b's mono-log

« May 2018 | メイン | July 2018 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2018/06/30 (Sat.)

東京都中央区八丁堀のニラ玉ライス

「さて、何を食う?このへんで働いている人たちが行く食堂はどのへんなんだろう」

中華シブヤ

昨夜の第 12 話の放送をもって『孤独のグルメ Season7』もついに完結。松重さん、久住さん、スタッフの皆さん今期もお疲れさまでした。
しかしこちらはまだまだ聖地巡礼が残っているため、ペースを緩めずに残りの店も攻めていきます。今回はその最終飯の聖地、八丁堀にやってきました。まあ八丁堀というか、都営浅草線の宝町駅が最寄り駅。京橋やなんなら銀座方面からも歩いて来れる立地です。オフィス街と下町っぽさが混在する独特の街並みの中に、昭和がまだ息をしているようなその店がありました。

中華シブヤ

中華シブヤ

ここだ、中華シブヤ。タイトルからしていい。こういう店だよ俺が求めていたのは。
八丁堀なのにシブヤ、というのは単純に店主の苗字が「渋谷」さんだから、ということらしい。

それにしてもお昼時、店の外にまで行列ができているじゃないか。
放送前どころか予告編すら出る前に巡礼しているにも関わらずこの人気。テレビ関係なく、地元に根付いた名店ということなのだろう。まるで八丁堀サラリーマンの社員食堂だな。

中華シブヤ

店内、かなり狭め。そして相席上等に詰め込まれる感覚がまさに食堂。
この赤地に白のオーソドックスなメニュー、これは信頼できそうだ。

いつも黒いポロシャツを着ている店主、劇中では角野卓造さんが演じていましたが、このドラマにしては珍しくご本人とそんなに似てるわけでもなし。
やっぱり日本の中華屋のオヤジといえば角野卓造、そのイメージでの配役なんだろうか(笑。

その店主はランチタイムはあまりホール側には出てこないようで、注文取りと配膳は主にチャキチャキした雰囲気のパートっぽいおばちゃん。
あまりの忙しさに注文が漏れたり代金の計算間違いは日常茶飯事のようで、店内はさながら戦場です。

中華シブヤ

出てきましたよ、ニラ玉&ライス。
そして料理を頼むとサービスで中華スープがが付くもよう。

注文してから待っている間にも、他のお客さんの半分近くがニラ玉を頼んでいて、さながらニラ玉専門店のようだ。
しかも常連っぽいお客さんが頼むのは「ニラ玉」だったり「ニラ玉」だったり、メニューに載ってない。
裏メニューが定番化するあたり、さすが町中華。

中華シブヤ

なんだなんだこのニラ玉。シンプルな豚肉ニラ炒めの上に、トロトロ玉子焼きがでーんと載っかっている。
こんなの見たことない。

ようし、まずはこいつと一対一のぶつかり稽古だ。

中華シブヤ

どれどれ...おお、このニラの量!
そこに油多め、味濃いめのガツンとくるタレ。とにかくこのシャキシャキしたニラの食感とパンチのある味付けが強い。
豚肉もここではニラのサポートに徹している感じだ。

これはニラ玉の余韻だけで飯がグイグイ進む。注文が殺到するわけだ。
普段中華屋に行ってもニラ玉を頼むことなんて滅多にないけど、この味...この店は本当にニラ玉が目玉なんだな。

中華シブヤ

せっかくだから他のものも試してみよう。

まずはチャーハン。錦糸卵の載った、それ以外は超オーソドックスなチャーハン。
ニラ玉のインパクトの前には普通のチャーハンだけど、日常の昼メシとして飽きずに食べられそうな居心地の良さがある。

中華シブヤ

チンジャオロース。ニラ玉のニラにも負けぬこのピーマン!
豚肉と竹の子はあくまでアクセントという感じで、とにかくピーマンを食べ続けている感覚。でもこれも濃いタレでご飯が進む。

一度でこんなに大量のピーマンを摂取したの、生まれて初めてかも。

中華シブヤ

ヤキソバ。ここまでの料理の中で、最も具の種類が多いのはこのヤキソバかも(笑。
これまた油多めで味濃いめ。注文してからけっこうすぐに出てくるのは、大量の油と火でジャジャッと仕上げてくるからなんだろうけど、あまりベトベトした感じがないのはその油と火の使い方が巧みなんだろうな。

このヤキソバ、ニラ玉に負けず劣らず気に入った。

中華シブヤ

そしてラーメン。ゴローちゃんが食べてたのはチャーシューメンでした。惜しい!
いかにも中華料理屋らしいラーメンどんぶりに入った、「中華そば」と呼ぶべきラーメン。そうそう、最近の俺が食べたいのはこういうシンプルなラーメンなんですよ。

まずはスープから...おお、シンプルながら染みわたる味。これこれ、庶民中華のラーメンだ。これはいい。
さらにはメンマもチャーシューも、しっかり味が染みてる。

中華シブヤ

スープ、メンマ、チャーシューの三位一体のうまさに比べると、麺はちょっと緩いような気もするけど、よくある有名店のように押しつけがましくなく、毎日食べられそうな気取らなさがいい。こういう普通のラーメンがいいんだよ。
ああ、この味。このおいしさの故郷は俺の中にあるような気さえする。

いい昼飯だった。今日この店にして、大正解。
ごちそうさまでした。

なお、劇中ではランチタイムにエビチリを食べていましたが、原則エビチリは夜の部メニューとのことでお昼には注文できません。
というわけで実はもう一度巡礼してきているので、次回・夜の部エビチリ編に続きます。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:中華料理 | 宝町駅京橋駅八丁堀駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/06/29 (Fri.)

α7 III が来た

ほぼ毎年のようにセルフ誕生日プレゼントはカメラ関係の何かを買っていますが、今年は相当久しぶりに新しいボディにいきました。

ソニー / α7 IIIicon

α7 III

II からの買い換えです。旧型からこれが改善されたら買い換えようと考えていた、

  • 独立型(ホイールと共用ではない)マルチコントローラ
  • タッチパネル液晶(タッチ AF)対応
  • サイレントシャッター対応
  • バッテリ性能向上
が軒並み III で対応してくれたので、買い換えない理由がありませんでした。さらに AF・連写性能の大幅向上、デュアル SD カードスロット搭載など、私が今まで EOS 7D シリーズに担わせてきたスポーツ/野鳥撮影もそろそろミラーレスに移行できるんじゃないかという目論見もあり。もしかすると手持ちのレフ機に引導を渡すカメラになるかもしれません。

それだけ強力なカメラでありながら発売から今まで引っ張ったのは、単純に先立つものがなかったから。今年は長女の進学だなんだと物入りだったので...。EOS 80D から α7 III にガツッと乗り換えた某家電女子の漢らしさには敵いません(ぉ

α7 III

センサ画素数は II から据え置きながら、裏面照射 CMOS、像面のほぼ全面に位相差 AF センサ搭載など、全く別物のカメラと言って良い中身になっています。公式には無印 α7 III は「ベーシック」と位置づけられていますが、個人的には解像度、高感度、AF 性能が高次元にバランスしたオールラウンダーだと思います。

α7 III

シャッター音からしてこれまでの α とは明らかに違って、ちゃんと抑制の効いた鋭い音。ニコンの上位機種のそれに近い感覚があり、撮っていて小気味良い。この一点をとっても II までとは異なるステージに突入したことを感じます。

α7 III

時代が一眼レフからミラーレスへと舵を取ろうとする今、私もそろそろ EOS と α の二刀流から α メインに移行しようかと考えています。5D3 や 7D2 で撮るのもミラーレスとはまた違った愉しさはあるんですけどね。技術的には α9 が一つの大きな転換点だったと思いますが、それを大衆化させるという意味では α7 III の存在はとても大きい。まだそれほど使い込めていませんが、実際に手にしてみて感じています。

少なくとも今後三年は私のメインカメラになりそうな α7 III、ちょっと腰を据えて付き合ってみようと思います。

ソニー / α7 IIIicon

iconicon

投稿者 B : 22:41 | Camera | My Equipment | コメント (0) | トラックバック

2018/06/28 (Thu.)

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

「いいぞいいぞ。でも、食えば食うほど腹が減ってくる」

figma 井之頭五郎 松重 豊 ver. ハードボイルド GORO エディション

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

漫画版フィギュアの発売から四年。ドラマ『孤独のグルメ Season7』の最終回を前にして、ドラマ版井之頭五郎の figma が発売されました。
このフィギュア、販路によって通常版、グッスマ直販限定のワイシャツ版、テレ東直販限定のハードボイルド版の 3 バージョンが存在しますが、私は最もセット内容が豪華だったハードボイルド版を購入。微妙にセット内容が異なるため全部盛りにはなっていませんが、まあ十分です。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

井之頭五郎本体と表情パーツ、それに小物類。表情は真顔、腹減り顔、頬張り顔の三種類がついていて、どれも確かに松重さん。先日のガチャコレクションのフィギュアもよく似てたけど、価格帯が違うこともあって細かいところの作り込みが違います。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

figma らしくハンドパーツも多数付属。これらの他に通常の握り手(最初から本体に装着済み)、箸を持つ右手、携帯電話を持つ左手があるので計 9 種類ついています。これだけあればどんなシーンでも再現可能でしょう。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

「頭の中が完全に中国だ。広東、上海、四川、北京...俺の腹は中国のどこに行きたいんだ?」

この完璧な佇まい。シュッと背筋の伸びた松重ゴローらしさが正確に再現されています。松重さん自身は近年コミカルな役も増えてきて、こういう真顔の芝居を見ることが減ってきたように思いますが、これは紛う事なき松重ゴロー。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

ゴローちゃん愛用のブリーフケースは黒ベースにコバだけキャメル、というゲイの細かさ。ゴローちゃんってなにげに良いモノ使ってるんですよね。

そういえば、このブリーフケースには仕事シーンで使っていたけっこう分厚いノート PC が入っているはずなのに、次の店探しシーンでは片手で軽々と振り回していることが多いという(笑。それだけカロリーを消費する肉体だからあれだけ腹が減る、ということでしょうか(ぉ

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

モデルになった松重さんのスタイルが良いってことなんでしょうが、どんなポージングをさせてもサマになる。手の表情とか、拳の骨張った感じとかもすごく良い。

そーなると、こんなポーズを取らせてみたくなるというものです。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

...完全に手練れの者でした(完

「井之頭五郎のフィギュア」としてではなくアクションフィギュアとして何かと闘わせた方が似合うような気がしてきました。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

ちなみに付属品のサングラスをかけさせるとこんな感じ。もはや孤独のグルメではなくエージェント・スミスと一緒にどこまでも追いかけてきそうな凄味を感じます。

それにしてもドラマでサングラスをかけたシーンなんて、過去 7 シーズンで Season4 の清瀬回にしか存在しないのによく製品化したなこれ...。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

「腹 が 、 減 っ た」

三段引きで撮りたくなるこの表情!
ポージングまで含め完璧です。店を探そう。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

そこにこの付属品。カウンターに一人焼肉用コンロ、白飯、ジョッキのセット。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

ライスの丼は陶器系ではなくステンレス系(塗装)、ジョッキにはビールではなくウーロン茶。コンロの上で焼けているのは、色的にはホルモン系かな。

写真、コンロを逆向きで置いてしまったかもしれません(´д`)。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

さらには、焼肉店のジオラマセットまで付属!これは Season1 の一人焼肉回に登場した、八丁畷の「つるや」をモデルにしたものですね。
そういえば、以前テレ東本舗で「つるや」の 1/12 ジオラマが販売されていましたが、figma も 1/12 相当のスケールらしいので組み合わせればもっとリアルに再現できるのでは...。

ちなみにこのジオラマセット、「かめや」の電飾は切り取り式になっていますが、私はもったいなくて切れませんでした(´д`)。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

「まるで俺の体は製鉄所 胃はその溶鉱炉のようだ」

この頬張り顔がイイじゃないですか。やっぱり松重ゴローはこの眉間のシワに尽きます。いつでもピシッと姿勢良く、行儀良く食べる姿が再現できているのも素晴らしい。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

「...こいつ...この目」

漫画版ゴローと対面させてみました。身長が実寸で 10cm は軽く違いますねこれ...。
同じ尺度で比べるとこんなに違うのに、ドラマ版がちゃんと漫画版と地続きに感じられるわけですから、ドラマがいかに丁寧に作られているか分かります。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

相席させてみました。一人焼肉としょうが焼を同時に出す店って(笑
こうして座らせてみるとほぼ同じ高さなので、松重さんはそれだけ脚が長いということですね。

そしてこれもやらずにはいられなかった、

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

アームロック対決!
原作ゴローがかけるアームロックは、身長差があるせいでかなり苦しい。figma のスタンドで底上げしてやっとな感じです。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

松重ゴロー版アームロック!
これは Season1 のアームロック回で松重さんがモト冬樹さんにかけていたアームロックの再現ですが、漫画版よりも無駄な動きがなく一瞬で極めている感じ。手練れの者みが強い(笑。松重さんにヤクザか警察の役が多い理由が改めて分かった気がします。

figma 井之頭五郎 松重豊 ver.

というわけで、figma 松重ゴローでした。
これは本当に完成度もプレイバリューも高いフィギュア。今度の聖地巡礼にも連れて行こうかと画策しています(笑。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

投稿者 B : 22:56 | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2018/06/27 (Wed.)

五反田 レストラン スワチカ(再)

以前一度紹介した店ではありますが、先日私の職場が引っ越してあまり通えなくなってしまったので、想いを込めて再び紹介します。

スワチカ

スワチカ

五反田→大崎広小路方面の飲食店が乱立するエリアにひっそりとある、昔ながらのレストランです。レストランと言いつつ完全にカウンターのみで、お昼時はサラリーマンの聖地と化しています。
私は初めて行ってから二年近く、たぶん月に 3~4 回は通ったかな?五反田でお昼時に最も行った店。完全に顔を覚えられてしまい、入店するや着席する前におかみさんに「今日は、メンチ?」と訊かれるレベルになってしまいました(笑。

スワチカ

メンチかつ定食。たくさんあるメニューの中でも、個人的にはこれがベスト。たぶん 3 回に 2 回は食べてると思います。

平皿に大ぶりの丸いメンチかつが一個、というシンプルさ。付け合わせはキャベツの千切りとポテサラ、あとお新香と味噌汁(豚汁)がついています。

スワチカ

メンチはシンプルにソースで。みちっと詰まった挽肉から溢れる肉汁のうまみ。私史上最高のメンチかつ。これを気取らずに、しかも日常として食べられる喜び。

スワチカ

こちらはメンチの次によく食べたアジフライ。ふっくらと揚がった大きめのアジが嬉しい、プレミアムアジフライです。これも、私が今までに食べたアジフライの中で三傑に入るうまさ。

スワチカ

サケフライ。こういう定食屋だと普通は焼き鮭が出てくるものですが、ここはこんなものまでフライにしてしまいます。焼いて食べても十分うまいであろう大ぶりの鮭を、この店の絶妙な加減で揚げてあって、これもうまい。

私の経験上、本当にうまい店の揚げ物って、食べてもほとんどもたれないんですよね。ここのも間違いなくその部類。マスターのウデの差ですかね。

スワチカ

揚げ物以外もおいしい。これはしょうが焼ですが、こういう店でしょうが焼と言えば一般的には豚バラを使うところ、ここのはとんかつやポークソテーと同じロースを使っていて、かなりボリューム感あり。生姜風味のポークステーキという感覚で、しっかりお腹を満たしてくれます。

スワチカ

最も予想を超える形で出てくるのがハンバーグ。卵焼きに半分埋もれたハンバーグに、赤いケチャップが鮮烈です。メンチかつのタネを揚げずに焼いたらハンバーグになるんでしょうが、ほんのり甘い卵焼きが絡むことで全く違う味わいになります。古き良き食堂的な味がなんだかホッとします。

スワチカ

この店においてメンチかつと双璧をなすカレー。カレーライス、かつカレー、メンチカレーの三種類がありますが、個人的にはメンチカレー推し。定食よりも一回り小さいメンチかつが載りつつ、本来はカレー屋として開店したらしいこの店の本格的なカレーが味わえる一挙両得感。
カレーは酸味の中に深いコクを感じる、私が大好きな方向性の味。最近はあまり見かけなくなった、昔ながらの洋食屋さんの、しかもちゃんと手がかかっているカレーという味です。毎日食べても飽きないし、時折思い出したように猛烈に食べたくなるカレー。

スワチカ

実は今年のゴールデンウィーク頃からいつものおかみさん(兄妹でやっているお店で、マスターの妹さんとのこと)を見かけなくなり、何かの病気か年齢的なもので引退されたのか...と心配していました。が、たまたま店内に他のお客さんがいなくなったときに尋ねてみたら(ランチタイムはいつも混んでいるので話しかけづらい)怪我をしてしばらく休んでいるとのこと。お怪我というのは心配だし早く良くなってほしいですが、あの「お冷や、ありますよ?」の声が聞けないのは寂しいと思っていたので、単なるお休みということで少し安心しました。

仕事で辛いことや落ち込むことがあっても、お昼にここでごはんを食べている間だけはホッとすることができる。私にとってこの店は、まるで自分の家のような癒やしの空間でした。マスターにあまり来られなくなってしまうことを伝えると、「寂しくなるね」と言ってもらえたのが嬉しかった。
今度の職場付近はチェーン系のお店ばかりで、地域に根付いた個店がほとんどないのが寂しい。

お二人には身体に気をつけて、できるだけ長くお店を続けてほしいと願っています。今までほどには通えなくなってしまったけど、近くに用事ができたときには、また寄らせてもらいます。そのときには、おかみさんの元気な顔がまた見られるといいな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:定食・食堂 | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

投稿者 B : 22:41 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/06/26 (Tue.)

小説『READY PLAYER ONE』

映画『レディ・プレイヤー 1』を観て以降、通勤時間等を使ってコツコツ読み進めていた原作小説を読了しました。

アーネスト・クライン / ゲームウォーズ(上)
アーネスト・クライン / ゲームウォーズ(下)

B00OZ63SCW B00OZ63S8Q

映画版はエンタテインメント作品としてはとても面白かったんだけど、どうにも「はしょってる感」は拭えなくて。これだけマニアックな作品なら原作を読めばもっと掘り下げられるはず...と思い、サクッと電子書籍を購入して読みました。邦題は『ゲームウォーズ』というパッとしないものがついていますが、映画公開後は原題のほうを前面に出しているようですね。

食糧やエネルギー問題が深刻化して格差が拡大し荒廃しつつある「リアル」から逃避できる仮想世界「オアシス」と、その創始者であるジェームズ・ハリデーが残した莫大な遺産および「オアシス」の運営権を賭けて世界中のプレイヤー達が謎解きに挑む...というストーリーは映画と共通。だけど、小説と映画では細かい部分の進み方が全く異なる別の作品でした。謎解きは基本的にクラシックゲームにまつわるものが多く、「デロリアンと金田のバイクでレースする」みたいなのはあくまで映画のアイキャッチとして用意されたもの。でも原作をそのまま映像化したらマニアックすぎて間口が狭すぎるだろうし、2018 年時点で VR の世界観を分かりやすく見せ、2045 年として来そうな未来を提示するにはあれが必要だったんでしょう。

