 秒台のノーペナルティ、通常であればこれがトップタイムであってもおかしくない速さではありました。そして最終フライトのマルティン・ソンカは、一見ノーミスの美しいフライトであったにも関わらず終盤に伸び悩み、1 分 07 秒台で 4 位。この瞬間に室屋の今季四勝目と年間チャンピオン獲得が確定しました。

室屋義秀

どうやらソンカのほうもマシンに不調を抱えていたとのことで、終盤の失速はそれによるものかもしれませんが、これもまたレース。年間四勝、最終戦の最終フライトでトラックレコードという室屋の強さはチャンピオンに相応しいものだったと言えます。特にサンディエゴとインディアナポリスでの勝ち方は常勝ポール・ボノムに重なるものがあり、一昨年から室屋本人が口にしていた「勝つためのレースの組み立て方」をちゃんと実践してきた結果であることを改めて感じます。

それにしてもポール・ボノム引退後のエアレースは本当に実力伯仲していて、室屋以外にもドルダラー、ソンカ、マクロード、チャンブリス、ホールという強者揃い。マスタークラス二年目のコプシュタインも着実に力をつけてきていて、来季もさらなる激戦が予想されます。
そしてエアレースはパイロットがみんな魅力的なんですよね。他のレースと違って一人ひとりのフライトをじっくり観戦できたり、フライト前にインタビュー映像を挟む中継の構成の良さもあってパイロットの個性を把握しやすい。しかもマスタークラスでたった 14 人という人数の少なさもあってパイロット全員に経緯と仲間意識があり、他のカテゴリのようなドロドロした人間関係が(少なくとも表面上は)感じられないのもまた良い。全てのパイロットを満遍なく応援したくなる構造が、レッドブル・エアレースの熱量の高さを形作っているのだと思います。

今年のインディアナポリスはすごいですね。先日の佐藤琢磨のインディ 500 制覇に続いて、室屋のエアレースチャンピオンもここインディアナポリスで決定とは。北米のモータースポーツの聖地に立て続けに日本人選手の名が刻まれることは誇らしくもあります。そして室屋の応援に来ていた佐藤琢磨が頻繁に中継に写っていたことが、いかにインディ 500 ウィナーが米国でリスペクトされる存在なのか、というのを改めて知らしめてくれました。

ともかく、室屋選手本当におめでとう。来年はチャンピオンとしての凱旋レース、千葉に必ずまた行こうと思います。

※本エントリーに掲載した写真は全て千葉戦の際に撮影したものです。

投稿者 B : 23:31 | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2017/10/15 (Sun.)

RICOH THETA V

やや出遅れ感がありますが、こいつを手に入れました。

リコー / THETA V

RICOH THETA V

私にとって初めての全天球カメラ。周囲では初代 THETA の頃から使っている人が何人かいて、実物も見せてもらったことがあるんですが、今までの機種は解像感的に今ひとつかなと感じていたのと、積極的に使うシーンがあまり思いつかないので自分では手を出さずにいました。しかし今回の THETA V では静止画の画質が向上し、動画も 4K 解像度や 360° 空間音声の記録にも対応して、これは一定のクオリティを超えてきたなと。VR で見てみたらどうなるかという興味もあり、ついに手を出してみました。

RICOH THETA V

いわゆるスチルカメラとは全く違う製品で、触ってみるとカメラ感は皆無と言って良いですね(笑。操作ボタンも最低限で、基本的にスマホから操る感じ。Wi-Fi は 5GHz 帯にも対応しているというのが意外でしたが(5GHz 帯は法令により屋外使用できないため国内メーカー製品では対応していないことが多い)、屋内イベント会場の全天球撮影や動画ストリーミングをすることを考えると 5GHz 帯を使った方が安定するわけで、考えてみれば納得です。

RICOH THETA V

私は旧機種をちゃんと使ったことがないため比較できないのですが、今回のモデルから Android ベースになったことは賛否両論あるようですね。今後の機能拡張を考えると開発しやすいプラットフォームにしておく必要があったことは理解できますが、まあ電池はもたないですね(´д`)。スリープ状態で 2~3 日置いておいたらバッテリがカラッカラになっているのはカメラとしては使いづらい。それほど頻繁に撮影するわけでもないし、これなら起動に少し時間がかかることを受け入れて毎回コールドスタートするようにしても良いかもしれません。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

何かサンプル画像でも載せようと思ったんですが、全天球撮影だと人物や自分の生活環境まで写ってしまいがちで、なかなか気軽には Web に掲載できないですね(;´Д`)ヾ。撮影者の手や頭も消せないし。
またいわゆるスチル写真と違って構図とかボケを活かした画が作れるわけでもなく、その時点の自分の周囲 360° を「記録」するという感覚に近い。業務ユースならともかく、個人ユースだとごくパーソナルな記録という位置づけになります。これはこれで面白いですが、blog ネタとしてはちょっと厳しいモノがあります(笑

とはいえ、今まで自分が使ったことのない種類のデバイスをいじるのはなかなか楽しいもの。しばらくいろんなところで撮ってみようと思います。

リコー / THETA V

B074ZB7PZM

投稿者 B : 22:05 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2017/10/14 (Sat.)

DIRTRIDERS

DIRTRIDERS

[ Canon EOS 7D Mark II | SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

せっかくの週末だというのにグズグズの天気で、外に出る気も起きません。
こういう日は以前撮った写真の現像をしながら過ごすに限る、ということで先日の全日本モトクロス選手権の写真を追加でいくつか載せていきます。

DIRTRIDERS

[ Canon EOS 7D Mark II | SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

モトクロスヴィレッジでのレース撮影にもだいぶ慣れてきて、どの場所からどんな写真が撮れるかもある程度把握できました。EOS 7D2 だとかなり歩留まり高く撮れるので、逆に撮影後のチョイスが大変なほど(笑。
あとはコースが狭いため構図がマンネリ化しがちなのが課題ですかね。望遠レンズでつい寄った写真ばかり撮りがちなので、次回は広角系レンズをつけたボディと二台体制にしてバリエーションを広げてみようかと考えています。

DIRTRIDERS

[ Canon EOS 7D Mark II | SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

先週末は前日に降雨、決勝当日は快晴ということでコースはベストコンディションと言って良い状態でした。ただ写真的には一部分でもマディな状態が残っていたほうがダイナミックな画が撮れて面白かったのにな...とは思います。

DIRTRIDERS

[ Canon EOS 7D Mark II | SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

モトクロス撮影の難しいところの一つは、オンロードレースと違ってライダーごと、周回ごとにライン取りが変わる点。こちらはあらかじめ予測をつけながらレンズを振るわけですが、期待したラインと違うところに行かれることが少なくありません。そこはもっとバンクを使って豪快に曲がってほしかったのに!みたいな(;´Д`)。だからリヤを積極的に振りながら走るライダーを見つけると、ついそちらばかり追ってしまいます。

DIRTRIDERS

[ Canon EOS 7D Mark II | SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

MXGP3 のゲームで本場アメリカの雰囲気を味わった身としては、一度でいいから自然を活かしたもっと広いコースで観戦してみたいと思い始めました。都内からだと日帰りは難しいですが、機会があればいつか菅生のレースでも観に行ってみたいです。

投稿者 B : 23:00 | EOS 7D Mark II | Photograph | SIGMA APO 50-500/F4.5-6.3 DG OS HSM | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 | all
« September 2017 | メイン