b's mono-log

2018/02/09 (Fri.)

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM

シグマ、大口径超広角ズーム「14-24mm F2.8 | Art」を開発発表 - デジカメ Watch

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM

CP+ まであと三週間ほどありますが、シグマが一足早くレンズの新製品を発表しました。フルサイズ対応の大口径ズームレンズで、スペックは 14-24mm F2.8。

シグマのフルサイズ対応広角レンズとしてはズームの 12-24mm F4 に加えて 14mm F1.8・20mm F1.4・24mm F1.4 の単焦点三兄弟が先に出ているせいか驚きが少ないのですが(笑)、例えばキヤノンでいえばフルサイズ対応の F2.8 通しズームは最も広角でも 16-35mm F2.8L 止まりですからね。14mm 始まりの F2.8 通しズームというのは、実はかなり驚異的です。14mm F2.8・20mm F2.8・24mm F2.8 の単焦点三本が一本にまとまったようなものと考えれば(価格はまだ発表されていませんが)お買い得かつ取り回しやすいとさえ言えそうです。
そういえば以前レビューさせていただいた 18-35mm F1.8 DC も、35mm 判換算で 28mm F1.8・35mm F1.8・50mm F1.8 を一本にまとめて持ち歩けるようなレンズで、自分も APS-C 機がメインだったら間違いなく買っていただろうと思えたので、今回の 14-24mm F2.8 はフルサイズ対応広角ズームとして同じような位置づけを狙ったものと言えます。私もちょうどここのところ広角レンズの面白さに目覚めているところなので、CP+ ではぜひ実機のハンズオンをしてこようと思います。

またこのレンズに合わせて新サービスも発表されています。

SIGMA 14-24mm F2.8 | Artの「フロント交換サービス」が予告 - デジカメ Watch

マルチカメラ撮影時にフードの干渉を避けるため、レンズフードを別形状の部品に変更するサービスとのこと。フードとしての効果はほとんど期待できなさそうですが、マルチカム撮影には確かに必要なことではあります。THETA や Insta360 等の登場で全天球映像も撮りやすくなっていますが、画質を求めるならマルチカム撮影にはまだ全く敵わないわけで、シグマは本格的な全天球映像撮影のニーズを視野に入れているということでしょう。シネレンズへの参入も果たしたシグマですが、最近は純粋なスチル撮影以外の用途への展開も積極的で、目が離せません。
しかしマウント交換サービスに加えてフロント交換サービスと来たら、次はレンズエレメント交換サービスも準備中ということでよろしかったでしょうか(ぉ

しかしこのタイミングでこのレンズだけをポンと発表してくるということは、CP+ 本番に向けてはまだ本命の何かが隠されているのでは?と勘繰りたくなってきます。個人的には、いい加減フルサイズ対応の E マウントネイティブレンズを出してきてほしいところではありますが、期待して良いんですかね...?

投稿者 B : 22:24 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2018/02/06 (Tue.)

Lightroom CC と Adobe Sensei

今日、Twitter のタイムラインに何となく流れてきた話題を目にして、年末にアップデートされた Lightroom CC の新機能を見落としていたことに気づきました。

"Adobe Sensei"が写真を自動補正 ~Adobe、「Lightroom」の2017年12月更新を発表 - 窓の杜

Adobe Lightroom CC

Lightroom CC(クラウド版/クラシック版とも)および Camera RAW の自動補正機能に「Adobe Sensei」が導入されたとのこと。Sensei といえば、つい最近も Photoshop の「被写体を選択」機能に導入され、自動選択ツールの精度が向上したことが話題になったところ。Lightroom CC の自動補正機能といえば本来は現像ソフトとしてのキモの部分でもあるはずで、この使い勝手が向上するのであれば「被写体を選択」以上に恩恵が大きいはず。

というわけで、さっそく(といっても出遅れではあるけど)検証してみました。

Adobe Lightroom CC

Adobe Sensei が導入された自動補正機能は、Lightroom Classic CC では「基本補正」の「階調」の中にある「自動補正」ボタンに組み込まれています。このボタン自体は昔から Lightroom に備わっているもので、見た目が変わらないから中身が変わったことに今まで気づいていませんでした。Photoshop の「被写体の選択」も操作手順は変わらずに中身が刷新されましたが、Sensei はこのように一見それと判らないような形で導入されていくようですね。
実は私は今まで Lightroom の自動補正機能はほとんど使っていませんでした。自動補正の精度が悪すぎて使い物にならないため「無視すべきボタン」の代表みたいな機能でした。だからこそ今までアップデートに気がついていなかったということでもあります(笑。

いくつかの写真を使って、カメラ内 JPEG と Sensei なしバージョンの Lightroom で自動補正した結果、および Sensei ありバージョンで自動補正した結果を並べて比較してみました。
ちなみに角度補正機能についてもバージョンによって補正度合いの差があるか見るために、自動補正を加えています。

Adobe Lightroom CC

まずは露出アンダーになってしまった写真の補正から。
従来バージョンの自動補正では、けっこう大胆に露出を上げて画面全体の明るさ的にはバランスを取ったように見えますが、ハイライトが飛んで被写体の立体感が潰れてしまっています。従来の自動補正機能はこのように私の好みよりもかなりオーバーな露出補正を行うので、私は基本的に手動補正するようにしていました。
が、Sensei による自動補正では、暗部の露出補正は従来版と同じくらい持ち上げているものの、ハイライトをグッと抑えることでディテールを殺さないように処理してくれています。これは私の好みにかなり近い結果で、このまま使うか、手を加えるにしても微調整程度で十分仕上げられる印象。従来版よりも全然使えます。

なお傾き補正は新旧ともに自動補正されませんでした。ここまで水平・垂直が不明なごちゃっとした構図では仕方ないか。

Adobe Lightroom CC

続いて逆光。従来の自動補正ではシャドウを持ち上げた結果夕陽の階調がぶっ飛んでしまっており、台無し感が強い。従来の自動補正機能はカメラでいう評価測光的な考えで画面全体の平均値を揃えるような挙動をするので、ダイナミックレンジの広い構図には極端に弱い印象がありました。
それに対して Sensei はシャドウ側は保ちつつ、ハイライトを抑えて夕陽の色とグラデーションをしっかり表現してくれています。ソフトウェアの自動補正機能でこういう処理をしてくれたことは今までほとんどなく、大量の写真データからの「夕景写真はこう補正するのが良い」という学習結果すげえ、と感心してしまいました。

Adobe Lightroom CC

それから夜間イルミネーション系。これも従来の自動補正では全体的に露出を上げる方向の補正で、ライトアップの色が飛んでしまっていますが、Sensei による補正は暗部の階調は少し持ち上げつつもハイライトの色調を引き立てる方向で補正してくれていて、「そうそう自分でもこういう風に補正するよ」という結果に。

今までの自動補正は使う気が起きない代物でしたが、Sensei による自動補正は記録写真やある程度の商業写真でもそのまま採用できそうなクオリティだし、作品づくりにおいても手動補正する前の基礎補正として作業軽減の役に立ってくれそうです。

ちなみに RAW 現像と JPEG の補正でどの程度画質差が出るかも試してみました。

Adobe Lightroom CC

モトクロス撮影でやりがちなのが露出オーバー。地面が黒く、逆光になりがちなこともあって空が白く飛んでしまうことが少なくありません。こういうハイライトがぶっ飛んでしまった写真の JPEG データからでも、ボタン一つでここまで救えてしまう自動補正にはちょっと恐れ入りました。
まあ、JPEG からの補正ではさすがに空の青さがやや不自然だし、空にも雲にもトーンジャンプが発生していますが、元データからすればむしろよく補正できていると言えます。しかし色調情報の残っている RAW データからの自動補正であれば、これだけ白飛びしてしまった画像でもまるで最初から適正露出で撮ったかのような補正まで可能。もっとも最初から露出ミスしない設定で撮れよって話ですが、こういうスポーツ撮影では状況も刻一刻と変わるため、そうも言っていられません。

Photoshop の「被写体を選択」機能に比べればあまり話題になっていないようですが、Sensei が入った Lightroom、素晴らしいじゃないですか。
今までどうして「Sensei」と呼ぶのか解らなかったんですが、ようやく理解できました。例えば知らない言葉や地図を調べるときに「グーグル先生に訊いてみよう」と言うように、クラウドの力を使ってイイカンジにしてもらうという点で、これは「アドビ先生に頼んでみよう」という感覚なんですね。今後は積極的に自動補正機能を使っていこうと思います。

Adobe / Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)

B00M3X5STU

投稿者 B : 23:54 | Camera | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2018/02/01 (Thu.)

カワセミ撮影用にドットサイトを導入

先日、自分の理想にかなり近い一枚が撮れたカワセミ撮影ですが、こうなるとさらにいい写真が撮りたいという欲が出てくるものです。具体的にはもっと成功率を高めたいし、できるだけトリミングせず画面いっぱいにカワセミを収めたい。最終的には自分のウデを高めるしかないにせよ、それを補助してくれるツールを導入することにしました。

オリンパス / ドットサイト照準器 EE-1

EE-1

三年前の CP+ で発表されたときに注目していた、カメラメーカー製としては珍しいドットサイト(光学照準器)。発売直後は品薄で全く入手できず、そのままにしていましたが、今改めて買おうと思ったらごく普通に買えました。
パッケージには OM-D のロゴが印刷されていて、主には同社の OM-D シリーズ用オプションという位置づけのようですが、別に電気連動しないので他社製カメラでも普通に使えます。実際、いつもカワセミを撮りに行っている場所でもこの EE-1 の使用率は高く(常連さんの 1/3 はつけている印象)、大半が他社製ボディユーザーという(笑。

EE-1

ドットサイトは主にモデルガン用品、一部カメラ用品等いくつか販売されていますが、こういう折りたたみ式のものは珍しい。開いた様子は往年のスポーツカーのリトラクタブルライトやガンダム NT-1 の腕部ガトリング砲を彷彿とさせるメカメカしさで、男心をくすぐります(ぉ。

EE-1

閉じるとコンパクトになります。まあ小さくなるという利点よりも、持ち運び時にガラスに傷や汚れがつくリスクを抑えられる、ということのほうが重要かもしれません。

EE-1

カメラにはアクセサリシューを介して取り付けます。といっても通電はしないため、他社製ボディでも問題なく使用可能。
電源は CR2032 ボタン電池。仮に電池が切れてもコンビニ等で調達しやすいのがありがたい。まあ、ガチで野鳥撮影に行く場合、周囲にコンビニがあるほうが珍しいはずなので(笑)、予備電池は持ち歩いていたいところ。

EE-1

左側面に電源オン/オフを兼ねたレティクル(照準)の輝度調整ダイヤルがついています。これ電源オフにするのを忘れそう...と思ったんですが、このダイヤル設定に関わらず本体の開閉に連動して電源オン/オフする仕組みになっていました。そりゃそうか。

EE-1

背面には本体の開閉レバーとレティクルの左右/上下調整ダイヤル。モデルガン用のドットサイトではレティクルの調整はドライバーや六角レンチで行うものが多いようで、精度重視なら確かにそのほうが良いのでしょうが、私は初ドットサイトなのでとりあえず扱いやすいほうが良いです。

EE-1

EE-1 にはソフトケースが付属しますが、後述する理由により私はたぶんこれ使わないと思います。

というわけでドットサイトですが、カメラのアクセサリシューに装着してもいいんですが、ファインダとドットサイトを交互に覗くのは面倒だし、その間にカワセミが飛んでしまいそう。できれば左目でドットサイトを見つつ、右目でファインダを覗きたい...と考えていたら、実際にそのためのブラケットが発売されていたので、併せて購入しました。

エツミ / ドットサイトブラケット E-6673
エツミ / ネジ付シュー II E-6813

EE-1

エツミからまさに OM-D+EE-1 用のアクセサリとしてドットサイトブラケットが発売されていたんですね。
で、EOS 7D Mark II で使うにはこれだけだと高さが不足するので、その差を埋めるためのネジ付シューも一緒に買ってきました。

EE-1

ブラケットはシンプルな L 字型ではあるものの、ネジ位置が可動するようになっているので OM-D 以外のボディでの使用も想定していると思われます。
ちなみにネジ付シュー II(E-6813)はヨドバシでは販売されているものの、エツミの公式サイトにも Amazon にも登録がありません。Amazon では E-6283 という型番のものが販売されていますが、旧型扱いながら実質的には E-6813 と同じもののようです。

EE-1

EOS 7D2+シグマ 50-500OS に EE-1 を装着するとこんな感じ。ブラケットの基部とアクセサリシューの間にネジ付シューを差し込んで高さ調整しています。こうすると左目でドットサイト、右目で OVF を同時に覗きながら撮影できますが、これでも EE-1 のほうが数ミリ低いかなという印象。ワッシャーを噛ますなり、ちょっと考えますか。
ちなみに私が通常 50-500OS を使う際にはボディ側には重量バランスのためにバッテリグリップを取り付けているんですが、そうするとドットサイトの高さ調整にネジ付きシューを何段も重ねなくてはならないため、とりあえずグリップは外しました。

EE-1

さすがにこれだけ長いレンズと一緒に使うと、ドットサイトの視野の右端はレンズフードで少し見切れてしまいますが、まあ許容範囲かな。
あとブラケットをつけるとドットサイトの右側についているレティクルの上下調整ダイヤルが操作しづらくなります。これは想定外だった...。

EE-1

ドットサイトの見え方はこんな感じ。コーティングのせいで色が緑系に転んでいますが、これはレティクルの赤を見やすくするためなんでしょう。
5 段階あるレティクルの輝度のうち、カワセミ撮影なら昼間でも 1~2 くらいの設定で十分だと思います。カワセミほど小さな被写体を撮るには、これ以上明るいと逆にカワセミが潰れて見えなくなるし、むしろレティクルはもっと小さい方がカワセミ用には良いような気もします。しばらく使ってみて、その当たりが不満になりそうならまた考えよう。

EE-1

というわけで使ってみました。

残念ながらオートフォーカスが合いませんでしたが、焦点距離 332mm(531mm 相当)のノートリミングでカワセミを中央に捉えたまま追いかけるところまでは成功。かなり惜しいところまで行ったと言えます。

EE-1

450mm(720mm 相当)でもここまで追えました。従来は、ここまで望遠にするとカワセミが飛んだ瞬間にフレームアウトして追いかけられなくなっていたところが、左目でより広い視野でカワセミを追いかけることで、フレーミングに関しては比較にならないほど歩留まりが高まっています。これならテレ端(500mm)でも十分行けそう。本当に、あとはカメラの AF セッティングをどうするかと、ひたすら練習と試行あるのみという感覚。前回よりも良い写真が撮れそうな手応えがあります。

今シーズンのカワセミを追えるのもあと 1~2 ヶ月といったところですが、その間に一枚でもいい写真が撮れるよう、チャレンジしようと思います。

オリンパス / ドットサイト照準器 EE-1

B00SMPLV12

エツミ / ドットサイトブラケット E-6673

B013JMCAMG

エツミ / ネジ付シュー E-6283

B007FNESCQ

投稿者 B : 22:01 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2018/01/27 (Sat.)

CONTAX G Biogon の周辺像流れ補正(実写編)

CONTAX G Biogon

CONTAX G Biogon の周辺像流れ補正、比較サンプルを撮影してきたので実写で効果のほどを確認してみました。

三脚を使って撮影位置を固定し、PCX(平凸)フィルタの有無による解像力の違いを比較してみます。像流れなのかボケなのか判りづらいということを避けるため、絞りは F8 にて撮影。

ちなみに、最前面に凸レンズが一枚加わるため、フィルタの有無でピント位置が微妙に奥にずれます。そのままだと無限遠ではピントが合わなくなるのですが、オーバーインフで設計されているマウントアダプタであれば吸収できる範囲です。私の手持ちのマウントアダプタでは、KIPON CONTAX/G-NEXTECHART TA-GA3 は大丈夫でしたが、METABONES CONTAX G-E mount は惜しくも無限遠が出ませんでした。なんだかんだ言って CONTAX G 用アダプタは一番シンプルな KIPON が扱いやすいですね。

■Biogon 21mm F2.8

<PCX フィルタなし>
Biogon 21mm w/o PCX

まずは Biogon 21/2.8 から。
パッと見は十分画になっているし、コントラストが高いこともあって適当に撮ってもそれなりに見せてくれるレンズだと思います。
周辺画質はよく見ると流れちゃってますが、強烈なヴィネットが出ることもあり、元々そんなに像流れが気になることはありませんが、主題をずらし気味の構図で撮るとアラが目立ってきます。なのでどうしても日の丸構図でしか撮れないというジレンマがありました。

<PCX フィルタあり>
Biogon 21mm with PCX

フィルタをつけた状態。よく見比べると分かりますが、フィルタをつけると微妙に画角が狭くなります。まあレンズが一枚増えていてピント位置も変わっているんだからそりゃそうか、という感じではあります。でも微妙な差だし、21mm の雰囲気が損なわれているわけではないので許容範囲。

<PCX フィルタなし(画面中央)>
Biogon 21mm w/o PCX

ではもっと細かく比較してみましょう。まずは中央部の拡大、フィルタなしから(画像はクリックするとピクセル等倍表示します)。
中央部はもともと(二十年以上前のレンズとしては)十分に解像しているので、フィルタなしでも問題ありません。

<PCX フィルタあり(画面中央)>
Biogon 21mm with PCX

フィルタをつけるとピント位置と撮影倍率が若干変わりますが、画質的には特に変化なし。
劣化する方向に行くかとも思いましたが、その心配もないようです。

<PCX フィルタなし(画面左端)>
Biogon 21mm w/o PCX

画面の端(特に左右端~四隅)のほうを拡大して見ると、フィルタなしではかなり盛大に像流れが発生しています。
またマゼンタ被りも発生していますが(それでも初代 α7 よりは少し改善されてる気がする)、これは Lightroom や PlayMemories Camera Apps で補正可能なので許容範囲。しかし像流れだけはソフトウェアではどうにもできません。

余談ですが、PlayMemories Camera Apps は α9・α7R III 以降の世代では対応しなくなったようなので、今後はオールドレンズの補正は基本的に Lightroom 等の RAW 現像ソフトやレタッチソフトを使うようにしたほうが良いでしょう。

<PCX フィルタあり(画面左端)>
Biogon 21mm with PCX

PCX フィルタを使うと、周辺像流れは完全にとはいかないまでもかなりの度合いで解消することができました。これは拡大すれば判る程度の像流れまで抑え込めており、一枚絵として見る分には画面全体にわたってほぼ解像できている、と言って良いレベル。現代のレンズでも安物だとこれよりひどいのも少なくないですからね。
先駆者のレポートで改善することは解ってはいましたが、改めて自分で比較してみるとちょっと驚くレベルで補正できています。もともと印象的な描写をするレンズでしたが、これは今後改めて出番が増えそう。

■Biogon 28mm F2.8

<PCX フィルタなし>
Biogon 28mm w/o PCX

続いて Biogon 28/2.8 でも同様に比較してみました。21mm に比べれば 28mm はもともとそこまで気になるレベルの像流れはありませんが、それでも PCX フィルタの効果はあるようです。

<PCX フィルタあり>
Biogon 28mm with PCX

こちらも PCX フィルタをつけることで微妙に画角が狭まります。といっても体感 0.5~1mm の焦点距離に相当する程度の画角ではありますが。

<PCX フィルタなし(画面中央)>
Biogon 28mm w/o PCX

中央部。フィルタなしでも全く問題のない画質です。

<PCX フィルタあり(画面中央)>
Biogon 28mm with PCX

PCX フィルタをつけても特に変わらず。

<PCX フィルタなし(画面左端)>
Biogon 28mm w/o PCX

フィルタなしでは、画面端では拡大表示するとさすがに像流れが見えてきます。それでも 21mm に比べれば発生する範囲も流れの度合いも小さいですが、デジタルだと拡大して見ることが多い分、一度気になるとずっと気になり続けてしまうんですよね。

<PCX フィルタあり(画面左端)>
Biogon 28mm with PCX

PCX フィルタをつけると見事に解消されました。これはもう画面全体にわたって均一に解像している、と表現して良いレベルでしょう。


ほんのレンズ一枚の追加ですが、想像以上に効果がありました。交換レンズ自体を改造するわけではなく、材料もその気になれば誰でも手に入れられるものなので、これは α7 シリーズで G Biogon を使っている人は全員やったほうが良いと言っても過言ではありません。買ったはいいけど像流れが気になってお蔵入りになっているならばなおさら試してみる価値はあるでしょう。

CONTAX G レンズは解像力ではさすがに最新の FE レンズには敵いませんが、本来のツァイスレンズの描写が味わえることと、とにかくスナップに最適な軽量コンパクトは最近の E マウントレンズにはない価値と言えます。その中でも印象的な描写をする Biogon 21mm・28mm の画質向上はすごく嬉しい。しばらくこの二本を中心に撮り歩こうと思います。

KIPON / C/G-S/E

B010WHUHVC

投稿者 B : 23:00 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2018/01/25 (Thu.)

CONTAX G Biogon の周辺像流れ補正(組み立て編)

以前記事にした CONTAX G Biogon の周辺像流れ補正の件。遅ればせながら、私も澤村徹さんの手順に倣って補正レンズを作ってみました。そのものズバリのフィルタが売られていたりするわけではないので、必要な部材を集めて自分で組み立てる必要があります。

シグマ光機 / 球面平凸レンズ SLB-50-1500PM

SLB-50-1500PM

まず手に入れる必要があるのが平凸レンズ。COTAX G Biogon を α7 シリーズで使う際の周辺像流れを補正してくれるのは、シグマ光機の「SLB-50-1500PM」という型番のレンズになります。シグマ光機というのはあの変態メーカー(誉め言葉)ではなく、主に産業用レンズを製造販売しているメーカーです。基本的には法人向け販売が主のようですが、公式サイトでは個人向けの直販も扱っていて、銀行振込前払いにて注文が可能。
私が注文したときには在庫がなく、二週間ほど待って自宅に届きました。

SLB-50-1500PM

中身は本当にレンズ一枚。カメラ用の交換レンズは見慣れていても、こういう素のレンズ一枚をまじまじと見る機会はあまりないのでちょっとドキドキします(笑。
レンズのコバ(側面)はもしかすると内部反射防止用に黒マーカー等で塗りつぶしても良いかもしれません。私はとりあえずそのまま使ってみました(はみ出すのが怖い)。

この平凸レンズを Biogon に装着するのに、ステップダウンリングとステップアップリングを組み合わせて使います。

マルミ / ステップダウンリング 55→52mm
ケンコー / ステップアップリング 52→58mm

STEP DOWN/UP

澤村さんの記事をそのままなぞって、ステップダウンはマルミ、ステップアップはケンコーを選択。ステップダウンリングは「上から下まで全てネジ切りがしてある」ことが重要とのことですが、どのメーカーがそうなっているか判らなかったためマルミが無難でしょう。逆にその必要がなく、径が大きくて目立つステップアップリングはケンコーのほうが側面にローレットが切ってあって、見た目に高級感があります(実際に価格帯もちょっと違う)。

そして欠かせないのがこれ。

Amazon ベーシック / UV 保護レンズフィルター 52mm CF26-N-52

Amazon Basics

必要なのはこの UV フィルタではなく、このフィルタに含まれる φ52mm のカニ目リングです。カニ目リングを単体で手に入れるのがちょっと難しいため、ここから部品取りします。
ちなみにこのフィルタ自体は以前 K&F Concept の UV フィルタと比較したとおり反射防止コートらしきものがほとんどなく、光学的には悪影響のほうが大きいと思うので、正直言ってフィルタとして使うのはオススメできません。

このフィルタからカニ目リングを外すのには工具も必要になります。

NEEWER / カニ目レンチ/カニ目スパナ/レンズレンチ

カニ目レンチ

自分でオールドレンズの分解修理をするような人でもなければまずもっていないだろう工具、カニ目レンチ。私も流石に持っていなかったので、Amazon で適当に中国メーカー製品を購入しました。ちゃんとしたのを買おうとすると高いですし。
使ってみて分かったんですが、この後の組み立て工程には使わないし、分解工程でも別に UV フィルタのレンズに傷がついてもフィルタとして使うわけじゃないし、わざわざカニ目レンチを買わなくてもコンパス等で代用できたかもしれません。

カニ目リング

カニ目レンチを、UV フィルタ前面のカニ目リングの凹みに押し当てて回すとリングが外れます。

カニ目リング

ちなみにフィルタはカニ目リングさえ取れれば Amazon ベーシックでなくても構いませんが、メーカーや製品によってはフィルタガラスの固定にカニ目リングを使っていないことも少なくないので注意が必要です。

G Biogon PCX Filter

で、このカニ目リングを 55→52mm ステップダウンリングの下側からねじ込みます。
ねじ込むといってもあまり深く入れてしまうとこの後のステップアップリングが締まらなくなってしまうので、カニ目レンチを使わず指で浅く(カニ目リングがステップダウンリングの下端から少しはみ出すくらい)入れてやるくらいでちょうど良いです。

G Biogon PCX Filter

カニ目リングを装着したら、ステップダウンリングを裏返して平凸レンズを入れます。レンズは凸面が上(レンズの対物側)に来るようにセットします。
ステップダウンリングの内径が 52mm、平凸レンズの直径が 50mm なので 2mm ほど遊びが出ますが、この後上からステップアップリングで押さえつけるため、組み立て後はガタツキは特に出ません。ただ偏心すると補正具合が変わったり片ボケの原因になるかもしれないので、できるだけ中心を揃えるようにセットしたいところ。

G Biogon PCX Filter

そして、その上から 52→58mm のステップアップリングをねじ込んでやると完成です。レンズ自体の厚みが 3mm あるため、ステップアップリングも完全にねじ込むことはできず、ステップアップリングとステップダウンリングの間には少し隙間が空いている状態。そうそう外れることはないと思いますが、できればネジ止め剤を使って外れにくくしてやったほうが良いかもしれません。

G Biogon PCX Filter

完成した補正フィルタ(英語圏では平凸=Plano-Convex;PCX と略すことから、仮に PCX フィルタと呼びますか)は、フィルタ径 55mm の G Biogon 21mm F2.8 にそのまま装着可能。
実写画像での比較はまた後日掲載しますが、とりあえず EVF で覗いてみただけでもフィルタの有無によって周辺部の画質が明らかに変わるのが判ります。

G Biogon PCX Filter

なお G Biogon 28mm F2.8 にも同じ PCX フィルタが効果あるのですが、こちらはフィルタ径 46mm のため、Biogon と PCX フィルタの間に 46→55mm のステップアップリングを挟んでやる必要があります。あまり何段もステップアップ/ダウンリングを重ねるのは美しくないですが、基本は 21mm で使って時々 28mm でも使うなら(21mm のほうが補正効果が大きい)この方が使い勝手が良いでしょう。α7 で使っても特にケラレは発生しませんでした。

G Biogon PCX Filter

ちなみにこの PCX フィルタによってフィルタ径が 58mm になってしまうんですが、せっかくだからツァイスのロゴがついたレンズキャップを使いたい...と手持ちを探してみたところ、コシナツァイスの Planar 50mm F1.4 についていた 58mm 径のレンズキャップがピッタリ合いました。ヤシカ製 CONTAX には 58mm のキャップは存在しないようなので、これが最もそれらしくまとまると思います。

というわけで、実写編に続きます。

KIPON / C/G-S/E

B010WHUHVC

投稿者 B : 23:45 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2018/01/24 (Wed.)

SEIN Online

昨秋の Special Issue を以て季刊誌としての発行を終了したシグマ「SEIN」が、Web マガジン「SEIN Online」として再始動しました。

SEIN | SIGMA

紙版の SEIN は内容もさることながら刊行物としてのデザインや体裁、紙質などが素晴らしく、SEIN は紙だから良かったのに...と思っていました。が、Web 版でもあの紙媒体の雰囲気はうまく踏襲され、確かにこれは SEIN だ...と感じられるものになっています。紙っぽいレイアウトや Web フォントを採用していることが功を奏しているのでしょう。カメラ/レンズメーカーらしく秀逸な写真を印刷物で(しかも無料で)見られるというのも紙版 SEIN の良いところでしたが、Web は紙の質感こそないものの、写真を画面いっぱいに表示させられるのはまた違った良さがあります。

ただ、PC よりもスマートフォンやタブレットでの閲覧を重視したレスポンシブデザインになっていて、24inch ディスプレイの PC で見ると文字がちょっと大きすぎるのが残念なところ。シグマのヘビーユーザーなら RAW 現像に使っているメイン PC のモニタで SEIN Online を読むことが多いんじゃないかと思うんですが、そうでもないんですかね...?

内容的には Web 版として仕切り直しなのかと思ったら、過去 13 号分の紙版の内容もちゃんとバックナンバーとして網羅されていて、Web 版から「SEIN」に触れるユーザーには読み応えがあり、紙版から愛読してきたユーザーにとっても気軽にもう一度読めるという点ではありがたい。

今後は Web の利点を活かして季刊誌よりも高い頻度で情報発信していくとのこと。こういう売り上げに直結しないブランディング/カスタマーリレーション系の施策って経営的には長続きさせるのが難しいところですが、いちファンとしては末永く続けてほしいところです。それから、計画中といわれる都内ショールームの続報のほうも期待しています。

投稿者 B : 23:10 | Camera | コメント (0) | トラックバック

2017/12/27 (Wed.)

EOS 5D3 からもう五年経ってた件

5年前の今日、EOS-1D C 発売: mono-logue

サイカ先生のこのエントリーを読んで、そういえば私も EOS 5D Mark III を買って今年で 5 年経ってるんじゃん、ということを思い出しました。

当時はけっこう清水の舞台から飛び降りる感覚で買ったものですが(だってその時点ではフルサイズ対応レンズもほとんど持っておらず、ボディ以外にいろいろ揃える必要があった)、この 2~3 年でハイアマ用ボディは 40 万円からというのが相場になってしまい、5D3 は相対的には高いカメラとは言えなくなりました。それでもなんだかんだ言って 3~4 年使ったら後継機種に買い換えるんだろうと思っていたのに、結局 Mark IV には乗り換える必要をあまり感じないまま、もうすぐ 5 年半が経とうとしています。

EOS 5D Mark III

Mark III→IV への進化は EOS MOVIE 関連の機能が大勢を占めていて、スチルカメラとして見たときには買い換えの意義があまり見えなかったんですよね。メインカメラとしてはそろそろ 3,000 万画素級のボディに更新したほうがレンズの性能を引き出せるんだろうとは思っていますが、買い換え動機としてはまあその程度。むしろ 6D Mark II に搭載されたバリアングル液晶のほうが魅力的だったりします。
それくらい、5D3 はスチル用の一眼レフカメラとして完成されていて、今でも古さを感じないんですよね。5 年半というと私がこれまで約 20 年にわたって使ってきたデジタルカメラの中で最長記録になるわけですが、陳腐化した感覚がない。私のメインカメラが 5D3+α7 II のツートップ体制で、機動力が必要な場面では α7 II のほうを使ってしまうから、というのもあるかもしれませんが。

一方で、ここ 2~3 年で私の周囲でもメインをミラーレスに乗り換えてしまった人や、レフ機とミラーレスの両方を使っているけどミラーレスの稼動率のほうが高い人も随分増えてきて、ああレフ機からミラーレスへの世代交代って思っていたよりもジワジワ進むんだなあ...と思ったりします。私も今から 3 年くらい後に 5D Mark V に乗り換えている自分の姿がイマイチ想像できません。
今年はたぶん 10 年ぶりくらいにカメラボディを買わなかった年になりますが(レンズは買った)、来年の今ごろはどんなカメラを使っているんでしょうか。このままである可能性が最も高いような気はするけど、α7 II は III 型になっていそうな気もします。最近カメラやレンズの新製品が出ても以前ほどはときめかなくなってしまったので、何か驚きのある新機軸の登場に期待してしまうわけですが、難しいかなあ。

投稿者 B : 23:53 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2017/12/18 (Mon.)

K&F Concept MRC Nano-X UV フィルタ レビュー

先日の円偏光フィルタに続いて、K&F Concept の Nano-X UV フィルタをレビューさせていただきます。

K&F Concept / MRC Nano-X UV フィルター 77mm KF01.870

K&F Concept MRC Nano-X UV

レンズ交換式カメラを使っている人であれば、円偏光や ND フィルタは持っていなくてもレンズ保護の目的でプロテクタまたは UV フィルタをつけているという人は多いのではないでしょうか。
これらのレンズ保護用フィルタは無色透明で写りに影響がないとは言うけれど、レンズの前に余計な光学素子が一枚増えるわけで、全く影響がないわけではありません。現代では特にイメージセンサもレンズも性能が劇的に向上し、レンズフィルタによる微妙な画質低下さえ「見えて」しまう機材が増えています。一方で、撮影用品メーカーも超高画質時代に合わせた製品作りを加速していて、近年ではナノコーティングや撥水・防汚などの特長をもったレンズフィルタが増えてきました。
今回レビューするのは、そんな流れの中 K&F Concept が新たに送り出した「Nano-X」シリーズの UV フィルタです。

【関係性の明示】
本エントリーの執筆にあたり、製品の開発元である K&F Concept よりレビュー用製品の提供を受けています。ただしそれ以外の報酬はなく、記事内容への関与も一切ありません。事実誤認があった場合は、修正部分を明示した形で訂正を行います(誤字脱字の修正を除く)。

K&F Concept MRC Nano-X UV

紫外線のみをカットするのが UV フィルタです。写真の写りに悪影響を及ぼす成分のみをカットし可視光には影響しないため、見た目上は単なるプロテクトフィルタと何ら変わらず、常用のレンズ保護フィルタとして使用可能。今回は私の EOS 5D3 の主力レンズと同じ 77mm 径のフィルタを試してみました。

K&F Concept MRC Nano-X UV

国内メーカーのレンズフィルタと言えば、ケンコーとマルミが二大勢力でしょう。私はちょうど両社のフィルタ上位モデルであるケンコー Zeta とマルミ EXUS を同じ径で持っているので、比較してみました。
K&F Concept の Nano-X は、Zeta や EXUS と比べてもさらに薄枠になっていて、広角レンズでもケラレる心配なく使うことができます(Zeta も EXUS も広角対応を謳ってはいますが)。

K&F Concept MRC Nano-X UV

「16 層マルチコート」を謳う Nano-X はグリーン系のコーティングが施されています。比較対象は Amazon ベーシックの UV フィルタですが、UV なのでさすがにノンコートってことはないと思うけど良くてシングルコートでしょう。Amazon ベーシックのフィルタが白色光源を盛大に反射しているのに対して、Nano-X はマルチコートが程良く反射を抑えているのが判ります(写真はわざと光源を反射させて最も反射の強いアングルで撮影しています)。

K&F Concept MRC Nano-X UV

Zeta および EXUS とも比較してみました。いずれもコーティングはグリーン系ですが、機種によって微妙に色合いが異なります。
また反射の具合は、この中では Nano-X が若干反射が強め。Zeta と EXUS は反射自体が少ない上に、反射した光の輪郭がうまくぼかされているように見えます。このあたりはコーティングのノウハウの差でしょうか。

K&F Concept MRC Nano-X UV

もう少し反射について見てみましょう。↑の写真は反射した光源に焦点を合わせてみたものですが、Zeta と EXUS は反射光が明らかな二重像になっているのに対して、Nano-X は二重像のズレが小さい。これはレンズの表裏両方で反射を起こしているため、ガラスの厚みの差によって生まれている違いだと思われます。コーティングの差もありますが、ガラス厚の違いが反射光の輪郭の固さの違いを生んでいる可能性もあります。
また Zeta、EXUS ともにガラスの平面精度確保やレンズ保護のためにガラス厚を 2mm にしたことを謳っています。対して Nano-X は逆に薄型であることを訴求しており、レンズ保護よりも紫外線カットや撥水・防塵を重視していることが分かります。

K&F Concept MRC Nano-X UV

キズ防止・撥水・防汚・防塵についても比較したいところですが、さすがに私物の高級フィルタにキズをつけたりサインペンを試す勇気はないので(汗)、とりあえず撥水をチェック。フィルタのガラス面にスポイトで水を一滴落としてみました。
Nano-X と EXUS は見事に水滴が水滴のままガラス面に留まっていて、この状態でブロワーを一吹きしてやるとガラス面にほぼ跡を残さずに水分を吹き飛ばすことができました。この二製品はほぼ同等の撥水性能を持っているとみてよいでしょう。Zeta は残念ながら水滴を落とした時点でベチャッとついてしまい、ブロワーで吹いても表面に流れた跡が残ってしまいました。まあ Zeta は高級レンズフィルタの先駆けで、現在は Zeta Quint や ZX といった撥水防塵等に対応した上位機種が出ているので、Zeta での比較はあまりフェアではありませんが。でも Zeta Quint も ZX も、高価いんだよなあ...。

最後に実写での比較です。このクラスの UV フィルタは普通に撮っても性能差を判別することが不可能に近いので、今回はあえて逆光性能を試してみました。機材は EOS 5D Mark III+EF24-70/F4L、逆光で光源がギリギリフレームアウトする構図でレンズフードなしという条件で、フィルタなしと前述の三種のフィルタを比較。

フィルタなし
Kenko Zeta
MARUMI EXUS
K&F Concept MRC Nano-X UV

こうして比較してみると、光学的に厳しい条件下ではどんな高級フィルタを使うよりもフィルタなしのほうが良好な画質が得られることが改めて判ります。ガラスが一枚増えるだけでゴーストがこれだけ増えてしまうとは。
フィルタあり同士では、Zeta と EXUS がよく似た傾向にあり、Nano-X だけが少し特性が違っています。Zeta・EXUS はゴーストの出方がややマイルドながら、光源付近に赤青のゴーストが発生。対する Nano-X は赤青のゴーストは出ないものの、固いグリーンのゴーストが他の二機種よりもやや強く発生、また画面左下にもうっすらとゴーストが発生しています。まあ、実際には画面内に直接光源を入れるような構図でもない限り、いずれもレンズフードを使うことで抑え込めるものだとは思いますが。また先日試用した円偏光フィルタに関してはそもそも逆光で使うようなフィルタではないので、実用上の問題はさらに少ないはずです。

老舗メーカーの高級フィルタに比べるとやや分が悪いところもありますが、まあ実売価格で二倍近く違いますからね。いいレンズにはいいフィルタを奢ってやりたくなるものですが、あまりに高いフィルタばかり揃えているとこの総額でもう一本レンズ買えるんじゃね?的な本末転倒を感じる瞬間もあります(´д`)。比較的低価格ながらマルチコートかつ撥水・防塵等の機能まで備えた K&F Concept Nano-X シリーズは、そんな葛藤に応えてくれる必要にして十分なフィルタです。私も「虎の子の一本」的なレンズ以外は今後このフィルタで揃えていっても良いかもなあ、と思っています。

K&F Concept / MRC Nano-X UV フィルター 77mm KF01.870

K&F Concept

投稿者 B : 23:30 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2017/12/10 (Sun.)

K&F Concept MRC Nano-X 円偏光フィルタ レビュー

以前 L/M-NEX マウントアダプタをレビューさせていただいた K&F Concept から、レンズフィルタをレビューする機会をいただきました。

K&F Concept / MRC Nano-X 円偏光 CPL フィルター 77mm KF01.883

K&F Concept MRC Nano-X CPL

今回機材提供を受けたのは、サーキュラー PL(円偏光)フィルタと UV フィルタの二種。K&F Concept は従来から低価格なレンズフィルタを発売していましたが、このたび新しく高品質なフィルタである「Nano-X」シリーズが発売されたとのことで、そちらを試してみました。

【関係性の明示】
本エントリーの執筆にあたり、製品の開発元である K&F Concept よりレビュー用製品の提供を受けています。ただしそれ以外の報酬はなく、記事内容への関与も一切ありません。事実誤認があった場合は、修正部分を明示した形で訂正を行います(誤字脱字の修正を除く)。

まずは円偏光フィルタからレビューしていきます。
今回は 77mm のフィルタを試用しました。CPL フィルタってけっこう高価くてレンズの径ごとに買うとお金がいくらあっても足りないので、使用頻度の高いレンズのうち径の大きなものに合わせて用意して、あとはステップアップリングを使って小径のレンズに流用するのが良いでしょう。私は EOS 5D3 のメインレンズである EF16-35/F4L、EF24-70/F4L に合わせて 77mm を選択。

K&F Concept MRC Nano-X CPL

同梱のクリアケースは正方形で内部にスポンジクッションが敷かれたもの。この手のフィルタには円形のケースが付属することが多いですが、そういうのに比べると少しだけ嵩張ります。フタもヒンジでケースに繋がっているわけではないので、持ち運びには別途フィルタポーチ等を用意すべきかもしれません。

K&F Concept MRC Nano-X CPL

リングは金属製でネジ切りの精度、リング回転の滑らかさともに悪くない。
レンズ取付側のリングがかなり薄く、フィルタ全体の薄さに一役買っているのは良いんですが、そのせいで指で外すのはちょっと難しいレベル。フィルタールーズは持っておいた方が良いでしょう。

K&F Concept MRC Nano-X CPL

同社が「Nano-X」と呼ぶ 16 層のマルチコートは緑色系のコーティング。安物のフィルタだと良くてシングルコート、あるいはコーティングなしだったりしますが、この製品は K&F Concept の中でも上位モデルということで拘っているようです。ちなみにガラス自体はドイツ製とのこと。
このコーティングはアンチスクラッチ・撥水・耐油・防塵対応ということですが、そのあたりは別途 UV フィルタのレビューにて試してみる予定。

CPL フィルタなし

さっそく試写してきました。
まずは CPL フィルタの光下が分かりやすい例。こちらは EOS 5D3+EF24-70/F4L でメタセコイアの紅葉を順光で撮影したもの(CPL フィルタなし)ですが、葉っぱは日光を反射して白っぽく写っているし、バックの青空ものっぺりとしているし、肉眼で見たときにはあんなに綺麗だったのに写真にするとイマイチ...となりがちな代表例です。

※本エントリーの作例は EOS 5D Mark III で撮影した JPEG 画像を全てレタッチなしのトリミング/リサイズのみで掲載しています。

K&F Concept MRC Nano-X CPL

そこに CPL フィルタを使って撮ると葉っぱの反射光が抑えられて色鮮やかになり、青空にも深みが出てグッとイイ感じになりました。記録色よりも記憶色というところですが、肉眼で見たときの印象にかなり近く、満足感が高まります。

そういえば以前 Amazon で買った中華製の激安 CPL フィルタは色が黄色に転んでしまって後加工前提でなければちょっと厳しいものがありましたが、本製品はホワイトバランス自体には大きな影響もなく、良好な画質が確保できていると言えます。

CPL フィルタなし

歩道一面に散った銀杏が反射光で白っぽくなって、せっかくの雰囲気が台無し。
こういう写真(CPL フィルタなしで撮影)も、撮った後にがっかりする代表例と言えるでしょう。

K&F Concept MRC Nano-X CPL

これも CPL フィルタで反射光を目一杯カットしてやると、ちょっと大げさなくらい鮮やかな黄金色に。「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降り立つべし。古き言い伝えはまことであった...!」という台詞が口をついて出てきます(ぉ

反射光で白飛びしちゃった写真って、RAW 現像やレタッチでも救える範囲に限度があるため、CPL フィルタで最初から特定周波数の光をカットしてやることで写真に深みが出るし、現像時の調整の幅も広がります。

CPL フィルタなし

反射光のカットと言えばガラスも忘れてはいけません。
こういうガラス張りの建物の場合、建物全体が外光を反射して白っぽくなり、雰囲気が出ないばかりか場合によっては撮影者自身が映り込んでしまったり、いろいろと難しい。

K&F Concept MRC Nano-X CPL

CPL フィルタを使うことで、ガラス越しに鉄骨のフレームがくっきりと見えてきて、ガラスの透明感と建物の存在感が際立ちます。
順光の場合は青空がグッと引き締まることで主題が引き立つという副次効果もあります。

CPL フィルタなし

水面もそうですね。せっかく綺麗な水生植物や水の流れを撮っても、光が反射しては魅力も半減します。

K&F Concept MRC Nano-X CPL

その反射をカットしてやると、水の透明感や深さが表現できて、こっちの方が全然良い。蓮の葉の緑も引き締まりました。

レンズフィルタってレンズの前面にさらにガラスを追加するものなので、その質によってケラレや解像度低下、あるいはフレアやゴーストの発生源になるなどリスクも伴うものです。しかし今回の撮影中にはそのあたりで特に気になる部分はなく、すんなり使えてしまったこと自体がこの製品のモノの良さを証明していると言えるでしょう。K&F Concept のレンズフィルタとしては高価な部類に入りますが、日本メーカーの上位機種の実勢価格比で 2/3 くらいの値段でこのクオリティが手に入るならば、文句はないのではないでしょうか。

K&F Concept / MRC Nano-X 円偏光 CPL フィルター 77mm KF01.883

K&F Concept

投稿者 B : 22:15 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2017/11/13 (Mon.)

EOS Kiss M の噂

最近カメラ関係の新製品情報をあまり追っかけなくなり、噂サイトもほとんど見なくなりましたが、これだけはさすがに気になりました。

キヤノンの「EOS Kiss M」とオリンパスの「E-PL9」が海外の認証機関に掲載|軒下デジカメ情報局

Bluetooth 認証にキヤノンの「EOS Kiss M」が登録されたとのこと。

ミラーレスカメラの性能が十分以上に高まり、一般的な撮影用途において機材が一眼「レフ」である必要がほぼなくなってきた今、EOS の中上位機種はともかく Kiss シリーズがミラーレスに移行するのは時間の問題だろうと思っていました。もしかすると初代 EOS M から「EOS Kiss ●」の名称で出てくるのではないかとさえ思っていましたが、商品戦略に関しては保守的なキヤノン、さすがにそこまではしてきませんでした。しかし昨年 EOS M5 でデュアルピクセル CMOS AF が採用されて実用的な AF 性能に達し、EOS でもレフ機からミラーレスへの主役交代カウントダウンが始まったな...と感じていたところで、いよいよ伝統の「Kiss」の名を冠したミラーレスが出てくるようです。

スペック的には 24Mpixel でデュアルピクセル CMOS AF を搭載した EOS M100 に近いものになるだろうと予想しています。でもそれよりも気になるのは、カメラとしてのスタイリングを EOS M5/6 のようなカメラ然としたものに寄せてくるのか、EOS M100 のようなコンデジライクな路線で来るのか、です。
個人的な予想としては、私の知人関係でここ数年の間に Kiss を買った人の選択理由の多くが「カメラらしいカメラで撮りたかったから」というのがキーになると考えています。もはやミラーレスでもスマホでもある程度十分な写真が撮れる現在、あえて新規に一眼「レフ」に手を出す人の多くは、レンズ云々よりも「ちゃんとしたカメラで撮ってる感」を求めているのだと思っています。海外では分かりませんが、少なくとも「Kiss」のイメージが通じる国内でこの名称をつけるなら、コンデジの延長線上にある M100 の路線はあり得ない。同じくコンデジ路線だった「M10」が一世代で「M100」にモデルチェンジし、二桁のモデル名を明け渡したのも、この EOS Kiss M の海外でのモデル名が「EOS M50」となる前提だったと考えれば辻褄が合う。キヤノンは今後 EOS M を一眼レフの EOS D 同様にハイアマ向けの一桁とエントリー向けの二桁&Kiss、コンデジ代替の三桁というヒエラルキーに整理しようとしているのではないでしょうか。そういうことも踏まえると、Kiss M/M50 は一眼レフに寄せたデザインにしてくるはず。従来の Kiss テイストをどの程度踏襲してくるかは分かりませんが。

EOS M5/M6 はレンズラインアップの貧弱さで「EOS D のサブボディ」たり得る状態にはなっていませんが、ダブルズームレンズキットを買って満足するユーザーが大半な Kiss のラインとしてであれば、今の EF-M レンズのラインアップは最低限はあるとも言えます。キヤノン以外のミラーレスはエントリー機が今手薄なので、出来さえ良ければ Kiss M はミラーレスにおけるキヤノンの起死回生のモデルになる可能性を秘めているかもしれません。
正式発表は来年の CP+ なのか、それとももっと早いのか。注目して待ちたいと思います。

キヤノン / EOS Kiss X9

B073LJYVFM

投稿者 B : 23:12 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック