b's mono-log

« April 2018 | メイン
 1 |  2 |  3 | all

2018/05/19 (Sat.)

東京都墨田区東向島の納豆のピザと辛いパスタ

「納豆とチーズ、日本とイタリアが糸を引き合っておいしくなっている」

カトリカ

昨夜放送された『孤独のグルメ Season7』の聖地・東向島に放送前に巡礼してきました。
東京の東側に来ることが滅多にない私にとって、東向島は未踏の地。駅からそこそこ距離のある、馴染みのない住宅街を歩いていると、ひっそりと佇むようにそのお店はありました。

ピザとパスタのカトリカ(デザートピザ・チョコレートピザなどスイーツもお勧めです) 墨田区東向島

カトリカ

店内はテーブルが三つきり、せいぜい 7~8 人が限度というこぢんまりとしたお店。たぶん『孤独のグルメ』の歴代登場店の中でも最もキャパが小さい部類の店ではないでしょうか。しかもピザってあまり回転速くないし、皿も大きいから相席できないし、並ぶんじゃなくて予約必須だと思います。

厨房の中では立派な窯から赤い火が出てピザが焼かれています。それに、寡黙そうなマスターの働く背中。
この窯を見た途端、舌が猛烈にチーズを欲し始めたことよ。

カトリカ

メニューは月替わりらしい。ニンニクのピザ、アンチョビのピザ、納豆のピザ...納豆!?

シンプルでオーソドックスそうなピザの中で、納豆だけが異彩を放っている。
納豆が一番気になるんだけど、初めての店でいきなり変わり種を頼むのも何だかなあ。悩むなあ...。

カトリカ

黒板メニューには、ピザ・パスタ以外の日替わり一品料理系。
こちらも名前のつけ方が気取っていなくて、マスターの実直そうな人柄を感じます。

シンプルだけど、それだけにどれもおいしそうに思える。
何を頼むか迷うなあ。

カトリカ

こういうトコに来て麦ジュース(←)というのも野暮だと思ったので、飲み物は白ワインをオーダー。
結果的に久住さんが飲んでいたものと同じになりました。

カトリカ

ピザの前にまずはアンティパストということで「フキのいためもの」。
どんなのが出てくるかと思ったら、フキをトマトとオリーブオイルで炒めた、ラタトゥイユ的なものでした。

これすごくシンプルなんだけど味付けが絶妙で、白ワインに合いすぎる。
これはピザやパスタも間違いなくうまいはずだ。

カトリカ

ピザは本命の納豆に行く前に、チーズのピザから。
こういう本格的なお店に来たらチーズ、アンチョビ、マルゲリータあたりのシンプル定番系でその店の実力を推し量れるものです。

おおお、これはボーノだ。
薄いのにもっちりとした生地に、チーズ(ブルー、チェダー、モッツァレラ、パルミジャーノの四種かな?)がたっぷり。レーズンと松の実のアクセントも効いてる。
ここまでレベルが高いチーズピザも今までそうそう食べたことがないぞ。

カトリカ

そら豆のフリット。
フワフワした食感に、香草の風味が効いてる。何かと思ったらコリアンダー(パクチー)らしい。
イタリアンでこんな風にパクチーを使うのかあ。意外だったけど、これまたイケル。

カトリカ

料理がおいしくてワインがすぐに空いてしまったので、本命の前に赤ワインに移行します。
本題がまだ来ていないのに、ここまでの料理だけでも十分すぎるほどおいしかった。

カトリカ

というわけで出てきましたよ、「納豆のピザ」。
ゴローちゃんはハーフ&ハーフで頼んでましたが、さすがにそこまでは予想ができなかった。
マスターによると「ハーフ&ハーフは手間がかかるから普段はやっていない」とのことで、今後巡礼予定の方はもし断られてもがっかりしないように。

それにしても納豆ピザ...チーズと納豆に、トッピングで海苔!
ネギとゴマもあしらわれていて、まさに和の薬味そろい踏み。
この時点でもうまそうだ。

カトリカ

納豆ピザ、いけるぞいける。
この和風の味付けにチーズの組み合わせ、意外なほど合う。お互いのうま味を引き出し合っているかのようだ。
それをとろける卵の優しい味が包み込んでいる。

でもこれ、どっかで食べたことのある味だよなあ...?と自分の記憶をたぐっていったら、この味、旅館の朝食っぽい!
海苔と納豆と卵で白飯をかっこむあの感じ。それをピザで再現したらこうなったような感覚で、そりゃあうまいと感じるはずだ。

俺は今、納豆大好きな日本人で良かったと、腹の底から叫びたい。

カトリカ

そして「辛いパスタ」。ペペロンチーノとかカルボナーラじゃないぼんやりネーミング。
でもいい。そういうところも気に入ったぞ。

タイトルに「辛い」ってつけるからには見るからに真っ赤で辛そうなのが出てくるかと思ったら、意外なほど大人しい見た目のパスタ。
さて、どんな味がしますかね。

カトリカ

おお、スパイシーないい匂い。 
でも辛いかと思ったら、そんなに辛いってほどでもない。ペペロンチーノとも、アラビアータとも違う辛うまさ。
唐辛子でストレートに辛くしたんじゃなくて、辛味オイルと上にかかってる香草類が醸し出すピリ辛な風味がいい。というか、おいしい。

麺が細めのリングイネというのもいい。この辛うまソースがよく絡んで、フォークの往復が止まらない。
ピザを平らげた後とは思えないほどスイスイ入っていく。食べるほどに腹が減る、謎のパスタ。

カトリカ

「ゴローちゃんならここで最後にデザートピザを頼むに違いない。オーソドックスにチョコか、変化球でオレンジか...」と悩んだ末に頼んだチョコレートのピザ。
劇中では最後に惹かれるだけで食べるには至りませんでしたが、私の読みはほぼ当たってた(笑。

これまたモチモチのピザ生地に甘めのチョコレートソースが絡んで、これはもうピザというよりクレープ。
デザートピザって初めて食べたけど、これはちょっとクセになりそうだ。

カトリカ

向島の路地に、こんなうまいピザ屋がひっそりとあるとは、恐れ入谷の鬼子母神。

私はこの日最後の客だったんですが、注文の内容からドラマのファンだということがバレていたようで(笑)マスターが食後に撮影の裏話をいろいろと聞かせてくださいました。
「普段テレビはほとんど観ないから、行列ができると言われてもピンと来ない。こんな何でもない店に並ぶくらいなら、サイゼリヤで腹一杯食べた方がいいんじゃないか」「自分ではそんなに無愛想なつもりはなかったんだけど、俳優さん(中原丈雄さん)の演技があまりにもそっくりで驚いた」「ドラマ観て来てくれたお客さんの期待を裏切らないように、わざと無愛想にしてようかな」とか(笑。劇中でのぶっきらぼうな応対を見るとすごくギャップを感じましたが、下町らしい人情味あるお店でした。
聖地巡礼は放送後に行くのももちろん楽しいけど、放送前のあまり忙しくない間に行くとこういう機会に恵まれることが少なくないので、また違った楽しさがあります。

あああ、うまかった。
必ずやまた食べたくなる、下町イタリアンにグラッツェ。

放送後の切り盛りは大変だと思うけど、お身体に気をつけてがんばってください。

混雑が落ち着いたら今度はまた別のピザを食べに来たいなあ。
ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:ピザ | 東向島駅八広駅鐘ケ淵駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/05/18 (Fri.)

折りたたみ椅子を買ってみた

運動会をはじめとしてアウトドアで過ごすことが増える季節につき折りたたみ椅子が一つ欲しいと思っていたところ、たまたま寄ったヨドバシのカメラ売り場付近でちょうど良さげなのを見つけたので買ってみました。

SOLCION / 折りたたみ椅子 PATATTO mini (ネイビー)

PATATTO mini

別にカメラ用品というわけでもないのにこういうのをさりげなくカメラ売り場に置いておくヨドバシはニクイ。
本当は幼児の踏み台にも使うようなパタントチェアでも買おうかと思っていたんですが、これもこれでけっこう嵩張るし撮影機材に加えて持ち運ぶには重いんですよね。でもこれなら重さは 230g しかないし、撮影機材の重さに比べたら誤差のようなもの(笑。強度や耐久性がどれくらいあるか不安でしたが、まあ今回一度きりの使い捨てになっても惜しくないやと思ってとりあえず購入。

PATATTO mini

厚手のプラ板を二枚重ねにしたようなものなので、本当に薄い。畳んだときの大きさも A4 サイズよりちょっと長い程度で、カバンの隙間に突っ込んでおけます。
組み立ては意外と固いけど、コツを掴めばものの三秒。

PATATTO mini

携行性重視でミニサイズを買ったため座面の高さが 15cm しかなく、大人が長時間座っているのにはあまり向きません。それでも地べたに座るよりは全然マシ。
組みたててみた感じではかなりシッカリしているので、数回使って終わりという代物ではなさそうです。

形状的に踏み台代わりに使うには向かないので、主に外出時の休憩・待機用になると思いますが、ひとつ持っていると便利。活用してやろうと思います。

SOLCION / 折りたたみ椅子 PATATTO mini

B01AUAIPWO

投稿者 B : 22:27 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/05/17 (Thu.)

OMRON 自動血圧計 HEM-6210

ちょっと自宅で日常の血圧を測る必要が出てきたので、血圧計を買ってきました。あ、別に何か深刻な病気とかではないです。

オムロン / 自動血圧計 HEM-6210

OMRON HEM-6210

こっち方面は普段あまり気に留めていないため疎いんですが、購入にあたり少し調べてみたところ以下のような感じ。

  • 血圧計には大きく分けて上腕アームイン式(病院の血圧計と同じ方式)、上腕カフ式(上腕に巻き付ける)、手首式(手首に巻き付ける)の三種類ある
  • 上腕式のほうが姿勢が安定する分正確に測れる
  • 価格はピンキリだけど、付加価値はより正確に測れるための機能、過去の履歴を記憶しておける機能、複数人で使ってもログを分けられる機能、あたりの差。最近はスマホ連携できるものもある
要するに高い方が素人でも正確に測れて記録の手間も省ける、ということのようです。私の場合はだいたいの傾向が取れればいいだけだし、記録も病院からもらった血圧手帳に書くし、別に今後一生測り続けるわけでもないので、最もシンプルなもので十分だろうと判断してオムロンの手首式エントリーモデル「HEM-6210」を選びました。

OMRON HEM-6210

HEM-6210 は本当に血圧を測定するだけのシンプルな血圧計です。一応、一人分 60 回の履歴記憶機能はついているけど、それ以上のものは特にありません。

一応キャリングケースはついていて、出張や旅行にも持って行きやすくなっています。

OMRON HEM-6210

本体はけっこう薄くて(左側の分厚い部分は電池ボックス)、嵩張らないのも機種選びのポイントでした。カメラや AV 機器と違って持ってて嬉しいものではないので、使わないときに邪魔にならないことは重要。

OMRON HEM-6210

手首にサッと巻いて計測ボタンを押すだけ。計測時に手首は心臓と同じ高さにするとか、計測中は動かないとか、不安定な手首式だけにコツは必要ですが、すぐに慣れました。最安クラスのモデルなのに計測中はほぼ無音に近い静かさで動作するのには驚きました。物々しさがないというのは日常的に測る上では心理的ハードルを下げてくれますね。

特筆すべき機能もないけど、必要にして十分な買い物でした。早くこれを使わなくて良い状態に戻さなくては。

オムロン / 自動血圧計 HEM-6210

B0091EIKLW

投稿者 B : 23:21 | Healthcare | コメント (0) | トラックバック

2018/05/16 (Wed.)

飛びこめ!!沼 04

シグマの優先度の高い重要書類の委託販売が始まったので入手しました。今回はたまたま新宿に行く用事があったため、初めてコミック ZIN のリアル店舗で購入。

安倍吉俊 / 飛びこめ!!沼 04

飛びこめ!!沼 04

おお、今回はなんか表紙の雰囲気が違いますね。過去三巻は表紙から濃さ全開だったのに、今回は恋愛ものかというような柔らかさがあります。手にしてるカメラは sd Quattro だけど。

でもページをめくると

飛びこめ!!沼 04

「直感でピンと来たレンズに有り金全部ぶっ込む!!」

はい、これテストに出ます(ぉ
冗談抜きで、シグマユーザーでなくてもこんな感覚で機材買ってる人は少なくないんじゃないでしょうか(←

ま、私も 85mm F1.4 は去年買いましたが、まさに「直感でピンと来たレンズに有り金全部ぶっ込む」に近い状態だったと言えます。昔は「自分の持っているレンズと撮りたい被写体を考えながら、持っていない焦点距離のレンズから選ぶ」という買い方だったのが、ある程度揃って来ると「このレンズはどんな描写なんだろう」という見方になってスペックや作例をチェックした挙げ句最後は直感でエイヤッと買う、という感じになりがち。もう手元に 35・50・85mm 付近のレンズが何本あるかも分かりません(ぉ

飛びこめ!!沼 04

でも 85mm F1.4 は描写性能だけで言えば私が持っている全てのレンズの中で最高と言って良く、後悔はしてません。重いから使用頻度それほど高くないけど。
シグマ山木社長が言う「85mm はツァイス Otus をベンチマークにした」というコンセプトは伊達ではありません。描写のために小ささ軽さを捨てたという意味ではシグマの [Art] 単焦点シリーズはツァイスレンズに通じるところがあり、まさに「一般人でも買える Otus」だと思います。まあ普通の一般人は Otus 欲しいと思わないだろうし安くてもこの鈍器の如きレンズを買う人は既に一般人ではなくなっているのかもしれませんが(ぉ

飛びこめ!!沼 04

そして「FOVEON 物件」。全然別の被写体撮りに行ってるはずなのにメインそっちのけで錆とか葉脈とか撮る人、身の回りで何人も心当たりある(笑)シグマのカメラボディを買った人がほぼ例外なく浸かっていく方向です。
逆に言えば、そっちにだけは行かないと決めている私はシグマユーザーの中では邪道なのかもしれません。

あ、でも「写真が好き」と「カメラが好き」の比重は人それぞれ、全員が尊重されるべきだと思っているので、そっちの沼を覗き込んでいる人がいたら私は迷わず背中を押しますよ(ぉ

飛びこめ!!沼 04

「ドイツ製のレンズには『ズミター』とか『ビオター』みたいなかっちょいい名前があるのに、シグマ(を含む日本メーカー)のレンズにはそういうのないよね」というカメラユーザーなら誰もが一度は抱くであろう疑問への、シグマの回答が「ボケマスター」(違

最近のシグマは新製品に「ライト・バズーカ」とか「ボケマスター」といった微妙にカッコ良くないニックネームをつけて売り出すことが増えてきていますが、この絵↑のように彫り込まれたらちょっとイヤだ(;´Д`)ヾ。

このシリーズ、巻を重ねて正直少し勢いがなくなってきたかな?と感じていたのですが、シグマの新製品群に煽られる形で再びパワーを取り戻したと感じた 4 巻でした。
新生「カミソリマクロ」も間もなく発売されるし(ちょっと気になってる)、「ボケマスター」も店頭に並ぶまでもう少しかかりそうなので、今年はまだしばらくシグマ製品の話題が続きそうですね。

シグマ / [Art] 85mm F1.4 DG HSM

B01M0UO0HX

投稿者 B : 22:12 | Book | Comic | コメント (0) | トラックバック

2018/05/15 (Tue.)

ミライのつくり方 2020-2045 僕が VR に賭けるわけ

GOROman(近藤義仁)、西田宗千佳 / ミライのつくり方 2020-2045 僕が VR に賭けるわけ

4065116511

おそらく国内で最も影響力のある VR エヴァンジェリスト GOROman こと近藤義仁氏による「VR のこれまでとこれから」についてまとめられた本です。本書の構成とライティングはおなじみ西田宗千佳氏が担当。内容的には GOROman 氏がご本人の Twitter でここ数年発言されている内容を網羅したものですが、発言頻度も高い上にハイコンテクストな同氏のツイートを追いかけるよりも一冊の本として分かりやすく整理されているのはさすが西田さんといったところ。

本書の内容は大きく分けて「マイコンオタク少年がいかにして GOROman になったか」「VR との出会いとオキュラス・ジャパン入社から退社までの顛末」「これから VR が社会に与えるインパクト」の三部構成になっていると言って良いでしょう。第一部の「父親が買ってきたマイコンで『タダでコンピュータゲームを遊ぶため』に雑誌に書かれていた BASIC を意味も分からずに打ち込んでゲームを作った」とか「インターネットと出会って世界中の人とコミュニケーションを取り、マイナーな趣味でも世の中にこれだけ同好の士と繋がることができることを知って人生が変わった」というくだりは、IT に関わっている四十代の方なら(中でもたぶんこの blog の読者の方は特に)同様の体験をしてきているのではないでしょうか。
ちなみに本書を読んで初めて知ったのですが、GOROman 氏がかつて NTT 製のターミナルアダプタ「MN128-SOHO」用のユーティリティ「SOHOman」(シェアウェア)を開発していた人だったとは!私は当時ヤマハ製の ISDN ルータを愛用していましたが、それでも SOHOman の名前は知っているくらいメジャーなシェアウェアでした。この経緯を知ったことで、なんかいろいろと繋がった気がしました。

第二部とも言える同氏がクラウドファンディング時代の Oculus と出会い、日本からラブコールを送る形でオキュラス・ジャパン社を立ち上げてから退社までの流れは、私も Twitter でフォローしていたのである程度知っているつもりでしたが、ちゃんと時系列にまとめて(かつ当時は書けなかったことも)書かれていることで、ようやく経緯が理解できました。と同時に、VR プラットフォームとしては先駆者でありながら、こと日本での展開を見る限り商業面では完全に HTC の後塵を拝する状況になっている理由についても解った気がしました。Oculus と言えばこの GW 頃にスタンドアロン型 HMD「Oculus Go」を発売し、これまでの PC ベース VR から裾野を広げようとしているのがどう世の中に影響を与えるかは興味深いところです。Facebook 傘下としての Oculus ならば PC ベースよりも安価なスタンドアロン HMD でとにかくユーザーの裾野を広げ体験の底上げをすることが重要なはずで、その意味では正しい方向性と言えます。一方で Oculus が B2B のビジネスをほぼ無視している点はネックになるのでは...とも思っていますが。

第三部はいわば VR/AR がもたらす未来のあり方について。タイトルにもある「2045」という数字は、まさに映画『レディ・プレイヤー1』の舞台となっている時代。あの世界観が念頭にあって、現代から四半世紀後にあたる 2045 年までに何が起きるかを予言する内容になっています。ある意味、1980 年代のコンピュータやゲーム、アニメに触れて育ち VR 世界に浸っている GOROman 氏のあり方は『RP1』の OASIS 創始者であるジェームズ・ハリデーと通ずるところがあるし、それが本書に説得力をもたらしているようにも感じます。
現時点での VR 機器が体験の質や大きさ重さの点でまだまだ黎明期のデバイスであることは間違いがないですし、仮にそれが誰でも日常的に身につけられるように技術/デザインが進化して(その場合は VR に限らず AR 機器として使い物になるようになっているはず)、現在のスマホの代替になったとしたら。拡張現実(≒AR)と仮想現実(≒VR)の比率を任意に切り換えて使うことができるようになったとしたら。我々の生活は間違いなく変わるだろうし、情報入手やコミュニケーションのあり方も変わってくるでしょう。
その意味で視覚の VR/AR と切っても切り離せなくなってくるのが音声情報と「アバター」です。「音の AR」については私も以前から何度か書いているとおり、今後 1~2 年のうちに Bluetooth イヤホンのトレンドとして VR 機器よりも早く一般化する技術だと予測しています。そしてアバターに関してはバーチャル YouTuber(Vtuber)の表現技術がまさに日進月歩で進化しているところ。現時点では Vtuber は YouTuber の延長線上で見られることも多く、VR と関連付けて語られることは少ないですが、ネットを介したコミュニケーションの軸ではいずれスマホで自撮りを「盛る」のと同じような感覚で使われるようになるはずだし、VR/AR と組み合わせることでコミュニケーションの円滑化に貢献することでしょう。これは今でも MMORPG 内の友人を持ったり何らかの形で「ネットで仲良くなったけどリアルではまだ会ったことがない人」という経験があれば、想像がつくのではないでしょうか。

VR はまだまだ「3D と同じような一過性のブーム」とみられることも多いですが、GOROman 氏と同じく私も次世代のコミュニケーションプラットフォームとして定着していく可能性を感じています。画像認識や音声認識といった周辺技術もちょうどいいタイミングで出揃ってきているし、ほんの三年後でも今とは随分違った未来が訪れているのではないでしょうか。『RP1』同様に 1980~2000 年頃のマイコン/パソコン時代を知らないと読みにくいくだりもありますが(笑)コンピュータがもたらす「技術が世の中を変えていく感じ」に熱狂した経験がある人ならば、読んでおいて損はない一冊だと思います。

投稿者 B : 22:45 | Book | Business | コメント (0) | トラックバック

2018/05/14 (Mon.)

クラシックミニファミコン 週刊少年ジャンプ Ver.

「ファミコンミニ」に「週刊ジャンプ50周年記念バージョン」が! - GAME Watch
任天堂 / ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊 50 周年記念バージョン

B07D2HMM6Q

任天堂の「クラシックミニファミコン」に週刊少年ジャンプとのコラボモデルが発売されることになりました。

クラシックミニファミコン自体は現在も入手困難な状況が続いていますが、6 月に再販も決定してようやく流通が正常化しそうです(ミニスーファミのほうはもう普通に買えるようになっていますね)。それに加えて、ファミコンの黄金期を共に創ったと言っても過言ではない週刊少年ジャンプとのコラボモデル追加。
収録されるゲームタイトルも全てジャンプマンガのゲーム化作品ばかりで、私も大半の作品をリアルタイムでプレイした記憶があります。とはいえ小学生時代の私はあまりファミコンソフトを買ってもらえなかったので、ほとんどが友人に借りたか友人宅で一緒に遊んだものですが、ドラゴンボールはほぼ全作遊んだし聖闘士星矢やキン肉マン マッスルタッグマッチも相当遊んだ。『ファミコンジャンプ』も内容はほとんど憶えてないけどワクワクしたなあ...と完全におっさんの懐古趣味だけど(笑)、ファミコンだけでなくジャンプも黄金期だった時代の思い出をパッケージにした、あざといけどちょっとグッときてしまうのが悔しい。ミニファミコン本体も専用のゴールドカラーに仕上げられていて、黄金聖衣のプラモが欲しかったり何かと金色に憧れていた三十年前の少年の心を掴みに来ています。

あとは厳密にはジャンプマンガではないものの、ドラクエ I が収録されている点も見逃せません。ドラクエが誕生した経緯からすれば今回の収録は必然とも言えます(むしろこのために通常版へは FF は収録されたけど DQ は入らなかった?)。先日リリースされた 3DS 版 DQ1 がリメイク版ベースでオールドファンとしてはちょっと残念でしたが、今回はオリジナル版ということで当時のグラフィックやゲームバランスのまま遊べるというのも魅力的。

そんな感じでまんまと欲しくなっているわけですが、我が家のミニファミコンは最近ほとんど稼動していないし、ミニスーファミも買うだけ買ってなかなか遊ぶ時間が取れないのでちょっと保留。これ以上ハードが増えてもなあ...とも思っているので、既存のミニファミコンにダウンロード購入する機能がついたりしませんかね。まあ、ミニファミコンはコントローラが小さくて遊びづらいし、3DS のバーチャルコンソールでソフトだけ出してくれた方がありがたいのですが、何故か単体でソフトだけ売ってても買うに至らないことが多くて、こうやってハードウェアの形で分かりやすくバンドルされていることの訴求力ってあるよなあ...と思ったり。

投稿者 B : 23:00 | Game | コメント (0) | トラックバック

F1 スペイン GP 2018

F1:スペイン決勝:ハミルトン完勝。ガスリーは事故に巻き込まれリタイア |motorsport.com日本版

ヨーロッパラウンドの始まりを告げ、「第二の開幕戦」と呼ばれるスペイン GP。多くのチームがマシンアップデートを持ち込み、中でもマクラーレンの新型ノーズとフェラーリのハロから吊り下げられたバックミラー(その上につけられているウィングレットは次戦から使用禁止されるようですね)が目に付きます。

しかし予選から圧倒的な速さを見せつけたのはメルセデス。フェラーリやレッドブルも決して遅くはなかったとはいえ、メルセデスは次元の違う速さで予選から決勝までを席巻しました。フロントロウ独占からの 1-2 フィニッシュは完勝と言って良く、イマイチだった開幕四戦とは打って変わって「これが今季メルセデスの実力」というのを誇示されたかのようでした。
実際には好スタートを決めたヴェッテルがボッタスに先行し、ボッタスはペースではフェラーリを上回りながらもヴェッテルを抜きあぐねます。これは抜きどころが少ないカタロニアの特性によるものでしょう。またタイヤ交換のタイミングでもオーバーカットに失敗し(メルセデスはあと 2~3 周ピットインを遅らせても良かったと思う)、万事休すかと思われたものの、終盤のバーチャルセーフティカー導入のタイミングでヴェッテルが想定外のピットインを行い、ボッタスは難なく 2 位のポジションを取り戻します。あとは全くヘタる兆候を見せないミディアムタイヤの良さもあって、苦労せず 1-2 でチェッカーを受けました。ピット戦略に拙さこそ残ったものの、メルセデスが総合力で完勝したレースでした。

アゼルバイジャンでのハミルトンの勝利はラッキーとしか言いようがないもので、序盤四戦はメルセデスどうしちゃったの?という噛み合わないレース続きだったのに対して、スペインではいきなり完璧なレース。他チームに比べるとマシンアップデートが地味に見えることも考えると、冬季テストで走り慣れたサーキットでようやくセットアップの最適解が見えたということなのかもしれません。メルセデス W09 は本来ならば今季も最速マシンであるはずで、もしかするとこれを契機に今後のシーズンは改めてメルセデスが席巻する可能性もあります。開幕戦オーストラリアの予選でもハミルトンだけ異次元のスピードを見せつけたことですし...。

フェラーリは残念でしたね。ヴェッテルがいいスタートで 2 番手につけ、ピットインのタイミングでもバックマーカーに対する DRS をうまくつかってボッタスのオーバーカットを阻止したところまでは良かったけど、一回余計にピットインしたことで表彰台のチャンスを逃してしまいました。ミディアムタイヤのもちを考慮すれば(結果論ですが)少なくとも 3 位を獲得できていた可能性はありますが、フェラーリとしてはリスクを避けたのでしょう。長いシーズンをみたときにここで確実性を取ったことが最終的に吉と出るか凶と出るか。

トロロッソ・ホンダもまた残念でした。外から見る限りマシンアップデートがあまりなく、今回はセットアップの範疇で戦っているように見えた中では、ガスリーの予選 12 番手(大規模アップデートを持ち込んだマクラーレンの次)というのは上々のパフォーマンス。しかしスタート直後にグロジャンのスピンに巻き込まれ、ヒュルケンベルグと共に何もできないままリタイア。そのまま走り続けていれば入賞の可能性も高かったと思えるだけに悔しい結果です。
一方のハートレーは FP3 で大クラッシュを喫し、PU とギヤボックスを丸々失います。そのまま予選には出走できなかったものの、大破したマシンを決勝で走れる状態にまで修復。しかし入賞を争える速さはなく、終盤にエリクソンをオーバーテイクして 12 位完走がやっとの状態。ハートレーはガスリーに比べるとミスが多く速さも足りない印象で早くも更迭の噂が立ち始めていますが、少なくともガスリーに匹敵するパフォーマンスを見せられない限りはそのポジションは危ういと言わざるを得ません。個人的には、マシン開発やセットアップのことも考えると一人は経験あるドライバーにすべきだったのでは...という気もしています。

次は二週間後のモナコ GP。マシン性能の差が出にくいサーキットなのでトップ 6 のうち誰が勝ってもおかしくはありません。逆にストリートサーキットが苦手なトロロッソにはまた厳しいレースになるかもと思いつつ、ガスリーの持つ高いポテンシャルには密かに期待をしています。

投稿者 B : 22:30 | F1 | Season 2018 | コメント (0) | トラックバック

2018/05/13 (Sun.)

Sons and Daughters

Sons and Daughters

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ]

5 月といえば、カルガモが子育てをする季節。今年もいつもの池でカルガモの家族が営巣していたので、GW から何度か足を運んで写真を撮っています。
子ガモがどんどん成長していって、一週間も目を離すとすっかり大きくなっている様子が見ていて楽しい。

Sons and Daughters

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ]

この池には昔からスッポンが棲み着いています。人間の顔よりも大きいくらいの巨大スッポンで、水中からスーッと近づいて子ガモに襲いかかろうとしたところを母ガモが撃退するシーンを目撃。一瞬の出来事でカメラを構えられなかったのが悔やまれますが、まさに「母は強し」ですね...。

Sons and Daughters

[ Sony α7 II | Sony FE 70-200mm F4 G OSS ]

カモって無表情だから何を考えてるか分かりづらいのですが、「人間は危害を加えない」ということを理解しているのか、人が近づいても親ガモはあまり牽制する素振りを見せません。おかげで触れそうな距離にまで近づいて写真を撮らせてもらえるのがありがたい。休日にもなると、ほぼ一日中近所の人々が入れ替わり立ち替わりこのカモの一家を見守っています。

Sons and Daughters

[ Sony α7 II | Sony FE 70-200mm F4 G OSS ]

それでもさっきのスッポンをはじめさまざまな要因で脱落する子ガモはいるようで、今年は 11 羽生まれたらしいのですが私が見に行くたびに 9 羽→8 羽→6 羽と減っていっているのが悲しい。これも自然の摂理ではあるけど。

Sons and Daughters

[ Sony α7 II | Sony FE 70-200mm F4 G OSS ]

聞くところによると、最近すぐ近くにもう一家族棲み着き始めたとのこと。今日は見つけられませんでしたが、来週末あたりもう一度様子を見に来ようと思います。

投稿者 B : 23:00 | Photograph | Sonnar FE 55/F1.8 ZA | Sony FE 70-200/F4 G OSS | α7 II | コメント (0) | トラックバック

2018/05/12 (Sat.)

