b's mono-log

2014/08/20 (Wed.)

MT アーカイブページのレイアウト変更とインクルード

ちょっと久しぶりに Movable Type のテンプレートをいじりました。

b's mono-log

とはいっても一見違いが分からないかもしれませんが...。

従来は、トップページのみ 2 カラム構成、それ以外のアーカイブページは 1 カラム構成だったページレイアウトを、全て 2 カラムに変更してみました。サーチエンジンや外部リンクから流入してきたときに、ナビゲーション用のカラムがあったほうが閲覧後のサイト回遊がしやすいので、以前からいじりたいとは思っていたんですよね。時間がないのと面倒なのとで先延ばしにしてきていたのを、ようやく重い腰を上げてみました。
ただ、右カラムはカレンダーや月別アーカイブへのリンクなど、エントリー投稿ごとに更新される部分は全ページ再構築が必要になるので外し、日々の投稿時に余計な負荷をかけないようにしています。本当は、動的に呼び出せるようにするのがいいんでしょうが、そこまでするほどの blog でもないかと(手抜き

ついでだったので、ヘッダ部分とアーカイブページ用の右カラムはモジュール化して <MTInclude> タグを使ってインクルードする方式に変更。今までテンプレートにベタ打ちしていたんですが、インクルードにしたほうがメンテナンスが一括でできるし、再構築も若干ながら高速化できるはず、というわけで。
デザインテンプレート自体、この blog の開設時から大きな手を入れずに増改築を繰り返してきているので、一度リファクタリングしてやりたい気もしつつ、もうコーディングのスキルも落ちて久しいので放置(´д`)。

まあ、今使っている Movable Type もだいぶバージョンが古くなってしまったので、次は MT6 へのバージョンアップのほうが先決ですかね...。

投稿者 B : 22:30 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2014/01/31 (Fri.)

Google カスタム検索&Google Analytics を設置

この blog のエントリー数も 3,500 を超えて、他の誰というより自分の備忘録として貴重なデータベースになってきました(笑。過去のエントリーを見るのに、今までは Movable Type の検索機能を使っていましたが、これだけエントリーが増えてくると探すのもなかなか大変。Google でドメイン指定検索したほうが速くて便利なことも多く、最近は Google ばかり使っていました。
というわけで、この際だから blog 内検索そのものを Google 検索に置き換えてしまえ、と Google カスタム検索を設置してみました。設置にあたっては、以下のサイトを参考にさせていただきました。

ブログ内検索をGoogleカスタム検索にしてみた&広告を消してみた。

表記揺れも吸収してくれるし、検索結果に当該ページの画像のサムネイルも表示してくれるし、便利便利。もっと早く導入すべきでした。

ついでに、アクセス解析も Google Analytics を利用することにしました。

Google Analytics を埋め込む方法とは?|SEO検索エンジン最適化情報ブログ|アクセスアップSEOブログ

今まで、アクセス解析には数年前に設置した Mogura を使っていました。これがまた集計が遅くてですね...もともと、あまり PV を増やしたいという欲求がないのに加えて、解析ツールのレスポンスが悪いことで、月に 1 回もチェックしていませんでしたが、Google Analytics なら早いだろうし、AdSense 設定のメンテナンスとも相性が良かろう、と。最近 Google Reader や iGoogle といった私が長らく使ってきたサービスを相次いで停止したこともあり、できるだけ Google への依存度を下げていきたいところだったりしますが、検索やサイト解析は Google のサービスの根幹なので、そこは信用してもいいかな...。

ちなみに解析用コードの PHP インクルードがアーカイブページに対してうまく動かないと思ったら、やっぱりオフィシャルの記載ではパスの設定が正しくないようで。以下のサイトを参考に設定しました。

Google Analyticsのコードの設置方法が間違っていた??(PHP用) - WEBとかのメモブログ

まだ設置したばかりなので、解析が見えるようになるのは明日以降でしょうが、結果を見ながらいろいろ勉強したいと思います。

投稿者 B : 01:15 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2013/05/09 (Thu.)

Movable Type のトラックバックスパム対策

最近またトラックバックスパムが増えてきて困っていました。

まあ毎分何件、というレベルではないし、Movable Type のスパムフィルタに引っかかってくれているので見た目上の実害はないんですが、それなりの頻度でサーバに負荷がかかっているという状況はよろしくない。最近、エントリーの数が増えすぎた(3,000 エントリーを優に超えた)せいでただでさえ再構築に時間がかかるようになっているので、スパムを確実に弾けるだけでも負荷軽減になるというものです。逆に言えば、今まではコメントスパムに困ったことはあったけどトラックバックスパムはフィルタリング程度で何とかなっていた、ということでもあるのですが。

対策は古典的な方法ですが、定番のこの手法を採用。

[N] トラックバックスパム対策で「mt-tb.cgi」をリネーム

以前コメントスパム対策をしたときにも同様のテクニックを使いましたが、トラックバックについてはやっていませんでした。トラックバック URL(CGI のファイル名)と MT のテンプレートを少しいじるだけで対策できるので、お手軽ではあります。

対策して数日様子を見ているところですが、今のところスパムトラックバックはキレイさっぱり来なくなっているようです。

まあ、この新しいトラックバック URL がスパマーの DB に登録されてしまえばまた元に戻ってしまうわけですが、しばらく状況を見守ってみて、トラックバック URL 変更に何度も追随してくるようなら、次は doEntity プラグインでも試してみようかと。

トラックバックスパム予防プラグイン for MovableType/楽

投稿者 B : 22:47 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2012/07/20 (Fri.)

Google AdSense の振込口座確認

先日、Google から郵送で届いた AdSense の PIN コード、ひとまず PIN コードを入力したところで完了したつもりになってすっかり放置していましたが、その後少し経ってから AdSense のレポートページをチェックしてみたところ、まだ完了していなかったことを知りました(ぉ

クマデジさんによると、以前の AdSense の支払い方法の指定は

それは、googleがまず少額の振り込み(額は不定)をするので、その金額をPINとしてサイトに入力すると認証が完了するもの。その少額の振り込みがのちの成果支払いから天引きされていたかどうかは記憶ありませんが(笑 そんな方法だったように記憶しています。

という手順だったそうですが、改めて確認してみたら、今は先の郵送で届いた PIN コードを入力すると、指定した口座に少額の振り込み(私の場合、100 円にも満たない額でした)があり、その額をサイトに入力すると認証が完了する、という流れでした(;´Д`)ヾ。利用者の増加に伴い、むしろ手順を複雑化する方向で認証を強化していたようですね・・・。

ともあれネットバンキングでサクッと履歴を確認して、ようやく認証完了。これで晴れて AdSense からの支払いが受けられるようになりました・・・と思ったら、なに?支払いの最低金額は 1 万円からなの(´・ω:;.:...

まあ、うまくいけば年に一度くらい Google さんからお小遣いがもらえる、という程度に思っておくことにしますか(´д`)。

投稿者 B : 22:00 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2012/07/09 (Mon.)

グーグルさんからお手紙ついた

先日、帰宅したところ Google からの郵便物が届いていました。

Google AdSense

Google から物理的なメールが届く、というのもなかなかパラドキシカルで趣が深いというものです(笑。

中身は、1 ヶ月ちょっと前に開始した Google AdSense の支払い手続きに必要な PIN(個人識別番号)の連絡でした。AdSense の仕組みは、オンラインで申し込みから審査までは完了するのですが、支払い先の情報は支払いが基準額(といっても日本では 1,000 円)に達したところで、登録住所にこのように郵送で PIN が届き、それを入力して初めて支払い方法が登録できるというもの。まあ直接的な金銭の授受が発生するので身元確認の確実性を担保するためのスキームでしょうが、Google っぽくないなあ、というのが正直な感想です。

ともかく、これでようやく一人前の AdSense ユーザーとして認定されたと言えるでしょうか。まあ、今のところ ¥1,000/月 を下回る金額なので、昼食代 1 回分になるかどうかというレベルですが(笑)、それでもパフォーマンスレポートを眺めているだけで、何のカテゴリのどんな広告だとクリック率が高いのかとか、いろいろと勉強になります。アフィリエイトをガツガツやるつもりはありませんが、これは別の意味で自分の糧になりそう。時折いろんなことを実験しながら、活用してみたいと思います。

投稿者 B : 23:14 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2012/05/31 (Thu.)

