b's mono-log

« レッドブル・エアレース千葉 2018 | メイン | レッドブル・エアレース千葉 2018 観戦記 »

2018/05/29 (Tue.)

F1 モナコ GP 2018

F1:モナコ決勝:リカルド、2年前の雪辱果たす涙のモナコ初優勝! |motorsport.com日本版

先週末はエアレースにインディ 500、F1 モナコ GP とモータースポーツが盛りだくさんでしたね。ファンとしては嬉しい反面、観るのが大変でした(;´Д`)。もうちょっと分散してくれていいのよ...。

前戦スペインでハミルトンが圧勝し、このままメルセデスの連勝街道が始まるかと思われた今季の F1。ここモナコではレッドブルのダニエル・リカルドが二年前の雪辱を果たしました。
予選で PP を獲得したのはハミルトンでもヴェッテルでもなくリカルドでした。年間で最も PU の性能差が出ず、またオーバーテイクも難しいモンテカルロ市街地サーキットの特性を活かし、予選から最大限のパフォーマンスを狙いに行ったのでしょう。シャシー単体の性能ではメルセデスやフェラーリを上回っていると言われる RB14 の本領を発揮した予選でもあったと思います。

決勝ではそのリカルドが難なくホールショットを決め、優勝に向けて盤石のスタートを切ったはずが、中盤に MGU-K とギヤボックスのトラブルを抱え失速。そこからはヴェッテルに追いすがられる展開になるものの、そこは「絶対に抜けないモナコ・モンテカルロ」。スローペースながらもヴェッテルにオーバーテイクの隙を見せず、抑えきります。
中盤以降はタイヤ戦略の違いにより、当初から 1 ストップを計画していたボッタスが 2 ストップ予定の上位陣に代わって首位に立つのでは、と予想されましたが、リカルドのペースダウンによって結果的にタイヤが「もってしまった」ためか、上位陣が全員 1 ストップ戦略を採るレースに。結局 MGU-K と二段分のギヤを喪っていたリカルドが逃げ切り、今季二勝目を挙げました。

ペースが上がらず、モナコらしくオーバーテイクも数えるほどで、途中までタイヤ戦略の違いによるタイムレースになるかと思ったら最後まで半ばトレイン状態だったこともあって、緊張感こそあれどエキサイティングとは言いがたいレースではありました。リカルドのマシンコントロールの巧さが光っていましたが、一方でリカルドの後ろに迫るだけでほとんど仕掛けることができなかったフェラーリもちょっと不甲斐ない。結局みんなギリギリの 1 ストップ戦略で余裕がなかったということなんだろうし、リカルドはトラブルが発生して全体のペースが落ちたからこそ勝てた(当初の 2 ストップ戦略のままでは最後まで守り切れなかった)のではないかとも思います。
が、今季ここまで 6 戦を終えてハミルトン・ヴェッテル・リカルドが二勝ずつを分け合うとは誰が予想したでしょうか。おかげで面白いシーズンになってきたと言えます。レッドブルに関して言えばフェルスタッペンがここまで無茶をして自滅するパターンが多いのとリカルドの好成績は対照的で、この状況をもってすればリカルドの来季レッドブル残留も期待して良いのではないでしょうか。

そして何と言ってもトロロッソのピエール・ガスリー。個人的にはリカルドよりもガスリーにこの日のドライバー・オブ・ザ・デイをあげたい。予選では Q3 に進出して 10 番手スタート、決勝でもハイパーソフトタイヤでまさかの 37 周を走り、アロンソをオーバーテイクしたりヒュルケンベルグやフェルスタッペンを抑えきるなど見せ場も作りながら 7 位フィニッシュ。間違いなくこの日最もタイヤを上手く使ったドライバーだったと思うし、もし上位陣が 2 ストップ戦略を採っていたら表彰台争いさえできていた可能性があります。バーレーンでの 4 位入賞に勝るとも劣らない価値ある入賞と言えます。チームも含め浮き沈みの激しいシーズンですが、少なくともポテンシャルの片鱗を見せ始めていることは確か。
対照的だったのがハートレー。フリー走行までは好タイムを出していたにも関わらず、予選では Q1 敗退。決勝ではジワジワと順位を上げて入賞争いができるか...というところで、ブレーキトラブルに見舞われたルクレールに追突されてレース終了。ハートレーも確かにがんばってはいるし、フル参戦二年目で既に一度入賞しているのは立派ですが、やはりガスリーに比べると見劣りしてしまいます。早いうちにもう一度くらい入賞しておかないと、シーズン中の更迭も考えられるだけに、もう一段の奮起を期待したい。

そういえば今季ここまで速さを誇ってきたハースですが、モナコでは強度不足を理由にバージボード付近の空力パーツを外したところ、一気に失速してしまいました。このエリアは今季特に開発競争が激しい部分であり影響も大きいのでしょうが、ちょっとしたことで大きくポジションが変動する今季の F1 を象徴していると思います。トロロッソはいい勢いをつけてモナコを後にできたし、次戦カナダではホンダがパワーユニットをアップデート予定となっていて、かなり期待をしてしまうところ。今季初のダブル入賞、頼みますよ。

投稿者 B : 22:45 | F1 | Season 2018

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« レッドブル・エアレース千葉 2018 | メイン | レッドブル・エアレース千葉 2018 観戦記 »