b's mono-log

« F1 ハンガリー GP 2018 | メイン | Splatoon 展 at TOWER RECORDS »

2018/07/31 (Tue.)

韓国ソウル特別市 屋台のトッポギ

「屋台...何屋さんだろう?よし、ちょっと偵察してこよう」

トッポッキ トゥレク

ソウルには焼肉ともうひとつ、ゴローちゃんが間食パートで立ち寄った聖地があります。それが、世界遺産でもある宣陵(ソンルン;李氏朝鮮時代のいわゆる古墳)のすぐ脇にあるこちらの屋台。

事前に調べたところでは、14 時に開店するということで少し前から待ち構えていたんですが、トラックはあるけど時間になっても全く営業開始する気配どころか、誰もいない(;´Д`)ヾ。まあこのクソ暑い中で昼間からトッポギやオデンを食べようという人もいないだろうし...というわけで、いったん撤収。でもトラックがあるということは営業するつもりはあるに違いないと思い、漢南で焼肉を食べた後に再度戻ってきたところ、開いていました。

本当は韓国に着いたらまずここで昼食代わりに食べようと思っていたら当てが外れてしまって、タイミング的に食いっぱぐれてしまいかなりの飢餓状態で焼肉屋に向かうことになったという(;´Д`)ヾ。日本語の情報が少ない聖地の難しいところです。

떡볶이트럭 (トッポッキ トゥレク)

トッポッキ トゥレク

トッポッキ トゥレク、その見た目のとおり「トッポギ・トラック」を意味する店名。この独特な雰囲気、Season6 に登場した大阪の串かつ屋台を思い出すな~。

女将さんは英語も日本語もダメなようでしたが、たまたま居合わせたお客さんに訊ねてみてもらったところ、実際には 15 時から営業しているとのこと。年中その時間なのか、夏場だけ暑い時間帯を外しているのかは分かりませんが、少なくとも劇中のように朝食代わりにできるということはないので、巡礼しようと思っている方はご注意を。
ちなみにここに限らずソウルでは、サラリーマン風の人に話しかけると英語が通じる率が高くて、けっこう助けられました。

トッポッキ トゥレク

あ~、トッポギか。日本の立ち食い蕎麦みたいな感覚かな。

そういえばトッポギって韓国料理屋で頼んだ料理の中に入ってた記憶はあるけど、単品で注文したことってないかも。

トッポッキ トゥレク

そしてティギム(天ぷら)。あらかじめ揚げてはあるけど、注文すると揚げ直した上でハサミで切って提供してもらえます。

ちなみにこの日たまたまなのか夏場はやってないのか分かりませんが、オデンは提供していないとのこと。
オデンって韓国でも「オデン」なのね。日本から伝わって定着したってところだろうか。

トッポッキ トゥレク

まずは天ぷらからいただきます。

おっとアツアツ、この暑い中で食べるアツアツ天ぷらも悪くない。
イカやサツマイモ、かき揚げっぽいのまであって日本の天ぷらによく似てるけど、この独特のタレを塗って食べるだけで一気に韓国風。

トッポッキ トゥレク

トッポギは...うわ、真っ赤。

いかにも辛そうで、見てるだけで汗が止まらない。
でも、だからこそ、うまそうだ。

トッポッキ トゥレク

本場のトッポギ...おっ、辛い!かなり辛いぞこれ。
想像以上の辛さで、口が火を噴きそうだ。

このガレット的なやつは...これは魚のすり身か、うん、さつま揚げだ。あっ、これも辛!

ちょっとこれ、明らかに 30℃ を超える気温の中で激辛トッポギとアツアツ天ぷら、何かの修行かと思うくらいハード。
でも...うまい。ちょっとクセになりそうな辛さだ。

トッポッキ トゥレク

で、女将さんがおもむろに取り出してきたこれは何!?
一瞬ウナギに見えたけど、よく見るとウナギじゃない。ソーセージ...的な何か?

ちょっと、こっちもいっとくか。

トッポッキ トゥレク

おおお...これはかなりインパクトのある見た目。
食べてみると、これまたパンチのある味と香り。これは独特だなあ...。

後で調べてみたところ、「スンデ」という韓国流のソーセージ的なものらしい。
豚の腸に、豚の血・餅米・唐麺などを詰めて蒸したものということで、確かに韓国流ソーセージ。

単品だとクセが強くてちょっとキツいけど、添えてあるスパイスをつけて食べると良い具合に緩和されて、けっこうイケル。
添えてあるチャーシューもいい箸休めだ。でも、ちょっとスゴイものを食べちゃった感ある。

トッポッキ トゥレク

暑くて辛くて熱くてヒーヒー言いながら食べてたら、マスターが気を利かせてお冷やを出してくれました。
なんだ、ドラマでは水代わりにオデン汁を飲んでたのに、ちゃんと水あるんじゃん(笑

ちなみに食べ始める前にマスターが大きめのカップに氷水を入れていたから出してくれるのかと思ったら、暑いトラックの中で料理し続けている女将さんのために用意したものでした(笑)。こっちにも氷水プリーズ!と言いたくなる暑さだったけど、確かにこの暑い中で熱いものを調理し続けている女将さん、ご苦労様です。

トッポッキ トゥレク

いや~、おいしかったけどとにかく暑かった。これは昼間の炎天下で待ってなくて正解だった。
一つ後悔するとすれば、ここに来る前にコンビニで冷え冷えのミネラルウォーターでも買ってくるべきだった、というところか。

我々が食べている間、他のお客さんは食べていくよりも持ち帰りのほうが圧倒的に多かったという。持ち帰り、そういうのもあるのか!
まあこの暑い中で立って食べるよりは、涼しい自宅に帰ってビールやマッコリのつまみにするのが正しい使い方なんでしょう。

とにかく暑かったけど、楽しかった。聖地巡礼の中でも屋台回ってなんか、独特の楽しさがある。
女将さん、カムサハムニダ。ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

떡볶이트럭 (トッポッキ トゥレク)

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | Junk Food | KODOGURU

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« F1 ハンガリー GP 2018 | メイン | Splatoon 展 at TOWER RECORDS »