b's mono-log

« 小説『READY PLAYER ONE』 | メイン | figma 井之頭五郎 松重豊 ver. »

2018/06/27 (Wed.)

五反田 レストラン スワチカ(再)

以前一度紹介した店ではありますが、先日私の職場が引っ越してあまり通えなくなってしまったので、想いを込めて再び紹介します。

スワチカ

スワチカ

五反田→大崎広小路方面の飲食店が乱立するエリアにひっそりとある、昔ながらのレストランです。レストランと言いつつ完全にカウンターのみで、お昼時はサラリーマンの聖地と化しています。
私は初めて行ってから二年近く、たぶん月に 3~4 回は通ったかな?五反田でお昼時に最も行った店。完全に顔を覚えられてしまい、入店するや着席する前におかみさんに「今日は、メンチ?」と訊かれるレベルになってしまいました(笑。

スワチカ

メンチかつ定食。たくさんあるメニューの中でも、個人的にはこれがベスト。たぶん 3 回に 2 回は食べてると思います。

平皿に大ぶりの丸いメンチかつが一個、というシンプルさ。付け合わせはキャベツの千切りとポテサラ、あとお新香と味噌汁(豚汁)がついています。

スワチカ

メンチはシンプルにソースで。みちっと詰まった挽肉から溢れる肉汁のうまみ。私史上最高のメンチかつ。これを気取らずに、しかも日常として食べられる喜び。

スワチカ

こちらはメンチの次によく食べたアジフライ。ふっくらと揚がった大きめのアジが嬉しい、プレミアムアジフライです。これも、私が今までに食べたアジフライの中で三傑に入るうまさ。

スワチカ

サケフライ。こういう定食屋だと普通は焼き鮭が出てくるものですが、ここはこんなものまでフライにしてしまいます。焼いて食べても十分うまいであろう大ぶりの鮭を、この店の絶妙な加減で揚げてあって、これもうまい。

私の経験上、本当にうまい店の揚げ物って、食べてもほとんどもたれないんですよね。ここのも間違いなくその部類。マスターのウデの差ですかね。

スワチカ

揚げ物以外もおいしい。これはしょうが焼ですが、こういう店でしょうが焼と言えば一般的には豚バラを使うところ、ここのはとんかつやポークソテーと同じロースを使っていて、かなりボリューム感あり。生姜風味のポークステーキという感覚で、しっかりお腹を満たしてくれます。

スワチカ

最も予想を超える形で出てくるのがハンバーグ。卵焼きに半分埋もれたハンバーグに、赤いケチャップが鮮烈です。メンチかつのタネを揚げずに焼いたらハンバーグになるんでしょうが、ほんのり甘い卵焼きが絡むことで全く違う味わいになります。古き良き食堂的な味がなんだかホッとします。

スワチカ

この店においてメンチかつと双璧をなすカレー。カレーライス、かつカレー、メンチカレーの三種類がありますが、個人的にはメンチカレー推し。定食よりも一回り小さいメンチかつが載りつつ、本来はカレー屋として開店したらしいこの店の本格的なカレーが味わえる一挙両得感。
カレーは酸味の中に深いコクを感じる、私が大好きな方向性の味。最近はあまり見かけなくなった、昔ながらの洋食屋さんの、しかもちゃんと手がかかっているカレーという味です。毎日食べても飽きないし、時折思い出したように猛烈に食べたくなるカレー。

スワチカ

実は今年のゴールデンウィーク頃からいつものおかみさん(兄妹でやっているお店で、マスターの妹さんとのこと)を見かけなくなり、何かの病気か年齢的なもので引退されたのか...と心配していました。が、たまたま店内に他のお客さんがいなくなったときに尋ねてみたら(ランチタイムはいつも混んでいるので話しかけづらい)怪我をしてしばらく休んでいるとのこと。お怪我というのは心配だし早く良くなってほしいですが、あの「お冷や、ありますよ?」の声が聞けないのは寂しいと思っていたので、単なるお休みということで少し安心しました。

仕事で辛いことや落ち込むことがあっても、お昼にここでごはんを食べている間だけはホッとすることができる。私にとってこの店は、まるで自分の家のような癒やしの空間でした。マスターにあまり来られなくなってしまうことを伝えると、「寂しくなるね」と言ってもらえたのが嬉しかった。
今度の職場付近はチェーン系のお店ばかりで、地域に根付いた個店がほとんどないのが寂しい。

お二人には身体に気をつけて、できるだけ長くお店を続けてほしいと願っています。今までほどには通えなくなってしまったけど、近くに用事ができたときには、また寄らせてもらいます。そのときには、おかみさんの元気な顔がまた見られるといいな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:定食・食堂 | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

投稿者 B : 22:41 | Gourmet | Lunch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 小説『READY PLAYER ONE』 | メイン | figma 井之頭五郎 松重豊 ver. »