b's mono-log

« June 2018 | メイン | August 2018 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2018/07/31 (Tue.)

韓国ソウル特別市 屋台のトッポギ

「屋台...何屋さんだろう?よし、ちょっと偵察してこよう」

トッポッキ トゥレク

ソウルには焼肉ともうひとつ、ゴローちゃんが間食パートで立ち寄った聖地があります。それが、世界遺産でもある宣陵(ソンルン;李氏朝鮮時代のいわゆる古墳)のすぐ脇にあるこちらの屋台。

事前に調べたところでは、14 時に開店するということで少し前から待ち構えていたんですが、トラックはあるけど時間になっても全く営業開始する気配どころか、誰もいない(;´Д`)ヾ。まあこのクソ暑い中で昼間からトッポギやオデンを食べようという人もいないだろうし...というわけで、いったん撤収。でもトラックがあるということは営業するつもりはあるに違いないと思い、漢南で焼肉を食べた後に再度戻ってきたところ、開いていました。

本当は韓国に着いたらまずここで昼食代わりに食べようと思っていたら当てが外れてしまって、タイミング的に食いっぱぐれてしまいかなりの飢餓状態で焼肉屋に向かうことになったという(;´Д`)ヾ。日本語の情報が少ない聖地の難しいところです。

떡볶이트럭 (トッポッキ トゥレク)

トッポッキ トゥレク

トッポッキ トゥレク、その見た目のとおり「トッポギ・トラック」を意味する店名。この独特な雰囲気、Season6 に登場した大阪の串かつ屋台を思い出すな~。

女将さんは英語も日本語もダメなようでしたが、たまたま居合わせたお客さんに訊ねてみてもらったところ、実際には 15 時から営業しているとのこと。年中その時間なのか、夏場だけ暑い時間帯を外しているのかは分かりませんが、少なくとも劇中のように朝食代わりにできるということはないので、巡礼しようと思っている方はご注意を。
ちなみにここに限らずソウルでは、サラリーマン風の人に話しかけると英語が通じる率が高くて、けっこう助けられました。

トッポッキ トゥレク

あ~、トッポギか。日本の立ち食い蕎麦みたいな感覚かな。

そういえばトッポギって韓国料理屋で頼んだ料理の中に入ってた記憶はあるけど、単品で注文したことってないかも。

トッポッキ トゥレク

そしてティギム(天ぷら)。あらかじめ揚げてはあるけど、注文すると揚げ直した上でハサミで切って提供してもらえます。

ちなみにこの日たまたまなのか夏場はやってないのか分かりませんが、オデンは提供していないとのこと。
オデンって韓国でも「オデン」なのね。日本から伝わって定着したってところだろうか。

トッポッキ トゥレク

まずは天ぷらからいただきます。

おっとアツアツ、この暑い中で食べるアツアツ天ぷらも悪くない。
イカやサツマイモ、かき揚げっぽいのまであって日本の天ぷらによく似てるけど、この独特のタレを塗って食べるだけで一気に韓国風。

トッポッキ トゥレク

トッポギは...うわ、真っ赤。

いかにも辛そうで、見てるだけで汗が止まらない。
でも、だからこそ、うまそうだ。

トッポッキ トゥレク

本場のトッポギ...おっ、辛い!かなり辛いぞこれ。
想像以上の辛さで、口が火を噴きそうだ。

このガレット的なやつは...これは魚のすり身か、うん、さつま揚げだ。あっ、これも辛!

ちょっとこれ、明らかに 30℃ を超える気温の中で激辛トッポギとアツアツ天ぷら、何かの修行かと思うくらいハード。
でも...うまい。ちょっとクセになりそうな辛さだ。

トッポッキ トゥレク

で、女将さんがおもむろに取り出してきたこれは何!?
一瞬ウナギに見えたけど、よく見るとウナギじゃない。ソーセージ...的な何か?

ちょっと、こっちもいっとくか。

トッポッキ トゥレク

おおお...これはかなりインパクトのある見た目。
食べてみると、これまたパンチのある味と香り。これは独特だなあ...。

後で調べてみたところ、「スンデ」という韓国流のソーセージ的なものらしい。
豚の腸に、豚の血・餅米・唐麺などを詰めて蒸したものということで、確かに韓国流ソーセージ。

単品だとクセが強くてちょっとキツいけど、添えてあるスパイスをつけて食べると良い具合に緩和されて、けっこうイケル。
添えてあるチャーシューもいい箸休めだ。でも、ちょっとスゴイものを食べちゃった感ある。

トッポッキ トゥレク

暑くて辛くて熱くてヒーヒー言いながら食べてたら、マスターが気を利かせてお冷やを出してくれました。
なんだ、ドラマでは水代わりにオデン汁を飲んでたのに、ちゃんと水あるんじゃん(笑

ちなみに食べ始める前にマスターが大きめのカップに氷水を入れていたから出してくれるのかと思ったら、暑いトラックの中で料理し続けている女将さんのために用意したものでした(笑)。こっちにも氷水プリーズ!と言いたくなる暑さだったけど、確かにこの暑い中で熱いものを調理し続けている女将さん、ご苦労様です。

トッポッキ トゥレク

いや~、おいしかったけどとにかく暑かった。これは昼間の炎天下で待ってなくて正解だった。
一つ後悔するとすれば、ここに来る前にコンビニで冷え冷えのミネラルウォーターでも買ってくるべきだった、というところか。

我々が食べている間、他のお客さんは食べていくよりも持ち帰りのほうが圧倒的に多かったという。持ち帰り、そういうのもあるのか!
まあこの暑い中で立って食べるよりは、涼しい自宅に帰ってビールやマッコリのつまみにするのが正しい使い方なんでしょう。

とにかく暑かったけど、楽しかった。聖地巡礼の中でも屋台回ってなんか、独特の楽しさがある。
女将さん、カムサハムニダ。ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

떡볶이트럭 (トッポッキ トゥレク)

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | Junk Food | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

F1 ハンガリー GP 2018

ハンガリー決勝:ハミルトンが圧巻の今季5勝目。ガスリー6位入賞

2018 年シーズンも後半戦に入り、夏休み前最後のレースとなったハンガリー。予選は Q1 から雨絡みとなり、波乱のグランプリとなりました。

例年路面温度が高く、タイヤへの負担が厳しくなりがちなハンガリーでは、タイヤに優しく低速サーキットとの相性が良いフェラーリ有利が予想されましたが、蓋を開けてみれば雨を味方につけたメルセデスが予選を席巻し、フロントロウ独占で決勝に臨みます。レースでもハミルトンが後続を寄せ付けず、最後までペースコントロールして完勝。メルセデスはボッタスが序盤 2 位をキープし、フェラーリに対する壁となったことでハミルトンの勝利に大きく貢献しました。そのボッタスはタイヤがタレてきた終盤にヴェッテルにオーバーテイクを許し、さらにその際の接触で追ったダメージが元でライコネンとリカルドにも抜かれて 5 位まで下がってしまいましたが、それでもチームとしては「よくやった」と言いたくなるアシストぶりだったと言えます。個人的には、ボッタスにはもうちょっと「自分のレース」をして早く今季一勝目を挙げてほしいところではありますが。

フェラーリは 2-3 フィニッシュでチャンピオンシップにおけるダメージを最小限に抑えはしましたが、結局ハミルトンの影さえ踏めない完敗。途中ヴェッテルのピットストップに余計な時間がかかってしまった等の微妙なミスはあったとはいえ、結局はスターティンググリッドが大きく物を言うのがハンガロリンク。予選が終わった時点でほぼこの結果は見えていたと言って良いでしょう。オーストリア~イギリスとハミルトンには不本意なレースが続きましたが、ドイツ~ハンガリーの二連勝はさすがディフェンディングチャンピオンだし、フェラーリはやっぱりちょっとしたところでのミスが今年も響いてきますね。
それでも現時点でマシン性能が拮抗しているのが昨年との違いでしょうか。昨年は夏休み明けからのフェラーリの失速がすごかったですが、今季はこの接戦状態を保つことができれば、最終戦まで面白いレースが見られそうです。

F1ハンガリーGP決勝|トロロッソ・ホンダのガスリーは6位!「前半最後の1戦としては、素晴らしい結果になった」|motorsport.com日本版

でもってトロロッソ・ホンダ、よくやった!!!

予選は Q1 から Q3 にかけてアタックしたタイミングが良く、またドライバー二人のがんばりもあって今季初となる二台揃っての Q3 進出。しかも 6・8 番手スタートというのも今季最高。抜きにくいハンガロリンクならばうまくすればそのままダブル入賞も夢ではない状態でした。
決勝ではとにかくガスリーの走りが素晴らしく、三強には全く敵わないもののハースやルノーを全く寄せ付けないレースで堂々の 6 位入賞。4 位に入ったバーレーンよりも安心して見ていられるレースだったように思います。ハートレーはスタート直後のポジション取りに失敗し、ルノーに抑え込まれる形になってしまい我慢のレース。結局ポイント圏には惜しくも届かず 11 位でしたが、ピット戦略以外にミスもトラブルもなかったことは決して悪くない。ハンガロリンクは PU の性能差が出にくいサーキットとはいえ、二台ともウェットでもドライでも悪くないペースで走りきって夏休みに突入できるのは良い形だと言えるでしょう。後半戦はスパ~モンツァと高速サーキットが続きますが、このままの流れで行ってほしい。

ちなみにこのハンガリーではフェラーリのマルキオンネ CEO が急逝、フォースインディアが破産申請、さらにはトロロッソの TD ジェームズ・キーのマクラーレンへの移籍騒動などチーム体制に関わるニュースが立て続けに飛びこんできました。いずれも来季に向けたストーブリーグに影響のある話ばかりで、今までの噂もいくつかは白紙に戻りそうな気配があります。そのへんの動きは夏休み中にもありそうなので、しばらく F1 関連のニュースには注目していきたいと思います。

投稿者 B : 22:30 | F1 | Season 2018 | コメント (0) | トラックバック

2018/07/30 (Mon.)

韓国ソウル特別市の骨付き豚カルビとおかずの群れ

「来ちゃいました、初韓国」

終点炭火カルビ

『孤独のグルメ Season7』聖地巡礼は今回ついに韓国へとやって来てしまいました。昨年春の台湾巡礼編以来、一年と三ヶ月ぶりの海外。私にとっても今回が初韓国ということで少し緊張しましたが、思い切って飛んできました。羽田からほんの二時間ちょっとのフライト、感覚的には博多旭川とそう変わらずに来れてしまうものですね。

聖地巡礼はいきなり本命と言えるソウルの焼肉店から攻めていきます。お店は電車の漢南(ハンナム)駅から徒歩 10 分あまり、ソウル中心部とはちょっと違う下町感溢れる通りにありました。

종점숯불갈비 (チョンチョムスップルカルビ)

終点炭火カルビ

実はちょっとした手違いがあって(別途書きます)、ソウルに降り立ってから 7 時間ほど何も食べていない。おまけに日本とそう変わらないムシムシした猛暑の中を歩き回って、腹は減りすぎているんだ。とにかく腹に入れたくて仕方ない。ガッツリ系、ガツンと響くソウル飯。

終点炭火カルビ

店先にはドラマののぼりが掲げられていました。韓国でも日本番組チャンネルで放送されていたようで、その関係ですかね。コカコーラの商品写真がガッツリ入っているので、もしかしたら番組の現地スポンサーの関係があるのかもしれません。

ともかく、たのもー。

終点炭火カルビ

まあ、メニューを見ても読めないわけです。さらに店員さんは日本語はおろか英語も通じるか微妙。でも「テジカルビ」「チャドルバギ」「サムギョプサル」「ビア」「マッコリ」これだけ韓国語が言えれば十分でしょう(ぉ

ちなみに日本円の感覚で料金表を見るとびっくりするような値段ですが、1 円≒10 ウォンくらいのレートで換算すれば良い計算。だから脳内で桁一つ落として読めば全然高くない。どれが何か分からないことを除けば(笑

終点炭火カルビ

どの程度混むか分からなかったし、かといって韓国語で電話予約するスキルもなかったので、夕食としてはかなり早い時間に入店したところ、夜のお客としては第一号になりました。
そして通されたのはゴロー席。偶然なのか、日本人と判ってあえて案内してくれたのか分からないけど、これは嬉しい。

まずは韓国ビールでここまでに発汗した水分を補います。乾いた砂漠に水滴を落としたかの如く、しみわたる悦び。

終点炭火カルビ

来た来た。怒濤の小皿ラッシュ。
ビールを飲み始めた途端に次々とおかずたちが並べられていく。

なんだかすごいことになっちゃってるが...。
ドラマで見て知ってはいても、実際にこれがどんどん出てくる様子を見ると、なんだか笑えてくる。

終点炭火カルビ

おかずの種類は日によって変わるようで、例えばゴローちゃんはケジャン(カニキムチ)を食べていたけど、この日出てきたのはエビキムチでした。
他にも、もうとにかくいろんなキムチやナムルのオンパレード。でも本場でキムチを食べるのは初めてだから、辛い物好きとしては大歓迎。

食べてみると、こっちのキムチは辛いだけじゃなくちょっと酸味があって、日本で食べるものに比べて複雑な味。キムチって本来こういう味だったのか。
これはおいしい。さすが本場、キムチのレベルが高い。

終点炭火カルビ

ニラキムチとネギキムチもいい。
日本の焼肉店や韓国料理店で食べられるキムチってせいぜい白菜キムチとオイキムチ(キュウリ)、カクテキ(大根)くらいなものだけど、韓国では本当に様々な種類のキムチがあるんだなあ。そしてどれもちゃんとキムチでありながら、それぞれの素材の味がちゃんと活きている。キムチにこんな世界が広がっていたとは。

キムチって、漬物ではなく一つの道、教えのような気がする。

終点炭火カルビ

そうこうしているうちにテーブルに炭火と鉄板がセットされ始めました。

さあ、いよいよ本命の登場だ。

終点炭火カルビ

来た~、肉!待ってました。

ゴローちゃんはいきなりテジカルビから行ってたけど、ここはあえてのチャドルバギとサムギョプサル。
テジカルビは焼けるまで待たされるから、これだけ腹が減ってるからにはサッと焼いて食べられる肉から始めるべきだと思ったのと、味的にもタレつき肉よりプレーン肉からいっとくべきでしょう、と。

終点炭火カルビ

牛バラ肉「チャドルバギ」のお出ましだ。

薄切り肉だけあって軽く火を通しただけでうまそうに仕上がっていく。逆にちょっと気を抜くと焦がしてしまいそうだ。
ここはまさに、お湯を使わないしゃぶしゃぶという感覚で、ササッと火を通してどんどんいこう。

終点炭火カルビ

お~、これはいい。バラ肉の肉々しさに、表面から漲る脂のうまみ。

コイツを頼んで大正解だ。うまい。
この肉いい。スイスイ入る。

終点炭火カルビ

さらにサムギョプサル。久住さんが食べていて、チャドルバギに負けず劣らずうまそうだったので、これも外せない。
チャドルバギとはまた違った厚切り肉が目の前で焼けていく様子もまた食欲をそそるじゃないか。

終点炭火カルビ

焼けたら今度はキムチやニンニクと一緒にサンチュに巻いていってみよう。
お~、これもいい。そうそう、俺は韓国に来てこういう焼肉が食べたかったんだよ。

終点炭火カルビ

こんな肉を出されたら、瓶ビールなんかじゃとても追っつかんぞ。
ここはコリアンミルクマッコリで迎え撃とう。

日本で飲むマッコリは器に柄杓みたいなので掬う、ちょっともったいぶった感じで出てくることが多いけど、このペットボトルに無造作に出てくる感じが却って本場らしくていい(笑。

終点炭火カルビ

マッコリも来たことだし、どんどん焼いていこう。
青唐辛子とかキムチもハサミでジョキジョキ切って、とにかくいろんな組み合わせで一緒に食べたり、巻いて食べたり、つけて食べたり。

終点炭火カルビ

エゴマの葉で巻いて食べる、ってのも日本だとあまりないような。
一種類の肉でもとにかくいろんな味で楽しめる。今まで味わったことのない、肉の引き出しが次々と開かれていくようだ。

ああ、うまい。やっぱり焼肉は楽しいなあ。

終点炭火カルビ

そしてここでテジカルビ投入。

うわっ、でか!この一枚肉の大迫力。
まるでここまで食べてきた肉が前座だったかのような存在感。食べなくてもうまいだろうことが分かるタレの感じ。出てきた瞬間から、焼き上がるのが待ちきれない。

終点炭火カルビ

チャドルバギとサムギョプサルはセルフだったけど、テジカルビは焼いて切ってまで店員さんがやってくれます。
セルフじゃないからこそ、確かにお預け感はちょっとある。完全空腹状態じゃないはずなのに、早く食べたい。火が通るにつれてタレの香りが立ってくるのがたまんないんだよなあ。

終点炭火カルビ

うんまいなー!つけダレの味がしっかりでうまい。

力強い肉だ。うん、待ちに待った俺をどーんと受け止める、ガッツリ系の最高峰だ。
さっきまでの肉とはまた趣が変わって、新たに食べていける。いくらでも食べられそうな気さえする。

終点炭火カルビ

そして最後に残ったこの骨つき肉。
食べにくいけど、骨の周りの肉がいちばんうまいんだよなあ。

もう体裁なんか気にせず、手づかみでかぶりついていく。こうやって野性的に食べるからなおうまい。
俺は今、ソウルの黒豹だ。ガルルルル。

終点炭火カルビ

ああ...うまかった。
幸せだ、幸せ者とはまさに今の俺のことなんだろう。

店内を見回すと、松重さんと久住さんの記念写真が。でもそれ以上に韓国語のサインがたくさん貼ってあって、もともと有名店だったことがうかがえます。

終点炭火カルビ

久住さんのサインに松重さんの写真が貼られていたり、松重さんのサインは飾られていなかったり。もしかして区別ついてないのか(笑。

それにしてもおいしかった。本場の焼肉、一度食べてみたいと思ってたんだよなあ。
ソウル焼肉、思いっきり堪能。大満足。お腹を空かせてきた甲斐がありました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

종점숯불갈비 (チョンチョムスップルカルビ)

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/07/29 (Sun.)

ファイナルファンタジー風ドラクエ「DQ2-FF」

やばいものを見つけてしまいました。

DQ2-FF

DQ2-FF

「ファイナルファンタジー III のグラフィックでドラゴンクエスト II を再現した」という同人ゲームです。今でこそスクウェア・エニックスという一つの企業が持つ IP になりましたが、ドラクエと FF はかつて長年のライバル関係にあった RPG の二大シリーズ。それがこういう形で融合するとは、ど真ん中世代としては胸が熱くなります。

スクウェア・エニックスとは全く無関係に Windows 版の同人ゲームとして開発されたタイトルのため、Windows PC にダウンロードしてプレイできます。シナリオは DQ2 そのままなのがグレーですが、そこは無料の同人ゲームだからお目こぼしを、というところでしょうか。

DQ2-FF

ニューゲーム開始時にはゲームモードを選択することができます。オリジナルのファミコン版はゲームバランスがかなりシビアなので、お手軽に遊びたければ「ARRANGE」(獲得経験値のみ FC 版の 2 倍)がいいんですかね。それ以外はいじるとヌルくなりすぎそうなのでこれで始めてみます。

DQ2-FF

ゲームを始めると完全に FF3 のグラフィックなのに中身は DQ2、という何とも言えない世界が広がっています。
BGM も音色は FF なのに楽曲は DQ2。何この世界。

DQ2-FF

ワールドマップも言わずもがな。風のマントで双子の塔からジャンプしたりロンダルキアの洞窟を進んだりしなくても飛空挺で一気にハーゴン城まで行けそうな気がしてきてしまいます(ぉ

DQ2-FF

それにしてもスライム、お前違うキャラだろ(;´Д`)ヾ。モンスターは基本的に FF3 の類似キャラのグラフィックから引用されるようで、鳥山明の世界観は全くありません(笑

いやー、これはなかなかすごいゲームだ。グラフィックが別ゲーのものに置き換わるだけで、今まで何度となくプレイしてきたゲームがこれほど新鮮に感じられるとは。

DQ2 は去年 3DS 版をクリアしたところですが、これは改めてプレイしようと思います。

投稿者 B : 22:33 | Game | コメント (0) | トラックバック

2018/07/28 (Sat.)

α7 III と TECHART TA-GA3

α7 III を買ったら試しておきたいことが一つありました。

α7 III

というのは α7 II のときも試したことではあるんですが、α7 III の AF システムと TECHART の CONTAX G 用 AF 対応マウントアダプタ「TA-GA3」の組み合わせが使い物になるかどうかということ。α7 II では TA-GA3 が像面位相差 AF に対応していなかったためボディ側の設定を明示的にコントラスト AF に切り替えてやる必要があり、ちょっと手間がかかるものでした。結局切換が面倒になってしまって KIPON などの MF アダプタばかり使ってしまうという結果に。

で、α7 III でも試してみたところ...、

α7 III

α7 II と変わらず、像面位相差 AF では TA-GA3 は動作しませんでした(´д`)。
まあ、ボディ側が新しくなっても肝心のマウントアダプタ側のファームがそれに対応したわけではないので、半分予想がついていたことではありますが。

ただ、α7 III が旧型と異なるのは、メニューに「マイメニュー」が追加されたこと。
α は世代を重ねるごとに設定項目が増えていき、撮影中にメニューを辿って設定を切り替えるのは現実的ではありません。が、よく使う項目だけをマイメニューに登録しておくことで、いちいち探さなくても比較的少ない手順で設定を変更することが可能。私は「AF システム」をマイメニューに登録することで、TA-GA3 使用時に素早くコントラスト AF 設定に切り替えられるようになりました。

α7 III

ちなみに他にマイメニューに追加したのはサイレント撮影(けっこう使う)、フリッカーレス撮影(学校の体育館とかだと必須)、DRO/オート HDR、ファイル形式(普段は RAW+JPEG で撮っているけど HDR 撮影するには JPEG オンリーにする必要があるため)、ピーキング設定(MF 時のアシストの度合いを随時変更できるように)。これらは今までも切り替えたくても階層が深くて困っていたので、地味に助かります。

そんなわけで従来よりは TA-GA3 が扱いやすくなったわけですが、同じ TECHART 製マウントアダプタでも M マウント用の LM-EA7 のほうはその後もファームウェアの更新が続けられ、α7 III でのそれなりに高速な AF を実現しているというのが羨ましい。

SONY A7III with Old Lens オールドレンズに最新機はいらない、と誰が言った? - metalmickey's camera

まあ、実質 5 本しかない CONTAX G レンズよりもライカ M マウントのほうがレンズの選択肢もユーザー数も多いし、そもそも単体で AF 動作が完結する LM-EA7 とレンズ内のフォーカス駆動ギヤを外から回す TA-GA3 ではやれることの範囲も違うんでしょうが、それにしても羨ましい。
M マウントは本当のオールドレンズからフォクトレンダーのような現行レンズ、あるいはさらにアダプタを噛ますことで世にあるほとんどの MF レンズまで AF 化してしまう変態アダプタなわけで(誉め言葉)、この際 LM-EA7 に手を出してみようかな...と思案しています。

TECHART / TA-GA3

B00KVHSDGK

投稿者 B : 22:37 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2018/07/27 (Fri.)

牛かつ もと村

ランチタイムを少し外した時間に新宿を歩いていたら、いつも大行列ができている店が並ばずに入れそうだったので、挑戦してみました。

牛かつ もと村

牛かつ もと村

牛かつの有名店です。あまり行列ができすぎると逆に興味をなくすもので、私は今まで入ったことがありませんでした。
店内に入ってみると、お客さんの過半数が外国人観光客のようでした。新宿という土地柄もあるんでしょうが、何かのガイドブックにでも載っているんですかね。ここは南口のお店ですが、目と鼻の先の新宿三丁目にも店舗があるようで、繁盛していることが伺えます。

牛かつ もと村

メニューは何にしようか迷った挙げ句「牛かつ麦飯セット(260g)」を選択。ちょっと高いけど、130g で満足するか微妙だったので 260g にしたら牛かつが二枚出てきて驚きました(;´Д`)ヾ。
揚げ物だし注文してからしばらく待つつもりでいたら、注文後すぐに出てきました。ランチタイムだからかもしれませんが、準備済みなんですね。

牛かつ もと村

牛かつは衣薄めで肉はほぼ生。牛肉だからレアでもいけるのかと思ったら、テーブルにある焼き石で焼いてから食べるんですね。
調べてみたところこの牛かつに使われている肉は一枚肉ではなく成型肉のようです。ちゃんと火を通してから食べた方が良さそう。

牛かつ もと村

肉には下味がついているようで、焼いただけでも風味が出ていてけっこうおいしいですが、付属の二種のタレで味を変えながら楽しむこともできます。

とんかつの場合、ちゃんとした店だと着席してから 10~15 分は揚げ時間がかかる=つまり「客がただ待っているだけの時間」が長いわけですが、この方式なら着席してすぐ食べ始めることができる=回転率がいいということですね。とんかつのビジネスモデルを分析して単価を高くしつつ回転率も上げる、うまいやり方を考えたものだな...と食べながら余計なことをつい考えてしまいました。

牛かつ もと村

小鉢として明太子が付いてくるのがニクい。これでご飯をおかわりするなというのは酷な話ですが...牛かつ二枚食べた上にご飯二杯というのは食べ過ぎなので、涙を呑んで我慢(泣

想像していたよりもずっとおいしかったです。でもあの行列に並ぶ気はしないので、次はまた空いてるときに巡り合ったら、で十分かな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:天ぷら・揚げ物(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/07/26 (Thu.)

SHINJUKU POWER TOWN

SHINJUKU POWER TOWN

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

新宿をぶらついて写真を撮ってきました。なにげに新宿の街を撮ったことって今までほとんどなかったという。まあ、歌舞伎町を撮るのはいろいろと気が引けるモノがあるし、新宿界隈って仕事なり買い物なり目的があって行くことが多くて、カメラを向けるべき風景という認識がありませんでした。でも改めて撮ってみると、整然としたものと雑然としたもののミックス具合がなかなか面白い。

SHINJUKU POWER TOWN

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

近年の新宿はすっかり外国人観光客のための街という雰囲気になってしまって、個人的には特に東口方面には不可避の用事がない限りは行かなくなりました。でもそれが雑多な雰囲気を増幅していて、ファインダ越しに見ると自分が歩くのとはまた違った光景に見えてきます。

SHINJUKU POWER TOWN

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

ただ新宿は高層ビルが多いので、個人的な好みとしては広角レンズよりもシフトレンズか中判カメラを使ってパースの少ない写真をズバンと撮ってみたくもなりました。まあシフトレンズも中判カメラも高いので、シフト対応のマウントアダプタでも買ってみるかなあ。

投稿者 B : 23:00 | Photograph | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/07/25 (Wed.)

Peak Design アンカー交換品届く

リコールがかかっていた Peak Design アンカーの交換品が届きました。

Peak Design Anchor V4

7 月末ぎりぎりの着荷だろうなと思っていたのでまあ予想通り。リコール対応ってベンチャーだとバタバタして対応が後手に回りそうなものですが、告知からの準備期間が確保されていたこともあって予定通りに送られてきたのはとても好印象。ちなみにサイカ先生の大学には一足先に届いていたとのことですが、法人購入分やクラウドファンディング購入者には優先的に発送しているんですかね。

ちなみに私の経過はこんな感じ。

6/8(金)にオンラインで交換申し込み

6/30(土)に 7/20 頃から順次発送開始との連絡

7/23(月)に発送通知

7/25(水)に到着

発送通知か届いてからたった二日で届きました。サイカ先生の交換品は香港発送だったようですが、私のはサンフランシスコ発。なお発送を担当した USPS(米国郵便公社)のサイトでトラッキングすると「In-Transit」ステータスのままだったのでもう少しかかるかなと思っていたら、帰宅したときにはもう届いていたという。ちなみに現時点で USPS のステータスはまだ「In-Transit」のまま(笑。

Peak Design Anchor V4

リコール対象になった V3(写真左)と比べると、V4 は紐の部分が一回り太くなっています。微妙に長さも長くなっているような。
V3 は紐が細くなってカメラのアイレットに直接通せるようになったのがセールスポイントだったので旧仕様に戻ったことは残念ですが、安全性には代えられません。

Peak Design Anchor V4

カメラのアイレットに直接通せなくなった V4 には、アイレットに取り付けるためのスプリットリングが付属してきました。これまたサイカ先生のところに届いたバージョン(三角カンタイプ)とは形状が異なりますが、中国製造の製品って量産の途中でも「工場側がよかれと思って」無断で仕様を変えてくることが珍しくないですからね(笑)。三角カンタイプだとアンカーの紐に対して幅が広すぎるので、この楕円タイプのほうが安定しそうな気はします。

Peak Design Anchor V4

まあ、私は α7 III 付属の三角カンを使ってアンカーを取り付けましたが。

V4 の紐はさすがに α7 III のアイレットには直接通せませんでした。
個人的には、三角カンを使うと微妙にカチャカチャいうのがあまり好きではないんですけどね...。

Peak Design Anchor V4

付属の説明書には「V3 は引き続きカメラボディと他社製クイックシューに挟んで使っていいよ」と書いてあります。アイレットに直接通すと摩擦で切れてしまうリスクはあるけど、クイックシューに挟んで使う分にはその危険性はないし、こういう使い方には V3 のほうが向いているということでしょう。

Peak Design Anchor V3

なお、購入から一ヶ月ほど α7 III のアイレットに直接通して使っていた V3 は、結んでいた部分が微妙に潰れたり摩擦でテカったりはしていたものの、特にほつれ等もなくまだまだ使えそうではありました。
まあ一ヶ月使ったといっても実質週末しか使えていないので、持ち出した回数は二桁に満たないですが(これだけ暑いと写真撮りに出るのも億劫になるし...)。

V3 も小型のミラーレスやコンデジにつける分には十分以上の耐久性があると思うので、これは今後 RX100 ででも使いますかね。

Peak Design Anchor V4

余談ですが、アンカーの使用スタイルのひとつとして提案されている三脚座にストラップを取り付ける方式(BLACKRAPID 方式)は今まであまり好きではなかったんですが、この暑い時期に普通にカメラを首から提げている(=ファインダが身体に密着する)と、身体から発散される蒸気で EVF が曇ってしまうことがあるため(´д`)、とりあえず夏場はこのプレートを使ってあえてカメラを下向きに提げることにしました。ひとまず夏限定の使い方にするつもりですが、長めのレンズをつけっぱなしにするにはこのほうが安定感があるし、気に入ったらこちらのスタイルを基本にしてしまうかもしれません。

Peak Design / Slide Lite Mirrorless Camera Strap

B0781RYKTW

投稿者 B : 22:34 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2018/07/24 (Tue.)

OCTOPATH TRAVELER 攻略中

休日くらいしかプレイできていないのですが、OCTOPATH TRAVELER をちょっとずつ進めています。

OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)

OCTOPATH TRAVELER

とりあえず主要キャラ 8 人が揃って、それぞれのキャラのメインシナリオ第 2 章の攻略を始めたところ。
それほどバトルから逃げたりせずに進めてきているのですが、それでも第 2 章の推奨レベルには微妙に足りておらず、レベリングが必要になりました。最近のゲームでは意識的にレベリングしなくてもどんどん進めていける作品が多いので、こういう感覚もちょっと久しぶり。でも本作のバトルは単純に物理で殴ればいいというものではないので、レベリングもそれなりに楽しいです。

OCTOPATH TRAVELER

レベリングがてらのフィールド探索中にバトルジョブ「狩人」を入手。バトルジョブというのはファイナルファンタジー(XI)でいうサポートジョブのようなもので、これをセットするとアビリティや装備できる武器が増え、パラメータが変わります。攻略情報を一切見ずにプレイしているので、ボス戦もなくいきなりバトルジョブが入手できてしまってちょっと拍子抜け(笑。

OCTOPATH TRAVELER

バトルジョブによって装備やアビリティの幅が広がると、モンスターに対して弱点攻撃しやすくなってブレイクが容易に。メインジョブしかないと、モンスターとの相性次第ではブレイクがほとんどできずに雑魚相手でも長期戦になってしまうし、爽快感もなくて楽しくないのですが(´д`)、バトルジョブが入ることでガンガンブレイクしていけるのが気持ちいい。これは早く他のバトルジョブも揃えなくては。

OCTOPATH TRAVELER

レベリングがてら本編以外のサブストーリー(クエスト)もちまちま進めているわけですが、その過程で NPC からアイテムを盗んだり NPC をバトルパーティに誘ったりしていると面白いことに気づきます。まだ序盤のはずなのに強力な武器防具を盗むことができたり、自分よりも強力な NPC を仲間にしたりすることができるという!いずれもごく低確率で失敗するとそのエリアでの友好関係が悪化する(盗んだり探ったりできなくなる)けど、リセットを繰り返せばそのうち成功するわけです。これはなんたるバランスブレイカー。私は正攻法で解いていきたい派ですが、試しに強い傭兵を仲間にしてみたら簡単に 3,000 オーバーのダメージを叩き出してくれて笑いました(ちなみに自キャラはブレイク+弱点攻撃で 300 そこそこ)。この自由度はあえて仕込まれているものだと思うので、一回普通にクリアしたら二周目はちょっと変な手順で攻略してみたくなりますね。

OCTOPATH TRAVELER

世界観からちょっと大人向けのストーリー、バトルの爽快さ、自由度まで含めて自分的にはここまでかなり楽しめている OCTOPATH TRAVELER ですが、唯一気に入らないのはメインキャラ間の関わりが薄いこと。まずメインキャラがパーティに参加するのも、ナレーションが状況説明した上で「彼には、仲間が必要だ。仲間にしますか?」というあっさりしたやりとりで仲間になってしまうので、ストーリー的にこの 8 人が旅を共にする理由が感じられません。各キャラクターがそれぞれの物語を生きていて、他のメインキャラは酒場で雇った NPC 程度にしか見えていないんじゃないか...という感じ。
それを補完するかのように「パーティチャット」というシステムがあって、メインストーリーの流れに沿って時折仲間同士が会話をする場面があるんですが、その会話がまた内容薄くて「取って付けた」ような印象。これ、ストーリーの終盤までにこの 8 人が集結した必然性が示されるのか、それとも最後までこんな感じで流れていってしまうのか。その点だけが不安です。

私は娘のスプラトゥーンとの取り合いでプレイできる時間が限られているんですが(笑)、夜遅くに始めるとあっという間に 1~2 時間経っている危険なゲームでもあります。引き続きぼちぼち進めていきたいと思います。

OCTOPATH TRAVELER

B07BBMRD77

投稿者 B : 23:00 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

F1 ドイツ GP 2018

ドイツ決勝:ハミルトン大逆転で混乱のレース制す。ベッテルはリタイア

ここ数戦波乱のレースが続いている F1 ですが、ドイツ GP もまた伝説に残るであろうレースになりました。

波乱の予兆はある意味予選からありました。Q1 のアタック中にハミルトンが縁石を乗り越えた瞬間、路面とのショックのせいかメルセデスのマシンにトラブルが発生して Q2 出走不能、ハミルトンは予選 14 番手からのスタートになってしまいます。対するヴェッテルは自身のホームレースをポールポジションからスタートする権利を得、またしてもヴェッテルがハミルトンとのポイント差をラクに広げるレースになるかと思われました。

が、決勝。トップ 10 のマシンが履いていたウルトラソフトタイヤが 10 周ほどでパフォーマンスを落とし始める中、ソフトタイヤで 1 ストップ戦略を狙っていたハミルトンがあっという間に入賞圏内にポジションを戻します。とはいえ、ハミルトンも表彰台までは狙えるだろうけどフェラーリには速さもあるし、ヴェッテル楽勝は変わらないかな...と思っていたレース中盤、雨が降りそうで降らないという微妙な天候に各チームのピット戦略が翻弄。さすがのハミルトンも 42 周目にソフトタイヤの限界を迎え、降雨を待たずにウルトラソフトに履き替えます。
するとその直後に雨。一部のドライバーは先行してインターミディエイトやフルウェットタイヤに履き替えるギャンブルに出るものの、その時点では時期尚早。彼らがドライタイヤに履き替えたタイミングで再度雨脚が強まり始めた...と思ったら、トップを走るヴェッテルがコーナリング時に些細なミスを犯し、そのままグラベルからウォールにヒット!まさかの単独クラッシュでリタイヤとなりました。そこでセーフティカーが導入され、ライコネンとボッタスがピットインしている間にハミルトンがトップに。その後、フレッシュタイヤを履くボッタスと競い合うシーンもあったものの、ハミルトンがポジションを守り切りトップチェッカー。

ここまで後方のグリッドからスタートして優勝した例は、私の記憶を遡る限り 2005 年日本 GP のライコネン(17 番手スタートからファイナルラップ 1 コーナーでオーバーテイクを決めて優勝)以来ではないでしょうか。降雨やセーフティカーに助けられたとはいえ優勝を狙えるポジションまで上がってきたのはハミルトンの実力だし、その追い上げがヴェッテルに見えないプレッシャーを与えていた可能性もあります。本当に見応えのあるレースでした。やはり複数チームが実力伯仲しているシーズンは、ドラマが起きますね。
選手権はこれで再びハミルトンがトップに立ちました。昨年までならそろそろフェラーリは信頼性や戦略面を中心に自滅していく時期ですが、今季はまだ安定感がある。シーズンも折り返し地点に来ましたが、このまま後半戦も接戦でお願いします。

我らがトロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが久しぶりの 10 位入賞で 1 ポイントを獲得しました。
フリー走行から二台ともタイヤのグリップに苦しみ、予選はハミルトンの事故によるイエローフラッグ導入もあってタイムを更新できず、二人とも Q1 敗退が確定。決勝でも思ったようにはペースを上げていけない中、降雨時にガスリー車はいきなりフルウェットタイヤを投入するという大ギャンプルに出、それが大失敗(;´Д`)ヾ。そこで大きく落としたポジションを取り返せないまま、完走を目指すしかなくなってしまいました。一方のハートレーは順当なタイヤ選択で、光る速さは見せられないまでもライバルがタイヤ選択で自滅していく中、粘り強い走りを続けて入賞圏内へ。ペースに優れるグロジャンに終盤オーバーテイクを喫しはするもののマグヌッセンは抑えきり、殊勲の 10 位入賞をもぎ取りました。
ハートレーにはガスリーのような果敢なアタックは見られませんが、今回の走りは元耐久レース王者らしさが存分に発揮された結果と言えるでしょう。また今季ダブル完走は(記録上の完走扱いを除き)なんとアゼルバイジャン以来だし、シーズンを通してもようやく三回目。PU の信頼性だけでなくシャシーやチーム、ドライバーの経験不足もあってマシントラブルやアクシデントが相次ぐ中、やっとまともに新型 PU のデータが集まったレースだったのではないでしょうか。

マシンのセットアップをなかなか煮詰めきれないという課題はあるものの、チーム的には久しぶりのポイント獲得で少し一息つけたのではないかと思います。次のハンガリーはマシン性能の差が縮まり、波乱も起きやすいサーキット。このまま勢いに乗って行ってくれることに期待しましょう。

投稿者 B : 22:45 | F1 | Season 2018 | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« June 2018 | メイン | August 2018 »