b's mono-log

« May 13, 2018 | メイン | May 15, 2018 »

2018/05/14 (Mon.)

クラシックミニファミコン 週刊少年ジャンプ Ver.

「ファミコンミニ」に「週刊ジャンプ50周年記念バージョン」が! - GAME Watch
任天堂 / ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊 50 周年記念バージョン

B07D2HMM6Q

任天堂の「クラシックミニファミコン」に週刊少年ジャンプとのコラボモデルが発売されることになりました。

クラシックミニファミコン自体は現在も入手困難な状況が続いていますが、6 月に再販も決定してようやく流通が正常化しそうです(ミニスーファミのほうはもう普通に買えるようになっていますね)。それに加えて、ファミコンの黄金期を共に創ったと言っても過言ではない週刊少年ジャンプとのコラボモデル追加。
収録されるゲームタイトルも全てジャンプマンガのゲーム化作品ばかりで、私も大半の作品をリアルタイムでプレイした記憶があります。とはいえ小学生時代の私はあまりファミコンソフトを買ってもらえなかったので、ほとんどが友人に借りたか友人宅で一緒に遊んだものですが、ドラゴンボールはほぼ全作遊んだし聖闘士星矢やキン肉マン マッスルタッグマッチも相当遊んだ。『ファミコンジャンプ』も内容はほとんど憶えてないけどワクワクしたなあ...と完全におっさんの懐古趣味だけど(笑)、ファミコンだけでなくジャンプも黄金期だった時代の思い出をパッケージにした、あざといけどちょっとグッときてしまうのが悔しい。ミニファミコン本体も専用のゴールドカラーに仕上げられていて、黄金聖衣のプラモが欲しかったり何かと金色に憧れていた三十年前の少年の心を掴みに来ています。

あとは厳密にはジャンプマンガではないものの、ドラクエ I が収録されている点も見逃せません。ドラクエが誕生した経緯からすれば今回の収録は必然とも言えます(むしろこのために通常版へは FF は収録されたけど DQ は入らなかった?)。先日リリースされた 3DS 版 DQ1 がリメイク版ベースでオールドファンとしてはちょっと残念でしたが、今回はオリジナル版ということで当時のグラフィックやゲームバランスのまま遊べるというのも魅力的。

そんな感じでまんまと欲しくなっているわけですが、我が家のミニファミコンは最近ほとんど稼動していないし、ミニスーファミも買うだけ買ってなかなか遊ぶ時間が取れないのでちょっと保留。これ以上ハードが増えてもなあ...とも思っているので、既存のミニファミコンにダウンロード購入する機能がついたりしませんかね。まあ、ミニファミコンはコントローラが小さくて遊びづらいし、3DS のバーチャルコンソールでソフトだけ出してくれた方がありがたいのですが、何故か単体でソフトだけ売ってても買うに至らないことが多くて、こうやってハードウェアの形で分かりやすくバンドルされていることの訴求力ってあるよなあ...と思ったり。

投稿者 B : 23:00 | Game | コメント (0) | トラックバック

F1 スペイン GP 2018

F1:スペイン決勝:ハミルトン完勝。ガスリーは事故に巻き込まれリタイア |motorsport.com日本版

ヨーロッパラウンドの始まりを告げ、「第二の開幕戦」と呼ばれるスペイン GP。多くのチームがマシンアップデートを持ち込み、中でもマクラーレンの新型ノーズとフェラーリのハロから吊り下げられたバックミラー(その上につけられているウィングレットは次戦から使用禁止されるようですね)が目に付きます。

しかし予選から圧倒的な速さを見せつけたのはメルセデス。フェラーリやレッドブルも決して遅くはなかったとはいえ、メルセデスは次元の違う速さで予選から決勝までを席巻しました。フロントロウ独占からの 1-2 フィニッシュは完勝と言って良く、イマイチだった開幕四戦とは打って変わって「これが今季メルセデスの実力」というのを誇示されたかのようでした。
実際には好スタートを決めたヴェッテルがボッタスに先行し、ボッタスはペースではフェラーリを上回りながらもヴェッテルを抜きあぐねます。これは抜きどころが少ないカタロニアの特性によるものでしょう。またタイヤ交換のタイミングでもオーバーカットに失敗し(メルセデスはあと 2~3 周ピットインを遅らせても良かったと思う)、万事休すかと思われたものの、終盤のバーチャルセーフティカー導入のタイミングでヴェッテルが想定外のピットインを行い、ボッタスは難なく 2 位のポジションを取り戻します。あとは全くヘタる兆候を見せないミディアムタイヤの良さもあって、苦労せず 1-2 でチェッカーを受けました。ピット戦略に拙さこそ残ったものの、メルセデスが総合力で完勝したレースでした。

アゼルバイジャンでのハミルトンの勝利はラッキーとしか言いようがないもので、序盤四戦はメルセデスどうしちゃったの?という噛み合わないレース続きだったのに対して、スペインではいきなり完璧なレース。他チームに比べるとマシンアップデートが地味に見えることも考えると、冬季テストで走り慣れたサーキットでようやくセットアップの最適解が見えたということなのかもしれません。メルセデス W09 は本来ならば今季も最速マシンであるはずで、もしかするとこれを契機に今後のシーズンは改めてメルセデスが席巻する可能性もあります。開幕戦オーストラリアの予選でもハミルトンだけ異次元のスピードを見せつけたことですし...。

フェラーリは残念でしたね。ヴェッテルがいいスタートで 2 番手につけ、ピットインのタイミングでもバックマーカーに対する DRS をうまくつかってボッタスのオーバーカットを阻止したところまでは良かったけど、一回余計にピットインしたことで表彰台のチャンスを逃してしまいました。ミディアムタイヤのもちを考慮すれば(結果論ですが)少なくとも 3 位を獲得できていた可能性はありますが、フェラーリとしてはリスクを避けたのでしょう。長いシーズンをみたときにここで確実性を取ったことが最終的に吉と出るか凶と出るか。

トロロッソ・ホンダもまた残念でした。外から見る限りマシンアップデートがあまりなく、今回はセットアップの範疇で戦っているように見えた中では、ガスリーの予選 12 番手(大規模アップデートを持ち込んだマクラーレンの次)というのは上々のパフォーマンス。しかしスタート直後にグロジャンのスピンに巻き込まれ、ヒュルケンベルグと共に何もできないままリタイア。そのまま走り続けていれば入賞の可能性も高かったと思えるだけに悔しい結果です。
一方のハートレーは FP3 で大クラッシュを喫し、PU とギヤボックスを丸々失います。そのまま予選には出走できなかったものの、大破したマシンを決勝で走れる状態にまで修復。しかし入賞を争える速さはなく、終盤にエリクソンをオーバーテイクして 12 位完走がやっとの状態。ハートレーはガスリーに比べるとミスが多く速さも足りない印象で早くも更迭の噂が立ち始めていますが、少なくともガスリーに匹敵するパフォーマンスを見せられない限りはそのポジションは危ういと言わざるを得ません。個人的には、マシン開発やセットアップのことも考えると一人は経験あるドライバーにすべきだったのでは...という気もしています。

次は二週間後のモナコ GP。マシン性能の差が出にくいサーキットなのでトップ 6 のうち誰が勝ってもおかしくはありません。逆にストリートサーキットが苦手なトロロッソにはまた厳しいレースになるかもと思いつつ、ガスリーの持つ高いポテンシャルには密かに期待をしています。

投稿者 B : 22:30 | F1 | Season 2018 | コメント (0) | トラックバック

« May 13, 2018 | メイン | May 15, 2018 »