b's mono-log

« SHINJUKU POWER TOWN | メイン | α7 III と TECHART TA-GA3 »

2018/07/27 (Fri.)

牛かつ もと村

ランチタイムを少し外した時間に新宿を歩いていたら、いつも大行列ができている店が並ばずに入れそうだったので、挑戦してみました。

牛かつ もと村

牛かつ もと村

牛かつの有名店です。あまり行列ができすぎると逆に興味をなくすもので、私は今まで入ったことがありませんでした。
店内に入ってみると、お客さんの過半数が外国人観光客のようでした。新宿という土地柄もあるんでしょうが、何かのガイドブックにでも載っているんですかね。ここは南口のお店ですが、目と鼻の先の新宿三丁目にも店舗があるようで、繁盛していることが伺えます。

牛かつ もと村

メニューは何にしようか迷った挙げ句「牛かつ麦飯セット(260g)」を選択。ちょっと高いけど、130g で満足するか微妙だったので 260g にしたら牛かつが二枚出てきて驚きました(;´Д`)ヾ。
揚げ物だし注文してからしばらく待つつもりでいたら、注文後すぐに出てきました。ランチタイムだからかもしれませんが、準備済みなんですね。

牛かつ もと村

牛かつは衣薄めで肉はほぼ生。牛肉だからレアでもいけるのかと思ったら、テーブルにある焼き石で焼いてから食べるんですね。
調べてみたところこの牛かつに使われている肉は一枚肉ではなく成型肉のようです。ちゃんと火を通してから食べた方が良さそう。

牛かつ もと村

肉には下味がついているようで、焼いただけでも風味が出ていてけっこうおいしいですが、付属の二種のタレで味を変えながら楽しむこともできます。

とんかつの場合、ちゃんとした店だと着席してから 10~15 分は揚げ時間がかかる=つまり「客がただ待っているだけの時間」が長いわけですが、この方式なら着席してすぐ食べ始めることができる=回転率がいいということですね。とんかつのビジネスモデルを分析して単価を高くしつつ回転率も上げる、うまいやり方を考えたものだな...と食べながら余計なことをつい考えてしまいました。

牛かつ もと村

小鉢として明太子が付いてくるのがニクい。これでご飯をおかわりするなというのは酷な話ですが...牛かつ二枚食べた上にご飯二杯というのは食べ過ぎなので、涙を呑んで我慢(泣

想像していたよりもずっとおいしかったです。でもあの行列に並ぶ気はしないので、次はまた空いてるときに巡り合ったら、で十分かな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:天ぷら・揚げ物(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« SHINJUKU POWER TOWN | メイン | α7 III と TECHART TA-GA3 »