b's mono-log

« Track & Shoot | メイン | Lightroom CC と Adobe Sensei »

2018/02/05 (Mon.)

人形町から日本橋へ

水天宮

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G + PCX Filter ]

人形町~日本橋エリアへ写真散歩に行ってきました。

(仮称)PCX フィルタで画質補正した G Biogon で何が撮りたい?と自問してみたら、黒天丼映画と最近人形町づいている自分の歯車にピタッとハマって、ああこの風景を Biogon で撮りたいと思っていたんだった、と。どこか懐かしさをおぼえるのにオールドレンズくさくなりすぎない G Biogon の描写は、この街の雰囲気によく合う気がします。

人形町

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G + PCX Filter ]

人形町から日本橋界隈は街全体で『祈りの幕が下りる時』を推しているようで、あちこちにポスターが貼られていました。スマホでドラマや映画の聖地を探しながら歩いている人もちらほら見かけて、自分と同じように映画きっかけで人形町に来る人もけっこういるもんだなあ、と思ったり。まあ私は『新参者』に関しては聖地を一つ一つ巡るというよりはこの街の空気感を味わいたいと思ってここに来たわけですが。

人形町

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G + PCX Filter ]

でもこの界隈、以前撮りに来たときも感じたのですが、雰囲気はすごくいいのに写真に切り取ろうと思うとなかなか難しい。一つ一つのモノや場所というよりは、いろんな店や人の集まりがこの街の空気を作っていて、その一部を切り取ろうとすると急に陳腐な構図に思えてしまいます。単に自分自身がこの街の本質を理解できていないだけかもしれませんが、広角レンズで引き気味にしか撮れない自分がもどかしい。

日本橋

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8 G + PCX Filter ]

「日本橋」というのは日本の道路の基点でもある実在の橋の名前ですが、その日本橋エリアには神田川・隅田川・日本橋川を渡る数多くの橋が架かっています。が、それだけでなく橋の上にはさらに首都高とそれを繋ぐジャンクション、つまり空の橋も数多く架かっていて、広角レンズの使いどころでもあります。こういうの、標準ズームレンズのワイド端じゃ足りないので、21mm の活躍のしどきです。

日本橋

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8 G + PCX Filter ]

こういう被写体でも画面端までビシッと解像してくれるようになったのは、PCX フィルタさまさまですね。周辺光量がガッと落ちるのも迫力を増してくれます。

日本橋

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8 G + PCX Filter ]

都会と下町が同居しているのが日本橋~人形町界隈の面白いところ。他の繁華街と違って外国人観光客がさほど多くないのも、雰囲気を残している理由のひとつではないかと思います。

本当はもう少し自分なりの撮影ポイントを掴みたい気がしているので、また機会を見つけて撮りに来ようと思います。

投稿者 B : 22:33 | Biogon 21/F2.8 G | Biogon 28/F2.8 G | Photograph | α7 II

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Track & Shoot | メイン | Lightroom CC と Adobe Sensei »