Google AdSense はじめました

既にお気づきの人も多いと思いますが、本 blog のトップページの右カラムに Google AdSense を設置してみました。

私は嫌儲思想はありませんが、アフィリエイトの売り上げにはあまりこだわっていません。でも、最近プロブロガーに影響を受けつつあるクマデジタルさんと話していて、アフィリエイトはネット上のモノとお金の流れやトレンドを把握する助けになること(細々とやっている Amazon アソシエイトでさえちょっと傾向が見えて面白い)、それから効率的な blog 運営は私の仕事の上でも勉強になることがとても多いことに気づき、アフィリエイトサービスの大手である AdSense の仕組みや効果を知っておくことは役に立ちそうだな、と思って申し込んでみました。まだ二次審査中なので、却下されてある日突然消えるかもしれませんが(笑。
本当はカラム構造をもっと Google 好みの構成にしたり、SEO を徹底したほうが良いんだろうな、とはとりあえず置いてみて思っていますが、しばらく運用してみてから考えよう。広告収入至上になってしまっても本末転倒ですし。

そういえばアクセス解析ツールとして一応 Mogura も入れてるんですが、さすがに 2,000 エントリーを超えてくると動作が遅すぎて積極的に使おうという気になれず、月に一度も見ないようになってきたし、この際 Google Analytics に入れ替えようかと思ったり。まあ、最近必要以上に Google に依存することは危険だと思っているので、踏ん切りがつかないところでもありますが。

投稿者 B : 00:00 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2012/04/04 (Wed.)

ワイドにしてみました

CMS を Movable Type 5.13 にアップグレードしたところで、この blog のテンプレートも少しいじってみました。RSS で購読している人は気づいていないかもしれませんが(笑)、各ページの横幅が今までよりも拡がっています。

この blog をオープンしてから実に 6 年半、こまごまとしたパーツを追加した以外にテンプレートをほぼ全くいじってきませんでしたが、いつまでも SVGA 解像度が前提のテンプレートもないだろうと。最近では iPad が Full HD を超える高解像度ディスプレイを搭載してきていますし、PC にしてもタブレットにしても WXGA(1,280×800)以上の解像度が標準的になって久しいので、ページの最低幅を XGA 以上で快適に表示できるよう変更しました。

今まではこんな感じ↓で、いくらなんでもいつの時代のデザインだよという印象でしたが、

b's mono-log

少しワイドにしただけ↓で、ずいぶん見やすくなったと思います。

b's mono-log

本当はもう XGA も考慮せずにもっと横幅を広げても良いと思ったんですが、そうなるとフォントサイズから何から見直さないと全体のバランスが悪くなってしまうので、ひとまずはここまで。

噂によると iPhone、iPad に続いて MacBook も Retina Display 採用を予定しているようで、今後はこれらに引っ張られて IT・モバイル系のあらゆる機器のディスプレイ解像度が高まることと思います。そうなったときに Web ページ側が様々な画面サイズ/解像度のデバイスに柔軟に対応できる仕組みを持つようになっていく必要があるのか、それともデバイス側で「うまいことやってくれる」ようになるのかは分かりませんが、当面は双方に工夫が必要な状況が続くでしょうね。今まではブラウザの UserAgent かディスプレイの解像度をキーに Web ページ側が表示を出し分けていれば済んでいたのが、デバイス側の解像度が全般的に向上し、プラットフォームも入り乱れてくると思われるので・・・。

ワイド化で写真のサムネイルも従来よりも大きく貼れるようになりました。

b's mono-log

なにげにこれが一番やりたかった。写真を大きく貼ったほうが印象が強まるし、文章の説得力も増して感じられます。iPad の Retina Display を体験して、Web サイト側ももっと高解像度の画像を貼っていくようにしないとな・・・と痛感したのが後押しになりました。

ワイド化はいろいろと見直すいいきっかけになったので、これを機にエントリーの書き方とかも少しずつ変えていってみようかな、と思案中です。

投稿者 B : 00:00 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2012/04/03 (Tue.)

Movable Type 5.13

とてもとても重かった腰をようやく上げて、この blog の CMS を Movable Type 5.13 にアップデートしました。

[重要] Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 セキュリティーアップデートの提供を開始 | MovableType.jp

Movable Type 5.13

気がつけば Movable Type 5 がリリースされてもう 2 年半が経とうとしているじゃないですか。セキュリティの心配が必要ない零細 blog とはいえ、古いバージョンの CMS をいつまでも使い続けるのもなあ・・・とかねがね思っていたので、新年度という区切りをきっかけにしてみました。
しかし最後に Movable Type のアップデート作業をしてからかれこれ 3 年、セットアップの手順を忘れかけているという(´д`)。ドキュメントを読み漁って何とか作業したものの、データベースのアップグレード作業がさっぱり終わらず。調べてみたら、同じような問題に遭遇して解決した方のエントリーを発見したので、それに倣ってみました。

MovableTypeをVer.4.23からVer.5.12へアップグレードしてみた - アルテッツァの造り方

そしたら何ともあっさり解決。mt_asset テーブル(つまりアップロードした画像やそのサムネイル、ポップアップページなどの情報が格納されたテーブル)に 1 万件を超えるデータが格納されていて、それでサーバからの応答が極端に遅くなり、処理が止まってしまっていたように見えていたのでした。mt_asset テーブルをいったん TRUNCATE(空にする)すると DB のアップグレードはあっさりパスしたので、そのまま mt_asset テーブルを DROP→バックアップからインポートして万事解決。何事も先人の知恵さまさまですね>ありがとうございました。

私は今まで Movable Type をちまちまカスタマイズして自分が編集しやすい環境を作り込んでいたので、MT5.x になることでその設定手順が変わってしまうんじゃないかと心配だったんですが(実はそれがアップデートに億劫だった最大の理由)、私的には特に重要だった画像のアップデートデフォルトディレクトリ変更コメントスパム対策も、MT4.x のときと同じ手順で動作しました。また、MT4.x ではうまく動作しなかった MultiFileUploader プラグインも MT5.13 上では正常動作するようになったので、これで大量に画像を貼り込むエントリーの執筆が多少ラクになりました(^^;;
ただ、サーバのレスポンスは MT4.x と比べても大差ない重さで、気持ち軽くなった、かもしれないけどプラシーボな気もする、という程度(笑。あとは管理画面の UI がガラッと変わってしまい、まだ慣れていない今は非常に使いにくいと感じているのですが、慣れで何とかなるものかどうか。

ページのテンプレートは特にいじっていないので、blog の外観からは違いが分かりにくいかもしれませんが、もし不具合等があるようならご連絡ください。ちなみに作業中数時間にわたってコメントやトラックバックがエラーになっていたようで、作業中はご迷惑をおかけしたかもしれないことをお詫びします。

本当は MT のアップデートだけでなく、久しぶりに少しいじりたいところもあるのですが、そのあたりは追って。

投稿者 B : 05:13 | Blog & Network | Movable Type | コメント (0) | トラックバック

2011/09/03 (Sat.)

Hulu 国内サービス開始

月額1,480円の映像配信「Hulu」が日本参入。1日開始 -AV Watch
日本上陸した定額映像配信「Hulu」を試す -AV Watch

ここのところ忙しくていろいろ追いかけられていない間に、来る来ると言われていた「Hulu」が国内サービスを開始していました。日本ではまだ全く知名度のないサービスですが、米国では現在 YouTube に次ぐ動画配信サービスであり、これは見過ごしておけない話だと思います。

国内の動画配信サービスといえばアクトビラが最も有名でしょうが、開始して何年も経つのに周囲で使っている人が全くいない、というくらい、お世辞にも普及しているとは思えない状況が続いています。アクトビラはコンテンツの量という意味ではけっこう網羅していると思いますが、それでも利用されないというのは、サービスの使い勝手(UX)もさることながら、結局「TSUTAYA で借りてきた方が安い」という価格設定の問題もあるでしょう。
先日読んだ『iCloud とクラウドメディアの夜明け』でも、個別課金のダウンロード型、あるいはレンタル方式といったやり方は少々古く(コンテンツの中身や用途によってはそれが適しているものもあるにせよ)、今後はサブスクリプション型(定額制)で利用する機器に縛られず、好きなときに好きな場所、好きな機器で利用できるサービスが主流になっていくだろう、と書かれていましたが、基本的には私もそれに同意です。

日本でサブスクリプション型のサービスが始まらないのは、ざっくり言えばいろんな利害関係者との調整だとか利益配分のやり方だとかそういうもろもろがまとまらないから、というところが大きいのだろうと思われます。先日始まったバンダイチャンネルの定額制サービスのように、権利関係の多くを配信元が押さえているコンテンツを数多く備えている企業であれば、自社コンテンツの配信に限ればサービサーになれる可能性はありますが。
ただ、配信元がバラバラだと、例えばある楽曲は iTunes で iTS から購入し、他の楽曲は x-アプリで mora から購入する、といったように、ユーザー側がサービスによってアプリやサービスを使い分けなくてはならないので、ユーザビリティが悪いんですよね。なので、せめて配信元は別々でもいいから、串刺しで利用できるサービス/アプリであってほしい、というのが、ユーザーの立場での願いであったりします。

そういう意味では、当面はハリウッド映画や海外ドラマに限った展開になるとはいえ、複数社の、それもビッグタイトルが揃ったコンテンツを横断的に扱える Hulu は、国内のサービスを押しのけて急速に普及する目は持っているように思います。

個人的には、使い勝手が良く利用価値の高いサービスであれば、海外発のものであっても積極的に利用したいと考えています(同じようなサービスであれば、日本企業にお金を払いたいという気持ちはありますが)。おそらく、この Hulu もうまくすれば国内の流通業で大きな存在感を示すようになった Amazon のような位置までいくような機がします。なので私も Hulu にはけっこう注目しているんですが、月額¥1,480 払ってどれだけ観る時間が取れるか、と思うと、二の足を踏んでしまうんですよね(´д`)。スカパー!の ANIMAX あたりは、私がいない時間も子どもたちが観ているから、毎月払ってますが・・・。

あとは国内のコンテンツが今後どの程度網羅されていくかですかね。動画に限らず、音楽や書籍など、電子流通がなかなかまともに立ち上がらない国内の状況を見ると、いかに Hulu といえど国内コンテンツの収集には苦労しそうには思います。でも逆に、日本のコンテンツベンダーがこの波(別に Hulu でなくても他社のサービスでも良いんですが)に乗っていかないと、テレビを観るのは老人と主婦と子どもばかり、日本の音楽を聴くのも子どもばかり・・・と言われるのと同様に、最もお金を払ってくれるユーザーを海外のサービスとコンテンツに奪われていく一方ではないでしょうか。その危機感が、コンテンツベンダー側にあるのかどうか。

投稿者 B : 21:50 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2011/07/20 (Wed.)

Movable Type のコメントスパム対策

先週末くらいから、この blog へのコメントスパムが急増していました。

全て英文のコメントで、貼られているリンクはアダルト系のいかがわしいものではなく、google、yahoo、bing といった大手サーチエンジンというわけの分からないスパム。このスパム自体が目的なわけではなく、むしろ何かもっと別の目的の踏み台、もしくは実験台にされている?という嫌な雰囲気。
それが数分おきにいろんなエントリーに投稿されて、ほとほと困り果てていたので、ちょっと対策を入れてみました。

WingMemo: MT4を運営開始する前に設定しておくと良い9つの項目

↑このサイトで解説されている「5. mt-comments.cgi のリネーム」の部分を使わせていただきました。コメントスパムは bot を使って mt-comments.cgi を直接叩いているようだったので、これが一番効果的かと。上記サイトの手順では、mt-comments.cgi をリネームするだけでなく JavaScript で外出しすることによって HTML(PHP)のソースから CGI のファイル名を拾われてしまうことを避ける策も講じられているので、さらに効果的かと。

ひとまずこの対策を入れて 3 日ほど様子を見てみましたが、コメントスパムがきれいさっぱり来なくなったので、確実な効果があったと言えそうです。これでまたスパムが復活するようなことがあれば、英数字のみのポストを禁止するとか、さらなる対策を入れるつもり。

Movable Type といえば MT5 がリリースされて 1 年半以上経って随分枯れてきただろうし、そろそろウチもバージョンアップしたいな・・・と思っているんですが、なかなかまとまった時間が取れなくて(´д`)。

投稿者 B : 23:05 | Blog & Network | Movable Type | コメント (2) | トラックバック