b's mono-log

« December 2018 | メイン | February 2019 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2019/01/31 (Thu.)

麻布十番 炭火串焼 ヒヨク之トリ

以前から行ってみたいと思っていたお店にお邪魔してきました。

ヒヨク之トリ

ヒヨク之トリ

麻布十番の焼鳥屋「ヒヨク之トリ」であります。

最近は六本木や銀座よりも麻布エリアの落ち着けるお店が好き。その中でもここはずっと気になっていたのでした。
大勢よりも二、三人でこぢんまり楽しむのにちょうど良さそうなお店。

ヒヨク之トリ

メニュー。土地柄を考えれば、焼鳥はかなりリーズナブルなお値段と言えます。
定番の焼き物もいいけど、一品料理やつまみ類にもいろいろと心惹かれる単語が並んでいて、迷います。

ヒヨク之トリ

ビールはプレモルのマスターズドリーム。通常のプレモルより深みのある味が和食に合います。
お通しは大根おろしとポテトサラダ。どちらも上品ながらオリジナリティある味付けで、いい具合にビールが進みます。

ヒヨク之トリ

つまみは、まずはささ身の昆布〆から。富山人としては昆布〆はつまみのド定番だけど、魚じゃなくて鶏のささ身の昆布〆はこれが初体験。
しっとりとしたささ身に昆布のうまみが凝縮されながら乗り移って、これはおいしい!ささ身って昆布で締めるとこんな感じになっちゃうのか。

ヒヨク之トリ

そして焼鳥を注文していくわけですが、この黙々と仕事する職人さんの様子を見ていると、この時点でもう美味いことが確定したような気がしてきて、期待が高まります。

ヒヨク之トリ

最初は王道中の王道、ねぎまから。ちなみに焼鳥は六本セットで頼んでみました。

程良く弾力のある鶏肉に、焼き加減・塩加減ともに絶妙なねぎま。おお、これは期待していた以上においしい。

ヒヨク之トリ

続いてささ身。
ささ身の焼鳥ってともするとパサパサしがちなものですが、ここのはしっとりとしていておいしい。さっきの昆布〆とはまた違った味わいがあります。

ヒヨク之トリ

こんなんビールすぐなくなってまうやろ!というわけで、焼酎(富乃宝山)をロックで。
こういう店でうまい焼き鳥を食べると焼酎が飲みたくなります。

ヒヨク之トリ

これまた定番、砂肝。
固すぎず柔らかすぎない、程良いコリコリ感が美味しい。こういう砂肝のうまさが分かるのは大人の特権、という気がします。

ヒヨク之トリ

そしてレバー。
トロトロしている...のかと思ったら、意外にも表面はプリッとしていて鮮度の良さを感じさせるレバーです。タレの具合もちょうど良く、今までの鶏レバーのイメージが覆った。

ヒヨク之トリ

アスパラ巻。あまり太いアスパラだと固かったり筋張ってたりで美味しくないものですが、ここのは程々に細くて柔らかい。いい感じに肉汁をアスパラで受け止めながら食べられる絶妙なバランスがいい。

ヒヨク之トリ

そーなると赤ワインが欲しくなってくるわけです。
ちゃんぽんは身体に悪いとか、そういう自制が効かなくなるうまさ。これはやばい。

ヒヨク之トリ

ここからはアラカルトで頼んだ串ものも混ぜていきます。こちらはペコロス(小たまねぎ)に茗荷の焼き味噌。
ペコロスはそれ単体でも甘味があって美味しいし、茗荷はそのものは苦いのに焼き味噌の甘辛さがいい味を引き出してくれる。ああ美味い。

ヒヨク之トリ

そして焼鳥コースの大トリであるつくねを経由して、

ヒヨク之トリ

じゃがバターへと突入していきます。
このじゃがバター、一般的なホクホクのやつとは違って、じゃがいもを一度焼いてしっかりめの食感を残したままじゃがバター化してある。あんまりこういうタイプのじゃがバターって食べたことないけど、なかなかイケル。

ヒヨク之トリ

さらに厚切り炙りベーコンと薬研軟骨。

いやあ...どの品も期待を裏切りません。

ヒヨク之トリ

チーズぴー肉巻。「ぴー」って何のことかと思ったらピーマンか。そのピーマンの中には想像を超える量のチーズが仕込まれていて、チーズ好きとしてはたまらん。
これだけ今まで食べてきたメニューとはちょっと方向性が違うけど、これもいい。

ヒヨク之トリ

さすがに調子に乗って食べ過ぎて、最後はご飯ものが入らなかったので〆は鶏スープ。この優しく染みわたる滋味、先日の米国出張であっちの濃い味一辺倒にウンザリしていた舌や胃に嬉しい。

いやー、おいしかった。堪能しました。
どの品をとっても外れがない。ここは、間違いなく私の心の中の名店の一つに数えるべきお店だと実感しました。

今回食べられなかったメニューもたくさんあるし、少なくともリピートは間違いない。美味しいモノの味が分かる友人を連れてまた来ようと思います。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼き鳥 | 麻布十番駅赤羽橋駅神谷町駅

投稿者 B : 21:49 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/30 (Wed.)

ペンギン・ハイウェイ [Blu-ray]

最近は映画もほとんど配信で観るようになってディスクが発売されても買うことがめっきり少なくなったんですが、これは Blu-ray で持っておきたいと思って購入しました。

ペンギン・ハイウェイ Blu-ray スタンダードエディション

ペンギン・ハイウェイ Blu-ray スタンダードエディション

去年の夏に観た映画の中では、個人的には一番ツボにはまった作品。

サイエンス・ファンタジー要素を取り入れた典型的なジュブナイルものの作品ですが、主人公が熱血漢ではなく物事を少し斜めに見る大人びたタイプの少年というあたりが現代的。でもある日突然街に現れたペンギンと「海」の謎を解くストーリーにはこのキャラクターが必要だったのでしょう。また大人びていながらも、年上のお姉さんに憧れたり、他人の気持ちや恋という感情を理解していなかったり、そういう内面が物語を通じてちゃんと成長していくさまが描かれているのも良い。私はなんとなく自分の少年期を追体験するような視点で観てしまう作品です。だからこそ思い入れが生まれるというか、人によっては「なんだこの生意気な子ども」と感じて物語に入っていけないかもしれません(笑。

前半は何気ない日常の中に出現した超常の謎を、子どもらしい視点(しかし科学的アプローチとしては正しい)で解いていこうという話。建物から文房具に至るまで細かく描き込まれた舞台装置がリアリティを添えています。一方でクライマックスは完全にファンタジーの世界、リアルを捨てて天地がひっくり返る映像に「コロリドらしい」疾走感のある演出。最終的にはペンギンとお姉さんの謎は完全に解けるわけではないけれど、余計な寄り道をせずにメインキャラ陣の成長にフォーカスしたシナリオとこの前後半のギャップの大きさがラストのカタルシスに繋がっている。また舞台は主人公アオヤマ君の街からほぼ出ないのに作品のテーマとしては宇宙にも繋がっていく構造になっているあたりが「子どもの目からみた世界」の狭さとその先の可能性を暗喩しているようにも思います。改めて考えると、映像として表現するのが難しい小説をこういう形で映像化してしまったことの凄さを感じる作品です。

実は私は夏休みに長女にこの小説を勧めて読ませていたのでした(笑。長女の性格ならこの作品は面白いと感じたに違いないので、今度の週末にでも一緒に観ようかと。

投稿者 B : 22:38 | Anime | Movie | コメント (2) | トラックバック

2019/01/29 (Tue.)

UMAMI BURGER

アメリカから日本に帰ってくる際に、LAX で搭乗まで少し時間があったから何かつまんでおこうとお店を探していた際に入ったお店。

UMAMI BURGER

UMAMI BURGER

近年は日本にも店舗展開している UMAMI BURGER です。国際線ターミナルの出国ゲート先フードコート内にあるお店。
こういう舶来系のハンバーガー店って日本にいるときにはあえて行こうという気にはあまりならないので、この機会に食べてみることにしました。

UMAMI BURGER

この手のハンバーガーショップは日本では若くてオシャレな店員さんを雇っている印象がありますが、LAX 内の店舗はめっちゃ気さくな印象のおばちゃんでした(笑。
カウンターで注文をして出来上がりまで 5~10 分待つスタイルのようですが、夜遅めの時間だったからか(?)注文には特に行列ができておらず、出来上がり待ちが 2~3 組いた程度でした。

UMAMI BURGER

メニュー。太字が商品名、細字が入っている具材という書き方はシンプルながら分かりやすい。どれを食べるか迷うけど、せっかく空港の店舗で食べるからにはこの店限定と思われる「LAX」を食べてみようか。サイドディッシュは普通のポテトフライでもいいけど滞在中毎日食べてさすがに飽きたし(´д`)、味付きのやつにしてみようと思って「Manly Fries」を注文。

UMAMI BURGER

注文した品が出てきました。
実店舗だと皿に載って提供されるようですが、ここは空港内フードコートだけあってボックスで出てきます。この二品+コーラゼロ M サイズで $30 弱。けっこう良い値段しますが、日本の実店舗での価格を考えれば空港内だからといって特別に高い印象はありません。箱がドギーバッグっぽく見えてしまうのを除けば(´д`)。

では、いただきます。

UMAMI BURGER

まずは Manly Fries から...って箱を開けてびっくり。フライドポテトにフライドオニオン、ベーコンにネギとマスタードスプレッドがかかったものでした。いやメニューには書いてあったけどこういうタイプか...。もうちょっとファーストキッチンのフレーバーポテト的なのを想像してました。

これは確かに Manly(男らしい)フライ。油ギッシュ、味付けもガッツリ濃くて胸焼けること山のごとし。コーラじゃなくてビールが欲しくなるし、ビールとこのフライがあればハンバーガーは要らないってくらいガツンと来ます。ボックスじゃなくて皿盛りだったら気分的にはもう少し違ったかも。

UMAMI BURGER

そして LAX Burger。見た目的には分厚いパティと「U」の焼き印が圧されたバンズ以外はけっこう普通のハンバーガーに見えるけど、

UMAMI BURGER

パティの上にはキャラメリゼオニオン(飴色になるまで炒められた玉葱)が、そしてパティの下にはとろけたブルーチーズが。パティは肉っぽさを感じられる粗挽きでけっこうおいしい、それをオニオンとブルーチーズが香りと UMAMI を付け加えてくる感じでこれはけっこうイケル。ただ先ほどの Manly Fries と一緒だと全体的に油っこく濃い味一辺倒で、サラダか何かに逃げ出したくなります。これはフライじゃなくてサラダを頼むべきだったか...。

悪くはないんだけど、注文したものの組み合わせが悪かったのか、さすがにお腹...というより胸が一杯になってしまいました。同じ金額を出すなら、日本にはもっと美味しい非チェーン系ハンバーガー店がいくつもあります。個人的には一度行けば十分、かなあ。

関連ランキング:ハンバーガー | ロサンゼルス空港(LAX)周辺/エル・セグンド

投稿者 B : 22:19 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2019/01/28 (Mon.)

浴室の電球を LED に交換

浴室の電球が切れたので交換しました。

LDS100V36WWK

我が家は引っ越したときからほとんどの照明器具が電球型蛍光灯で、浴室のこの器具だけがミニクリプトン球でした。今までも年に 1~2 個は切れて取り替えていたんですが、一個 ¥150 とかいう安さなら当面 LED 交換するのももったいないのでそのままクリプトン球で補充していました。でも今回改めて LED 電球の値段を調べてみたところ、一個あたり ¥600 くらいまで値段が下がっていたので、交換頻度とかを考慮すればこれくらいの価格差なら LED にしてしまえ、と浴室の 3 灯分をまとめて交換。

パナソニック / LED 電球 LDA4L-G-E17/E/S/W

LDA4L-G-E17/E/S/W

浴室の照明は 40W 相当・E17 口金・密閉型器具というスペックで、これに相当する LED 電球はパナソニックではこの機種。
見た目は自宅の他の部屋で使っている同社の LED 電球をそのまま小型化したような形をしています。

なお定格消費電力はクリプトン球が 36W/個 なのに対してこの LED は 4.3W/個 と劇的に省電力化されています。まあ家全体の電気代からみれば微々たるものですが、浴室の合計で 100W 近く削減できていると考えるとちょっと嬉しくなります。

LDA4L-G-E17/E/S/W

サイズ感はクリプトン球よりも少し背が高いけど、浴室の密閉型器具には問題なく格納できました。

明るさや色味を比較すると、

LDS100V36WWK

↑こちらが今までのクリプトン球。長年使ってきた、安心感のある見え方です。

LDA4L-G-E17/E/S/W

LED に換えたのがこちら↑。写真ではほとんど変わらないように見えますが、体感的に 20% ほど明るく、色味は微妙に黄色みが強くなったように感じます。パナの LED 電球はどれも電球に比べると黄色っぽいので、まあこれは想定の範囲内。
浴室が今までよりもグッと明るくなったのでちょっと落ち着きませんが(笑)、まあすぐに慣れるでしょう。今までよりも浴室の壁や床の汚れが気になるようになってしまったので、掃除しないと(汗

ちなみに定格寿命は従来のミニクリプトン球が 2,000 時間だったのに対してこの LED 電球は 40,000 時間と、なんと 20 倍も使えることになっています。それでいて価格はたったの 4 倍なので、これは買い換えないほうがもったいない。パナの LED 電球には五年保証があり(実際既に一度これで救われている)、少なくとも浴室の照明については今後五年は購入する必要がなくなったことになります。

我が家の照明はこれでかなり LED への入れ換えが進んできました。残る大物はシーリングライトですが、蛍光灯が弱ってきたら思い切って LED に換えてしまおうかな。

投稿者 B : 22:17 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2019/01/27 (Sun.)

アメリカのプリペイド SIM 事情

LAX

北米に来たら、まずは通信手段を確保したいところ。先日のシンガポールのようにホテルまで通信不可な状況で過ごすのは不安すぎるので避けたい(汗。できるだけ空港内でプリペイド SIM を確保したいので、ロサンゼルス国際空港(LAX)で探してみました。

国際線ターミナル(TBIT)の到着出口すぐのところにある両替所に大々的に T-Mobile の SIM カードのポスターが貼ってありました。ここで買うことができるようですね。

LAX

「UNLIMITED DATA」と書かれており容量無制限でデータ通信ができるようです。しかしこのポスターには価格が書かれておらず、どうもここで買えるのは $100 くらいするプランのみの様子。これなら一週間程度の出張であれば日本キャリアのローミングを利用した方が全然安いので、ここはスルー。

LAX

両替所のすぐ隣には Boost Mobile という SIM カードやイヤホン、ケーブル等を扱っているモバイル関連ショップのブースがありました。ここでも旅行者向けのプリペイド SIM を販売しているようですが、

LAX

定額制の SIM は最低でも $65 から、従量制でも $30 スタートということでメチャ高い。台湾やシンガポールだと ¥1,500 程度で十分なプランが買えることを知っていると、これはちょっと手を出す気になれません。

パケットパック海外オプション

これならローミングしてしまった方が全然安いじゃん、と空港を出る前に判断してその場で docomo のパケットパック海外オプションをスマホ上で契約。月〜金の滞在だから ¥3,980/5 日間のプラン(キャンペーン価格)を申し込みました。決して安くはないけど空港でプリペイド SIM を買うよりは安い。
ちなみに今回は iPhone XS で契約しましたが、手順的には韓国で Xperia で利用したときと同じです。
回線は現地で使ってみた感じでは私が滞在したカリフォルニア州の一部では Verizon がメインで、LAX 周辺など一部地域で AT&T の電波を掴んでいました。

結果的に北米で使うことを想定して Xperia XZ の SIM ロックを解除してきたのが無駄になっちゃったけど、まあいいや。

target

入国後、買い物がてら立ち寄った target(日本でいうイオンやヨーカドー的な大型スーパー)に No Contract Wireless(プリペイド SIM)コーナーが大々的に展開されていました。

target

例えば Verizon だと $30/月 で 500MB の 4G 通信(それを超えると 2G の速度、つまり 64kbps に落ちると思われる)が可能なプランが最低価格。500MB だとちょっと心許ないですが、ホテルやオフィス等で Wi-Fi が使える環境であれば一週間なら何とかなるか。$40/月 払えば 3GB 使えるようになるので、一ヶ月程度の滞在でも実用的と言えます。

比較すると docomo のローミングが ¥3,980/5 日 なので平日四泊五日の出張ならローミングの方が手軽だし良いかなあ、という微妙なライン。

target

MNO である Verizon の他に、Clicket・Total・TracFone といった MVNO のプリペイド SIM も多数並んでいました。こちらは Clicket が $30/月 で 2GB から、TracFone なら $15/月 で 500MB からというプランが出ていて、Verizon に比べると一段階安い感じ。私の場合は TracFone の $15 のプランなら、ホテルやオフィスの Wi-Fi と組み合わせれば最低価格で一週間過ごせるかなというところ。

target

SIM フリースマホもけっこう売られています。日本のスマホ売り場とは違って該当製品のカードを持ってレジで交換してもらう方式。ここでは Motolora 端末がポピュラーな模様。例えば Moto G6 Play が $199.99 というのは日本で買うのと大差ない価格ですが、日本で販売されていない Moto E5 Play はスマホとして使える最低限のスペック(Snapdragon 425/2GB/16GB)で $129.99 なら出張専用端末として買っておいても損はしないかも。

また MVNO キャリアモデルのスマホも販売されていました。こちらは SIM ロックの有無は不明ですが、MVNO の SIM がバンドルされていて $100 以下のモデルが充実しています。店頭では端末だけ購入して料金プランは自分でオンライン申し込みする方式でしょうか。自分の使いたいキャリアが決まっているなら SIM フリー端末よりこちらのほうが安上がりでしょうね。なお端末は Motorola に加えて Galaxy のローエンドモデルが主流のようです。

target

この他の選択肢としては、Amazon 等で国内で購入できるタイプのプリペイド SIM が多数販売されているので、これを使うという手があります。これだと五日間で三千円弱からなので、docomo のローミングを使うより少し安い。本当は今回もこれを利用したかったのですが、シンガポールから立て続けの出張で日本で準備する時間がなかったという。

ともかく、空港で格安のプリペイド SIM を入手することが難しいことが分かったので、米国では入国後すぐに量販店等に行けるならそこで SIM を調達、それが難しければあらかじめ日本で SIM を準備していくか日本キャリアのローミングを利用するのが現実的ということかと思います。ソフトバンクユーザーなら「アメリカ放題」という選択肢もありますが、それだけのためにキャリアを乗り換えるわけにもいかないので。

また iPhone XS なら eSIM が利用できるので、今回のように現地 SIM を探し回らなくてもオンラインで契約することが可能です。ただしこれを利用するには SIM ロック解除が必要なため、私の場合は半年後に SIM ロック解除が可能になるまで待たなくてはなりませんが。これについてはいずれ試してみようと思っているので、半年後以降の出張の機会を待っています(笑。

投稿者 B : 21:00 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2019/01/26 (Sat.)

ALIFE の低反発ネックピロー

先日のシンガポール出張の際、行き帰りはプレエコだったにもかかわらず眠れずに首や肩が凝ってしまったので、これはより長距離な北米出張(しかもエコノミー)だと機内を快適に過ごすグッズが必要だと思い、ネックピローを導入しました。

ALIFE / SLEEPILO

SLEEPILO

ややポップ系デザインのトラベルグッズを販売している ALIFE というブランドのネックピローです。

ネックピローというと風船のように空気で膨らませるタイプを思い浮かべがちですが、あれは浮き輪を首に巻いているような感覚で快適とは言い難いし、低反発ウレタン型のネックピローを選択。ちょっと値は張るけど健康と快適さのためなら背に腹は代えられません。

SLEEPILO

低反発タイプのネックピローは空気式に比べると携帯時に嵩張ってしまうのがデメリット。でもこの製品は本体を押し潰すようにして折りたたんで付属の巾着に詰め込むと、だいたいヘッドホン MDR-1000X の付属キャリングケースくらいの大きさまで圧縮することができます。これならまあ許容範囲といったところ。

SLEEPILO

巾着から出すと一瞬でしっかりしたサイズのネックピローに戻ります。

低反発ウレタンなのでフカフカ、モフモフで気持ちいい。自宅のベッドではテンピュールを愛用しているので、その触感に近いのも安心感があります。

SLEEPILO

カバーだけ取り外して洗濯できるのもいいですね。

難点を挙げるとすれば、カバーが起毛系素材で触り心地がいいものの、熱がこもりやすいので寝ていると首から顔が暑くなることでしょうか(^^;;
でもこれのおかげで北米へのフライトでもそこそこ快眠でき、肩こりも酷くならずに済みました。移動時間が長いとそれだけ道中をどう快適に過ごすかは重要だし、それによって出張先でのパフォーマンスにも影響が出るので、これはいい買い物をしたと言えます。国際線だと上下スウェットみたいな服装で乗り込んでいく人も見かけるし、私も機内での過ごし方についてはもっと試行錯誤していきたいところ。

投稿者 B : 22:21 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2019/01/25 (Fri.)

Samsonite Volant Spinner 68 EXP

かれこれ 15 年にわたって愛用してきたサムソナイトのスーツケースが、ついに壊れました。

四輪ある車輪の一つ(転がすときに使う車輪)が先日のシンガポール出張の際に何かを噛んで回らなくなっていたようで、引きずっている間に磨耗してしまいました。もう一方の車輪も軸からキーキー鳴るようになってしまい、かなり転がしにくい状況に。そんな中でシンガポール市街地コースを 5km に渡って引き回したことでとどめを刺した格好になりました。「シンガポールサーキットでフラットスポットを作ってしまった」と言えばちょっとカッコよく聞こえますが(ぉ。

このスーツケースはサムソナイトブランドでありながら日本のエース社が製造販売していた時代の製品で、発売から随分時間が経っているにもかかわらず修理や部品交換に応じてもらえて重宝していました。今回も車輪交換なら対応してもらえそうな気はしましたが、シンガポールから帰国した後に即再出国する予定が入ってしまったり(実は今北米にいます)、一週間単位で海外出張する機会が増えるならもう一回り大きいサイズのほうがいいし TSA ロックついてたほうが安心だし...ということで、思い切って買い換え。

Samsonite / Volant Spinner 68 EXP (Blue)

Volant Spinner 68 EXP

北米出張まであまり時間がなく吟味している余裕がなかったので、とりあえず店頭で実物を見てサクッと買って帰れるところということで今回はサムソナイト決め打ち。これまで使っていたものとは違って、今のサムソナイトはエースではなくサムソナイトが自社で製造販売しています。

今まではソフトタイプのスーツケースを使ってきましたが、飛行機に預け入れてしまうなら前面ポケットはあまり使う機会もないし、より汚れにくそうなハードタイプを選んでみました。

Volant Spinner 68 EXP

とりあえず容量 65〜70L クラスのハードタイプというのだけ決めて選びましたが、サムソナイト(およびセカンドラインにあたるアメリカンツーリスター)の中だけでも種類が多すぎて選ぶのが大変ですね。

他の条件としては

  • バゲージクレームで見分けがつきやすいよう、あまり暗すぎない色
  • 表面に平面が多いと傷が目立ちやすそうなので、できるだけ細かい凹凸があるもので、できればマット仕上げ
と考えていたんですが、店頭で実物を見た Volant Spinner の印象がすごく良かったので、半ば一目惚れで購入(笑。事前に Web で製品写真を見たときにはそれほど惹かれなかったのに、現物を見たら全く考えが変わりました。グロス仕上げだけど、これだけ表面の凹凸が細かく入っていれば傷も目立ちにくいかと。

Volant Spinner 68 EXP

中はごく普通ですが、仕切り蓋のところにビニール製のウェットポケットがついているのが夏場など濡れたものを入れることがある際には重宝しそう。

あと今までソフトタイプを使ってきた身としては、ハードタイプは気室が二つに振り分けられることで中身の視認性が良く、荷物の出し入れがしやすいのはメリットですね。ソフトタイプだと下の方に入っている荷物の出し入れが大変で、毎度ホテルに着くたびにスーツケースの中身がぐちゃぐちゃになっていたのが解消できそうです(笑

Volant Spinner 68 EXP

念願の TSA ロック。これで海外渡航時にも安心して荷物を預け入れることができます。

Volant Spinner 68 EXP

ハンドルはスーツケースのサイズ感からすると細すぎるかな?と思ったけど、十分剛性感もあるし伸縮もスムーズ。これは使っていて気持ちがいいですね。

Volant Spinner 68 EXP

このスーツケースの隠し機能は、開閉用途以外のファスナーが一つ付いていて、

Volant Spinner 68 EXP

これを開くことでこのとおり↑ケースの厚み方向を広げて容積を 66L→77L にまで増量することができます。これなら一週間を超える出張にも対応できそうだし、旅行先でお土産を買いすぎても手持ちカバンを増やさずに持ち帰ることができそう。

Volant Spinner 68 EXP

タイヤの動きも軽いし走行音もスムーズだし、取り回しが良くてとても気に入りました。改めて比べると、今までのスーツケースはよく働いてくれたとはいえあちこちにガタが来ていたんだなあ。
海外渡航用のスーツケースはある程度消耗品だと思って割り切って使うのが正解だと思いますが、このケースもできるだけ長くもってくれることを期待します。

投稿者 B : 22:34 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2019/01/24 (Thu.)

とんかつ檍 銀座店

蒲田にあるとんかつの名店の支店が銀座にあるらしいという話を聞いて、食べに行ってみました。

とんかつ檍 銀座店

とんかつ檍 銀座店

都内で美味しいと言われるとんかつ店にはけっこう行ったことがあるつもりだけど、蒲田の檍(あおき)はその中でもトップクラスだと思っています。立地が蒲田というのがマニアックだけど逆にそれがいいと感じていましたが、まさか銀座に出店していたとは。それも新橋寄りとはいえ中央通り沿いの超好立地で驚きました。

場所は通り沿いにアシックス・ランウォークの店舗が入っているビルの B1F。平日の 18:30 頃に来たところ、既にお店の前には 7〜8 人の行列ができていました。私の後ろに並んだお客さんの話し声によると、ちょっと前まではこんなに並んでいなかったのに、知らない間にかなりの行列店になったようです。蒲田本店も今やかなりの有名店だし、こっちの評判も広まりつつあるようですね。

とんかつ檍 銀座店

行列に並んで 30 分ほどで入店。その後 10 分ほど待ってとんかつが出てきました。

頼んだのは特上ロースかつ定食。今までカタロースかつと上ロースかつは食べたことがあったので、未体験のものにしてみました。

とんかつ檍 銀座店

見よ、このどどーんと大迫力の特上ロースかつを!

フットプリントもさることながら、厚みも 3cm はあろうかというボリュームに圧倒されます。しょぼいロースかつランチで ¥1,500 くらい取る店もザラにある中、このボリュームとクオリティで ¥2,000 というのはむしろ安いとさえ感じます。

とんかつ檍 銀座店

この肉の存在感。それを包む衣は薄めだけどサクサクで、肉の旨味を邪魔せず引き立てる感じ。
まずは何もつけずに食べてみたところ、肉そのものに甘味と旨味がしっかりついていて、これだけで食べられそうな感覚さえあります。

とんかつ檍 銀座店

しかしテーブルに備え付けられた何種類もの天然塩と組み合わせることで、肉の旨味を改めていろんなベクトルに引き出してやることが可能。
一口に塩といってもそれぞれ旨味の出方が全然違うものですね。ただでさえおいしい特上ロースがさらにおいしく(語彙力

とんかつ檍 銀座店

もちろん王道のソースも間違いないわけです。
少しずつ味を変えながら味わえるのが楽しいわけですが、あえてその中から一つ選べと言われたら私はピンクソルトかなあ。この肉の味と香りにおけるポテンシャルを最も引き出している気がします。

ああ美味しかった。蒲田本店に負けずとも劣らぬうまさでした。
食べ終わってお店を出てみると、行列が階段の上まで続いて 1F に達しようかという勢いで伸びていました。早い時間帯に来て良かった...。

ごちそうさまでした。
大門(浜松町)のほうにも支店があるらしいので、今度はそっちに行ってみようかな。

関連ランキング:とんかつ | 新橋駅銀座駅内幸町駅

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/23 (Wed.)

Xperia Z3 Tablet Compact その後

Xperia Z3 Tablet Compact

四年近く愛用してきた Xperia Z3 Tablet Compact のバッテリがいよいよダメな感じに。
半年くらい前まではちょっとヘタッてきたかな...くらいの感覚だったのが、ここ 2~3 ヶ月の間に一気に劣化が進んで、満充電からでも二時間くらいしかもたず、使い方によっては残容量が 30% 表示くらいからでも突然シャットダウンするような状態になってしまいました。

これではさすがに使い物にならないので、サポートにバッテリ交換に出すことに。
ついでに、一年ほど前から microUSB コネクタカバーの防水パッキンが千切れて蓋が閉じなくなっていたのも直してもらおうと思いました。

Xperia Z3 Tablet Compact

が...、

なんとサポートのほうでは既にバッテリの交換部品が欠品し、今後の入荷予定も立っておらず、修理不能との回答(;´Д`)。
まあ発売から四年経っているし、こういう自体もあり得ますよね...。もう少し早く交換に出しておくべきでした。

修理できないものは仕方ない。市場としてはもう盛り上がっていない 7~8inch タブレットカテゴリですが、個人的には電子書籍リーダー代わりとして日常的に使っているので、使えなくなってしまうのも困ります。というわけで他社製品に買い換えようと思いますが、選択肢もあまりないんですよね。買い換えるとしたら iPad mini が最有力だけど、近々モデルチェンジするという噂もあるし、かといってそれが出るまで使えないのも困るし...悩みどころです。

投稿者 B : 22:09 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/22 (Tue.)

マグネット式ヘッドホンハンガー 200-STN022BK

イヤーパッドを交換して復活した MDR-7506 ですが、今の職場のデスクでは構造的にオーディオテクニカのヘッドホンハンガーをつけることができませんでした。オーテクのハンガーは使いやすくてとても気に入り、自宅用も含めて三本買ったくらいなんですが(笑)使えないものは仕方がない。今の環境でも使えるヘッドホンハンガーを探して買ってみました。

サンワサプライ / ヘッドホンホルダー 200-STN022BK

200-STN022BK

机の天板を挟み込むタイプのハンガーは使えませんが、マグネットタイプのハンガーで机のサイドワゴンやパーティションに貼り付けることなら可能。ということでマグネット式で扱いやすそうなものを探してみたところ、サンワサプライが直販のみで販売しているこのヘッドホンホルダーを発見したので注文してみました。

見た目はなんかカクカクした形状で、DJ 用とか重低音タイプのヘッドホンに似合いそうな感じ。

200-STN022BK

背面には強力なマグネットが五個。側面には指を引っかけるための凹みがあり、壁面への着脱がしやすくなっています。

200-STN022BK

ハンガー部は折りたたみ式。幅広かつしっかりとしたラバーが配置されていて安定感があり、大型のヘッドホンでも安定して掛けておけそう。

200-STN022BK

壁面(パーティション)に貼り付けてみました。磁力はかなり強く、スチール系の壁面であればガッチリ固定されます。
またハンガーが折りたためるのは使わないときにコンパクトに収まって良いですね。

200-STN022BK

ヘッドホンを掛けてみたところ。期待通り安定感があってよろしい。
スパイラルケーブルのヘッドホンはこういう掛け方をするとだらしなく見えてしまうのが難点ですが(´д`)。

最近のヘッドホンブームでスタンド式のヘッドホンハンガーは数多く発売されていますが、こういう壁掛けタイプのハンガーは案外少ないので、いいのが見つけられて良かったです。
余ったオーテクのハンガー、どうしようかな。自宅で使うためにもう一本ヘッドホンを買うか(違

投稿者 B : 22:22 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« December 2018 | メイン | February 2019 »