b's mono-log

2006/11/11 (Sat.)

スタジオボックスを購入

この blog でもよくやっているブツ撮りの質を上げるために、スタジオボックスを購入。

ハクバ / デジカメスタジオボックス 45
ハクバ「デジカメスタジオボックス 30」 (デジカメ Watch)

だいぶ前から購入検討してたんです。当初机の上でも使えそうな 30cm のサイズを考えていたんですが、ちょっと小さすぎて用途が限られるかな、と思い 45cm のものを購入。折りたたみ式だと角形のこのシリーズが最も使いやすそうでした。付属のバックスクリーンはホワイト/ライトグレー、ライトブルー/ブラックの 2 枚が付属で、被写体によって使い分けられます。クロマキー合成で背景抜きに使えそうな色がないですが、青か緑のスクリーンだけ買ってくればいいか。

とりあえず適当に撮ってみたらこんな感じに。照明はただの電気スタンドですが、適当に撮っただけでも良い感じになりました。照明の種類とか位置を考えればもっと良くなりそうです。

しかしこうやって環境を整えれば整えるほど、T9 のノイズが気になって(;´Д`)ヾ。当面ブツ撮りは P100 か 30D でやることにして、そろそろ本当に IXY あたりの購入を考えようかなあ・・・。

投稿者 B : 22:56 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/11/08 (Wed.)

LumiQuest Soft Screen

こんなものを買ってみました。

LumiQuest / Soft Screen

以前、↓の記事を読んで気になっていたんですよね。

デジタル一眼レフ内蔵ストロボ用「ソフトスクリーン」 (ケータイ Watch)

ストロボってそんなに頻繁に使わないんですが、580EX 用に取っておいた予算を EF70-300 に使ってしまったので(ぉ、内蔵ストロボで少しでも良い画を撮りたくて。クリップオンストロボでうまくバウンスさせたときの画は F828 を使っていたときに知っているので、どうしても内蔵ストロボの直射のキツさは気になってしまいます。


Soft Screen なし
Soft Screen あり

けっこう微妙な違いなんですけどね。光が拡散して、起毛の間にちゃんと回りこんでいたり、背景に落ちている影が多少柔らかくなっているのが分かります。
また、ホワイトバランスも違った傾向になるもよう。内蔵ストロボだけだと青白い感じになるのが、Soft Screen を使うと暖色系に転ぶ感じ。青みがかると不自然な雰囲気になってしまうので、レタッチ前提なら色温度が低めな後者のほうが扱いやすいですね。

ちなみにこれで人物を撮影するともう少し効果は分かりやすいです。コンパクトだし、取り付けも簡単なので、カメラと一緒に携帯していれば何かと重宝しそう。

投稿者 B : 22:29 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/10/11 (Wed.)

ELECOM MR-GU2T15BK

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 2。

エレコム / MR-GU2T15BK (ブラック)

カードリーダはおそらく現行で最速の部類に入ると思われるプリンストンの PRD-122XU を愛用しているんですが、USB HUB 内蔵で自作機に繋いで据え置きで使っているので、旅行用にコンパクトなリーダが前々から欲しかったのでした。最近はメモステや SD のスロットがついた PC が一般的ですが、高速に CF が読める PC ってないので・・・。カメラを直接 USB 接続してもいいんですが、リーダを使ったほうが傍らでデータを PC に移しながら撮影続行できますからね。
CF 専用のリーダは最近ではほとんど製品化されていないため、これもマルチリーダではありますが、ほぼ CF 専用として使います。

でもって、FDBENCH 1.01 で比べてみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
MR-GU2T15+Extreme III CF 2GB115711617910270158663971
PRD-122XU+Extreme III CF 2GB135351697614725168445596
UA20-MLT II+Extreme III CF 2GB69948380791482843400

ベンチスコア的にはやはり PRD-122XU に譲る形ですが、MR-GU2T15 も Write が若干遅いだけで Read はほぼ遜色ない結果に。デジカメのデータを PC に吸い上げるのが主用途なので、この結果には十分すぎるほど満足です。

ちなみに、鈴鹿で撮った写真は 8GB オーバーで、結局 2GB の CF 2 枚を 2 回ずつ回して足りなかった計算。RAW+JPEG で撮っているからとはいえ、さすがに撮りすぎたかな(´д`)。でも、帰省のときなんかも 2GB×2 で足りないくらい撮ってしまう(自分の子どもに加えて姪っ子までいるので・・・)から、そろそろもう一枚買い足したほうが良いかなと思ってます。Lexar は時々相性問題も耳にするので、最近評判の ATP かな・・・?SanDisk から Extreme IV も近々国内発売しそうですが。

投稿者 B : 23:08 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/10/10 (Tue.)

ハクバ マジッククロス 6060

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 1。

ハクバ / マジッククロス 6060 (ブルー)

純正のセミハードケースじゃ、標準レンズまでしか使えないし、旅行にはかさばりすぎるので、ソフトケース代わりに購入。どんな形状でも風呂敷のように包める上に、四隅にベルクロがついていて留められるので、それだけで重宝します。古典的なやり方だけど、意外とこれが一番使い勝手が良かったという。

ただ、60cm×60cm はちょっとデカすぎたかも(´д`)。ハクバ製は 60×60 しかないけど、他社製で 40×40 のもあったので、それくらいで十分だったかな。
まあ、どちらにしてもセミハードケースよりは使いでがあるので、良しとします。

投稿者 B : 23:42 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/09/17 (Sun.)

Distagon のレンズフード

Distagon 用のレンズフードを購入。

UN / メタルレンズフード UN-5255 (ブラック)

レンズ本体にフードがついてなかったので。ツァイスのクラシックな雰囲気を壊さないよう、丸形のメタルフードを選択。が、前ネジがないのでフードをつけたままレンズキャップがつけられないのが難点。

これはこれでいいんですが、やっぱりちょっと不便なので調べてみたものの、これといった解決策は見あたらず。ツァイス使いの方々ってレンズフード使ってないんでしょうかね。

投稿者 B : 13:28 | Camera | Camera Accessory | コメント (4) | トラックバック

2006/08/14 (Mon.)

でかブロアーブラシ

最近カメラのメンテナンスに凝りだして(笑)、今度はでかブロアーブラシを購入。

ハクバ / ブロアーブラシ TS-L

今までコンデジの清掃用に使っていたちいちゃいのだと、あまりホコリが飛んでかないもんで、風量の大きなブロアーが欲しかったんです。キングのジャンボブロアーにも惹かれたけど、値差が大きかったし、さすがにデカすぎるかなと思ったので、とりあえずこの辺で。これでもけっこう十分によく飛ばせます。

なんか調べてみたらモノによっては風と一緒にラバーのカスが出てくるのもあるらしいけど、そのへんの品質が一番しっかりしてるのってどこの製品なんでしょうね。メンテ用品といえばハクバあたりが入手性という面では一番いい気もするけど。

投稿者 B : 23:54 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/08/03 (Thu.)

レンズペンを購入

レンズペンを購入。

ハクバ / レンズペンセット KA-LP2

30D の交換レンズにはひととおりレンズプロテクタ(代わりの L37 フィルタ)をつけているけど、まれにフィルタに埃や汚れがつくので。レンズと違ってフィルタは半ば消耗品とはいえ、その値段はけっこう馬鹿にならないので、汚れをレンズペンで取ってみることにしました。

先端がセームだったりして実はかなり凝ってるんですね、これ。不織布とかで拭くよりもよっぽどマシなレンズケアができそうです。

投稿者 B : 23:57 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/07/16 (Sun.)

ドライボックスを購入

なんか梅雨も明けようかという時期にアレだけど、前から買おう買おうと思っていたドライボックスを購入。

ナカバヤシ / CAPATY ドライボックス 11L

本当は防湿庫が欲しいけど、場所も取るしまだレンズもそう多くないのでとりあえず。防湿庫は高いけど、高価なレンズがカビてダメになるリスクを考えればむしろ安いかと。って一眼始めてから金銭感覚マヒしてますかね(;´Д`)ヾ。

浅いほうが使い勝手は良いかな?と思って今回は 11L のフラットタイプにしたけど、もう少し深くても良いかも。もうちょっとレンズやアクセサリが増えてきたら、また考えよう。ともあれ今はドライボックスを入手して一安心しました。

投稿者 B : 22:22 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/07/01 (Sat.)

OLYMPUS ME-1

Planar を活かすべく、ファインダの見えかたを改善するためにマグニファイヤーを購入。

オリンパス / マグニファイヤーアイカップ ME-1

MagP とかもあったけど、オリンパスの出している ME-1 が無改造で EOS にも取り付けられるとのことで購入。本当は、Planar を買ってすぐに欲しくなって探していたものの、同じようなことを考えている人はたくさんいるらしく、どこに行っても在庫切れ、いつ入ってくるかも分からない、とのこと。仕方がないから様子見をしていたんだけど、ふと yodobashi.com を覗いたら「在庫あり」となっていたので慌ててヨドバシに走って確保しました(今見たら店頭にはあるけど Web 通販は速攻在庫切れになったっぽい)。

今日はあいにくの雨でほとんど外には出られなかったから、少し使ってみただけだけど見え味はなかなか。1.2 倍という数値以上に視野が広がったような印象を受けます。今までどれだけ見えにくいファインダを覗いていたか、ということですね(それでもコンデジよりはるかにマシだけど・・・)。
裸眼(というかコンタクト)でも四隅は微妙にケラレる感じはあるし、ファインダの明るさが変わっていないので限定的ではあるけど、それでもノーマルよりはるかにピン山が掴みやすくなりました。これなら Planar ももう少しちゃんと使ってやれそうだけど、そのまえに、早く梅雨が明けてくれないかな(´・ω・`)。

投稿者 B : 23:17 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/06/25 (Sun.)

Princeton PRD-122XU

最近 RAW で撮影することが増えて、PC に転送するデータ量が膨らんでいるせいで、今まで使っていたメモリカードリーダ(マクセルの UA20-MLT II)がかなり遅く感じるようになったので、買い換え。

プリンストンテクノロジー / PRD-122XUBK (ブラック)

速い代わりにバカ高い Lexar を除くと、現行製品で最速クラスはこのあたり。アイ・オーの USB2-W12RW も同チップで性能的にも同等、入手性はこちらのほうが上、という感じだけど、デザインでこちらに。で、店頭でさっぱり見あたらなかったので、Amazon で買いました。

でもって、FDBENCH 1.01 で比べてみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
PRD-122XU+Extreme III CF 2GB135351697614725168445596
PRD-122XU+Ultra II CF 2GB9045117229089115983770
UA20-MLT II+Extreme III CF 2GB69948380791482843400
UA20-MLT II+Ultra II CF 2GB66958243726582013073

なんかマクセルのより倍近く速いんですけど(;´Д`)ヾ。Extreme III の性能をちゃんと出し切っている感じで、Ultra II と比べて実測で 1.5 倍くらい速いというのが改めて分かりました。以前、マクセルのリーダで比較して誤差程度しか差がない・・・と思っていたのは、単にリーダの性能で頭打ちになってただけなのね(´д`)。

このリーダ、性能もさることながら 3 ポートの USB HUB 機能もついていて重宝します。これは良い買い物だったかと。
ただ、どのメディアも端子分の深さくらいしか挿さらないから、誤って上から圧力かけたら壊れそうなのが難点(´д`)。

投稿者 B : 23:08 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック