b's mono-log

« November 2017 | メイン | January 2018 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2017/12/31 (Sun.)

2017 年の終わりに

2017 年の終わりに

[ Canon EOS 5D Mark III | SIGMA 85mm F1.4 DG HSM A016 ]

2017 年の大晦日も終わりに近づいています。

今年は忙しかったなあ。昔のような滅茶苦茶な忙しさではないですが、仕事の方は精神的なストレスが多く、プライベートでも子ども関係の用事が多くて、平日も休日も休まらずに一年が終わってしまった感じ。ここから先、来年は春頃までは相変わらず忙しいこと確定で、それから夏くらいにかけて少し落ち着くかどうかといったところです。

今年は近年稀に見るレベルでカメラ関係の買い物をしませんでしたね。ボディは一台も買わず、レンズもシグマのキャッシュバックキャンペーンに合わせて 85mm F1.4 Art を買ったのみ。自分の撮影に必要な機材はほぼ一通り揃ってしまっているし、あと欲しいのはせいぜい E マウントの広角系が一本あるといいかな、くらい。むしろ今は手持ちの機材を使っていかに自分が満足できる写真を撮るかが重要だと思っています。
来年はまず間違いなく α7 III が出てくるでしょうから、それに手を出すかどうかくらいかなあ。α7R III ベースの普及機だとすると良いことは間違いないでしょうが、II でも実際それほど不満もないんですよね。

あと今年は去年からの流れでゲームが面白かった。ハードは Switch とミニスーファミを買ったし、ソフトも多数。結婚してからこんなにゲームをやった年もないように思いますが、ひとえに「子どもと一緒に遊べる」ことで今までとはゲームに対する姿勢が変わったことが大きかった。
でも実際やり込んだのはゼルダ、スプラトゥーン 2、ドラクエ XI/I/II/III くらいであとは積み気味になってしまっているのがもったいないところ。次に買う予定のゲームタイトルもないし、当面は手持ちのゲームタイトルを消化していくことに専念しようと思います。

世の中が「モノを所有すること」に満たされて、その上で/あるいは所有せずとも「どう楽しめるか」にシフトして数年が経ちますが、モノにこだわってきた私の価値観も遅ればせながら変わってきたように感じています。それを自覚することで、消費行動も仕事に対する姿勢も徐々に変えていかざるを得ないのかなあ...。

さておき、今年も一年お付き合いいただきありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

投稿者 B : 18:00 | EOS 5D Mark III | Photograph | SIGMA 85/F1.4 DG HSM A016 | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2017/12/30 (Sat.)

東京都新宿区淀橋市場のチャーシューメン

「ようし、今朝は市場メシだ」

伊勢屋食堂

紅白とガキ使に挑む前代未聞、『孤独のグルメ』史上初の大晦日スペシャルの放送もいよいよ明日となりました。それはそれで楽しみだし、いつどうやって巡礼しようか(香川、愛媛、広島の三県を跨ぐそうで巡礼も大変だ)と思いを巡らせているわけですが、その前に今年の聖地巡礼の〆にもう一度あそこへ行っておこうと思い、大久保の淀橋青果市場に再び足を踏み入れました。
市場メシということで早朝から営業しているこのお店、こういうところは休暇期間でもなければなかなか来れるものじゃないからなあ。

伊勢屋食堂 淀橋青果市場内

伊勢屋食堂

一年の〆にここにやって来たのは、谷口ジロー先生が他界し、原作第一話の聖地「きぬ川」が閉店した年の終わりには、今後こどグルでぶた肉いためといえばここになるであろう店に再巡礼するのが相応しい、と思ったから。
年末の朝 9 時半に来たからというのもあるでしょうが(笑)、店内は空いてました。

伊勢屋食堂

店内には大晦日スペシャル発表当時の新聞切り抜きが貼られていました。参考画像がこのお店の登場回だからというのもあるでしょうが、今はこのお店自体がこどグルを応援しているようにも感じます。
Season6 のキービジュアルもこのお店のものだったし、確かに印象が強い店ではあります。

ちなみにお店の公式 Facebook ページによると、大女将が夏頃から体調を崩してしばらく入院されており、最近ようやく復帰されたとのこと。放送後のご多忙が祟ったのかもしれませんが、快復されたようで何よりです。

伊勢屋食堂

注文したのはチャーシューメン。「ふらっと QUSUMI」で久住さんがやたらおいしそうに食べていたのが記憶に残っていて、いずれまたこれを食べに来ようと思っていたのでした。他のメニューと違ってチャーシューメンは曜日限定で、ややハードルが高めのメニュー。
朝の 9 時半からチャーシューメン食べるのって我ながらどうよ?とは思っていたのですが、他のお客さんは同じ時間にロース生姜焼きやらカツ丼やら頼んでいたので大丈夫でした(笑。さすがは市場メシ。

伊勢屋食堂

チャーシュー。麺が隠れてしまうほど大ぶりなのが、豪勢に五枚入り。しかも...なんだこれ!?ほわっほわ。こんなフワフワなチャーシュー、行列のできるラーメン屋でもそうそう食べられるものじゃないぞ。これは確かにうまい。

伊勢屋食堂

透き通ったスープはシンプルだけど深い味。緩めの細麺が、ここがラーメン屋ではなく定食屋であることを物語っています。
でも、最近はガツガツ攻めてくるラーメンよりも、こんなラーメンがありがたい。こういう毎日食べても飽きなさそうな優しいラーメンが好き。

町の食堂が少なくなっている今、こんなメシを食べられる幸せ。
俺は今、生きている。これ以上、何を望む。

伊勢屋食堂

いやはや、おいしかった。生姜焼きも良かったけど、チャーシューメン、侮りがたし。
わざわざ朝から大久保まで来た甲斐がありました。

この味を反芻しながら、明日の大晦日スペシャルを楽しみに待ちたいと思います。
五郎は年末にどんな店で、何を食べるのか。

そして来年も、よい年でありますように。

孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX

B071VBJHMR

関連ランキング:定食・食堂 | 大久保駅新大久保駅落合駅

投稿者 B : 21:56 | Gourmet | KODOGURU | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2017/12/29 (Fri.)

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 Blu-ray メモリアルボックス

夏の終わりに発売されていたことを今ごろになって思い出して、慌てて購入しました。

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 Blu-ray メモリアルボックス

B06ZZ2ZLY3

主にクリスマスシーズンを舞台とした物語なので、せめてあと一週間早く買ってクリスマスに観れば良かった...。

一年戦争時代をモチーフとしたガンダムのスピンオフ作品は多数発表されていますが、その中では私はこれが一番好きかな。0083 もモビルスーツ戦の描写はすごく好きだけどストーリーがちょっと...。
ガンダム世界における戦争を、モビルスーツに乗らない一般人の少年(というか児童)の視点から描いた、ガンダムの中でも異色作と言って良い作品です。しかし、だからこそガンダムシリーズに奥行きとリアリティを与えた作品だと思います。

いち早く Blu-ray 化された 0083 に比べると、そろそろ Blu-ray の時代も終わりそうな今ごろになっての発売ですが、その分 4K スキャン&HD リマスタリングによる高画質で収録されています。軽く流し見てみたところ、30 年近く前のセルアニメだから近年のデジタル作画ほどパキッとした画質ではないものの、作画や塗りのタッチまで見える高精細さ。当然ながら本作品としては歴代最高画質に仕上がっています。

機動戦士ガンダム 0080

スリーブケースも描き下ろしイラストですが、インナージャケットもキャラクターデザインの美樹本晴彦による描き下ろし。クリスが「誰?」というレベルで絵柄が変わっていますが(笑、美樹本絵と判るテイストを保ちながら時代に合わせて絵柄を進化させ、今でもイラストレーター/キャラクターデザイナー/漫画家として現役を張っているのは流石としか。
そういえば主人公アルを演じた浪川大輔が、その 20 年後に『UC』でリディ・マーセナスを演じているという事実にもまた刻の涙を見ざるを得ません...。

機動戦士ガンダム 0080

付録は 100 ページからなるブックレットと、当時アニメージュの付録として制作されたスピンオフ小説の復刻版。絵柄といいフォントの使い方といい、1980 年代後半ってこうだったよなあ...。
小説の表紙に本作とは全く関係のない『逆シャア』時代のシャアとアムロが描かれているのは、いろいろと商業的な理由を感じます(笑

機動戦士ガンダム 0080

ブックレットには当然設定資料集も収録されています。本作はガンダムよりもケンプファー、ハイゴッグ、ズゴックエクスペリメントの三機ですよ。オリジナルの一年戦争世代 MS に大胆な独自解釈を加えたデザインは今見ても古さを感じません。むしろこれらが活躍するシーンを観たいがために BD-BOX を買ったと言っても過言ではない(断言)。私が MS では汎用機や全部入り機よりも局地用や特化型が好きなのは、ここにルーツがあると思っています。

ガンダムシリーズの中では地味な作品ですが、私は好きです。
お正月はだらだらテレビ観ててもしょうがないし、これを観て過ごそうと思います。

投稿者 B : 23:58 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/12/28 (Thu.)

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

ブキコレクションに続いてこちらも確保しました。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

スプラトゥーン 2 の食玩シリーズ。今度はキャラクター(ボーイ・ガール)ときせかえ用ギアのフィギュアです。

全 8 種あり、前回とは違ってパッケージから中身が判別できるようになっていて、重複しなくて済むようになっています。
例によってコンプするほどではなかったので、とりあえず 5 種買ってきました。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

やはりパッケージ裏に組み立て用の取説がプリントされています。
表面デザインは種類ごとに分かれているのに、裏面の説明書は統一された内容になっていました。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

ガール(ネオンイエロー)の素体。タンクトップにスニーカーのみという出で立ちで、これは確かに何か着せてあげたくなりますね。

安価な食玩なのに造形も塗装もしっかりしていて、より高価い amiibo に劣らないクオリティ。
透明なスタンドが一応付属しますが、足が大きいので無理な姿勢さえ取らせなければスタンドなしでも自立します。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

ボーイ(ネオングリーン)。T シャツにトレッキングシューズというシンプルなファッションだけど、これはこれでスポーティ。

今回も申し訳程度のラムネが付属していますが、ウチの娘たちがこのラムネをけっこう気に入ったようで、おいしくいただきました(笑。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

クツはいずれもかなりディテールが施されていて、「わかってんじゃん」と言いたくなるクオリティ。
ボーイのクツはメレルのカメレオン 2 が、ガールのほうはアディダスのスーパースター・ハイカットがモチーフなんでしょう。このほかも含めスプラトゥーンに登場するギアは実在するファッションアイテムのデザインをうまくアレンジして取り込んでいるからこそ、コーディネートが楽しいんだと思います。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

きせかえギアのほうはマウンテンノリタマゴセット、マウンテンフローズンセット、ホタパーカーグレーセットの 3 種を選んでみました。
きせかえだけに着せてないほうのギアはしまう場所を用意しておかないと失くしそうだなあ...と思っていたら、ちゃんと展示スタンドもセットになっていました。これはこれでディスプレイ価値があるアイテムだけに、ありがたい。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

マウンテンセットに付属のイヤーマフ(ヘッドホンに非ず)にはなんと 4 軸もヒンジが入っていて可動します。つまり 5 パーツの組み合わせで作られているということ。パーカーセットの帽子は単にプラスチックの一体成型品なので、こっちのほうがちょっとお買い得感があります(笑。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

ガールにマウンテンノリタマゴセットを、ボーイにはホタパーカーセットを着せてみました。セット品のコーディネートなのでさすがに収まりが良い。
ちなみにイヤーマフ装着時にはボーイ/ガールの耳パーツを、キャップ装着時にはボーイのみ髪の毛パーツを取り外す必要があります。耳もぎ取るのちょっとエグい(笑。あと、ギアセットに付属のスタンドにはこの余った耳や髪を収納する部分がないのがちょっと困ります。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション

別にセット品をそのまま組み合わせるばかりが能じゃないということで、いろいろ組み替えてももちろん遊べます。ここはゲーム中同様、完全にセンスの見せどころ。
本当はギアの種類ももっとたくさんあって、自分のゲーム中のお気に入りコーディネートを再現できるともっと良かったんですが、そういうのはこれが売れたらプレミアムバンダイ限定で出る、とかなんだろうな。

フィギュアで遊んでいたら、最近ちょっと放置気味(長女はやってるけど)のスプラトゥーン 2 をまた遊びたくなってきました。

スプラトゥーン 2 きせかえギアコレクション 全 8 種セット(フルコンプ)

B077Z1NVY6

投稿者 B : 23:09 | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2017/12/27 (Wed.)

EOS 5D3 からもう五年経ってた件

5年前の今日、EOS-1D C 発売: mono-logue

サイカ先生のこのエントリーを読んで、そういえば私も EOS 5D Mark III を買って今年で 5 年経ってるんじゃん、ということを思い出しました。

当時はけっこう清水の舞台から飛び降りる感覚で買ったものですが(だってその時点ではフルサイズ対応レンズもほとんど持っておらず、ボディ以外にいろいろ揃える必要があった)、この 2~3 年でハイアマ用ボディは 40 万円からというのが相場になってしまい、5D3 は相対的には高いカメラとは言えなくなりました。それでもなんだかんだ言って 3~4 年使ったら後継機種に買い換えるんだろうと思っていたのに、結局 Mark IV には乗り換える必要をあまり感じないまま、もうすぐ 5 年半が経とうとしています。

EOS 5D Mark III

Mark III→IV への進化は EOS MOVIE 関連の機能が大勢を占めていて、スチルカメラとして見たときには買い換えの意義があまり見えなかったんですよね。メインカメラとしてはそろそろ 3,000 万画素級のボディに更新したほうがレンズの性能を引き出せるんだろうとは思っていますが、買い換え動機としてはまあその程度。むしろ 6D Mark II に搭載されたバリアングル液晶のほうが魅力的だったりします。
それくらい、5D3 はスチル用の一眼レフカメラとして完成されていて、今でも古さを感じないんですよね。5 年半というと私がこれまで約 20 年にわたって使ってきたデジタルカメラの中で最長記録になるわけですが、陳腐化した感覚がない。私のメインカメラが 5D3+α7 II のツートップ体制で、機動力が必要な場面では α7 II のほうを使ってしまうから、というのもあるかもしれませんが。

一方で、ここ 2~3 年で私の周囲でもメインをミラーレスに乗り換えてしまった人や、レフ機とミラーレスの両方を使っているけどミラーレスの稼動率のほうが高い人も随分増えてきて、ああレフ機からミラーレスへの世代交代って思っていたよりもジワジワ進むんだなあ...と思ったりします。私も今から 3 年くらい後に 5D Mark V に乗り換えている自分の姿がイマイチ想像できません。
今年はたぶん 10 年ぶりくらいにカメラボディを買わなかった年になりますが(レンズは買った)、来年の今ごろはどんなカメラを使っているんでしょうか。このままである可能性が最も高いような気はするけど、α7 II は III 型になっていそうな気もします。最近カメラやレンズの新製品が出ても以前ほどはときめかなくなってしまったので、何か驚きのある新機軸の登場に期待してしまうわけですが、難しいかなあ。

投稿者 B : 23:53 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

東銀座 ナイルレストラン

東銀座方面に行く用事があったので、ついでに気になっていたお店でカレーを食べてきました。
最近カレーばかり食べているように見えているかもしれませんが、私的には定常運行です(ぉ

ナイルレストラン

ナイルレストラン

「日本最古のインドカレー店」と言われるナイルレストラン。インドだからナイル川かー、と思ったら創業者の苗字が「ナイル」さんなんですね。
近年でこそ都内はもう中華料理店と同じくらいの勢いでインドカレー屋が溢れていますが、インドを装っていながらスタッフはインドではなく近隣国出身、ということも少なくないようです。おいしければどっちだっていいかとは思うものの、アメリカにある寿司屋の多くで寿司を握っているのは韓国人だ、という話に似た据わりの悪さを感じます。

その点では、このナイルレストランはインド人による正真正銘のインドカレー店です。

ナイルレストラン

店内は、壁一面にインド的な絵画が描かれていたりして、インド色全開。ちょっとした装飾レベルではなくインド感に溢れていて、ここが銀座の片隅であることを忘れそうになります。

ナイルレストラン

カレーはこの店の定番「ムルギーランチ」にしてみました。インドカレーというと近年はバターチキンが定番化していて、私も大好きなカレーの一つではありますが、やはり初めての店ではその店の王道と対峙したいもの。
カレーを運んできた店員さんがおもむろに「写真撮る?」と促してきます。最近ではカメラを持っていると気を利かせてくれるお店も増えてきているとはいえ、ここまで積極的に促される店もなかなかない(笑
と思ったら、ムルギーランチには骨付きの鶏もも肉が入っているんですが、そのもも肉をテーブルの上でほぐして骨を取り除いてくれるサービス付きなんですね。店員さんが下がってからゆっくり撮ろうと思っていたら、目の前であっという間にもも肉がほぐされてしまったので、登場時の写真がありません(汗。

ナイルレストラン

ムルギーランチは鶏もも肉のカレーにターメリックライス、温野菜、マッシュポテトかポテサラのような何かがワンプレートにまとまっています。「よく混ぜて食べてください」ということで、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるべきなんでしょうが、とりあえずそれぞれの味を知りたかったので軽く混ぜつつ食べてみました。
カレーはインドでも南側のサラッとしてスパイスが効いたタイプ。けっこうしっかり辛くて冬でも汗が滲んでくるレベルですが、刺激一辺倒ではなく、一緒に煮込まれた鶏もも肉のダシが染み出ているのか、あっさりしつつも深みのある味。鶏肉もほぐれるというよりは「ほどける」という感じで、噛み切る必要を感じない柔らかさ。ポテサラの混ぜ込み具合によってカレーのとろみを調整しながら食べると、実においしい。

一見シンプルな一皿のカレーですが、けっこうお腹いっぱいになりました。
普段あまり食べないタイプのインドカレーだけど、なんだか懐かしい感じ。ふとしたときに思い出して食べたくなるタイプの味です。

東銀座に来る機会があったら、また来よう。次は他のカレーも試してみたいけど、いざ店に入るときっとまたムルギーランチが食べたくなってしまう、そんな味なんだよなあ。

関連ランキング:インドカレー | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

投稿者 B : 22:47 | Curry | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/12/26 (Tue.)

ひらく PC バッグ mini

nano サイズを試用したら改めて mini が欲しくなってしまったので、観念して購入しました。

スーパーコンシューマー / ひらく PC バッグ mini "VAIO ストア別注"

ひらく PC バッグ mini

既にあちこちで散々レビューされているから今さら書くこともあまりありませんが。

nano は荷物が多くない日に程良いサイズ感でけっこう気に入りました。私は最近仕事用 PC を持ち帰らないことのほうが多くなったので(ある程度の仕事はスマホやクラウドで済ませられるようになったのと、数年前に周囲で立て続けに酔っ払って PC 入りのカバンの置き忘れ事件があって以来、自分では必要なとき以外は持ち帰らないようにしている)、荷物をもう少しコンパクトにすれば nano を毎日の通勤バッグにしてしまって、PC を持ち帰る必要が出たときには「のびるポケット」を使って PC を収納する使い方でもいいかな...とは思い始めています。
ただ、nano ののびるポケットはあくまで「いざというときのためのもの」であり、最初から PC や A4 サイズの書類等を持ち運ぶことが分かっている場合は、スタンダードサイズか mini のほうが安心感があります。

スタンダードサイズのひら P は横幅があって少し邪魔になるかなと思ったので、今回は mini を選んでみました。

ひらく PC バッグ mini

VAIO ストア別注モデルはブラウンをベースに革パーツを勝色に変更したものです。nano くらいコンパクトならブラウン一色でもいいけど、縦長な mini は一色使いだとのっぺりした印象になるので、ツートンカラーのほうが引き締まって見えます。
nano のブラウンと並べると、ベースカラーは同じはずなのに随分違った印象を受けます。

ひらく PC バッグ mini

PC ポケット部には VAIO Z(2016)がジャストサイズでした。プライベート用のつもりで買ったので仕事で使う予定はあまりありませんが、いざとなれば仕事でも使えます。
IT 業界で働いているとひら P を使っている人に会うことが少なくないですが、このカラーなら他の人とかぶることもまずないでしょう(笑。

ひらく PC バッグ mini

実は mini と nano とでは底面積があまり変わらないため、実際に入る荷物の量はさほど大きくは違わないのですが、フラップ裏のメッシュポケットの容量が違うので細かいものの収納力がけっこう違います。
大きい方のポケットは MUC-M2BT1 がちょうど良く収まるし、細い方のポケットにも「小さい財布」や定期入れがピッタリ収まります。この幅のポケットに収まる小さい財布、改めて重宝します。継続して使ってみていますが、このままメイン財布を置き換えてしまいそうな勢い。

ひらく PC バッグ mini

カメラバッグとしてみると、標準ズーム(FE24-70/F4)を装着した α7 II と短焦点レンズ(FE55/F1.8)、さらに望遠ズーム(FE70-200/F4G)まで入ってしまいました。nano だと縦が足りずに 70-200 はさすがに入らないので、これは大きなポイント。ちょっとした撮影用途も十分こなせてしまう収納力があります。

ひらく PC バッグ mini

普段使い的にはこんな感じ(α7 II+水筒+折りたたみ傘)ですかね。私の休日街歩き用途としては、これが天候によって折りたたみ傘がもう一本のレンズに入れ替わるくらい。ボディが APS-C ならばさらにレンズが一本追加できそうです。

ひらく PC バッグ mini

ある程度以上の荷物を持ち運ぶならバックパックでないと肩や腰に来る歳になってしまったんですが(´д`)、それほど荷物が多くない日はショルダーバッグで気軽に出かけたいものです。カメラバッグ代わりにもなるひら P の mini・nano が揃ったことで、私の休日的には十分事足りそう。うまいこと使い分けていこうと思います。

投稿者 B : 23:10 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2017/12/25 (Mon.)

マリオカート 8 デラックス

私にもサンタクロースが来ました(違

マリオカート 8 デラックス

マリオカート 8 デラックス

冬休みに向けて家族で遊べるゲームを一本買っておこうと思い、今さらながらマリオカート 8 DX を購入。なにげにマリオカートシリーズをやるのはスーファミ時代以来だし、さらには自分で買ったのは今回が初めて。
自宅で Switch で遊ぶときは長女と交代でスプラトゥーンをやるか、私がプレイするゼルダの画面を娘たちが見て楽しむかのどちらかだったので、せっかくの冬休みに 1-2-Switch 以来の一緒に遊べるゲームが欲しかったのです。

マリオカート 8 デラックス

オンライン対戦やローカルネットワークでの複数台対戦にも対応してはいますが、我が家ではもっぱら二画面モードでの二人対戦で遊ぶことになりそうです。
レースゲームとしてはリアリティもへったくれもないグランツーリスモとは対極にあるゲームながら、爽快感とアイテムやコースギミックなどの仕掛けが楽しい。

一応純正の Joy-Con ハンドルも買ってあって、これを使うとステアリングコントローラのような操作ができるんですが、正確さだけでいったら普通にスティックを使う方がいいかな(笑。まあ、それでも気分が出るという意味では大事です。

マリオカート 8 デラックス

キャラクターはマリオシリーズだけでなく任天堂の人気タイトルからも参戦していて、個人的にはスプラトゥーンのイカボーイ&ガールが登場するのが子ども受けという点では重要でした。
コースのほうも数々の任天堂ゲームタイトルとのコラボがあって、F-ZERO のコースで走れるとか胸熱。見た目だけでなくギミックもマリオカートのルールに馴染ませながら再現してあって、よくできてるなあと感心します。それはそうと Switch 版の F-ZERO とか出ないんですかね...。

マリオカート 8 デラックス

スプラトゥーン風のコースはないのか...と思ったら、バトルモードにありました。スプラトゥーンだからレースコースではなくてバトルコースというのは確かに、納得。
私は通常のレースであれば初見でも(対 CPU 戦であれば)けっこう勝てる自信があるんですが、バトルモードは甲羅やバナナの皮を敵にぶつけなくてはならず、別のスキルが必要ですねこれ...。

まだひとしきり遊んだ程度でやり込めていないんですが、子どもとワイワイ言いながらゲームするのって楽しいですね。自分が子どもの頃は「親とテレビゲームをする」ってことがなかったからなあ。
スプラトゥーンと合わせて、冬休みのレクリエーションにしようと思います。

マリオカート 8 デラックス

B01N12G06K

任天堂 / Joy-Con ハンドル 2 個セット

B01NCXFWJ2

投稿者 B : 23:08 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

2017/12/24 (Sun.)

Mirabella Franciacorta Saten

我が家では毎年クリスマスにシャンパンを一本開ける習わしになっているんですが、今年はシャンパーニュではなくイタリアのスプマンテにしてみました。

Mirabella Franciacorta Saten

Mirabella Franciacorta Saten

以前『BAR レモン・ハート』の影響で飲んでみたコンタディ・カスタルディの Stile がとても美味しかったので、産地が同じフランチャコルタのスプマンテならシャンパーニュに負けない品質のものが味わえるだろうと期待して。
本当はまたコンタディ・カスタルディを買いたかったのですが、同じものに二度巡り会えるほうが珍しいのがワイン。少し探してみても見つからなかったので、同じフランチャコルタ産のこちらを成城石井で見つけ、買ってみました。

Mirabella Franciacorta Saten

フランチャコルタ地方のスプマンテはシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で作られているだけあって、泡立ちはシャンパーニュを思わせる繊細なもの。それでいて実勢価格は 2/3 というのは、ブランディングの違いとしか言いようがありません。

味のほうはシャンパーニュに通じる品の良さと華やかな香りを持っています。違いとしてはこのミラベッラのほうが口当たりが軽く、ほんのり甘みがある感じ。個人的にはもう少ししっかりした芯のある味のほうが好みなので、同じミラベッラの中でも Saten ではなくより辛口の Brut のほうが合っていたのかもしれませんが、店頭では見当たらなかったので仕方ない。でもスパークリングワイン選びって案外難しくて、外すと変に酸味があったり甘ったるかったりして「失敗した」と思うことが多いので、この安定感はさすがフランチャコルタではあります。

いい機会なので、瓶内二次発酵で製造されているフランチャコルタやカヴァから自分の好みに合う銘柄をちょっと探してみようかと思います。

Mirabella Franciacorta Saten

B01L6RKNMA

投稿者 B : 23:59 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/12/23 (Sat.)

ドラゴンクエスト III そして伝説へ... [3DS]

II をクリアしたならロト三部作は最後までプレイするのが礼儀というものです。スクエニの罠にまんまとかかった自覚はあります(ぉ

ドラゴンクエスト III

3DS 版ドラクエ III。ニンテンドー e ショップ、New 3DS からは Suica タッチでのチャージにも対応していて、プリカ買わなくてもクレカ登録しなくてもサクッと決済できてしまうのが危険(;´Д`)。

ドラクエ III はボリュームのあるシナリオ、職業と転職システムの採用、系統が整理されて多彩になった魔法など、その後のドラクエの基礎が完成した作品と言えます。私にとって、当時は買う前も買ってからも最もワクワク、ドキドキしたのが III だったんじゃないでしょうか。ロト三部作の完結編であり、始まりの物語であるという位置づけも熱い。

ドラゴンクエスト III

ドラクエ XI からの流れでプレイしていることもあり、メインキャラの名前は「ローシュ」「ネルセン」「セニカ」「ウラノス」にしてみました。最後に仲間に裏切られそう感の強いネーミングになってしまいましたが(笑)、XI の伝説の勇者ローシュは III の主人公だった...という脳内設定で進めてみることにします。

グラフィックは頭でっかちなデザインで違和感のあった I・II と違い、スーファミ版のグラフィックやシステムをベースに移植されているようで、ドラクエらしさがあってしっくり来ます。ただし III なのに「さくせん」とオート戦闘に対応していたり、ちいさなメダルがあったり、IV 以降に登場した装備品が多数追加されていたり、ファミコン版からは随分変わっています。

ドラゴンクエスト III

ゲームの進度はちょうどシャンパーニの塔をクリアしたところ。はがねのつるぎを購入して、初めてのボス戦も経験して、いよいよ本格的な冒険が始まったところです。
シャンパーニといえば大人になってからもシャンパンを飲むたびに連想する私。世界地図はドラクエ III で憶えた、という当時の小学生は多いはず。

ファミコン版から数えて約三十年の時が経っていますが、思い出補正込みとしても今やっても面白いゲームだと思います。冬休みにかけて攻略していく予定。

投稿者 B : 22:30 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« November 2017 | メイン | January 2018 »