b's mono-log

« 1 月 22 日、雪 | メイン | SEIN Online »

2018/01/23 (Tue.)

一二三

将棋

藤井聡太四段や羽生善治永世七冠の影響か、小学校で将棋が少し流行っているらしいですね。ウチの場合はアニメ『3 月のライオン』を一緒に観ているせいもあるんでしょうが(アニメでは将棋自体について解説されることはほとんどないけど)、長女が将棋をやりたいと言い始めたので、駒と盤、それに入門書を買ってみました。

私も実家には将棋盤や詰め将棋の本くらいはあったので、小学生の頃は少しやったりもしたんですが、駒に触れたのはこれが三十年ぶりくらい。それでも我が家では長女の相手をしてやれるのが私くらいしかおらず、ときどき一緒に指しています。
とはいえ私もせいぜい三手先くらいまでしか読めず、鍛錬しないとあっという間に長女に追い抜かれてしまいそうなので、スマホに将棋アプリを入れて詰め将棋の特訓をし始めました(笑。そんな折、Nintendo Switch 向けの将棋ゲームが出るというじゃないですか。

"ひふみん"監修のNintendo Switch用初心者向け将棋ソフト『加藤一二三九段監修ひふみんの将棋道場(仮題)』が発表 - ファミ通.com
ひふみんこと加藤一二三さんが大いに語る、『加藤一二三 九段監修 ひふみんの将棋道場(仮題)』の注力ポイントはココ! - ファミ通.com

現役を引退してからのほうが知名度が高まったんじゃないかというくらい、今や引っ張りだこな「ひふみん」こと加藤一二三九段監修で、Switch 向けの将棋ゲーム。それを「一二三の日」に発表するのがニクい(笑。

まだスクリーンショットはおろか発売日さえも公表されていない話題先行の発表ですが、これは買おうと思いました。詰め将棋やコンピュータ対戦、ネット対戦ならスマホアプリでもできるんですが、ちょっとストイックな感じで華がない(笑。今回の加藤一二三九段監修の将棋ゲームはおそらく「ひふみん」のイメージを前面に出した取っ付きやすいものになるだろうし、長女の勉強用としても、私の再入門用としてもちょうど良いんじゃないかと。
まあ将棋ゲームなので Switch のハードウェア的な特性はほとんど使われず、「これスマホアプリで良かったんじゃね?」という内容になる可能性は高いですが(笑、今の私にとって Switch で家族と一緒に楽しめるゲームというのはすごく重要です。Switch を買ってから、ゲームとの関わり方が変わったような気がしています。

現時点でまだ発売予定日も明らかになっていないということは、早くてもゴールデンウィークや夏休み向けになるんですかね。早く出してくれないと、長女のレベルが上がってしまって楽しめなくなる可能性があるので(スプラトゥーン 2 は完全に私よりも長女の方が上手い)、できるだけ早いうちにお願いします...。

任天堂 / 将棋入門セット(将棋盤+将棋駒)

B01M3TP87Y

投稿者 B : 23:12 | Game | Switch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 1 月 22 日、雪 | メイン | SEIN Online »