b's mono-log

« SEIN Online | メイン | CONTAX G Biogon の周辺像流れ補正(組み立て編) »

2018/01/24 (Wed.)

ひらく PC バッグ mini にショルダーパッドを追加

年末に買った ひらく PC バッグ mini ですが、見た目以上にたくさん入るため、調子に乗って入れすぎて肩や腰にクルことが少なくない(汗)。そういえばサイカ先生がひらく PC バッグにエアーセルショルダーパッドをつけていたのを思い出したので、私も買ってみました。

ジャパンホビーツール / カメラバッグパッド エアーセル コットンカーキ

カメラバッグパッド エアーセル

「カメラバッグパッド」という商品名だからヨドバシのカメラバッグ売場に行ったら置いてなくて、ビジネスバッグ売場にありました。

ひら P の質感に合わせるなら素材はコットン。色はカーキとブラウンの二色あって、VAIO ストア別注モデル(ブラウン×勝色)に合わせるならブラウンと言いたいところなんですが、ひら P のブラウンはほぼダークグレーに近い色。エアーセルパッドのブラウンはかなり茶色みが強く、ひら P のブラウンと合わせるならまだカーキのほうが違和感がないと思い、カーキを選択しました。

カメラバッグパッド エアーセル

裏面はネオプレーン系のセルの中に空気を閉じ込めることでクッション性を向上させています。

カメラバッグパッド エアーセル

このショルダーパッドを単体で見ると確かに緑みのあるカーキなんですが、ひら P に合わせてみると意外と違和感がありません。ひら P の素材色は良い意味で微妙な色合いだから、ピッタリ合う色のパッドを見つけるのは難しいけど、逆に近い雰囲気の色なら極端に合わないものもないのでしょう。
またひら P のショルダーストラップ自体はバッグの本体色に関わらずブラックなので、ショルダーパッドは開き直ってファブリック/ブラックにしてしまっても良かったかもしれません。

このショルダーパッドの使用感は、バッグにカメラボディ一つとレンズ三本も入れるとショルダーストラップが肩に食い込んで痛かったのが、パッドに沿って均一に荷重がかかるようになり、確かにソフトになった印象。バッグの質量自体が軽くなったわけではないので腰にはキますが(笑)、肩凝りの緩和には効きそうです。これでも負担になる物量を持ち運ぶならば素直にバックパックにすべきなのでしょう。

カメラバッグパッド エアーセル

一応ひら P nano(ブラウン)にもつけてみました。ブラウンのひら P は、レザー部分がブラウンというよりもカーキに近い色合いなので、VAIO ストア別注モデル以上にカーキのショルダーパッドに違和感がありません。まあ、私が nano を使うときは荷物もミニマルにしているので、ショルダーパッドがなくてもそれほど重さを感じることはありませんが。

ひら P の収納力に甘えて荷物を詰め込みがちな人には、ショルダーパッドの追加はオススメです。どうせなら純正で色がピッタリ合ったやつを発売してほしいくらいです。

ジャパンホビーツール / カメラバッグパッド エアーセル コットンカーキ

B00ZKJRIZ6

投稿者 B : 23:56 | MONO

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« SEIN Online | メイン | CONTAX G Biogon の周辺像流れ補正(組み立て編) »