b's mono-log

2007/09/24 (Mon.)

SanDisk Extreme IV CF 4GB

今週末の日本 GP に向けて、私も「富士スペシャル」を投入。40D を買った人には負けていられません(ぉ。

SanDisk / Extreme IV コンパクトフラッシュ 4.0GB

さすがに今年はもう DSLR やレンズを買う予算がないので、とりあえず記録メディアを買い増してお茶を濁します(笑。去年は撮りすぎてしまって二日間で 2GB×2 の CF を 2 回まわして足りないくらい(つまり 8GB 以上撮った)だったので、2GB×2 に 4GB を 1 枚足しておけばサーキットで空き容量がなくなって困ることはないでしょう、という読みです。
メディアはちょっと奮発して Extreme IV の 4GB。アキバで探したら並行輸入品が多少安く買えました。CF は(特にこういうイベントに撮りに行くときには)信頼性命だと思っているので、どうしても SanDisk を選んでしまいます。

何はなくともまず FDBENCH。リーダライタにはプリンストンの PRD-122XU を使いました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
Extreme IV CF 4GB150051805017952178556164100MB
Extreme III CF 2GB135351697614725168445596100MB
Ultra II CF 2GB9045117229089115983770100MB

ベンチマーク上は Extreme III 比で約 10% 増しといったところ。とはいえ、公称約 20MB/s の Extreme III に対して Extreme IV は公称約 40MB/s なので、多少割り引いて考えても USB リーダライタの限界(カタログスペック上は 18MB/s 強)で頭打ちになっているような気がします。4GB クラスになると PC への転送にも時間がかかるようになるだろうし、40MB/s のメディアへの対応を謳っている Extreme FireWire Reader/Writer でも買おうかなあ・・・。
ちなみに、デジタルカメラマガジン 9 月号付録の記録メディアスピードランキングによると、EOS 30D でのテスト値では Extreme III 4GB と Extreme IV 2GB の比較(容量は私の場合とちょうど逆なので多少の違いは生じるでしょうが)では、Extreme IV のほうが Extreme III の 20% 増しと出ていたので、撮影時のレスポンスはもう少し良いかもしれません。

去年の鈴鹿では、Extreme III を使っている限りは連写してもそれほどレスポンスの悪さを感じなかったので(本体内蔵バッファメモリに助けられている部分もありましたが)、Extreme IV の真価を発揮するシーンもあまりないかもしれませんが、もしスピードウェイプラザでキヤノンから 40D の貸し出しを受けられたら、このメディアが活躍してくれるかもしれません。

投稿者 B : 15:41 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2007/09/19 (Wed.)

ARTISAN&ARTIST のストラップ

α-7000 用のストラップを購入。

ARTISAN&ARTIST / ACAM-104 (ネイビー)

本体付属のストラップがさすがにちょっと古びていたのと、デザイン的にも古さを感じるものだったので、新調しました。ストラップといえば EOS で使っている DOMKE は確かに気に入っているんですが、こちらのほうがクラシックカメラには似合うかと思い。本革製とかも考えたんですが、DOMKE を使うとコットン系素材以外は取り回しが悪く感じてしまうので。

A&A を使うのはちょっとカッコつけすぎ感があって、今あえて銀塩を使いこなすオシャレさんに見える(ぉ)という理由で避けたかったんですが、α-7000 に似合うもので使い勝手が良さそうなのは他にあまり思い当たりませんでした。A&A のロゴも控えめに入っていて、このストラップは良い感じ。

ただ問題はストラップというよりも、どうも銀塩だとデジタルほど気軽に撮れない(失敗を恐れずに撮れない)ことでしょうか。実は、まだ一枚も撮ってません(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:58 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2007/08/18 (Sat.)

α-7000 用のお買い物

α-7000 用にいろいろとお買い物。

ちゃんと撮影できるようにフィルムが中心ですが、その他こまごまとしたものも含め。目録はこんな感じ。

ソニー / アイピースカップ FDA-EP1AM
ソニー / ボディキャップ ALC-B55
ソニー / レンズリアキャップ ALC-R55
ケンコー / 49mm L37 Super PRO
コダック / ULTRA MAX 400 フィルム
コダック / T-MAX 100 フィルム

標準ズームを装着した状態でボディが見つかったので、ボディキャップとレンズリアキャップがなく、念のため購入。さすがにミノルタ/コニミノ銘のキャップがなかったのでソニー製を買いました。また、アイカップもα100 用を買ってみたんですが、大きすぎて装着できません(;´д`)ヾ。EOS で使っている ME-1 がついたので大丈夫だろうと思ったのに・・・。
レンズプロテクタはヘタをするとこのレンズの中古価格に匹敵するので迷ったんですが、一応購入。

