b's mono-log

« December 1, 2018 | メイン | December 3, 2018 »

2018/12/02 (Sun.)

鎌倉シャツの会長カレー

ビジネスシャツが必要になったので、先日鎌倉へ紅葉を撮りに行った際ついでにメーカーズシャツ鎌倉の本店で買い物してきました。

Maker's Shirt 鎌倉

本店って鶴岡八幡宮のすぐ隣にあるんですね。すごくいい場所のようで、でも普通は観光のついでに買うものでもないしもっと駅近にあったほうが便利なような、何とも言えない立地(笑。店内は広い割にお客さんが少なく、都内の店舗に比べてゆったりと買い物ができる雰囲気。女性もの売場が広いのがビジネス街の店舗とは違う点でしょうか。

で、このメーカーズシャツ鎌倉本店には「CAFE 鎌倉」というカフェが併設されています。

CAFE 鎌倉

CAFE 鎌倉

併設...というより鎌倉本店の店舗の一部がカフェになっている、というほうが正確ですかね。
お昼ご飯をどうしようか、せっかく来たからには鎌倉っぽいものが食べたい気もするけど、あのいかにも観光地な参道沿いで食べる気分でもない。ならばあえてここで食べていったほうが、むしろ面白い。

というのも、この CAFE 鎌倉で出しているカレーは創業者でもあるメーカーズシャツ鎌倉の会長自らが作っているらしいんです。

良雄会長のビーフカレー作り【前編】 | 鎌倉本店 | メーカーズシャツ鎌倉 公式ショップブログ/Maker's Shirt KAMAKURA
良雄会長のビーフカレー作り【後編】 | 鎌倉本店 | メーカーズシャツ鎌倉 公式ショップブログ/Maker's Shirt KAMAKURA

もともとは社員向けのまかない料理として作っていたカレーを一般客向けにも出すようになった...といういきさつを聞けば、いちサラリーマンとしてもカレー好きとしても食べてみたいじゃないですか。それに、ある意味最も「鎌倉っぽい」食事でもある。

ビジネスシャツのお会計の際に、店員さんに「カフェ利用したいんですけど」と訊いてみたところ、快く通してくださいました。

CAFE 鎌倉

カフェは店舗の中とテラスそれぞれに席が設けられています。さすがに他に買い物をしているお客さんのそばでカレーの匂いを漂わせることは気が引けたので(汗)、テラス席を選択。寒くなってきたとはいえ、まだ何とかテラス席でも気持ちよくいられる気候です。
お昼時にも関わらず、カフェを利用しているお客さんが他におらず、お店の前を人が通りかかるとちょっと気恥ずかしい。

CAFE 鎌倉

窓越しには、本当に普通に店内。ともするとシャツを選んでいるお客さんと目が合ってしまいそう。

こんなアパレルショップの店先でこれからカレーを食べようという、なんだか奇妙な状況が我ながら可笑しい。

CAFE 鎌倉

頼んだのはカレーとドリンクのセット。カレー単品で 700 円、ドリンクセットでも 900 円というリーズナブルさ。

少し待っていると、まずはサラダが運ばれてきました。
運んでくるのがカフェ専任の店員さんではなく、さっきシャツのお会計をしてくれた店員さんというのに驚きました。カフェとして独立しているわけではなく、あくまで「メーカーズシャツ鎌倉本店のサービスの一環」なんですね。

CAFE 鎌倉

続いて登場したカレーは超・オーソドックスなビーフカレー。

見るからにとろみが強くて、長時間かけてじっくり煮込まれたカレーであることが分かります。

CAFE 鎌倉

見た目に違わず深いコクのあるカレー。家庭のカレーの延長線上にあるようでありながら、専門店のようなスパイスの風味も感じるバランス。こういう味、かなり私好みです。
牛肉はとろけるように柔らかいけど、プリッとした食感を少し残した絶妙な煮込み具合。

味付けは全然違うんだけど、子どもの頃に父が作ってくれたカレーをなぜか思い出しました。

CAFE 鎌倉

カレーのおいしさを振り返りながら味わうコーヒーも格別です。
普段料理をしない私が、珍しく自分でも何か作ってみようかな...と思ってしまうカレーでした。

いやあ、おいしかった。そこらの店で観光客向けのランチを食べるよりも満足度高いのではないでしょうか。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:カフェ | 鎌倉駅

投稿者 B : 22:44 | Curry | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

« December 1, 2018 | メイン | December 3, 2018 »