b's mono-log

2013/02/13 (Wed.)

オールドレンズの奇跡

上田 晃司 / オールドレンズの奇跡

4768304192

久しぶりにオールドレンズ本を買いました。最近は本で読むよりも気になった方向のレンズ群について Web で自分で調べたり、実際に店頭に行って手に取ってみたり、と自ら沼の中を突き進んでいくほうが楽しいんですが、この本は今まであまり書籍で取り上げられてこなかったオールドレンズについて触れられているようだったので。

今まであったオールドレンズ本の多くが各マウントのレンズを 1~2 本紹介する程度でどちらかというと間口の広さを重視した内容だったのに対して、この本はどちらかというと深い方向、例えば他のオールドレンズ本にはないほど多くのライツ、あるいはキヤノンでも Serenar だったり、ミノルタではなく千代田光学時代の SUPER ROKKOR だったり、本当の意味での「オールドレンズ」が多く紹介されています。これに比べたら YASHICA/CONTAX なんて全然現代のレンズですよ、と言いたくなってくるほど。
この書籍の元ネタは玄光社の『フォトテクニック デジタル』誌における同名の連載で、登場する機材(ボディ)にはちょっと旧いものもあります。また、単行本のために吟味されたレンズチョイスではないためか、レンズ選びにまつわる失敗談も多く、そういう点ではこれからオールドレンズの深い沼に足を踏み入れようとする人には注意点が分かって参考になる反面、純粋にそのオールドレンズの実力を知りたいを思っている人には向かないかもしれません(まあ、オールドレンズである時点で個体差は少なからず存在するもので、真の実力値というのは定義しづらいのも事実ですが)。

個人的には、今まであまり深掘りしてこなかった方面のオールドレンズに関する情報がいろいろ得られたのが良かったいっぽうで、レンズの評価に使われる語彙が乏しく、「空気感まで写す」みたいな表現が多用されすぎていたのがイマイチ。「レンズの味」とか「空気感」と言ってしまうと、結局主観的に好みかどうか(そこには書き手がそのレンズに払った対価に対して自己肯定したいというバイアスも含まれる)に収斂してしまって客観的な分析ができなくなってしまうので、オールドレンズ選びの参考にしたい人向けの読み物としてはどうかなあ、と思うわけです。ま、そもそもオールドレンズなんて現代的な解像力を求めて買うものじゃなし、そういう楽しみ方でいいんでしょ、という考えもアリですが。

ちなみに本書の内容は、抜粋バージョンが「Lite 版」として雑誌オンライン他で試し読みできるようになっているので、興味のある方はどうぞ。

オールドレンズの奇跡 Lite 版 (雑誌オンライン+BOOKS)

投稿者 B : 00:00 | Book | Camera Mook | コメント (0) | トラックバック

2013/01/12 (Sat.)

Sony Reader PRS-T2

年末年始は帰省しなかったので、ゆったりと過ごしていました。『ハリー・ポッター』シリーズの Blu-ray を最初から全部観直すとか、そういう長期休みでもないとできないことをやってみたりして(笑。

BD を観ていたら、ウチの奥さんが「原作を読みたい」と言い出したんですが、あの分厚い本を全巻収める余裕は我が家の本棚にはなく(『ガンダム THE ORIGIN』を全巻愛蔵版で買ってるお前が言うな、というツッコミはナシで(ぉ))、それなら電子書籍がいいんじゃない?ということで、Sony Reader を買ってきました。私が持っている PRS-350 は自分でときどき使っているので、奥さん用に。
ひとつの小説を読むためにわざわざハードウェアを買うのももったいないと言われそうですが、ハリポタのハードカバーを全巻揃えるよりも電子ブックリーダと電子版を買った方が安上がり、という結論に達し(文庫版を買え、というツッコミはナシで(ぉ))。1 月末までなら Sony Reader を買えば『賢者の石』が一冊無料というキャンペーンをやっていたことに背中を押された感じです。

ソニー / Reader RPS-T2 (レッド)icon
ソニー / ブックカバー PRSA-SC22 (レッド)icon

PRS-T2

文字を読むことを考えると本体は白か黒のほうが読書に集中できていいかな、と思っていたんですが、実物を見ると白も黒もどうも安っぽくて愛着が持てなさそうな気がしたので、赤をチョイス。カバーも同色にしました。

PRS-350 と比べると、現行機種は Android ベースになっているので UI がけっこう変わっていますね。全体的なレスポンスも PRS-350 より俊敏になっているように感じます。E-Ink ディスプレイは PRS-350 よりも一回り大きい 6inch ですが、解像度は変わらず 600×800 なので、読みやすさという点ではそれほど変わりません。もう少し解像度が向上してくれれば、私もそろそろ買い換えたかったりはするんですが。
Kindle Paperwhite だと解像度は 758×1024 だし、フロントライト内蔵なのでハードウェア的には Paperwhite のほうが魅力的ですが、肝心のコンテンツフォーマットの互換性が...。

PRS-T2

最近は電子書籍というと雑誌やコミック、有料メルマガを液晶系のデバイスで読むことが増えましたが、長編の文学はやっぱり E-Ink のほうが読みやすいですね。

子どもに触られて傷がつく可能性が高いので、保護フィルムも買ってみました。

サンワサプライ / 液晶保護指紋防止光沢フィルム PDA-FRD3KFP

PDA-FRD3KFP

ヨドバシで本体を買ったついでに、店頭に並んでいたものを適当に。

E-Ink デバイスなのに、商品名が「液晶保護~」になっていると、なんだかむずむずしますね(笑。

PRS-T2

この保護フィルム、光沢タイプなのでけっこう盛大に反射します(´д`)。でも店頭では他に選択肢がなくて...。妥協せずにいつもの OverLay Plus(ノングレアタイプ)を発注すべきだったと少し後悔。

『ハリー・ポッター』シリーズの電子書籍は Reader Store からではなく、Pottermore Shop で購入・決済する仕組みになっています。Pottermore Shop で購入して、Pottermore の ID と Reader Store(を含む各種電子書籍ストア)の ID を紐付け、購入情報を 電子書籍ストアに送るとその電子書籍ストアから対応したフォーマットのデータがダウンロードできる、という仕掛け。「読む権利」を版元から直接購入することで、異なるプラットフォームや機器をまたいで読めるとか、仮に使っている電子書籍ストアが潰れても他のストア経由で読める、というのはメリットですが、読めるようになるまでの手順が煩雑で面倒ではありますね(´д`)。Pottermore Shop から直接ダウンロードできるのが理想でしょうが、Pottermore 自体が各種のプラットフォームに直接対応するということも考えにくいので、これ以上の改善はなかなか難しそうにも見えます。

ともあれ、ハリポタは特に後半の作品が映画の尺ではいろいろなことを省略しすぎな印象を受けたので、原作を読んでみたいと思ってはいました。電子書籍はデータの貸し借りができませんが、ハードウェアごと借りてしまえばいいわけで(笑。奥さんの合間に私も読ませてもらおうかな。

ソニー / Reader RPS-T2 (レッド)icon

iconicon

投稿者 B : 14:00 | Book | eBook | コメント (0) | トラックバック

2012/11/11 (Sun.)

貞本エヴァ 13 巻・プレミアム限定版と電子書籍版

新劇場版:Q』の公開まであと 1 週間と迫って、周辺がだいぶ盛り上がってきた感のあるヱヴァンゲリヲン新劇場版。地上波でも 2 週連続で新劇場版の『序』『破』が放送されたりしますが、私は放送時間中に帰宅できなかったので、深夜にひとり Blu-ray を再視聴しました(´д`)。そうすると『Q』への期待もおのずと高まってくるものですが、そういえば貞本エヴァのコミックス最新刊が発売されていたな...というのを思い出して、買ってきました。

貞本 義行 / 新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】

新世紀エヴァンゲリオン

なんか品薄という話もあるプレミアム限定版ですが、私は通勤ルート上の駅ビル内書店で普通に買えました。

この貞本エヴァのコミックスは大学時代に買っていたんですが、刊行が遅々として進まなかったために挫折して手放してしまったので、手に取ったのは実に十数年ぶり(´д`)。
コミカライズが今どのあたりまで進んでいるのかも把握していなかったんですが、けっこうクライマックスまで進んできているようで。ストーリーはほぼ旧劇場版のシナリオ通りに。もうちょっと変わっているかと思ったのに意外でしたが、オリジナルとはずいぶん話が変わってきてしまった新劇場版とともに、結末をどちらの方向に持って行くのか、とても気になります。

新世紀エヴァンゲリオン

「プレミアム限定版」ということで、通常版よりも少し価格が高い代わりに、特典がいろいろついています。通常版とは異なるイラストをあしらったカバー、ポストカードセット、アートワーク集、3D カード。上の写真に載せたのはそのごく一部ですが、ポストカードは別にすべてがアダルトちっくなわけではありません(笑。
特典の詳細は、私なんかよりももっとエヴァが好きすぎて自分自身がアスカやレイになってしまったこの人のエントリー↓で(ぉ

新世紀エヴァンゲリヲン13巻【プレミアム限定版】|☆★ささのま!★☆

で、貞本エヴァ。私が持っていたのは確か 5 巻くらいまでだったので、それ以降の内容がごっそり抜けています。いや正確には持っていた部分の内容も朧気にしか記憶していないし、逆に言えばテレビ版・旧劇場版をひととおり観ているのでストーリーは知っています。でもこの際だから改めて読み返してみよう...と思いつつ、これ以上本棚が埋まるのもなあ、と目を向けてみたのが電子書籍版。

新世紀エヴァンゲリオン

何の気なしに Reader Store を覗いてみたら、貞本エヴァの旧刊全品半額キャンペーンとかやってるじゃないですか!こ・れ・だ!!

というわけで、13 巻も含め大人買いしてみました(笑。

新世紀エヴァンゲリオン

ちなみに Kindle ストア でも同様の旧刊半額キャンペーンをやっているようなので、各ストアが独自にやっているわけではなく、版元の角川が仕掛けているキャンペーンなのでしょう。
どこのストアから買うかは少し迷いましたが、専用端末はともかく Android/iOS の汎用デバイス等で使う分には特にプラットフォーム依存もないので、どちらでも良いかと。私の Kindle 用アカウントは北米のサービスに紐づけられていてカスタマーセンターに電話しないと統合できないので、今回は Reader Store で買いました。本当は、どこのストアで買っても電子本棚上は一元的に管理できると理想的なんですが、まだ環境はそうは整っていないので。

あと今回気づいたんですが、以前あった講談社ほかのコンテンツのダウンロード 1 年縛りはいつの間にか解除されていたんですね。1 年半ほど前に買った『3×3 EYES』が再ダウンロード可能になっていたので、これなら今までよりも安心して使えそうかな、と感じました。

新世紀エヴァンゲリオン

電子書籍でコミックを読むならやっぱり E-Ink 端末よりも液晶系タブレットのほうが扱いやすいですね。文学と違ってコミックは特定のコマを拡大して見たいことが多く、そういうときにフリック&ピンチで操作できたほうが快適なのと、あとは手持ちの E-Ink 端末(PRS-350 と Kindle 4)だとちょっと画面サイズが物足りないので。

新世紀エヴァンゲリオン

カラーページがちゃんとカラーで読めるのもいい。E-Ink 端末は文学を読むには良いんですが、個人的にはコミック、雑誌、あと短めのビジネス書程度ならば液晶タブレットのほうが向いていると思います。ただ、持ち歩いて読むには 9~10inch クラスの端末だとちょっと厳しいので、そういう意味ではやっぱり 7inch クラスのタブレットが 1 台欲しいところですね...。iPad mini がもうちょっと高解像度だったら(あと日本でも Reader アプリ for iOS がリリースされたら)、即買いしているんだけどなあ。

貞本 義行 / 新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】

4041203554

投稿者 B : 00:13 | Book | Comic | eBook | コメント (1) | トラックバック

2012/10/26 (Fri.)

Kindle ついに国内参入

Amazon、7型「Kindle Fire HD」などを国内発売。「Kindleストア」も25日開始 -AV Watch
Amazon / Kindle Fire HD 16GB
Amazon / Kindle Paperwhite

B00960YR3Q B007OZO03M

iPad の発表にぶつけるような形で、Amazon.co.jp から Kindle の国内発売と Kindle Store のサービス開始がアナウンスされました。明らかに狙っていたんじゃないかというタイミングが良すぎる発表です(笑。

ハードウェアとしてはカラー液晶搭載の Kindle Fire HD/Kindle Fire と、電子ペーパーを搭載する Kindle Paperwhite/3G の 4 機種。Fire シリーズのほうは Android ベースのタブレット端末ながら、Google の CTS(認証)を通っていないがために(root でも取らない限り)Google Play ストアを利用できず、汎用タブレットとしての使用には制限があります。ただ、タブレット端末としては Nexus 7 よりもさらに安いので、Web ブラウザとベーシックなアプリさえ使えれば十分、という見方もあるでしょう。
個人的には、Kindle や Nexus 7 のような「ハードウェアの価値をゼロにするような売り方」には賛成しかねるのですが・・・、いずれにしても Kindle Fire、Nexus 7、iPad mini と出てきたことでそれ以外の Android タブレットはさらに苦しい状況に置かれたことだけは事実だと思います。

ともあれ、Kindle の本質はハードウェアではなくサービスと UX。Android タブレットや iPad さえあれば、Kindle アプリを入れることですぐにでも Kindle 端末として使い始めることができます。なので、何らかのタブレット端末さえ持っていれば、凡庸なスペックの Kindle Fire シリーズを買う意味はあまりないと言えます。

Kindle

私の場合、英語の勉強がてら『Steve Jobs』を原語で読もうと思って Amazon.com から購入した Kindle 4 もあるし、Android タブレットもあるので特にハードは買う必要がありません。まあ、Kindle 4 は『Steve Jobs』を読み切る前に忙しくなってしまってそのまま放置、電池が空っぽになって久しいですが(笑。

タブレットの Kindle アプリには Amazon.com のアカウントを登録してしまったので、現時点では

Kindle

Kindle ストアも北米版のまま。この場合、日本と米国の Amazon アカウントを結合することで日本のストアを参照できるそうですが、結合してしまうとどちらかのストアしか利用できなくなるとのこと。私は日米の Amazon で同じメールアドレスでアカウントを作ってしまったため、このままではアカウントを使い分けることもできません(´д`)。いずれにしても結合はカスタマーサービスに問い合わせなくてはならないので、すぐに試すのは諦めて自分に時間的余裕ができるまで待つことにしました。まあ、洋書を買うことも滅多にないので、結合しちゃってもいいんですけどね...。

投稿者 B : 00:16 | Book | eBook | コメント (0) | トラックバック

2012/09/25 (Tue.)

『ツァイス 激動の 100 年』、購入

アーミン・ヘルマン 著、中野 不二男 訳 / ツァイス 激動の 100 年

ツァイス 激動の 100 年

以前図書館で借りて読んだ本を、今さらながら購入。最近、あまり紙の本の在庫を増やしたくなくて、できるだけ電子版で買うようにしているんですが、さすがにこういう数の出ない旧著の電子化はあまり期待できるものではないですね。でもツァイスファン的にはこの本は持っていても良いかなと思いました。1995 年刊でとっくに絶版になっている書物ですが、古本でも良ければ Amazon マーケットプレイスにはかなりの数の出品がありました。

ツァイス 激動の 100 年

注文したのは「良い」状態の中古品。どの程度の状態なのか若干不安ではありましたが、ものすごくきれいというわけではないにせよ、まあきれいかな、と思える品でした。少なくともブックオフの棚に並んでいろんな人の手垢がついたものよりは良いでしょうし、梱包も丁寧で好感が持てました。届くまで現物が見られないデメリットはあるものの、絶版本を探して古本屋を巡る必要がないという点では、良い時代になったものです。

この本の内容については以前書いたので割愛しますが、改めて現代の、これからの日本企業のありようについて考えさせられる一冊ですね。知財とブランドだけ残れば良いとは思いませんが、何を自社の本質価値と認識して高めていくか。ツァイスが追求したこの品質をどのように自社で実現していくべきか。やはり何度読んでも、この一文が胸に刺さります。

「ずるがしこさではなく、徹底した正確さと信頼性、もういっぽうでは、商品の投げ売りではなく、安定した価格と、顧客に対する専門的アドバイスとサービス、そしていつも同じようにもうしぶんない応対」

そういえば、来年にはツァイス自身がミラーレスカメラ向けレンズ市場への参入を予定していますが、ソニーやコシナ経由ではない製造・販売がどのような形態になるのか、そしてそこからどのように上記の哲学を感じることができるのか、今から楽しみです。

投稿者 B : 23:09 | Book | Camera Mook | コメント (0) | トラックバック

2012/08/24 (Fri.)

花のズボラ飯

倉科カナがふんわり萌え系新妻役で民放連ドラ初主演!『花のズボラ飯』 | キャリア | マイナビニュース

滅多にテレビを観ない私をして聖地巡礼に駆り立て、サントラまで買わせたテレビ東京のドラマ『孤独のグルメ』に続いて、同じ久住昌之氏原作の『花のズボラ飯』が 10 月より TBS 系でドラマ化。実は密かに期待していました。
主演は誰になるのか、というより想像すらできないと思っていたら、NHK の連続テレビ小説『ウェルかめ』で主役を演じていた倉科カナさんと来ましたか。こういう配役は誰になっても賛否両論あるものですが、個人的にはこの配役はアリだ。大アリ、オオアリクイだ(ぉ。

原作コミックはちょっと前に「このマンガがすごい! 2012」オンナ編 1 位を受賞してひとしきり話題になった後だったので、今さら読むのもなあ・・・と思ってしばらく敬遠していたんですが、ドラマが始まる前にやっぱり読んでおこう、と思って買ってきました。

久住 昌之、水沢 悦子 / 花のズボラ飯 (1)
久住 昌之、水沢 悦子 / 花のズボラ飯 (2)

花のズボラ飯

既にドラマ化のオビがついて増刷かかってるし(笑。

花のズボラ飯

今やあまりにも有名になった「ウンマ~~~ッ!」。

飲みの〆として TKG(卵かけご飯)を初めて食べたときには確かに内心このくらい歓喜しましたが、卵かけご飯をここまでうまそうに食べる顔を描いたマンガを私は他に知りません(というか、マンガで卵かけご飯を食べるシチュエーションなんてそうそうないよな)。

花のズボラ飯

出ました「ミョウガって夏の番長よね!!」。「ソースの味って男のコだよな」に通ずるモノがあります。まさにオンナ版井之頭五郎。いや、どちらの作品も原作者・久住昌之氏のキャラクターを投影したものと言わざるを得ないでしょう。

花のズボラ飯

オヤジギャグ満載だし(笑。『孤独のグルメ』が基本的に全編にわたって淡々としたノリで進むのに対して、『花ズボ』は料理のシーンが始まったら食べ終わるまでずっとハイテンション。でも、どちらもひたすらモノを食べる行為を描いていて、それほど山も落ちもない、というあたりはとてもよく似ています。

そして食べ物がいちいちうまそうなんですよね。『孤独のグルメ』のほうもうまそうなんですが、あれは原画を一度見てしまうと、あの原画でのうまそうさが印刷では表現し切れていないような印象でしたが、こちらは印刷でもうまそう。基本的にズボラ飯なのでそんなに大したものが出てくるわけでもないんですが、読んでいるだけでお腹が空いてきます。

このテンションとやたらうまそうなズボラ料理たちをドラマでどう表現するのか、今からとても気になります。残念なのは、基本的におうちごはんなので聖地巡礼できないことでしょうか(笑。私は料理は一切しない派(できないわけじゃないけど)ですが、今回ばかりはドラマの影響を受けてしまうかもしれません。

久住 昌之、水沢 悦子 / 花のズボラ飯 (1)
久住 昌之、水沢 悦子 / 花のズボラ飯 (2)

4253104525 4253104592

投稿者 B : 23:29 | Book | Comic | コメント (0) | トラックバック

2012/08/22 (Wed.)

子育てできれいな歯並びを!

倉治 ななえ / 子育てできれいな歯並びを! -夢は矯正いらず

4072785342

クマデジタルさんが買っていたのを見て、そういえば私も歯並びについては最近気になっていたところなんですよ・・・と思って読んでみた本。

私は歯並びはかなり悪いほうです。具体的に言うと、歯並びだけ徳永英明に激似です(ぉ。母もほぼ同じ歯並びなので、完全に遺伝なのですが、小学校高学年になっても生え替わらなかった何本かの乳歯を歯科でまとめて抜かれたりした影響もあるかもしれません。そして、最近永久歯への生え替わりが始まっている長女も、永久歯の出てきかたが私にとてもよく似ているので、同じような感じになる可能性が高いと思っています。次女は次女で、下あごを突き出して遊ぶ癖があって、噛み合わせに不安が出てきています。
春に奥歯の詰め物が取れてから通っている歯科で、矯正と親不知の抜歯を強く勧められたのですが、「その経済的余裕があるなら、むしろ娘に矯正を受けさせたい」と断ったりしたこともあって(←これは本心)、歯並びについては強い関心を持っていたところでした。

この本は、自らも子育ての経験をもつベテランの矯正歯科の先生が執筆された本で、「きれいな歯並びがいかに大切か、そしていかに矯正だけに頼らずに、子育てできれいな歯並びを作るか」について書かれています。状況によっては矯正を併用した方がいいケースはあれど、多くの場合は子育てのやりかた次第できれいな歯並びは作れる、という内容。「子育てで」という時間のかかる手段を掲げているだけあって、即効性のある話は一切ありませんが、逆に言えば歯並びというのがそれだけ時間をかけて形成され、成長期であれば日ごろの過ごしかた次第である程度コントロールできる、という話でもあります。
ただ、ここに書いてあったことは、単に歯並びのためだけではなくて、子どもが健康に成長するために必要な過ごしかたやしつけの話だったりもするので、今歯並びで悩んでいる子の親御さんが即効性がないから読む意味がない、というものでもないと思います。

我が家の場合は、遺伝によるところが大きそうなので、かりにここに書かれていることを全て実践してもいずれ歯列矯正のお世話になる必要は出てくるでしょうが、仮にそうなるとしても、矯正の苦労を少しでも和らげてあげるために今から親がしてあげられることはたくさんあるんだな、と気づかされました。現実的な話をすると、育てかたで多少なりともまともな歯並びを獲得できていれば、後の歯列矯正に必要な金銭的負担もそれだけ楽になる、ということでもありますし。

私も歯並びについてはけっこうコンプレックスだったし、ウチは特に二人とも女の子だし、いろいろと考えさせられました。

投稿者 B : 23:28 | Book | Healthcare | コメント (0) | トラックバック

2012/07/25 (Wed.)

機動戦士ガンダム UC メカニック&ワールド ep1-3

機動戦士ガンダム UC メカニック&ワールド ep1-3

457546466X

最近サイカ先生クマデジさんのエントリーを読んで「グレートメカニック DX」誌のガンダム UC のページを読みたくなったんですが、残念ながら UC 以外はマクロスとアクエリオンくらいしか興味あるタイトルがなく・・・ガンダム UC のページだけ読みたいんだよ!と思っていたら、ちょうどそのガンダム UC パートだけを合冊にしたムックが発売されたじゃないですか(笑。思わず、脊髄反射で買ってしまいました。

とはいえこのムックは基本的に同誌の過去の号に掲載されたものの再編集なので、最新号に登場している RX-0 バンシィ関連の掲載はナシ。その代わり、ep1-3 に関する内容を既刊から加筆編集したものになっていて、かなりのボリューム感があり、OVA『ガンダム UC』のメカニックおよび世界観関連の設定資料集として非常に読み応えのあるムックになっています。それぞれの機体解説というよりもアニメの設定資料集というスタイルを取っていて、あの複雑なカトキメカの面構成をどうやって雰囲気を残しつつシンプル化したかとか、変型の途中経過の設定画とか、OVA を繰り返し観たならワクワクできる深さの内容。アニメ作品としては最新の作画でありながらも、一目で宇宙世紀ガンダムとわかる濃厚な描写がどういうこだわりで生み出されたのか、という、総作画監督兼メカニカルデザインの玄馬宣彦氏ほか、主要スタッフへのインタビュー記事は非常に興味深かったです。

早く ep4 以降が読みたい、けどそれにはグレートメカニック DX 本誌を買うしかなくて、まんまと双葉社の思惑に乗せられている感が半端ありません(笑。UC の BD リリーススケジュールから考えて、このムックの続巻も来年に ep4-5、再来年に ep6-7 という感じになるのでしょうか。ep4 以降の主要メカといえば、シャンブロ、ジェスタ、バンシィ、アンクシャ、ローゼン・ズール・・・という感じでシャンブロとバンシィ以外は脇役的なモビルスーツが中心ですが、特に ep4 は旧作からの再登場 MS が多いので、メカニック的には語りどころはたくさんあるはず。やはり続巻が楽しみです。

投稿者 B : 00:00 | Book | コメント (0) | トラックバック

2012/06/20 (Wed.)

オールドレンズ・ライフ Vol.2

澤村 徹 / オールドレンズ・ライフ Vol.2

4768303838

デジタル一眼におけるオールドレンズの第一人者・澤村 徹氏の最新のオールドレンズ本が発売されたので、さっそく読んでみました。1 年前に発売された玄光社のムック『オールドレンズ・ライフ』の続編にあたる本です。

同氏の著作としてはその間に『オールドレンズ レジェンド』を挟んではいますが、この 1 年の間にオールドレンズのベースに相応しいボディも NEX-7/5N、フジ X-Pro1、GXR MOUNT A12、OM-D、Nikon 1、PENTAX Q、とかなりのバリエーションが広がりました。センササイズも APS-C や m4/3 に始まって 1inch サイズや 1/2.3inch など、オールドレンズが本来想定していたフォーマットに近いボディを選べる時代になっています。個人的には、過去の名だたる 35mm フィルム一眼レフやレンジファインダ用レンズを本来のイメージサークルに近い APS-C ボディで使ってこそとは思っていますが、実用ではなく趣味の領域としてのオールドレンズならでは、性能本位ではないレンズの「味」というものや、思い入れのあるオールドレンズの再利用という意味で、他のフォーマットにもそれなりの楽しみはあるでしょう。

ということでここ 1 年の間にボディの選択肢も広がり、かつマウントアダプタも単にマウントを変換するだけでなくティルト対応絞り内蔵AF 対応絞り・AE 連動かつ手ブレ補正対応、など信じられないほどバリエーションも豊富になっています。ネタは豊富だけどテーマを絞るのが難しい時代になってきたよなあ・・・と思っていたら、今回のムックではシネレンズにフォーカスが当たっています。シネレンズといえば、高性能にも関わらずフランジバックが短くイメージサークルが小さいせいで従来の一眼レフには使用できず、フランジバックの短いミラーレス一眼(中でもイメージサークルの小さい m4/3 以下のフォーマット)が登場して初めて脚光を浴びたカテゴリ。m4/3 に加えて Nikon 1、PENTAX Q などの小型センサを搭載したボディが増えてきた今は、そこに注目する絶好のタイミングと言えるでしょう。
ま、軽く興味を持った程度の人でもオールドレンズの世界の概要を知れる、間口の広かった前作に対して、2 冊目でいきなりこのディープな世界に誘い込むというのは、このムックのシリーズ構成としてどうなんだ?とは思わざるを得ませんが(笑。

私は APS-C 派なので個人的にシネレンズにはそれほど興味を持っていませんが、まだ見ぬ沼の淵を覗き込むことができた、という意味ではなかなか楽しめる特集ではないかと思います。ホンネを言えばもっと他のオールドレンズについても書いてほしかったところですが、代表的なマウントと銘レンズに関しては、同氏のこれまでのオールドレンズ本である程度網羅されてきた気もするので、現時点を切り取った特集としては、うまくまとまっているのではないでしょうか。逆にこれ以上深掘りしようとすると、底なしの M42 沼やライカ M マウント沼に足を踏み入れることになるので、今くらいの深さで適当に浮かんでいるほうが幸せなのかもしれないなあ・・・とも思います(^^;;

投稿者 B : 00:00 | Book | Camera Mook | コメント (0) | トラックバック

2012/06/18 (Mon.)

『孤独のグルメ』谷口ジロー原画展

いくら好きでもそこまで行くか、と思われそうですが(笑)、『孤独のグルメ』の原画展を見に行ってきました。

米沢嘉博記念図書館|『孤独のグルメ』谷口ジロー原画展
米沢嘉博記念図書館にて「孤独のグルメ」谷口ジロー原画展開催中 | 明治大学

『孤独のグルメ』谷口ジロー原画展

会場は神保町にある、明治大学の米沢嘉博記念図書館。初めて訪れた場所ですが、コミックマーケットの創始者の一人でありマンガ評論家である故・米沢嘉博氏の蔵書を収めた記念図書館とのことです。私はコミケには行ったことがないので詳しいことは分かりませんが、正直なところ、東京六大学の一角で大真面目にサブカル系の記念館を建てているとは知らなかったので、目から鱗でした。ほーいいじゃないか、こういうのでいいn(ry

とはいえこの施設はかなりこぢんまりとした建物で、1F の半分くらいは米沢嘉博氏とコミケ関連の常設展示、残りの半分で原画展をやっている関係で、展示スペースはかなり狭いです。壁面 2 面+ショーケース展示程度なので、じっくり見ても 20~30 分程度あれば十分満足できるのでは、という規模。マンガの 4 話分に相当する原画と印刷が掲示されていて、このシーンの原画はこんなふうになっていたのか、というのを見比べることができます。また、原作の久住昌之氏が原稿用紙に書いた原稿も数枚見ることができ、久住氏の書いたセリフがそのままマンガに使われていることや、店内のレイアウトや客のディテールなどを久住氏が原稿上で補足している様子などが見て取れます。

展示されている原稿のひとつは、「うおォン」で有名な川崎の焼肉回。ドラマ版でもほぼそのまま実写化されたほど人気のある回をいきなり持ってきますか!と思いましたが、川崎の工業地帯の緻密な描写は本当に見応えがあります。

驚いたのは、印刷だと線が太めでバルキーな印象を持っていたこの作品が、原画では非常に繊細に描かれていたこと。この作品は人物にスクリーントーンをあまり使わず、井之頭五郎の髪の毛に至ってはサインペンのような太い線で描かれているので、全体的にシンプルな絵というイメージを持っていたのですが、対照的に料理の絵や背景については繊細なタッチで描きこまれ、スクリーントーンも細かく使い分けられていて、人物の描写とのコントラストが強いんですね。原画では印刷物以上にその繊細さが見えてきて、谷口ジロー氏は料理については情報量を多く立体的に見せて、それを食べる人の表情はシンプルかつ印象的に見せようとしてこう描いていたのか・・・というのがよく分かりました。まさに「ここに並んだ大量の原画がすべておかずとして立ち上がってくる」とでも言うのか(ぉ

会期は 9 月末までとのことですが、1 ヶ月単位で展示替えを行うそうで、おそらく壁面に掲示される原画が入れ替えられていくものと思われます。それほど規模の大きな展示ではないので、わざわざこのために神保町に行く、というよりは、山手線の環の中に用事があるときに、30 分ほど時間を作って立ち寄る、くらいの気安い感覚で見に行くのが良いかもしれません。神保町は渋めでうまそうな飲食店が多いので、原画展を見たら O.S.T. を聴きながら、何か入れていく店を探してそぞろ歩きしたくなること請け合い(笑。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

投稿者 B : 00:00 | Book | Comic | コメント (0) | トラックバック