フィルムは自分で買ったことがなかったのでかなり迷いました。フィルムってもう量販店じゃフジとコダック、DNP しか扱ってないんですね。コニミノのフィルムも撤退してもう一年半経つし・・・。
よく分からなかったのでとりえあずカラーネガは無難に ISO400。試しにモノクロを ISO100 で一本だけ買ってみました。DSLR では屋外では ISO100 ほぼ固定で使っているので、フィルムではむしろ ISO400 のほうが(一般的には)よく使われていることにも軽くカルチャーショックを受けました。
ホントはポジフィルムなんかも使ってみたいんですが、とりあえずフィルムカメラの使い方に慣れてからかな。何と言ってもフィルムカメラ自体そうとう久しぶりというか、自分で写真を撮る(趣味としてではなくとも)ようになった頃には既にレンズ付きフィルムが当たり前だったので、カメラにフィルムを装填するということ自体やった記憶がないんですよね(そう考えると、音楽に関して最近の圧縮音源しか聴いたことがない世代と同じように、利便性の引き替えに失ってきた価値が私にも少なからずあるということでしょうか)。何しろ、α-7000 に買ってきたフィルムを装填したら突然シャッターが繰り返し切られてびっくりした(フィルム装填の動作としてはこれが正しいらしい、ということを後で調べて知った)くらいですから(;´Д`)ヾ。

今日からぼちぼち暑さも落ち着いてきそうですし、ぼちぼち使ってみたいと思います。オススメのフィルムとかあったら教えてください。

しかしレンズキャップですが、

これだけ古い機体にレンズだけ新ロゴ(しかもソニーロゴ入り)だとちょっと違和感ありますね。中古かデッドストックでミノルタ/コニミノロゴのキャップを探してみようかな・・・。

投稿者 B : 20:30 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2007/08/10 (Fri.)

DOMKE Gripper

結局このストラップにしました。

DOMKE / Gripper FA-740 (ネイビー)
DOMKE / Gripper FA-742 (ネイビー)

銀一で購入。いろいろ調べたんですが、結局このストラップが自己主張が強すぎず、シンプルで玄人好みな雰囲気を醸し出していたので。店頭で見てみたら思っていた以上に良さげだったので、同じ色の太さ違いで 30D 用も買ってみました。KDX 用はシンプルにしたかったので、ナスカンなしの FA-740 を、30D 用は 40mm のナスカンなし版がなかったのでナスカンありの FA-742 を選択。
ストラップ自体が全体的にコットン系になったので、純正ストラップよりも柔らかくて取り回しが良くなりました。ストラップに入っているグレーの二本線は単なるデザインかと思っていたら、滑り止め用のゴム糸なんですね。よく考えられているなー。

いやあ、なんかすごい良い感じですよ?でもどっかで見たような感じだなあと思ってよーーーく思い出してみたら、そういえばでるさんもこのストラップ使ってましたかね(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 19:01 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2007/08/09 (Thu.)

KDX のストラップに悩む

Kiss Digital X を買ったんですが、付属のストラップは(モノとしてはそんなに悪くないけど)イヤなので、何か良い物がないか物色中。とりあえずマップカメラに行ってオリジナルストラップを買うつもりで見てきたんですが、革製は質感と引き替えに取り回しの良さに欠けるので、どうかなあと。で、コットン系の素材で探しています。

カメラバッグに合わせて ARTISAN&ARTIST も考えたんですが、かっこつけすぎな感じがするのでイマイチ。スカした感じではなくオシャレで実用性も高いものってなかなかないんですね。というか、量販店だと一眼レフ用ストラップはメーカー純正とハクバ・OP/TECH・Lowepro 以外ほとんど扱ってないみたい。
雰囲気的にはチロリアンストラップも嫌いじゃないけど、私のキャラにはちょっと派手すぎるかなあ。

いろいろ調べてみたら、オリンパスの CM の宮﨑あおいさんを見習って自作している方も少なくないんですね。確かにあの CM のイメージは印象的だからなあ・・・。

投稿者 B : 23:44 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2007/04/21 (Sat.)

ミニ三脚を購入

仕事上ビデオ撮影するのに、テーブルトップ三脚が欲しくなったので適当に購入。

ケンコー / ミラージュ MST-3

ボール雲台つきのミニ三脚。とりあえず持ち運びに小さくて軽そうなのから適当に。
テーブルトップでハンディカムコーダやコンデジを使うのには全然問題ないんですが、3 段式の脚がちょっと圧力を加えただけで縮んでしまうので、デジタル一眼でしっかり使うのには向かないかも(´д`)。

投稿者 B : 23:15 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2007/03/22 (Thu.)

一脚を購入

一脚を買いました。

Manfrotto / 一脚 679B
Manfrotto / ミニボール雲台 RC2 ラピッドコネクトシステム 484RC2

靖国神社にある「標準木」は一昨日「開花」したらしいですが、この週末は全国的に天候が崩れることもあり、本格的な開花は来週になりそうですね。ということで、桜の季節に間に合いました。
ブランドは昔映像関係のバイトをやっていたときから使っていて思い入れのある Manfrotto で。種類は最後までカーボン一脚と迷っていたんですが、一脚だとカーボンの軽さがあまり差として出てこない(20g しか違わない)のと、価格差がかなりあったのでとりあえずリーズナブルかつスタンダードなものにしました。その代わり、雲台には多少奢ってクイックシューつきのコンパクトなものを。
ただ、縮長がけっこうある(64cm)ので、「撮るぞ!」という気合いで出かけるときくらいしか持って行きづらいのが難点ですかね。多少値が張っても 4 段式のにすれば良かったかな、とも・・・。

まだ使ってみていないので、(今週末は雨っぽいし)来週末に花見がてら、かなあ。ついでにマクロレンズも欲しかったりするんですが、さすがに先立つものが。

投稿者 B : 23:22 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2007/03/13 (Tue.)

防湿庫を購入

だいぶ暖かくなってきたので、年明けから考えていた防湿庫をいよいよ購入。

東洋リビング / オートドライ ED-101SS

サイズに関しては最後まで悩んだ挙げ句、一枚扉の中で最大の ED-101SS に決定。小型のは棚板がヤワい感じだったし、フットプリントが同じなら中途半端な高さのほうが逆に使いづらいだろうと思い、ある程度高さのあるタイプにしました。そこそこのレンズ 1 本買えてしまうくらいの値段だけど、安心を買ったと思ってヨドバシのポイントを投入(ぉ。
「一眼レフ本体収納目安 24 台」というだけあってかなり余裕あります。3 本の望遠ズームを含む手持ちの 8 本のレンズ(増えたな・・・)が最上段の棚で全て収まったので、他の段にはボディやカムコーダも一通り収めてフード/キャップ専用の段ができたくらい(ぉ。現状のレンズラインアップにはある程度満足しているので、今後劇的にレンズが増える予定もないんですが、DVD・CD のメディアとか最近収集しているモデルカーとか保存状態を良くしておきたいものはいろいろあるし、ぼちぼち整理していこうかと。

ちなみに、内蔵の湿度計ですが、前に買ったドライボックス付属の湿度計と Weather Station を一緒に防湿庫に入れてみたら、どれもまちまちの結果(全部 3~5% くらいずつずれている)に(;´Д`)ヾ。どれを信じたらいいか分かりませんが、防湿庫の湿度計が 3 つの中間値だったので、とりあえず信じてみることに(ぉ。メーカーに検査に出したほうがいいのかなあ。

投稿者 B : 23:52 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2007/01/14 (Sun.)

防湿庫を買おうかな

田舎から帰ってきて以来、子どもが熱を出したり自分がその風邪をもらってしまったりして全然写真撮りに出かけられないので、その代わりにどうしてもモノを買うほうに目が行ってしまいがち(;´Д`)ヾ。
ということで、去年買ったドライボックスが早くもいっぱいになってしまった(ぉ)ので、そろそろ防湿庫を買おうかなと。

東洋リビング / オートドライ ED-101SS

B000FZ561I

今考えているのはこのあたり。ちょっと大きすぎる気もするけど、カムコーダとかプリンタの予備インクとかを突っこんでおいてもいいし、多少高さがある方が何かの台になるし。けっこう良い値段がしますが、レンズ代から考えると大したことない・・・気がするのはレンズ沼マジックでしょうか(´д`)。
この季節は乾燥しているからドライボックスにあぶれたレンズも大丈夫そうだけど、春以降に向けて検討中。

投稿者 B : 18:36 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2006/11/27 (Mon.)

ARTISAN&ARTIST のカメラバッグ

ちょっとしたきっかけがあって、カメラバッグを購入。

今まではいつも使っているブリーフケースやトートバッグに 30D とレンズ数本を突っこんで出かけていたんですが、レンズ交換のときにカバンからレンズを探し出して交換するのが億劫で、けっきょくそのままレンズを換えずに撮影、というシーンが少なくなかったので、サッとレンズを取りだせるカメラバッグが欲しいと思ってました。
とはいえ、いわゆるカメラバッグメーカーのゴツいカメラバッグは嫌だったので、普通にショルダーバッグに見える ARTISAN&ARTIST のバッグを購入。

ARTISAN&ARTIST / ACAM-3000

写真のバッグに対してスタジオボックスが小さすぎなのはご愛敬。
フラップつきのと迷ったんですが、シンプルなのにしてみました。キャンバス×バリスティックナイロンなので、カジュアルに使えます。また、ショルダーバッグだけど一応短めのストラップもついているので、臨時で手持ちにしたりキャリーバッグのハンドルに引っかけたりできます。それ以外にはあまり機能的なポケットとかもついてないですが、普段使いでお手軽なのが良かったので、必要十分かと。
カメラバッグとしてはコンパクトなほうだと思いますが、手持ちの玉の中で一番長い EF70-200mm F4L もちゃんと入りました。

ポイントはやっぱり調節可能なパーティションで、このパーティションボックス自体を取り外して普通のバッグとしても使えるところ。外装が黒で内装が赤なのがちょっと ThinkPad ぽいですが、これは内装を明るくすることでバッグの中身が見えやすくなるためとか。

あえて小さめのサイズを選んだので、近くの公園とか街にスナップ散歩に行くのに使おう。

投稿者 B : 22:48 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック