b's mono-log

2013/10/12 (Sat.)

VPL-VW500ES

ソニー、84万円のネイティブ4Kプロジェクタ「VW500ES」 - AV Watch
ソニー / VPL-VW500ESicon

iconicon

SACD プレイヤーが壊れてから、オーディオ・ビジュアル環境の再整備を考え始めています。本来は CD プレイヤーの置き換えだけ考えればいいところ、長年の懸案だった AV アンプとプロジェクタの買い換えまで思案しはじめる始末(笑。そんな折、4K プロジェクタが待望の価格破壊!従来の約半額に!...って、まだまだ実売 75 万円じゃあねー(´д`)。

でも、これから買うのにフル HD のプロジェクタ、というのも負けた気がするし、どうせ投資するなら 4K に行っときたいところ。来年さらに半額になったりしたら迷わずダイブするんですが、さすがにそれはまだ難しいかなあ。まあ、プロジェクタを買い換えるならスクリーンもセットで考えないとだし、その前に CD プレイヤーと AV アンプを何とかしないとなんですけどね...。

投稿者 B : 00:50 | Audio & Visual | Visual | コメント (0) | トラックバック

2013/10/09 (Wed.)

CD ラジオ ZS-E20CP

SCD-XB7 が壊れた件。とりあえずの対応として、これを買いました。

ソニー / CD ラジオ ZS-E20CP

ZS-E20CP

あ...ありのまま 今起こった事を話すぜ!『俺は単品の SACD プレイヤーが壊れたと思ったら、いつの間にか CD ラジオを買っていた』。な...何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をしたのかわからなかった...。

という話ではなく(ぉ)SACD プレイヤーが壊れたのとは別に、幼稚園関係のイベントごとで持ち運べる CD プレイヤーが欲しい、という需要があったので、とりあえず購入した、というわけ。自分で使うなら、今でもまだ持ってる CD ウォークマンとポータブルスピーカでも持ち出すところですが、ウチの奥さんが子ども関係のイベントで使うなら、配線とか面倒がないほうが本人も私もラクでいい。高いものでもないし、とりあえず買っておくか、というわけで。
ちなみに、実売 1,000~2,000 円違いで、より薄型なのにスピーカ出力が大きい「ZS-E70」というモデルもあったんですが、奥さんの「デザインがかわいくない」という一言で却下。ま、まあ、そうだよね...。

ZS-E20CP

前面のカバーががばっと開いて CD ドライブにアクセスするという、なんとも大雑把な CD ラジオです。まあ実売 ¥5,000 くらいなので、文句もありませんが。ちなみに MP3 や WMA が書き込まれた CD-R/RW も当然のようにかかります。

CD ラジオ(今やもう「CD ラジカセ」ですらない)買ったのなんて、中学校のとき以来ですよ!当時、お年玉はたいて買ったパナソニックのコブラトップラジカセ、今でも実家にあるなあ(笑

ZS-E20CP

操作ボタンは最低限、という感じで、リモコンなんてハイカラなものはついていません。

ZS-E20CP

ラジオもユーザーメモリ 3 局のみ。まあ、ラジオは普段そうそう聴くことはないし、スマホやタブレットで radiko で聴いた方が受信状況も安定しているし、困ることはないかな。

操作系のボタン印字が全て日本語表記なのが、この商品がどういうユーザー向けなのかを表していますね...。

ZS-E20CP

背面の凹みに手をかけて持ち運べます。軽いので女性や子どもにも苦にならない感じ。幼稚園に持って行くにも、何かにくるんで自転車の前カゴに突っ込んでいけることでしょう。

筐体のあちこちに細かく孔が空いていますが、バスレフポートなんていう気の利いたものというよりは、軽いプラスチック筐体を響かせるよりは音そのものを外に出してやったほうがまだマシ、という程度のように思えます。

ZS-E20CP

ちょっとイヤなのが、外部電源使用時はメガネケーブルを本体に直挿ししなくてはならないこと。ケーブルの取り回しの自由度が低いし、何より見た目からしていけてないので、これはちょっと何とかならなかったものか。

でもこのクラスでヘッドホン端子と外部入力端子があることはちょっと誉めてあげたい。iPod やスマホの音楽をケーブル接続で鳴らせる、というのは、こういう製品のユーザー層的には重宝しそうです。

ZS-E20CP

音質に関してはもう見た目からして推して知るべし、という感じで、購入前の予想以上でも以下でもありません。私がこれで音楽を聴くことはないでしょうが、普段はキッチンに置いておいて奥さんの料理時の BGM 代わりにし、必要なときに持ち出す、という感じで良いのではないでしょうか。奥さんがたまに欲しがった家電製品の購入には反対しない、のが我が家の円満の秘訣です(ぉ
これはこれとして、むしろ SACD プレイヤーの買い換えをどうするか、が目下の私の懸案事項なのですが...SACD プレイヤーを買い換えるつもりが、ついつい AV アンプやプロジェクタまで含めたシステムのリプレースの算段まで考え始めるのが、私の悪いクセ(ぉ。

ソニー / CD ラジオ ZS-E20CP

B009LRLN5O

投稿者 B : 00:20 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2013/10/01 (Tue.)

SCD-XB7、壊れる

2003 年に購入した SCD-XB7 が、壊れた。
10 年目なので、もうモノによっては充分廃品レベルだが...

SCD-XB7

綺麗な顔してるだろ...ウソみたいだろ...s(ry

今年はオーディオ・ビジュアル関係にお金をかけよう、と年始に考えていたものの、10 月に入っても結果的にほとんど投資できていませんが(汗)、そんな私の後ろめたさを見透かしているとでもいうのか。

この SACD プレイヤーは 10 年ほど前、ホームシアターを中心としたオーディオ・ビジュアルに没頭していた頃に一式揃えた機材の一つです。下にあるのは MD デッキの MDS-JB940。今や SCD-XB7 に輪をかけて使用頻度の低いデッキですが、どうにも捨てられずにラックに収まっています(笑。いずれも、二十代半ばだった当時は ES シリーズに手を出せるほどの予算はなく(PC 関係にお金をかけすぎだったともいう)、DVD プレイヤーや AV アンプまで含め、ひととおり中級機で揃えました。プロジェクタだけは奢ったものの、それも今やスペック的には下の下(泣。

さておき、この SACD プレイヤー。私は最近すっかり自宅で音楽を聴く時間がなくなり、自分でこのデッキに電源を入れたのは早数ヶ月前、という状態だったんですが、私よりは使用頻度が高く、家電製品を買おうという話さえ滅多にしないウチの奥さんが、ある日突然「ねえ、CD ラジカセ買ってもいい?」と。なんだその中学生みたいなおねだり(ぉ
...改めて話を聞いてみると、この SACD プレイヤーの調子が悪く、CD が聴けなくなってしまったとのこと。確認してみると、確かに音飛びは激しいし、曲送りも効かない状態(挙動を見る限り操作は受け付けているものの、読み込めていない)。うーん、ピックアップの駆動系のどこかが経年劣化してしまったかなあ。使用頻度が低いせいで逆に固着している可能性もあるけど、いずれにしてももう 10 年選手で、いわゆるメーカーの補修用部品保有期限もとっくに過ぎています。ソニーを退社した修理エンジニアが請け負う修理サービスにカセットデッキを修理してもらった人もいるようなので、これも依頼すれば診てもらえそうな気はしますが、選択肢も少なく今さら新品を買うのも躊躇われるカセットデッキと違って、CD プレイヤーはまだ製品の選択肢がそれなりにあるし、BD/DVD プレイヤーで代用する、という手もあるので、悩みどころ。これが ES シリーズであれば、修理して後生大事に使うところですが...。

ううむ、いずれにしてもなかなか踏ん切りがつかなかったオーディオ・ビジュアル周りの再投資に、強制的に目を向けさせられたかも。これから年末に向けて入り用なんだけど、この先一年くらいかけてシステムの刷新をすることも視野に入れて、ちょっと考えてみるかなあ。

ソニー / スーパーオーディオ CD/CD プレイヤー SCD-XE800

B003ZNOA5U

投稿者 B : 02:07 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2013/09/27 (Fri.)

WALKMAN M505

ソニー、Bluetoothヘッドセットになる「ウォークマンM」 - AV Watch
ソニー / WALKMAN NW-M505icon

iconicon

ひさびさにグッと来た、ウォークマンの新製品。

ハイレゾ対応の「ZX1」とか「F880」とかも提案としては面白いけど、私は外出先で聴く音楽の音質には、一定以上は求めていません(外部ノイズの影響があるので絶対的な音質を求めてもしょうがないし、ポータビリティを損ねては意味がない)。ZX1 とかはむしろ「自宅でも外出先でもこのウォークマンが音楽の母艦」というユーザーに、絶対的な高音質を提供するものなのだろうな、と理解しています。

半年前に買った F807 は、音質についてはけっこう気に入っているものの、やっぱり再生系の操作ボタンがない使いづらさと、1~2 日放置しただけでバッテリが枯れてしまう扱いづらさ、あとスマートフォン(Xperia SX)と大差ないサイズ感、といった理由で、稼動率は 50% くらい。あとはなんだかんだで Xperia が音楽プレイヤー代わりになってしまっています。電話をしたり、Xperia で動画を見るときにいちいちウォークマンからヘッドホンを繋ぎ直さなくてはならない、という手間も理由のひとつ。

その点、M505 は私が長年愛用してきたスティック型で、S-Master MX+デジタルノイキャン搭載の単体ウォークマンでありながら、Bluetooth+NFC でスマホのワイヤレスレシーバとしても使える、という製品。前々から、MW600 のような Bluetooth レシーバに高音質デジタルアンプとデジタルノイキャンが入ったら、もうスマホが外出時の音楽の母艦になって、完全にウォークマンは必要なくなってしまうのにな...と思っていたら、なんとウォークマンそのものがそんなワイヤレスレシーバになってしまったという、逆転現象(笑。
これなら、今のところ私が求めているウォークマンとワイヤレスレシーバのスペックが一通り揃っています。ウォークマン側の内蔵メモリが 16GB しかないですが、CD ラックのライブラリを常に全て聴きたいわけではないので主要な楽曲だけ入れていれば十分だし、スマホ側のメモリを外部ストレージ代わりに使う(M505 を高音質レシーバとして使う)という手段も取れます。さらに「紫色で『505』」ときたら、もう私が買うのは義務じゃないですか(ぉ

F807 は結局愛着が湧かないままだったけど、M505 は長く使うことになる予感。F807 を買うときに「単体のポータブル音楽プレイヤーを買うのはこれが最後になるかもなあ」と思っていましたが、次に買うのが「単体での使用を必ずしも前提としないウォークマン」になるとは、さすがに考えていませんでした(笑。

投稿者 B : 05:05 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック

2013/07/13 (Sat.)

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用ケースにマーキングを追加

DigiFi No.10 付録のヘッドホンアンプを奥澤の専用アルミケースに入れてそれなりに満足していたものの、ケースがあまりにも殺風景なのを何とかしたいと考えていました。お世辞にも多機能なヘッドホンアンプではないので、フロントパネルにマーキングがなくても特に困らないのですが、見た目的に(^^;;

20 年ぶりくらいにインレタでも買ってくるか...と思っていたら、またしても MacBS さんからアドバイスをいただきました。

おお、印刷用透明ラベル...その発想はなかった。ありがとうございます。

というわけで、そのまま Amazon でぽちっ。

エーワン / ラベルシール 光沢フィルム・透明 A4 10 シート 28791

エーワン 28791

細かい性格なので、子どもの頃からこういうのはよくやってたんですよね。カセットテープや MD のラベルシールやインデックスカードをワープロで自作とか。今でも、録画番組をダビングした BD には必ずレーベル印刷しているし。

というわけで、Photoshop で適当にマーキングのデザインを自作してみました。

DigiFi No.10

パネルをスキャナで取り込んで、その上にマーキングを並べる、という手順で作成しました。質実剛健な Olasonic のイメージに合うように、あまり華美ではなく落ち着いた雰囲気で。マーキングのフォントには定番 Helvetica を使っています。

Olasonic のロゴは、フォントを調べてみたところ「Trebuchet MS」の Bold で、カーニング等の調整なしでそのまま使っているようだったので、特にロゴデータを用意しなくても再現できました。Photoshop にも標準で入っているフォントです。ロゴデータの無断使用は憚られるところですが、これはあくまで「Trebuchet MS」フォントを使用した文字列なので、許されるかな(笑
というわけで、需要があるかどうかも分かりませんが、自分でも作ってみたいという人のために、PSD データを公開します。デザインが気に入らなければ再加工してお使いください。

DigiFiNo10_Panel.psd

このデータをプリンタで印刷用ラベルにプリントアウトします。

DigiFi No.10

おお、けっこういい感じ。印刷設定のミスか、カット用のガイドラインの一部が正しく印刷されませんでしたが、実用上無問題。

ただこの方法にも問題があって、このケースの 2 色あるカラバリのうちブラックには使いにくいこと。インクジェットプリンタでは透明素材に白やグレーが印刷できないので、黒いパネルに視認性の高い白やグレーのマーキングを作ることができないのです。まあ、ブラックのパネルにあえてブラックでマーキングする、という激渋なマーキングもアリでしょうが。

DigiFi No.10

カットして貼ってみました。金属加工品なので、フチは直角ではなく緩いアールを描いて折り曲げられているので、ツラ位置だけを残してはみ出た部分はフチに沿ってデザインナイフで裁ち落とします。

パネルも完全な平面ではなく、ごくごく微妙な凹凸があったりするのと、透明ラベルも最近の液晶保護シートのように貼りやすくないので、気泡やシワを作らずキレイに貼るのがなかなか難しい。質の高い液晶保護シートメーカーさんの仕事の素晴らしさを改めて実感しました(;´Д`)ヾ。

DigiFi No.10

再度組み上げてみました。こうして見ると、最初からこの状態で売られていたみたいじゃないですか?(自画自賛
ただ、印字は黒 100% ではなくもう少し薄めにしてコントラストを下げ気味にしたほうが上品だったかな...という気もしますが、まあ良し。

DigiFi No.10

背面パネルもこんな感じ。イイ感じじゃないですか。
実際にはもっと安っぽくなるかな?と思ったけど、さすが現代のインクジェットプリンタ、十分です。光沢フィルムなので、天板に比べると前後のパネルの光沢感が少し強くなってしまいましたが、まあ許容範囲。これはけっこう気に入りました。

先日アッテネータを入れたことで音質に関する不満もある程度解消されたし、当面は自作 PC のメイン音源としてがんばってもらうことにします...と言って、最近高まってきた高級 USB ヘッドホンアンプ熱から目を逸らす(ぉ

投稿者 B : 00:00 | Audio | Audio & Visual | コメント (4) | トラックバック

2013/06/30 (Sun.)

Olasonic NANO-D1

Olasonic、NANOCOMPOのDAC搭載ヘッドフォンアンプ -AV Watch

NANO-D1

Olasonic NANOCOMPO シリーズのヘッドホンアンプ「NANO-D1」の発売が 7 月下旬に決定。順調にシリーズが出揃いつつありますね。

MacBS さんが今回も試作機をさっそく試聴されていますが、やはり今回も Olasonic らしく実直、マジメな音作りのようです。

Olasonic NANO-D1をお借りしました | MacBSの日常生活的日記

いいですねえ。

私は最近は自作機でスピーカから音を出すことがほとんどなくなってしまったので、PC のサウンドデバイスに求めることは「一応ステレオ RCA 出力がついた、そこそこ音の良いヘッドホンアンプ」だったりするので、NANOCOMPO シリーズの中では NANO-D1 が最も用途に合っているんですよね。先日から使っている DigiFi No.10 の付属ヘッドホンアンプで、却って久しぶりに PC オーディオ熱を刺激されてしまったので、こういう製品に食指を伸ばしていたところでもあります。

でも、PC オーディオに 7 万円、というのはちょっと奮発しすぎだとも思うんですよねえ。せめて、自分の環境でしばらく試せでもすれば良いのですが...。

投稿者 B : 00:10 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2013/06/26 (Wed.)

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプのノイズ対策

ホワイトノイズの大きさのせいでどうしようかなと思っていた DigiFi No.10 の付録ヘッドホンアンプ奥澤のアルミケースを入手したことでもうちょっと何とかしてやろうと思い立ちました。 そこで思い出したのが、DigiFi No.10 購入当時に MacBS さんから blog でいただいたこのアドバイス。

Olasonicのヘッドフォンアンプと残留ノイズ | MacBSの日常生活的日記

ボリュームがPC側の出力レベルでの調整ですから、正しい表現ではないかもしれませんけど常にフルゲインみたいな状態なわけで、ある意味仕方ない部分もあるのでしょう。
確かに、このヘッドホンアンプの仕様上、ミュートしていてもノイズが聴こえてきてしまうのはやむを得なさそうですね。ならば、ヘッドホン出力部分に抵抗を追加してやればいい、というのも理にかなった話です。 というわけで、アッテネータ代わりに可変抵抗(ボリューム)を搭載したヘッドホン延長コードを買ってきました。

ビクター / CN-M30V-B

CN-M30V-B

短めのヘッドホン延長コードにアナログボリュームがついた製品です。主にはポータブルオーディオプレイヤーやスマホ向けのヘッドホンアクセサリとして販売されています。同じような製品で入手が比較的容易なところではオーディオテクニカからも発売されていますが、ケーブルが短め(0.3m)なのと高純度 OFC(無酸素銅)コード採用と明記されていて音質劣化が少なそう、なビクターを選択。

CN-M30V-B

延長コードの端にスライドボリュームがついただけ、というシンプルな製品です。ボリュームは無段階調整で使いやすい。ポータブルプレイヤーでの使用を想定してクリップがついていますが、私の用途では使わないかな。

CN-M30V-B

さっそく使ってみました。ボリュームスライダを中間くらいの位置まで下げてやると、高感度ヘッドホンでも無音時にもほとんどノイズが気にならない状態に!もともと十分なパワーを持っているアンプなので、ヘッドホン側の抵抗が増えてもボリュームが足りなくなることはありません。
こいつのおかげで、もともと素直で心地よい音を聴かせてくれるこのヘッドホンアンプの実力をノイズレスに堪能することができるようになりました。ああ、やっぱりこれは決して悪いアンプではなかったんだなあ。しばらくの間、自作機のメイン音源として運用してみようと思います。

ビクター / CN-M30V-B

B001E16K6C

投稿者 B : 00:36 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2013/06/24 (Mon.)

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

先日買った DigiFi No.10 の付録 USB ヘッドホンアンプ用アルミケースを入手しました。

【DigiFi No.10 特別付録】知っておきたい開発秘話のいくつか | Stereo Sound ONLINE

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

秋葉原の「奥澤」さんが DigiFi 付録用に製作した専用アルミケース。本誌の中でも紹介されていたものです。

このヘッドホンアンプ、試してはみたものの高感度なヘッドホンだとホワイトノイズが気になるからどうしようかな

かつぽんさんから DigiFi オリジナル・アクリルカバーを買ったけど奥澤のケースも注文済みだからすぐ使わなくなると聞く

じゃあ奥澤のケース届いたら DigiFi のアクリルカバー下取りますと申し出る

何故か奥澤のケースも複数注文してあるから一個譲るよ

という経緯で(ぉ)奥澤のケースが私の手元に。
このヘッドホンアンプの音質が申し分なければ、迷わず自分で奥澤のケースを注文していたところですが、結果的に手元にやって来てしまいました(笑。

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

同梱品一覧。トップ/ボトム/フロント/リアそれぞれのアルミカバーに、ゴム足と各種ビスがあっさりとしたパッケージ...というほどでもない、ビニール袋とプチプチに包まれていました。
トップとボトムカバーには傷がつかないように白いフィルムが貼り付けられています。

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

専用に作られているだけあって、サイズは基板にほぼピッタリ。

ただし組み込みには少しだけコツがあって、

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

基板にハンダ付けされているパワー LED の向きを、

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

フロントカバーの孔からちょうど顔を出すように、位置を合わせつつ LED の脚を曲げて横向きにしてやる必要があります。

逆に言えば、必要なのはこのくらいで、あとは+ドライバー 1 本あればものの数分で組み立て完了。

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

というわけで、完成。控えめにヘアライン加工が施された丁寧な仕上げのアルミケースに収まって、ちょっと高級感が出てきました。

でも、ボリュームスイッチが小さすぎて操作性は今ひとつなので、ちょっと大きめのボタンを上から被せるとかして改善してやりたいところ。

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

あと、ケースには一切装飾が入っていないので、ちょっと寂しい印象がありますね。その昔 CD からダビングしたカセットテープのインデックスに貼っていたインレタ(インスタントレタリング)みたいなもので「PHONES」「VOL-」「VOL+」といったマーキングをつけてやりたくなりますが、今やインレタ自体の入手が困難そう...。

DigiFi No.10 ヘッドホンアンプ用アルミケース

ともあれ、そこそこ立派なケースに収まると、今までよりも愛着が湧いてくるものですね(笑)。せっかくだからしばらく自作機のメイン音源として使うべく、ホワイトノイズ問題のほうをちょっと対処してやりますかね。

投稿者 B : 00:10 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2013/06/01 (Sat.)

DigiFi No.10

発売日に konozama 喰らってしまったので若干乗り遅れましたが(;´Д`)、私もコレ買いました。

DigiFi No.10 特別付録ヘッドフォンアンプつき

DigiFi No.10

最近本誌よりも付録の方が話題になることが多いオーディオ誌(に限らず、雑誌全般にその傾向が強まってますが)。私は今までスルーしていましたが、しばらく前から USB ヘッドホンアンプがちょっと欲しいなと思っていたのと、それがほかでもない Olasonic 製だというからつい手を出してしまいました。Olasonic 的にはこのタイミングというのは NANOCOMPO の販促に繋げたい、という意図もあるのでしょうか。

本誌は置いておいて(ぉ)付録の USB ヘッドホンアンプ。手のひらサイズの非常にコンパクトな基板にコンデンサが整然と並べられているのがガジェットマニア魂をくすぐります。コンデンサはハンダ付けされており、手軽にいろいろ付け替えて音の変化を楽しんで...という企画ではありませんが、単体の製品としての完成度を重視した、といったところでしょうか。これで NANOCOMPO の実力の片鱗でも感じることができるか。

DigiFi No.10

基板上でひときわ目立つこの部品は、6,800μF の大容量コンデンサ。低出力時にここに電力をため込んでおき、必要なときに放出することで、USB バスパワーでも大出力を実現するのが Olasonic の「SCDS(スーパーチャージドドライブシステム)」です。その実力は私も以前 TW-D7OPT を試用して体感済み。

DigiFi No.10

基板前面にはヘッドホンジャック(ステレオミニ)、パワー LED、ボリュームコントロール用のタクトスイッチ(それぞれボリュームアップ/ダウン)が備えられています。デジタルアンプ内にボリューム機構を持たず、USB 接続された PC のボリュームコントロールを利用する仕組みになっているのですが、アンプのボリュームがシステムボリュームと連動してしまうのは人によって良し悪しでしょう。ボリューム自体は 50 段階(少なくとも Windows 7 で確認した限りでは)から調整できるので、微調整ができずに困ることは少ないはずです。

DigiFi No.10

反対側には USB B 端子と RCA のアナログ音声出力(ステレオ)。これ自体はヘッドホンアンプを名乗っていますが、単体の D/A コンバータとしても使うことができるようになっています。
それにしても最近は USB microB 端子ばかりで miniB 端子すら滅多に使わなくなっているので、ノーマル B 端子ケーブルをどこにしまったかしばらく探してしまいました(;´Д`)。

ともあれ、音を聴いてみましょう。

DigiFi No.10

試したヘッドホンはソニー MDR-CD900ST、MDR-CD2000(かなり古いけどマイルドな聴き心地が気に入っていて今でも愛用中)、MDR-EX800ST、MDR-XB90EX。

まず最初に気になったのは「ホワイトノイズが大きい!」。通電しているだけで「サー」という音が聞こえます。ただしこれはヘッドホンの解像力に強く依存するようで、MDR-CD900ST と EX800ST ではかなり気になる、XB90EX ではそれなりに気になる、CD2000 ではほとんど気にならない、という感じ。ハッキリ言って高性能なモニターヘッドホンでは使う気になれないレベルのホワイトノイズではないでしょうか。
もしかして PC(自作機)内部のノイズの影響を受けている?と思い、Olasonic の中の人が「USB 出力の音質が最も良い」と言っていた、VAIO Z11 で試してみても感想はほぼ同じ。個体差はあるかもしれませんが、このアンプの実力ということだと思います。

でも出音はとても素直な感じで、Olasonic らしいクセの少ない音、と言えば良いでしょうか。外見に似合わずヘビーなヘッドホンにも負けないドライブ力のあるアンプだと思います。CD900ST や EX800ST のような高解像度なモニターヘッドホンはきっちりと、リスニング系のヘッドホンもしっかりと鳴らしてくれます。ホワイトノイズは音さえ出してしまえばある程度気にならなくなるので、「音を切ってるときにはヘッドホンは外す」という運用をすれば、価格以上に満足度の高いヘッドホンアンプだと思いました。

ただ私はいったん気になってしまったホワイトノイズを気にせずに使うのはちょっと難しいので、今使っている UA-5 の置き換えは厳しいかなあ。音が良ければ専用ケースを発注して自作 PC のメイン音源にしようか、と思っていただけに、ちょっと残念です。コンデンサのどれかを換装する程度で改善されるのならば、ちょっと改造に手を出してみてもいいとは思っているのですが...。

DigiFi No.10 特別付録ヘッドフォンアンプつき

4880733059

投稿者 B : 01:00 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2013/04/10 (Wed.)

NW-F807 のケースを購入

ウォークマン F807、裸のまま使おうかとも思ったんですが、やっぱり長く使いたいのでケース(カバー)を買ってきました。

エレコム / シェルカバー AVS-F12PVBK (ブラック)

AVS-F12PVBK

ウォークマン用のケース/カバーはサードパーティ製まで含めていろいろ発売されていますが、私の重視ポイントは iPad mini 用と同じく、とにかく薄くて軽くてシンプルなこと。ポリカーボネート系で薄くてシンプルなもの、という選択肢の中で最も良かったのがエレコムでした。薄さという点では最も薄いんじゃないでしょうか。

AVS-F12PVBK

同梱品はカバー本体のほかには液晶保護シートのみ。保護シートは既に OverLay Magic を貼ってあるので、使いませんが。

AVS-F12PVBK

カラーはブラックにしました。ブラックといっても半透明のスモークブラックになっていて、本体デザインを完全には隠さないようになっています。クリアカラーだと、正面から見たときにエッジが光を反射してフレームの厚みが増して見えるのがイヤだったので。

出荷時点では表面に保護フィルムが貼られていて、輸送時に傷がつかないようになっています。

AVS-F12PVBK

カバーの厚みは本当に最低限といった感じ。当初、裸運用しようと思っていた私としては、このくらいが許容限界です。

AVS-F12PVBK

装着してみました。
スモークブラックなので、背面の印字が透けて見えています。黒地に黒で印刷されている「W.」ロゴはほぼ見えなくなっていますが(笑

AVS-F12PVBK

開口部はわりと大胆に開けられています。ヘッドホンジャック、WM-PORT、内蔵スピーカ、ストラップホールまでまとめて避けられています。

AVS-F12PVBK

上部も電源ボタン+無線アンテナの部分が大胆にカットされています。ボリュームボタン&W. ボタンのくり抜きもちょうど良くて、ポケットの中で手探りでも間違わず押せる感じ。

AVS-F12PVBK

というわけで、特筆すべきポイントもないのでコメントも薄くなりがちですが(ぉ)、本体の美観を損なわないシンプルなデザインなのが逆に気に入りました。NW-F807 自体も走行系ボタンがやっぱり欲しいこと以外には大きな不満はないし、これはもしかしたら案外長く使うウォークマンになってしまうかもしれません。

エレコム / シェルカバー AVS-F12PVBK (ブラック)

B009VVNLAA

投稿者 B : 23:12 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック