b's mono-log

2017/09/15 (Fri.)

Sony BDZ-ZT1500

半年前から不調だった BDZ-ET1000 がいよいよ危ない感じに。BD のトレイロード用モーターのトルクが弱ってるのは相変わらずなんですが、録画中に HDD 内の番組を再生した際や、稀にはライブ試聴さえも音切れが発生するようになってしまいました。
画がカクつくわけでもなく、動画内の特定の箇所で発生するというわけでもないので、これは HDD に不良セクタが発生しているのではなく、ディスクのフラグメント化が進んで転送が追いつかなくなっているんだろうなと。不要な録画を消して空き容量を増やしてやると改善するけど、根治には一回ディスクをまっさらにする必要があります。そもそも BD ドライブもいつ壊れてもおかしくない状況だし、観念して買い換えました。

ソニー / BDZ-ZT1500icon

BDZ-ZT1500

結局またソニーにしました。半年前は昨年モデルの BDZ-ZTx000 シリーズの出来があまりに酷く、UI のレスポンスは激遅だし機能面も退化しすぎているからこれはパナに宗旨替えするしかないかなあ...と半ば覚悟を決めていました。が、今年出た BDZ-ZTx500 シリーズではかなり改善が進んでいて、昨年型でいったんドロップしていた機能はほぼ復活しているし、店頭で触ってみた感じではレスポンスもそこまで酷くない。もともとパナはソニーとリモコンのデザインが違いすぎて慣れるまでイライラしそうだと思ったことと、あの丸ゴシックをベースとした UI がやっぱり好きになれなかったことから、ZTx500 くらいの出来ならまあ許容範囲かな、と判断しました。

もはやレコーダは 4~5 年で使い潰す消耗品と割り切って、コストパフォーマンスを重視。モデルは 3 チューナー・1TB HDD の ZT1500 を選択しました。HDD は消耗品だから大容量を買うのはもったいないし、足りなくなったら SeeQVault 対応 HDD を外付けしたほうがその後の使い回しも効くだろう、という考えです。

BDZ-ZT1500

それにしてもまあシンプルですね。ET1000 もシンプルすぎて味気ないと思っていましたが、それさえも豪華だったと思えてしまうシンプルさ。のっぺりとしたデザインに安価な再生専用機のような小型筐体。まあ最近はテレビの薄型化でラックの奥行きが縮まっているという事情もありそうです。でも肉厚アルミ筐体な BDZ-X95 とかを使っていた身としては寂しくもあります。
ボタンには意匠らしい意匠もなくて、家族にも最初は「これ DVD ってどうやって出し入れするの?」と訊かれたほど。

天板は樹脂のグロス仕上げ。買った瞬間はピカピカで美しいけど、これ埃が溜まってくると曇っちゃうんだよなあ...。

BDZ-ZT1500

入出力は HDMI 1 系統と LAN、HDD 用の USB 端子。あと申し訳程度にアナログビデオ入力が付いているだけ。本当に最低限しかついていません。
せめてデジタル音声出力だけはアンプやバーチャルサラウンドヘッドホンへの接続用に残しておいてほしかったなあ。今やそういうクラスタも絶滅危惧種ということなのかもしれませんが。

BDZ-ZT1500

リモコンはいつもの使い慣れた感じのやつ。
「Fire TV のようにシンプルなリモコンにできないから日本の家電はダメなんだ」という論調も一部にはあるようですが、そもそも用途が違うし、操作性が大きく変わらないこともこういうレガシーな機器のあり方としては重要だと思うんです。

BDZ-ZT1500

十年以上続いたソニー製レコーダの UI・クロスメディアバー(XMB)が先代 ZTx000 シリーズからついに廃止され、ごく普通のメニュー式 UI に変更されました。
HDD 容量が増えて百タイトル単位で録画できるようになった現在、XMB というシンプルな UI では操作をカバーしきれなくなっていたのは事実ですが、使い慣れた操作性が変わってしまうのは戸惑うものです。まあ録画・視聴周りの操作は画面を見ながら何とかなるんですが、ライブチューナのチャンネル切り替えがチャンネルボタンか番組表からの選択しかなくなったのが残念。今までは XMB でチャンネルごとの番組タイトルだけズラッと見て選局していたのが、一手間増える形になってしまいました。普段からただでさえライブ放送は見ないのに、さらにリアルタイム視聴離れが進みそう。

心配していた UI のレスポンスは、今までの ET1000 でもこれくらいのレスポンスだったよな、というレベルで実用範囲ではあります。ただ何かの拍子にワンクッション待つようなレスポンスになる瞬間があったり、番組表の表示が遅いことがあるのはちょっと不満。

BDZ-ZT1500

番組表は白系のバックになって読みやすくなりました。文字サイズは 2KTV だとこれくらいが限度ですが、もっと細かい表示モードもあるので、60inch クラスの 4KTV だともっと一覧性の高い表示ができます。

BDZ-ZT1500

torne の「トルミル」機能によく似た「予約ランキング」という機能もついていて、これから放送される番組で面白そうなのはどれか、というのを人気から知ることができます。
これ、最初に見たときは同じソニー内で似たような機能を別々に作ってどうするんだよ、と思ったものでしたが、実際にその中身を見てみるとかなり「一般的に人気があるもの」というランキングになっていて、あーこれは torne のユーザー層は偏りすぎててデータベース共通化したらめんどくさいことになるわ、別々に構築して正解だわ...と思うようになりました(ぉ

BDZ-ZT1500

ちなみに、筐体がシンプルになったことにはメリットもあって、今まではフロント全面が開閉式のパネルで覆われていたためリモコン受光部延長器を貼り付けることができませんでしたが、ZT1500 では開閉カバーが全面を覆わなくなったことで、レコーダの受光部に延長器の発光部を直接貼り付けることができるようになりました。今まではレコーダの近くに発光部を転がしておくだけだったのでちょっとしたことでズレてしまうのがストレスでしたが、これは地味に助かります。

今回はちょっと消極的な買い方で私自身さほど楽しくなかったんですが(笑)、少なくとも今の「UHD ではない BD レコーダ」という形態のものを買うのはこれが最後になりそうです。次に買い換えるのはたぶんまた 4~5 年後、その頃は UHD BD レコーダになっているのか、それとも録画文化が死滅してレコーダそのものが不要になっているのか。製品のコモディティ化の度合いなんかはラジカセ文化の末期を思い出させるものがあり、ああ今自分は一つの文化の終わりを見届けようとしているんだなあ...と感慨に浸ってしまいました。

ソニー / BDZ-ZT1500icon

iconicon

投稿者 B : 22:15 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2017/09/11 (Mon.)

Sony VPL-VW245

ソニー、4Kネイティブレーザープロジェクタ「VP-VW745」。170万円 - AV Watch
4Kネイティブプロジェクタが55万円に。ソニー「VW245」 - AV Watch

iconicon

ソニーの 4K プロジェクタの新製品が発表されました。レーザー光源を搭載して実売 150 万円台(ソニーストア価格)の「VW745」と通常の高圧水銀ランプを採用しつつ価格を 50 万円前後に抑えた「VW245」の二機種。どちらも絶対額が高いことは事実ですが、レーザー光源モデルは VPL-VW5000 が 800 万円&受注生産だったことを考えると、VW745 でようやく 4K レーザープロジェクタがホームシアター用として現実的な価格帯に降りてきたと言えます。
VW245 のほうもまあ高いわけですが、アドバンストアイリス(動的絞り機構)やオートキャリブレーション等の機能を削ることで従来機種の半額まで価格を抑えてきていて、この値段なら何とか手が届きそう...と思える価格帯。最近のカメラの値段を見ているとむしろ安いとさえ思えてしまいます(笑

私も長年プロジェクタの買い換えを考えてきて、昨年 AV アンプを買い換えたときに来年こそはプロジェクタを!と思っていました。イメージ的には 30 万円以内で...となると 4K はまだ射程範囲外だし、そもそも今年は何かと物入りで結局買えなさそうなのが現実です(´д`)。でも 4K テレビが 5 万円台で買えるのにプロジェクタはなかなか 4K が安くならないなあ...と常々思っていたところ、VW245 でようやくその道筋が見え始めた、のでしょうか。
あと一年くらいしたらなんとか 30 万円以内で買えるようにならないかなあ。まあ、我が家の液晶テレビもそろそろ十年選手になってきていて、プロジェクタの前にテレビの買い換えが発生してしまう可能性が高いんですが。プロジェクタの買い換えは夢のまた夢、なのかなあ...いっそエプソンの 2K エントリーモデルをサクッと買ってしまったほうが幸せなのかもしれません。

投稿者 B : 22:45 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2017/09/08 (Fri.)

AKG N30+COMPLY Tsx-500

先日購入した AKG N30。自宅でじっくり聴いているときには素性の良さを感じるけど、外で聴くとなんかイマイチ、という印象を持っていました。それはおそらく以下の二つの理由なんでしょう。

  • イヤーピースの遮音性がほとんどないため、中~低域が街中の騒音にかき消される
  • ノズルが正しい位置にしっかり固定されていないと音が抜ける(私は外耳道が普通より大きく曲がり気味なようで、スイートスポットが狭いのもあるかも)
これは遮音性と装着安定性の高いイヤーピースに換えた方が良さそう。N30 を買った当初、というより買う前に店頭で試聴したときから感じていたことではありますが、やはりイヤーピースを交換することにしました。

COMPLY / Tsx-500 M サイズ (ブラック)

COMPLY Tsx-500

高遮音イヤーピースといえば COMPLY(コンプライ)。私は初めて手を出しました。
形状やサイズのバリエーションが無数にあり、本当は試聴して選びたかったんですが、試聴機が置いてあるのって日本でも e イヤホンの秋葉原店くらい?それだけのために秋葉原まで行く時間も取れなかったので、一般的なカナルイヤホンのイヤーピースに近い「アジアンフィット+」と呼ばれる Tsx-500 の M サイズをエイヤッと買ってみました。割高だけどお試しのつもりで 1 ペアのパッケージを購入(COMPLY は定期的な交換を推奨しており、一般的に販売されているのは 3 ペアのセット)。

COMPLY Tsx-500

COMPLY の「アジアンフィット+」は球形のイヤーピースで、こういうウレタンフォーム系イヤーピースでよくある弾丸型に比べると圧迫感が少なく、装着しやすいのがポイント。
通常の「Ts-500」と耳垢ガード付きの「Tsx-500」があり、耳垢ガード付きのほうが掃除の手間が省けて良いかと思い Tsx-500 にしました。が、買ってみてから N30 についている音質調整フィルタ自体が実質的な耳垢ガードを兼ねているので、耳垢ガードなしの Ts-500 で十分だったかもと思い直しました。

COMPLY Tsx-500

耳に入れる際には、耳栓のようにイヤーピースをいったん押し潰すようにしてから挿入します。低反発ウレタン製のため、耳に入れるとゆっくりと耳穴の形状にフィットしていきます。

COMPLY Tsx-500

手持ちの耳栓系イヤーピース三種。COMPLY、Shure のソフト・フォーム・イヤパッド、ソニーのトリプルコンフォートイヤーピース。COMPLY と Shure はどちらも低反発ウレタン系で装着感はよく似ています。
ソニーのトリプルコンフォートは中空のシリコンフォーム系で柔らかく、遮音性は低反発ウレタンよりは若干劣るけど圧迫感がなく、装着感がかなり良いのが特長。遮音性を取るか装着感を取るかですね。

COMPLY Tsx-500

というわけで、N30 のイヤーピースを Tsx-500 に換装してみました。

音を出した瞬間、「おお、全然違う!」というレベルで音が変わります。今まで抜け気味だった中域の音に厚みが出て、低音もボリュームが増しました。標準のイヤーピースで逃げていた音がちゃんと耳に届くようになり、装着安定性も増したことで音を漏らさず聴き取れるようになった感覚。
高音に関してはシャリシャリ感が取れてマイルドになりました。もう少しヌケの良い高音でも良かったけど、聴きやすい音になったことは歓迎。低音については音量は出たけど音像はちょっとぼやけており、ベースラインが聞こえるというよりはドラムのアタックが前面に出てきます。今までは中低域が抜けやすかったので BASS BOOST の音質調整フィルタを主に使っていましたが、これなら REFERENCE フィルタでちょうど良いくらいです。標準イヤーピースに比べてかなりメリハリの効いた音になり、これはなかなか楽しい。リケーブルよりも効果が分かりやすいんじゃないでしょうか。

遮音性についても Shure のウレタンフォームと同等と言って良く、日常生活レベルではノイキャン不要だと感じます。今まで電車内だと明らかに音が悪くなったと感じていたのが、COMPLY に換えたことで電車内でも静かな自宅と変わらない音で聴けるようになりました。

かなり期待通りの方向に変わってくれたので、COMPLY に換えて大正解でした。でも、こうも効果が出ると分かると、リケーブルのほうも試してみたくなるというのが人情というやつなんですよねえ...。

COMPLY / Tsx-500

B01C2KLFLI

投稿者 B : 21:50 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

2017/09/05 (Tue.)

Sony WF-1000X

ソニー、1000Xシリーズ初の左右完全分離型イヤフォン。最高クラスのNCを自動で制御 - AV Watch

iconicon

個人的にずっと待望していたソニー製の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」が正式発表されました。

完全ワイヤレス、ノイズキャンセリング対応、MDR-1000X 譲りの「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」搭載、見た目良し。今年はもうこれが出たらすぐに買おうと思っていました。

が...、対応コーデックが「SBC/AAC のみ」。何故なのか(;´Д`)ヾ。
ソニーが推している高音質コーデック LDAC はおろか、業界標準の高音質コーデック aptX/aptX HD に非対応、とはあまりにも残念。これらに対応するプロセッサが消費電力等の問題で搭載できなかった、というあたりが理由ではないかと思います。私も MDR-1000X を愛用していて、多少の音質の違いよりもワイヤレスの快適さのほうが重要だと実感はしていましたが(有線接続の音質ならば 1000X よりも 1A のほうが良い)、いくらなんでも今さら SBC で音楽を聴く気にはなれません。iPhone ユーザーならば AAC 接続でそれなりの音質で聴けるんでしょうが。

バッテリ駆動時間が最大で連続 3 時間というのも「もう一声」という感じだし、これはせめてマーク II が出るまで待った方が良さそう。これなら今使っている XBA-N3 に MUC-M2BT1icon を組み合わせて Bluetooth 化したほうがまだ満足できそうです。

ソニー、NCを最適化するBluetoothヘッドフォン最上位「1000XM2」。aptX HD対応 - AV Watch
ネックバンドで"業界最高NC"のソニーBluetoothイヤフォン。ハイブリッドドライバ - AV Watch

iconicon

MDR-1000X もマイナーチェンジしてマーク II(WH-1000XM2)になりました。とはいえ主な変更点は aptX HD 対応とノイキャンやアンビエントサウンドの制御強化、スマホを使った設定調整への対応など、根本的な音質部分には特に変更なし。初代ユーザーとしては安心して使い続けられそうです(笑)。MDR-1000X、マジで今まで買ったオーバーヘッド型ヘッドホンの中で最も満足度高いので、マーク II もオススメです。

それからネックバンド型の Bluetooth イヤホンにも「1000X」シリーズとしてハイエンドモデルが登場しています。今まではソニーのネックバンドタイプは満足いくスペックのものがなく、MUC-M2BT1 に好きなイヤホンを組み合わせるしかない状況でした。が、今回の新モデルは XBA-N1 に近い構成の BA+ダイナミックドライバを搭載し、音質的にはかなり期待できそう。さらにはノイズキャンセリング機能も搭載して当然 LDAC/aptX/aptX HD にも対応しているので、今から買うなら WF-1000X よりも WI-1000X のほうが製品としてのまとまりは良いように思います。

とりあえず私は、今回の新製品はスルーして XBA-N3 用に MUC-M2BT1 を買い足そうかなあ...。

投稿者 B : 22:10 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

2017/08/30 (Wed.)

AKG N30

Shure SE215 Special Edition を壊してしまった件の続き。

本当はこの秋に出てくるであろう完全ワイヤレスイヤホンを買うまでガマン、と思っていたんですが、つい魔が差して買ってしまいました。

AKG / N30 (マットブラック)

AKG N30

気に入っていたガジェットが壊れたからってクヨクヨするんじゃなくて「別の製品を試すチャンス」と考えるポジティブ思考って大事だと思う(ぉ

というわけで、私にとって初の AKG 製イヤホンに手を出してみました。
BA+ダイナミックのハイブリッド式という点では、愛用しているソニー XBA-N3 とよく似た構成ではあります。

AKG N30

N30 は「シュアー掛け」ができるタイプのカナル型イヤホン。耳穴からケーブルを下に垂らすタイプよりもズレにくい安心感があるし、お店で店員さんと話すときなんかに耳から抜いてもイヤーハンガーを引っかけたまま、というのができるシュアー掛けは便利なんですよね。

カラバリは 2 色ありましたがマットブラックを選択。無塗装プラでそれほど高級感はありませんが、最近のイヤホンは華美なデザインのがあまりに多いので、音は良いのに外見で自己主張をしない質実剛健さが却って気に入りました。

AKG N30

このイヤホンで特徴的なのが、音の出口にあたるノズル先端のフィルタを交換して音質を変えられるというところ。

AKG N30

「REFERENCE SOUND」と「BASS BOOST」の 2 種類のフィルタがついていて、好みに応じて取り替えることができます。
一見ではあまり違いがないように見えるフィルタですが、孔の大きさやメッシュの細かさが違っていて、これだけでも微妙に出音が変わります。
ちなみにこのフィルタ保管用のプレートもしっかりした金属製で、ちゃんとフィルタを装着するためのネジ切りがされているなど、無駄にお金かかってます(笑

AKG N30

イヤーピースはごく一般的な中空のタイプ。ソニーのトリプルコンフォートイヤーピースや Shure の低反発ウレタンイヤーピースなどに慣れていると古くさい作りで、しっかり耳奥まで挿し込まないと中低域が抜けてスカスカな音に聞こえてしまいます。これは近いうちに寄り遮音性の高いイヤーピースに交換したいところ。

AKG N30

付属のケーブルは布巻きでとてもしなやかなもの。最近固めのケーブルばかり触っていたのでこの取り回しの良さはありがたい。
また左チャンネルの途中にスマホ操作用のリモコンがついていますが、純粋な音質を考えたらリモコンありなしの 2 バージョンつけてほしかったところ。

イヤホンとケーブルの接続には MMCX コネクタが使われていますが、取付部の形状がやや特殊なため、そのままでは使えないケーブルもあるようです。

AKG N30

リモコンの裏面には Android と iOS の切り替えスイッチが。そう、Android スマホと iPhone では信号線の並びが違うんですよね。
このリモコン、ウォークマンでも使えるのかと思ったら、スイッチをどちらのモードにしても使えませんでした。残念。

AKG N30

その他の付属品。キャリングケースとサイズ違いのイヤーピース、それとクリーニングツール。写真には写っていませんが、航空機用のアダプタもありました。

AKG N30

まだエイジングがあまりできていないので細かな評価はこれからですが、煌びやかな高音の響きが良いですね。音源や楽器によってはシャリシャリした音にも聞こえますが、これは使い込むと和らいでいきそうな感じ。全体的な音の傾向としては SE215 より解像度が高く XBA-N3 よりは音作りがおとなしい印象。モニターライクというにはハイ寄りな感じですが、メリハリある音で聴きたいときは XBA-N3、フラットに聴きたいときは N30、という使い分けでしょうか。
ただ中低域は期待したよりは薄いかな。ダイナミックドライバが 8mm 径しかないのも一因でしょうが、むしろイヤーピース部分で抜けてしまっている感じ。耳への挿し込み方によっても聞こえ方が変わるので、イヤーピース換装と場合によってはリケーブルである程度調整できそうな気がします。

ノズル部に装着するメカニカル・チューニング・フィルタは、REFERENCE だと確かにフラットだけどメリハリが薄くてやや物足りない印象。BASS BOOST に変えると低音がバリバリ出るというよりは、バスドラムのアタックが強く聞こえてくる感じで、むしろ「BASS ENHANCE」と言った方が正しいかもしれません。少し抑揚のある音になるので、個人的にはこちらの方が好きかな。

あとは組み合わせるアンプによってもけっこう印象が違いますね。ウォークマン N30 との組み合わせだと高域が出過ぎて感じるところ、Olasonic NANO-D1 で聴くと全体のバランスがとても良く、XBA-N3 よりも好ましいとさえ思えます。

改めて聴き比べてみると特に何もいじらなくても高次元にまとまっている XBA-N3 ってあまり話題になっていないけど実はすごいイヤホンだったのでは...と見直してしまいましたが(笑、N30 のほうも素性は悪くなく、今後のチューニング次第で楽しめそうな気配。しばらくは N30 のほうをメインで使い込んでみようと思います。

AKG / N30

B06W52VY5M

投稿者 B : 22:30 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

2017/08/28 (Mon.)

LINE WAVE の使用感

LINE WAVE を少し使ってみたので軽く使用感などを書いておきます。

LINE WAVE

届いたのが土曜日の夜なので、使ったのは実質一日とちょっと。まだ全容が掴めているとは言いがたいですが、雰囲気は分かってきました。

■音声認識について
音声認識の成功率は、私の体感で 50% といったところ。まあ私は意識的に大声で話すとき以外は低くくぐもった感じの声で、電話越しにも聞き返されることが少なくないので、拾いにくいという側面はあると思います。でも「よく聞き取れませんでした」とか「その機能はまだ対応していません」ではなくて見当違いの反応をされることのほうが多いのでちょっとイライラします。Web ででもいいからできること/できないことのリストは出しておいてほしいところ。クラウド AI だから機能自体が日進月歩で変化していて、リスト化できないというのもあるでしょうが。
でもやっぱり画面がないデバイスである以上「コイツにどう話しかけたらどう答えてくれるか」がある程度分かっていないと、いろいろ試してみようという気も起きないと思うんですよね。これは WAVE に限らずスマートスピーカ全般に言えることだと思いますが、何らかの初期ハードルを下げる工夫は必要だと思います。

■音質について
大音量だけど音質はそこそこのスピーカ、という印象。BGM 程度に鳴らしておく分にはこんなもんかな、というレベル。
無指向性だからテーブルやキッチンカウンターの真ん中に置きたくなりますが、ちょっと壁寄せ気味に配置すると反響でグッと音の厚みが出てきます。リビングの壁際の棚の上、とかけっこういいんじゃないでしょうか。

■LINE MUSIC について
最初に試したときにどの楽曲も 30 秒程度のダイジェスト再生しかできないと思っていたら、これは WAVE ではなく LINE MUSIC の無料ユーザーの制限でした。WAVE 先行体験版の購入特典として LINE MUSIC の半年間無料クーポンが送られてきていたのでそれをレジスとしたところ、フルコーラスで聴けるようになりました。
それはいいんですが、問題は LINE MUSIC の楽曲ラインアップが思っていた以上に貧弱なこと。「○○の曲をかけて」と言ってもその曲(あるいはアーティスト自体)が登録されていなかったり、正しく認識されずに全然別の曲がかかったり。「SEKAI NO OWARI の曲をかけて」と言ったら 1 曲しか登録されていないのか、『RAIN』(『メアリと魔女の花』の主題歌)が無限ループされたのには参りました。私は Music Unlimited や Amazon Prime Music、Spotify くらいなら使ったことはあるけど LINE MUSIC はこれが初めてで、どんなジャンルの楽曲が強いのかとかプレイリストの組み方がどうなっているのかとかが分からず、どういう使い方が自分に合っているのかイマイチよく分かりません。スマホで LINE MUSIC を起ち上げていると WAVE では再生できないなど、制限も気になる。
当面使える機能が限られるから LINE MUSIC 利用を軸とした先行体験版としたことで、LINE MUSIC の弱点が WAVE の弱点に見えてしまっているのが現状だと思います。

■Bluetooth スピーカ機能について
スマートスピーカとして使い物にならなくても最悪 BT スピーカとして使えれば ¥10,000(先行体験版の特別価格)は悪くないかな、と思ったのもこれを買った理由の一つです。BT スピーカとしての音質はまあまあ(本音を言えば一万円出せばもう少しいい音のスピーカはあるとは思う)。ただ少なくとも現在のファームでは、ウォークマンと BT 接続した際にウォークマン側のボリュームキーを押しても WAVE の音量は変化しません(ソニー純正の BT スピーカなら当然ボリューム操作が可能)。これはファームアップで何とかできそうに思えるので、早急に何とかしてほしい。まあ LINE MUSIC 利用が軸の商品だから BT スピーカ機能は開発優先度が低そうですが。

■バッテリライフについて
これ想像以上にバッテリがもたないですね。正しくは省電力制御がうまくない、と言った方がいいのか。
音楽を鳴らしていないときにも音声入力待機しているため、その間にもどんどんバッテリを消費していき、朝に満充電で使い始めたのに「音楽を止めて放置」しているだけで数時間でみるみるバッテリが空になってしまいました。バッテリ残量については定期的に音声でアラートが出るのは親切設計と言えますが、待機状態ではもっと省電力なモードに入ってほしい。近くにコンセントがある前提だと途端に置き場所が限られてしまうんですよね。

という感じで、今のところは不満の方が多い状況。先行体験版なのである程度割り切って使う必要があるのは分かっていましたが、これはちょっと辛抱強く付き合ってやる必要があるな...というのが今の率直な感想です。先行体験版を買った人はほとんどが新し物好きで、逆に言えば進化のスピードが遅ければすぐに離れて行ってしまう層だと思うので、こっちが驚くくらいのスピードでファームウェアもクラウド AI 側も進化させていってほしいところ。

投稿者 B : 21:46 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2017/08/26 (Sat.)

LINE WAVE 先行体験版が届いた

遅延に遅延を繰り返していた LINE のスマートスピーカ「WAVE」がようやく届きました。

LINE / WAVE (先行体験版)

LINE WAVE

スマートスピーカは Amazon Echo がアメリカでのデファクトスタンダードになりつつある中、Google Home や Apple HomePod など IT ジャイアントたちが流れを作りつつあります。そんな中でほぼ日本ローカルといえる LINE ってどうなの、という声もありますが、一昔前とは違いここ数年の海外勢はマーケットが小さい日本語対応を後回しにするのが当たり前になっています。少なくとも海外勢が日本に本腰を入れてくる前にうまく立ち上げられれば、メッセンジャーアプリとしての LINE のように国内標準くらいは取れるかもしれないという推測もあり、何より他社より先に出てくるから新しもの好きとしては手を出しやすいという理由で(笑)とりあえず WAVE の先行体験版を申し込んでみました。

実機は高さが 20cm 近くあり、ほぼ 1/100 スケールのガンプラと同サイズ。Bluetooth スピーカ程度のサイズをイメージしていたので、思ったより大きいな...というのが第一印象。

LINE WAVE

天面には必要最小限の操作ボタンと LED インジケータ(メッシュ部)。
メタリックグレーの筐体に濃紺のサランネット、角にはさりげなくダイヤカットが施してあったりしてけっこう高級感があります。

LINE WAVE

底部にも LED が仕込まれていて、動作時には様々な色で発光します。Clova(LINE の音声 AI)に話しかけるとグリーンに発光して「ビコン」と音声コマンド待ち受け状態になるなど、動作状況に応じて色が変わるので、今どういう状態なのかがある程度把握できます。

LINE WAVE

背面(まあどこから見てもほぼ同じ見た目ですけど)には電源ボタンや DC ジャックがあります。

LINE WAVE

付属の AC アダプタは USB タイプですが、DC ジャックが microB や Type-C ではなく一般的な DC ジャック形状というのが最近としては逆に珍しい。コネクタカバーがアルミ製だったり、ケーブルの被膜がメッシュだったり、やたらお金かかってます。

LINE WAVE

使い始めるにはスマホに「Clova」アプリをインストール、自分の LINE ID と紐付けた上で WAVE とペアリングする必要があります。
リビング等に置いて家族と共用する機器に個人の SNS アカウントを紐付けるのはちょっと気持ち悪さがありますが、少なくとも現時点の WAVE には LINE のメッセージを読み上げたり音声入力でメッセージを送ったりする機能はありません。そういう意味では安心して使うことができます。

LINE WAVE

設定でちょっとハマったのがペアリング画面。同じ Wi-Fi ネットワーク上にあるスマホと WAVE をペアリングするわけですが、接続する Wi-Fi ネットワークの選択画面に SSID が一つしか表示されません。自宅の SSID ではないものが表示されていたので、これしか見えてないのかよ!?と数分悩んだんですが、この SSID 部分をタップするとスマホから見えている電波の SSID リストが表示され、ようやく接続することができました。この UI、いくらなんでも不親切すぎると思います。

LINE WAVE

現在の WAVE はまだ先行体験版ということで(後日アップデートにより製品版同等の機能に進化する予定)、できることはまだ限られています。LINE MUSIC の音楽再生、日付や時刻・天気などの質問に答えてくれる機能、アラーム設定、それと Clova に全く関係ないけど Bluetooth スピーカとして動作するモード。Amazon Echo あたりに比べるとまだ何もできないに等しいですが、そこは今後に期待かな。ちなみに、ダメモトで「Apple の Siri ってどう思う?」と訊いたら「すばらしいものだと思います」と返ってきて、そういうところはちゃんと仕込んであるのね、と思いました(笑

新しいカテゴリのデバイスを手に入れると、最初は何をやって良いか分からず途方に暮れることも少なくないですが、画面がないと余計に「何ができるか、何をしたらいいのか」が分からず呆然としてしまいますね。まあ現時点でできることは音楽再生+α 程度にすぎないので、そのあたりから試用してみることにします。

音質に関しては、やっぱり音声応答を軸としたスピーカだけあって、人間の声の帯域に合わせてチューニングしてある感じ。音楽を再生してみるとヴォーカルはかなりハッキリ出てきますが、楽器の音、特に高域と低域は寂しい。一回り以上小さいソニー SRS-X33 のほうが高音の伸びも低域の響きもあります。モノラルスピーカだから定位感がない、というのもあるとは思いますが。
ただ筐体が大きいだけあって音量は出るし、J-POP の楽曲を BGM 代わりに鳴らしつつ音声入力に答えてくれるスマートスピーカとしてであれば、まあそこそこ十分かもな、と思える程度の音ではあります。WAVE は LINE の自社開発ですが、Clova のパートナーにはオーディオ関連メーカーもいくつか名乗りを上げているので、いずれはもっと音の良い製品も出てくるんでしょうが。

音楽再生機能に関して言えば、LINE MUSIC の楽曲からはフルコーラスではなくダイジェスト再生っぽい鳴らしかたしかできない(?)ことと、スマホ側で LINE MUSIC を起ち上げていると WAVE 側では再生ができない(スマホの LINE MUSIC を終了させてもしばらくは再生できなかった)ことが不満です。使い方がまだ解っていないだけかもしれませんが...。

というわけで、機器側もこれから進化していくんでしょうし、自分でも試行錯誤しながらしばらく付き合ってみようと思います。

投稿者 B : 23:52 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2017/08/21 (Mon.)

Shure SE215 その後...

最近 Shure SE215 Special Edition の話ばかり書いている気がします。こないだの接点復活王の効果もあり、その後とても快適に使えていたのですが、先日帰宅した際に廊下を歩きながらイヤホンを外していたところ、手が滑ってしまいました。
一昔前と違って今のイヤホンケーブルって長いのが主流じゃないですか。だから、手のひらからこぼれたイヤホンが下まで落ちていってしまい、ちょうど歩いていた自分の足下へ滑り込むような格好になり、次の瞬間

グシャッ

というイヤな音が耳に飛びこんできました。

Shure SE215 Special Edition


。・゚(゜´Д`゜)゚・。


左チャンネルのイヤーピース部分が、見事に根元からポッキリorz。
これはさすがに直しようがないですね...片チャンネルだけ保守パーツで取り寄せられるのかもしれませんが、エイジングの状態が全然違うとそれはそれで音がおかしくなりそうだし。

リケーブルもイイ感じにハマって気に入ってたんだけどなあ。踏んだのが自分の足だけに悔やんでも悔やみきれない。

どうしようもないので同じのを買い直すか、ちょっと違う音を求めて冒険してみるか、はたまた以前の MDR-EX800ST に戻るのも手だよなあ、とかいろいろ考えたんですが、この秋はおそらく完全ワイヤレスイヤホンに手を出すつもりで、これを買っちゃったらたぶん日常使いのメインはそれになっちゃうんだろうなあと思うと、ちょっと今からは買えないですね。一応メインイヤホンとしては XBA-N3 だって健在だし。鬼丸改がもったいないので、これに合わせる MMCX イヤホンを一本持っておきたい気もしているんですが。

というわけで、秋の新製品が出揃うまでしばらく様子見です...。

投稿者 B : 21:50 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

2017/08/09 (Wed.)

MMCX コネクタに接点復活剤を試す

Shure SE215 の MMCX 接触不良問題。コネクタのクリーニングによって一応の解決をみたかに思えていました。が...しばらくして、再発。しかも、今度は右側

えええー...汚れの付着は原因ではなかった、あるいは原因の一つに過ぎなかった、ってことでしょうか。改めてコネクタを外して見てみると、

SE215 Special Edition

確かに右チャンネルの端子にうっすらと汚れはついているものの、前回の左側ほどではありません。汗をかきやすい時季だから汚れもつくし、前回断線のチェックや掃除をしたときに何度か挿抜したから端子が緩くなってる可能性もあるけど、少なくとも単にクリーニングをすれば解決するという問題ではなさそう。
というわけで、今度再発したら試そうと思っていた接点復活剤を買ってみました。

サンハヤト / ニューポリコールキング 接点復活王 PJR-L15

接点復活王

こういう電気接点向けの塗剤で昔から有名なのは SETTEN No.1 だけどちょっと高価いし、Ultimate Ears のイヤホンにも付属していたりして定番の DeoxIT にしようかと思ったらメーカー(国内代理店)欠品中でいつ入荷するか分からないようだし、あまり高価なのを試すつもりもなかったので汎用の接点復活剤にしてみました。主用途はスライド接点向けとのことですが、接合時にクルクル回転する構造の MMCX ならばスライド接点用の復活剤が適していそうだな、という思惑もあり。

接点復活王

原料が書かれていませんが、基本的にはコネクタの通電と潤滑を目的とした導電性のオイルです。「ほとんどの素材を侵しません。」という一文に安心(笑

接点復活王

ボトルはプラモ用の接着剤のように刷毛つきのキャップがされているので、それでコネクタにうっすらと接点復活剤を塗ってやります。あまり塗りたくると逆に導電性が下がったり、汚れを吸着する原因になったりしそうなのでごく少量。本当に一塗りしかしないからまだほとんど残っていますが(笑)、また定期的に塗ってやれば良いかと。

接点復活王

塗布してからかれこれ一週間程度使ってみたところ、これまで悩まされていたノイズや音切れがピタッと収まりました!こないだのクリーニング以上に効果がありました。
ただ、以前に比べると音質が若干マイルドになった気がするのはプラシーボでしょうか(汗)。まあ微妙にでも導電性が変化しているわけで、少しくらい変わっていてもおかしくないですが。まあ、ノイズや音切れよりは全然マシですが。

こういうのもやっぱり DeoxIT とか SETTEN No.1 とかと比べたらどうなんだろう、というのは気になるところではありますが、これもイヤホン本体やリケーブル以上の沼の入口だと思うので、このへんで納得しておくことにします。

サンハヤト / ニューポリコールキング 接点復活王 PJR-L15

B01GROTPEO

投稿者 B : 23:15 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

2017/07/18 (Tue.)

ヤマハ「聴く VR」

ヤマハがAVアンプの音場創生技術をポータブルに、"聴くVR"。イヤフォン新機種も - AV Watch

先週末のポタフェス、気になってはいたんですが聖地巡礼や家の予定が詰まっていて残念ながら行けませんでした。そしたらヤマハがなんか気になる製品を参考展示してたというじゃないですか。

その名も「聴く VR」。ヤマハの AV アンプに搭載されている「シネマ DSP」を応用してヘッドホンアンプに搭載し、ヘッドホンでも AV アンプのような音場を表現できる、というもの。それって既存のバーチャルサラウンドヘッドホンと何が違うの?とか、いわゆる視覚方面の VR と関連性あるの?とか気になるわけですが、上記 AV Watch の記事を読む限りは視覚の VR とはあまり関係がなく、ヘッドホン使用時にも音場表現ができるサラウンド技術で、主にヘッドホンアンプやポタアンの製品化を想定している模様。
まあ現在のヘッドホンアンプ/ポタアン市場はハイレゾを軸とした「いい音」一辺倒で、ヤマハとしてはシネマ DSP の技術を応用して違う付加価値を目指したい、というのは理解できます。でもポータブルで音場表現がどこまで求められるかなあ。家庭用のヘッドホンオーディオ向けに音楽だけでなく BD/VOD の鑑賞にもメリットがある、という方向性の方がフィットしていそうに思います。

でも個人的に期待したいのはそっちよりも視覚系の VR に「音場」という概念を持ち込んでくれる可能性です。現在の VR はヘッドトラッキング技術を使って頭の向きに合わせて映像だけでなく音の指向性も変化させることができますが、音の方はまだまだ頭内定位というか「両耳に音が張り付いている感覚」を超えられていません。VR 空間内で正面から音が鳴っているときに右を向いたら「ヘッドホンの右 ch からは音が出なくなって、左 ch だけから聞こえる」というのは音の響き方や聞こえ方を考えれば不自然なもの。そこはもっとバーチャルサラウンドヘッドホン的に鳴らしてほしいし、何なら PSVR のシネマティックモードを使うときはヘッドホンじゃなくて AV アンプ+スピーカに繋いで音を鳴らさせてくれよ!とも思っていたので、こっち方面にシネマ DSP の音場生成技術が入ってきてくれないかな、と密かに期待しているわけです。

今回の把握まで参考展示であり、今後の展開がどこまで広がるかも分かりませんが、とりあえず現状のものでいいから一度試聴する機会が欲しいなあ。

投稿者 B : 23:59 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック