b's mono-log

« つけめんの名店 六厘舎 | メイン | a blue diver »

2018/01/20 (Sat.)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ [4DX] @シネマサンシャイン平和島

MX4D を観たら 4DX と比較したくなるのが人情ってやつで、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の 4 回目の鑑賞を 4DX でしてきました。

4DX®とは | シネマサンシャイン cinema sunshine×4DX

4DX

私が行きやすい範囲で 4DX が導入されている劇場は、ユナイテッド・シネマお台場、イオンシネマみなとみらい、シネマサンシャイン平和島、あとちょっと足を伸ばしてユナイテッド・シネマ豊洲あたり。今回は上映時間の関係で平和島を選びました。シネマサンシャイン平和島は競艇場に隣接する娯楽施設に入っていて、温泉には昔来たことがあったけど映画館は初めて入りました。大手系列のシネコンと比べると、23 区内にあるのに地方の映画館っぽい素朴さがあります。

4DX

シートは座面や前後感覚がゆったりしていて、4 席一組で駆動するところまで含め MX4D とよく似ています。しかし布張りだったのがちょっと以外でした。水しぶきで濡れそうなものですけどね。
上映開始直前に、シート駆動用のモーターらしき音が「ヴーン...」と低く鳴り始めたのでうるさくならないか心配でしたが、上映が始まったら音響の方が大きかったので特に気になりませんでした。

4DX

水しぶき・風・匂いの吹出口は前席の背もたれの後ろについていました。MX4D だと肘掛けの前方についているため水しぶきや風に指向性を強く感じて、映像によっては違和感がありましたが、4DX は前方やや遠くから来るから自然。ただ匂いは MX4D よりも弱く、意識して嗅がないと気づかない感じでした。
水しぶきは『最後のジェダイ』ではあまり適したシーンがないのか、特に印象に残る使い方はされていませんでした。が、左右の壁(サラウンドスピーカの上方)にも風と水を出す装置がついていて、雨のシーンではシアター内にも土砂降りにならない程度に雨が降り、これはなかなか臨場感がありました。ルークが惑星オクトーで魚を獲りに行くシーンなんかは本当に現場で見ている感覚があった。

ちなみに前方から出てくる水しぶきに関しては、肘掛けにあるスイッチでオン・オフを切り替えることが可能。鬱陶しかったら切ろうと思っていましたが、そもそもあまり水が出てくるシーンがなかったので大丈夫でした。

4DX

4DX の体験全体に関して言えば、ギミック自体は MX4D のほうが多機能なようですが、4DX のほうが総じて演出が派手。シートの動きも X-ウイングやファルコンの戦闘シーンでは肘掛けに掴まっていたくなるほどの揺れで、MX4D 以上に「これは映画というよりアトラクションだ」という感覚を強く受けます。しかし MX4D が「ここぞ」というシーンでシートを動かすのに対して 4DX はほぼずっと動いているような感じで、落ち着きがない印象もあるので一長一短。このほか MX4D 比での 4DX の長所短所をまとめるとこんな感じ。

■4DX のほうが良いところ

  • 雨天シーンでの雨風の出し方が秀逸
  • 水しぶきや風の効果に指向性が少なく、MX4D に比べて自然
  • ストロボ(光)の演出が、MX4D ではスクリーン脇の光源が直接見えて興ざめなのに対して、4DX は光源が後方にあるため自然に「強い光」を感じられる

■4DX のイマイチなところ

  • シートの動きに落ち着きがなく、映像に集中しづらい
  • 音響に合わせて積極的にシートを震動させてくるから臨場感が高いけど、ウーファが鳴ってないようなシーンでも座面が震えることも多く、やり過ぎ感が強い
  • 3D が XpanD(アクティブシャッターメガネ)方式のため映像が暗い。特にクライマックスの惑星クレイトのシーンでは「真っ白な大地に真っ赤な軌跡を上げて進むスピーダー」がカッコイイのに、白も赤もくすんでしまって台無しな感じ。もしかしたら映画館によっては偏光メガネ方式の 4DX もあるのかもしれませんが
MX4D と 4DX のどちらが良いかと言われると、難しいところではあるけど個人的には MX4D のほうが良いかなあ。演出過剰ではないのでちゃんと映像に集中できることと、偏光メガネ式で映像が美しいことが大きいです。
ただ両方式ともにイマイチという点もあって、背中をつつく演出は不要だと思うし、フォグもあまり効果的とは思えません。あと風や水の演出はどうしてもコンプレッサーの「プシューッ!」という音がつきもので、ちょっと耳障りなんですよね。それに「宇宙空間なのに風が吹いてくる」という演出も、劇中の「無重力空間なのに爆撃機が爆弾を『落下』させる」シーン並みに矛盾しています。まあそれを言ったら宇宙空間での戦闘で音がする、という一作目以来の演出も否定することになりますが(笑。

そんなわけで、4D 上映は期待作の場合は最初から観に行くよりも、一度 IMAX 等で映像そのものを堪能した後、二回目に「別腹」のつもりで行くのがいいんじゃないかと思います。あるいはガルパンのように戦闘シーンの比重が高い作品であればいきなり 4D 上映でも楽しめるかもしれません。どんな映画でも 4D 上映されるわけではなく、内容的に相性が良いものだけが 4D 化される傾向にあるので、最初から 4D を観に行っても大きく外れることはないのでしょうが。

投稿者 B : 23:08 | Foreign Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« つけめんの名店 六厘舎 | メイン | a blue diver »