b's mono-log

« α7 III が来た | メイン | ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー [IMAX3D] @T・ジョイ PRINCE 品川 »

2018/06/30 (Sat.)

東京都中央区八丁堀のニラ玉ライス

「さて、何を食う?このへんで働いている人たちが行く食堂はどのへんなんだろう」

中華シブヤ

昨夜の第 12 話の放送をもって『孤独のグルメ Season7』もついに完結。松重さん、久住さん、スタッフの皆さん今期もお疲れさまでした。
しかしこちらはまだまだ聖地巡礼が残っているため、ペースを緩めずに残りの店も攻めていきます。今回はその最終飯の聖地、八丁堀にやってきました。まあ八丁堀というか、都営浅草線の宝町駅が最寄り駅。京橋やなんなら銀座方面からも歩いて来れる立地です。オフィス街と下町っぽさが混在する独特の街並みの中に、昭和がまだ息をしているようなその店がありました。

中華シブヤ

中華シブヤ

ここだ、中華シブヤ。タイトルからしていい。こういう店だよ俺が求めていたのは。
八丁堀なのにシブヤ、というのは単純に店主の苗字が「渋谷」さんだから、ということらしい。

それにしてもお昼時、店の外にまで行列ができているじゃないか。
放送前どころか予告編すら出る前に巡礼しているにも関わらずこの人気。テレビ関係なく、地元に根付いた名店ということなのだろう。まるで八丁堀サラリーマンの社員食堂だな。

中華シブヤ

店内、かなり狭め。そして相席上等に詰め込まれる感覚がまさに食堂。
この赤地に白のオーソドックスなメニュー、これは信頼できそうだ。

いつも黒いポロシャツを着ている店主、劇中では角野卓造さんが演じていましたが、このドラマにしては珍しくご本人とそんなに似てるわけでもなし。
やっぱり日本の中華屋のオヤジといえば角野卓造、そのイメージでの配役なんだろうか(笑。

その店主はランチタイムはあまりホール側には出てこないようで、注文取りと配膳は主にチャキチャキした雰囲気のパートっぽいおばちゃん。
あまりの忙しさに注文が漏れたり代金の計算間違いは日常茶飯事のようで、店内はさながら戦場です。

中華シブヤ

出てきましたよ、ニラ玉&ライス。
そして料理を頼むとサービスで中華スープがが付くもよう。

注文してから待っている間にも、他のお客さんの半分近くがニラ玉を頼んでいて、さながらニラ玉専門店のようだ。
しかも常連っぽいお客さんが頼むのは「ニラ玉」だったり「ニラ玉」だったり、メニューに載ってない。
裏メニューが定番化するあたり、さすが町中華。

中華シブヤ

なんだなんだこのニラ玉。シンプルな豚肉ニラ炒めの上に、トロトロ玉子焼きがでーんと載っかっている。
こんなの見たことない。

ようし、まずはこいつと一対一のぶつかり稽古だ。

中華シブヤ

どれどれ...おお、このニラの量!
そこに油多め、味濃いめのガツンとくるタレ。とにかくこのシャキシャキしたニラの食感とパンチのある味付けが強い。
豚肉もここではニラのサポートに徹している感じだ。

これはニラ玉の余韻だけで飯がグイグイ進む。注文が殺到するわけだ。
普段中華屋に行ってもニラ玉を頼むことなんて滅多にないけど、この味...この店は本当にニラ玉が目玉なんだな。

中華シブヤ

せっかくだから他のものも試してみよう。

まずはチャーハン。錦糸卵の載った、それ以外は超オーソドックスなチャーハン。
ニラ玉のインパクトの前には普通のチャーハンだけど、日常の昼メシとして飽きずに食べられそうな居心地の良さがある。

中華シブヤ

チンジャオロース。ニラ玉のニラにも負けぬこのピーマン!
豚肉と竹の子はあくまでアクセントという感じで、とにかくピーマンを食べ続けている感覚。でもこれも濃いタレでご飯が進む。

一度でこんなに大量のピーマンを摂取したの、生まれて初めてかも。

中華シブヤ

ヤキソバ。ここまでの料理の中で、最も具の種類が多いのはこのヤキソバかも(笑。
これまた油多めで味濃いめ。注文してからけっこうすぐに出てくるのは、大量の油と火でジャジャッと仕上げてくるからなんだろうけど、あまりベトベトした感じがないのはその油と火の使い方が巧みなんだろうな。

このヤキソバ、ニラ玉に負けず劣らず気に入った。

中華シブヤ

そしてラーメン。ゴローちゃんが食べてたのはチャーシューメンでした。惜しい!
いかにも中華料理屋らしいラーメンどんぶりに入った、「中華そば」と呼ぶべきラーメン。そうそう、最近の俺が食べたいのはこういうシンプルなラーメンなんですよ。

まずはスープから...おお、シンプルながら染みわたる味。これこれ、庶民中華のラーメンだ。これはいい。
さらにはメンマもチャーシューも、しっかり味が染みてる。

中華シブヤ

スープ、メンマ、チャーシューの三位一体のうまさに比べると、麺はちょっと緩いような気もするけど、よくある有名店のように押しつけがましくなく、毎日食べられそうな気取らなさがいい。こういう普通のラーメンがいいんだよ。
ああ、この味。このおいしさの故郷は俺の中にあるような気さえする。

いい昼飯だった。今日この店にして、大正解。
ごちそうさまでした。

なお、劇中ではランチタイムにエビチリを食べていましたが、原則エビチリは夜の部メニューとのことでお昼には注文できません。
というわけで実はもう一度巡礼してきているので、次回・夜の部エビチリ編に続きます。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:中華料理 | 宝町駅京橋駅八丁堀駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« α7 III が来た | メイン | ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー [IMAX3D] @T・ジョイ PRINCE 品川 »