b's mono-log

2007/08/21 (Tue.)

Sony VPL-VW60

ソニー、44万円のSXRD/フルHDプロジェクタ「VW60」 (AV Watch)

SXRD プロジェクタの新製品。去年の VW50 の正常進化で、筐体ほぼそのまま(ブラックパールにカラー変更)、基本性能もそのままにコントラスト比を 35,000:1 にまで(!)アップ。で、値段は 30 万円近く下がって¥441,000。フル HD プロジェクタも実売 30 万円前後の製品が増えてきてますが、あの QUALIA 004 の流れを汲むプロジェクタがこの価格(実売だと 30 万円台になりそう)というのは魅力的。個人的にも VW50 のときから狙っていたので、ものすごく気になります。

とはいえ今年はもう買い物キューがかなり溜まってるんですよね。とりあえずテレビを優先したいし、プロジェクタは来年かなあ・・・。

投稿者 B : 23:44 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

Paramount が HD DVD 支持に方針変更

Paramountが「HD DVDのみ」サポートへ方針転換 (AV Watch)

えー。このタイミングであり得ないでしょ。本気ですか???

投稿者 B : 23:32 | Audio & Visual | Visual | コメント (1) | トラックバック

2007/08/10 (Fri.)

YAMAHA DSP-AX3800

ヤマハ、3次元シネマDSP搭載AVアンプ「DSP-AX3800」 (AV Watch)

ヤマハの AV アンプ新製品。ソニーも TA-DA5300ES を発表しましたし、そろそろ各社からリリースが相次いでくる頃でしょうかね。
今年は HDMI 1.3a 対応で次世代 CODEC をビットストリームで受けられる製品が一気に増えてきそうで、かつ私が狙っている中級機が豊作になりそうなので、注目してます。ま、テレビの買い換えが先決なので、買うとしても来年以降でしょうけど。

ヤマハのこいつは「3 次元シネマ DSP」という新しい DSP を搭載しているらしいですが、従来からプレゼンス(フロントエフェクト)スピーカを利用して立体感ある音作りをしてきたヤマハがどんな境地に達しているのか、気になります。その一方で、最近の私はどちらかというと DSP よりも Hi-Fi な方向に向いていて、ストレートでコードの性能のほうがむしろ興味ありますが。また、一時期業界を挙げて進むかに思われた D 級アンプではなく、A 級アンプで各社作りこんできているということは、まだまだアナログの世界でもやれることはあるということなのかもしれません。

去年一昨年は(個人的に)イマイチ盛り上がらなかった A&V フェスタが今年は楽しみだなあ、と思ったら、今年は秋ではなく来春の開催ですか・・・。うーん、CEATEC ではあまりオーディオ系が主役にならないのであまりじっくり見れないかもしれませんが、CEATEC で見るしかないのかな。

投稿者 B : 00:12 | Audio | Audio & Visual | コメント (0)

2007/07/29 (Sun.)

Cineza のランプを交換

ダ・ヴィンチ・コード』を観ている最中に、Cineza が突然電源断。少し前にも一度同じようなことがあって電源を入れ直したら直ったので、同様に再起動してもまた 10 分と経たないうちに同じ症状が・・・の繰り返し。本体を見てみると「LAMP/COVER」のインジケータがついているので、こりゃランプだな、ということでランプを交換。結局ダ・ヴィンチは半分以上テレビで観るハメに(;´Д`)ヾ。

ソニー / 交換用ランプ LMP-H180

ソニスタで発注したら中一日で届いちゃいました。この手の(購入頻度が高くない)消耗品って量販店でも取り寄せになることが多いので、こういうのはメーカー直販の強みですよね。
ランプを交換したら無事また観れるように。気持ちの問題かもしれませんが、新品のランプになったおかげで心なしか交換前よりもコントラストが改善されたような。

でも、前のランプもまだ 330 時間くらい(一般的なランプ寿命と言われる時間からするとかなり短い)しか使っていなかったので、ハズレを引いたかな、と思うとちょっと複雑(´д`)。一瞬 SXRD プロジェクタに買い換えようかという邪念も脳裏をよぎったんですが(ぉ、それよりはまず年内にテレビを買い換えることのほうが先決だし、とりあえずはランプ交換で繋ぎ。

投稿者 B : 19:28 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2007/07/27 (Fri.)

NW-S706F ヘッドホン交換

2 ヶ月くらい前からですかね。NW-S706F の左ヘッドホンのゴムカバーが切れちゃいました。

イヤーピースを覆ってるだけのカバーなんですが、意外と遮音性に影響が大きいらしく、これがないとノイズキャンセリング効果も半減。当初はこのゴムがずれて↓のようになり始めて、そのうち毎日必ずずれるようになって、直すのも面倒な状態に(´д`)。最終的にはゴムが伸びて徐々に破断。


面倒だったしちょうど W880i も買ったところだったのでしばらく放置してましたが、けっこう修理対応している人がいるようだったので、私も品川の SS へ修理に出すことにしました。

修理というかヘッドホン部だけ新品交換になってきたんですけどね。交換の際はヘッドホンを一時預かってから代替品を用意という形だったんですが、私の場合は運が良かったのか依頼して翌日には届いてました。

心なしか、前よりもしっかり固定されていてずれにくいような。まあ使っているうちにずれてこないとも限りませんが。
問題はせっかくエイジングが済んで気に入った音で鳴るようになっていたのに、ヘッドホンが新品になってまた最初からやり直しになったことでしょうか(;´Д`)ヾ。買った当初のちょっとくぐもった感じというか、圧迫感のある音に戻ってしまったので、とにかくどんどん鳴らして馴染ませていかないと・・・。

投稿者 B : 23:10 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック

2007/07/24 (Tue.)

ケンウッドとビクターが経営統合へ

ビクターとケンウッドが2008年経営統合へ (AV Watch)
日本ビクター、ケンウッドの資本参加で会見 (AV Watch)

ビクターがケンウッドと経営統合へ。関連報道があるたびに「何も決まっておりません。」というシンプルこの上ないプレスリリースを出していたビクターでしたが、ついに収まるべき鞘が見つかったということです。このまま松下傘下にいても良いことはなさそうだったので喜ぶべきことと受け止めたいですが、ケンウッド自体が必ずしも好調と言えるわけではないので(良かった頃のケンウッドしか知らず、最近ではコンシューマー AV 機器での露出が少ないからそう感じるだけかもしれませんが)やや心配なところではあります。映像関連はビクターブランド、音響と無線関係はケンウッドブランドという感じで棲み分けていくのかな。
まあ、ビクターは国内よりもむしろ海外で(JVC ブランドとして)の認知度が高かったりするので、日本を代表する電機メーカーとして再建を成功させてほしいところです。

投稿者 B : 23:59 | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2007/07/04 (Wed.)

B&W のスピーカが故障orz

家に帰ってみたら、テレビのところにおもむろにスピーカのツィータのカバーが転がっていました。

「???」

と思って、テレビ周辺にあるスピーカをよく見たところ、センタースピーカの B&W HTM7 のノーチラスツィータのメタルドームが・・・へこんでる(((( ;゚Д゚))))!!!

やられた。子どもにやられました・・・。

ちょっとのことには目をつむってきましたが、今回ばかりはさすがに落ち込みましたorz。今修理してもまた同じような目に遭わないとも限らないので、とりあえず子どもにもう少し分別がついてから修理に出そうと思ってますが、いくらかかるのコレ・゚・(つД`)・゚・。

投稿者 B : 23:59 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2007/05/25 (Fri.)

PS3 システムソフトウェア Ver.1.80

SCE、PS3のアップスケール対応ファームを日本公開 -BDビデオの1080/24p再生対応。ネットワーク再生も (AV Watch)
アップスケール対応のPS3「1.8」ファームを検証する -DVD画質は大幅向上。強力なマルチプレーヤーに (AV Watch)
SCEJ、PS3システムソフトウェア バージョン1.80公開 -PS/PS2のソフトがHD解像度でプレイ可能に (GAME Watch)

PS3 のシステムソフトウェアがバージョンアップ。私もさっそく当ててみました。

今回のアップデートはかなり大がかりなもの。PS・PS2 タイトルや DVD-Video の HD コンバート出力がかなり話題になってますね。SACD のデジタル出力などと同様、「真っ当にやったらめちゃくちゃ負荷がかかる処理を圧倒的なプロセッサパワーで高品質処理する」というソリューションはやっぱり PS3 の持ち味ですね。ヘタな高級 DVD プレイヤーを買うより画質も良さそうなので、今度から PS3 をプレイヤー代わりに使おうかと思っています。まあ、まだ HDTV を持っていないので、真価が発揮できるのはテレビを買い換えてからでしょうが。

でも、個人的にはこれが一番嬉しかったり。

DLNA クライアント機能に対応したことなんですよね。ここしばらく自宅に DLNA 環境を整えたいと思っていたところなので、かなり歓迎です。HDD 内蔵なので本当は DLNA サーバになってくれても良いような気がするんですが、とりあえず DLNA 対応 NAS でも導入しようかなと。

投稿者 B : 23:33 | Audio & Visual | Game | PS3 | コメント (0) | トラックバック

2007/05/22 (Tue.)

GameSwitch PS3-S201A

ハイパー、PS3をHDCP非対応液晶で利用するDVI切替機 (AV Watch)

「こんなのアリ?」という感じの、HDCP 非対応ディスプレイに HDCP コンテンツを映し出してしまえるディスプレイ切替機。

HDCP 対応ディスプレイを持っていない立場からするとありがたい製品ではあるのですが、これが発売できるなら、HDCP ってなんだったの?という気がしなくもないです。なんか発売後に販売差し止めとかになりそうな気配ムンムンなので、当面用途はないけど発売されたら「とりあえず買っとく」というのもアリかなあ、なんて思ったりしています。

投稿者 B : 23:45 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2007/04/19 (Thu.)

PS3 で DSD ディスクを再生してみる

最近 Wii と DS の話ばかりしてますが(ぉ)、久々に PS3 の話を。PS3 が DSD ディスクの再生をサポートしたというので、試してみました。

DSD ディスクというのは、SonicStage Mastering Studio で作成可能な、DSD 音源を DVD メディアに記録するフォーマット。SSMS のサブプログラム「DSD Direct」で PCM 音源を DSD に変換するとなぜか音が明らかに良くなるので、これを PC ではなく AV 機器で再生してみたいとは常々思っていました。
ちょうど直近の藤本健氏のコラムでも検証されてます。

PLAYSTATION 3のDSDディスク再生を試す ~ 自作DSDディスクを簡単に再生 ~ (AV Watch:藤本健のDigital Audio Laboratory)

ただ、私が持っているアンプは HDMI 登場以前の時代のものなので、アナログか S/PDIF(光)で通すしかありません。S/PDIF は DSD を通せないので、PS3 上で 48kHz(または 44.1kHz)の PCM に変換するしかない状況。まあ、PS3 は今のところ HDMI でも DSD を通せないので、192kHz の PCM として通しているらしいですが、DSD で通したところで通常はアンプ内部でいったん PCM 化されてしまうので、それなら PS3 上で高精度に PCM 変換したほうが音は良いはず。

さておき、手持ちの環境が貧相ながら(まあ、HDMI 搭載のアンプなんてまだ全然普及してないけど)一通り聴いてみましたが、個人的には

DSD ディスク光 > DSD ディスクアナログ > CD-DA 光 > CD-DA アナログ

という感想。私の耳が良くないだけかもしれませんが、DSD ディスクのほうが微妙に「DSD らしい」立体感というか、奥行き感があるような感じはするけど、あくまで「微妙に」という範囲かと。AV マルチ端子から映像と一緒に出力されるアナログ音声の品質はさほど期待できないし、光にしても 48kHz までダウンコンされてしまうと・・・(逆に CD-DA は 48kHz にアップコンしながら再生できるし)。HDMI が使えないとそんなに恩恵は受けられないのかな、という感じ。これなら VAIO で(本体内蔵スピーカのクオリティでも)DSD 直再生と CD-DA で比較したほうが明らかに分かると思います。

うーん、今年はテレビの買い換えはもう決めているけど、合わせてアンプも買い換えたくなってきた(´д`)。

投稿者 B : 23:51 | Audio | Audio & Visual | Game | PS3 | コメント (0) | トラックバック