b's mono-log

« F1 オーストリア GP 2019 | メイン | BAR THE GINTONICX #7 »

2019/07/01 (Mon.)

MICROVAULT USM32W3

高速な USB メモリが必要になったので、久しぶりに新しいものを購入しました。

ソニー / MICROVAULT 32GB USM32W3

USM32W3

数年前に VAIO のリカバリメディア作成のために買った USM16W の後継機種です。外観はほぼ変わらずに USB 3.1 Gen1 に対応したマイナーチェンジモデル。
以前の USM-W シリーズは海外向けにしか販売されていませんでしたが、今回の USM-W3 シリーズは正式に国内販売もされています。でも Amazon で見たところ並行輸入品のほうが 2/3 くらいの値段で売られていたため、私は今回も海外モデルを購入。メーカー保証が付きませんが、USB メモリはデータ保存用ではなくあくまで一時的なコピー用なのであまり気にしません。

USM32W3

USB Type-A のオスコネクタをそのまま延ばしたような形状でとてもコンパクト。ソニー製 USB メモリというとノックスライド式のイメージが強いですが、それに比べても大幅に小型化されています。ノックスライドタイプは端子が保護される安心感やアクセス LED などの利便性があって良いんですけどね。

USM32W3

外観は USM-W シリーズと全く同じで、コネクタ内部が USB 3.x を表す青色になっている点だけが異なります。

公称 160MB/s というスペックだけど実際のところどうなのか?というのを CrystalDiskMark で計測してみました。比較対象は今までメインで使っていた USM32GT、USB 3.x 世代同士での比較です。

ドライブUSM32W3USM32GT
Sequential Read (Q32T1)216.32990.453
Sequential Write (Q32T1)67.20712.581
Random Read 4KiB (Q8T8)12.86910.071
Random Write 4KiB (Q8T8)0.0080.031
Random Read 4KiB (Q32,T1)13.0029.643
Random Write 4KiB (Q32T1)0.0050.178
Random Read 4KiB (Q1T1)10.8657.717
Random Write 4KiB (Q1T1)0.0090.093

おお、思っていた以上に速い。シーケンシャルリードは公称スペック以上だし、USM32GT に比べても倍以上速い。シーケンシャルライトに至っては USM32GT の 5 倍高速です。外付け SSD や UHS-II SDXC ほどではありませんが、ちょっとしたファイルコピーでも違いが体感できるほど高速化されています。

この満足度で二千円ちょっと、これはいい買い物をしました。USB メモリってそんなに頻繁に買い換えるものではありませんが、これだけ違うというのが判ると定期的に買い換えたくなりますね。

投稿者 B : 22:32 | PC | PC Peripheral

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« F1 オーストリア GP 2019 | メイン | BAR THE GINTONICX #7 »