b's mono-log

« April 15, 2018 | メイン | April 17, 2018 »

2018/04/16 (Mon.)

Google Analytics のトラブル?→解決

この blog はそれほど PV を意識していない(好きな人だけ読んでくれればよいと思っている)のでアクセス解析もせいぜい月に一度くらいしかチェックしていないんですが、ふと Google Analytics を見てみたところなんか様子がおかしい。

Google Analytics

それまでは普通に解析できていたのが、4 月 5 日くらいから急に PV が一桁~ほぼゼロになってるんですけど!
自分自身でのアクセスもカウントされていないようだし、こどグルのシーズンが始まったので通常ならば聖地巡礼エントリーへのアクセスがそれなりにある時期(笑)なんですが、これは明らかにおかしい。
改めてテンプレートにトラッキングコードを書き込んだところ、今度はちゃんと計測されました。えー、消した記憶が全くないし、4 月 4 日までちゃんと計測できてたのが急にできなくなったのも何故なんだかよく分からない...。

考えられるのは

  • Google Analytics の仕様が変わって従来のコードが突然使えなくなった
  • 自分が blog テンプレートをいじって GA のコードを外した
のどちらか?くらい。とはいえ共通テンプレートをいじるような変更はかれこれ半年ほどやっていないし、私が Google からの通知を見落としていて知らぬ間に GAの仕様が変わった、ということくらいしか思い当たりません。

いろいろ調べてみたところ、

な ぜ か テ ン プ レ ー ト に G A の 解 析 コ ー ド が 入 っ て い な か っ た

ことが判明(;´Д`)。
でも以前ちゃんとコードを入れた記憶はあるし、ここ数週間でテンプレートはいじっていないし、なぜ外れたかは不明...。

ただ、いろいろ調べていたところ、つい最近トラッキングコードが従来の「analytics.js」から「gtag.js」に変更されていたことが分かったので、とりあえず新しい方のコードを埋め込んでおきました。

analytics.js から gtag.js に移行する  |  ウェブ向けアナリティクス(gtag.js)  |  Google Developers

ただこれも急に計測できなくなった理由にはなっていないんですよね。
原因が分からないのがどうにも気持ち悪いんですが、とりあえず再び計測できるようになった(計測できなくなる前とほぼ同水準で計測できていることから、正常に戻ったと思われる)ので、良しとしておきますか...。

投稿者 B : 23:00 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

F1 中国 GP 2018

中国GP決勝:リカルド&レッドブル、幸運と決断力で今季勝利を掴む

先週のバーレーンから二戦連続開催となった中国 GP。二連勝で勢いに乗るフェラーリが予選から速さを見せ、ヴェッテルがまたしてもコースレコードで PP。僅差でライコネンが続き、マシンの基本性能の高さを伺わせます。対するメルセデスは 3 番手ボッタス、4 番手ハミルトンというグリッドで、予選で圧倒的に速かったはずのハミルトンがまたしても後方に沈みました。

決勝はスタートでヴェッテルとライコネンの牽制のし合いがあり、その間にボッタスが漁夫の利を得てヴェッテル~ボッタス~ライコネンの順に。しばらく膠着状態が続き、このまま何の動きもないままレースが終わってしまうのかと思われました。しかし 19 周目、ヴェッテルよりも 1 周早くタイヤ交換に入ったボッタスがアンダーカットを成功させてトップに立ちます。
しかしそれに対してフェラーリはライコネンをステイアウトさせ、ボッタスがライコネンを攻略している間にヴェッテルがボッタスに追いつくという戦略を採ったところまでは良かったものの、29 周目にドラマが発生。タイヤ戦略の違いにより二台の順位を入れ換えようとしたトロロッソが、コミュニケーションミスから同士討ちでクラッシュ!二台ともその場でのリタイアは免れたものの、セーフティカーが導入されます。
ここでフェラーリとメルセデスは残周回数を考慮してトラックポジション優先のステイアウトを選択したのに対して、レッドブルは SC 導入時にすかさずタイヤ交換し、ポジションを落とさずにニュータイヤを手にします。ここからはリカルド&フェルスタッペンによるオーバーテイク・ショーで、退屈だった前半とは全く異なるレースになりました。リカルドは意外なところからズバッ!と抜いていくテクニックを駆使してフェラーリとメルセデスを手玉に取り、トップを奪取してチェッカー。フェルスタッペンも負けてはいませんでしたが、ヴェッテルをオーバーテイクする際に無理めに突っ込んでいった結果、クラッシュ。ペース的にはリカルドをも抜いて勝っていてもおかしくはないレースでしたが、ペナルティもあって 5 位に終わりました。

絶妙なタイミングで SC が導入されたという幸運はあったものの、リカルドの勝利は本当にリカルドらしい攻めの結果であり素晴らしいと思います。一方でフェルスタッペンは冷静さを保てていれば勝てたレースだけにもったいない。トップチームで三年目ともなればもう「若さが出た」という言い訳は通じないわけで、チャンピオンを目指すならば攻めるべきときと我慢すべきときの区別はできるようになる必要があります。リカルドは来季レッドブルを離脱するという噂もありますが、もし来年がレッドブル・ホンダ体制になるのであれば、個人的には安定感のあるリカルドにはせめて一年は残ってほしいところ。

チャンピオン争いに関して言えば、開幕三連勝していてもおかしくないと思っていたハミルトンがここまでまさかの未勝利。フェラーリの速さが際立っているとはいえ、ここにレッドブルも対抗できることが照明されたことで、俄然面白くなってきました。仮に次からメルセデスが勝ち始めたとしても、今季は終盤まで飽きずにチャンピオンシップが楽しめそうです。

前戦 4 位で歓喜したトロロッソ・ホンダは今回は対照的にほぼ最後尾に沈みました。予選も振るわず、決勝は前述の同士討ちでガスリー 18 位、ハートレーは出走全車中唯一のリタイア。接触がなくても下位であったことに変わりはなく、最初から最後まで歯車の噛み合わないレースでした。マシンとコースとの相性、セットアップ、タイヤ、ドライバーが全てハマればセカンドグループのトップを走れる速さはあるものの、どれか一つでも欠ければたちまち下位というのがトロロッソの現状のようです。まあそれはハース・ルノー・フォースインディア・マクラーレンの 4 チームにも言えることで、ここまでの三戦で各チームの浮き沈みはかなり激しい。でも上海で決して速いとは言えなかったマクラーレンでアロンソが 7 位に入っていることを考えると、そういう状況で少しでもいい結果が得られるかどうかはドライバーにかかっていると言えます。ドライバーの経験の浅さは今季のトロロッソについて回るでしょうね...。

上海はエンジンの全開率が高く、現在のホンダ製 PU には厳しいサーキットでもありました。次戦のアゼルバイジャン・バクーは上海よりはマシっぽいけど、公道サーキットの特性を考えるとオーストラリアのように苦戦する可能性もあります。昨年はランス・ストロールが 3 位表彰台を獲得する波乱がありましたが、公道ではそういう展開も案外期待できるもの。トロロッソの二人には経験の浅さを気にせず、アグレッシブに行ってほしいと思います。

投稿者 B : 22:40 | F1 | Season 2018 | コメント (0) | トラックバック

« April 15, 2018 | メイン | April 17, 2018 »