映画における「オアシス」は「中でゲームもできる、何でもできる仮想空間」という見せ方でしたが、小説では「VR ベースの MMORPG 的世界から発展し、何でもできるようになった仮想空間」として描かれています。そのためエリアによって PvP(プレイヤー対戦)の可否があったり、キャラクターごとにインベントリー(持ち物リスト)や視界の中にサブウィンドウを表示させたまま移動できたり、システムの設定がゲーム寄り。MMORPG は最終的にはストーリーを攻略することではなく仲間とのコミュニケーションが目的化することも少なくないですが、その延長線上にこの世界があることが分かります。
私は年齢的には本作のどストライク世代よりも五歳くらい下なので、本作で語られる 1980 年代のゲームや映画、アニメネタは半分も分からないのですが、今の技術の延長線の上に描かれた VR の世界観にはすごく納得感があります。

私は大学生だった 1997~8 年頃にごく初期の 3D チャットサービス「Worlds Chat/J」および「メタプラザ」(どちらも凸版印刷系のベンチャーが日本版を手がけていた)で初めて仮想空間上で見ず知らずの誰かとコミュニケーションをしたことがその後の人生に大きな影響を与えたし、2002~4 年頃に FFXI の世界にどっぷりと浸かっていましたが、「オアシス」はまさにそれらを VR 化して生活の一部にしてしまったようなもので、かつて自分が妄想していた未来像(ディストピアでもあるけれど)がここにある感覚。IT や通信に基づく多くの技術はコミュニケーションの効率化や多様化をもたらすし、VR も紛れもなくその重要な 1 ピースなんだよなあ。

映画版で最大の違和感だった終盤のメッセージ「リアルにこそ、仮想世界で得られない大切なものがある(うろ覚え)」にはどうにも取って付けた感というか、「ゲームは一日一時間」のような定型文感というか、がありました。この小説でもラストには同じようなメッセージが込められているんですが、そこに至る過程が全然違う。映画ではクライマックス前にパーシヴァル(の中の人)とアルテミスやエイチ(の中の人)がリアルであっさり合流していましたが、小説版では本当に最後の最後に至るまでリアルでは会わず、必要に迫られて集結します。「ネットの向こう側にいる相手と普段のコミュニケーションを通じて信頼関係を築けていれば、相手の素性が何だって構わないし積極的にリアルで会いたいとも思わない」というのは長年ネットでのコミュニケーションを重ねてきた私の実感なんですが、登場人物たちが自然とこういう考えで動けている分だけ、小説版のほうにリアリティを感じました。
まあ、ネットでしか接したことがない人とリアルで会うと楽しいことが多いのは事実だし、ネット上ではできない話に価値があったりすることもまた事実なのですが。でも必ずしもネットが虚構でリアルが真実というわけではないし、自分の外見や肩書きに縛られないコミュニケーションにこそその人の本質が宿っている、ということはあると思うのです。おそらくそれが解っているパーシヴァルであれば、リア充(笑)になった後であってもハリデーから運営を受け継いだオアシスを停止させるという判断はしないに違いない。

さておき、「ちょっと先に、実際に来るかもしれない未来」を描いた小説としてはなかなか面白かったです。映像のイメージがあるほうが脳内補完がしやすい話でもあると思うので、映画を先に観てから小説を読むとグッと深みが増すのではないでしょうか。

投稿者 B : 23:01 | Book | Novel | コメント (0) | トラックバック

F1 フランス GP 2018

フランス決勝:ハミルトン圧勝! ガスリーは1周目の接触でリタイア

2008 年以来、10 年ぶりの開催となったフランス GP。しかし 1991~2008 年はマニクールサーキットで開催されていたので、ここポールリカールでの開催は 1990 年以来なんと 28 年ぶり。最後のウィナーがアラン・プロスト(フェラーリ)なわけで懐かしさしかありません。しかも 1990 年当時とは異なるレイアウトとなり、全く新しいサーキットに来た感覚。

カナダではフェラーリが完勝しましたが、今回はメルセデスが満を持して新型 PU を持ち込み、ハミルトンがまさに「復活」。スタート直後の接触でボッタスとヴェッテルが後退し、ハミルトン的には楽なレースにはなりましたが、それでもメルセデスとフェラーリ/レッドブルとのタイム差を見る限りはヴェッテルが沈んでいなくてもハミルトン完勝のレースだったことでしょう。ハミルトンはほぼずっと後続とのギャップをキープするだけで、あとはボッタスとヴェッテルがどの位置まで戻ってくるか、ライコネンとレッドブルの 2 台がどう競うかのレースだったと言えます。いったんは最後尾まで落ちたヴェッテルが 5 位、ボッタスが 7 位でフィニッシュするあたりが三強とその他で力の差が歴然としている現在の F1 を象徴しています。

個人的に注目していたのはザウバーのルクレール。今季デビューの新人ながらアゼルバイジャンで 6 位、スペインで 10 位と序盤戦から印象的な走りを続けていましたが、今回は初の予選 Q3 進出で 8 番グリッド獲得、決勝でも安定したペースを見せて 10 位フィニッシュ。チームメイトのマーカス・エリクソンを完全に上回る成績を残しており、フェラーリ育成ドライバーとして来季のフェラーリ昇格はほぼ確実、早ければシーズン中の移籍もあるのでは?と言われ始めています。しかしフェラーリの契約が今年で切れるライコネンも今季は悪くなく、ルクレールに刺激されたのか(?)ここフランスでも終盤にリカルドを攻略して 3 位表彰台。チームの格差的にこの二人の直接対決はあり得ませんが、来季のシートを賭けた静かな戦いからしばらく目が離せそうもありません。

前戦カナダで新 PU のパフォーマンスの片鱗を見せ、またレッドブルとの来季契約も決まったことで期待が高まるホンダ。カナダではガスリーの PU にトラブルが発生しましたが、フランスではハートレーの PU に問題が発生してユニット交換、最後尾スタートとなります。パフォーマンスを追求すると信頼性に影響が出るのはレーシングマシンの常ですが、ホンダの新スペック PU はしばらく信頼性の確立に時間を要しそうな気配。
決勝ではガスリーが 14 番手から上位を狙っていきますが、スタート直後にオコンと接触してレース終了。リプレイを見る限りオコンは後方が見えていなかったしガスリーも突っ込みすぎに見えましたが、あまりにももったいない。しかも二人ともホームレースだったわけで、残念としか言いようがありません。
残ったハートレーはタイムを見ていても全くペースが上がらず、二台揃って Q1 落ちだったマクラーレンにさえついていけない始末。タイヤはウルトラソフトを長く履かせすぎだし、セットアップもちゃんと決まっていないように見えましたが、必要なところであまりにもプッシュできなさすぎる...。今回はガスリーの脱落で新 PU のデータ採りを一台でする必要があったという側面もあるのかもしれませんが。

まあ、気を取り直していきましょう。この後はスパ→シルバーストンと続く今季唯一の三連戦。ホンダの新 PU の真価が試される高速サーキットが続きます。信頼性の不安はあるものの、一日も早いダブル入賞の達成に期待しています。

投稿者 B : 22:00 | F1 | Season 2018 | コメント (0) | トラックバック

2018/06/25 (Mon.)

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション コンプリート

先日表エンディングまで辿り着いたオクト・エキスパンションですが、週末を使って完全クリアしました。長女が。
※本エントリーは「オクト・エキスパンション」の一部ネタバレを含みます。

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション

とりあえず、いくつか残っていた地下ステージを二人で分担しながら攻略。後回しにしていただけあって骨のあるステージばかりでしたが、何とかクリアできました。
全ステージクリアすると、深海メトロのある場所から特別な対戦ステージに進むことができるようになります。

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション

そこで現れるのは、通常シナリオのクライマックスにも登場した 3 号。だけど、本物の 3 号ではなく 8 号の「心のなかの 3 号」とのバトルになります。つまり実際の 3 号よりも記憶により美化(強化)されているということ...ということよりも、とにかくこの登場シーンがイカす。

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション

「心のなかの 3 号」とのバトルは五段階に分かれていて、ジェットパック+ロボットボム→バブルランチャー+ロボットボム→ロボットボムピッチャー→マルチミサイル→スーパーチャクチ三連発という流れ。通常ブキのスプラシューターもこちらより射程が長いしシューター装備なのにスライド回避っぽいの使ってくるし、後ろに回り込んでも瞬時に振り向いてくるし、とにかくぶっ壊れ性能。ステージが狭いため逃げ場も少なく、ハードな戦いを強いられます。

ちなみにこのステージはインクの色分けがスプラトゥーン 1 のイメージカラーになっていたり、BGM がシオカラ節だったりして、1 を未プレイな私でもちょっと興奮。

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション

私自身はプレイスキルが低くて第一段階すらまともに倒せませんでしたが、長女が数十回目のチャレンジで見事「心のなかの 3 号」を撃破!最初はあまりにもチート性能すぎてどうすんだこれという感じでしたが、何度も繰り返すことで少しずつパターンが見えてくるものですね。全五段階の中では三段階目のボムピッチャーが最も苦戦しました。

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション

完全クリアの報酬としてアタマ装備「金のつまようじ」をゲット!金色のタコヤキが刺さってる(笑

こんなに難易度の高い報酬にもかかわらず特別な効果があるわけではなく、あくまで「じまんしよう!」という位置づけなのがイイ。

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション

さすがに発売から一年近く経ってスプラトゥーン 2 を続けているプレイヤーは猛者が多いようで、通常のナワバリバトルに出てももう半分くらいはタコ(=オクト・エキスパンションの表エンディングまでは到達している)というのにちょっと驚きますが、つまようじまで装備してる人はまだそんなに多くないかな...。なので、これはちょっと自慢です。自分で獲ったものじゃないけど。

私はスキル的にはもう全然長女に追いつけなくなってるけど、少なくとも表のラストバトルくらいはクリアできるよう、ちょっとウデマエを磨こうと思います...。

スプラトゥーン 2 オクト・エキスパンション (オンラインコード版)

B07B9GWKBN

投稿者 B : 22:08 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

2018/06/24 (Sun.)

夏が来る

夏が来る

[ Sony α7 II | Sony FE 50mm F2.8 Macro ]

まだまだ雨降りの日が続きますが、今日は雨が上がったと思ったらいきなり陽射しが強くなって夏のような一日でした。
朝はかなり強い雨が降っていたので、これは少しやんだら雨絡みの紫陽花でも撮りに行こうか...と思っていたのに、あっという間に乾いてしまって当てが外れてしまいました。

夏が来る

[ Sony α7 II | Sony FE 50mm F2.8 Macro ]

予報によるとこの先一週間は 30℃ を超える日が続くようで。まだ梅雨明けではないようですが、もうほとんど夏。言われてみればあと一週間で 7 月なわけだし、またあのうだるような毎日が始まるのかと思うと、今からうんざりもします。

夏が来る

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

雨上がりの空模様なんかはもう夏そのもの。写真的にはいい雰囲気だけど、人間にとってはしんどい季節です。同じ暑いのでも湿気さえなければなあ。

夏が来る

[ Sony α7 II | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

そろそろ日々の疲れも蓄積してきて、まとまった休みが欲しい今日この頃。でも夏休みはまだ先なので、もうしばらくがんばりますか。

投稿者 B : 23:00 | Photograph | Sony FE 50/F2.8 Macro | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7 II | コメント (0) | トラックバック

2018/06/23 (Sat.)

千葉県千葉市の特製ニンニクスープと生鮭のバター焼き

「これはお出かけよそ行きのおいしさだ。忘れた頃に食べたくなる、永遠のごちそうだ」

西登戸

ゴールデンウィークに成田に来て以来、なぜか仕事・プライベート・聖地巡礼でしょっちゅう千葉方面に来ています。そんな中、今回は『孤独のグルメ Season7』第 11 話の聖地巡礼のため、千葉県千葉市西登戸へとやって来ました。
千葉って幕張より奥に行く機会が滅多になくて、西登戸も当然初めて。神奈川寄りの東京都民としては最初「にしのぼりと」と読んでしまったくらい縁がありませんでした。千葉駅からたった二駅でこのローカル感。でも、のんびりしてていいじゃないか。

味のレストラン えびすや

えびすや

西登戸駅から海側に徒歩数分、この辺りだけ昭和がまだ生き残っているかのような飲食店が数軒並んでいる一角にあるのが「えびすや」。この店名で思い出すのは原作ステーキ回で使われたお店の仮名ですが、無関係な同名の店舗がドラマに登場するのも何かの縁かもしれません。

それにしても、何とも味のある店構え。こういう洋食屋、久しぶり。
なにより「味のレストラン」ってサブタイトルが懐かしいじゃないか。

えびすや

いいなぁ、古き良きレストランの景色。

今回は放送前の巡礼だったわけですが、お客さんは家族連れから老夫婦、近くの会社の OL(死語だけど実際にそんな感じ)の集団まで、多彩な顔ぶれ。昔から地元の人々に愛されている洋食屋さんであることがよく分かります。

えびすや

メニューはこんな感じだけど...あくまでランチ向け。
「サーモングリルセット」は例の生鮭のバター焼きに該当するのか、それともちょっと違うのか判らない。それにカニピラフも食べたい。ダメモトで夜メニューも頼めるか訊いてみたところ、快く応じてくださいました。

えびすや

こちらが夜メニュー。
おおお、この独特の手書き文字。年季が入ってるなあ~。

えびすや

お目当ての魚料理。生鮭のバター焼きが本命だけど、洋風よせ鍋とかグラタンもうまそうだなあ。それに海老フライにカキフライ、タルタリストとしてはここも気になる。心を決めてきたつもりだけど、迷わせにくる品揃え。

惑わされるな、胃袋の声を聴け。
う~ん、身悶えするほど悩ましい。

えびすや

注文してほどなく運ばれてきた特製ニンニクスープ。

お~、食欲をそそるこの香り。
疲れた身体にはもってこいだ。

ニンニク効きまくり。メチャウマ。
ニンニクを前面に押し出したスープなんて初めて飲んだけど、これはいい。「特製」の冠に恥じぬ一品。

えびすや

卵を溶くとこんな感じ。ニンニクのパンチが卵黄でまろやかになって、これまたうまい。
卵も入って最強の滋養強壮スープだ。元気がモリモリ湧いてくる。

それにしてもゴローちゃん、ここにさらにガーリックトーストを足すとは恐れ入りました。
このスープの味にガーリックトースト、あれは確実にうまいに違いない。次回行ったら絶対やろう。

えびすや

ニンニクスープを飲んでいたら、「こちらサービスになります」と運ばれてきたのがこのサラダ。
え、こんな立派なサラダいただいちゃっていいんですか?ランチタイムに単価の高いディナーメニューを頼んだからだろうか。

シンプルなグリーンサラダに見えつつも、薄くスライスしたキュウリとか、ちょっと手がかかっているのが嬉しい。
そしてこのドレッシング...ニンニクの風味が効いててうまい!やっぱりこの店はニンニクが決め手なんだろうか。濃いめの味付けで、食べ応えあるサラダ。

えびすや

メインディッシュは生鮭のバター焼き。
出てきた瞬間、テーブルが華やかになったぞ。

何気ないようでいて、盛り付けが美しい。
気取らないけどちょっとよそ行き、さすが、味のレストラン。

えびすや

おお、タルタルソースつきときたもんだ。しかもたっぷり。
タルタリストにはサプライズプレゼント。

えびすや

脂の乗ったホクホクの鮭。これだけ大ぶりな鮭をいただくのも、そうとう久しぶり。
皮がちょっとカリッと焼かれてるのがまたいい。

えびすや

うん、うまい鮭だ。しかもバターにタルタル。肉厚な鮭が自身のうまみに加えてバターとタルタルをしっかり受け止めている。

非の打ちどころのない洋食の喜び。
幸せで自然と顔がほころんできたぞ。

えびすや

付け合わせの人参とインゲンのソテー、それにスパゲティ。
これも隠れた大好物。子どもの頃から、レストランで人参のソテーがついてきたら嬉しかったもんなあ。

懐かしくて涙が出てきそうになる甘味。
昔両親に連れて行ってもらったデパートのレストランを思い出させてくれる。

えびすや

お、カニピラフ登場。
素朴なピラフに見えつつも、しっかりカニの身が入ってる実は豪華なピラフ。

こういういかにも街の洋食屋さんのピラフって久しぶりで、見ただけでちょっと嬉しくなってくる。
香りも良くて、ここが稲毛の海のすぐ近くだということを思い出す。別に鮭もカニもここで獲れたわけじゃないだろうけど。

えびすや

あ~、うまいな。これは大好きな味です。
この色、しっかりした味付け、ちょい焼き飯寄りのピラフ。

気取ってない、でも丁寧さが伝わってくる素朴に品の良いおいしさ。本当にいい。
食べるほどに幸せな気持ちが胸いっぱいに広がる、そんなピラフだ。

えびすや

ふう、お腹いっぱい。
食後はアイスコーヒーだけにしたけど、やっぱりあの自家製プリンも頼んでおくべきだったか...。

それにしても幸せなひとときだった。全部おいしかった。
長い時間がゆっくり磨き上げた、居心地の優しい店だったなあ。

ここはちょっと遠いけど、ぜひまた来たい。
ハンバーグとかステーキ、カツレツ、スペイン風おじやなんかもうまそうなんだよなあ。
近くで働いている某氏とか、千葉方面の仲間を誘って来てみるか。放送後はしばらく混んでるだろうし、千葉駅のほうにも支店があるらしいから、そっちでも良いかも。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:洋食 | 西登戸駅新千葉駅千葉みなと駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/06/22 (Fri.)

カメラバッグパッド エアーセル(二本目)

なんだかんだ言って休日の稼動率が高いひらく PC バッグ mini および nano ですが、負担緩和用に追加したエアーセルパッドを毎度使い回すのも面倒になってきたので、追加購入しました。

ジャパンホビーツール / カメラバッグパッド エアーセル ファブリック/ブラック

カメラバッグパッド エアーセル

前回はコットンカーキを買ったので、今回は違うのも試してみようかとファブリック/ブラックを選択しました。コットンブラウンはちょっとひら P の色味に合わないので、むしろバッグ本体ではなくストラップの黒色に合わせてしまった方が違和感が出ないはず、という狙いです。本当はコットンブラックとかがあれば良かったのですが、ないのでファブリック。

カメラバッグパッド エアーセル

その名の通り、空気が閉じ込められたセルのおかげで肩への当たりがマイルドになります。物理的に軽くなるわけではないけど、重量が適度に分散されてラク。

カメラバッグパッド エアーセル

ストラップと同色にしたことで、カーキよりも一体感が高まりました。赤いタグがついていなければ、最初からストラップについていたパッドと言われても信じてしまいそうな一体感。

個人的には、ひらく PC バッグシリーズユーザーのマストアイテムと言って良いくらいのオススメ品です。

ジャパンホビーツール / カメラバッグパッド エアーセル ファブリック/ブラック

B007HW5EXW

投稿者 B : 23:00 | MONO | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« May 2018 | メイン | July 2018 »