b's mono-log

 1 |  2 |  3 | all

2009/07/31 (Fri.)

Google Calendar Sync

先日、Outlook と Google カレンダーを同期するために Plaxo ツールバーをインストールしている PC で、突然こんなダイアログが表示されました。

Plaxo Premium にアップグレード

え、Plaxo の同期機能って 8/1 から有償になるのね・・・(´д`)。
Plaxo は事実上 Outlook-Google Calendar 間のデータ同期の仲介としてしか使っておらず、忘れた頃に時々知っている人からコネクション要求が来る程度になっていましたが、それだけの用途に月額の利用料は出せないなあ。ということで、代替策を探していたら、そういえば Google 純正の同期ツールがリリースされていたことを思い出しました。

GoogleカレンダーとOutlookのスケジュールを同期する「Google Calendar Sync」 (できるネット+ 編集部ブログ)

インストールして Gmail の ID を入力するだけで、あっさり設定完了。この手のツールでよくある Outlook の ID 設定すら必要ありません。今のところ英語版しかありませんが、シンプルなツールなので特に問題なし。日本語の使用にも問題はないようです。

Google Calendar Sync

特筆すべきことはないですが、同期の間に入るものがなくなったので、気分的にちょっとスッキリしました(笑。
でも、これでますます Plaxo 使わなくなるなあ・・・・・・。

投稿者 B : 00:33 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2009/07/07 (Tue.)

Evernote

最近とても注目しているソフトウェアというか Web サービスがこれ。

Remember Everything. | Evernote Corporation
Evernoteで自分の脳を拡張する(プライベートベータご招待) (TechCrunch Japan)

Evernote

スクリーンショット 1 枚じゃぜんぜん魅力が伝わらないんですが、動くデモを見るとちょっと目から鱗系の Web アプリです。まあ、アンテナの高い人はもう知っているサービスなので「そんなの知ってるよ」という人も多いと思いますが。

一言で表すのも難しいですが、インターネット越しにドキュメントを作成したり、Web クリップしたりできるツールです。テキストのメモや画像を貼り付けることもできるし、Web ページの全部/一部を貼り付けることもできるので(ブラウザの機能拡張で右クリックメニューからクリップすることも可)、とりあえず私が日常的に扱うドキュメントは Excel のスプレッドシートと PowerPoint ファイル以外、ここに保存できてしまいそうな感じ。ファイル添付は無料版では静止画や MP3 などの音声ファイルに限られていますが、有料版だとどんなファイルでも添付できるので、本当にデータを何でも放り込んでおくこともできます。
個人的にははてブや Livedoor クリップのように自分の Web クリップを他人に公開するメリットをあまり感じない(仕事上役立つ情報としてクリップしたい場合もあるし)ので、Evernote で自分専用のクリップにできるほうが便利だったりして、最近はもっぱら Evernote でクリップしてますね。

また特に使えそうなのが有料版で提供している OCR 機能。まだ英数字のみの対応ですが、Evernote に貼り付けた画像内の文字列を認識してメタデータとして持っていてくれるので、画像まで串刺しした検索が可能です。例えば名刺をもらったらデジカメや iPhone でとりあえず撮影して Evernote に取り込んでデータベース化する、なんてことも(日本語認識に対応すれば)可能になるし、多少雑な手書き文字や写真内の文字でも認識できるので、強力なパーソナルデータベースとして使うこともできそうです。

また、Evernote 上のドキュメントを Web で公開することもできるので、使いようによっては Tumblr みたいな使い方もできそう。

欠点としては、現状では日本語版が存在しないので、英語が苦手な人には使いにくかったり先述の OCR 機能が日本語対応してなかったりすることと、ネットワーク越しにデータ保存をかけにいくので、ネットワーク環境によってはちょっと重いのが玉に瑕、といったところですが、個人的には Web クリッピングツール+メモ的に使っているので、その上で特に不都合は感じていません。でも OCR の日本語対応が始まったりしたら、さらに使いでのあるサービスになりそうなので、有料アカウントを取るかも。

PC 一台で全てまかなってるような人や、逆にケータイがメインで PC は検索にしか使わないような人にはあまりメリットがないかもしれませんが、私のように複数台の PC を使い分けている人や、PC+iPhone といった複数のネットワーク系デバイスを活用している人にはかなりオススメのサービスです。Windows 版・Mac 版に加えてモバイルデバイスでも iPhone・Palm Pre・BlackBerry と WM 版があるので、最近のメジャーどころのスマートフォンは Android を除きほぼカバーしています。

私は Evernote を純粋にサービスとして便利なので使ってみますが、業界的な観点でも、こういうサービスによってハードウェアの立ち位置が少し変わってくるのかな、と考えていたりします。
Apple 以外のメーカーから出てくるいろんなガジェットが iPod や iPhone の対抗軸で語られがちな昨今ですが、(まあマスメディア的な分かりやすさでそういう切り口で表現したくなるのは理解するにしても)そうじゃなくてむしろそれらと共存・補完関係にある使い方を模索したほうがもっと幸せになれるんじゃないの?と常々思っていました。
最近は「クラウド」という言葉ばかりが先行してちょっとしたクラウドバブル的な状況が発生しつつあるような気はしますが、それはさておきオンラインを前提にしたハードウェアとサービスのつくりを考えることで、デジタルデバイスとそれを利用する我々の生活は、新たなパラダイムに至ることができるんじゃないか?と。
例えば Twitter にしろこの Evernote にしろ、Google の各種 Web サービスにしろ、キモはデータがネット上にあって、デバイス非依存でいろんな利用形態が選択できることが、利便性であったり新たなコミュニケーションの形を誘発しています。これをうまく使えば、PC が使える環境では PC から、それ以外の場所では iPhone なりケータイなりといったデバイスから利用することで、自分自身の生産性あるいは付加価値を大きく向上させることができるはず。TechCrunch Japan の紹介記事では「自分の脳を拡張する」と表現していますが、まさに Enhance Myself することができるはず。そんな可能性を感じるサービスのひとつが、この Evernote だと思います。

PC と iPhone を使っている人、だまされたと思って一度使ってみてください。ただ、インストール直後で Note が何もない状態だと、何をしたらいいか分からなくて途方に暮れがちなのが、このツールの泣き所だと思うので、その点ご注意を。

投稿者 B : 23:57 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2009/06/30 (Tue.)

Twitter はじめました

Twitter をはじめてみました。

B (brownsugar_t) on Twitter

というか、Twitter のアカウント自体は日本語版がリリースされる前(去年のはじめごろ)に取っていたんですが、一度もつぶやいたことがなく放置してました(;´Д`)ヾ。

サービス自体は面白いと思いつつも、コデラさんと同じような理由(コミュニケーションのスピードよりも、自分の考えをちゃんとまとめた上で責任持った発言をしたいという考え)で、思いついたらその場ですぐつぶやくというスタイルは私にはあまり合ってないな、と思い、どうも積極的に使う気にならず、知人・友人のつぶやきを時々読む程度にしていました。あと、この blog という自分の「Web 上の住所」がちゃんとあったので、発言の場所が分散するのもどうかと思い。mixi など SNS 系の Web サービスの多くにアカウントを持ちつつ、結局ほとんど使っていないのも、同じような理由だったりします。
あと、奥さんや家族と一緒にいるところで Twitter に投稿する「Twitter 中毒」で、家族から白い目で見られる・・・という話もよく聞くので、それで避けていたというのもあり。

でも iPhone をきっかけに改めて Twitter を使ってみることにしました。常にネットワークに繋がっているデバイスを身につけることで、コミュニケーションのあり方が変わるかな?ということを身をもって試してみたいと思って。まあ今までもモバツイッターを使えば同じようなことができたのですが、iPhone とケータイじゃコミュニケーションのレイヤー(リッチさやインタラクティビティという点で)が違うよね?と思っていたりします。

アカウントを取って 1 年半くらい経つのに、他の人をフォローしたのもこれが初めて(笑。まあ、上記のポリシー的に私自身がつぶやくことはあまり多くなく、フォロー中心になるような気がしますが、とりあえずトップページのサイドバーに Badge だけ貼ってみました。

投稿者 B : 20:30 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2009/03/18 (Wed.)

GANREF

インプレス、デジタル一眼ユーザー向けサイト「GANREF」β版 (デジカメ Watch)
GANREF

GANREF

DSLR ユーザーにとって面白そうな SNS がスタートしました。仕組み的には一般的な SNS に準拠していますが、デジタル一眼レフに特化しているので、手持ち機材を登録できたり(機材つながりで他のユーザーを探せたりもする)、アップロードした写真を機材データと紐づけたり、今までありそうでなかった写真系 SNS になっています。カメラ誌は国内に数あれど、こういうのは Web に強いインプレスならでは。

SNS から外部サイトにリンクできなかったり(プロフィールに自分の blog URL を記入する欄すらない。まあ、大手企業サイトならではのリンクポリシーなんかもあるんでしょうが)、後発の Web サービスならば Flickr やフォト蔵といった Web アルバムサービスと連携できてほしいところだったり、レビューは SNS 上に直接書くんじゃなくて自分の blog から RSS で引っ張ってきてほしいよなーと思ったり、まだまだこれからな部分はありますが、面白そうなサービスではあります。実質α専用な So-net Photo と違って、メーカーにとらわれず楽しめそうなのが良いですね。

ということで、DSLR ユーザーの人はぜひお友だち登録しましょう!

投稿者 B : 00:16 | Blog & Network | Camera | DSLR | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2008/11/12 (Wed.)

Life-X

ベータテスト時代から参加していた Web サービス「Life-X」が正式オープン。

Life-X
Life-X | お知らせ: Life-X 正式オープン

Life-X

最近、SNS 的サービス/コンテンツシェアリングサービス/Web アプリアグリゲーションサービスが雨後の竹の子のごとく増えてきてますが、言ってみればこれもその一つ。でも、PC やモバイルデバイスにとらわれず、CE 機器からのアクセスも対象にしているのは新しいかな。
個人的にはいわゆる「ライフログ」的な Web サービスはアリだと思っているので、そういう意味ではちょっと期待しているサービスではあるのですが、エンドユーザーへの見え方として「ライフログ」なのか「コンテンツシェア」なのか「コミュニケーション」なのか「マルチクライアント/マルチサービス間のコンテンツトランスレーションハブ」なのかが曖昧な、どっちつかずのサービスに見えてしまっている側面があるのがちょっと残念なところ。

それでも、ベータテスト時からみればレスポンスも良くなったし、かゆいところに手が届かない感じだった UI もかなり改善されて、それなりに使い物になるサービスにまとまってきた印象です(ただ、ここでまとまってほしくはないけど)。CU と同じくまだまだこれからのサービスだと思うので、今後を見守りたいと思います。

投稿者 B : 23:55 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2008/11/10 (Mon.)

CU

ある方に招待されて、Yahoo! JAPAN が開始したビジネス SNS「CU」に参加してみました。

CU
日本版LinkedInとなるか--ヤフーがビジネスSNS「CU」を開始 (CNET Japan)

Yahoo! CU

日本ではまだこういうサービスには馴染みがないですが、主にアメリカで普及している「LinkedIn」の日本版とでもいうべきサービスです。私も LinkedIn のアカウントは持っているんですが、どうもアメリカ人向けのサービスくさいというか、日本のビジネス社会にはまだ馴染まない仕組みだろうなーと思ったり、人材開発会社やコンサルタントと思われる人からいきなり英語でメールが届いたりして面倒になったので、あまり使っていませんでした。私の今の仕事(というか今の担当領域)では英語圏の人とコミュニケーションする機会はほとんどないので、むしろ日本語で閉じたサービスなら使ってみたいのになー、と思っていたところだったため、とりあえず登録してみました。

Yahoo! 側もひっそりとサービス開始(といってもまだベータ版みたいですが)したらしく、今日時点での利用者はまだ 3,000 人強くらい。手探りなんだろうな、というのが客観的にも感じられますが、果たして(何だかんだ言ってまだまだ)人ベースのコミュニケーションである日本のビジネス社会にこういうコミュニケーションツールがどの程度馴染むものか。リアルのビジネス社会とブロガーネットワークに代表されるようなネットコミュニティの橋渡し的な立ち位置から広げることができれば、ちょっと面白いことになるかも、と思っていたりしますが・・・。

このサービス、まだ招待制らしいですが、興味のある方は招待メール発行するので、ご連絡ください。

投稿者 B : 23:44 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2008/10/04 (Sat.)

Google Calendar Mobile Gateway

Plaxo を使うようになってから Outlook と Google Calendar の同期ができるようになって非常に便利になったわけですが(ちなみに、最近では Google 提供の Outlook 同期ツールがあるので、Plaxo を挟まなくても良くなった)、自宅の PC だけでなくやっぱりケータイからもスケジュールが見れた方が何かと便利だよなあ、と思っていたら、こんなサービスを発見。というか、職場の D さんと世間話中に教えてもらいました。

Google Calendar Mobile Gateway

このゲートウェイサービスを介することで、テキストベースながら Google Calendar がケータイからも使えるように。これ便利なので、Google Calendar 使いの方は是非。

というか、最近かなり Google に囲い込まれてきたな・・・。

投稿者 B : 23:56 | Blog & Network | Mobile | Network Service | コメント (2) | トラックバック

2008/08/09 (Sat.)

Google Maps でナスカの地上絵

インディ・ジョーンズ』を観たら、物語の舞台になっていたペルー・ナスカ方面のことを調べたくなってきました。小さい頃から憧れてたんですよね、地上絵。
私は特に考古学に興味があったタイプでもないし、今やすっかりインドアな人になってしまったので(笑、なかなかこういうところに旅してみようとは思えないのですが、今の時代には Google Maps という便利なものがあるんです。Google Maps なら地上絵が見られるんじゃないか?と思ったら、同じようなことを考えている人はけっこういるものですね。

幻影随想: GoogleMapでナスカの地上絵を見る
Drk7jp: Google Map でナスカの地上絵(コンドル、コマドリ等)が見れる!
fusigi: ナスカの地上絵をgoogleマップで探してみよう!

私も見てみました。
近年では自動車の侵入などによる破損が進んでいるようで、その昔事典や図鑑で見たものほど明瞭には確認できないものが多いですが、でも確かに地上絵。幼い頃のロマンが再びかき立てられるようです。
ただ Wikipedia で調べてみると、この地上絵はどちらかというと農業や祭儀といった生活に密着した目的で作られたという説が有力みたいですね。宇宙人との交信みたいな壮大なロマンがあるわけではなさそうなのが、ちょっと残念ではあります。かといって、『クリスタル・スカルの王国』のように具体的に映像化されてしまうと、それはそれで興ざめな部分はあるけど(´д`)。

投稿者 B : 01:02 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2008/01/31 (Thu.)

Plaxo

少し前に友人から「Plaxo」という Web サービスの招待メールが届きました。何だ?と思い、調べてみたら意外に使えそうなサービスだったので、サインアップしてみました。

“PCで仕事”を速くする:第10回 GoogleもOutlookもPlaxoでカレンダーを同期する (ITmedia)

意味も分からず試してみたんですが、スケジュール機能がかなり使えそう。

今、職場ではスケジュール管理を Outlook を使っているんですが、CLIE を使うのをやめて久しく PIM 機能を任せられるポータブルデバイスの決め手に欠けて、試行錯誤していました。最近では W880i や W-ZERO3 に同期して使っているんですが、どちらもちょっとイマイチ・・・。でもこの Plaxo は Outlook との同期機能はもちろんのこと、Google Calendar にも同期できるので、かなり使い勝手が高いです。
Google Calendar は使いやすそうだと思いつつ、Outlook との連携ができなかったのが難点(仕事のスケジュールは Outlook、プライベートは Google Calendar に分散して管理しきれない)で結局使っていなかったのですが、Plaxo は Outlook や Google Calendar との同期は自動的にやってくれるので、同期の操作すら必要ありません。Plaxo 自体にもスケジューラ機能はあるんですが、Google Calendar のほうが軽くて操作性も良いので、Plaxo はあくまで Outlook と Google Calendar の中継に使おうかと。
これで Google Calendar が閲覧だけでも良いので i-mode に対応してくれると、PDA やスマートフォンを持たなくてもたいていの用は足せそうなんですが、対応してくれないですかね。

Plaxo 自体はスケジューラというよりもむしろ様々な Web サービスのアグリゲーション的な側面が強いんですが、Outlook でスケジュール管理をしているなら同期機能だけでも利用価値があると思います。本当は Pulse という SNS 的機能が最近の注力らしいんですが、これはまだヨクワカリマセン。正直スケジューラ以外の機能はまだ理解しきれていないので、もう少しいろいろ試してみようと思います。

投稿者 B : 23:58 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2007/03/08 (Thu.)

PlayStation Home

SCEA、GDC2007の基調講演でPS3用の新作・サービスを発表 3DCGを使ったコミュニケーションサービス「Home」など (GAME Watch)

PS3 向けの 3D コミュニケーションサービス「Home」が発表に。
Engadget Japanese にある

WiiのMii(似顔絵アバター)とXbox Liveの実績システムをあわせてSecondLife風味にまとめ、YouTubeやMySpaceをまぶしたもの
という表現が言い得て妙。

mixi など SNS の浸透も一段落している雰囲気ですが、SNS よりもリアルタイム性の強いこのテのアバターコミュニケーションサービスってそろそろ流行ってくるんじゃないかと思ってます。MMORPG でもゲームよりもむしろ仲間とのコミュニケーション(チャット)目的でログインしている人も少なくないですし。私もヴァナ・ディールの冒険者だった時期もありましたが、遡れば 10 年ほど前に VRML をベースにした 3D アバターチャットに一時期ハマッたのが、現在の自分の Web コミュニケーションの基礎を作っていたりもするので、こういう仮想空間でのコミュニケーションの楽しさは分かっているつもり。チャットやゲーム内で出会ってリアルで結婚しちゃう人もいるくらいですからねえ。

ハードウェア的な敷居はさほど高くないので(PS3 自体への敷居はまだまだ高いけど)、いかにもアメリケンな雰囲気を少し緩めて、コンテンツサービスやゲームとの連携がうまくいけば国内ではなかなかブレイクしない Second Life よりは成功しそうな気がします(まあ、これ自体が Second Life の二番煎じと言われたら返す言葉もないけど)。現状の PS3 の貧弱なオンラインサービスへのテコ入れにとどまらず、あらゆるものとの連携で PS3 の世界観を広げてくれないかなあ、とちょっと期待。

投稿者 B : 23:40 | Blog & Network | Game | Network Service | PS3 | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 | all