b's mono-log

« January 4, 2019 | メイン | January 6, 2019 »

2019/01/05 (Sat.)

docomo 版 Xperia XZ の SIM ロックを解除する

今年は何度か海外出張がありそうなので、現地のプリペイド SIM を使うために docomo 版 Xperia XZ(SO-01J)の SIM ロックを解除しました。

SO-01J

今まで海外渡航時はデュアル SIM な VAIO Phone Biz を使っていたんですが、この機種はアジア圏で使うにはいいけど北米の LTE バンド対応が弱く、米国出張にあまり向いていません。今年は北米出張に行くことになりそうで、北米のキャリアで使うなら B2/4/5/12/17 あたりに対応している必要があります。SO-01J ならそのうち B4/5/12/17 に対応しているので、AT&T でも T-Mobile でもそれなりに繋がる、はず。

そんなわけで SO-01J を SIM ロック解除するわけですが、ショップ持ち込みだと有料になるところ、自分で手続きすれば無料でできるということでやってみました。

My docomo

自分でやる場合は My docomo から手続きをすることになります。PC の Web ブラウザで My docomo にログインしたらトップページ中ほどにある「その他のお手続きはこちらから」をクリック。

My docomo

そして「ドコモオンライン手続き」ページの下方「その他」の中にある「SIM ロック解除」をクリックします。
ちなみにこの SIM ロック解除メニューはスマホの Web ブラウザからだと表示されず、PC から手続きする必要があるようです。私は最初スマホでこの画面を見ていてどこにも SIM ロック解除へのリンクが見当たらず、焦りました(汗

My docomo

次の画面で SIM ロックを解除したい端末の製造番号(IMEI)を入力して申し込みます。

SO-01J

IMEI は端末側の設定画面→端末情報→機器の状態→IMEI 情報 の中に記録されている 15 桁の数字です。
この数字を先ほどの画面の製造番号欄に入力します。

SO-01J

すると、自分宛(デフォルトはドコモメール/sp モードメールアドレス。変更も可能)にメールで手続きが完了した旨と、解除コードを記載されたメールが送付されます。
ここまででキャリア側の手続きは完了ですが、SIM ロックを解除するにはさらに端末側での操作が必要になります。

ちなみに、この手続きで SIM ロック解除可能なのは「自分の docomo アカウントで現契約扱いになっている端末のみ」のようです。試しに旧契約扱いになっている Xperia Z5 Compact も SIM ロック解除してみようとしたら、先ほどの IMEI 入力画面で弾かれてしまいました。まあ盗品を自由に SIM ロック解除して横流しでもされたら困るわけで、いったん契約状況との照合を行うのは妥当な手続きではあります。

話を元に戻して、端末側の操作。SIM ロック解除するには docomo(docomo 系 MVNO 含む)以外の SIM カードを挿して端末を起動すれば自動的に解除コードを求められるようですが、今回は先にロック解除だけ行うので、解除画面を手動で呼び出します。

SO-01J

それには、Xperia のダイヤルアプリ(または docomo の「電話」アプリ)でテンキーから「*#*#7467625#*#*」とダイヤルします(上の画像は最後の「*」を押すと自動的に解除画面が起ち上がってしまうため、最後の一文字だけ入力していないので注意)。この謎の呪文のような番号ですが、ダイヤルのテンキーに書かれているアルファベット(2=ABC のような、アメリカで電話番号を語呂合わせで覚えるときに使うやつ)に照合すると「*#*#SIMLOCK#*#*」になる、というわけ。なおこの起動方法は Xperia 固有のもので、他メーカーの機種では使えないようです。

SO-01J

先ほどの呪文を入力すると「SIM ロック」の設定画面が起動します。
ここで「ネットワーク/ロックされています」をタップすると、

SO-01J

ロック解除コード入力画面が表示されるので、先ほど docomo から送られてきた解除コードを入力すれば、

SO-01J

無事「ロック解除されています」にステータスが変わりました!
が、私は今 docomo 系以外の SIM を持っていないので、他社 SIM でちゃんと使えるかどうか出張先に行ってみるまで確認できないのはちょっと怖い(;´Д`)。

ともあれ、通常ならドコモショップで 3,000 円払ってやってもらう手続きが(ちょっと面倒な手順ながら)自分で無料でできるというのはありがたい。
原則購入後半年経過した端末でないと解除できませんが、今後購入する端末も同様に自分で解除していこうと思います。

投稿者 B : 23:07 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

« January 4, 2019 | メイン | January 6, 2019 »