b's mono-log

2006/03/31 (Fri.)

HD DVD プレーヤーが発売に

東芝、HD DVDプレーヤーを3月31日発売 -初期出荷分は「バイオハザード」など同梱。実売11万円 (AV Watch)

今日びっくりさせられたニュース。延期と言われていた HD DVD プレーヤーが今日いきなり発売に。
ソフトがまだ出てもないのにどうするの、と思ったら、バンドルするのね・・・。

$500 程度といわれている低価格版「HD-A1」はまだ出ていないけど、こっちが出たら試しに買ってみるかなあ・・・。

投稿者 B : 22:29 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2006/03/18 (Sat.)

視聴スタイル多様化時代のテレビ放送

ワンセグケータイ、P901iTV をしばらく使ってみて感じたこと。

私の今の職場は自宅からけっこう近く、通勤中電車に乗っている時間なんて 15 分に満たないので(しかも座れないことがほとんどなので新聞や雑誌を広げるわけにもいかない)、最近は時間つぶしにワンセグでも・・・ということが増えてきたんですが、逆にその短時間のためにケータイにヘッドホンを接続するのも面倒で、音声ナシでワンセグの映像だけをぼんやり眺めていたりします。
でも、意外とこれって観れちゃうんですよね。音声ナシだと何をやってるか分からなさそうなものですが、生放送やドラマでもない限りはほとんどの番組でテロップを多用しているので、音がなくてもほとんどの内容が分かる。これが「だいたい分かる」というならともかく、話の筋を作るようなコメントや面白いコメントには須くテロップが入っているので、「ほとんど分かって」しまう感じなんです。

昔、バイトで下っ端の編集マンみたいな仕事をしていたこともあって、私はこのテロップ多用のテレビ文化に対して、「言葉を文字に置き換えることで無理矢理笑わせようとしている」「人間の口から発せられる言葉の情緒やわび・さびを絶滅させる行為だ」という考えでいました。おそらく、芝居や歌が人間に感動を与える理由は小説のそれとは異なる種類のものだろうし、落語みたいなものは「語り手」がいるから面白いのであって、落語が活字だけだったらそこまで面白いものにはならないことと、同じ理由で。
そんな感じで、テレビでテロップを多用することについては否定的な立場だったんですが、ちょっと前にある人から「自分もそう思っていたけど、耳の不自由な人や老人にとっては健常者と同じようにテレビを観られて、みんなと同じところで笑えるのが嬉しい、という考えもある」というような話を聞き、妙に納得してしまったことがありました。そして、改めて自分が「音声ナシでテレビ番組を楽しむ」ということを試してみて、テロップ多用にも意外なメリットはあるものだな・・・と改めて思ったというわけ。

無論、テロップを使って他愛ないことを無理矢理面白く見せているテレビの作りが「芸能人」の質の低下を招き、芸能人の使い捨てみたいなことが以前に比べて加速していることもおそらく確かだとは思います。なので、テロップの多用を全て是とするわけではありませんが、放送がデジタル化でいよいよ本格的な多チャンネル時代を迎え、さらにワンセグやブロードバンド放送など放送自体の多様化が進むこの先、例えば映画とテレビで画作りが異なるのと同じような「コンテンツの作り分け」みたいなことも必要になってくるのは確実だろうなあ、と、2.5 インチの小さな画面を見つめながらしみじみと感じてしまいました。

・・・気がつけば、ワンセグの本放送開始まであと 2 週間に迫っているじゃないですか。

投稿者 B : 23:40 | Audio & Visual | Soliloquy | コメント (1) | トラックバック

2006/03/17 (Fri.)

Sony BDP-S1

米Sony、1,000ドルでBDプレーヤーを7月発売 -HDMI 1080p出力対応の「BDP-S1」 (AV Watch)

国内発表はまだだけど、再生専用機が先に出るのか、レコーダーが出るのか。米国で 7 月発売とすると、国内は夏のボーナスで買えるか微妙なタイミングかなあ。
$999.95 というと国内で発売されたとして¥120,000~150,000 くらい?録画機で今のハイエンド DVR 同等の価格で出てきてくれれば即買いでもいいくらいだけど、それは望みすぎか・・・。

とりあえず年内には HD 対応テレビが欲しいと思ってるので、BD プレイヤーも気になるところ。

投稿者 B : 21:09 | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2006/02/09 (Thu.)

Sony MDR-Z900HD

ソニー、80kHz再生可能なモニターヘッドフォン (AV Watch)

最近「また」ヘッドホン欲しい病が再発しかけているんだけど、タイムリーに新製品発表。
しかも高音域の再現性がアップした Z900 の後継だなんて、買ってくださいと言ってるようなもんじゃないの(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 12:41 | Audio & Visual | Headphones | コメント (0) | トラックバック

2006/02/06 (Mon.)

ワンセグ+DVD プレイヤー

松下、ワンセグチューナ搭載のポータブルDVDプレーヤー (AV Watch)

ありそうでなかったワンセグチューナ内蔵のポータブル DVD プレイヤー。地アナチューナも内蔵していて、けっこう楽しめそうな感じ。9inch ワイド液晶なので、QVGA(320x240)をフル画面で観るとけっこう粗さが目立ちそうな感じはあるけど。ただ、ワンセグ+地アナチューナの価格が¥35,000(チューナ内蔵モデルが¥90,000、チューナ無しモデルが¥55,000)と考えると、ワンセグケータイが買える値段だったりして、ちょっと微妙(´д`)。

そういえば以前欲しがっていた amadana のポータブル DVD プレイヤーも、デザイン以外の点では VGN-TX90PS がほとんどその要件を満たしてしまったから買う必要ないジャン(´д`)、となったけど、今度の TX91PS なら差額¥10,000 でワンセグがつけられるし、今さらながらもうちょっと待てば良かったかな(´・ω・`)と思ってます。高付加価値 DVD プレイヤーの値段(今回の松下で¥90,000、amadana で¥134,400)を考えると、DVD とワンセグが観られて、ついでに PCとしても使える(ぉ)スペックで¥174,800~ ってとても良い値段な気が・・・。

投稿者 B : 22:54 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2006/02/02 (Thu.)

SonicStage 3.4

ソニー、WAV出力に対応したSonicStage最新版 (AV Watch)

Successor たる CONNECT Player がようやく 1.0.03 になったところで、また SonicStage が着実にバージョンアップされてるんですけど・・・(;´Д`)ヾ。

主な新機能は以下のとおり。

  • Hi-MD 機器へ以下の転送可能ビットレート追加(ATRAC3plus 192kbps)
  • Hi-MD 機器でデジタル録音した曲の SonicStage 取りこみ後 WAV 変換対応
  • 録音可能ビットレート追加(ATRAC3plus 352kbps)
  • ミュージックコミュニティおよび Yahoo! ミュージックダウンロード対応
  • 録音済みタイトルの曲情報取得に対応(Gracenote MusicID)
  • WAV-AAL(ATRAC Advanced Lossless)間の相互変換に対応
  • 歌詞ボタン追加(再生中の歌詞付きのタイトルの歌詞表示が簡単に)
まあ、こまごま追加されてるけど、地道な機能追加という感じ。ミュージックコミュニティの出来次第では、CONNECT が実現しようとしてできていない世界観以上に楽しめそうなので、ちょっと気にはなりますね。

しかし、SonicStage 自体は収束に向かうと言われているこのタイミングでスプラッシュロゴが変更されてることに、何か意図を感じてしまうのは私だけだろうか(´д`)。

投稿者 B : 19:21 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック

2006/01/25 (Wed.)

CONNECT Player の不具合対応策

Sony Europe、CONNCT Player関連トラブルの対応策を告知 -SonicStegeの開発は継続 (AV Watch)

トラブルを抱える対象製品のユーザー向けにFAQを公開するとともに、解決しない場合には転送ソフトとしてSonicStageを利用することを提案している。

あれま(´д`)。

投稿者 B : 01:11 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック

2006/01/05 (Thu.)

2006 International CES

年明けから開催中の CES 2006。個人的にも注目のニュースがいくつかあるのでメモ。

Intel、新ブランド展開を発表 - 価格表に「Yonah」も登場 (MYCOM PC WEB)

Intel のモバイル用デュアルコア CPU「Core」(=Yonah)とプラットフォームブランド「Centrino Duo」(=Napa)、およびデジタルホーム向けプラットフォームブランド「Viiv」(=East Fork)が正式発表。
今年はこの Napa をきっかけにノート PC のパラダイムがまた変わりそうな気配もあるので、各メーカーからどんな製品が出てくるのかちょっと楽しみです。


パイオニアがBlu-ray Discプレーヤーを発表 (AV Watch)
東芝、499ドルのHD DVDプレーヤーを3月に投入 (AV Watch)

いよいよ製品レベルの発表が始まった Blu-ray Disc・HD DVD。発表のみで発売がしばらく先だったり、日本国内での発売が未定だったりとまだ本格的な普及は先みたいですが、ようやく第一弾が登場しそうというだけでも注目。今年の年末商戦あたりには、現実的な価格にまで落ちてきてくれるんでしょうか。

投稿者 B : 22:49 | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2005/12/20 (Tue.)

AACS ようやく正式決定

日本ではHDアナログ出力制限が無効に――AACSのコンテンツ運用規定が決定 (ITmedia)

AACS の規定がようやく決まったようです。もういつから延期されていたのか忘れてしまったほど待たされたけど、これでようやく Blu-ray も HD DVD も製品化にゴーサインが出た格好に(この後これをそれぞれのディスクフォーマットに実装する必要があるけど、たぶん確定次第製品化できるように見込みで開発してた部分もあるはず)。

一番の懸案だった HD 映像のアナログ出力が実質認められたことで、「HDMI のないテレビでは HD コンテンツが観られない」といった問題も回避されたわけで、ようやく 2006 年は次世代 DVD が立ち上がりそう。
そろそろデジタルハイビジョン放送が気になる私としては、やっとまともに買える HD 製品が出る見込みが立って一安心。

投稿者 B : 19:22 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2005/12/15 (Thu.)

NW-A1000

んー、やっぱり NW-E507 のほうが良いな(´д`)。

投稿者 B : 23:58 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (2) | トラックバック