焼かない焼肉屋「29ON」代官山店

完全会員制の肉料理専門店「29ON」に、会員権を持つ某氏にお誘いいただいて行ってきました。

29ON 代官山店

29ON

住所も電話番号も非公開のお店です。都内に何店舗か構えているようですが、今回伺ったのは 4 月にオープンしたばかりの代官山店。
会員制かつ完全入れ替え制でコースメニューのみというコンセプトはローストホースに似ていますが、こちらは馬肉ではなく主に和牛を低温調理することにこだわったお店。低温調理、近年ジワジワと注目が高まっていて、私も気になっていたところでした。

29ON

店内はモノトーンでかなりシックな雰囲気。完全予約制なこともあって、静かで落ち着いた中で食事を楽しめます。
大人数でワイワイやるよりは 2~4 人で料理を楽しみながら話に花を咲かせる、という感じ。

29ON

この後出てくる肉類はこの結晶塩・山葵・ポン酢でいただきます。
「焼かない焼肉」というのがどんなものなのか、この時点でもはや期待値が上がりまくり。

29ON

コース料理はその時々で内容が全く変わるようですが、今回まず最初に出てきたのは和牛のお吸い物。
牛肉のうま味が汁に溶け出していて、すごくおいしい。お吸い物というよりは上品なすき焼きを一杯だけいただいている感覚。

29ON

和牛肩三角と冬瓜の煮浸し。
冬瓜の柔らかくも少しシャクッとした食感を和牛のうま味が包み込んで、これもおいしい。しかも、出汁がきいてる。

最初からレベルの高い品が立て続けに出てきて、だんだん愉しくなってきました。

29ON

さらに薄切りサーロインばくだん風。
「ばくだん」というと海鮮を卵黄と納豆やオクラ、山芋といったネバネバ野菜と混ぜていただく郷土料理ですが、それを海鮮じゃなくサーロインでやるとは。しかも超薄切りのサーロインでばくだんを包んでそのまま一口でいただくという大胆な食べ方。口の中でサーロインの脂が一瞬にして溶け、中からタレと野菜が染み出てくる...という衝撃的な食感。おおお、これはうまい!

29ON

こんなのを味わっちゃうとビールのままじゃいられない。
スパークリングワインで迎え撃つしかないじゃないですか。

29ON

鴨胸肉の厚切り ブルーベリーソースとサワークリーム添え。
和牛から唐突に鴨肉に切り替わってきました。しかもブルーベリーソースとサワークリーム!この展開は予想してなかった。

個人的にはフルーツソースの肉料理ってあまり好きじゃなかったんですが、ブルーベリーとサワークリームの組み合わせは甘すぎず酸っぱすぎず、良い具合に鴨肉のうま味を引き出している感じ。かなり厚切りの鴨肉も食べ応えあって、これは気に入りました。このタイミングでスパークリングワインを頼んでいた自分を誉めてあげたい(笑

29ON

牛タン厚切り 夏野菜のソースとバルサミコ酢。
この牛タンもまた分厚い。分厚いだけにいい歯応えがあり、そこに夏野菜とバルサミコの酸味。薄切りのタン塩レモンもいいけど、この厚切り牛タンはインパクトが違います。

29ON

こういうのが出てきたら、いよいよ肉も本番という感じ。
スパークリングから赤ワインに切り替えて、肉のうま味をしっかりと受け止めに行きます。

29ON

...と思ったら、肉本番の前の口直し的に出てきた夏みかんのサラダ。
爽やかな味わいのサラダで、口の中がいったんリセットされます。

29ON

ここからがいよいよメイン。和牛のヒレとササミをそれぞれ低温でじっくり長時間調理したもの。
スライスする前にまず塊の状態で見せに来てくれました。きっ切らなくていいからそのままかぶりつかせて(待て

29ON

数分後、熟成肉がカットされて改めて出てきました。

右側のヒレ肉はヒレらしくさっぱりした味。しかし低温調理することで肉自体のうま味が増しているのを感じます。
左はササミですが、鶏肉のササミとは違って上カルビとでもいうような細かいサシがたくさん入ったボリューミーな部位。舌の上で霜が溶けてくる感触が分かり、じゅわ~っと口にうま味が広がります。うますぎて語彙力がやばたにえん(

29ON

ここはちょっと、知多ハイボールをグッと飲んで落ち着こう。

29ON

「もうちょっと食べられそうなら、お肉おかわりしますか?」ということで出してもらった肩三角。
ヒレともササミともちょっと違う肉肉しさがあって、これもまたおいしい。

ちなみに一品一品出てくるときに蘊蓄を聞かせてくれるのがちょっと嬉しい。
本当においしいものは何も考えずに食べてもおいしいけど、バックグラウンドを知ることでさらに味が深まる気がします。

29ON

〆は出汁茶漬け。
今日ここまでに食べた部位の切れ端がちょっとずつ入っていて、このお茶漬けによっておいしかった時間を反芻できます。

29ON

デザートは瀬戸内レモンのシャーベット。程良い酸味が口の中をリフレッシュしてくれます。
肉の後味はすっかり消えてしまうけど、うまかったなあ...という余韻はまだ残っています。

ああ、おいしかった。
最初から最後まで肉尽くしだったけど、全然もたれるような感覚もなく、上品に肉を味わえました。
お店のこだわりや肉に対する愛も感じられたし、いいお店だった。

会員じゃないから自分の意思だけでこられないのが惜しいけど、機会があったらまた来たい。
お誘いありがとうございました。ごちそうさまでした。

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/05/11 (Fri.)

Nintendo Labo Toy-Con 01: バラエティキット (2)

久しぶりに子どもと工作してワクワクしている Nintendo Labo、GW 等を利用して残りも組み立てました。

任天堂 / Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit

Nintendo Labo

「バイク」。この形だと「なんだコレ」という形状ですが、バイクのハンドルとタンク部分を模した形をしています。
リモコンカー以外の Toy-Con はどれもダンボールクラフトとしてはかなり凝ったもので、説明動画を見ながら私+娘二人で工作して一つ一時間くらいかかる感じ。でも動画のおかげで難易度はさほど高くなく、親子で作ってちょうどいい手応えです。

Nintendo Labo

左右のハンドルにそれぞれ Joy-Con を、メーターに相当する部分に Switch 本体を装着して遊びます。アクセルは例によって輪ゴムを使って抵抗感を出していて、輪ゴム+Joy-Con の振動だけでここまでバイクっぽい感触を得られるものなのか!と目から鱗。ダンボール製だと分かっていても、エンジンをかける瞬間の振動を永遠に味わっていたくなるくらい「それっぽく」感じられます。

あと入力の大半にジャイロとモーション IR カメラを利用している Toy-Con としては珍しく、バイクではセルスイッチとクラクションに「ダンボールを経由して Joy-Con のボタンを物理的に押す」という構造が採られています。Toy-Con 実現にあたっては最もシンプルなやり方のはずなのにここにしか採用されていないという点が逆に新鮮。

Nintendo Labo

ゲームとしてはシンプルなバイクレースが遊べるわけですが、この写真のようにタンク部をお腹に押しつけるようにしてプレイします。これだけ大仰な構造物でありながら中身はほとんど空っぽ(メカ的に動くのもハンドルの回転機構くらい)でその他はほぼ「バイクっぽい雰囲気作り」のための構造だし、バイクの操作も実際には二台の Joy-Con の傾き検出だけで制御している(と思われる)のが興味深い。プレイ中にエキサイトして負荷がかかりそうな部分はちゃんとダンボールを折り曲げたり重ねたりして強度を確保する設計もプロの仕事だと思えます。

個人的には、たくさんある Toy-Con の中でこのバイクが最も面白いと感じました。いろんな意味で。

Nintendo Labo

続いて「おうち」。
シンプルな家形の Toy-Con で中身はほぼ空洞なんですが、煙突部分に Joy-Con を挿し、家の左右と下の穴にダンボール製のパーツを差し込むことでたくさんの種類のミニゲームが遊べるようになっています。

Nintendo Labo

穴に挿すパーツはこの三種類。左からプッシュボタン、ツマミ、回転ハンドルです。
先端に反射シールが貼ってあって、Joy-Con のモーション IR カメラが「どの穴にどの種類のパーツが挿されているか」を検出し、それに応じたミニゲームが自動起動する仕組み。パーツは一つだけでなく 2~3 種の組み合わせで使うことも可能で、「どういう組み合わせでどんなゲームが遊べるのか」を探すのに夢中になってしまいました。

Nintendo Labo

最後は「ピアノ」。ウチの娘たちは二人ともピアノを習っているので、二人ともこれを最も楽しみにしていました。見るからに部品点数が多く、組み立て的には一番大変です。

Nintendo Labo

ちゃんと黒鍵まで再現された鍵盤。Toy-Con としてでなく純粋にダンボールクラフトとして、こういうのを作り上げていく工程がめっちゃ楽しい。
とはいえ 1 オクターブしかないので、通常の「トイピアノ」アプリだと 1 オクターブの音階しか弾けませんが、

Nintendo Labo

もうひとつ収録されている「録音スタジオ」はかなり多機能で、ピアノ側面のレバーを併用することで 5 オクターブを移動しながら弾くことができたり、音色を変更したり、リズムパートを追加したりできてちょっとしたシンセサイザー気分。

Nintendo Labo

このピアノも中は空洞なわけですが、この空洞は別に音を響かせるためではなく、モーション IR センサのための空洞。各鍵に貼り付けられている反射シールの上下の動きを検出することで対応する音を出しているわけです。これだけたくさんのスイッチを IR カメラ一つで制御できるという点で、Nintendo Labo の高いポテンシャルを感じることができます。

それぞれのツールはシンプルだしミニゲームもちょっと遊んだらすぐ飽きそうなものが多いですが、完成品ではなく組み立てながら遊ぶことで「仕組みが分かる」ことがこれだけ面白さに繋がるとは。これは新しい発見ですね。

しかし Nintendo Labo の真価が発揮されるのはむしろここから。お仕着せの遊び方だけでなく、プログラミングキット的な側面も持つツールだけに、そっち方面の可能性も探ってみたいところ。ウチの娘たちがどの程度興味を持つか分からないし、私自身もソフトウェアエンジニアの才能がないことは過去の経験で自覚しているだけにどこまで続くか分かりませんが、今度の休日にでもチャレンジしてみようと思います。

任天堂 / Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit

B079T6CHPV

投稿者 B : 23:55 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 | all
« April 2018 | メイン