b's mono-log

2007/03/13 (Tue.)

防湿庫を購入

だいぶ暖かくなってきたので、年明けから考えていた防湿庫をいよいよ購入。

東洋リビング / オートドライ ED-101SS

サイズに関しては最後まで悩んだ挙げ句、一枚扉の中で最大の ED-101SS に決定。小型のは棚板がヤワい感じだったし、フットプリントが同じなら中途半端な高さのほうが逆に使いづらいだろうと思い、ある程度高さのあるタイプにしました。そこそこのレンズ 1 本買えてしまうくらいの値段だけど、安心を買ったと思ってヨドバシのポイントを投入(ぉ。
「一眼レフ本体収納目安 24 台」というだけあってかなり余裕あります。3 本の望遠ズームを含む手持ちの 8 本のレンズ(増えたな・・・)が最上段の棚で全て収まったので、他の段にはボディやカムコーダも一通り収めてフード/キャップ専用の段ができたくらい(ぉ。現状のレンズラインアップにはある程度満足しているので、今後劇的にレンズが増える予定もないんですが、DVD・CD のメディアとか最近収集しているモデルカーとか保存状態を良くしておきたいものはいろいろあるし、ぼちぼち整理していこうかと。

ちなみに、内蔵の湿度計ですが、前に買ったドライボックス付属の湿度計と Weather Station を一緒に防湿庫に入れてみたら、どれもまちまちの結果(全部 3~5% くらいずつずれている)に(;´Д`)ヾ。どれを信じたらいいか分かりませんが、防湿庫の湿度計が 3 つの中間値だったので、とりあえず信じてみることに(ぉ。メーカーに検査に出したほうがいいのかなあ。

投稿者 B : 23:52 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2007/01/14 (Sun.)

防湿庫を買おうかな

田舎から帰ってきて以来、子どもが熱を出したり自分がその風邪をもらってしまったりして全然写真撮りに出かけられないので、その代わりにどうしてもモノを買うほうに目が行ってしまいがち(;´Д`)ヾ。
ということで、去年買ったドライボックスが早くもいっぱいになってしまった(ぉ)ので、そろそろ防湿庫を買おうかなと。

東洋リビング / オートドライ ED-101SS

B000FZ561I

今考えているのはこのあたり。ちょっと大きすぎる気もするけど、カムコーダとかプリンタの予備インクとかを突っこんでおいてもいいし、多少高さがある方が何かの台になるし。けっこう良い値段がしますが、レンズ代から考えると大したことない・・・気がするのはレンズ沼マジックでしょうか(´д`)。
この季節は乾燥しているからドライボックスにあぶれたレンズも大丈夫そうだけど、春以降に向けて検討中。

投稿者 B : 18:36 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2006/11/27 (Mon.)

ARTISAN&ARTIST のカメラバッグ

ちょっとしたきっかけがあって、カメラバッグを購入。

今まではいつも使っているブリーフケースやトートバッグに 30D とレンズ数本を突っこんで出かけていたんですが、レンズ交換のときにカバンからレンズを探し出して交換するのが億劫で、けっきょくそのままレンズを換えずに撮影、というシーンが少なくなかったので、サッとレンズを取りだせるカメラバッグが欲しいと思ってました。
とはいえ、いわゆるカメラバッグメーカーのゴツいカメラバッグは嫌だったので、普通にショルダーバッグに見える ARTISAN&ARTIST のバッグを購入。

ARTISAN&ARTIST / ACAM-3000

写真のバッグに対してスタジオボックスが小さすぎなのはご愛敬。
フラップつきのと迷ったんですが、シンプルなのにしてみました。キャンバス×バリスティックナイロンなので、カジュアルに使えます。また、ショルダーバッグだけど一応短めのストラップもついているので、臨時で手持ちにしたりキャリーバッグのハンドルに引っかけたりできます。それ以外にはあまり機能的なポケットとかもついてないですが、普段使いでお手軽なのが良かったので、必要十分かと。
カメラバッグとしてはコンパクトなほうだと思いますが、手持ちの玉の中で一番長い EF70-200mm F4L もちゃんと入りました。

ポイントはやっぱり調節可能なパーティションで、このパーティションボックス自体を取り外して普通のバッグとしても使えるところ。外装が黒で内装が赤なのがちょっと ThinkPad ぽいですが、これは内装を明るくすることでバッグの中身が見えやすくなるためとか。

あえて小さめのサイズを選んだので、近くの公園とか街にスナップ散歩に行くのに使おう。

投稿者 B : 22:48 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2006/11/11 (Sat.)

スタジオボックスを購入

この blog でもよくやっているブツ撮りの質を上げるために、スタジオボックスを購入。

ハクバ / デジカメスタジオボックス 45
ハクバ「デジカメスタジオボックス 30」 (デジカメ Watch)

だいぶ前から購入検討してたんです。当初机の上でも使えそうな 30cm のサイズを考えていたんですが、ちょっと小さすぎて用途が限られるかな、と思い 45cm のものを購入。折りたたみ式だと角形のこのシリーズが最も使いやすそうでした。付属のバックスクリーンはホワイト/ライトグレー、ライトブルー/ブラックの 2 枚が付属で、被写体によって使い分けられます。クロマキー合成で背景抜きに使えそうな色がないですが、青か緑のスクリーンだけ買ってくればいいか。

とりあえず適当に撮ってみたらこんな感じに。照明はただの電気スタンドですが、適当に撮っただけでも良い感じになりました。照明の種類とか位置を考えればもっと良くなりそうです。

しかしこうやって環境を整えれば整えるほど、T9 のノイズが気になって(;´Д`)ヾ。当面ブツ撮りは P100 か 30D でやることにして、そろそろ本当に IXY あたりの購入を考えようかなあ・・・。

投稿者 B : 22:56 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/11/08 (Wed.)

LumiQuest Soft Screen

こんなものを買ってみました。

LumiQuest / Soft Screen

以前、↓の記事を読んで気になっていたんですよね。

デジタル一眼レフ内蔵ストロボ用「ソフトスクリーン」 (ケータイ Watch)

ストロボってそんなに頻繁に使わないんですが、580EX 用に取っておいた予算を EF70-300 に使ってしまったので(ぉ、内蔵ストロボで少しでも良い画を撮りたくて。クリップオンストロボでうまくバウンスさせたときの画は F828 を使っていたときに知っているので、どうしても内蔵ストロボの直射のキツさは気になってしまいます。


Soft Screen なし
Soft Screen あり

けっこう微妙な違いなんですけどね。光が拡散して、起毛の間にちゃんと回りこんでいたり、背景に落ちている影が多少柔らかくなっているのが分かります。
また、ホワイトバランスも違った傾向になるもよう。内蔵ストロボだけだと青白い感じになるのが、Soft Screen を使うと暖色系に転ぶ感じ。青みがかると不自然な雰囲気になってしまうので、レタッチ前提なら色温度が低めな後者のほうが扱いやすいですね。

ちなみにこれで人物を撮影するともう少し効果は分かりやすいです。コンパクトだし、取り付けも簡単なので、カメラと一緒に携帯していれば何かと重宝しそう。

投稿者 B : 22:29 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/10/11 (Wed.)

ELECOM MR-GU2T15BK

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 2。

エレコム / MR-GU2T15BK (ブラック)

カードリーダはおそらく現行で最速の部類に入ると思われるプリンストンの PRD-122XU を愛用しているんですが、USB HUB 内蔵で自作機に繋いで据え置きで使っているので、旅行用にコンパクトなリーダが前々から欲しかったのでした。最近はメモステや SD のスロットがついた PC が一般的ですが、高速に CF が読める PC ってないので・・・。カメラを直接 USB 接続してもいいんですが、リーダを使ったほうが傍らでデータを PC に移しながら撮影続行できますからね。
CF 専用のリーダは最近ではほとんど製品化されていないため、これもマルチリーダではありますが、ほぼ CF 専用として使います。

でもって、FDBENCH 1.01 で比べてみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
MR-GU2T15+Extreme III CF 2GB115711617910270158663971
PRD-122XU+Extreme III CF 2GB135351697614725168445596
UA20-MLT II+Extreme III CF 2GB69948380791482843400

ベンチスコア的にはやはり PRD-122XU に譲る形ですが、MR-GU2T15 も Write が若干遅いだけで Read はほぼ遜色ない結果に。デジカメのデータを PC に吸い上げるのが主用途なので、この結果には十分すぎるほど満足です。

ちなみに、鈴鹿で撮った写真は 8GB オーバーで、結局 2GB の CF 2 枚を 2 回ずつ回して足りなかった計算。RAW+JPEG で撮っているからとはいえ、さすがに撮りすぎたかな(´д`)。でも、帰省のときなんかも 2GB×2 で足りないくらい撮ってしまう(自分の子どもに加えて姪っ子までいるので・・・)から、そろそろもう一枚買い足したほうが良いかなと思ってます。Lexar は時々相性問題も耳にするので、最近評判の ATP かな・・・?SanDisk から Extreme IV も近々国内発売しそうですが。

投稿者 B : 23:08 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/10/10 (Tue.)

ハクバ マジッククロス 6060

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 1。

ハクバ / マジッククロス 6060 (ブルー)

純正のセミハードケースじゃ、標準レンズまでしか使えないし、旅行にはかさばりすぎるので、ソフトケース代わりに購入。どんな形状でも風呂敷のように包める上に、四隅にベルクロがついていて留められるので、それだけで重宝します。古典的なやり方だけど、意外とこれが一番使い勝手が良かったという。

ただ、60cm×60cm はちょっとデカすぎたかも(´д`)。ハクバ製は 60×60 しかないけど、他社製で 40×40 のもあったので、それくらいで十分だったかな。
まあ、どちらにしてもセミハードケースよりは使いでがあるので、良しとします。

投稿者 B : 23:42 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/09/17 (Sun.)

Distagon のレンズフード

Distagon 用のレンズフードを購入。

UN / メタルレンズフード UN-5255 (ブラック)

レンズ本体にフードがついてなかったので。ツァイスのクラシックな雰囲気を壊さないよう、丸形のメタルフードを選択。が、前ネジがないのでフードをつけたままレンズキャップがつけられないのが難点。

これはこれでいいんですが、やっぱりちょっと不便なので調べてみたものの、これといった解決策は見あたらず。ツァイス使いの方々ってレンズフード使ってないんでしょうかね。

投稿者 B : 13:28 | Camera | Camera Accessory | コメント (4) | トラックバック

2006/08/14 (Mon.)

でかブロアーブラシ

最近カメラのメンテナンスに凝りだして(笑)、今度はでかブロアーブラシを購入。

ハクバ / ブロアーブラシ TS-L

今までコンデジの清掃用に使っていたちいちゃいのだと、あまりホコリが飛んでかないもんで、風量の大きなブロアーが欲しかったんです。キングのジャンボブロアーにも惹かれたけど、値差が大きかったし、さすがにデカすぎるかなと思ったので、とりあえずこの辺で。これでもけっこう十分によく飛ばせます。

なんか調べてみたらモノによっては風と一緒にラバーのカスが出てくるのもあるらしいけど、そのへんの品質が一番しっかりしてるのってどこの製品なんでしょうね。メンテ用品といえばハクバあたりが入手性という面では一番いい気もするけど。

投稿者 B : 23:54 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/08/03 (Thu.)

レンズペンを購入

レンズペンを購入。

ハクバ / レンズペンセット KA-LP2

30D の交換レンズにはひととおりレンズプロテクタ(代わりの L37 フィルタ)をつけているけど、まれにフィルタに埃や汚れがつくので。レンズと違ってフィルタは半ば消耗品とはいえ、その値段はけっこう馬鹿にならないので、汚れをレンズペンで取ってみることにしました。

先端がセームだったりして実はかなり凝ってるんですね、これ。不織布とかで拭くよりもよっぽどマシなレンズケアができそうです。

投稿者 B : 23:57 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック