b's mono-log

« August 5, 2018 | メイン | August 7, 2018 »

2018/08/06 (Mon.)

冷しハンバーグはじめました

Splatoon 展 at TOWER RECORDS に行ったときのこと。整理券をもらってから入場できるまで三時間くらいあったので、これはちょっとゆっくりランチでも食べてくるかと思い、渋谷の反対方面へと足を伸ばしてこちらのハンバーグを食べてきました。

山本のハンバーグ 渋谷食堂

山本のハンバーグ

山本のハンバーグであります。ここは以前来て気に入ってしまったので、もう渋谷周辺でご飯を食べる機会があればまず候補に入れるようになっています。
平日ランチタイムだから混んでるかと思ったら、暑くて並ぶのも大変だからか、混んではいたけど並ぶほどではないという混雑状況でした。

山本のハンバーグ

カウンターに着席するなり目にするこの貼り紙...!
ここのハンバーグはおいしいんだけどこの時季に石鍋は暑いしどうしようか、と思っていた矢先に冷しハンバーグとは。冷し中華とか冷製スパゲティならともかく冷しハンバーグって食べたことがないからちょっと不安もあるけど、担々味ならきっとおいしいに違いない。というわけでこれを頼んでみました。

山本のハンバーグ

例によって最初に登場するサラダと自家製野菜ジュース。特に野菜ジュースは毎回どんなのが出てくるか楽しみだったりします。

山本のハンバーグ

こちらが野菜ジュースの素材。毎度わざわざ見せに来てくれるのがちょっと嬉しい。

このとき(月替わりとのことですが、ギリギリ 7 月でした)の材料はオレンジをベースにシークヮーサー、マンゴー、ルバーブ、シシリアンルージュ(トマト)を使ったものということで、柑橘系の香りを軸とした夏らしく爽やかなおいしさ。有料でノーマルサイズのも頼めるんですが、これはお金かかってでもおかわりしたくなりますね。

山本のハンバーグ

こちらがその豆乳担々ハンバーグ。もはや見た目はハンバーグではなく完全に担々麺です(笑
しかし担々麺に白米と味噌汁がついてくるわけもなく、中身は歴としたハンバーグ。

山本のハンバーグ

冷たい担々スープの上に積み上げられたネギとパクチー。これが担々麺だったとしてもうまそうだし、食べてみたい気もします。
スープは紛れもなく豆乳担々麺のそれ。ピリ辛だけど辛すぎることはなく、豆乳がいい具合にやさしい味わいにしてくれている印象。

山本のハンバーグ

メインであるハンバーグもちゃんと冷たい。ふっくらした温かいハンバーグとはちょっと違う、みっしり感がありつつも柔らかいハンバーグです。マイルドな辛さの担々スープとの相性も良い。
ハンバーグ冷たくしておいしいのか?と思っていたけど、弁当などで冷めてもおいしいおかずの代表格はハンバーグだったことを思い出しました。そりゃあおいしくないわけがない。

山本のハンバーグ

スープにはトロトロ食感の胡麻豆腐も浮かんでいて、これもいい。私は胡麻の風味がしっかり効いた担々麺が好きで、豆乳担々麺もいいけど胡麻に比べると深みに欠けるよなあと思っているんですが、こうやって胡麻成分を足してくれると満足感が高まりますね。

アツアツのハンバーグを食べて汗だくになるのを覚悟して行ってみたら、意外にも涼しく爽やかなハンバーグに出会えて満足。夏の間にもう一度食べに来たい味でした。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 渋谷駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

« August 5, 2018 | メイン | August 7, 2018 »