b's mono-log

« F1 アブダビ GP 2017 | メイン | GUNDAM docks at TOKYO JAPAN »

2017/11/27 (Mon.)

ラ・ラ・ランド [PS Video]

ブレードランナー 2049』を観たらライアン・ゴズリング繋がりでもう一度観たくなったので、劇場まで観に行った名作を VOD でもう一度鑑賞しました。

ラ・ラ・ランド

B071F1696T

初見でもすごく良かったけど、サントラを聴き込んだ上で観るとまた深まりますね。楽曲が粒ぞろいで、アカデミー賞作曲賞・歌曲賞を獲っただけのことはあります。映像からも全体的にミュージカル愛が伝わってきます。
主演のライアン・ゴズリングは私は本作で初めて知りましたが、『ブレードランナー 2049』を観た上で『ラ・ラ・ランド』に戻ってくると、イケメンなんだけどナイーブな内面を持つちょっと哀しい男の役どころが見事にハマる俳優だなあ、というのを改めて感じますね。

この映画のテーマの一つでもある、自分が本当にやりたいことと、世の中に求められることと、家族や生活のために必要な収入のどれを選ぶか?という話は何度観ても考えさせられます。その全てが一致することというのは稀で、普通はどこにバランスを求めるか、という話になる。近年の自分もまさにその悩みの中にあったりするので、個人的にはセブの気持ちがよく分かるし、最後まで夢を貫き通したミアの考えは甘いとさえ思う(夢を叶えたのは結果論であり、誰もが同じようにやって成功するとは限らない)。男女の思考回路の違いというよりは、守るべきものができたときに二者択一を迫られるのが人間だし、二十代の自分だったらミアに共感していただろうけど、今の自分はセブの立場を取るんだろうと思います。言い換えれば、誰もが一度は通る道だからこそ、多くの人の共感を呼ぶ作品に仕上がっているのでしょう。

映像も音楽も素晴らしくて、改めてこれは劇場で観ておいて良かったと思います。と同時に、映画館ほどではないけどホームシアター環境を持っていて良かった、と感じられる映画でもあります。自宅で観るなら、テレビの内蔵スピーカではなくせめてちょっといい外部スピーカで鳴らしたい一本。

投稿者 B : 23:30 | Foreign Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« F1 アブダビ GP 2017 | メイン | GUNDAM docks at TOKYO JAPAN »