b's mono-log

2007/09/12 (Wed.)

Sony BDZ-X90

ソニー、MPEG-4 AVC録画対応の新BDレコーダ4モデル (AV Watch)

出たー。一挙に 4 モデル。

今年のモデルは去年の BDZ-V9・V7 とは違い、当然のように二層対応してきました。デザイン・画質はともかく機能的には退化した去年の BRAVIA と今年の違いといい、去年の年末商戦向けモデルは何だったのかという気がしますが(´д`)、競争力の感じられる商品群が登場してきたことは嬉しい限り。
4 モデルの機能差は微妙ですが、全部入りの X90・一部マニア向け機能を省いてカムコーダ等からのコピーに特化した L70・DLNA 等を省いてレコーダ機能に割り切った T70・さらに HDD 容量とチューナ数を絞って低価格化した T50 という感じ。意外だったのは最上位機種ですら HDD を 500GB しか搭載しておらず、HDD 大容量化の代わりに AVC 録画することで録画時間を伸ばしてきたことでしょうか。まあ大半のユーザーは気にしない(カタログスペック上の録画時間を重視する)でしょうが、BD に残すことを考えるとトランスコードの入る(=多少なりとも画質が変わる)AVC 録画は避けたいところ。最上位機種だけでも 1TB が欲しかったですね。
ラインアップ数に関しても、群展開してメジャー感を出す・今後の製品の方向性を探る・とにかく普及促進のために低価格な SKU が欲しいという意味で幅を広げてきたんでしょうが、¥2 万ずつの差だったら中途半端なことを言わずに黙って最上位機種かなという気がします。DRC-MFv2.5 はテレビに任せれば良いし、PSP 転送は使わないけど、やっぱり Deep Color は欲しい(BD 再生は PS3 を使うという手もあるけど)しダブチューも DLNA も捨てられないのです。それに、L70 以下だと今使っている RDZ-D87 から HDD 容量が減ることになるし(´д`)。

メディアのほうもカラコレがようやく出てきました。なんかカラコレが出てくると新メディアもようやく普及期にはいるのかなという気になりますね。私は最近 DVD に焼いたら必ずレーベルはプリントするようにしているので、ホワイトレーベルの発売も嬉しいところです。

私はとりあえずテレビが先ですが、今の RDZ-D87 は調子が悪くなった PSX からの買い換えとして(コピーワンスの動向も不透明だったし)あくまでつなぎ程度に考えていたので、この仕様で BD レコーダが出てきたからには早めに欲しいですね。まあ、D87 も「つなぎ」とはいえ、これでデジタル放送初体験となったし、スカパー!も観るようになったし、以前よりテレビを観ることが増えたし、ということで、「つなぎ」以上に良い買い物をしたのかな、と振り返ってみると思います。

投稿者 B : 23:56 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2007/09/11 (Tue.)

WALKMAN S710F

ソニー、ビデオ再生/ノイズ低減搭載の新ウォークマン (AV Watch)

事前にいろいろ噂になっていたウォークマンが国内発表。

何この MPIOsansa(´д`)、って感じで食指が動かない感じのデザインですねー。このサイズの液晶で動画を見たいとも思わないし、8GB の容量はちょっと羨ましいけど、今の S706F から買い換え/買い増したいと思えるフィーチャーは特になし。まあ、海外版と違ってちゃんと ATRAC サポート、ノイキャンありな点は評価でしょうか。

逆に言えばそれだけ S700 シリーズの完成度が高かったということなのかもしれません。とりあえず常用プレイヤーはこのままにして、やっぱり UI を試すだけの理由で iPod touch に手を出してみようかと思い始めました。

投稿者 B : 23:05 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック

2007/09/06 (Thu.)

iPod touch

米Apple、「iPhone」から電話機能を省いた「iPod touch」 (AV Watch)
米Apple、新iPod nanoなどシリーズ刷新で商戦に自信 (AV Watch)

iPod シリーズがフルモデルチェンジ。噂通り「Phone なしの iPhone」たる iPod touch が登場しました。正直、NW-E507 の頃から PMP はウォークマンで満足してしまって、iTunes のライブラリはほぼ破棄してしまった私にとっては iPod 自体にはさほど興味ないんですが、iPhone の UI をほぼそのまま踏襲してきた iPod touch はものすごく気になります。16GB も容量要らない(高いし)ので 8GB でじゅうぶんなんですが、UI のお試しのためだけに¥36,800 も出すのはけっこうな痛手。これは何か自分を正当化する理由を考えないと(え?)。
他のラインアップは予想できた範囲で、nano の動画対応や Cover Flow 対応あたりは機能的にはちょっと気になるけど、あのずんぐりむっくりデザインにはどうも食指が・・・。それにユーザーエクスペリエンスの革新という意味ではそろそろ Click Wheel でもないだろうし、次世代の iPod は shuffle 以外完全にタッチ操作対応してきそうな気もします。

あと個人的に興味をひかれたのが iPhone touch のワイヤレス LAN 機能。単に iPhone から機能を省いた結果残ったもの、とか mylo 的な何かを目指したもの、ではなくて、iTunes Store から直接ダウンロード購入を促すものと考えるとけっこう大きな意味があるような。結局どんなデバイスでも直接 iTunes Store からダウンロードできるようになれば、母艦としての PC や Mac は必要なくなるということ。仮に自分のアカウントで購入した曲ならいつでも何度でもダウンロードできるようになれば、iTunes Store 自体が巨大なライブラリをもつ iTunes ということになるわけで。コンテンツのプラットフォームによる呪縛に対する一種の答えが、そこにはありそうな気がします(「サービスの終わり」に対する答えにはなってないけど)。

ポータブルデバイスの UI の変革や、iPhone の全世界展開に向けての布石(新しい UI に対する障壁を軽減する)という意味でも、iPhone touch は非常に気になる存在です。

投稿者 B : 23:52 | Audio & Visual | iPod | コメント (0) | トラックバック

2007/09/04 (Tue.)

DR.DAC2

ハンディ&ハイエンド、「DR.DAC2」の素敵 (ITmedia)

DR.DAC がモデルチェンジしてたのかー。ちょうど一年前に MDR-SA5000 を買って、せっかくだからヘッドホンアンプも買ってみるかな、と思っていたんですが、いろいろ物色してみると結果的にヘッドホンよりも高いものに散財してしまいそうになったので(´д`)、保留してました。とはいえ、ヘッドホンはそれこそスピーカと違って基本的には設置環境によらずいい音が保証されているデバイスなので、音楽に没頭したいならこっちにお金をかけるのは「アリ」なんですよね。絶対額も高級アンプ+スピーカに比べるとたかが知れているし。

正直、ヘッドホンアンプとしてだけなら用途も限られているしそこまで食指は動かないんですが、DR.DAC2 の良いところは USB オーディオデバイスとしても使えるところ。ライン出力もついているので、普段は高音質な PC のオーディオデバイスとして使って、じっくり音楽を聴きたいときには CD プレイヤーと繋ぐという使い方で書斎ライフを充実させられたらと夢想してしまいます。正直、UA-5 もオーディオキャプチャ機能はほとんど使っていないので、音を出すだけならコンパクトな DR.DAC2 のほうが使い勝手が良さそうだし。

DR.DAC2 のこの前面パネルがまた惹かれるんですよねー。とりあえず今度どこかで実物を拝んでこよう。

投稿者 B : 23:55 | Audio | Audio & Visual | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2007/09/03 (Mon.)

YAMAHA DSP-Z11

ヤマハ、新フラッグシップの11.2ch AVアンプ「DSP-Z11」 (AV Watch)

IFA 2007 で発表されたヤマハの AV アンプのフラッグシップモデル。2003 年の DSP-Z9 以来だからそうとう久々のモデルチェンジになります。個人的にもヤマハユーザーなので、DSP-AX3800 に引き続き、やっぱり気になるわけで。
さすがに 11.2ch というのはオーバースペックな気もしますが、HDMI 入力×5、HDMI 出力×2 というのは現代の AV アンプとしては歓迎したいところ。xvYCC や DeepColor への対応、1080p アップコン出力と至れり尽くせりですが、5,500 ユーロという価格(日本円換算で¥90 万コース!?)を考えると腰が引けてしまいます(´д`)。

まだ各メーカー出そろってはいませんが、やっぱり今年は AV アンプの当たり年という感じですね。まあ、私は買うとしても来年以降でしょうが・・・。

投稿者 B : 23:50 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2007/08/29 (Wed.)

BRAVIA X5000

ソニー、70型などフルHD「BRAVIA」15モデル発表 (AV Watch)
ソニー、フラッグシップ液晶テレビ新「BRAVIA X」 (AV Watch)

待ってました!という感じの BRAVIA 新シリーズの一斉発表。X5000 シリーズとなって、X2500 シリーズのデザイン・画質と X1000 シリーズの機能性が両立し、ようやく「買い」といえるモデルが出た気がします。いやあ、去年焦って買わずに待って良かった・・・。

昨年の X2500 の基本デザインに加えて、画質面では X2500 の性能+倍速駆動と 10bit パネル搭載。機能面では X1000 に搭載されていた(X2500 でオミットされていた)DLNA や XMB の復活、デジタルカメラ向けの静止画モード、HDMI-CEC 対応、2.4GHz 帯電波式リモコンといった部分が強化されています。アクトビラとかアプリキャストは正直どうでもいいや(ぉ。入出力端子周りは X2500 からほぼ継承という感じですかね。個人的には、AV 機器周りを子どもよけの柵で囲っているので、障害物の影響を受けない電波式のリモコンはかなりポイント高いです。
最上位機種の 70X7000 は 70 型に加えてあの「トリルミナス」を使ってたりしますが、¥400 万という価格と 650W という消費電力(PS3 をフルパワーで動かし続ける電力に匹敵する)からして異次元なので、とりあえず店頭で眺めるだけという感じ。これ買ったらポイントで 40 インチの BRAVIA がもらえるわけで(´д`)。

とりあえず本命が出たということで、X5000 の 40~46 型逝っとこうと思います。スピーカ以外は W5000 も同等みたいですが、価格差もあまりなさそうだし。あと実物の質感次第では X5050(ピアノフィニッシュ)にするかもしれません。かれこれ 2 年近くガマンしてきたので発売日に欲しいくらいですが、さすがに値下がり幅が大きいカテゴリなので、年末までの間に時期を見計らって買おうかなと。
ようやくデジタル放送や PS3 の本領が発揮できる環境が手に入りそうです。

投稿者 B : 23:58 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2007/08/21 (Tue.)

Sony VPL-VW60

ソニー、44万円のSXRD/フルHDプロジェクタ「VW60」 (AV Watch)

SXRD プロジェクタの新製品。去年の VW50 の正常進化で、筐体ほぼそのまま(ブラックパールにカラー変更)、基本性能もそのままにコントラスト比を 35,000:1 にまで(!)アップ。で、値段は 30 万円近く下がって¥441,000。フル HD プロジェクタも実売 30 万円前後の製品が増えてきてますが、あの QUALIA 004 の流れを汲むプロジェクタがこの価格(実売だと 30 万円台になりそう)というのは魅力的。個人的にも VW50 のときから狙っていたので、ものすごく気になります。

とはいえ今年はもう買い物キューがかなり溜まってるんですよね。とりあえずテレビを優先したいし、プロジェクタは来年かなあ・・・。

投稿者 B : 23:44 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

Paramount が HD DVD 支持に方針変更

Paramountが「HD DVDのみ」サポートへ方針転換 (AV Watch)

えー。このタイミングであり得ないでしょ。本気ですか???

投稿者 B : 23:32 | Audio & Visual | Visual | コメント (1) | トラックバック

2007/08/10 (Fri.)

YAMAHA DSP-AX3800

ヤマハ、3次元シネマDSP搭載AVアンプ「DSP-AX3800」 (AV Watch)

ヤマハの AV アンプ新製品。ソニーも TA-DA5300ES を発表しましたし、そろそろ各社からリリースが相次いでくる頃でしょうかね。
今年は HDMI 1.3a 対応で次世代 CODEC をビットストリームで受けられる製品が一気に増えてきそうで、かつ私が狙っている中級機が豊作になりそうなので、注目してます。ま、テレビの買い換えが先決なので、買うとしても来年以降でしょうけど。

ヤマハのこいつは「3 次元シネマ DSP」という新しい DSP を搭載しているらしいですが、従来からプレゼンス(フロントエフェクト)スピーカを利用して立体感ある音作りをしてきたヤマハがどんな境地に達しているのか、気になります。その一方で、最近の私はどちらかというと DSP よりも Hi-Fi な方向に向いていて、ストレートでコードの性能のほうがむしろ興味ありますが。また、一時期業界を挙げて進むかに思われた D 級アンプではなく、A 級アンプで各社作りこんできているということは、まだまだアナログの世界でもやれることはあるということなのかもしれません。

去年一昨年は(個人的に)イマイチ盛り上がらなかった A&V フェスタが今年は楽しみだなあ、と思ったら、今年は秋ではなく来春の開催ですか・・・。うーん、CEATEC ではあまりオーディオ系が主役にならないのであまりじっくり見れないかもしれませんが、CEATEC で見るしかないのかな。

投稿者 B : 00:12 | Audio | Audio & Visual | コメント (0)

2007/07/29 (Sun.)

Cineza のランプを交換

ダ・ヴィンチ・コード』を観ている最中に、Cineza が突然電源断。少し前にも一度同じようなことがあって電源を入れ直したら直ったので、同様に再起動してもまた 10 分と経たないうちに同じ症状が・・・の繰り返し。本体を見てみると「LAMP/COVER」のインジケータがついているので、こりゃランプだな、ということでランプを交換。結局ダ・ヴィンチは半分以上テレビで観るハメに(;´Д`)ヾ。

ソニー / 交換用ランプ LMP-H180

ソニスタで発注したら中一日で届いちゃいました。この手の(購入頻度が高くない)消耗品って量販店でも取り寄せになることが多いので、こういうのはメーカー直販の強みですよね。
ランプを交換したら無事また観れるように。気持ちの問題かもしれませんが、新品のランプになったおかげで心なしか交換前よりもコントラストが改善されたような。

でも、前のランプもまだ 330 時間くらい(一般的なランプ寿命と言われる時間からするとかなり短い)しか使っていなかったので、ハズレを引いたかな、と思うとちょっと複雑(´д`)。一瞬 SXRD プロジェクタに買い換えようかという邪念も脳裏をよぎったんですが(ぉ、それよりはまず年内にテレビを買い換えることのほうが先決だし、とりあえずはランプ交換で繋ぎ。

投稿者 B : 19:28 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック