b's mono-log

2008/08/29 (Fri.)

Sony MDR-AS50G

ジョギング用のヘッドホンは、これにしました。

ソニー / MDR-AS50G

B0017T7GQO

今年の春にスポーツシーン用のヘッドホンがまとめて発売されていたようですが、私の好みはインナーイヤーでネックバンドタイプのものだったので、ほぼこれ一択でした。パッケージ含め、デザインがアメリカーンな雰囲気でちょっとこっぱずかしいですが、装着してしまえばそれほど目立たないので可。
ネックバンドヘッドホンなんてかなり久しぶりに使いましたが、走っていてもずれたりしにくいし、軽いし、良いです。

あまり意識せずに店頭で適当に決めて買ったら、意外と身の回りで同じの使ってる人が多くて、奇遇な感じ。単に私の周囲に趣味の似通った人が多いだけかもしれませんが。

私が普段から使い慣れているカナルタイプのヘッドホン(NW-S706F 付属のノイキャンヘッドホンと MDR-EX90SL)に比べるとドライバーユニットの径が小さいので、音質的にはちょっと不安でしたが、そんなに悪くないです。
ただ、まだ使い始めだから熟れていないだけかもしれませんが、ちょっと高音がシャリシャリしていて耳につく感じはありますね。このあたりは、MDR-EX90SL より前のΦ9mm ドライバーのヘッドホンに近い傾向なので、やっぱりドライバーが小さい分、余裕がないということなんですかね。
いずれにしても、ジョギング中の BGM にするだけなので、そこまで高音質は期待してませんが・・・。

とりあえず手持ちのウォークマンをハーフパンツのポケットに入れて走ってますが、次はプレイヤーと装着方法を何とかしないと。

投稿者 B : 00:50 | Audio & Visual | Headphones | コメント (2) | トラックバック

2008/08/28 (Thu.)

BRAVIA XR1/ZX1/X1/W1

ソニー、"史上最高画質"や世界最薄など新「BRAVIA」 (AV Watch)

2008 年秋冬の BRAVIA ラインアップが発表に。べっ別に悔しくなんかないんだからねっ!(ぉ

RGB LED バックライトで世界最高コントラストの機種、240Hz の「4 倍速」駆動の機種、9.9mm という世界最薄の機種、とシリーズ別に特長を分けてきたようですが、それぞれベクトルがバラバラでどれが良いのかイマイチ分かりにくい。まあ、インパクトがあることは良いことですが・・・。

下位機種は置いておいて、最上位の XR1 は最近流行の狭額縁(まあ、比較すると特に細いほうでもないですが)と伝統のフローティングデザインをうまく融合させてきた感じで、なかなかカッコイイ。それに、やっぱりトリルミナスは羨ましいですね。あと、「XR1」という名前にも、グッとくるものが(笑。

私は去年のうちにどうしても HDTV が欲しかったので全然後悔してませんが、新型の画質はとりあえず見ておきたいかも。

投稿者 B : 23:58 | Audio & Visual | Visual | コメント (6) | トラックバック

2008/08/27 (Wed.)

Sony TA-DA5400ES

ソニー、HDMI出力×2や新ジッタ抑制回路搭載AVアンプ (AV Watch)
ソニー、HDMI搭載のSACDプレーヤー「SCD-XA5400ES」 (AV Watch)

ソニー製 AV アンプの新製品。昨年の TA-DA5300ES の後継ですが、カタログスペックはあまり違わない(HDMI 出力が 1 系統から 2 系統に増え、本体色がブラックになった)のですが、内部回路がリファインされたマイナーチェンジモデルというイメージです。

今使っているヤマハ DSP-AZ2 がさすがにもう苦しいスペックなので、そろそろ買い換えたいと思っているところ。とはいえ、この年末は BD レコーダに投資することを決めているので、来年かなあ。来年なら、AV ラックにかけている子ども除けの柵を外せるかもしれないし(笑。

投稿者 B : 21:08 | Audio | Audio & Visual | コメント (4) | トラックバック

2008/06/12 (Thu.)

スゴ録のリモコンを取り寄せ

購入以来子どものいたずらを日々受け続けてきたスゴ録のリモコンが、いよいよボロボロに・・・。
どれだけボロボロかというと、録画系ボタンが収まっている部分のカバーはもうバカになって閉まらないし、十字レバーの「決定」のシルク印刷が何故か 45°左に傾いてしまっているんですよ。いろいろ試したけど元に戻りそうもないし、いったいどうやってこれ傾けたの(;´Д`)ヾ。

仕方ないので、いよいよサービスステーションで代替品を取り寄せ。たぶん半年のうちに BD レコーダに買い換えるんでしょうけど、税込¥945 なら安いものです。

投稿者 B : 00:37 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2008/06/07 (Sat.)

Sony MDR-DS7000

昨年液晶テレビを買ってからずっと買おうと思っていたものですが、ようやく。

ソニー / MDR-DS7000

B000YBEKF6

小さな子どもがいることもあって、今の部屋に引っ越してからはリヤスピーカを諦めてフロントだけで 5.1ch サラウンド(ヤマハのアンプなのでフロント×2+センターに加えてプレゼンス×2+サブウーファの 5.1ch)という非常にバランスの悪い状態で鳴らしているので、深夜に一人で映画を楽しむときはむしろバーチャルサラウンドヘッドホンのほうが楽しめるのです。でも、今まで使っていたサラウンドヘッドホンは 5 年前に買った MDR-DS8000 で、対応音声フォーマットは現行機種と遜色ないものの、赤外線伝送はさすがにもう辛いところで、ずっと買い換えたいと思っていました。
5 年経てば技術もそれなりに進歩するもので、DS8000 より進歩したサラウンドヘッドホンが実質半額なのだから、良い時代になったものです。まあ、あちこちコストダウンは進められているようで、プロセッサユニットなんかはあまり高級感あるつくりじゃないですが(DS8000 は無駄に凝っていたので・・・)、そこはそれ。

まず装着してみてびっくり。DS8000 よりヘッドホンの質量は確かに軽いです。数十グラムの違いですが、DS8000 はけっこう首が疲れたので、これは良いですね。密閉型だからか頭部への密着感が DS8000 より高まっているのも、装着感に一役買っています。
続いて音を出してみてびっくり。電波式だからノイズレスなのは想像してましたが、DS8000 のホワイトノイズに慣れきった耳には超新鮮。軽く感動すら覚えました。Optical IN の場合は耳元で実際の音声に変換される直前まではフルデジタルで伝送されるわけで、まさにノイズとは無縁。映画を一時停止してちょっと隣の部屋に物を取りに行ったりトイレに行ったりしても途切れることはないし、かなり快適になりました。
ノイズがないだけで大喜びなんですが、音質に関してもまずまず。エフェクトなしではけっこう定位ハッキリ系ですが、音はちょっと平板な雰囲気ですね。映画向けの CINEMA モードは残響重視でセリフがややぼやけるものの、バーチャルチャンネル間の繋がり感が良くて自然な感じ。GAME モードはなんと表現したらいいか華やかな音像になるんですが、あまりゲームしないから使わないような気がします。私の場合はセリフ重視の映画をエフェクトなしで、SF やスペクタクル系・アクション系は CINEMA モードで使う、という感じかな。

あと細かいですが無線のため双方向通信が可能で、ヘッドホン側についているボタンで入力ソースやエフェクトモードの切り替えができます。今まではラックまで歩いていってプロセッサユニットのボタンを押さなくてはならなかったので、実用上の利便性もかなり高まりました。
AV 機器系では久々にさほど単価の高くない買い物でしたが、満足度はかなり高いかも。これならもっと早く買っておくべきでした。

投稿者 B : 23:45 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

2008/06/03 (Tue.)

照明型スピーカ

オーデリックの照明型スピーカーにケンウッドが開発協力 (AV Watch)

照明型スピーカですか。引っ越してから当面サラウンドスピーカの設置を諦めた私みたいな人には魅力的なアイテム。スピーカを天吊りするのと基本的には変わりませんが、存在感が希薄になるのはメリットですねー。補助照明としても使えればなお良しなんだろうけど、そこまでは望めないか。
いずれにしても賃貸のうちは使えませんが、そのうち持ち家になったらスピーカやプロジェクタの設置はちゃんと考えたいと思っているので(あと各部屋のコンセントに Ethernet の口もつけたい)、そのときに検討してみよう。

投稿者 B : 23:23 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2008/04/08 (Tue.)

Sony BDZ-A70/T90

ソニー、PSPに「おでかけ転送」する新BDレコーダ「A70」 (AV Watch)

北京オリンピック大型スポーツイベントに向けて BD レコーダもそろそろモデルチェンジするかな、と思っていたら、案の定。とはいえ、モデルチェンジというよりは実質モデル追加で、ウォークマンへの転送機能を追加(既存の BDZ-X90 で転送できるのは PSP のみ)した BDZ-A70、ベーシックモデルの HDD を大容量化した BDZ-T90 の 2 機種のみ。個人的には、ちょっと肩すかし。
自分が買うなら 1080p、Deep Color、DRC-MFv2.5、画音質にかかっているらしいコストを重視して X90 かな、と思っていましたが、この夏にモデルチェンジがないならボーナスの先行投入で今買ってしまっても良いような、ここまで来たら秋のモデルチェンジまで待ったほうが良いような(そろそろレコーダも 1TB くらい欲しい)、悩ましいところ。

投稿者 B : 20:33 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2008/02/26 (Tue.)

A&V Festa 2008

昨日、A&V フェスタ 2008 に行ってきました。

AV総合展示会「A&Vフェスタ2008」が横浜で開幕
自分の音がみつかる:エンドユーザーに近づいた「A&Vフェスタ2008」 (ITmedia)

・・・が、今年は前回よりもさらに規模縮小している感じで、パシフィコ横浜の展示ホールではなくカンファレンスセンターでの開催になっていました。出展社も一応主だったメーカーは出ているものの、オンキヨー・デノン・マランツ・ヤマハといったホームシアター系大手の出展は無し。出展しているメーカーにしても、多くが体験コーナー(視聴ブース)のみという寂しい状況で、単品システムでホームシアターを構築している人か、スピーカを自作したり高級スピーカ(DIATONE や TAD)に興味がある人しか対象にならない印象。
AV アンプの試聴をしてみて今年はそろそろ買い換えかなあと思った程度で、他に心惹かれるものも見あたらず。

次回はもう行く必要ないかなあ。

投稿者 B : 18:33 | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2008/02/20 (Wed.)

WALKMAN A820

ソニー、初のBluetooth対応「ウォークマンA」 (AV Watch)

噂されていた Bluetooth 対応ウォークマンが発表に。
ワンセグ対応の A910 系のデザインからワンセグをとって Bluetooth を搭載したような製品です。いわゆるビデオウォークマン系で、Bluetooth 経由でワイヤレスで使うこともできれば、本体のヘッドホンジャックを使うときにはノイキャンウォークマンとしても使うことができるハイブリッドタイプ。
ただ残念なことに Bluetooth 経由ではノイキャンは使用不可となってます。まあ、Bluetooth で伝送しつつリアルタイムでノイズキャンセル、というのは難しいのかもしれませんが、NW-S706F でノイキャンから離れられなくなっているユーザーとしては、これだと Bluetooth は使わないかなあ・・・。ワイヤレスで使うなら(音楽だけ再生するときは本体はバッグにしまっておく前提で)むしろ 160GB HDD 搭載で大容量とか、iPod touch なみの大画面で動画が見れるとかいったフィーチャーが欲しかったですが、ややどっちつかずのコンセプトで出てきてしまった感があります。

携帯音楽プレイヤーとしてのバランスは悪くないと思いますが、NW-S706F のコンパクトさと純粋な音楽プレイヤーとしての完成度の高さに馴染んでしまっているので、まだちょっと買い換えには至らないかな(むしろ S706F の予備が欲しいくらい)。Bluetooth だけ内蔵のワイヤレスウォークマンなら私も持ってますし(^^;

32GB 版があれば今の SonicStage のライブラリ(ATRAC3plus 256kbps で約 25GB)が全部入るので、買い換えるなら次かなあ。

投稿者 B : 23:53 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック

2008/02/19 (Tue.)

HD DVD 撤退正式発表

「苦渋の決断」・東芝の西田社長、HD-DVD撤退を発表 (NIKKEI NET)
東芝、HD DVD事業から撤退。3月末で終息に (AV Watch)
東芝「HD DVD事業」説明会 - HD DVD終了のおしらせ (Engadget Japanese)
HD DVD終戦 -- 結局何台売れたのか? (Engadget Japanese)

報道から 3 日目にして、早くも正式に撤退発表。まあ「ワーナーショック」時点からもうタイミングを図るだけという状態になっていたので東芝的には粛々と準備を進めていたのでしょうが、だからこそ先週末の報道が意図的なリークによるものだったのではないかという推測に、より確信めいたものを感じます。

まああとは HD DVD 製品の既購入者には必要なサポートを行うのはもちろんのこと、戦後処理というか後始末をするだけだと思いますが、それにしても市場に甚大な影響が出る前に決着がついたのは結果的には良かったのではないでしょうかね。ただ、BD にしろ HD DVD にしろ日本メーカー初の規格でありながら、ワーナーしかり WAL-MART しかり、主戦場は「市場」ではなく米国の大手ステークホルダーの間だったというのは、日本の消費者としてはやや寂しいものがあります。

東芝の BD 参入は現時点では白紙とのことですが、RD シリーズ自体は非常に出来の良いレコーダだと思うので、そのノウハウを活かして BD 版 RD シリーズを開発すればかなり競争力のある製品に仕上がると思います。BD と HD DVD は論理フォーマット的には近いので、その気になれば BD への技術転用は容易だと思うんですが。

投稿者 B : 21:51 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック