b's mono-log

2015/07/10 (Fri.)

Movable Type 6.1.2

重い重い重い、とても重い腰を上げて Movable Type のバージョンアップを実行しました。

Movable Type 6.1.2 の提供を開始。Data API をさらに強化 | Movable Type ニュース

Movable Type 6.12

最後にアップグレードしたのは 3 年と 3 ヶ月前。MT5.12 なんてサポートが切れて久しいので、前々からやらなきゃなあ...と思いつつなかなか実行に移せていませんでした。まあ旧バージョンでも実用上困ることもないんですが、脆弱性をいつまでも放置しておくのも問題だし。
MT のアップグレード自体数年おきにしかやらないので、毎度手順を調べるところから始まるわけです(汗。とりあえず備忘録的にやったことを列挙しておくと、

  • MT 本体のバージョンアップ
  • MT インストールディレクトリ内の tools/run-periodic-tasks のパーミッション変更(忘れがち。これをしないと予約投稿できない)
  • keystrokes.pl プラグイン内の MT バージョン表記書き換え(これがないとスパム対策を施したコメントフォームにエラーが出る)
  • MultiFileUploader の最新版への更新(旧版だと動かず)
  • 同じく MultiFileUploader の upload_option.tmpl をいじってアップロード先のデフォルトディレクトリ設定変更
こんなところかな。思ったよりもあっさり移行が済んでしまって拍子抜けでした。もっとあちこちいじる必要があったような気もするけど、何か問題が発生したらそのときに見直せばいいか(ぉ

この blog 自体のデザインテンプレートには一切手を入れていないので、読者の皆さんから見たときの違いはサイドバーに表示されるバージョン表記くらいのものですが、管理画面上もルック&フィールは MT5.x からさほど大きくは変わっておらず、MT のロゴと配色、あとボタン類のデザインがちょっと変わった程度。心なしか、同じサーバ上で動かしていても旧バージョンより少しレスポンスが良くなっているような気はします。それから、管理画面にスマートフォン用のビューが用意され、スマホやタブレットからでも更新しやすくなったのもありがたい。
そのほか細かいところでいうと、エントリー作成中のプレビューボタンの挙動が、以前は同窓遷移だったのが今バージョンではプレビュー画面を別窓で表示してくれるので、プレビューを見ながら原稿を修正できるのが、今までよりちょっとだけ便利になったところ。ただリアルタイム反映はしてくれないので、修正するたびにプレビューボタンを押す必要はありますが。

まだすべての動作確認をしきれていないので、もし怪しいところがあればコメント欄か Twitter 経由でご報告いただけると助かります。

投稿者 B : 23:12 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2015/05/29 (Fri.)

Google フォト

写真クラウドサービス「Googleフォト」がリリース - デジカメ Watch

Google フォト

Google がデベロッパー向けイベント「Google I/O」にて、クラウドフォトストレージサービス「Google フォト」を発表しました。Android M とか Android Pay みたいな今後に繋がる製品/サービス群もいろいろ出ていますが、いちエンドユーザーとして最もインパクトがあったのはやはりこれじゃないでしょうか。

1,600 万画素までの画像(+15GB までであればオリジナルサイズでも)と 1080p までの動画であれば容量無制限に保存ができるフォトストレージサービス。大容量のフォトストレージサービスはいろいろあるけれど、ここまで大盤振る舞いなサービスはなかったはずです。これは、中小規模なフォトストレージサービス終了のお知らせじゃないですかね...。

Google が無料でここまで大盤振る舞いするのは、おそらく今後画像解析を強化するにあたりデータベースを作っておきたい意図があるはず。画像解析するにはある程度以上高解像度なデータでなければ精度も上がらないので、単にユーザー目線で使いやすいサービスを目指した、というわけではないのでしょう。ある意味、Google に写真や動画のクラウドバックアップを取っておいてもらう代わりに、自分が撮りためてきた写真や動画を画像解析の依り代に差し出す...ということに気持ち悪さを感じる人もいるでしょう。が、誰でもたくさんの高画質な写真が撮れる時代になって、誰もがそのバックアップの問題に直面するようになり、それを無償で解決してくれるのであれば個人情報を差し出したって高くない、と考える人もまた少なくないと思います(全くの余談ですが、今の時代の特に日本では個人情報はとにかく守るべき、という風潮があるけど、個人的にはもっと「利便性などの価値とバーターで許諾するもの」という認識が一般化したほうが自分自身や世の中のためになると考えています)。

クラウドコンピューティングの世界もそろそろ Google と Amazon、Microsoft あたりによる寡占化が加速しつつあります。最近でも、画像解析に関して言えば Microsoft が作った年齢推定サービスが話題になっていましたが、こういうのも膨大なデータベースとコンピューティングパワーが物を言う世界。
パターンの蓄積と解析により、かなりのことが人手を介さなくても判別できるようになってきています。そのためのデータを「サービスを無償提供する代わりに一般ユーザーからかき集める」というのは、乱暴だけど理にかなったやり方だと思います。そういう観点で見ると、すごく面白い世界。
まあ、Google はユーザー視点でのサービス品質を重視していない会社なので、この Google フォトもある日突然終了しても何の不思議もない、というのがリスクではあります。ある程度のユーザーが定着していた Google Reader でさえ、あっさり終了してしまったくらいですから...。

それでも写真のバックアップにこれ以上価値あるサービスは今のところないでしょう。私は手持ちのカメラはほとんどが 2,000 万画素オーバーになってしまいましたが、1,600 万画素(=NEX-5R 相当の画質)あれば万が一のためのバックアップとしては十分に意味があると言えます。とりあえず過去の写真、全部 Google フォトにアップロードしてしまおうかな...。

投稿者 B : 23:59 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2014/09/03 (Wed.)

MT コメントフォームの不具合修正とスパム対策

本 blog のコメントフォームに不具合があったようで、たぶん 2 ヶ月くらいコメントが入力できない状態になっていました。

原因はおそらく先日施したアーカイブページのレイアウト変更。テンプレートをいじったときに、何か重要なタグを脱落させてしまったのか、投稿ボタンを押しても投稿が受け付けられない症状が出ていました。レイアウト変更が完了したのは先月ですが、なんだかんだで 2 ヶ月くらい、暇を見つけていじっていたので、その間コメントが入力できなくなっていた可能性が高いです。
現在は修正してコメントが入力できるようになっていますが、該当期間中にコメント入力しようとされていた方、申し訳ありませんでした。また、指摘してくださった taka_z さん、ありがとうございました。

で、この不具合を修正した瞬間から、コメントスパムの嵐に見舞われました(;´Д`)ヾ。
ほぼ 1 分おきくらいにコメントスパムが飛んでくる有様で、大半はスパムフィルタで弾かれてはいたものの、それなりの割合ですり抜けてくるものもありました。以前適用した mt-comments.cgi ファイルのリネームの効果も限定的だったようで。
いくつか対策を検討してみたところ、以下の「Keystroke」プラグインを導入してみました。

keystrokes.pl による Movable Type 5.04 のコメント・スパム対策 (カナダからのブログ)

結果、コメントスパム自体がピタリとなくなりました。やった!
このプラグインはコメント欄への入力のキーストロークを監視するもので、外部プログラムから直接コメント CGI を叩いてくるスパムに効果があるものですが、やはりロボット型スパムだったようです。

ついでにトラックバックスパム対策も強化。下記のエントリーを参考に、.htaccess で怪しい User-Agent を弾いてやりました。

Movable Typeのトラックバックスパム対策 - ItsMemo::IT

これまでも MT 自体のスパムフィルタがスパム TB を遮断してくれていましたが、そもそも CGI にアクセスさせないことでサーバ負担は軽減されます。
こちらも今のところトラックバックスパムは止んでいるようです。

まあ、スパム対策はいたちごっこなので、いつかこれも効かなくなってしまう可能性はありますが、とりあえず一安心。
このついでに、そろそろ重い腰を上げて MT6 にバージョンアップするかな...。

投稿者 B : 21:00 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2014/08/20 (Wed.)

MT アーカイブページのレイアウト変更とインクルード

ちょっと久しぶりに Movable Type のテンプレートをいじりました。

b's mono-log

とはいっても一見違いが分からないかもしれませんが...。

従来は、トップページのみ 2 カラム構成、それ以外のアーカイブページは 1 カラム構成だったページレイアウトを、全て 2 カラムに変更してみました。サーチエンジンや外部リンクから流入してきたときに、ナビゲーション用のカラムがあったほうが閲覧後のサイト回遊がしやすいので、以前からいじりたいとは思っていたんですよね。時間がないのと面倒なのとで先延ばしにしてきていたのを、ようやく重い腰を上げてみました。
ただ、右カラムはカレンダーや月別アーカイブへのリンクなど、エントリー投稿ごとに更新される部分は全ページ再構築が必要になるので外し、日々の投稿時に余計な負荷をかけないようにしています。本当は、動的に呼び出せるようにするのがいいんでしょうが、そこまでするほどの blog でもないかと(手抜き

ついでだったので、ヘッダ部分とアーカイブページ用の右カラムはモジュール化して <MTInclude> タグを使ってインクルードする方式に変更。今までテンプレートにベタ打ちしていたんですが、インクルードにしたほうがメンテナンスが一括でできるし、再構築も若干ながら高速化できるはず、というわけで。
デザインテンプレート自体、この blog の開設時から大きな手を入れずに増改築を繰り返してきているので、一度リファクタリングしてやりたい気もしつつ、もうコーディングのスキルも落ちて久しいので放置(´д`)。

まあ、今使っている Movable Type もだいぶバージョンが古くなってしまったので、次は MT6 へのバージョンアップのほうが先決ですかね...。

投稿者 B : 22:30 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2014/01/31 (Fri.)

Google カスタム検索&Google Analytics を設置

この blog のエントリー数も 3,500 を超えて、他の誰というより自分の備忘録として貴重なデータベースになってきました(笑。過去のエントリーを見るのに、今までは Movable Type の検索機能を使っていましたが、これだけエントリーが増えてくると探すのもなかなか大変。Google でドメイン指定検索したほうが速くて便利なことも多く、最近は Google ばかり使っていました。
というわけで、この際だから blog 内検索そのものを Google 検索に置き換えてしまえ、と Google カスタム検索を設置してみました。設置にあたっては、以下のサイトを参考にさせていただきました。

ブログ内検索をGoogleカスタム検索にしてみた&広告を消してみた。

表記揺れも吸収してくれるし、検索結果に当該ページの画像のサムネイルも表示してくれるし、便利便利。もっと早く導入すべきでした。

ついでに、アクセス解析も Google Analytics を利用することにしました。

Google Analytics を埋め込む方法とは?|SEO検索エンジン最適化情報ブログ|アクセスアップSEOブログ

今まで、アクセス解析には数年前に設置した Mogura を使っていました。これがまた集計が遅くてですね...もともと、あまり PV を増やしたいという欲求がないのに加えて、解析ツールのレスポンスが悪いことで、月に 1 回もチェックしていませんでしたが、Google Analytics なら早いだろうし、AdSense 設定のメンテナンスとも相性が良かろう、と。最近 Google Reader や iGoogle といった私が長らく使ってきたサービスを相次いで停止したこともあり、できるだけ Google への依存度を下げていきたいところだったりしますが、検索やサイト解析は Google のサービスの根幹なので、そこは信用してもいいかな...。

ちなみに解析用コードの PHP インクルードがアーカイブページに対してうまく動かないと思ったら、やっぱりオフィシャルの記載ではパスの設定が正しくないようで。以下のサイトを参考に設定しました。

Google Analyticsのコードの設置方法が間違っていた??(PHP用) - WEBとかのメモブログ

まだ設置したばかりなので、解析が見えるようになるのは明日以降でしょうが、結果を見ながらいろいろ勉強したいと思います。

投稿者 B : 01:15 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2013/05/09 (Thu.)

Movable Type のトラックバックスパム対策

最近またトラックバックスパムが増えてきて困っていました。

まあ毎分何件、というレベルではないし、Movable Type のスパムフィルタに引っかかってくれているので見た目上の実害はないんですが、それなりの頻度でサーバに負荷がかかっているという状況はよろしくない。最近、エントリーの数が増えすぎた(3,000 エントリーを優に超えた)せいでただでさえ再構築に時間がかかるようになっているので、スパムを確実に弾けるだけでも負荷軽減になるというものです。逆に言えば、今まではコメントスパムに困ったことはあったけどトラックバックスパムはフィルタリング程度で何とかなっていた、ということでもあるのですが。

対策は古典的な方法ですが、定番のこの手法を採用。

[N] トラックバックスパム対策で「mt-tb.cgi」をリネーム

以前コメントスパム対策をしたときにも同様のテクニックを使いましたが、トラックバックについてはやっていませんでした。トラックバック URL(CGI のファイル名)と MT のテンプレートを少しいじるだけで対策できるので、お手軽ではあります。

対策して数日様子を見ているところですが、今のところスパムトラックバックはキレイさっぱり来なくなっているようです。

まあ、この新しいトラックバック URL がスパマーの DB に登録されてしまえばまた元に戻ってしまうわけですが、しばらく状況を見守ってみて、トラックバック URL 変更に何度も追随してくるようなら、次は doEntity プラグインでも試してみようかと。

トラックバックスパム予防プラグイン for MovableType/楽

投稿者 B : 22:47 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2012/07/20 (Fri.)

Google AdSense の振込口座確認

先日、Google から郵送で届いた AdSense の PIN コード、ひとまず PIN コードを入力したところで完了したつもりになってすっかり放置していましたが、その後少し経ってから AdSense のレポートページをチェックしてみたところ、まだ完了していなかったことを知りました(ぉ

クマデジさんによると、以前の AdSense の支払い方法の指定は

それは、googleがまず少額の振り込み(額は不定)をするので、その金額をPINとしてサイトに入力すると認証が完了するもの。その少額の振り込みがのちの成果支払いから天引きされていたかどうかは記憶ありませんが(笑 そんな方法だったように記憶しています。

という手順だったそうですが、改めて確認してみたら、今は先の郵送で届いた PIN コードを入力すると、指定した口座に少額の振り込み(私の場合、100 円にも満たない額でした)があり、その額をサイトに入力すると認証が完了する、という流れでした(;´Д`)ヾ。利用者の増加に伴い、むしろ手順を複雑化する方向で認証を強化していたようですね・・・。

ともあれネットバンキングでサクッと履歴を確認して、ようやく認証完了。これで晴れて AdSense からの支払いが受けられるようになりました・・・と思ったら、なに?支払いの最低金額は 1 万円からなの(´・ω:;.:...

まあ、うまくいけば年に一度くらい Google さんからお小遣いがもらえる、という程度に思っておくことにしますか(´д`)。

投稿者 B : 22:00 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2012/07/09 (Mon.)

グーグルさんからお手紙ついた

先日、帰宅したところ Google からの郵便物が届いていました。

Google AdSense

Google から物理的なメールが届く、というのもなかなかパラドキシカルで趣が深いというものです(笑。

中身は、1 ヶ月ちょっと前に開始した Google AdSense の支払い手続きに必要な PIN(個人識別番号)の連絡でした。AdSense の仕組みは、オンラインで申し込みから審査までは完了するのですが、支払い先の情報は支払いが基準額(といっても日本では 1,000 円)に達したところで、登録住所にこのように郵送で PIN が届き、それを入力して初めて支払い方法が登録できるというもの。まあ直接的な金銭の授受が発生するので身元確認の確実性を担保するためのスキームでしょうが、Google っぽくないなあ、というのが正直な感想です。

ともかく、これでようやく一人前の AdSense ユーザーとして認定されたと言えるでしょうか。まあ、今のところ ¥1,000/月 を下回る金額なので、昼食代 1 回分になるかどうかというレベルですが(笑)、それでもパフォーマンスレポートを眺めているだけで、何のカテゴリのどんな広告だとクリック率が高いのかとか、いろいろと勉強になります。アフィリエイトをガツガツやるつもりはありませんが、これは別の意味で自分の糧になりそう。時折いろんなことを実験しながら、活用してみたいと思います。

投稿者 B : 23:14 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2012/05/31 (Thu.)

Google AdSense はじめました

既にお気づきの人も多いと思いますが、本 blog のトップページの右カラムに Google AdSense を設置してみました。

私は嫌儲思想はありませんが、アフィリエイトの売り上げにはあまりこだわっていません。でも、最近プロブロガーに影響を受けつつあるクマデジタルさんと話していて、アフィリエイトはネット上のモノとお金の流れやトレンドを把握する助けになること(細々とやっている Amazon アソシエイトでさえちょっと傾向が見えて面白い)、それから効率的な blog 運営は私の仕事の上でも勉強になることがとても多いことに気づき、アフィリエイトサービスの大手である AdSense の仕組みや効果を知っておくことは役に立ちそうだな、と思って申し込んでみました。まだ二次審査中なので、却下されてある日突然消えるかもしれませんが(笑。
本当はカラム構造をもっと Google 好みの構成にしたり、SEO を徹底したほうが良いんだろうな、とはとりあえず置いてみて思っていますが、しばらく運用してみてから考えよう。広告収入至上になってしまっても本末転倒ですし。

そういえばアクセス解析ツールとして一応 Mogura も入れてるんですが、さすがに 2,000 エントリーを超えてくると動作が遅すぎて積極的に使おうという気になれず、月に一度も見ないようになってきたし、この際 Google Analytics に入れ替えようかと思ったり。まあ、最近必要以上に Google に依存することは危険だと思っているので、踏ん切りがつかないところでもありますが。

投稿者 B : 00:00 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2012/04/04 (Wed.)

ワイドにしてみました

CMS を Movable Type 5.13 にアップグレードしたところで、この blog のテンプレートも少しいじってみました。RSS で購読している人は気づいていないかもしれませんが(笑)、各ページの横幅が今までよりも拡がっています。

この blog をオープンしてから実に 6 年半、こまごまとしたパーツを追加した以外にテンプレートをほぼ全くいじってきませんでしたが、いつまでも SVGA 解像度が前提のテンプレートもないだろうと。最近では iPad が Full HD を超える高解像度ディスプレイを搭載してきていますし、PC にしてもタブレットにしても WXGA(1,280×800)以上の解像度が標準的になって久しいので、ページの最低幅を XGA 以上で快適に表示できるよう変更しました。

今まではこんな感じ↓で、いくらなんでもいつの時代のデザインだよという印象でしたが、

b's mono-log

少しワイドにしただけ↓で、ずいぶん見やすくなったと思います。

b's mono-log

本当はもう XGA も考慮せずにもっと横幅を広げても良いと思ったんですが、そうなるとフォントサイズから何から見直さないと全体のバランスが悪くなってしまうので、ひとまずはここまで。

噂によると iPhone、iPad に続いて MacBook も Retina Display 採用を予定しているようで、今後はこれらに引っ張られて IT・モバイル系のあらゆる機器のディスプレイ解像度が高まることと思います。そうなったときに Web ページ側が様々な画面サイズ/解像度のデバイスに柔軟に対応できる仕組みを持つようになっていく必要があるのか、それともデバイス側で「うまいことやってくれる」ようになるのかは分かりませんが、当面は双方に工夫が必要な状況が続くでしょうね。今まではブラウザの UserAgent かディスプレイの解像度をキーに Web ページ側が表示を出し分けていれば済んでいたのが、デバイス側の解像度が全般的に向上し、プラットフォームも入り乱れてくると思われるので・・・。

ワイド化で写真のサムネイルも従来よりも大きく貼れるようになりました。

b's mono-log

なにげにこれが一番やりたかった。写真を大きく貼ったほうが印象が強まるし、文章の説得力も増して感じられます。iPad の Retina Display を体験して、Web サイト側ももっと高解像度の画像を貼っていくようにしないとな・・・と痛感したのが後押しになりました。

ワイド化はいろいろと見直すいいきっかけになったので、これを機にエントリーの書き方とかも少しずつ変えていってみようかな、と思案中です。

投稿者 B : 00:00 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック