b's mono-log

« 東京都文京区千石の四川麻婆豆腐 | メイン | 愛知県名古屋市の台湾ラーメン »

2019/05/05 (Sun.)

名古屋城攻め

名古屋城

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

聖地巡礼で名古屋に行ったついでに、名古屋城まで観光してきました。

今まで名古屋には主に出張で何度も行ったことがあるけど、いつもなんだか忙しくて鰻か味噌煮込みうどんを一食味わって帰るのが関の山で、まともに名古屋市内を観光したことがありませんでした。だから少し時間のある今回はせっかくなのでベタに名古屋城を見ておこうかと(笑。

名古屋城

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

名古屋城といっても、太平洋戦争の際に大半が消失し、現在の建物はほとんどが戦後に復元されたものとのこと。中でもこの本丸御殿は今まさに木造で復元工事中で、この 6 月に正式公開されるものとのことで、新築の木の香りが漂っていました(笑。
こうなると古城の風情もなにもないものですが、それはそれとして現代でこれだけの規模の木造建築物を新築で見る機会なんてそうそうないだけに、その迫力に圧倒されます。

名古屋城

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

そして天守閣。
これも戦後に復元された建物ではあるけど、今まで古城というと富山城や松本城といった地方の小ぶりな城しか見たことがなかったので、威風堂々とした佇まいにはしばし見とれます。

名古屋城

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

それにしても...金のしゃちほこ、実物は想像していた以上に大きい。他の城についている鯱瓦はもう少し控えめな大きさだったような...?

これは復元した際に目立つように往事よりも大きくしたんじゃないかと思って調べてみたら(ぉ)、なんと復元前からほぼこの大きさだったとのこと。
このサイズでしかも金ピカなわけで、さすが名古屋、という感想しか出てきません(誉め言葉

名古屋城

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

しかしこれだけ立派な天守閣がある城下町というのも、悪くありません。江戸城(現在の皇居)は今は天守閣がないからなあ。

本来は戦のための施設で、現代では役目を持たない、しかも一度焼失した建物が「街の象徴」として復元されて市民に愛されている...というのはなんだか良いものです。

名古屋城

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

この一見不規則に見える大小の石を組み合わせて築き上げられた石垣もまたすごい。
私は古城にはそれほど興味がないつもりだったけど、まる一日でも眺めていられそうな気がします。

名古屋城

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

場内には仙台の青葉城と同じように、戦国武将や忍者に分した役者さんがいろいろと楽しませてくれるサービスもあって、面白い。

景色も綺麗でなかなか面白かったです。やっぱり一度は観に行っておくべきところですね。
そういえば大阪にも何度も行っているのに大阪城はまだ未見だったりして、今度機会があったら寄ってみようと思いました。

投稿者 B : 19:58 | Photograph | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7 III

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 東京都文京区千石の四川麻婆豆腐 | メイン | 愛知県名古屋市の台湾ラーメン »