b's mono-log

2017/09/16 (Sat.)

K&F Concept L/M-NEX マウントアダプタ レビュー (2)

K&F Concept のマウントアダプタレビューの続きです。

K&F Concept / ライカ M レンズ-Sony NEX E ボディマウントアダプター JPKF06.113

K&F Concept L/M-NEX

今回は実写画像を交えつつ、使用感について書いていきたいと思います。

【関係性の明示】
本エントリーの執筆にあたり、マウントアダプタの開発元である K&F Concept よりレビュー用製品の提供を受けています。ただしそれ以外の報酬はなく、記事内容への関与も一切ありません。事実誤認があった場合は、修正部分を明示した形で訂正を行います(誤字脱字の修正を除く)。

私が持っている M マウントレンズは NOKTON 40mm と SUPER WIDE-HELIAR 15mm の 2 本。M マウントといえばライカですが、ライカでは中古でも安くないのに対して、フォクトレンダーはハイスペックレンズでなければ新品でも手を出しやすい価格帯。ミラーレス、特にフルサイズセンサ搭載の α7 シリーズでコンパクトなシステムを組むのに最適なレンズ群だと思います。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7R | Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 MC ]

まあ、マウントアダプタなので装着してしまうとあまり存在感を気にしなくなってしまうものですが、今まで使っていたフォクトレンダーのヘリコイドアダプターはズッシリ重く、せっかく軽い M マウントの MF レンズを使っているのにちょっと惜しいなあ...と感じてもいました。それがこのシンプルなマウントアダプタに換えることで一回り軽量になり、持ち歩きの気軽さが一段上がった感覚があります。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7R | Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 MC ]

MF レンズではフォーカスリングと絞りリングを頻繁に操作することになります。このマウントアダプタは特にガタが気になることもなく、いい意味でマウントアダプタのことを忘れて撮影に集中できます。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7R | Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 MC ]

最近はあまりガッツリ撮影しに行く余裕もなくて、つい AF でラクをしがちだったんですが、久々に MF レンズだけで撮影に没頭するのも改めて楽しい。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7R | Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 MC ]

NOKTON 40mm F1.4 は描写に古くささはないながらも、やや緩さを残した柔らかい描写が気に入っています。現代のカリッカリのレンズも気持ちいいんだけど、そればかりだと疲れてしまう気がして。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7R | Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 MC ]

このマウントアダプタはオーバーインフ気味に設計されているようで、(少なくとも手持ちのレンズとの組み合わせを試してみた限りでは)無限遠が出ないということはありませんでした。マウントアダプタの世界では、アダプタの精度だけの問題ではなく、レンズ側の製造のバラツキにも由来するところなので、レンズとアダプタの組み合わせによっては無限遠が出ないということはままあります。最近はアダプタ側をオーバーインフにすることでそのバラツキを吸収するのが一般化していますが、このアダプタもその流れを汲んでいるようです。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7R | Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 MC ]

逆行耐性もチェックしてみました。特にアダプタ起因で内部反射が増えるようなこともなく、レンズ本来の性能が出ていると言えそうです。まあ M マウントはそもそもフランジバックが短く、内部反射が起こりにくい構造ではあるんですが。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7S | Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II ]

続いて SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asph. II。ボディは超広角レンズでも周辺部の色かぶりが発生しにくい α7S に換えています。

ここまで広角のレンズになると被写体にグッと寄って撮ることが少なくなるので、ヘリコイド付きアダプタよりはスタンダードなアダプタで身軽に使いたいところ。やっぱり NOKTON よりはこっちのレンズのほうが、このアダプタとの相性がいいように思います。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7S | Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II ]

SWH15/4.5、久しぶりに使ったけどやっぱり良いですね。ネイティブ E マウント対応の III 型が出て画質面では当然そっちのほうが良いわけですが、α7S との組み合わせなら周辺の色かぶりも像流れもさほど酷くないし、中央部のパキッとした描写は気に入っています。手軽に使えるアダプタが手に入ったことだし、もう一度活用してやろうという気になってきました。

K&F Concept L/M-NEX

[ Sony α7S | Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II ]

α7 シリーズは今最も勢いがあるカメラだし実際いいカメラだと思うんですが、純正レンズは画質や機能重視でどんどん重厚長大化しています。それに対して M マウントレンズは「フルサイズのカメラを手軽に持ち歩いて撮れる」という α7 シリーズのもう一つの活かし方を提示してくれるレンズ群と言えます。街中でスナップを撮るにしても、これくらいの存在感のカメラとレンズならば気兼ねしなくていい。
K&F Concept の L/M-NEX マウントアダプタは、特別な機能こそないものの、そういう使い方に「必要にして十分」なアダプタだと思います。この価格帯ならばレンズの本数分だけ揃えてもお財布にはやさしいはず。私も今後、二本目以降のアダプタを買うときや、新しいマウントに手を出してみたいけど使い続けられるか自信がないときには、K&F Concept の製品を選択肢に入れることにします。

K&F Concept / ライカ M レンズ-Sony NEX E ボディマウントアダプター JPKF06.113

B06WLR536L

投稿者 B : 22:30 | Camera | Camera Accessory | NOKTON classic 40/F1.4 MC | Photograph | SUPER WIDE-HELIAR 15/F4.5 ASPH.II | α7R | α7S | コメント (0) | トラックバック

2017/09/07 (Thu.)

K&F Concept L/M-NEX マウントアダプタ レビュー (1)

中国発のカメラ周辺機器ブランド「K&F Concept」のマウントアダプタを試用する機会をいただいたので、使ってみた上でのレビューを書いていきます。

K&F Concept / ライカ M レンズ-Sony NEX E ボディマウントアダプター JPKF06.113

K&F Concept L/M-NEX

今回はブロガー向けレビューサイト経由ではなく、メーカーさんから直接製品のご提供をいただきました。とはいえいつも通り中立な視点で評価するつもりですが、念のため関係性を明示しておきます。

【関係性の明示】
本エントリーの執筆にあたり、マウントアダプタの開発元である K&F Concept よりレビュー用製品の提供を受けています。ただしそれ以外の報酬はなく、記事内容への関与も一切ありません。事実誤認があった場合は、修正部分を明示した形で訂正を行います(誤字脱字の修正を除く)。

K&F Concept は今年に入ってから日本国内での正規流通が始まり、特にマウントアダプタは低価格な割に作りが良いと話題になっているメーカー。オールドレンズ&マウントアダプタの第一人者である澤村徹さんや最近オールドレンズ用ボディとして初代 α7 を購入された MacBS さんが立て続けに同社のマウントアダプタを試されていたので、私も気になっていたところでした。そこにレビュー用機器提供のオファーをいただいたため、喜んでお受けしました。
※2017/9/11 追記:初回に試用した製品は初期不良でマウント面に擦り傷があったため、メーカーさんより代替機を入手した上で写真を差し替えました。

K&F Concept L/M-NEX

今回レビューするのはライカ M-ソニー E(フルサイズ対応)のマウントアダプタ。最近のマウントアダプタは電子連動、シフト対応、縮小光学系搭載、強引な AF 対応など、「変態」と呼ぶに相応しい高機能な製品が増えています。逆に言えば普通のマウントアダプタは以前ほど話題になることも少なくなりましたが、選択肢といえば「カメラ店で大手メーカー製品をそこそこの値段で買う」か「Amazon で中国系メーカーの怪しくて安い製品を買う」かの二択だったと言えます。そこにありそうでなかった「そこそこの品質で安価なマウントアダプタ」として K&F Concept が現れた印象。焦点工房やヨドバシカメラでも取り扱いが始まったのも安心材料です。

K&F Concept L/M-NEX

特別な機能のないマウントアダプタで、外観的にも特筆すべきものはありませんが、内面反射防止の凹凸がついているなど、作りにはこだわっている印象。
ただ、開封時から既にマウント面には製造時あるいは検品時についたと思われる細かな擦り傷がありました。マウント面へのこの程度の傷は使っていくうちについていくものだからあまり気にしませんが、ちょっと残念なところ。
※2017/9/11 修正:メーカーさんに確認したところ、この擦り傷は初期不良だったようです。代替機には目立つ傷はありませんでした。

K&F Concept L/M-NEX

私が愛用している L/M-E マウントアダプタ、フォクトレンダー(コシナ)の Close Focus Adapter と比較してみました。横並びで見ると、デザインも質感も精緻な作りもコシナの方が上ですが、値段が 10 倍違いますからね...。

またコシナのほうはアダプタ側に最短撮影距離を短縮できるヘリコイドが仕込まれていることもあってかなり重い(実測 120g)のに対して、K&F Concept のほうは実測 49g しかなく、とにかく軽い。M マウントレンズは寄れないことが多いためヘリコイド入りのメリットもありますが、レンズのコンパクトさを活かして軽快にスナップに行きたいことも多いため、この軽さはアドバンテージになり得ます。

K&F Concept L/M-NEX

このマウントアダプタを使って NOKTON classic 40mm F1.4 MC を α7R に装着してみました。α7 II も持ってるけど、M マウントレンズはよりコンパクトな初代 α7 シリーズにこそ似合うと思います。

K&F Concept L/M-NEX

アダプタの縁はダイヤカットされていてキラリと光ります。1980 年代のツァイス・イエナ製レンズっぽさがあって、私はけっこう好き。

K&F Concept L/M-NEX

レンズリリースレバーは他社のアダプタに比べるとちょっと押し心地が軽いかな。まあ撮影中にレンズが外れてしまうようなことはないでしょうが、α はグリップとマウントの間隔が狭く、人によっては指が当たりがちなので気をつけたいところ。

K&F Concept L/M-NEX

アダプタの側面に刻まれたローレット。もう少し細くてエッジが立っていればフォクトレンダーレンズとの相性はベストだったでしょうが、まあ十分です。
レンズを装着してみてもガタツキも特にないし、実売 3,000 円もしないアダプタとしては十分すぎるクオリティと言えます。

K&F Concept L/M-NEX

こちらは α7S+SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5。NOKTON だと「もうちょっと寄りたい」と思ってヘリコイドアダプタにお世話になるシーンが多いので、私はこのマウントアダプタはこちらの組み合わせで使うことのほうが多くなりそうかな。

「安価で高品質なマウントアダプタ」ということで、これからマウントアダプタ遊びを始めるビギナーはもちろんのこと、複数のボディマウントでレンズを使い回したいヘビーユーザーや「レンズにアダプタをつけっぱなしにしたい」ユーザーの複数買いにも向いていると思います。特に M42 や L39 などのスクリューマウントの場合はレンズの付け外しが面倒なので、アダプタをつけっぱなしにしてバヨネットで一発着脱できるとラク。既にひととおりマウントアダプタは持っているような人でも、サブ用にとりあえず買っておくのに良い選択肢だと言えそうです。

次回は実際の撮影を通して使用感などを試してみようと思います。

K&F Concept / ライカ M レンズ-Sony NEX E ボディマウントアダプター JPKF06.113

B06WLR536L

投稿者 B : 22:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2017/07/23 (Sun.)

SIGMA MC-11 (EF-E) Ver.1.08

スプラトゥーン漬けですっかり出遅れてしまいましたが、先週リリースされたシグマ MC-11 の最新版ファームウェアを適用してみました。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E / EF-Eファームウェアアップデートのお知らせ

SIGMA MC-11

EF-E 用の最新バージョンは 1.08(SA-E 用は 1.06)。最近のアップデートはほとんどがシグマの新レンズ対応ばかりで私には関係がなく、私はめんどくさいので Ver.1.02 のまま放置していました。
今回の主なアップデート内容は「非対応レンズの一部で発生している AF 不具合の修正」とのこと。シグマは以前にも動作保証外レンズのためのファームアップを提供してくれたことがあり、MC-11 がユーザーにとってどういう役割を担っているか、ちゃんと解ってますね(ぉ

SIGMA MC-11

個人的にちょっと期待していたのは「非対応レンズでもファストハイブリッド AF を使用可能にしてくれるんじゃないか?」ということでしたが(このへんの詳細は過去記事参照のこと)、ファームアップしても非対応レンズ装着時には α7 II の AF 設定は位相差/コントラストのどちらかしか選択できず、対応レンズのように速度と精度を両立したハイブリッド動作にはなりませんでした。まあ位相差センサとコントラスト検出を協調動作させるにはレンズ側も最適化されている必要があるわけで(純正 E マウントレンズですらハイブリッド AF の登場時にはレンズのファームアップが必要だった)、さすがにこれは期待しすぎでした。
まあ、今までキヤノン EF レンズを位相差 AF のみで使っていても AF 精度が致命的に悪いということもほぼなかったので(近接撮影時に少し気になる程度)、あまり問題はありません。

SIGMA MC-11

ファームアップの効果ですが、少なくとも α7 II で少し使ってみた限りではあまり違いは感じず。そもそも不具合らしきものに遭遇したこともありませんでしたが。ファームウェアの提供タイミング的には、むしろ α9 との組み合わせで生じていた不具合への対応が中心だったんですかね。
ちなみに SA-E 版でも同様のファームアップが提供されているので、EF レンズだけでなくシグマ製の少し古いレンズに対しても改善が図られているようです。

シグマといえば、年末に向けてフルサイズ E マウントレンズをついに出してくるらしい、という噂もありますが、どのへんのレンズを出してくるんでしょうか。個人的には純正 24-70/F4 の代替になりそうなレンズが出てきたら、買い換え検討したいと思っています。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 21:08 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2017/05/17 (Wed.)

ドライボックスと乾燥剤の話

そろそろ梅雨も近づいてきたので、カメラ機材の防湿の話でもしましょうか。

私の所有機材もかなり増えてきて、そろそろ防湿庫にも収まりきらなくなってきたんですが、さすがに自宅には防湿庫を買い換え/買い増しするほどスペースもなく。仕方ないので、防湿庫を買う前に使っていたドライボックスを引っ張り出してきて、使用頻度の低い機材をこちらに収納することにしました。

ナカバヤシ / CAPATY ドライボックス 11L (グレー)

CAPATY ドライボックス 11L

このドライボックス、背が低いので機材の出し入れがしやすいし、複数積み重ねておけるし、湿度計もついていて使い勝手が良いんですよね。蓋にはちゃんとパッキンがついているので、密閉性が高いのもポイント。
でもしばらく使っていなかったので、乾燥剤を買い直す必要があるけどどれにしよう...と迷いつつ、スーパーの日用品コーナーでえいやっと買ってきました。

エステー / ドライペット スピード吸湿 くつ用

B00I4FVXEU

別にカメラ用である必要もないし、乾燥剤ならばシリカゲルでしょという短絡的な発想です。靴用で除湿容量も大きそうだったし、天日干しで再利用可能、というのも扱いやすそう。
と思ってとりあえずドライボックスに突っ込んでみたら、

CAPATY ドライボックス 11L

なんかほんの一時間ほどで湿度 25% とかまで除湿されてるんですけど!効き過ぎ(;´Д`)ヾ。
一般的にカメラやレンズに理想的な湿度は 40% 前後と言われていて、乾燥しすぎでも逆にレンズのコーティングやグリスに悪影響が出たり、あまり良いことはありません。だから湿度管理がしやすい防湿庫の価値があるわけです。

使用頻度の低い機材とはいっても使えなくなってしまっては困るので、乾燥剤を変えてみることにしました。

ハクバ / 強力乾燥剤 キングドライ KMC-33

キングドライ

やはり餅は餅屋、ということでハクバの乾燥剤。
こちらはシリカゲルではなく酸化カルシウム(石灰)系の乾燥剤ということで、とにかく強力に乾燥させるのではなく、ある程度の湿度で長期に安定させることに主眼を置いた乾燥剤です。

キングドライ

この乾燥剤自体は味付け海苔等に同封されているものと同じですが、包装のナイロン素材が特殊とのこと。製品の訴求にもあるとおり、湿度を 40% 前後に保てるようになっているとのこと。これなら乾きすぎることもなく安心です。
ただしシリカゲルと違って急速乾燥させる力はなく、入れて一時間程度ではほとんど湿度計の値が変わりません。4~5 日かけて湿度を下げていくものということで、頻繁に機材を出し入れするボックスにはあまり向いておらず、今回のようにある程度長期保管する用途に向いている乾燥剤と言えます。逆に毎週使う基剤を入れておくドライボックスであれば、シリカゲルを適量使う方が合っているでしょう。

このキングドライは有効期間が 8 ヶ月程度ということで、日本ならそもそも乾燥している冬季を除いて、春先に入れ替えて秋の終わりまで使う、というサイクルでちょうど良さそうです。

靴用乾燥剤のほうは、本来の用途である靴に使うことにします(笑

ナカバヤシ / CAPATY ドライボックス 11L (グレー)

B000UJ8W42

投稿者 B : 23:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2017/04/04 (Tue.)

thinkTANKphoto Lens Drop

桜の季節はいろいろとレンズを換えながら撮りたくなるもので、こんなツールを買ってみました。

シンクタンクフォト / レンズドロップ

thinkTANKphoto Lens Drop

メイン遣いのバックをほぼ全てバックパックタイプにしたら、メッセンジャーバッグに比べてレンズ交換時にバッグから取り出す手間が増えてしまい。そのためにサイドオープンタイプのバックパックを使ってもいるんですが、頻繁に使う 2 本くらいのレンズはすぐに交換できるようにしておきたいと考えました。撮影時に 3~4 本のレンズを携行していても、特に使うのはシチュエーションにもよるけど 16-35mm+24-70mm とか、35mm+50mm とか、50mm+85mm とか、うち 2 本程度を主に使うことが多いので。
レンズ用のソフトケースを出しているメーカーは多数ありますが、ベルトループ等がついていて腰から提げられるタイプはあんまり多くない。中でもバリエーションが豊富だったシンクタンクフォトから選択しました。最後まで迷ったのは同社のレンズチェンジャーシリーズPeak Design のレンジポーチ。Peak Design はさすがに高価いので、信頼のシンクタンクフォトにしました。

thinkTANKphoto Lens Drop

サイズ感はこんな感じ。想像していたよりも大きかったですが、この手のレンズケースはヨドバシ等でも展示されていないことが多くて、なかなか実物の大きさが分かりづらい。

thinkTANKphoto Lens Drop

EF16-35/F4L がフード付きでスッポリ収まりました。これなら手持ちの F4 系広角~標準ズームと F1.4 系単焦点はひととおり入りますね。F2.8 ズームでも入りそうです。
ちょっと大きいかと思ったけど、レンズ交換時にスポッと収められる、まさに「レンズドロップ」な太さがあるほうが取り回しは良いかも。

thinkTANKphoto Lens Drop

側面のストラップを引くとストレッチ素材の口が閉じるようになっています。密閉はできませんが不意のレンズ脱落や、バッグの中での機材の傷つき防止には十分役立ちます。

thinkTANKphoto Lens Drop

前面ポケットはレンズキャップの収納にちょうど良い大きさ。

thinkTANKphoto Lens Drop

底面にはレインカバーが隠されています。通常時はこのレインカバー自体が底面クッション的な役割を果たしています。

thinkTANKphoto Lens Drop

背面にはかなりしっかりしたベルクロ付きのベルトループがついていて、同社の「モデュラーコンポーネント」シリーズのベルトに装着することができます。まあ私はそこまで大げさにするつもりはありませんが、他にも細かなストラップやループもついているので、カラビナ等を使って腰やバッグにぶら下げてやすいようにもなっています。

thinkTANKphoto Lens Drop

ちなみに、「サイズ的にはいけんじゃね?」と思って FE35mm F2.8 つきの α7 II を入れてみたところ、ピッタリ収まりました。最近の E マウントボディってミラーレスの割には大型化しているので、バッグに入れるときにちょうど良いサイズのポーチがなくて困ってもいたんですよね。移動時は E マウントボディ用のキャリングケースとして使い、目的地について撮影する際には本来のレンズドロップとして使う、というハイブリッドな活用ができそうです。

これはこれで重宝できそうで気に入ったんですが、ミラーレス用のコンパクトなレンズを入れるのには大きすぎるので、レンズチェンジャーシリーズの一回り小さいタイプも買ってみようかなあ。

シンクタンクフォト / レンズドロップ

B006K7MSSY

投稿者 B : 23:58 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2017/02/25 (Sat.)

CP+ 2017 (2)

CP+ 2017 に行ってきたレポートの続きになります。今年は例年以上に自分の興味ある部分限定で。

CP+2017 カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」

Sony FE 100mm F2.8 STF GM OSS

ソニーブースの目玉はなんといっても 100mm STF レンズ。ボディの発表がなかったのでこれくらいしか注目の新製品がない(85mm F1.8 も良さげだとは思うけど)にも関わらず、会場内で最大のブースを構えていました。
が...STF レンズはやはり待ち望んでいたユーザーが多いせいか、ハンズオンコーナーはかなりの行列。私自身はこのレンズ、いつかは欲しいけど今はちょっと無理だし、いずれ銀座のショールームで普通に触れるようになるんだし、ということで外観だけチェックしてスルー(ぉ

EOS 9000D

続いてキヤノンブース。発表されたのがエントリー寄りのモデルだけということもあり、ブースの大きさに比してお客さんの入りはそこそこ、という感じ。
EOS 9000D、自分が今から手を出すカメラではないけれど、とても良いバランスにまとまった製品だと思います。

EOS 9000D

Kiss クラスのボディに上位機種譲りの操作系を搭載していて、キットレンズだけで終わるつもりのないエントリーユーザーには良い選択肢と言えます。
80D と迷うところでしょうが、最近大きく重いボディにメゲがちな私としては、今から人に勧めるなら 9000D か価格の落ち着いた 8000D かな。

EOS M6

EOS M6。ソツはないけど華もない M5 から EVF とタッチ&ドラッグ AF を廃し、さらに何の特徴もないカメラになってしまいました。
レンズもなかなか拡充されないし、ちょっとなあ。

EOS M6

ただしこの外付け EVF のデザインだけはちょっと好き(笑
EVF は単品販売モデルはブラックのみですが、M6 のシルバーモデルの EVF セット販売(5,000 台限定)にはシルバーの EVF がついてくるそうです。

G-Technology

G-Technology ブースではおなじみサイカ先生の講演を聴いてきました。最前列かぶりつきで(笑
私はあまり動画撮ったり編集したりはしないんですが、業務系動画のトレンドや関連するストレージ機器の動向など、いつも勉強になります。

初日の講演ではダジャレやガンダムネタは極力封印していたようですが、その後の回ではどうだったんでしょうか...。

Peak Design Everyday Backpack 20L

毎年必ずチェックしている銀一取扱いブランドの合同ブースでは、Peak Design を重点的に見てきました。
以前から気になっていた Everyday Backpack、量販店に行っても在庫もなければ展示もないかガラスケース内のみという状態で、なかなか細かいところまで確認する機会がありません。

↑の写真は 20L モデルですが、これだと私の想定する使い方にはちょっと小さいかなあ。20L というのは「最大限に拡張した状態での容量」であり、写真のとおり最もコンパクトにした状態では 12L にすぎません。ノート PC とミラーレスカメラ+交換レンズ 2~3 本という使い方ならこれで十分だと思いますが。

Peak Design Everyday Backpack 30L

で、こちらが 30L モデル。20L のシュッとした格好良さが少し損なわれてはしまうものの、個人的にはこれくらいのサイズがしっくりくる。最小容量時で 18L 入り、最大限に拡張すると 30L まで増やせます。
私は休日のガチ撮影用兼出張バッグを想定しているので 40L モデルを作ってほしいくらいですが(一応その要望は伝えてきた)、それって「Everyday」のコンセプトとずれちゃうような気もしています。

ちなみに会場では本国から来たスタッフらしき人がブラウン系の「ヘリテージタン」カラーのバックパックを背負ってて「お、それいいやん!」と思ったんですが、試作してみたけど結局商品化はとりやめたカラーらしいです。残念。

なお、現時点ではかなり入手困難な Everyday シリーズ、4 月頃には潤沢にとは言わないまでもある程度の国内入荷があるそうで、そのタイミングを狙ってみるのが良さそうです。春になるとカバン欲しくなるよねー(お約束

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

フォクトレンダーブースでは、未発売の新レンズを試すことができました。
こちらは NOKTON 40mm F1.2。E マウント向けでボディと電子連動できるのがポイント。

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

試写 OK とのことで、絞り開放で撮ってみました。
ピント面はシャープなのに NOKTON らしいナチュラルなボケで、被写体が浮き上がってくる感覚がとても良い。

M マウント版の NOKTON classic 40mm F1.4 を持っている身としてはさらに明るくて E マウントネイティブというのがちょっと羨ましいけど、M マウント版はクロスフォーカスアダプタでマクロ撮影にも対応できるんだから悔しくないもん!(悔し紛れ

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

それから MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical。こちらも E マウント版。

フォクトレンダーといえば昔ながらのレンズ構成を守ることで味のある描写が得られるレンズというイメージがありましたが、この MACRO APO-LANTHAR は「高性能レンズ」として開発しているそうです。
しかもマクロ対応でありながら F2。スペック的にもかなり意欲的なレンズであることが分かります。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

試しに撮ってみました。
絞り開放だとピントが非常に浅く、自分の身体の揺れだけでフォーカスがずれてしまうレベル。しかしながら E マウントボディと電子連動することで、α7 II シリーズや α6500 のボディ内手ブレ補正を利用することができ、少なくとも手ブレに関してはある程度抑えることが可能。これによって F2 のマクロレンズとしては扱いやすいものになりそうです。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

ピント周辺をピクセル等倍してみました(画像をクリックすることで等倍画像が表示されます)。
このシャープさ、にも関わらずボケはフォクトレンダーらしくナチュラル。65mm という焦点距離も、フルサイズでは 50mm マクロはちょっと広いかなという被写体にはちょうど良いし、APS-C で使えばほぼ 100mm マクロとして使えるしでかなり重宝しそう。15 万円クラスになりそうな価格帯だけがネックですが、これは発売が楽しみなレンズです。

CP+ レポートは以上です。
今年はイベントとしてやや盛り上がりに欠ける感がありましたが、業界自体の先行きが不安視される中、来年の CP+ はどうなっちゃうんだろう...という心配も感じました。カメラ業界そのものは 2020 年の東京オリンピックに向けてまた製品開発を続けていくことでしょうが、CP+ は「アジア最大の写真関連イベント」としての存在感をどこまで維持できるのか。CEATEC の変遷を見ると CP+ にもあまり明るい未来は期待できないようにも思えますが、さて。

投稿者 B : 21:00 | Camera | Camera Accessory | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2017/01/11 (Wed.)

Peak Design のカメラバックパックが気になる

デジカメアイテム丼:カメラ+PC機材に便利な多機能バックパック - デジカメ Watch

デジカメ Watch に Peak Design の「Everyday Backpack」のレビューが掲載されています。プロカメラマンではなく撮影から執筆までこなすデジタルライター小山安博氏による自腹レビューということで、似たような構成の荷物を持ち歩くことが多い&カメラバッグ然としすぎていないデザインが好みな私としてはとても参考になります。

最近バックパック派な私は、カメラ用リュックとして HAGLÖFS CORKERミレーのターン 25 フォトを絶賛愛用中なわけですが、1~2 泊の出張バッグを兼用できるリュックが欲しいと思っているところでした。CORKER はこれより大きいサイズでも 20L 止まりだし、ターン 25 は PC の持ち運びに向いていないので「PC が持ち運べて 30L 前後のカメラ対応リュック」という点で、この Everyday Backpack の 30L 版はかなり良さそうなんですよね。

Everyday Backpack の良さげなところは、

  • 15inch までのノート PC とタブレットを収納できるポケットがある
  • サイドオープンタイプである(CORKER がこのタイプですが、リュックを下ろさずに荷物が出し入れできるのですごく便利)
  • カメラ機材用の仕切りの配置自由度が高い
  • 容量が可変で中身が少ないときにはスリムにできる(逆にいっぱい入れると不格好になるが...)
  • カメラバッグっぽくないシュッとしたデザイン
なところ。デメリットは、最近周囲で Peak Design ユーザーが増えてきているので、誰かと撮影に出かけた際にアーバンディスガイズやミリオンダラーのようにお揃い事案が発生しやすそう、ということでしょうか(笑

けっこういい値段がするのですぐに買うことはないと思いますが、いいなあこれ。
誰かとかぶる前に先に買ってしまって牽制するのがいいのか、あるいは先に買うと触発されて同じの買われるリスクの方が高いのか、悩ましいところ(たぶん後者)。

Peak Design / Everyday Backpack 30L

B01M6C2Z91

投稿者 B : 21:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2016/10/28 (Fri.)

SIGMA MC-11 Ver.1.02

シグマ、マウントコンバーターMC-11をアップデート - デジカメ Watch

シグマが E マウントアダプタ「MC-11」のファームウェアアップデートを提供開始しました。

基本的には今度発売される三本の [Art] レンズへの対応が主なアップデートですが、それ以外にも

  • カメラの電源投入から撮影開始までのタイムラグ短縮
  • 非対応レンズ(旧型シグマレンズやキヤノン製レンズなど)で手ブレ補正機能搭載レンズ使用時に、ボディ側の手ブレ補正を自動オフにする仕様に変更
  • キヤノン製レンズの AF 精度向上
  • シグマ 24-105/F4 [Art] の歪曲収差補正に関する不具合修正
と、変更点は多岐にわたります。 前回のアップデートも非対応レンズ向けの動作改善を主目的としたアップデートだったけど、今回もアップデート内容の半分は非対応レンズ向け、という(笑。MC-11 は表向きは SIGMA GLOBAL VISION コンセプトのレンズを E マウントで使うためのアダプタという位置づけですが、実際には EF レンズをつけて使ってしまうユーザーがかなり多いことがよく分かります。

SIGMA MC-11

ともあれ、私もアップデートしてみました。

手ブレ補正に関する修正は、確かに EF24-70/F4L などの非保証レンズをつけると、α7 II 側のボディ内手ブレ補正設定が自動的にオフに変更されました(手ブレ補正非搭載レンズに付け替えるとオンに戻る)。おそらく、SGV レンズであれば MC-11 が仲介することでボディ内とレンズ内の手ブレ補正が協調動作できるのが、非保証レンズでは MC-11 がレンズデータを持っていないため、過補正などの問題が出るケースがあったのだと思われます。
肝心のキヤノンレンズの AF 精度向上は、厳密にファームアップ前後で比較してみていないのでよく分かりません(笑。位相差+コントラスト両方使える SGV レンズ+MC-11 の組み合わせとは違い、EF レンズ使用時にはファームアップ後であっても位相差 AF しか使わないため、SGV レンズや E マウント純正レンズほどの精度は出ていないと思われますが、それでも従来よりは歩留まりは上がっているようにも感じます。

いずれにせよ、自ら「動作保証外のレンズ」と言っておきながらこまごま改善を入れてくるシグマのツンデレぶりがかわいい(笑。ま、α で EF レンズを使う目的で MC-11 を買って、そこからシグマレンズも買ってほしいという撒き餌的な位置づけのアダプタだとは思いますが、それにしてもマメですよね...。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 21:02 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/10/03 (Mon.)

JETGLIDE 3 速写ストラップ

EOS 5D3 用に買った速写ストラップ JETGLIDE 2 がとても気に入ったので、7D2 用にも購入しました。

FULLCLIP × MemoGraph / JETGLIDE 3 (フォレッジグリーン×ネイビー)

JETGLIDE 3

5D3 用は 38mm 幅の JETGLIDE 2 でしたが、7D2 は重量級のレンズを使うことがほとんどなので幅広 50mm の JETGLIDE 3 にしてみました。なんと耐荷重 50kg ですよ!これがあればシグマ 200-500mm F2.8 も手持ちでいける(買いません

カラーはフォレッジグリーン×ネイビーを選択。TPO を選ばず使いたい 5D3 と違って、7D2 はほぼスポーツ&アウトドア専用にしているので、アウトドア感の強いこの色味がよく似合う。

JETGLIDE 3

JETGLIDE シリーズ特有の、両側がスライド可能かつタブ+コントロールコードで長さ調整が容易な点は「3」でも同じ。しかしストラップ幅 50mm でより重量級の機材を想定しているのか「2」よりも大きなバックルを採用していて、「2」と「3」でストラップの互換性はありません。まあつけっぱなしで使うつもりだから問題ありませんが。

JETGLIDE 3

ぶっとい 50mm のストラップは首や肩に掛かる重力をうまく分散してくれて、JETGLIDE 2 よりも負担が少ない感じ。70-200mm 級のレンズも全然余裕です。

JETGLIDE 3

なお、JETGLIDE 3 では「2」では別売オプション扱いだったショートストラップが標準添付されてきます。幅 25mm・長さ 170mm のストラップで、カメラバッグにしまっている間はロングストラップだと邪魔になるような場合でもコンパクトに収まります。ロングストラップとバックルの互換性があり、ワンタッチで付け替えが可能。ただしいちいち付け替えるのも面倒だし、ショートストラップは首掛けするには長さが足りないので、私はこれはほとんど使わないだろうなあ。

JETGLIDE 3

7D2+バッテリグリップ+50-500OS という私のスポーツ/野鳥撮影セットを支えてくれる心強いストラップ。今まで使っていたものよりも少し軽く感じます。
ちょうどこれからスポーツイベントも増えるシーズンだし、野鳥撮影の季節も近づいてきたので、このストラップでさらに機動力を上げて臨みたいと思います。

FULLCLIP × MemoGraph / JETGLIDE 3

B01ET1IPA2

投稿者 B : 23:33 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/09/07 (Wed.)

JETGLIDE 2 速写ストラップ

明日はいよいよ EOS 5D Mark IV の発売日ですね。でも私は先立つものがないので(´д`)、とりあえず Mark III のまま気分だけリフレッシュしようと思ってストラップを買い換えてみました。

今まで使っていたのは長年愛用してきた CRUMPLER の「The Industry Disgrace」。しかし最近は好みが変わって CRUMPLER のカメラバッグはもう使っておらず、ストラップだけ CRUMPLER っていうのもなあ、と思っていました。しかもこのストラップ、クッション性が高いのと引き替えに嵩張るんですよね。
ミラーレスの方で愛用しているアルチのイージースライダーが気に入っているので、速写ストラップ系で今度は Peak Design を買ってみようかとも思っていたんですが、最近周りで Peak Design ユーザーが増えてきて私は逆に違うのにしたくなり(笑)そういうときに出会ったのが、このストラップ。

FULLCLIP × MemoGraph / JETGLIDE 2 (ブラック×ブラック)

JETGLIDE 2

日本のバッグメーカーである FULLCLIP と、フォトブックやカメラグッズを手がける MemoGraph(メモグラ)がコラボで開発した速写系ストラップ。従来の速写ストラップをよく研究して不満点のなさそうな作りになっていたことと、渋めのカラーバリエーションの豊富さが気に入って購入しました。といっても選んだのはブラック×ブラックですが(ぉ

JETGLIDE 2

JETGLIDE 2 が他の速写ストラップと違うのは、以下のポイント。人によって/シチュエーションによっていかようにも取り回せて、使い勝手が良いです。

  1. ストラップの両側で長さ調整が可能
  2. 長さはタブ+コントロールコードを使って調整。タブとコードはそれぞれ取り外しも可能
  3. ストラップはバックルで留まっていて取り外しが可能。ショートストラップ(別売)との交換も可能

またストラップは丈夫なシートベルト素材と本革のコンビ。バックル等のプラスチックパーツは YKK、コードエンドはニフコという日本製パーツを使って国内で製造。縫製も細かいところまで丁寧に仕上げられていて、作りの良さを感じます。

JETGLIDE 2

今までありそうでなかった、両側で長さ調整が可能なスライド機構。片側にしか付いていないと、いつもと違う向きで斜め掛けしたときに長さ調整ができず不便だったんですよね。また長さ調整にコントロールコードを採用している点も、他の速写ストラップで使われている D カンより軽い力で調整することができて扱いやすいです。

↑公式の使用イメージ動画。使い方は他の速写ストラップとよく似ていますが、伸縮のスムーズさは他社製品より良いと思います。

JETGLIDE 2

ストラップ脱着用のバックルはしっかりしていて不意に外れるようなことはなさそうですが、ネット販売限定で別売のベルクロ製バックルカバーが付属していました。私は今回交換用のショートストラップは買わなかったので、とりあえず脱落防止にこれをつけておくことにします。

JETGLIDE 2

質感も作りも良いし、気に入りました。あまり名の知れたブランドではありませんが、これ今まで試してきた速写系ストラップの中では一番よくできているんじゃないでしょうか。今のところ他の誰かとかぶる心配が少ない、というのもいい(笑。7D Mark II のほうもこれにしてしまおうかな。

FULLCLIP × MemoGraph / JETGLIDE 2

B01ET1IICW

投稿者 B : 22:22 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/08/02 (Tue.)

エレコムの SD/microSD カードケース

写真を撮りに行くときとか、旅行用の SD カードケースにはだいぶ前からこれを愛用しています。

エレコム / メモリカードケース CMC-SDCPPPU (ブルーバード)

ELECOM CMC-SDCPPPU

もういつ買ったのか忘れてしまったくらい以前から使っているものです。
あまりにもシンプルで書くことがないので今までネタにしていませんでしたが(笑)、「シンプルイズベスト」を形にしたかのようなカードケース。

ELECOM CMC-SDCPPPU

蓋を開くと 4 つのスロットに SD カードが差し込めるようになっています。
本当は microSD カードホルダーがついていて、SD カードだけでなく microSD も収納できるようになっていたんですが、microSD の予備を持ち歩くことは少ないし、機会があっても microSD-SD カードアダプタで代用できるので、ホルダーは捨てました(笑

あとはシンクタンクフォトのアーバンディスガイズについてきたカードケースもなかなか使い勝手が良く、CF も持ち歩きたいときにはこちらを使っています。

でもメモリカードケースに関してはですね、ここしばらく悩んでいたことがありまして。

今年の CP+ G-Technology ブースでのサイカ先生の講演で「重要な撮影データを持ち帰らなくてはならないのに、防水対応のメモリカードケースを使わないなんてあり得ないですよね」という話を聞いて以来、上記のカードケースしか使っていなかった私としては、妙に悔しくて(笑。でも防水のメモリカードケース自体選択肢があまりにも少ないし、以前から気になっていた PELICAN のカードケースはモノはいいけどさすがに高価いし...と二の足を踏んでいる状況でした。

そこでご本人に聞いてみたところ、「防水のメモリカードケースは本当に水辺での撮影があるときには使っているけど、普段は普通のカードケースをジップロックに入れてます」とのこと。
えー、けっこう真面目に探していた私はどうしたら(;´Д`)ヾ。まあ、サイカ先生のように撮影現場で某助手が買ったばかりの RX10 II を水没(しかも海水)させてお釈迦にしてしまうような使い方はまずしないし、私も今のカードケース+ジップロックでいいか(ぉ。

でも、それはそれとして振り上げた拳をどこかに下ろさなくては気が済まなかったので(ぉ)、先生のエントリーに触発されて、私も保存用のカードケースを買ってきました。

エレコム / メモリカードケース CMC-SDCPP24BK (ブラック)

ELECOM CMC-SDCPP24BK

SD カードはなんだかんだで 20 枚くらい持っていますが、全部が全部いつも使っているわけではないので、使用頻度が低いものを保管するためのケースです。今までは普通に机の引き出しのトレイに入れてましたが、何かの拍子に持ち出したときにどこにしまったか分からなくなりがちなので、ここを定位置にしようかと。
サイカ先生は 18 枚(+microSD 18 枚)入りを買っていましたが、私は 12 枚(+microSD 12 枚)入りでとりあえずは良いかな。

ただ、デザインがあまりにもシンプルすぎて間が持たない印象だったので、CP+ のときにノベルティでもらってきたシンクタンクフォトのロゴ入りステッカーを貼ってみました。

ELECOM CMC-SDCPP24BK

SD と microSD を二階建てで収納する構造はよく考えられていますが、これ頻繁に使う用途だと却って使いづらいので、保管用だからこその仕組みだと思います。

改めて手持ちの SD を入れてみたら、microSD はともかく SD のほうは既にいっぱいいっぱいでした。今後 SD を買い増したらケースも買い増さなくてはなりませんが、まあ 2~4GB 程度のものはもう使い道もないし、小容量のカードは今後入れ替えていく方針でもいいかな。

エレコム / メモリカードケース CMC-SDCPP24BK (ブラック)

B00HY6S5QY

投稿者 B : 22:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/07/27 (Wed.)

α7 II と TECHART TA-GA3

ここのところヘビー級のレンズばかり使っていたので、反動で軽い機材で身軽に楽しみたい自分がいます。

ちょっと前までなら E マウントでは CONTAX G レンズをよく使っていましたが、そういえば α7 II に買い換えてからあまり使ってない。シグマとかキヤノンとかツァイスのヘビー級レンズが E マウントで快適に使えるようになったのが理由なわけですが。
でも、CONTAX G レンズだってアダプタ経由で AF が使えるんだったよなあ、と思ってつけてみたところ、

α7 II

α7 II と TA-GA3 との組み合わせでは AF がまともに合焦しない。α7R や α7S なら普通に使えるのに。
何でだろう...?と逡巡してみたところ、以前シグマ MC-11 と非対応レンズのテストをしたときのことを思い出しました。

設定画面を確認してみたら、案の定。

α7 II(と α7R II)では、ネイティブ E マウントレンズや MC-11+対応レンズの組み合わせではファストハイブリッド AF(像面位相差 AF+コントラスト AF)が使えますが、それ以外のレンズの場合は位相差 AF かコントラスト AF かのどちらかしか使えません。で、デフォルトは位相差 AF が有効になっています。
でも位相差 AF でまともに使えるのは、せいぜい超音波モーターを搭載したレンズだけ。CONTAX G レンズはそもそもモーター非搭載で、TA-GA3 に内蔵された DC モーターで強引に AF 駆動しているだけなので、位相差 AF でまともに動作するはずがありませんでした。で、ここの設定を「コントラスト AF」に変更してやると、旧 α7 と同様に AF が使用できました。α7 では対応レンズ以外では強制的にコントラスト AF を使わせる仕様だったのが、α7 II になって選択式になったことで発生したトラブルだったようです。

まあ、TA-GA3 は AF ができるからラクだけど、動作が緩慢なので MF したほうが実際早かったりはするんですよね。ジコジコうるさい欠点もあるし、ボディの設定をコントラスト AF にしてしまうと他の非ネイティブレンズを使ったときに AF が遅くなるし、α7 II で CONTAX G レンズを使うなら MF 系のマウントアダプタのほうが総合的にみて良いように思います。

TECHART / TA-GA3

B00KVHSDGK

投稿者 B : 23:37 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/25 (Wed.)

大きめのブツ撮り用バックスクリーンを購入

先日『ガンダム THE ORIGIN III』のプレミア上映会に行った際に、クマデジさんと「スタジオボックスに入りきらない物のブツ撮りってどうしてる?」という話をしていました。
そうそう、私はハクバの 45cm 幅のスタジオボックスを使ってますが、ちょっと大きめのブツ撮りには足りないんですよね。そういうときは諦めて室内背景で撮るか画像処理で強引にバックスクリーンを伸ばすか(笑)していたんですが、そういえばもうちょっと幅広のバックスクリーンが欲しいと思ってたんだった、と思い出してヨドバシで買ってきました。

エツミ / ドームスタジオ用バックスクリーン L 用 E-1576

エツミ E-1576

エツミのドームスタジオ用バックスクリーンです。スタジオボックスって組み立てや片付けが面倒なので、普段のブツ撮りではボックスを出さずにバックスクリーン+デスクライト二灯で撮ってしまうことがほとんど。なので、このサイズのスタジオボックスは持ってませんが、バックスクリーンだけ単品で買ってきました。

エツミ E-1576

スクリーンのサイズは 79×126cm。今まで使っていたハクバの 45cm 品と比べると、幅は 1.5 倍以上あります。これならかなりいろんな物のブツ撮りに使えます。
グレー面の色合いはハクバよりもかなり濃いけど、ハクバのグレーはかなり明るくて青みがかっているので、エツミのほうが(ちゃんと測ってないけど)50% グレーに近い。

一点想定外だったのは、巻いたときに芯になる面ファスナーの部分が、ハクバよりもかなり軟らかいこと。ハクバはシワにならずにきれいに巻けるのに、エツミは微妙にシワになる感じ。撮影時にシワを伸ばしてやらないといけないのは微妙にめんどくさい。

エツミ E-1576

ブツ撮り時の色味はこんな感じ。昼白色蛍光灯の照明下で、α6000 のホワイトバランス蛍光灯:昼白色設定での JPEG 撮って出しです。
今まではどうしても背景色が青~紫方向に寄っていたのが素直な発色になりました。ただ、よーく見るとバックスクリーンの微妙なシワが背景のムラになって見えるので、やっぱり撮影時は気をつける必要があります。

エツミ E-1576

ホワイト面でも撮影してみました。グレー面がけっこう暗めなので、私はホワイトを使う機会のほうが多くなるでしょうね。ホワイト面のほうが、幕面のシワも気になりにくいように思います。

スタジオボックスは使わないまでもバックスクリーンだけでもブツ撮りの見栄えはずいぶん違うので、ブツ撮りが多い人にはこれオススメです。

エツミ / ドームスタジオ用バックスクリーン L 用 E-1576

B001GTU220

投稿者 B : 23:15 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/19 (Thu.)

SanDisk Extreme CF 64GB

久しぶりにコンパクトフラッシュを買い増しました。

SanDisk Extreme CF 64GB SDCFXSB-064G-G46

SanDisk Extreme CF 64GB

最近は EOS 5D/7D クラスでも CF/SD のデュアルスロット搭載が標準になってきて、安価な SD で済ますことも多くなってきました。SD だとさらに撮った画像をその場で RX100 III からスマホに送れたりもして、便利なんですよね(RX100 III をカメラとしてではなく Wi-Fi 送信機として使う贅沢な使用法)。そのため CF は予備スロットとしてカードを入れっぱなしにしておき、SD が一杯になったり万が一 SD を忘れたりしても大丈夫、という感じで使っています。
しかし先日モトクロスの撮影に行った際に、持って行った高速な SD カードも CF も満杯になるという事態が発生してしまい、途中から UHS-I 非対応 SD を使っていたんですが、まあ書き込みが遅くて(´д`)。やっぱりスポーツ撮影用に高速な CF を一枚持っておこうと思って購入。

今の Extreme CF って公称スペックが 120MB/s まで行ってるんですね(ちなみに最上位モデルの Extreme PRO だと 160MB/s)。手持ちの CF で一番速いのは 60MB/s 品なので、その間かなり世代を重ねていることになります。

SanDisk Extreme CF 64GB

ラベルはゴールド。以前買った Extreme PLUS SDXC 64GB はつや消しゴールドでしたが、この CF はつやありでした。PLUS と無印で違うのかな...。

まあ、とりあえずいつものベンチマークを。CrystalDiskMark 4.0.3 で手持ちの CF/SD の中でも速いものと比較してみました。

メディア Extreme
CF (120MB/s)
Extreme PLUS
SDXC (80MB/s)
Extreme
CF (60MB/s)
Sequential Read (Q= 32,T= 1) 142.417 MB/s 92.197 MB/s 81.579 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) 74.949 MB/s 61.291 MB/s 36.102 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) 5.617 MB/s 6.135 MB/s 3.915 MB/s
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) 0.838 MB/s 2.335 MB/s 1.473 MB/s
Sequential Read (T= 1) 139.472 MB/s 90.594 MB/s 78.438 MB/s
Sequential Write (T= 1) 66.047 MB/s 61.029 MB/s 43.621 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) 4.258 MB/s 5.790 MB/s 3.896 MB/s
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) 0.778 MB/s 2.300 MB/s 1.496 MB/s

Sequential Read の実測値が公称値よりも高いのはいつも通り。Extreme PLUS SDXC の 1.5 倍近く、手持ちのメディアの中では当然最速になりました。

まあ大事なのは PC 上でのベンチよりも、実際の撮影で使ったときの記録速度。今回も EOS 7D Mark II を使って計測してみました。
10 コマ/秒連写が息切れ(コマ数が落ちる)するまでの枚数と、息切れも含め 30 秒間に撮影できる枚数を計測。カメラ設定は RAW+JPEG Large/Fine 記録で、マニュアル露出・ISO100・シャッタースピード 1/8000 秒、高速連写モードにてテスト。

メディア Extreme
CF (120MB/s)
Extreme PLUS
SDXC (80MB/s)
Extreme
CF (60MB/s)
EOS 7D Mark II
10 コマ/秒連続撮影枚数
21 枚 21 枚 20 枚
EOS 7D Mark II
30 秒間の連続撮影枚数
113 枚 93 枚 99 枚

となりました。
まあ連続撮影枚数は外部メディアの速度よりも内蔵バッファのアクセススピードに依存するところが大きいので、メディアによってあまり差は出ないところではあります(キヤノンによる公称値は約 18 枚)。
30 秒間の連続撮影枚数のほうが外部メディアの速度による差が出やすい部分。こちらは CF 同士で比較すると 60MB/s 品よりは確かに速いものの、メディア自体の実力差ほどは差が出ていないことから、EOS 7D2 の CF スロットの転送速度がボトルネックになっているんだと思います。また、7D2 のスロットは SD よりも CF のほうが速いだろうと思っていましたが、改めてそれを裏付ける結果となりました。

これでそれなりに速い CF 64GB+SD 64GB(あとは波の速度の CF と SD がたくさん)という手持ちになったので、たいていのスポーツ撮影はしばらく困らないかな。

SanDisk Extreme CF 64GB SDCFXSB-064G-G46

B00NUB2RPW

投稿者 B : 22:46 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/14 (Sat.)

SIGMA MC-11 Ver.1.01

昨日、突如としてシグマから MC-11 の更新版ファームウェアが公開されました。 

SIGMA Optimization Pro

GW 前の山木社長のツイートで予告されていた機能改善ですが、発売からたった 3 週間でのアップデート対応。しかもその間 GW を挟んでいますからね...。もしかすると発売前にシグマ社内で把握していた問題だったのかもしれませんが、それにしても保証外レンズでの機能改善を主眼としたファームアップをこんなに早く対応してくるとは、恐れ入りました。
アップデートプログラム内に記載されていた修正内容は以下のとおり。

SIGMA MC-11 Ver.1.01

本当に非保証レンズでの挙動改善だけのためのアップデートという(笑。
アップデート作業は単体の実行ファイルで実施するのかと思ったら、USB DOCK と同様に SGV レンズ設定用アプリ「SIGMA Optimization Pro」で行います。

SIGMA Optimization Pro

アップデート後のファームウェアバージョンは 1.01。

私はここまで MC-11 はテスト以外はほぼシグマレンズをメインに使っていたのと、非純正アダプタではあまり連写を使うような撮り方をしていないので、特に不都合を感じたことがありませんでした。
なので、このあたりはシグマ三銃士(笑)の一人・foxfoto さんが比較検証されているので、そちらをどうぞ(丸投げ

個人的には「コシナツァイス ZE マウントレンズを使って絞り開放以外で撮影すると、絞りが戻せなくなる問題」が解決されたというのがポイント。ずっと欲しかった ZE マウントレンズが改めて欲しくなっちゃうじゃないの...。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 23:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/11 (Wed.)

SIGMA MC-11 レビューのまとめ

シグマ MC-11 のレビューですが、ある程度特性が見えてきたので、ここまでで分かったことをまとめておきます。

SIGMA MC-11

MC-11 は原則としてシグマ製の MC-11 対応レンズ(SGV:SIGMA GLOBAL VISION コンセプトに基づく EF/SA マウントレンズ)を E マウントで試用するためのマウントアダプタであり、それ以外のレンズに関しては動作保証されていません。が、非対応レンズでも多少の制限はありながらもそれなりに使えてしまいます。
これまでのテストで判ったことは、以下の通り。

■マウントアダプタの作りについて

  • シグマのレンズと同様の基準で作られていて、精度・質感ともに高い。レンズの着脱も手持ちのほとんどのレンズとの組み合わせにおいてスムーズ
  • PC 接続用の USB 端子が独自形状なのがややマイナス

■対応レンズでの使用について

  • 純正 E マウントレンズと比較するとさすがに劣るものの、実用的な速さで AF が可能
  • 実絞りでの使用になるため、絞りは開いた方が AF は速い

■組み合わせるボディについて

  • 必ずしも最新の AF システムが搭載されたボディ(α7 II など)ならば速いというわけではない(他社製アダプタではボディ側の AF システムが新しい方が速い)
  • AF 速度は AF システムだけでなく、センササイズや画素数にも依存
  • いずれにしても、少なくとも NEX-5R 以降のボディと対応レンズの組み合わせであれば、実用的な速度で AF が使用可能

■非対応レンズでの使用について

  • α7 II 以降の像面位相差 AF センサ搭載ボディとの組み合わせであれば、非対応レンズであっても対応レンズと遜色ない速さで AF 可能
  • ただし AF は像面位相差 AF センサのみを使用する(コントラスト AF は併用しない)ため、対応レンズに比べて AF 精度は若干落ちる
  • 初代 α7・α6000 以前の像面位相差センサ搭載ボディ、およびコントラスト AF 専用ボディでは、AF は遅い(KIPON 等とほぼ同等)
  • また、組み合わせるレンズによっては絞り制御等が正常に動作しない場合がある

■他社製マウントアダプタと比べて(KIPON EF-S/E AF 比)

  • 他社製アダプタは像面位相差 AF(α7 II 世代以降)またはコントラスト AF しか使用できないのに対して、MC-11 はファストハイブリッド AF が使用可能(対応レンズ使用時)
  • ゆえに他社製アダプタとの比較では AF 精度・速度ともに同等以上
  • 非対応レンズ使用時においても、MC-11 はレンズとの相性問題が少なく、安定的に使用可能
  • ただし、コントラスト AF しか使用できないボディを使った場合は、他社製マウントアダプタと大差ない実力(AF は使い物にならない)

こんな感じでしょうか。
以上の状況から、MC-11 を買うべき人と他社アダプタでも十分な人は、以下のように分類できると思います。

■MC-11 を買うべき人

  • EF/SA マウントの SGV レンズを持っている、または買う予定がある E マウントユーザー
  • ISO400 以上で撮るためのボディを買い増したい SD1/sd Quattro ユーザー

■MC-11 を買う必要がない(他社アダプタでもいい)人

  • MC-11 非対応の EF マウントレンズを α7 II 以降の像面位相差 AF センサ搭載ボディとの組み合わせで使いたい人(SGV レンズを買う予定のない人)

■MC-11 を買わないほうがいい人

  • MC-11 非対応の EF マウントレンズを α7・α6000 以前の像面位相差センサ搭載ボディ、およびコントラスト AF 専用ボディで使いたい人(MC-11 だろうと他社アダプタだろうと AF は遅いので、実用に堪えない)

というわけで、「E マウントボディで SGV レンズの性能を最大限発揮するためのアダプタ」という本来の趣旨を改めて確認した格好になりました。SGV レンズ限定とはいえ、LA-EA3 を含め他社アダプタでまともに動いていない像面位相差 AF をちゃんと動作させている MC-11 はすごい。
あと、シグマ製 EF マウントレンズを一本も持ってない α6000 ユーザーの人は、予約キャンセルして正解だったと思います(笑。

シグマ以外の EF マウントレンズと α7 II 以降のボディを持っている人であれば他社アダプタでも実用的に使えるのは事実ですが、MC-11 のほうが全体的な動作安定性が高いことと、シグマ山木社長の以下のツイートにあるとおり今後のファームアップでさらに動作改善される見込みであることから、これから EF-αE マウントアダプタを買うのであれば、MC-11 が最良の選択肢である可能性が高いと言えるでしょう。

実際に非シグマユーザーでも MC-11 を使って EF レンズを α で使いたい、という人は少なくないはずなので、シグマとしては商売的な面でも(動作保証外でありながらも)こういう小回りをきかせるメリットは少なくないと言えます。でもそういう側面を差し置いても、真っ先に新製品を手にしたユーザーの声に耳を傾け、こうして対処していく姿勢には好感が持てます。つかこういうことされたらツァイスの ZE マウントレンズも欲しくなるやないかーい(汗

今後も MC-11 の継続的なアップデート、期待しています。個人的には次は α7 II で使うために 85mm F1.4 をリニューアルしてほしいなあ。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

■関連リンク
SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11
SIGMA MC-11 レンズによる AF 速度の差を比較
SIGMA MC-11 ボディによる AF 速度の差を比較
SIGMA MC-11 他社アダプタとの AF 速度の差を比較

投稿者 B : 23:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/10 (Tue.)

SIGMA MC-11 他社アダプタとの AF 速度の差を比較

シグマ MC-11 のレビューを続けていきます。

SIGMA MC-11

AF が使える EF-αE マウントアダプタとしてはシグマ MC-11 は今のところ最後発にあたります。私はその前に KIPON EF-S/E AF を手に入れていたので、やはりアダプタによる AF 性能の差というのは気になります。今まで使ってみた体感的には KIPON よりも MC-11 のほうが速くて怪しい挙動も少ない。そこで改めてボディとレンズを揃えて、マウントアダプタによる差だけを比べてみることにしました。

ボディは α7 II、レンズはシグマの MC-11 対応レンズから [Art] 50/F1.4 および 35/F1.4、キヤノンから EF24-70/F4L(USM レンズ代表)と EF40/F2.8(STM レンズ代表)。これまでと同じ条件でテスト撮影し、(ピントが外れたカットを除外して)5 回の平均値を示したのが次の一覧です。

マウントアダプタ/レンズSIGMA MC-11 EF-EKIPON EF-S/E AF
SIGMA [Art] 35/F1.4 DG HSM0.820 1.486
SIGMA [Art] 50/F1.4 DG HSM0.837 0.749
Canon EF24-70/F4L IS USM0.762 1.748
Canon EF40/F2.8 STM0.593 0.429

KIPON のほうは使うレンズによって得手不得手ありますが、MC-11 のほうは満遍なくスピードが出ています。KIPON のほうが速いレンズもあるものの、その差は微々たるもの。MC-11 のほうが安定感があります。 またフォーカスのヒット率に関しては、MC-11 では非対応レンズ(キヤノンレンズ)を使うと若干精度が落ちますが、KIPON は(当然ながら)シグマレンズもキヤノンレンズも同様にハズレあり。ハイブリッド AF が有効になる MC-11+対応レンズ以外の組み合わせでは、やはりいずれもヒット率が下がるようです。さらには KIPON のほうは EF40mm STM を使うと合焦せずにピント付近でウォブリング(細かく前後に行ったり来たりする挙動)を繰り返すことも何度かあり、やや不安定な印象で、全体的に MC-11 に軍配が上がります。 それでも、MC-11 を購入するまでは KIPON でも広角~標準域ならば使い物になると感じていたので、MC-11 はさらに良いという話ですが。

望遠レンズはテストのしようがなく(リモートレリーズのケーブル長が足りず)計測はしていませんが、シグマ APO 50-500/F4.5-6.3 OS と EF70-200/F4L で試してみたところ、いずれも MC-11 のほうが速度、精度ともに上。というか KIPON のほうだと望遠はピントが合わないことが多かったり、手ブレ補正の誤作動で逆にブレが大きくなったり、とちょっと使い物になりません。対して MC-11 のほうはスポーツ撮影は難しいでしょうが、非対応レンズでも静物や風景ならば普通に使えそうです。

あとはマウントアダプタの作りに関して。デザインや仕上げについても MC-11 のほうが丁寧だと思いますが、(個体差はあると思うけど)KIPON のほうは EF レンズならばスムーズに脱着ができるのにシグマレンズはキツいのに対して、MC-11 は EF レンズ・シグマレンズともにスムーズ。EF レンズよりシグマレンズの方がマウント付近のアソビが少ないということなのかもしれませんが、MC-11 はさすがにシグマレンズとのマッチングがいいですね。

AF 性能に関しては、KIPON ではなくファームアップがまともに行われている METABONES や TECHART のアダプタであれば、もう少し MC-11 との差は縮まるかもしれません。でも KIPON の現バージョンとの比較においては、今から買うなら MC-11 一択と言えそうです。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 22:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/04 (Wed.)

SIGMA MC-11 ボディによる AF 速度の差を比較

シグマ MC-11、レンズによる AF 速度比較に続いて、ボディによる AF 速度の差も比べてみました。

SIGMA MC-11

CP+ での展示では、α7 II だけでなく α6000 や NEX-5R でも実用的な速度で動作していました。が、それでも KIPON EF-S/E AF なんかは初代 α7 と α7 II で明らかに AF 速度が違ったりするので、ボディ側のスペックによっても AF性能は変わる可能性は高いはず。なら手元にあるボディで一通り試してみよう、と以下のボディと MC-11 の組み合わせで、前回と同様のテストを実施してみました。

  • α7 II: フルサイズ/現行世代のファストハイブリッド AF
  • α7S: フルサイズ/コントラスト AF
  • α6000: APS-C/一世代前のファストハイブリッド AF
  • NEX-5R: APS-C/初代ファストハイブリッド AF
レンズはシグマの [Art] 35/F1.4 ならびに 50/F1.4、そして比較対象としてソニー純正の 55/F1.8 です。

ボディ/レンズα7 IIα7Sα6000NEX-5R
SIGMA [Art] 35/F1.4 DG HSM0.820 0.811 0.692 0.653
SIGMA [Art] 50/F1.4 DG HSM0.837 0.706 0.690 0.629
Sony FE 55/F1.8 ZA0.200 0.200 0.252 0.530

おお...。

この結果から言えるのは、AF センサやアルゴリズムが最新世代である α7 II が最速だろうという予想を裏切って、MC-11 との組み合わせであれば上記の E マウントボディいずれもほぼ同等の AF スピードを実現している、ということ。むしろ AF システムとしては少し古い α6000 や NEX-5R のほうが α7 II よりも速い、というのに驚きました。まあ AF 速度はセンササイズや画素数による影響も大きいので、APS-C 機が速くてもおかしくはありませんが。
逆に AF システムとの最適化が進んでいる純正 55/F1.8 は、ボディの世代が新しいほど AF も高速、というのはシグマと好対照に思えます。このあたりはさすが純正、といったところ。

また同じフルサイズセンサ同士でも、ファストハイブリッド AF な α7 II よりもコントラスト AF 専門な α7S のほうがやや速い、というのもちょっと意外。とはいえこの二機種では画素数が大きく違うので、α7S では画素数が低い分ピントを合わせやすい、という側面もあるでしょうが。

もちろん上記の性能差は計測条件に従い「無限遠から最短撮影距離付近に AF を合わせるテスト」によるものなので、実用上はもう少し差は縮まるでしょう。ともかく、今回のテスト結果から言えることは、MC-11 との組み合わせであれば、ほぼどのボディでも一定以上のスピードで AF ができる、ということだと思います。他社製アダプタはボディによって AF 性能の差が目立つだけに、これは MC-11 の大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 23:59 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/02 (Mon.)

SIGMA MC-11 レンズによる AF 速度の差を比較

購入したものの忙しくてじっくり試す時間が取れていませんでしたが、連休でようやく余裕ができたのでシグマ MC-11 をいろいろテストしてみています。

SIGMA MC-11

いろいろと確認したい項目はありますが、まずは「MC-11 で対応レンズを使ったときにネイティブ E マウントレンズとどれくらい AF 速度が違うのか」と「MC-11 でキヤノンレンズを使うとシグマレンズとどれくらい AF 速度が違うのか」の二点が最も気になるわけです。
そこで、実測テストをしてみました。比較対象のレンズは MC-11 対応レンズ代表としてシグマ [Art] 50/F1.4 DG HSM、キヤノンからは USM レンズ代表で EF24-70/F4L IS USM、STM レンズ代表として EF40/F2.8 STM。あとネイティブ E マウントレンズは Sonnar T* FE 55/F1.8 ZA。

SIGMA MC-11

テスト条件はこんな感じ↑でタブレットにストップウォッチアプリを表示させ、レンズを無限遠から 50cm 程度のところにあるこの画面に AF が合ってシャッターが切れるまでの時間を計測します。左手でストップウォッチを、右手でシャッターボタンを操作するので厳密ではありませんが、傾向は分かるかと。あとタブレット上のストップウォッチの表示は画面のリフレッシュレートに依存するのでたぶん 1/60 秒単位でしか測れてないと思います。
という前提で、5 回計測して平均値を取ってみました。

レンズ合焦時間(秒)
SIGMA [Art] 50/F1.4 DG HSM0.837
Canon EF24-70/F4L IS USM0.762
Canon EF40/F2.8 STM0.593
Sony FE 55/F1.8 ZA0.200

あれ...?正式対応しているはずの A50/F1.4、意外と遅い。むしろキヤノンレンズほうが速いくらい。まあ、焦点距離も開放 F 値も違うレンズの比較なので条件が違いすぎるというのはあるでしょう。A50/1.4 は大口径なぶん AF 駆動するレンズも重いですからね...。
いっぽう純正 E マウントレンズは恐ろしく速いですね。当然と言えば当然の結果ですが。

ただし、これは「最大デフォーカスから最短撮影距離付近までレンズを動かしてくる時間」なので、通常使用時はこの差は当然縮まります。無印 α7+他社アダプタの時代は AF ができてもピントが合うまでに 1~2 秒はかかっていたので、いずれにしても 1 秒未満という実力なら、スポーツ撮影以外であれば十分使い物になります。

それから、[Art] 35/F1.4 DG HSM についても、ファームウェア更新前(v1.01)と対応ファームウェア適用後(v1.03)でどういう差が出るか比べてみました。

レンズ合焦時間(秒)
SIGMA [Art] 35/F1.4 DG HSM(v1.01)0.663
SIGMA [Art] 35/F1.4 DG HSM(v1.03)0.820

...あれ?なんか遅くなってるんですけど(;´Д`)ヾ。

純正レンズでも対応ファーム適用前はキヤノンレンズをつけたのとほぼ同等の挙動になっているはずなので、キヤノンレンズ装着時の状態を見ながら原因を推測してみました。

SIGMA MC-11

非対応レンズ装着時は、設定メニュー内の「AF システム」の項目(α7 II 世代で追加された設定項目。旧 α7 や α6000 世代にはない)がアクティブになります。
ソニー純正 E マウントレンズ装着時や MC-11+対応レンズ装着時にはこの項目がグレーアウトされている(強制的にファストハイブリッド AF が有効になっている)のが、MC-11+非対応レンズではここが「位相差 AF」か「コントラスト AF」の選択式(デフォルトは位相差)になっているということは、原則としてネイティブ E マウントレンズ(と LA-EA1/3 経由の A マウントレンズ)でしかファストハイブリッド AF は使えない、ということだと思われます。

つまり、キヤノンレンズや非対応ファームのシグマレンズでは位相差 AF しか使っていないため AF の挙動が短く、逆に対応ファーム適用後のシグマレンズは AF の最終段でコントラスト AF による微調整が入っているために若干遅くなっている、ということでしょう。その証拠に、MC-11 非対応レンズは対応レンズと比べて AF のハズレ率が少し高くなっていて、対応ファームの恩恵は確かにあるんだなあ、と実感します。

SIGMA MC-11

なお、非対応レンズ(かつ AF システムを「位相差 AF」設定にした場合)は AF エリアが位相差センサ搭載エリアに限定されるため、α7 II では中央よりのエリアでしか AF が効きません。コントラスト AF に切り替えれば全面使えますが、そうすると今度は AF 速度が実用的ではなくなってしまいます。まあこれでも EOS 5D3 の AF エリアよりチョイ狭いくらいなので、十分使えますが。

最後に、「MC-11 使用時の測光方式は開放か絞り込みか」という質問をいただいたのでここで答えを書いておくと、

  • 対応レンズ装着時は絞り込み測光(ネイティブ E マウントレンズと同様)
  • 非対応レンズ装着時は開放測光
という挙動になっています。つまり MC-11 が装着されたレンズに応じて挙動を変えているわけです。E マウントボディを使う上では E マウントレンズ使用時と同じ動きをするほうが扱いやすいけど、MC-11 の先につけるレンズを純正だったり EF だったり使い分けている私のようなユーザーには、むしろ紛らわしい気がしなくもない(´д`)。

他にもいくつか検証したい項目があるので、このシリーズ、続きます。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 23:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/05/01 (Sun.)

Sony RM-VPR1

シグマ MC-11 を買ったものの、いろいろテストするのにケーブルレリーズがあったほうがいいな、と思って買ってきました。

ソニー / リモートコマンダー RM-VPR1

RM-VPR1

α のケーブルレリーズは以前旧 A マウント用のものを持っていたんですが、2013 年に MULTI 端子に規格が変更されて従来品は新ボディに使えなくなってしまいました。まあ MULTI 端子は α だけでなく Cyber-shot や Handycam とも共通の規格になったので、それ以降の製品で揃えるなら使い回しができて便利なんですけどね。
最近だとリモートレリーズはカメラ側の「スマートリモコン」機能を使ってスマホで操作もできるので、わざわざケーブルレリーズが必要なシチュエーションも減りました。でもシャッタータイムラグを削ろうとしたら有線に敵うものはありません。ダイレクトな操作感も有線のほうがありますからね。

この RM-VPR1 は MULTI 端子搭載のソニー製スチルカメラ/カムコーダに対応した有線リモコンです。リモートレリーズ、バルブ撮影、動画撮影、ズーム(一眼の場合はパワーズーム対応レンズまたはデジタルズームのみ)に対応しています。

RM-VPR1

付属のケーブルは二種類で、MULTI 端子用のものと、旧 α(A マウント)のリモコン端子用のものがついてきます。なので今から旧 α 用のリモコンを買う場合も、レリーズとバルブしか使えない旧型ではなくこちらを買っておいたほうが今後のスブシがききます。

RM-VPR1

MULTI 端子は、USB microB にそっくりですが、接点部分が microB よりも長くなっています。機器側の MULTI 端子は PC との接続用や充電用の USB 端子も兼ねているため、見た目がほぼ同じ。機器側の限られたスペースを有効活用するうまいやり方だと思います。

RM-VPR1

クリップが同梱されていて、三脚のパン棒にセットしてリモコンパン棒的な使い方ができるようになっています。ただし Handycam の旧端子用リモコンに比べるとかなりデカいので、パン棒につけたときの操作性はあまり良くないような...。まあ、基本的に私はスチルで使いつつ、たまに高感度が必要なビデオ撮影の際に α7S とこのリモコン+三脚を使う、という感じにしようと思います。

ソニー / リモートコマンダー RM-VPR1

B00BPJUQOK

投稿者 B : 23:01 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/04/22 (Fri.)

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

ついに、コイツが発売日を迎えました。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

発表から約二ヶ月。この日を待ち望んでいました。
発売日が公表された 10 分後には、ヨドバシで発注完了していました(ぉ

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

製造精度の高さからくるカッチリ感といい、光の内部反射を防止する起毛処理といい、マウントアダプタでありながら同社のレンズと同様の仕上げ。シグマらしい丁寧さが光っています。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11


アダプタの側面にはゴム製の蓋に隠された USB 端子があり、アダプタにレンズデータを送り込むことができます。これにより、今後発売されるレンズ用の AF データにも対応できるというわけ。
しかし意外だったのが、この USB 端子が miniUSB でも microUSB でもない特殊形状だったこと。ケーブルは付属しているとはいえ、今さら microUSB でも Type-C でもないとかあり得なくないですか(;´Д`)。まあこの USB 端子自体は UD-01 も同じ形状なわけですが...。

あと、何度でも言うけど USB 端子をつけるならコイツでレンズ側のファームアップも可能にしてほしかったです(´・ω・`)。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

先行して入手していた KIPON EF-E/S AF との比較。同じ EF-E マウントアダプタでありながら、作りはだいぶ違います。
最近は中華製マウントアダプタの品質もかなり高まってきましたが、比べるとシグマの作りの丁寧さが際立って見えます。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

α7 II に装着してみました。
やっぱりフルサイズ対応の大口径レンズはミラーレスには巨大。だけど初代 α7 よりは、α7 II のほうがボディサイズが一回り大きいぶん、バランスが取れていると言えます。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

アダプタとレンズを装着してボディの電源を入れると、側面の LED が 3 秒ほど光ります。しかしこの Art35/1.4 は MC-11 対応ファームに更新していないため、「対応レンズだがレンズファームの更新が必要」という意味合いのグリーン点滅状態になっています。ファームアップを行えば、完全対応を意味するグリーン点灯となります。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

公式には非対応である EF レンズもつけてみました。
側面の LED は消灯したまま、つまり「非対応レンズである」という認識にはなりますが、AF は動作します。まだじっくり比較したわけではないものの、KIPON のアダプタを使ったときとほぼ同等のレスポンスという印象。想定通りの動作です。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

EF・E の両マウント遣いとしては、レンズを買っていくときにどのマウントを選ぶかはいつも悩みどころでした。それがこのマウントアダプタさえあれば、シグマレンズを選んでおけば EOS でも α でも満足いく描写と AF 速度が得られる、ということになります。今後はしばらくシグマの単焦点レンズ中心に投資していこうかなと。

このアダプタに関してはいろいろと比較テストをやってみるつもりなので、GW を利用してじっくり使っていこうと思います。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 23:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/04/20 (Wed.)

SIGMA USB DOCK、購入

シグマ MC-11 の発売に先立って、これを手に入れました。

シグマ / USB DOCK UD-01

SIGMA USB DOCK

α+MC-11 でシグマレンズを使うには、レンズ側を対応ファームウェアにアップデートする必要があるというじゃないですか。
しかも、MC-11 の発売を前にして、レンズファームが軒並み更新されているという。

シグマ、「MOUNT CONVERTER MC-11」対応のレンズファームウェア - デジカメ Watch

ということは、MC-11 を買ってもファームアップしなければ性能を引き出せないわけで、アップデート用に USB DOCK が必要になるわけです。そうなると、持ってないから買ってくるしかないじゃないですか(;´Д`)ヾ。

SIGMA USB DOCK

USB DOCK 自体は、以前借用してレビューしたので、詳細は過去の自分に丸投げ(ぉ
ファームアップに対応したレンズは今のところ Art 35/1.4 しか持っておらず、Sports レンズのようなパラメータ調整も特に必要としていないので、完全にファームアップ用として使うことになります。MC-11 にもファームアップ機能をつけてくれてもいいのに、とは思いますね...。

SIGMA USB DOCK

すぐにファームアップして MC-11 の発売に備えたいところですが、せっかくだからファームの新旧で AF 性能がどれくらい変わるかも見てみたいので、ファーム適用は MC-11 が発売されてからゆっくり試したいと思います。

シグマ / USB DOCK UD-01 (キヤノン用)

B00CBQ5YOS

投稿者 B : 23:01 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/04/17 (Sun.)

National Geographic NG A9220

先日購入したバックパック・CORKER RUGGED をカメラバッグとして使うべく、カメラ用インナーを用意しました。

National Geographic / 中型インナーソフトボックス NG A9220

NG A9220

ナショジオの「Africa コレクション」のインナーケースです。Africa コレクション自体はちょっと前に廃番になっていて、このインナーも流通在庫のみになっていたものを一つ確保しました。ナショジオからは単品製品として後継機種は発売されていないようです。
インナーケース自体は他社からも出ていますが、いかにもインナー然とした安っぽい印象のものが多くて、こういう凝ったデザインのものって少ないんですよね。

NG A9220

このインナーのいいところは、ファスナーで密閉することができることと、上蓋にハンドルがついていてバッグから取り出しやすいこと。このインナーごと入れ替えることで、いろんなバッグをカメラバッグ化することができます。

NG A9220

内部の容量は案外あります。中仕切りは 2 枚。
内側についているタグはかなり邪魔なので、切り取りたい。

NG A9220

例えば 35mm/F2.8 つきの α7 II と単焦点レンズ 2 本くらいまでなら楽々収まります。
EOS 5D クラスならパンケーキレンズつきのボディ+ズームレンズ 1 本程度。

高さがないので望遠系のレンズはちょっと厳しくて、70-200mm/F4 はギリギリアウトな感じ。でもガチなカメラバッグを必要としないスナップ撮影や風景写真用途がメインなら十分でしょう。

NG A9220

ナショジオの小型カメラメッセンジャー付属のインナーケースと比べると、一回り弱くらい大きいです(小型メッセンジャー付属のインナーは中仕切り 1 枚)。
素材のしっかり感も NG A9220 のほうが高い。

NG A9220

CORKER に入れてみると、この二つのインナーケースがちょうど収まるサイズでした。側面をガバッと開いて取り出せるので、立ったままでもレンズ交換がしやすくて最高。もしかしたら専用のカメラリュックよりも使いやすいんじゃないですかね。

バックパックだけでなく、仕事カバンにカメラを入れるのにも使えて重宝しそうです。在庫がなくなる前にもう一つくらい確保しておいてもいいかもしれません。

National Geographic / 中型インナーソフトボックス NG A9220

B005V6NH1C

投稿者 B : 23:29 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/03/25 (Fri.)

SIGMA MC-11 発売日・価格決定

シグマ、「MOUNT CONVERTER MC-11」の発売日と価格を決定 - デジカメ Watch

先日の CP+ に合わせて発表されていたシグマのマウントコンバーター MC-11 の発売日と価格が発表されました。4/22(金)発売、税別 ¥37,500(税込 ¥40,500)とのこと。ヨドバシや Amazon 等では税込 ¥35,100 で出ているようで、B&H の $249 からするとちょっと割高ですが、海外からの送料を計算に入れると国内で買った方がよさげ。

CP+ で触ってみた限りでは、既存の他社製 EF-E マウントアダプタよりもレスポンスが良く、ネイティブ E マウントレンズに近い感覚で使えたのがかなりの驚きでした。私自身、いろいろと予定を変更して α7 II に買い換えたのはコイツのせいなので、早く自分の環境で使ってみたい。

MC-11 と同時に、35mm F1.4 および 50mm F1.4 とのセットモデルも限定発売されるようで、MC-11 を買ったらいずれ 50mm F1.4 も手に入れたいなあ、と考えていた私にはキケンな商売です(;´Д`)。セットになったからといって特に安くなるわけではないので一命を取り留めましたが(ぉ、危なかった...。

シグマ / MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

B01C7A3W7S

投稿者 B : 21:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/03/15 (Tue.)

OverLay Magic for DSC-RX1(を α7 II に流用)

α7 II を買ったら、液晶保護シートも調達するわけです。

ミヤビックス / OverLay Magic for サイバーショット DSC-RX1 OMDSCRX1

OverLay Magic for DSC-RX1

まあ、安定の OverLay シリーズです。

今のところ、OverLay としては正式に α7 II シリーズに対応した保護シートは用意されていません。が、ソニー純正のセミハードシートを調べてみたら、PCK-LM15 が α7 II だけでなく RX1 や RX100 シリーズにも対応しているとのことで、それならば RX1 用の OverLay が α7 II にも使えるはず、と思い至り、試してみることにしました。
まあ、純正の保護シートが共通ということはパネルも共通のものが採用されているということになるので、使えて当然なわけですが。

OverLay Magic for DSC-RX1

貼ってみました。
もう何の問題もなく、ジャストサイズ。

OverLay Magic for DSC-RX1

四辺の隙間がそれぞれ 1mm ないくらいのピッチピチ感。シート自体に程良い固さもあって、貼りやすい。
OverLay Magic なら表面についた軽い擦り傷程度であれば自己修復するので、屋外でのハードな使用でも安心です。

OverLay Magic for DSC-RX1

ついでに、RX100 III のほうで使っていたセミハードシートも、一年半あまりの使用で細かいキズがたくさんついてしまったので、一緒に貼り替えることにしました。

純正のセミハードシート、さすがに本体に合わせて作られているだけあってジャストサイズだし、保護力も高くてかなりいいんですが、黒枠の部分しか接着されていないせいか中央部の染みっぽいのが若干気になる。これ周辺部は液晶表面に対して浮いているのに、中央部だけ微妙に接触しているからこうなるんでしょうね。電源を入れて液晶が表示されたら全く気にならなくなるとはいえ、ちょっと気持ち悪かった部分です(逆に言えばそれ以外に大きな不満はありません)。

OverLay Magic for DSC-RX1

こちらも当然ジャストサイズ。まあ使えるだろうと思ってはいましたが。

この二機種については一応ミヤビックスさんにもご報告しておいたので、もしかすると近々正式に α7 II シリーズ・RX100 シリーズも対応リストに追加されるかもしれません。

ミヤビックス / OverLay Magic for サイバーショット DSC-RX1 OMDSCRX1

B00H1J2QWS

投稿者 B : 23:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/03/08 (Tue.)

蔵 CURA のレンズクリーナー

CP+ で毎年必ずチェックしている展示のひとつが、銀一ブース。基本的にはプロ機材やスタジオ機材のディーラーなのですが、シンクタンクフォト/マインドシフトギア/Peak Design/DOMKE/クランプラーなど、私が愛用している/していた/気になっているカメラバッグ等を数多く取り扱っています。
その銀一ブースで説明員さんに強烈プッシュを受けたレンズクリーナーを、試しに買ってみました。

蔵 CURA / 光学レンズ専用クリーナー 50mL CLC-050
蔵 CURA / クリーニング用ペーパークロス MICRO WIPER CP-100

蔵 CURA

蔵 CURA が製造販売しているカメラクリーニング用品のうち、クリーニングペーパーとクリーナー液を買ってみました。自宅のクリーニングペーパーがなくなりそうで、補充したいタイミングだったので、ちょうど良かったです。
お試し用的な感じでペーパーと少量のクリーナー液がセットになった商品もありますが、今回は単品で購入。

CP-100

クリーニングペーパーのセールスポイントは「日本一の水質 高知県仁淀川の水の恵みから生まれたワイパー」とのこと。
水が良いと良質の紙が作れるのは分かりますが、それがクリーニングペーパーの質とどう結びつくのかはよく分かりません(笑

CP-100

ペーパー自体はアクリル系の不織布です。水性汚れにも油脂汚れにも強いとのことですが、見た目はごく普通の不織布で、外見だけでは違いが分かりません。

CLC-050

クリーニング液も、外観はいたって普通。強いて言えばボトルについているノズルが長いので、細かいところにもつけやすい、というのはあります。
液体は非アルコール系で、界面活性剤中心の中性洗剤のようなもの、という理解でいいんでしょうか。

HCL

ちなみに今まで長年使っていたのは HCL(堀内カラー)のクリーニング液&ペーパー。プロラボが業務用に販売しているクリーナーだけに、プロカメラマンやカメラメーカーの修理・メンテナンス部隊でも数多く使われているものです。クリーニング液は「オリンパス EE クリーナー使用」とのことで、たぶんアルコール(エチル)系。
これはこれで悪くないのですが、油脂汚れを拭き取った際に拭き跡が残りやすいのが気になっていました。私はこういうのに神経質なほうで拭き跡が気にならなくなるまで拭いてしまうのですが、それはそれでレンズに傷をつけたりコーティング剥がれの原因になったりするんですよね。

蔵 CURA

では HCL と蔵 CURA のクリーナーで拭き比べてみましょう。
ちょうど手持ちの E マウント Sonnar 24mm/F1.8 の MC プロテクタの表面が、油脂系と思われる汚れが多くついた状態になっていたので、半分ずつ吹いてみました。

蔵 CURA

レンズの左半分を HCL のクリーナー液&ペーパー、右半分を蔵 CURA のクリーナー液&ペーパーで拭き掃除した状態が上の写真。特にゴシゴシせず、クリーナー液をつけたペーパーでサッと一拭きした段階です。
HCL のほうはいつもこんな感じで、この後さらに 2~3 回液&ペーパーで拭いてやることでようやくキレイになりますが、蔵 CURA のほうは一拭きでほぼ完璧に近い状態に仕上がっています。ここまでとは思っていなかったので、正直驚きました。

一応、HCL のクリーナー&蔵 CURA のペーパー、およびその逆の組み合わせでも試してみましたが、いずれも HCL のクリーナー&ペーパーの組み合わせよりはキレイになりやすい印象でした。ペーパーのほうは、液をつけずにから拭きするだけでもかなり汚れが落ちるので、このペーパーの威力が特にすごいんじゃないかと。クリーナー液よりもペーパーのほうが消費が速いものなので、今使っているクリーナーがまだ残っているなら、まずはペーパーがなくなったら蔵 CURA に買い換え、でも十分に効果が感じられると思います。

なんか怪しげな通販番組みたいな商品紹介になってしまいましたが(ぉ、私はこれ気に入りました。次もこれ買おうと思います。

蔵 CURA / 光学レンズ専用クリーナー 50mL CLC-050
蔵 CURA / クリーニング用ペーパークロス MICRO WIPER CP-100

B00DZOIEJM B00E0K0330

投稿者 B : 22:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/02/28 (Sun.)

CP+ 2016 (3)

CP+ 2016 レポート、最後はソニー。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2016

α6300

注目の α6300。外観が α6000 からほとんど変わらないので新鮮味はありませんが、中身は別物と言って良いカメラになっています。もともと定評の高かった AF 性能をさらに磨き上げ、α6000 に足りなかった要素をほぼ全て補完した、ミドルレンジ一眼キラーと言えるカメラ。

α6300

本体が α6000 よりも分厚くなっているということで、α7→α7 II のときのようにガッツリ大きく重くなっていたらどうしようと思っていましたが、α6000 自体が厚みを感じるデザインだったこともあって、見た感じではそれほど分厚くなった印象は受けません。重さもまあ許容範囲かな。

ただ個人的には、NEX-5 シリーズのようにストイックにコンパクトさを追求したカメラが出てこなくなったことが残念。α5000 シリーズは見た目の印象こそ似ていますが、NEX-3N の流れを汲んできているデザインなので、別物なんですよね。α6300 に匹敵するスペックで NEX-5 系の小型ボディか、EVF なしで超小型にしたフルサイズミラーレス、みたいなのも出てきてほしいところではあります。

α6300

AF は α6000 以上にレスポンスが良い印象。動きモノを撮っていないので実際にどの程度かは分かりませんが、EOS 80D と実地テストしてどちらが動体撮影に強いか比較してみたいくらいです。でも動体を撮るなら EVF はレンジファインダースタイルではなく光軸上に欲しくなってきますね。ボディ内手ブレ補正が入った α7000 がもし出てくるとしたら、そのあたりを考慮したデザインにしてくると予想。

Sony 24-70mm F2.8 GM

そして G MASTER レンズ。こちらは FE 24-70mm F2.8 GM ですね。

既存の FE レンズの中でも標準ズームにあたる FE 24-70mm F4 ZA はデジタル補正をオフにしたときの歪曲収差が強く、また非球面レンズの多用により描写が硬く、ボケにタマネギ状のムラが出やすいという難がありました。今回の G MASTER では XA レンズを採用することで非球面レンズ特有のボケムラを軽減しているとのこと。通常の非球面レンズも使われているので完全に消えたわけではないのでしょうが、F4 ZA 比で非球面レンズ(XA 除く)が 5 枚→2 枚に減っているため、かなりマシになっていると言えそうです。あとは歪曲収差がどうかですが、これだけ大きければあまり無理はしていないのではないかと。
まあ F4 ZA の倍以上重さのあるレンズなので私は買いませんが(´д`)、一度試してみたいレンズではあります。

Sony 85mm F1.4 GM

そして FE 85mm F1.4 GM。これ待ってた人は多いんじゃないでしょうか。ミノルタ時代から歴代の 85mm F1.4 G は評価が高く、ソニー α になってからはツァイスの Planar に取って代わられていたのが、10 年ぶりに「85mm の G レンズ」が復活したことになります。
私はこれ、覗いちゃうと欲しくなりそうなので覗きませんでした(ぉ。A マウントの Planar 85/F1.4 が気に入っているから、というのもありますが。

Manfrotto befree one

Manfrotto ブースに移ってきました。

今年は個人的に注目の新製品はあまり出てきませんでしたが、一つ気になっていたのがこの「befree one」三脚。私も以前から愛用している befree の小型版という位置づけです。
折りたたんだ際の全長は 32cm。初代 befree が格納時 40cm だったので、さらに短くなりました。これなら普通のカバンにも強引に突っ込んで行けるくらいのサイズ感。

Manfrotto befree one

全伸高は 130cm。初代 befree が 142cm なので、かなり近い高さまで伸ばせることになります。

ただし、センターポールが下げられない構造のため、ローアングルの設定に制限があるのが小型化とのトレードオフとなっています。ただこの可搬性アップは捨てがたいメリット。私はメイン三脚を 190CX、サブ三脚を befree にしていますが、befree はメイン三脚として使えるクオリティなので、190 や 055 シリーズのサブとして使うならば befree one のほうがメインとのバランスは良いのではないでしょうか。

Batis 2/25

最後はコシナ/ツァイス/フォクトレンダーブース。

フルサイズ E マウント用の AF レンズ「Batis」シリーズに始めて触れることができました。
この曲線主体の鏡筒デザインはどうしても好きになれませんが、Touit の描写が良かっただけに、そのフルサイズ版とも言える Batis は気になっていたレンズ。

Batis 2/25

賛否両論ある距離指標には OLED が使われており、起動直後には「ZEISS」のロゴが一瞬表示されます(笑

Batis 2/25

OLED に表示される大きな数字は合焦距離、右側の小さな+-の数字は被写界深度を示しているようです。

25mm F2(Distagon)、85mm F1.8(Sonnar)の両方を覗いてみましたが、EVF で覗く限り、いずれも解放から高いシャープネスを持ちつつボケも素直という、とても素性の良いレンズだと感じました。けっこう無理してることの多いソニー純正のツァイス FE レンズよりも良いかも。明るさを欲張っていないぶん、フルサイズ対応にしてはコンパクトというのも、α7 シリーズと相性の良いところ。マウントアダプタなしで使える 85mm は今のところこれと G MASTER しかないので、この 85mm はちょっと欲しい。

Milvus 1.4/85

一眼レフ用の MF レンズ、Milvus。この鏡筒デザインは見れば見るほど悲しい(´д`)。

カットモデルを見ると、85mm F1.4 は伝統的な Planar 構成の前群に何枚かのレンズを追加したような作りになっています。特に前玉の凹レンズは鏡筒内における光の乱反射を抑えコントラストを高める効果があると言われ、Classic シリーズの 85/1.4 よりもさらに高いレベルの描写を目指したものと思われます。でも私は Classic の 85/1.4 が欲しいですが(笑

Milvus 1.4/50

標準レンズの 50mm F1.4 でも前玉が凹レンズ化。でもそれ以上に驚きなのが、標準レンズなのに定番の Planar 構成ではなく Distagon 構成で設計されていることです。
これは以前にも書いたとおり、おそらく中判レンズのような設計でレンズを作り、その中央部だけを使うことで実使用上の解像性能を高めたいという狙いなのではないかと思います。が 50mm なのに Planar ではない、というのはなんとも寂しい気がします。

Voigtländer

隣接するフォクトレンダーブースでは、新アプリ「COSINA AR」のデモが行われていました。これはカメラのボディキャップに AR マーカーを貼り付け、スマホやタブレットのカメラを通してアプリから見ることで、そのカメラにフォクトレンダーの VM レンズを装着した状態が確認できるというもの。気になっているレンズを自分のカメラにつけたらどうなるか見えてしまうという、危険な背中押しアプリです(笑。
今のところ iOS 専用アプリなので、iOS 機器を持っていない私は使えないのが悔しいような、助かったような(ぉ

ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III

フォクトレンダーブースでの注目は、E マウント対応版レンズの発売がアナウンスされた WIDE-HELIAR シリーズではないでしょうか。超広角ながらテレセントリック性を確保した光学系、電子連動に伴う自動拡大フォーカスや Exif 記録対応など、今まで VM マウント版を使っていたユーザーが挙って買い換えたくなるスペックになっています。

HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6

その中でも最大の注目は、従来の 2 製品を上回る超広角「HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6」。このクラスになると超広角ではなく魚眼レンズの領域になってきますが、どんな画角で撮れるのか。気になるじゃないですか。

HYPER WIDE-HELIAR 10mm F5.6

そしたらなんとハンズオン機は自分のカメラにつけて試写が可能だったという!これがその実写画像です。

写真だと実際の距離感が分かりづらいですが、中央に写っているカーキの服を着た人物(よく見たら澤村徹さんだった(笑))との距離はせいぜい 5m 程度。それが 10m 以上離れて見えるわけですから、強烈な広角度合いになります。周辺の歪曲はかなりすごいことになっていて、画面端はさすがに少し流れちゃっていますが、私が持っている SUPER WIDE-HELIAR 15mm Asph. II の周辺描写に比べれば遙かにマトモに解像しています。点光源の外側にゴーストが出ているのは、レンズ由来ではなくセンサの自己反射によるものなので、センサにもっとマシな AR コートが施されているボディでは軽減するはず。

あまりに広角で何でもかんでも写ってしまうので構図の取り方が難しいレンズですが、それだけに発想ひとつで面白い画が撮れるレンズに違いありません。これはちょっと欲しくなっちゃったなあ。

うーん、今年の CP+ はそれほど欲しいものがないかも...と思っていたのに、実際見てみるといろいろ欲しくなるものですね(汗。

投稿者 B : 21:00 | Camera | Camera Accessory | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2016/02/26 (Fri.)

CP+ 2016 (1)

今年も初日から CP+ に行ってきました。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2016

CP+ 2016

やっぱりオリンピックイヤーの CP+ は濃い商品がたくさん出てきて盛り上がりますね。市場が縮小しつつあるというカメラ業界ですが、プロ機やマニアックな界隈はまだまだ熱いことを実感します。

今年は個人的に最も注目していたシグマブースから。

sd Quattro

って、会場直後から sd Quattro には人が集まり始め、早々におひとりさま 3 分制限がついてしまいました。それでも sd Quattro がどんなものか興味があったので、行列に並びます。

sd Quattro

このへんなかたちのカメラが(←誉め言葉)、sd Quattro。使いやすいかはさておき、もう外観からして普通のカメラではないことが判ります。最近、普通の一眼レフの形か懐古的なデザインのカメラばかりで食傷気味だった目には、とても新鮮。

なお、ハンズオン機は無印の sd Quattro(つまり APS-C 機)のみで、より Hentai なほうの Quattro H(←誉め言葉)はありませんでした。まあ既存センサを使った無印のほうが開発が早いのは理解できますが、Foveon としては初めての APS-H センサは画質や画像処理エンジンの最適化、あと半導体そのものの歩留まりの問題とか、かなりハードル高そうですよね。発売も H のほうが少し後になるそうで、どれくらい期間が空くのかも含め、気になるところではあります。「蓋を開けてみたら 70 万円」という初代 SD1 のようなことにならなければいいけど(汗

sd Quattro

独特の意匠を持つ sd Quattro の外観。カメラとしての独自の合理性を考えて作られた形状だと思いますが、カメラというよりはデザイン家電的なテイストを強く感じます。だって本体の電源オン/オフスイッチがレンズマウントのところについているんですよ(笑
SIGMA GLOBAL VISION 以降の同社製品の中で、デザイナー岩崎一郎氏のカラーが最も濃く出ているのが sd Quattro ではないかと思います。

sd Quattro

横から見ると、EVF の位置以外はわりとオーソドックスなミラーレスカメラの形状に見えます。サイズは二回り以上大きいけど(笑
あと、ボディからマウント基部がフランジバックの分出っ張っているので、レンズが異様に長く見えますね...。

かなり物量感のある大きさと形状なので、一眼レフやミラーレスカメラというよりも、ボディを薄くした中判カメラのような存在感を醸し出しています。

sd Quattro

背面のワイド液晶をどう使うのかと思ったら、右側には設定値が表示されているんですね。確かに、プレビュー画像の上にいろんな設定値がオーバーレイ表示されるのはフレーミングの邪魔なので、これはこれで合理的。
ただ操作系はやはり独特で、露出モード(P/A/S/M)の切り替えも液晶右下の「MODE」ボタンを押してダイヤルを回す、という感じ。これ自体は dp Quattro と同様ですが、dp は一般的にモードダイヤルがある天面に「MODE」ボタンがあるのに対して、sd は ISO や露出補正ボタンと同じ扱い、というのはちょっと面食らいました。まあこのカメラを使う人は絞り優先かマニュアルモード固定で使うだろうから問題ない、という判断なのかもしれませんが。

レスポンスは操作系、AF ともに従来比でかなり良くなっています。ただし「シグマの中では」というレベルであり、例えばシャッターを切った後には画面に砂時計が 0.5 秒ほど表示されるなど、やっぱり腰を据えて撮るためのカメラであることに変わりはないのだろうな、と感じます。
また EVF の見え方もまだまだ微妙で、撮影中も再生中も実際の EVF の解像度よりも粗い画が見える(エッジのジャギーが気になるレベル)ような状態。あくまで開発中のベータ機であり、発売までに改善される可能性もありますが、シグマのことだから、このまま出てくる可能性もあります(笑

でもこれがこなれてしまったらシグマじゃないとも思うわけで(ぉ)、発売に向けてまずは画質の追い込みと H モデルをちゃんと発売することに全力を傾けてほしいところです。

[Art] 50-100mm F1.8 DC HSM

続いてレンズ。50-100mm F1.8 は、18-35mm F1.8 が良かっただけに期待できそうなレンズです。

スペックからしてかなり大きく重くなるのではと思っていましたが、実物を見るとそれほどでもない?70-200mm F2.8 と同じくらいの大きさに見えます。

[Art] 50-100mm F1.8 DC HSM

横から見たところ。ついているボディが EOS Kiss なので大きく見えますが、持った感じでも、このスペックでこれなら全然使えるなあ、と感じます。
APS-C 専用ながら 85mm・100mm・135mm の三本を持ち歩くならこれ一本で済ませる選択もアリでしょうね。

ファインダを覗いて撮影した画像を本体液晶で見ただけでも「これは良いレンズだな」と感じることができました。これは一度実写を試してみたいところ。

[Contemporary] 30mm F1.4 DC DN

そしてミラーレス用の 30mm F1.4 DG DN。
既存の 19mm・30mm・60mm DN が F2.8 なのに [Art] を名乗っていて、F1.4 なこのレンズが [Contemporary] な理由は、このレンズがデジタル補正を前提とした設計になっているからとのこと。[Art] は光学設計だけで最高の描写を追求したレンズに冠される名称なので、既存の DN レンズ三本とこのレンズは位置づけが異なるようです。しかしデジタル補正を活用することで F1.4 の明るさを持ちながら軽量コンパクトで価格もリーズナブルなレンズができるのであれば、歓迎する向きも多いでしょう。

またピントリングも従来の DN ではツルツルの金属製だったのが、今回は一般的なゴム製に変更されました。これも「従来製品については多くのご意見をいただいた」ためとのことですが、そういうのも含めて合理的な考えのもとに作られた、お買い得度の高いレンズだと思います。なお既存の DN レンズと違って、振ってもカラカラ言いません(笑

MC-11

個人的に今年の CP+ 最大の注目がこれでした。マウントアダプタ MC-11、キヤノン EF マウント/シグマ SA マウントからソニー E マウントへの変換アダプタです。
会場には 4 台のハンズオン機が用意されており、sd Quattro に次ぐ人気コーナーとなっていました。

ただ、残念なことにこのコーナーでのレンズ・マウントアダプタの脱着は NG。せっかく EF レンズを数本持って行っていたのに(泣
まあ公式にはシグマとして自社製以外の EF マウントレンズの動作を保証していないので、それを試されるのは本来の展示目的を逸脱する行為ですし、そういうユーザーが殺到した場合にハンズオンが回りきらなくなるので、この制限は致し方ないところではあります。はい、いずれにせよ自分で買って試すから大丈夫です(ぉ

MC-11

アダプタの側面には LED ランプがついていて、電源投入時に 緑点灯:対応レンズ、橙点灯:対応レンズ(ただし要アップデート)、消灯:非対応レンズ で判別できます。非対応レンズの動作について質問してみたところ、「非対応レンズの動作は保証外、だけどファームウェアで非対応レンズの動作を塞ぐようなことはしていない。動くかもしれないし、動かないかもしれない」とのことでした。ええ、ファームで塞がれてさえいなければそれで十分です(ぉ

あと気になったのが、反対側(グリップ側)の側面に USB 端子がついていたこと。これはおそらくアダプタのファームウェア更新用と思われます。これでアダプタ発売後に登場した新レンズに対応するのだと思いますが、ファームアップでキヤノン製レンズを使えなくしたりしないでくださいね(笑
せっかくだからこのマウントアダプタで SIGMA USB DOCK の機能(レンズの調整やファームアップ)も兼ねてくれると嬉しいんですが、さすがにそれは望みすぎでしょうか。

MC-11

動作に関しては、想像していた以上に AF が速くて驚きました。展示されていたボディは α7 II・α6000・α5100・NEX-5R の 4 種類ありましたが、いずれも十分なレスポンスに感じました。最新世代の像面位相差センサが入った α7 II で速いのは想像していましたが、世代的に古い NEX-5R でも実用になりそうというのはちょっとした驚き。KIPON のアダプタと初代 α7 の組み合わせではややもっさり気味なので、これだけでも買う価値はあると思います。

また、カタログには非対応と書かれている AF-C(コンティニュアス AF)が少なくとも α7 II と α6000 では動作していたのも驚き(上の写真で緑色の小さな合焦マークが出ているのがその証)。いずれにしても保証外だしボディやレンズの組み合わせによっては動かない可能性もありますが(α5100・NEX-5R での動作は未確認)、この様子だと EF マウントのシグマレンズを E マウントネイティブレンズの感覚で使えてしまいそうです。そこそこ使えれば十分かな、と思っていましたが、これは本気で使えるアダプタかもしれません。

お願いですから早く買わせてください(懇願

投稿者 B : 23:06 | Camera | Camera Accessory | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2016/02/23 (Tue.)

SIGMA sd Quattro / MC-11

CP+ 前の新製品発表ラッシュの大トリ、となるのでしょうか。シグマがレンズ交換式カメラ・レンズ群の新製品を発表しました。

フォビオンセンサー搭載のミラーレス「SIGMA sd Quattro」 - デジカメ Watch

sd Quattro

まずは Foveon 搭載一眼カメラ「sd Quattro」。dp Quattro シリーズの後に SD1 が Quattro センサにリニューアルされることは既定路線でしたが、まさかこういう形で来るとは。先週末にマウントアダプタの噂が流れた時点では、「もしかして Foveon 搭載 E マウントカメラが来るのか?」とさえ妄想しましたが、想像の斜め上をいく「SA マウントミラーレスカメラ」というスタイルで登場しました。さすがシグマ!おれたちにできない事を平然とやってのける、そこにシビれる!あこがれるゥ!←

ともかく(笑)、SA マウントで来たということは、やはり Foveon センサの特性と無縁ではないと思われます。三層式センサである Foveon は、その原理上ベイヤー型センサに比べて光の入射角に対してシビアで、一般的なミラーレス系のマウントのようなフランジバックの短さでは入射角を保証できない(特に広角レンズ等で下層の G・R 層に十分な受光を確保できない)ということだと思います。dp Quattro があのサイズでできているのは、専用設計のレンズだから、のはず。フランジバックが短縮できないのであればマウントを変更する必要もない、というのが SA マウントをそのまま採用してきた理由だと思われます。
かくしてペンタックス K-01 以来の「既存マウントからミラーを取っ払ったカメラ」が誕生したわけですが、既存のどんなカメラとも違うデザインを採用してきたことからも、一般的な一眼レフやミラーレスとは異なる撮り方を想定していることが分かります。たぶん中判カメラ的な扱いを想定しているのでしょうね。

私が買うようなカメラではないのは確かですが、「SIGMA GLOBAL VISION」以来ブレることない、光学メーカーとしてユニークなポジショニングには好感が持てます。CP+ では黒山の人だかりでしょうが、なんとかして触ってきたいと思います。

全域F1.8ズーム「SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art」 - デジカメ Watch

[Art] 50-100mm F1.8 DC HSM

このレンズもマニアック。APS-C 専用の 50-100mm F1.8、これは 2013 年に登場した 18-35mm F1.8 の中望遠版的な位置づけのレンズですね。35mm 判換算で 75-150mm 相当というと、もろにポートレートレンズ。85mm F1.8、100mm F1.8、135mm F1.8 を一本でカバーするとあれば、ポートレート撮影がメインの方なら喉から手が出るほど欲しいレンズじゃないでしょうか。特にスタジオ撮影よりも機動力が求められる撮影会やイベント(モーターショーとかコミケとか)で本領を発揮しそうな気がします。
私はフルサイズメインなので手は出しませんが、APS-C 専用だからこそこのスペックが作れたという意味では、18-35mm 同様にユニークなレンズ。

シグマ、ミラーレス用「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」 - デジカメ Watch

[Contemporary] 30mm F1.4 DC DN

そして久々のミラーレス用「DN」レンズも登場。これは一眼レフ用で評価の高かった 30mm F1.4 DC のミラーレス版的な位置づけでしょう。35mm 判換算で 45mm なので、大口径標準レンズにあたります。ミラーレス用で F1.4 の明るさを持つレンズはまだまだ希少なので、こういうのを待っていた人も少なくないはず。
ただ一眼レフ用が同スペックで [Art] シリーズだったのに対して、このミラーレス用が [Contemporary] に置かれているのが少し気になります。だってこれよりも暗くて安い F2.8 が [Art] なんですよ?なんというか、これまで何でもかんでも [Art] ラインに置いてきた矛盾がここにきて出始めているように思えます。まあ製品のポジショニングとユーザーが享受できる価値は必ずしも一致しないものなので、APS-C で大口径標準レンズが欲しかった人は、迷わずに手を出して良いんじゃないでしょうか。

これのフルサイズ版...はちょっと今のシグマからは出してもらえそうにないかなあ?と思ったけど、今回ネーミングルールの変更が入ったのが怪しい。今までミラーレス用は「DN」のみの表記だったのが、今回から「DC DN」、つまり APS-C 以下のミラーレス用という定義になったということは、今後フルサイズミラーレス用の「DG DN」を出す意思がある、と理解していいんですよね?期待していいんですよね?

シグマ、ソニーE ボディ用マウントアダプター - デジカメ Watch

MC-11

α7 ユーザー的には今回の注目はやっぱりこれですよ。

今まで、幾度となく「EF マウントと E マウント両方の仕様を把握しているシグマから EF-E マウントアダプタが出てきてくれれば、最も信頼の置けるものになるだろう」と妄想はしてきました。が、そんなものを出したらソニーはともかくキヤノンが黙っていないだろうから、叶わぬ夢だろうな...と思ってたら本当に出てきちゃったよ!(;´Д`)ヾ。

表向きには「シグマ製 EF マウントレンズ(と SA マウントレンズ)を E マウントで使うためのアダプタ」であり、キヤノン製レンズが使えるとは言っていない(棒)とのことですが、EOS メイン・サブ αE でこれを待ってた人は少なくないはずです。
ボディとレンズが電子連動するため AF が使えることは当然ながら、Exif 記録やカメラ内レンズ補正、手ブレ補正(α7 II シリーズとの組み合わせではボディ側+レンズ側双方の手ブレ補正が使えるとのこと!)、ファストハイブリッド AF 対応機種では像面位相差 AF まで使えるという、まさに理想的なマウントアダプタ。キヤノン製 EF レンズでは機能制限がありそうですが、どこまで使えるんですかね。アダプタ側でレンズの対応/非対応の判別を行っているとのことですが、キヤノン製 EF レンズは動作不可とされている可能性がなきにしもあらず。そのへんはグレーゾーンを残しておいてくれるのがシグマだとは思いますが。

個人的にはちょうど KIPON の EF-αE AF マウントアダプタを入手したところで、まだ一度しか使っていないのにこんなもの発表されてどうすんの(歓喜)という状況です。価格は B&H が $249 で 4 月上旬発売と出しているので、順当に行けば 3 万円前後でしょうか、買います(ぉ
こうなってくると EOS 用のレンズも今までは純正を中心に揃えていましたが、アダプタ経由での使い勝手次第では EOS・α 兼用目的でシグマ製レンズを積極的に選択していく理由ができることになります。特に α7 で使っている 24-70/F4 の描写にはけっこう不満があるので、標準ズームの常用用にシグマの 24-105/F4 を買ってアダプタ経由で使う、というのもアリ。ああ、初代 NEX-5 で本格的なオールドレンズ沼に足を突っ込んだときと同様の妄想が広がります(笑

CP+ の最大の目的はこれのつもりで見に行ってこようと思います。

投稿者 B : 21:11 | Camera | Camera Accessory | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2016/02/20 (Sat.)

KIPON EF-S/E AF マウントアダプタ

自宅宛に、身に覚えのない荷物が届きました。

KIPON EF-S/E AF

差出人は「株式会社 玄光社 企画編集部」。はて?個人的に玄光社さんと仕事をしたり、機材を借りたことはないのだけど。さっぱり思い出せない。

訝しみながらも、封を開けてみました。

KIPON EF-S/E AF

「読者プレゼント当選のお知らせ」!!

あー思い出した!『オールドレンズ・ライフ Vol.5』の読プレに応募してたんでした。
とはいえ今までこういう抽選に当たったことがほぼないので、プレゼント目当てというよりはマニア向けにこういうムックを出し続けてくれている澤村徹さんと編集部を応援するつもりでハガキを投函したつもりでした。出したことさえすっかり忘れていました(笑

KIPON EF-S/E AF

当選したプレゼントはこれ。見覚えのある KIPON のロゴが入ったケース、以前ならば紙箱だったのがプラケースに変更されて、KIPON もすっかりメジャーメーカーになったんだなあ、と感じます。

KIPON / EF-S/E AF マウントアダプタ

KIPON EF-S/E AF

はい、KIPON の EF-αE マウントアダプタです。「EF-S/E」って EF-S マウント(APS-C 専用)から E マウントへの変換と勘違いしそうなネーミングですが、実際は EF-Sony/E の略で、もちろんフルサイズ対応。しかも EF レンズの AF 駆動ができるマウントアダプタになります。

KIPON EF-S/E AF

フルサイズ対応の証拠に、アダプタ内部がフルサイズセンサの形状にくり抜かれていて、フルサイズ機で使っても四隅がケラれないようになっています。
そして下部の電子接点が電子連動対応の証。AF だけでなくレンズデータも通信でき、撮影画像には焦点距離や F 値などの Exif データが記録されます。

KIPON EF-S/E AF

側面のレンズリリースレバーの脇にある、謎のゴムカバー。
何だろう?と思ってめくってみたら、

KIPON EF-S/E AF

microUSB 端子のカバーでした。
取説によると工場での初期設定時に使用するためのものということで、現時点ではエンドユーザー向けにファームウェアアップデータ等は提供されていませんが、同社の EF-m4/3 AF アダプタ向けにはファームウェアアップデータが出ているので、もしかすると今後こちらでも新ファームが提供されることがあるかもしれません。

ちなみにこのカバー、しっかりと固定されていないのですぐに抜けます。撮影中に紛失すること必至なので、これはカバーなしで運用すべきだろうなあ。

KIPON EF-S/E AF

アダプタには三脚座がついています。六角レンチで取り外すこともできますが、基本的につけっぱなしでの運用を想定しているようです。

EF レンズと E マウント α との組み合わせの場合ボディよりもレンズのほうが重くなるケースが多いので、ボディよりもアダプタ側の三脚座を使った方が安定するでしょうね。

KIPON EF-S/E AF

無印 α7 に装着すると、ボディの高さよりも三脚座のほうが少し高く、平置きすると若干上を向く格好になります。
α7 II シリーズなら初代よりもマウントの取り付け位置が高いので、このマウントアダプタとの組み合わせにはちょうど良いのかも。

KIPON EF-S/E AF

試しに EF16-35/F4L を装着してみました。で、でかい(汗
それでも多くの EF レンズの資産を α7 シリーズでも活かせるという点で、このアダプタの存在価値は大きいと言えます。EF レンズは EOS との組み合わせで使うのが最もその性能を発揮できることは間違いありませんが、チルト液晶が使えるとか、α7S の超高感度撮影に使えるとか、α7 シリーズと組み合わせることで活躍の場が広がるわけで。また、24-70/F4 なんかは FE よりも EF のほうが描写が素直だし寄れるし、扱いやすいんですよね(^^;;

AF 速度に関しては、初代 α7 との組み合わせではコントラスト AF になるので、もっさりしています。イメージ的には、初代 A-E マウントアダプタである LA-EA1 で A マウントの SSM レンズを使うような感覚。また AF モードも AF-S(EOS でいうワンショットAF)に限定され、DMF さえ使えないのが惜しい。
でも α7 II/α7R II(あとたぶん昨日発表された α6300 も?)との組み合わせであれば位相差 AF が使えてそれなりに実用的になるものと思われます。

本当は、α7 III が出たらこのマウントアダプタと一緒に購入しようと考えていたんですが、こうして先にアダプタだけ手に入ってしまうと、急に今の α7 II が欲しくなってきますね(汗。

KIPON / EF-S/E AF マウントアダプタ

B00UV1M4H0

投稿者 B : 21:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/02/12 (Fri.)

TECHART M-E Autofocus Adapter

TECHART、ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプターを発表 - デジカメ Watch

CONTAX G レンズを AF 化する変態マウントアダプタを作った TECHART が、またやってくれました。そもそも AF に対応していないライカ M マウントのレンズを AF 化する、というあり得ないマウントアダプタを出してきました。

アダプタ内に AF 用モーターを内蔵し、E マウントボディと電気的に連動してレンズを AF 駆動するという仕組みは CONTAX G マウントアダプタと同様。しかし、CONTAX G アダプタはカプラを介してレンズ側の AF 用ギヤを回していたのに対して、このライカ M アダプタは「レンズを鏡筒ごと物理的に前後させてフォーカスを合わせる」というビックリドッキリメカ。誰も思いつかないし、思いついても実際に作ろうとしないであろう機構を実際に商品化してしまう TECHART こそ、現在のマウントアダプタメーカーで最上級の変態ではないでしょうか(←褒め言葉)。
もはや変態を通り越して「謎アダプタ」という、かつぽんさんの表現が最も適切だと思います(ぉ

しかもこのアダプタ、物理的にレンズを前後させるという仕組み上、その先に装着するレンズを問わないというのもポイント。M マウントの短いフランジバックを活かして、マウントアダプタの二段使いによって「MF 専用の一眼レンズも AF 化してしまえる」という驚異のアダプタでもあります。ヤシカ CONTAX、キヤノン FD、ミノルタ MD といった往年の名レンズが AF 化できると聞けば涎も出てくるというものです(まあ、CONTAX G アダプタ同様に AF は遅いでしょうが)。
また、AF 時にはレンズ自体のスペックよりもフランジバックが長くなるということは、近接アダプタを使うのと同じような効果、つまりレンズ本来の最短撮影距離よりも寄って撮ることができる可能性大。これ、一つ持っておいたら重宝するんじゃないですかね...!

まあ、私は対応ボディ(今のところ α7 II と α7R II のみ)を持っていないので、まずはそこからどうにかすることを考えなくてはなりませんが(´д`)。

投稿者 B : 23:16 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/01/28 (Thu.)

Velbon Ultra Stick Super 8

前から買おうと思っていた一脚を、観念して購入しました。

ベルボン / ウルトラスティック スーパー 8

Velbon Ultra Stick Super 8

私は三脚よりも一脚のほうが遙かに使用頻度が高いので、一脚重要。メインは 679B、ミラーレス等のサブ用は COMPACT 一脚といういずれも Manfrotto 製品を愛用しています。が、どちらもそれなりに長さがあるので遠出するときに持って行こうと思うと、かさばり具合に躊躇しがちなんですよね。なので、このベルボンの一脚は発売当時から注目していました。
今年は遠出する機会が増えそうなので、一脚を使う機会も多くなるだろうと思い、えいやっと購入。

Velbon Ultra Stick Super 8

驚くほどコンパクトな一脚で、長さは 70-200mm のレンズより少し長いくらい。これならカメラバッグのポケットはもちろんのこと、通勤カバンに入れてもあまり邪魔にならないレベルと言えます。

Velbon Ultra Stick Super 8

コンパクトさの秘密はこの伸縮構造にあります。「ダイレクトコンタクトパイプ」と呼ばれる二つの半円を数ミリずらして接合したような断面(これによって純粋な円筒よりも強度を稼いでいると思われる)のパイプを組み合わせることで、関節部は面同士が摩擦抵抗によって固定される幸蔵になっており(たぶん)、一般的な一脚の伸長固定に使われるレバーやネジ部品を省略することで、縮長の大幅な短縮と軽量化を両立しています。伸縮も先端をひねって引っ張るだけなので、セットアップもラク。これは目から鱗が落ちます。今まで三脚・一脚は完全に Manfrotto 派でしたが、ここまで違いがあると浮気せざるを得ません。
ちなみに脚に使われている素材は塗装の関係で樹脂系に見えますが、マグネシウムとのこと。

Velbon Ultra Stick Super 8

付属品はハンドストラップとベルトフック。完全な移動中は鞄に入れてしまえるのがこの一脚のポイントですが、撮影の合間に撮影ポイントを移ったり、歩き回ったりする際にいちいちしまわずにベルトやバッグにぶら下げていられるので、このベルトフックは重宝します。

Velbon Ultra Stick Super 8

手持ちの一脚と比べてみました。左からウルトラスティックスーパー 8、Manfrotto の COMPACT 一脚(MMC3-01)と 679B の順。長さは 679B 比だと 40% ほどしかなく、MMC3-01 と比べても 70% ほど、と抜群の短さ。MMC3-01 でさえ、メッセンジャータイプのカメラバッグにはナナメにしか入れられなかったんですが、ウルトラスティックスーパー 8 ならどんなカメラバッグにも入れて行けそうです。

Velbon Ultra Stick Super 8

最大限に伸ばした状態では、なんとウルトラスティックスーパー 8 は 679B とほぼ同じ長さになります。これは雲台をつけると身長 180cm の私が直立した状態でカメラがちょうど目の高さにくる状態で、ほぼどんな撮影シチュエーションにも対応できる長さと言えます。さすがに最下段は径がかなり細くなってしまい、679B に比べるとかなりしなりますが、見た目から受ける印象よりはよほどしっかりしていて、MMC3-01 よりもしなりが少ないくらい。これはダイレクトコンパクトパイプの構造のなせる技でしょうか。MMC3-01 は筒が楕円形なので、長辺方向には強いけど短辺方向にはかなりしなるんですよね。

Velbon Ultra Stick Super 8

流し撮りやアオリ・見下ろしの構図で撮る際には雲台があったほうが良いので、ボール雲台も合わせて購入。雲台は同じベルボン製で、QHD-33 だと雲台側の締め付けツマミが一脚の台座に干渉スレスレということなので、一回り大きい QHD-43 にしました。用途的にボディやレンズを取っ替え引っ替えという使い方はないだろうと思い、クイックシューなしモデルを選択。
可もなく不可もない雲台という感じですが、一脚本体と同様にコンパクトで軽く、取り回しは良いです。

Velbon Ultra Stick Super 8

耐荷重が 3kg までということなので、主にミラーレス+200mm までのレンズで使う予定。超望遠域は今まで通り 679B にがんばってもらいます。

この一脚なら「ちょっと使うかどうかわかんない」という状況でも、とりあえずカメラバッグに突っ込んで出かける、というのがしやすくて良いですね。
でもこれは MMC3-01 の出番が完全になくなってしまうなあ。

ベルボン / ウルトラスティック スーパー 8

B00N3IFEM0

ベルボン / 自由雲台 QHD-43

B0061GJ6C0

投稿者 B : 23:58 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2016/01/10 (Sun.)

ARTISAN&ARTIST ACAM-E25N

以前から私が何本も愛用している ARTISAN&ARTIST のイージースライダーカメラストラップシリーズに新色が発売されていたことに気がついたので、一本買ってきました。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25N (ブルーグレー)

ACAM-E25N

主にミラーレス向けの 25mm 幅タイプのイージースライダー「ACAM-E25N」の新色、ブルーグレー。万年筆のインクのような、落ち着いたいい色です。

イージースライダーは扱いやすくていいんだけど、ブラック以外はけっこう派手目なカラバリが多くて、微妙に組み合わせにくかったんですよね。でもこれなら私でも違和感なく持てそうです。

ACAM-E25N

このモデルは初代 ACAM-E25 のマイナーチェンジ版という位置づけのようですが、初代との違いはロゴの入り方。初代では大きな赤いメーカーロゴがストラップに縫い付けられていましたが、新型では革製のタグに控えめにロゴが入っています。このタグは長さ調整可能なストラップが滑るのを抑える役割もあるようで、初代より安定感も高まっているように感じます。

ACAM-E25N

カメラ側に通すバンド部分は、一般的な一眼のストラップホールに合う 10mm 幅になっています。細幅の ACAM-E25S はミラーレスカメラの三角カンに通すには細すぎて、却ってグラつきが気になったので、こっちのほうが扱いやすい。

ACAM-E25N

ブルー系なので、ロゴがブルーな α7S で使ってやることにします。α7 シリーズを複数所有していると、うっかり取り違えてしまう事故も起きがちなので(笑)、ストラップの色で判別できるようにするのが良いかなと。

イージースライダーと同様な長さ調節対応ストラップは他社からもいろいろ出てきていますが、私はデザインも含めてイージースライダーが一番気に入っているので、もう少しカラーやデザインのバリエーションを出してほしいところ。特に原色系のレッドじゃなくて、ワインレッドっぽい色があれば一本買うんだけどなあ。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25N

B0186UAUL4

投稿者 B : 21:25 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/11/01 (Sun.)

Manfrotto PIXI EVO

先日発売されたばかりのこのミニ三脚を手に入れました。

Manfrotto / PIXI EVO ミニ三脚 (ブラック)

Manfrotto PIXI EVO

初代 PIXI も持っていますが、高さや角度に幅がないことと、縦位置撮影が多い私にとって縦位置にセットできないことが微妙に使いづらく、カメラバッグに入ってはいるもののあまり活用されていませんでした。が、その上位モデルとなるこの PIXI EVO では、そんな私の不満点がほとんど快勝されているらしい、ということでさっそく購入。

Manfrotto PIXI EVO

初代 PIXI と比べると、このようにしっかり一回り大きくなっています。最初、店頭で見たときは「こんなに大きくなっちゃうのか!」と軽く躊躇したんですが、実際に持ってみると重さは意外にも大差ありませんでした。容積は取りますが、鞄に入れておく分には初代 PIXI と変わらない感覚で持ち歩けると言えます。

Manfrotto PIXI EVO

初代からの進化点その 1。ボール雲台の固定/リリースが、初代はワンタッチボタン式(押し込むとリリースされる)だったのに対して、EVO ではネジ式(Manfrotto の赤い三脚マークの部分を回す)になっていて、より思い機材でもしっかり保持できるようになりました。
また、雲台への機材の脱着も、初代が本体ごと回転させる必要があったところ、EVO では雲台にローレットが仕込まれていて、よりラクに着脱できるようになっています。

Manfrotto PIXI EVO

進化点その 2。レバーを使って開脚の角度を二段階に設定できるようになりました。
これ、どれくらい変わるかというと、

Manfrotto PIXI EVO

狭い方だとこんな感じ(直角二等辺三角形くらいですかね)で、

Manfrotto PIXI EVO

広げるとかなりペタッと地面につく感じになり、ローアングルもこなせるようになります。

Manfrotto PIXI EVO

進化点その 3。脚が伸ばせるようになりました。
ボタンを押しながら引っ張ることで、脚の長さを五段階で調節可能。高さが固定であることが初代 PIXI の大きな不満だったので、これは嬉しい。

Manfrotto PIXI EVO

耐荷重は 2.5kg ということなので、その気になれば EOS 5D+標準ズームクラスでもいけてしまいますが、バランス的には α7 くらいがベストマッチじゃないでしょうか。
夜景だったり動画やタイムラプスだったり、三脚を使うことで撮影シーンが大きく広がるカメラなので、この三脚とは相性がいいと思います。

Manfrotto PIXI EVO

スペック上の耐荷重 2.5kg とはいっても、縦位置にするとバランスが崩れてしまうので、70-200/F4G クラスだと縦位置では保持しきれません。α7 との組み合わせでは、24-70/F4 つまり標準ズーム程度までであれば、縦位置でも安定して使えます。

というわけで縦位置対応・長さ調整・角度調整が可能になり、より使い勝手が良くなった PIXI EVO。ちょっと大きくなってしまったのが難点ですが、これはカメラバッグに仕込んでおくと重宝するんじゃないでしょうか。
ちょうどこれから夜景が綺麗になる季節だし、私もカバンに α7 と PIXI EVO を常備して通勤しようと思います。

Manfrotto / PIXI EVO ミニ三脚

B0152X16XO

投稿者 B : 22:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/10/20 (Tue.)

α7 シリーズ用薄型アイピースカップ FDA-EP16

α7R II/S II に付属するアイピースカップの単品販売が始まったので、ひとつ買ってみました。

ソニー / アイピースカップ FDA-EP16

FDA-EP16

初代 α7 シリーズ(と無印 α7 II)に付属するアイピースカップは、出っ張りが大きくて硬いんです。なのでバッグの中で引っかかったり、撮影中にカメラを上げ下げすると服に引っかかったりします。かつての NEX-7/6 ほど簡単に脱落するものではありませんが、私も一度撮影中に引っかけて落とし、紛失しかけたことがあります。
あと、裸眼やコンタクト使用者にはあまり問題ありませんが、メガネ着用時にファインダを覗こうとすると、EVF の隅々まで見えない。眼鏡使用者としては使いにくかったのは事実です(私は撮影時はコンタクトですが)。

α7R II からついているこの新型アイピースカップは、初代 α7 シリーズにも互換性があるということで、試しに買ってみました。

FDA-EP16

旧型(左)との比較。旧型がほぼ変形しない硬質のゴムだったのに対して、新型は中空の軟質ゴム。EOS 5D3/7D2 などに使われているアイカップと似たような感じ、と言えば良いでしょうか。これならメガネをかけたままでも、EVF の隅々までよく見えます。

FDA-EP16

ボディ液晶面からの出っ張り度合いの差だけ見ると微々たる違い。でも、新型のほうは素材が柔らかいことで確実に引っかかりにくくなっています。

実際には、α7 II までの機種と α7R II/S II とでは EVF の光学系が変更されていて、α7R II/S II のほうが倍率が高く・アイポイントが短く設計されているためにアイピースカップも変更されたのでしょうが、取り回しの良さやメガネでの使いやすさを考えると、旧 α7 シリーズでも新アイピースを使うメリットは少なくなさそう。

FDA-EP16

新型アイピースをつけると初代 α7 でもなんだか α7R II を使っている気分になれるので(笑)、私はもうこの新型を使っていくことにします。

あと α7 の EVF にもうひとつ注文をつけるとしたら、アイセンサがちょっと過敏すぎるのを何とかしてほしいんですよね。液晶をチルトさせてウエストレベルで撮ろうと思ったら、お腹に反応して液晶が消える(EVF に自動切り替え)のが鬱陶しいんですよね。これも α7R II/S II ではカスタムボタンに FINDER/MONITOR 手動切り替えが割り当てられるようなので、新型のうらやましいところ。旧型にもファームアップで提供してくれませんかね。

あ、まずはお前のその腹を引っ込めろ、というツッコミは禁止します(ぉ

ソニー / アイピースカップ FDA-EP16

B010EWIASC

投稿者 B : 22:16 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/10/05 (Mon.)

NOKTON 40mm F1.4+VM-E Close Focus Adapter

NOKTON 40mm F1.4 の α7 への装着には、以前買った VM-E Close Focus Adapter を使っています。

NOKTON 40mm F1.4+VM-E Close Focus Adapter

単なるライカ M-αE マウントアダプタというだけでなく、ヘリコイドがついて近接撮影をも可能にしてくれるという優れもののマウントアダプタ。コシナによる国内製造で工作精度も非常に高く(むしろちょっとレンズの着脱がキツいくらい)、高いだけのことはあります。

M マウントをはじめとするレンジファインダー系のレンズは、最短撮影距離が良くて 50cm~ という感じで寄れないものがほとんど。ミラーレスカメラ用のレンズも同様に寄れないことが多いので、おそらく光学設計的にはフランジバック(というより後玉から撮像面までの距離)が短いと最短撮影距離が長くなりやすい、ということなんでしょうね。
そういうレンズを一気に「寄れるレンズ」に化けさせてくれるのが、この近接対応マウントアダプタ。組み合わせるレンズにもよるものの、私の持っている NOKTON 40mm F1.4 では最短撮影距離 70cm→33.4cm と約半分に、SWH 15mm F4.5 ASPH. II ならなんと 50cm→10.8cm と大幅に短縮してくれます。

じゃあ実際どれくらいまで寄れるようになるのか、試してみました。

NOKTON 40mm F1.4+VM-E Close Focus Adapter

こちらが通常モードでの最短撮影距離。もともとが主にスナップ用途のレンズなのでこういう構図はあまり得意ではなく、もうちょっと寄り足りないというフラストレーションを感じます。

これが、アダプタ側のヘリコイドを最大に回して最も寄った状態ににすると、

NOKTON 40mm F1.4+VM-E Close Focus Adapter

ここまで寄れる。マクロレンズとは言わないまでも、普通のレンズでもここまではなかなか寄れないほど寄れます。絞り開放だとかなりピントがシビアで、身体が少し揺れたり風が吹くだけでピントがずれてしまいますが、寄れないレンズが寄れるようになる恩恵はとても大きい。スナップ撮影時の構図の幅を広げてくれるアダプタです。

また、これを APS-C のボディで使うと、60mm 相当の簡易マクロレンズ的にも使えます。E マウントのマクロは APS-C の 30mm とフルサイズの 90mm しかない状況で、30mm マクロは性能は良いけどパースが広角レンズ的なので、小物を撮るのにはあまり向いていません。90mm はちょっと高いし。クローズアップフィルタは白黒などのコントラスト比の高い被写体を撮ると色収差が目立つ。その点、この NOKTON 40mm をマクロ代わりに使えば 30mm に比べると標準レンズ的なパースの少ない画角で、画質劣化もなく、とても扱いやすい。 私の場合、日常的な blog 用のブツ撮りにも活躍してくれそうな気がします。

改めてこれ、世の中にあふれる大量のレンジファインダーレンズがすべて常用レンズとして立ち上がってくる、非常に重宝するマウントアダプタだと思います。個人的には、CONTAX G-αE マウントアダプタ(MF 専用でいい)にも近接対応機能をつけてほしいんですが、MF 用ヘリコイドにさらに近接用ヘリコイドをつけるのは、あの厚みの中だとさすがに難しいですかね。

Voigtländer / VM-E Close Focus Adapter

B00GD30MEM

投稿者 B : 22:30 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/10/02 (Fri.)

カメラバックパック購入検討中

マンフロット、新カメラバッグ「NXコレクション」 - デジカメ Watch
Manfrotto / NEXT バックパック 13.2L

B0152WXNWC

最近精力的にカメラバッグをリリースし続けている Manfrotto から、新シリーズ「NX コレクション」が発表されました。

これは数年前の同社の普及クラスだった「STILE」シリーズの後継、的な位置づけでしょうか。オーソドックスだけどシンプルで飽きの来なさそうなデザイン、価格もそこそこリーズナブル、というあたりが良さげ。

私はバックパックタイプのが気になっています。最近、重い機材を肩掛けバッグで持ち運ぶと、てきめんに腰に来るようになってしまったので(5~10kg の機材を持ち運んだらそりゃそうなる)、ミラーレス+レンズ 1~2 本という軽装でもなければできるだけバックパックにしたい。
春に買った「ターン 25 フォト」もとても気に入っているんですが、EOS ならともかくミラーレスには大仰なので、もう少し小さめのカメラバックパックがもう一つ欲しいんですよね。

Manfrotto のこれは、シンプルながら 2 気室構造になっていて、カメラ機材へのアクセスがしやすそうなのがポイントです。
ただ、タウンユース想定なのかチェストストラップがついていないのがやや難点。後付けという手もあるけど、使わないときにずり落ちてくるんですよね...。

買うとしたら条件にしたいのはこのあたり。

  • 容積 15~20L 程度(これ以上だとターン 25 フォトとかぶる)
  • サイドアクセスなど、バックパックを下ろさずに機材の出し入れができること
  • カメラ機材専用のバックパックではないこと(2 気室タイプなど)
  • できれば小型タブレット用のポケットがあるとなお良い
これが探してみると意外に選択肢が少ないんですよね。今のところ候補はこの 3 製品。

Foxfire / ビューマスター 18L

B00F3Y4QLC

サイドアクセス方式の 2 気室型。とはいえカメラ用のコンパートメントは脱着可能なインナーケースなので、普通のリュックとしても使えます。
Foxfire らしくしっかりした作りで、三脚用アタッチメントがついているのもポイント高し。デザインも悪くないけど、カラバリがブラックとライトグリーンだけというのが...もうちょっと落ち着いた有彩色系のカラーが欲しいところ。
あととても軽いのもいいんですが、その分ナイロン素材がちょっと安っぽく感じます。

Lowepro / フォトハッチバック 16L

B008O8D1MY

こちらも 2 気室型。カメラ収納部には側面ではなく、背中側に開口部があって、そこからアクセスするようになっています。店頭で実際に触ってみましたが、もしかするとサイドアクセスよりも安心感ある使い勝手かもしれません。タブレット用のポケットがついているのも○。
カメラバッグを作り慣れた Lowepro らしい、扱いやすいバックパックだと思いますが、デカデカと配置されたロゴがあまり好みじゃないという...。あと、Lowepro ってモデルチェンジ前後に大胆な安売りをするので、ちょっと安物っぽいイメージがあるのも惜しいところ。安売りしなけりゃ良いのに...。

HAGLOFS / CORKER MEDIUM 18L

B011BMZSFC


これは変化球ですが、HAGLOFS の CORKER シリーズは一般用のバックパックながら、サイドアクセスタイプなので自分でカメラ用インナーを足せばある程度求める使い勝手に近づけられそうなんですよね。
デザイン的にはこの 3 製品の中では一番好みなんですが、街で見かけて「あのロゴのプリント剥がれやすそうだな...」と思っていたので、そこが微妙(笑

とりあえずもう少し悩んでみようと思います。

投稿者 B : 22:45 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/10/01 (Thu.)

TECHART EOS-NEX III

ファストハイブリッドAF対応のEF→Eマウントアダプター - デジカメ Watch
TECHART / EOS-NEX III

B015WIRBTW

TECHART から EF-αE マウントの新製品が登場。像面位相差 AF 機構を備えた E マウント機の「ファストハイブリッド AF」に最初から対応したモデルです。

同社の αE マウントアダプタとしては、ほんの 4 週間前のファームアップで CONTAX G-αE、EF-αE マウントアダプタともに α7R II のファストハイブリッド AF に対応したばかり。なのに、EF-αE に関しては早くも AF をより高速化したバージョンのアダプタを投入してくるとは、動きが速いですね...。
なお、ハードウェア的な進化点は AF の高速化のみならず、旧型ではファストハイブリッド AF 対応は α7R II のみだったのが、今回の新型では α7 II・α7・α6000 などの機種にも対応しており(残念ながら NEX-5R 世代は非対応のもよう)、多くの αE ユーザーに恩恵のあるアダプタと言えそうです。一眼レフは EOS だけどミラーレスは α、って人は少なくないと思うので。

まあ EF レンズは EOS で使うのが最も性能を引き出せるわけですが、「EF のこのレンズを使いたいけど、OVF じゃなくてチルト液晶で撮りたい」というシチュエーションは年に数回は出てきます。そのためだけにバリアングル対応の EOS ボディを買うわけにもいかないし、そもそもフルサイズでバリアングル対応の EOS は存在しないし、そういうときに EF-αE アダプタが欲しくなるんですよね。そのうち買おうと思っていたけど、そろそろ買い時なのかもしれません。

ただ、TECHART のマウントアダプタは、電子技術的には先端をいく製品ではあるけれど、細かいところを見ていくと製造面での作りは KIPON や METABONES よりも甘いところがあるし、アップデートもワイヤレスだとちょっと不安だったりするんですよね。他メーカーからも同様の製品が出てきて、比較して買える状況になると良いんですが。まあ、アジア系のマウントアダプタメーカーはどこも動きが速いので、もう少し待てば出揃ってきそうな気はします。

投稿者 B : 22:18 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/09/06 (Sun.)

TECHART TA-GA3 のファームウェアアップデート

TECHART「TA-GA3」ファームウェアアップデート: Ver.2.0(α7RⅡ専用)公開!
TECHARTの電子制御マウントアダプターがソニーα7R IIに対応 - デジカメ Watch

私も愛用する、CONTAX G-αE の AF 対応マウントアダプタ「TA-GA3」に、α7R II 対応のファームウェアアップデートがリリースされました。

そういえば私も購入以来一度もファームアップせずに使い続けていたので、この機会にアップデートしようかと思ったら、国内代理店である焦点工房のサイトには新ファームは「α7R II 専用」と書かれているじゃないですか。これはもしかして新ファームは α7R II 以外の機種では動作制限があるということかと思って両方持っている知人に聞いてみたところ、新ファームは他機種では AF-S(シングル AF)は使えるものの DMF モードが選択できなかったり、MF そのものも使えないという制限があるとのこと。
TA-GA3 の AF は完璧ではないので、DMF や MF を併用できないのは厳しい。最新ファームを適用するのはやめておくにしても、買ってから今までの間に出ているファームくらいは当てておくか、ということで、一つ前のバージョンにアップデートしてみることにしました。

TECHART TA-GA3

TA-GA3 のファームウェアアップデートは Bluetooth 経由で行います。非常に慎重な作業が必要なファームアップを、必ずしも接続が万全とは言いがたい Bluetooth 経由でやらせるとは、TECHART もかなりチャレンジャーだよなあ(´д`)。
製品には PC 用の Bluetooth 4.0 アダプタも付属していますが、最近はもう PC 経由でのアップデートは積極的には勧めていないようで、最新バージョンのアップデート手順は Android/iOS 版しか見つけられませんでした。なので Android 経由でアップデートしてみることにしましたが、それでも Google Play でのダウンロード数は 100 件のオーダーということで、このマウントアダプタがどれだけマニアックかということが改めて判ります(笑

TECHART TA-GA3

アップデート用アプリをインストールしてみたところ、TA-GA3 のファームウェアの一つ前のバージョンは半年ほど前にリリースされた 1.0.5 が存在するようです。
アップデータ上のこの表記を見ると、いったん 2.0.0 にアップデートしても旧バージョンにも書き戻せそうな感じに見えますが、できなかったら怖いのでやめておきます(ぉ

TECHART TA-GA3

アップデートを適用するには、バッテリが 50% 以上残っているボディにマウントアダプタを装着して、レンズは装着せずに一度電源を入れます。
レンズがついていると誤動作の原因になるということなのでしょうが、私はレンズとマウントアダプタは持っているけどボディキャップは持っていないので、ファームアップ中はカメラのイメージセンサが丸裸になっているという、かなり怖い状態(;´Д`)。この際だからボディキャップの一つくらい買っておくべきかもしれませんね...。

TECHART TA-GA3

この状態で、ボディ側の絞り値を「F90」に設定して一度シャッターを切り(おそらくこの行為をもってマウントアダプタ側がファームアップ待機モードになる)、そのままカメラの電源を切ります。

TECHART TA-GA3

その後、カメラとスマホをできるだけ近づけてから、スマホ側の画面にある「Update」ボタンをタップ。

TECHART TA-GA3

そうすると、アップデータが Bluetooth 経由でマウントアダプタに接続し、ファームの転送とアップデートを開始します。
ただカメラ側では動作状態が一切確認できず、スマホ上でも進行状況が左下の「93370->0」のような数値表記で見えるだけなので(おそらくファームウェア容量の Bytes 表記ですらなく、単純に 20 万分表記でのカウントダウンになっていると思われる)、ちゃんと進んでいるのかどうかとても不安。ちなみに右下には Bluetooth の信号強度と思われる数値が表示されていますが、何 dB くらいが安定値なのかも判らないので、どうせいっちゅうねんという感じではあります。

TECHART TA-GA3

とにかく何もすることがなくただ見守り続け、カウントダウンがようやく「0->0」になったところ(転送完了)でアップデート開始。アップデート中も進行状況はよく分かりませんが、ひたすら待つとアップデートが完了し、スマホとカメラの接続が自動切断されます。
この間 15 分程度のことではありますが、画面表示はプログレスバーを出すとかもうちょっと分かりやすさを考慮してほしいところ。

150906h.jpg

実はアップデート直後はカメラを操作してもアダプタが反応しなくて正直焦ったんですが(汗)、何度かバッテリを抜き差ししたりマウントアダプタをつけ外ししてみたら復帰。このファームアップによって AF が速くなった感覚はありませんが、AF 速度は(少なくとも α7R II 以外は)コントラスト AF である限りボディ側のアルゴリズムとマウントアダプタ自身が内蔵しているアクチュエータの性能に依存するはずなので、そもそも期待薄なのかな。
Ver.1.x 系のファームアップはマウントアダプタ発売後に登場したボディへの最適化や動作安定性の向上が主目的なんじゃないかと思います。以前のファームでは、まれにシャッターを切った瞬間にボディが電源ごと落ちる(そしてバッテリを抜き差ししないと復活しない)という不具合があったりもしましたし。アップデート後さほど使い込んだわけではないので完治しているかは不明ですが、直っているといいなあ。

正直なところ、改善されたんだかされてないんだかよく分からない上に、進捗状況が分かりづらくて超不安な作業なので、どうしても気になる不具合があるとか、α7R II のように新ボディ対応が明確に謳われているアップデート以外はあえて適用しない方が安全かもしれません(笑。

TECHART / TA-GA3

B00KVHSDGK

投稿者 B : 22:24 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/07/06 (Mon.)

MindShiftGEAR のカメラバックパック

マインドシフトギア、機内持ち込み可能なバックパック - デジカメ Watch

MindShiftGEAR(マインドシフトギア)から新型のカメラバックパックが発表に。よさげですね、これ。

マインドシフトギアは私も愛用するシンクタンクフォトからスピンオフしたブランドで、タウンユース寄りの製品が多いシンクタンクフォトとは対照的に、アウトドア/サイクリング寄りのカメラバッグを発売しているブランド。今のところバックパックしか出していませんが、バックパックのベルトパック部分が分離して、ウエストポーチ的にぐるっと前面に回せるという超ユニークな機構が気になって、実は先日ターン 25 フォトを購入した際には、Manfrotto の Pro Lite 3N1-25 を含めた三製品の間で最後まで迷っていました。
最終的に、よく考えるとこれはバックパックのメインコンパートメントの容積が小さくなってしまい、逆に使い勝手が悪いのでは...という結論に至り、気室を分けたり一体運用したりツブシが効く MILLET にしたわけですが、その後もマインドシフトギアのバックパックは気にはなっていたんですよね。

今回追加された「ファーストライト」シリーズは、ローテーション 180 シリーズとは違ってごくオーソドックスなカメラバックパックながら、機能性の高さがマインドシフトギアらしく、扱いやすそうです。あと、小型モデル(20L)でもノート PC の収納と三脚の装着に対応しているのがキモだと思います。リュックタイプのカメラバッグで、小容量とノート PC 収納・三脚装着を兼ね備えたものって意外とないんですよね。あってもミラーレス前提だったりして。大容量モデルであれば他社にも選択肢はあるけど、20L モデルはオンリーワンの魅力を持っていると思います。

ターン 25 フォトはとても気に入っているけど、遠出するときでもなければちょっと大仰なんですよね。デイリーユース向けにファーストライトも欲しくなってきたなあ(←カメラバッグ沼)。

MindShiftGEAR / ローテーション 180 トラベルアウェイ

B00PXK42EW

投稿者 B : 23:06 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/06/08 (Mon.)

MILLET TARN 25 PHOTO の故障と修理

この春に買ったばかりの MILLET のカメラザック、TARN 25 PHOTO。使い勝手が良くてとても気に入っていたわけですが、

MILLET TARN 25 PHOTO

こわれました(;´Д`)ヾ。

上面のハンドループが、付け根のところからほつれてきて、今にも千切れそうに...。
ザックを持ち上げるときに、まずここを掴んで持ち上げてからショルダーストラップに腕を通して担ぐ...という手順になるので、まず最初に荷重がかかるのがこの部分になるわけですが。確かに重い機材をたくさん入れて持ち運んでいたとはいえ、カメラザックとして作られたものがほんの数度の使用でこうなってしまうとは、さすがに弱くないですかね(;´Д`)ヾ。

というわけでメーカー修理に持ち込みました。修理は購入店舗への持ち込みが原則ということで、これを買った渋谷のミレーストアに持ち込んだところ、2 週間ほどで直って帰ってきました。家電系だと最近は交換対応が当たり前なので、ちゃんと修理されて帰ってくると、それはそれで嬉しいものがありますね。

MILLET TARN 25 PHOTO

ちゃんと直ってます。

店員さんに聞いてみたところ「カメラザックなのである程度の重量には耐えるように作られています。このザックはけっこう数量が出てますが、ここが壊れたのは初めて見ました」とのことなので、単なる個体不良だったのでしょう。
それでも、気分的にはやっぱり少し不安なので、今後は重い機材を入れたときにはできるだけショルダーストラップを持って持ち上げるようにしようと思います。

とりあえず「重い機材が入っているときに千切れなくて良かった」とポジティブに考えることにします(笑。それにしても最近、故障修理系が続いていますが、なんかの前触れなんでしょうか...。

投稿者 B : 23:52 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/04/25 (Sat.)

MILLET TARN 25 PHOTO

新しいカメラバッグを買いました。春になるとカバン(ry

MILLET / TARN 25 PHOTO MIS0506 (DEEP HORIZON)

MILLET TARN 25 PHOTO

通勤カバンを 3 ウェイバッグにしたのと同じ理由で、しばらく前から肩と腰の負担を和らげるためにバックパックタイプのカメラバッグが欲しいと考えていました。が、いざ選ぼうと思うとバックパックタイプは肩掛けタイプ以上に難しいジャンルで、なかなか「これ」というのに出会えない。機材の出し入れがしやすくて、そもそもリュックとして扱いやすく負担が少なく、かつゴツすぎないシンプルなデザイン...というのは贅沢な望みだったかもしれません。

カメラバッグメーカーの製品を一通り調べてみて、どれも決め手に欠ける...と思ったところで、ふとカメラバッグはカメラバッグメーカーのものを買うべきと、誰が決めたんだァ!と思い直してアウトドアブランドのカメラザックに視野を広げてみたところ、自分の望むものに最も近いと思えたのが、このミレーの「ターン 25 フォト」。同デザインでカメラ用ではない「ターン 25」というモデルがまずあって、そのバリエーションとしてカメラ用が発売されています。
カラーは普段あまり選ばない色味で、ブルーグリーンっぽい DEEP HORIZON。カメラバッグって黒いのばかりだし、休日に写真撮りに出かけるときくらい元気になれる色がいいと思って選びましたが、今でもまだブラックでも良かったかなと半分思っています(笑。

MILLET TARN 25 PHOTO

このバックパックは本格的な登山用というよりはタウンユース~日帰り登山向けのスペックですが、アウトドアブランドらしく、ショルダーストラップやバックパネルはクッション性が高く、機材を詰め込んでも苦になりません。またショルダーストラップにはハンドレストや隠しポケットがついていて、なかなかに機能的。

MILLET TARN 25 PHOTO

チェストストラップのバックルには、緊急用ホイッスルが無駄に仕込まれています(笑。

ここのところアウトドアグッズづいている私ですが、AV/IT 機器でなくても、こういう機能性の高いギアに触れるのは楽しいですね。

MILLET TARN 25 PHOTO

カメラ用バックパックでも軽さ重視で薄いナイロンを使っているものが少なくないですが、この製品では生地にコーデュラナイロンを採用していて、しっかりとした安心感があります。

気室は二つに分かれていて、メインコンパートメントには取り外し可能なクッションボックスが仕込まれています。

MILLET TARN 25 PHOTO

クッションボックスには、背面と底面に細長いベルクロが取り付けられていて、歩行中のガタツキを抑えています。全面ベルクロでないので付け外ししやすいのも便利。

MILLET TARN 25 PHOTO

このクッションボックスは比較的大容量で、EF24-70/F4L を装着した EOS 5D Mark III に加えてレンズ 2 本程度を収納可能。ただし 70-200mm クラスの長玉は収まりきらないので、そういう場合は上蓋を開けっ放し(上蓋を 90° 開けるとちょうど上部気室の高さと同じになる)にして使うことになります。

MILLET TARN 25 PHOTO

下部気室もカメラ用。これまたベルクロで調節可能なセパレータが入っていて、機材を仕分けて収めることができます。

MILLET TARN 25 PHOTO

下部気室の容量は、パンケーキレンズをつけた 5D Mark III+標準ズームレンズ+小さめの単焦点レンズが収まる程度。レンズの本数を欲張らなければ 5D3+24-70/F4L+16-35/F4L のセットも収納できます。望遠レンズを使わない撮影用途であれば機材は下部気室にまとめて、上部気室はまるまるカメラ以外の荷物を詰めるのに使えます。ミラーレスならボディ+小三元セットまで収まってしまうんじゃないでしょうか。

リュックタイプのカメラバッグの欠点として、縦に長いために機材が収めにくい/取り出しにくいということがありますが、この構造ならば機材の出し入れもしやすく、非常に使い勝手が良いと言えます。

MILLET TARN 25 PHOTO

なお、下部気室のクッションボックスも取り外し可能。カメラ用ではない「ターン 25」相当のバックパックとしても使えてしまうわけです。
さらには上部気室と下部気室を分けている隔壁もファスナーで開くことができ、25L の容量を持つバックパックとして、大きめの荷物を収めることもできます。この使い勝手の良さは他のカメラバックパックにはなかなか見当たらず、購入の決め手になりました。

MILLET TARN 25 PHOTO

背面のジップポケットには 8inch タブレットまでが入ります。カメラ用途としては他にもメモリカード、予備バッテリ、クリーニングクロス等々いろいろ入れるものがあるので、もう少しポケットが欲しいくらい。まあメインコンパートメントが広いので、そこを上手く活用することでしょうか。

MILLET TARN 25 PHOTO

カメラバッグメーカー製のバックパックに比べると弱いのは、三脚/一脚用のアタッチメントがついていないこと。まあ一脚程度ならばサイドポケットとコンプレッションストラップでなんとかつけられますが、もうちょっと短くできる一脚が欲しいところですね...。

MILLET TARN 25 PHOTO

底面にはレインカバーが仕込まれています。展開するとブルーグリーンから一気に鮮やかオレンジにイメージチェンジ。
濡れると困る機材をたくさん詰め込むので、こういう機能は重宝しますね。

MILLET TARN 25 PHOTO

カメラバッグ選びは難しくて毎度苦労しますが、私の求めていた要件をほぼ満たすバックパックにようやく出会うことができました(まあ、それでも使っていくうちに不満点も出てくるでしょうが)。
これなら重い機材も今までよりはラクに持ち運べると思うので、改めてアクティブにいろいろ撮りにでかけるぞー。

MILLET / TARN 25 PHOTO MIS0506

B00TPOZFDE

投稿者 B : 22:25 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/04/10 (Fri.)

ABITAX 1625 Adjustable Strap L

JJC のオートレンズキャップを買ったら NEX-5R をハンドストラップで運用したくなってきたので、これを買ってみました。

ABITAX / 1625 Adjustable Strap L (オレンジ)

ABITAX 1625 Adjustable Strap L

久しぶりの ABITAX 製品。カメラ用の伸縮式ハンドストラップです(機器への接続紐の太さ違いでスマホ用もあり)。メタリックな NEX-5R との組み合わせならインディゴが似合うと思ったけど、誰かさんとかぶってしまうため(笑)オレンジを選択。これはこれで α のシナバーカラーっぽいでしょ?

ABITAX 1625 Adjustable Strap L

うん、やっぱりこの素材感が NEX-5R の機械的なイメージによく似合う。

NEX-5R にはずっと ARTISAN&ARTIST のイージースライダーネックストラップシリーズをつけてましたが、この佇まいにはハンドストラップのほうが似合っていると思います。

ABITAX 1625 Adjustable Strap L

ストラップは手首を通すのに十分な長さがあって、手首を通した後はタブを引っ張ってやることで環が締まり、逆に基部を持って手首を捻ってやることで緩むようになっています。ちょっとコツが必要ですが、慣れればスムーズに着脱できます。

ABITAX 1625 Adjustable Strap L

ここのところ、普段使いのカメラは完全に α6000 か RX100 III になっていて、NEX-5R はほとんど出番がなくなっていたけど、このコンデジ感覚で APS-C の絵が撮れる、というのはやっぱりいい。α6000 もいいけど、やっぱり二回り近く大きくなっちゃうので、通勤鞄の常駐カメラの座は RX100 III に奪われがちですし。
オートレンズキャップでさらにコンデジ感覚になったことだし、しばらくは通勤鞄に NEX-5R を入れて歩こうと思います。

ABITAX / 1625 Adjustable Strap L (オレンジ)

B00A9SQOJ4

投稿者 B : 23:16 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/04/09 (Thu.)

JJC E PZ 16-50mm 用オートレンズキャップ

先日発売されたばかりのこんなグッズを買ってみました。

ソニーE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS用の自動開閉キャップ - デジカメ Watch
JJC / ソニー E PZ 16-50mm 専用オートレンズキャップ Z-S16-50

JJC Z-S16-50

α E マウントのキットレンズである E PZ 16-50mm 用のオートレンズキャップです。コンデジとは違い、一眼カメラの交換レンズはレンズバリアを備えておらず、レンズキャップをつけて運用するもの。でも PZ16-50mm は他の E マウントレンズとはフィルタ径が違うからキャップの流用はきかないし、径が小さいため外したまま行方不明になりやすいという欠点がありました。そこで私はステップアップリングを使って他のレンズとキャップを共有したりもしていましたが、このたび JJC からオートレンズキャップが発売されたので、すかさず買ってみました。

JJC Z-S16-50

前面にはスピン加工が施されていて、安っぽさは感じられません。

JJC Z-S16-50

レンズへの取り付けはフィルタ用のネジ切りを使ってねじ込みます。

JJC Z-S16-50

自動開閉のキモが、キャップ裏面にあるこの突起。カメラの電源を切ってレンズが沈胴すると、この突起が鏡筒(ズーム/フォーカスリング)に押されてキャップに内蔵されたレンズバリアが出てくる、という仕掛けになっています。コロンブスの卵的発想だけど、これは考えたなーと感心しました。

JJC Z-S16-50

レンズに取り付けるとこんな感じ。電源オフ時には「目を閉じている」ような見た目になります。ちなみに、ねじ込み式なので水平位置できっちり止まるわけではなく、手動で微調整してやる必要があります(斜めでも実用上問題ありませんが)。

なお、レンズバリアはきっちり閉じているものの、レンズキャップとは違って細かい塵の侵入が完全に防げるわけではないので、そのへんは利便性とのトレードオフということになります。あとフィルタ系も使えなくなります。

JJC Z-S16-50

バリア開閉のギミックを内蔵している割には、キャップ自体は十分薄いと言えるレベルで、もう PZ16-50mm ユーザーなら標準のレンズキャップの置き換え用に全員買うべき(ぉ。
キャップ外周のローレットもレンズ側のそれとよく似たデザインになっていて、まるで純正オプションのような一体感です。ブラック鏡筒のレンズならもっと似合うでしょうね。

JJC Z-S16-50

とはいえ私は α6000 には何かしらのツァイスレンズをつけっぱなしにしているので、PZ16-50mm は普段あまり使っていないんですよね。でもこれで取り回しが良くなったので、同じく最近使用頻度が落ちている NEX-5R と組み合わせて、レンズ交換なしでコンデジ代わりに使う、というのは案外重宝するかもしれません。ネックストラップもやめてハンドストラップにして、ラフに使ってやるかなあ。

投稿者 B : 22:16 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/03/27 (Fri.)

MARUMI EXUS

EF16-35mm F4L IS USM は防塵防滴構造と謳われていますが、十分な防塵防滴性能の発揮には別途レンズプロテクタが必須、とされています。
その理由はこれ。

Canon EF16-35mm F4L IS USM

ズーミングによってレンズ前玉が動くようになっていて、レンズプロテクタを装着しないとこの隙間から埃や水滴が入り込む可能性があるためです。
上の写真はワイド端にした際に前玉が最も繰り出した状態ですが、下の写真は前玉が最も沈み込んだ状態。

Canon EF16-35mm F4L IS USM

これはテレ端ではなく、26mm くらいの焦点距離でこうなります。

というわけでもちろんレンズプロテクタを買ったわけですが、今回はこれを買ってみました。

マルミ / EXUS レンズプロテクト

MARUMI EXUS

私は原則としてレンズフィルタはケンコーかツァイス派で、マルミのフィルタはあまり使ったことがありません。でも撥水・防汚コーティングまでならケンコーの最上位モデル「Zéta Quint」でも採用されていますが、帯電防止コーティングまで施されているのは今のところこの EXUS くらいではないでしょうか。そこで今回は EF16-35mm F4L の防塵防滴性能を最大限に発揮させるプロテクタとして、EXUS に白羽の矢を立てました。

MARUMI EXUS

付属のフィルタケースはこんな感じで、高級フィルタの付属品としてはかなり安っぽい。ケンコー Zeta やツァイスの付属ケースに比べると、かなり見劣りします。まあ PL や ND と違ってプロテクタはほぼつけっぱなしなのでケースはまず使用しませんが、詰めが甘いと感じてしまう部分ではあります。

MARUMI EXUS

薄枠のプロテクタなので、16-35mm のワイド端でもケラれることはありません。

側面の「Lens Protect」のフォントが高級品としてはちょっと安っぽい...My Color Filter とヾフォントですよ。こういうところにも詰めの甘さを感じるなあ。

MARUMI EXUS

ちょうど EF24-70mm F4L のほうで同じ 77mm 径のケンコー Zeta を使っているので、比べてみました。

薄さは EXUS のほうがコンマ数ミリだけ薄いように見えますが、これは Zeta のほうがねじ込み部の深さが微妙に深いだけで、実際の装着時にレンズ前面に突出する厚みは同じです。

MARUMI EXUS

コーティングは EXUS が黄色みの強いグリーン、Zeta は深みのあるグリーン。とはいえわざわざ反射させて分かる程度で、そもそも低反射コーティングがかかっているので、撮影画像への影響はないと言って良いでしょう。

機能面では EXUS に軍配が上がるけど、「高級フィルタを買った」という満足感は Zeta のほうがあるんですよね(笑。レンズプロテクタなんて半ば消耗品だし、好みで選べば良い話ではありますが...。

マルミ / EXUS レンズプロテクト 77mm 91138

B00CCZ4ING

投稿者 B : 22:27 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/02/28 (Sat.)

Canon LP-E6N

BG-E16 も届いたことだし、EOS 7D Mark II 用の予備バッテリを買い足しました。

キヤノン / バッテリーパック LP-E6N

Canon LP-E6N

7D2 は旧 7D に比べるとバッテリの消費が激しいように感じます。まあ旧 7D から機能/性能アップしている部分しかないし、GPS も入っているし、高速連写も秒間 8 枚→10 枚になっているので同じ時間連写するだけでも 20% は多く電力を消費するはずだし、電池を喰って当然といえば当然。連写命のカメラとしては、予備バッテリは必須なわけです。
まあ、5D3 で使っている旧型 LP-E6 も使い回せるので、それほど足りていないわけでもありませんが、一応。

Canon LP-E6N

旧型 LP-E6 と比べると、外観は全く同じで容量が 1,800mAh→1,865mAh に微増しています。ラベル表記を見ると LP-E6 がバッテリセルは日本製、それ以降の工程(=アセンブリ)は中国と書かれているのに対して、E6N はシンプルに「MADE IN CHINA」となっており、バッテリセルまで含め中国製である可能性があります(単にキヤノン内の表記ルールが変わって最終製造国しか書かないことになっただけかもしれませんが)。
こういうバッテリのマイナーチェンジの理由の多くは模造品対策かセルの供給終了に伴う部材切り替えであることが多いですが、今回は旧 7D や 5D3 もファームアップなしで新型バッテリに対応しているので、おそらく単純に後者の理由によるセル変更ではないでしょうか。E6 も出てから 5 年経っていますし。

Canon LP-E6N

これでバッテリ切れの不安なくガンガン撮れます。そろそろ暖かくなってきて、カワセミが撮りやすい季節も終わりに向かっていきますが、まだしばらくがんばってみよう。

キヤノン / バッテリーパック LP-E6N

B00NM0X1VU

投稿者 B : 22:06 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/02/15 (Sun.)

CP+ 2015 (2)

昨日に引き続き、CP+ のレポートをまとめていきます。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2015

SIGMA

[ Sony α7 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

もうすっかり「じっくり回るブース」の一つになってしまったシグマから。

各種レンズの発表や dp3 Quattro の正式発表までは予想できていましたが、意表を突かれたのが dp0 Quattro の登場でしょう。

dp0 Quattro

最も数字の小さい dp1 がシリーズ中最広角カメラだとばかり思い込んでいたら、まさか「0」の数字を使ってくるとは。焦点距離 14mm(35mm 判換算 21mm 相当)の超広角レンズを搭載してきました。ワイコン使用を除けば、おそらく大型センサを搭載したコンパクトデジカメとしては最広角な製品になるのではないでしょうか。ただ 21mm というとかなり広角なので、これ一本で撮影というシーンは考えにくく、他の dp シリーズとの併用を前提としていると思われます。

ただし残念なことに dp0 Quattro はガラスケース越しの展示のみ。

dp0 Quattro

レンズの突出量は dp シリーズ中最大。かなり存在感のあるレンズですが、ここがもうコダワリの塊のようで、

とのこと。カメラ内補正が当たり前になりつつある昨今の流れに逆らい、レンズだけで歪曲ゼロを目指したというわけだから、まさに真のカメラ好きに向けた製品と言えます。鏡筒が長いのは、光学系のテレセントリック性(センサに対して光ができるだけ垂直に入射するように)も考慮したものと思われます。他の dp シリーズはレンズ設計やコンセプトを流用してミラーレス用交換レンズも発売されていますが、これも交換レンズ化されないかなあ。

dp3 Quattro

ちなみにガラスケース内の展示は背面液晶に製品名が表示されていましたが、特に何か動くわけでもないのにわざわざ AC アダプタを接続して画面を表示させていました。ここは別に製品名シールで良かったんじゃ...?

SIGMA [Art] 24mm F1.4 DG HSM

また、今回の CP+ に合わせて発表された新レンズがこの 24mm F1.4 DG HSM [Art]。フルサイズ対応短焦点 [Art] シリーズとしては 35mm、50mm に続く三本目になります。私はこのシリーズはとても気に入っているんですが、焦点距離的には 35mm、50mm と来たら次は 85mm F1.4 を出してきてほしかった。まあ今までの日本も含め、フルサイズで使っても APS-C で使ってもツブシが効く焦点距離が続いているのでそういう意図なんでしょうが(24mm は APS-C では 36mm 相当となりスナップに使いやすくなる)、待望の 85mm F1.4 [Art] は来年の CP+ 待ちな感じかなあ。

SIGMA [Contemporary] 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

昨年末に発表された二つの 150-600mm のうち、詳細が未公表だった [Contemporary] のスペックと価格も公表されました。

重量は約 1,830g、価格は 15 万円。旧 150-500mm よりは焦点距離が伸びた分若干重くなってしまいましたが、私が使っている APO 50-500mm OS が約 1,970g なので、それと比べると先日体感で量ってみたとおり少しだけ軽くなったことになります。これなら、手持ちでもギリギリ許容範囲。[Sports] のほうはとてもじゃないけど手持ちは無理だったので、アマチュア的な本命は [Contemporary] のほうでしょう。

SIGMA [Contemporary] 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

ただし [Sports] との違いは、直進ズームとしての使い勝手が考慮されていないこと。一応ズームリングを回さずに直進的にレンズを繰り出すことはできますが、トルクの掛かり方がスムーズではなく、中間域だけやたら軽く、500~600mm の区間は妙に重い、という感じなので、基本的にはズームリングで操作することが前提になるでしょう。
ただ各焦点距離でのズームロックは [Sports] 同様に対応しているので、天体撮影等には扱いやすいと言えます。

値段もだいたい予想通りのレンジだったし、これは 50-500OS から買い換えるか悩むところだなあ。

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III

続いてコシナブース。全くのノーマークだった、フォクトレンダー SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical(M マウント)に III 型が登場してきました。

これ、α7 用に去年 II 型を買ったところなんですよね...。何が変わったかというと、デジタル用にセンサへの光の入射角を最適化してきたということですから、完全に α7 シリーズでの周辺マゼンタ被り対策です本当にありがとうございました。
これはもう発売され次第 II 型から買い換えるしかない!と思ったところまでは良いんですが、価格が II 型から約 1.5 倍に上がってしまいました(;´Д`)ヾ。これはそうそう買い換えられない...。カメラ内のレンズ補正アプリで当面は凌ぐしかありません。

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III

今年のコシナブースはレンズのカットモデル展示祭りという感じで、何でもかんでもウォーターカッターで真っ二つに切りまくり(笑。おかげで III 型のレンズ構成もバッチリ確認できました。

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

で、こちらが今までの II 型。もうレンズの全長からして違う、全く別物のレンズです。

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

旧型のレンズ構成。一目瞭然ですが、II 型が 6 群 8 枚だったのに対して III 型は 9 群 11 枚というまるっきり違うレンズ構成になっています。dp0 Quattro のレンズが長かったのと同様に、経路を長くすることで多重に光学補正をかけつつ、センサに対してできるだけ垂直に入射するようにしているということでしょう。III 型の設計であればマゼンタ被りだけでなく、α7 シリーズで発生する周辺の像流れも軽減されることが期待できるだけに、これはたいへん気になります。まあそうそうすぐには買えませんが...。

ULTRON 35mm F1.7 Aspherical

他にも ULTRON 35mm F1.7 の参考出品やマイクロフォーサーズ向け NOKTON 10.5mm F0.95、ツァイスブランドで Otus や Loxia など、新レンズ群を精力的に展示していました。

Manfrotto 190CXPRO4T

そして Manfrotto ブース。

何の前触れもなく発表された、190 シリーズ三脚のツイスト(回転)ロック版「190T シリーズ」が展示されていました。

Manfrotto 190CXPRO4T

三脚はレバー式はワンタッチで伸縮できるものの機構が大きく重くなりがち、回転ロック式は逆にコンパクトで軽くできるけど設置に時間がかかりがち、ということで一長一短です。長年レバー式にこだわってきた Manfrotto が回転式を出してくるということ自体驚きですが、使い勝手はどうでしょうか。私はレバー式しかじっくり使ったことがありませんが、回転ロック式のフラッグシップ GITZO ユーザーであるクマデジさん曰く「GITZO なら 1/4 回転するだけですぐにロック/リリースされる。これは回転量が多くて GITZO ほど使いやすくなさそう」とのこと。GITZO も Manfrotto も同じグループ企業なので技術流用しているのかと思ったら、そこは差別化されているようですね。私はセッティングがラクなレバー式のままでいいです(笑。

Manfrotto befree Carbon

トラベル三脚 befree もシリーズ化されて、通常のアルミモデルにはカラバリが追加され、さらに上位モデルとしてカーボン版が登場しました。初代モデルを買った私としては気になるところですが、確かに比べるとただでさえ軽かったアルミ版に比べてさらに一段軽くなっていて、これなら旅行に躊躇なく携行できるレベル。ただし値段もアルミの約 2 倍になり、実売でおそらく 40,000 円前後になると思われます。それでも同じくカーボンを採用した GITZO のトラベラー三脚の半額なので、コストパフォーマンスは高いか。

Manfrotto MHXPRO-3WG

あと現場で見るまでノーマークだったんですが、ギア雲台にも新型「MHXPRO-3WG」が登場していました。

今までギア雲台といえば精密性は高いけど大きく重く高価いという三重苦でそうそう手が出ませんでしたが、これは樹脂製で軽く、かつ実売が 2 万円台中盤になるとのことで、これなら手が出る!

Manfrotto MHXPRO-3WG

しかも、角度調整用のノブを倒すと角度固定が解除されてフリーに動かせ、ノブを離すとまた固定される、という新機構を採用。ギア雲台の精密さと 3 ウェイ雲台の手軽さを併せ持った、非常に扱いやすい雲台と言えそうです。私は今使っている 3 ウェイ雲台を昨年発売されたハンドルが収納できる新型に買い換えようかと思ってましたが、買うなら俄然こっちかな...。

SIGMA

[ Sony α7 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

ということで、私の CP+ レポートはここまで。

会場でお会いした方もお会いできなかった方も、お疲れさまでした。また来年お会いしましょう!

投稿者 B : 00:33 | Camera | Camera Accessory | Compact | DSLR | Photograph | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7 | コメント (0) | トラックバック

2015/02/14 (Sat.)

CP+ 2015 (1)

CP+ に今年も行ってきました。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2015

紗々さん

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF70-200mm F4L USM ]

今年は久しぶりに各ブースをじっくり回ることができました。しかし何年も通っていると会場の知り合い率が高まってしまい、なんだかんだでご挨拶したり近況報告したりしている間に半日くらい過ぎてしまったという...。年々、撮影機器を見に行くというより普段会えない人に会いに行くというイベントになりつつあります。

展示内容に関しては既にニュースサイトを中心にあちこちで記事が上がってきているので、私は個人的に注目した新製品の話なんかを断片的にメモしていくことにします。

Canon

キヤノンブースは言うまでもなく 5Ds/5Ds R をはじめとした一眼カメラの新製品が大盛況。そういうこともあろうかと、前もってショールームで触っておいて良かった...。
ちなみに 40 分待ちであれば、そのまま東海道線に乗って行列のできていない品川のショールームに行った方が早く触れます(笑

Canon G3 X

今回参考展示としてアクリルケース越しに展示されていた、PowerShot G3 X。1inch センサを搭載した超望遠ズーム機です。

同じカテゴリで言えばソニーの RX10 のライバルということになるでしょうが、RX10 のレンズは 24-240mm/F2.8 相当なのに対して、G3 X は 24-600mm 相当の 25 倍ズーム(!)。レンズの開放 F 値こそまだ明かされていませんが、大型センサ搭載の超望遠コンデジとしては破格のスペックです。本気のスポーツや野鳥撮りには厳しいでしょうが、取材等の業務用途ではかなり使い勝手が良さそう。

Canon G3 X

ただ、本体サイズがそれなりの大きさになってしまっているのがネック。ボディとレンズを合わせてミラーレス中級機くらいの大きさになってしまうので、それならミラーレスを使った方がいい、という判断も大いにあり得ます。ただし 1inch 以上のセンサと 600mm 相当のレンズをこのサイズ感で持ち運べる選択肢は他にないので、超望遠域を使う用途がどれだけあるか、が鍵になるでしょう。用途さえハマれば無二のカメラになりそうです。

PENTAX Full-size

続いてペンタックスブース。出る出ると言われ続けてそろそろ出す出す詐欺になりそうだったフルサイズ機が、ようやく形だけながら姿を見せました。

ただし現時点ではあくまでモックのみ。とんがり帽子の、同社初のフルサイズデジタル一眼、しかも当初はモック展示...この道~は~、いつか来た道~(by α ユーザー

PENTAX Full-size

正面から見るとけっこう出来上がっていそうに見えますが、別の方向から見るとまだ全然外観形状が決まっただけのモックにすぎないことが判ります。まあ実際の設計はもっと進んでいてあえてモックしか展示していない、という可能性もありますが、まだまだ先は長そうです。

私は今のところペンタックス機を買ったことはありませんが、なにげに周囲にペンタックスユーザーが多いので(でもほとんどの人がここ数年で他マウントとの併用になりつつある)、注目はしています。

PENTAX Full-size

背面を見ると、この液晶周りの微妙な形状は、チルト対応するということでしょうか?

フルサイズ一眼でチルトできるカメラはまだ少数派なので、ライブビュー専用としてもチルトで出てきたら面白いことになりそうです。

OLYMPUS EE-1

それからオリンパスブース。私が注目しているのは、E-M5 II ではなく、その上についているドットサイト(照準器)「EE-1」です(笑

去年発売されたネオ一眼、STYLUS SP-100EE のドットサイト部分のみを単体で商品化したような機器。一応 OM-D シリーズのオプション品扱いになっていますが、特にカメラ本体と電子連動するわけでもないので、汎用のドットサイトとして他社カメラでも使えそうなのが気になっています。

OLYMPUS EE-1

こういう形でパカッと開きます。折りたためるので持ち運びやすいのが嬉しい。

野鳥撮りで超望遠レンズを使うときの欠点は、被写体がフレームアウトしたときに追いかけるのが大変なこと。ドットサイトであればフレーム外の視野も見えているため、飛び回る野鳥のフレーミングがかなり容易になります。実は最近野鳥撮りのために射撃用かデジスコ用のドットサイトを導入しようかと考えていたところなので、これは有力な選択肢になります。

OLYMPUS EE-1

レティクル(照準線)の明るさは 5 段階に調整でき、位置の微調整も可能。私はドットサイトにはまだあまり詳しくはありませんが、入門用としては十分かな...。こういうのは売れるのか売れないのかさっぱり判りませんが、他にあまり選択肢もないので、初物は争奪戦になりそう。春の発売ということですが、早めに手に入れたいところです。

CP+ のレポートは次回に続きます。

投稿者 B : 01:33 | Camera | Camera Accessory | Compact | DSLR | EF70-200/F4L USM | EOS 5D Mark III | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2015/01/27 (Tue.)

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

すっごく久しぶりにスタンダードサイズの SD カードを買いました。

SanDisk / Extreme PLUS SDXC UHS-I Class10 64GB SDSDXS-064G-EPK [エコパッケージ]

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

振り返ってみたら最後に SD カードを買ったのは 2 年半前でした。
ウチには 16~32GB の SD カードがけっこうゴロゴロしているのでしばらく買い換えの必要性を感じていませんでしたが、EOS 7D Mark II を買ったらメモリカードの書き込み速度がボトルネックになってせっかくの高速連写が活かし切れていないような気がして、何か速い SD カードを買うか...と考えていました。そんな折、Amazon のタイムセールでこの Extreme PLUS が安く出ていることに気づき、すかさずポチッた次第。

Amazon の商品写真を見るとラベルは真っ黄色のように思えましたが、実物のラベルは半光沢のゴールド。まあこれが高級感あるか、と言われれば微妙だけど(笑

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

買ったのは「エコパッケージ」というパッケージ品。この「エコパッケージ」というのは、パッケージが簡易なだけで SanDisk の国内正規品とのこと。一般流通ではこういうパッケージは見ないので、Amazon 専用の簡易パッケージ品なのかもしれません。単なる白い厚紙の封筒というのは、最初ちょっと驚きましたが(笑。

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

今までは並行輸入品のほうが明らかに安いけど偽造品リスクもあるので、できるだけ信頼できるショップで...という手間がありましたが、国内正規品が安く買えるならそれに越したことはありません。それでもタイムセールでなければ並行輸入品のほうがまだ安いですが。

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

封筒の中に入っていたのは、半透明のプラスチックケースに入れられた SD カードのみ。説明書のペラ紙すらありません。まあ使い方が分からないものでもありませんし、豪華なパッケージとか付属品とか特に必要ないので、十分です。保証に関しては 30 日間の初期不良のみらしいので、その点が気になる人は注意したほうがいいかも。

実際どれくらい速くなっているのか、CrystalDiskMark で計測してみました。比較対象はExtreme SDHC(45MB/s モデル)および Extreme CF(60MB/s モデル)。カードリーダにはバッファローの BSCR09U3BK を使用しています。

メディア Extreme PLUS
SDXC (80MB/s)
Extreme
SDHC (45MB/s)
Extreme
CF (60MB/s)
Sequential Read 92.029MB/s 46.743MB/s 82.682MB/s
Sequential Write 60.865MB/s 41.426MB/s 49.178MB/s
Random Read 512KB 79.346MB/s 42.098MB/s 39.876MB/s
Random Write 512KB 34.122MB/s 1.613MB/s 1.720MB/s
Random Read 4KB (QD=1) 6.114MB/s 3.914MB/s 3.927MB/s
Random Write 4KB (QD=1) 2.176MB/s 1.352MB/s 0.259MB/s
Random Read 4KB (QD=32) 5.448MB/s 3.510MB/s 4.260MB/s
Random Write 4KB (QD=32) 2.051MB/s 0.465MB/s 0.285MB/s

うおー速い。ほぼ公称値通り、Extreme SDHC 45MB/s モデルの 2 倍、Extreme CF 60MB/s モデルと比べても 1.5 倍くらいのスピードが出ています。今まで、手持ちのメモリカードで最速は Extreme CF でしたが、それを軽く超えてきました。

もうひとつ、実際にカメラで使ったときの記録速度はどうか?ということで、EOS 7D Mark II を使って 10 コマ/秒連写が息切れ(コマ数が落ちる)するまでの枚数と、息切れも含め 30 秒間に撮影できる枚数を計測してみました。カメラ設定は RAW+JPEG Large/Fine 記録で、マニュアル露出・ISO100・シャッタースピード 1/8000 秒、高速連写モードにてテスト。

メディア Extreme PLUS
SDXC (80MB/s)
Extreme
SDHC (45MB/s)
Extreme
CF (60MB/s)
EOS 7D Mark II
10 コマ/秒連続撮影枚数
21 枚 18 枚 20 枚
EOS 7D Mark II
30 秒間の連続撮影枚数
93 枚 75 枚 99 枚

おっと、こちらは PC でのベンチマークとは随分違った結果に。

7D2 の内蔵バッファ容量は RAW+JPEG Large/Fine 記録の場合で 18 枚ですが、実測での差はバッファメモリからカードスロットへのデータ転送速度の差がそのまま表れている、ということでしょう。今回のテストではデータ容量が最も大きくなる RAW+JPEG で撮影しましたが、JPEG のみ記録で高速な CF カードを使えば事実上無限の高速連写が可能なので、7D2 の転送速度が遅いというわけではありません。
また、30 秒間の連写できる枚数は Extreme CF が最も多く、僅差で Extreme PLUS SDXC、少し離れて Extreme SDHC と続くのが、ベンチマークとは異なる順位になっています。この結果だけ見ると 7D2 では Extreme PLUS SDXC のポテンシャルを使い切っているとは言えず、7D2 ではおそらく SD カードスロットよりも CF スロットのほうがバス速度が高い、ということが考えられます。7D2 で高速な SD カードを使うことは無意味とは言いませんが、60MB/s 品くらいで頭打ちになり、それ以上を求めるなら CF を使え、ということが言えそうな気がします(これ以上速い CF を試してみたわけではありませんが)。

こうなってくると CF も速いものを買って比較してみたくなるところです。ただどんどん安くなっていく SD カードと違って、CF の値段は需要が中上位一眼くらいしかないこともあって、高止まりしたままなんですよね...。EOS の場合はデュアルスロットであることを活かして、大容量の SD と中容量(16~32GB)の高速 CF を組み合わせて、被写体に応じて記録先を使い分けるのがコスト対効果という意味では良さそうな気がします。

SanDisk / Extreme PLUS SDXC UHS-I Class10 64GB SDSDXS-064G-EPK [エコパッケージ]

B00KCITP4M

投稿者 B : 23:59 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/01/04 (Sun.)

ARTISAN&ARTIST ACAM-112

液晶保護フィルムに続いて、EOS 7D Mark II に装着するストラップにはこれを選びました。

ARTISAN&ARTIST / カメラストラップ ACAM-112 (ブラック)

ACAM-112

今まで、一眼レフカメラ用のストラップには長年 CRUMPLER の The Inductry Disgrace を愛用してきました。非常にクッション性が高く、重量級のレンズと組み合わせても重さを感じにくいストラップで気に入っていたんですが、クッション性の代償としてとても嵩張ることと、近年の同社のデザインが私の好みからだいぶ外れてきたこともあり、久しぶりに違うストラップを試してみようかと。

私が一眼レフ用ストラップに求めるものは、主に

  • 重量級のレンズを使うことが多いので、幅広でしっかりしていること
  • ナナメ掛けできる長さがあること
  • シンプルで品の良いデザインであること
の三点。 それほど厳しい要求だとは思いますが、探してみるとこれがなかなかない。結局、最近愛用している ARTISAN&ARTIST に落ち着きました。

ACAM-112

ストラップ部は幅広(38mm)のアクリル製。アクリルといっても一見コットンに見える質感のものです。これ、夏場に汗染みができたりしないかちょっと心配(コットンよりはメンテナンスしやすいでしょうが)。厚みはさほどでもなく、縁にステッチも入っていないのでちょっと強度的に心配に見えますが、掛けてみるとそれほどヤワな印象も受けません。
ストラップとテープの接合部は光沢感のあるイタリアンレザー。ここがかなりしっかりした作りになっていて、大型の一眼レフまで想定していることが覗えます。

弱点があるとすれば裏地に滑り止め加工が施されていないために滑りやすいことでしょうか。なので肩掛けには向きませんが、長さ的にはナナメ掛けか首掛けが前提のストラップでしょうし、実用上問題はないかな。

ACAM-112

このイタリアンレザー部に打ち込まれているのが、ARTISAN&ARTIST の新ロゴの一部にもなっているアスタリスク形状のスタッズ。このストラップのオシャレポイントなわけですが、エッジのある金属製のパーツなので、この部分でカメラボディを傷つけてしまわないようにだけ注意したいところ。

ACAM-112

7D2 に装着すると、オールブラックでかなり渋い感じに。

年末から既に使い始めていますが、ナナメ掛けにも十分な長さが合って、かつしなやかで非常に取り回しが良いです。ストラップの強度にも特に不安はありません。このへんはやはり数多くのストラップを世に送り出してきた A&A ならではの完成度といったところ。
サイカ先生の 1DC とお揃いになってしまいましたが、ボディが違うから取り違える心配はないかな(笑

5D3 で使っているストラップもこの際 A&A に買い換えたいところですが、どうしようかな...。

ARTISAN&ARTIST / カメラストラップ ACAM-112

B00BLGF45I

投稿者 B : 21:12 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/01/03 (Sat.)

EOS 7D Mark II の液晶保護フィルム

EOS 7D Mark II を使い始める前には当然液晶保護フィルムを貼ったわけですが、保護フィルムの選定には少し悩みました。

EOS 7D Mark II

というのも、5D Mark III のときに上面液晶が湾曲しているせいで保護フィルムが浮いてくるという問題が発生した経緯があり、もしかしたら 7D Mark II でも同様のことがあり得るのでは...と考えたわけです。

EOS 7D Mark II

確かに、よーく見てみると今回も上面液晶は平面ではありません。ただ 5D3 が液晶の外側(グリップ側)が湾曲していたのに対して、7D2 では液晶の内側(ペンタプリズム側)が湾曲しているように見えます。

少し恐る恐るではありますが、この保護フィルムを買ってみました。

ケンコー / 液晶プロテクター Canon EOS 7D Mark II 用 KLP-CEOS7DM2

KLP-CEOS7DM2

あえての定番中の定番、ケンコー製。私の愛用する OverLay シリーズが未発売ということもありますが、一度 5D3 用で問題が発生しリコールした経緯があるため、逆に 7D2 用は当初から考慮した仕様になっているだろう、という読みで。

KLP-CEOS7DM2

背面液晶用と上面液晶用の二枚組ですが、よく見ると上面液晶用のフィルムは背面用よりも薄いものが使われているようです。

KLP-CEOS7DM2

背面用を貼ったところはこんな感じ。OverLay シリーズに勝るとも劣らないジャストサイズで、貼っていることを感じさせない一体感があります。低反射コートによって蛍光灯の光を当てるとぼんやりと紫色の光が反射して見えます(目の感度が高い緑色に相当する波長の光が主に抑えられている)。反射の少なさで言えば OverLay Magic よりも高性能と言えそうです。
また「バブルレス加工」という謳い文句もありましたが、確かに気泡が入りにくい/入っても消しやすくて貼りやすくもありました。さすがは定番保護フィルムと言えるでしょう。

KLP-CEOS7DM2

上面液晶用保護フィルムは、背面用途は違って 0.5 回りくらい小さいフィルムになっていました。が、薄いこともあってか曲面への定着性は良く、貼ってから 10 日余り経過しても特に剥がれてくる気配もなく、快適に使えています。

ケンコーの保護フィルムはおそらく各メーカーの中で最も入手性がいいはずですが、このクオリティのものが特にこだわらなくても手に入る、というのはとても喜ばしいことだと思います。

ケンコー / 液晶プロテクター Canon EOS 7D Mark II 用 KLP-CEOS7DM2

B00OXJCVN8

投稿者 B : 21:27 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/10/10 (Fri.)

Swimming Fly & Gevaert カメラストラップ

気まぐれに新しいカメラストラップが欲しくなったので、一本買ってみました。

Swimming Fly & Gevaert / カメラストラップ (ファインチェック レッド) SFN-010

Swimming Fly & Gevaert

私が持っているカメラストラップは機能性重視なものが多くて、ちょっと小ぎれいに持ち歩きたいときには大仰すぎるかも、とは以前から思っていたんですよね。あるときこのストラップを見かけて、衝動買いしてしまいました。

トイカメラやカメラアクセサリーの輸入を手がける TOKYO TRADING のオリジナルブランド「Swimming Fly」のカメラストラップです。どちらかというとカメラ女子向けアイテムが多い会社ですが、このストラップは私のツボに入りました。

Swimming Fly & Gevaert

ストラップ部はベルギーの生地メーカー「Gavaert」の生地を使っているそうで、Gavaert のタグが大胆にあしらわれています。

カメラへの取付部は 8mm 幅のテープ。テープとストラップを繋いでいるパーツは合皮ですが、安っぽさはありません。
ストラップはけっこう幅広なので、ミラーレスだけでなく一眼レフでも十分にいけそうです。ただ、裏地に滑り止め等の加工はないので、あくまでカジュアルユース向け。

Swimming Fly & Gevaert

私が気に入ったのはこの色と柄。「レッド」という色名称がついていますが、濃紺に白と赤紫のチェックが入っていて、ユニセックスなイメージです。きれいめのカジュアルであれば、男女問わず似合いそう。

ちなみに同シリーズのストラップは全体的に攻めたデザインや素材感のものが多いので、このファインチェック系以外は男性が使うのはちょっと厳しめ。今公式サイトを見たら、ファインチェックは「在庫限りで終了」となっていたので、これはなくなる前に色違いで予備を買っておいてもいいかな...。
Swimming Fly & Gevaert

ガチの撮影に、というよりは、ミラーレスに広角めの単焦点レンズ一本だけつけて街中のスナップにでも出掛けたくなるストラップだと思います。私はカメラストラップは一度つけるとなかなか交換しませんが、これは気分に合わせてつけかえて楽しみたい感じ。
Swimming Fly & Gevaert / カメラストラップ (ファインチェック レッド) SFN-010

B0057LUJJOa>

投稿者 B : 22:10 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/08/30 (Sat.)

TECHART TA-GA3

新しいマウントアダプタを手に入れました。

TECHART / TA-GA3

TA-GA3

6 月に発売されていた、CONTAX G-αE の AF 対応マウントアダプタ。ずっと気にはなっていましたが、ここのところ AF でスナップを撮ることが多く、オールドレンズで撮る機会が減っていました。でも先日『オールドレンズ・ライフ Vol.4』を読んで久々に刺激を受け(笑、手を出してみました。

ミラーレスカメラが出てから様々な種類のマウントアダプタが世に出てきましたが、Speed Booster 系の縮小光学系アダプタと、この CONTAX G-αE アダプタが最も変態だと思います(誉め言葉

TA-GA3

外箱は上蓋がマグネットで留まっている、ベンチャーとは思えない凝った作りです。が、箱のカドが凹んでいるのが惜しい(流通段階でついたものかもしれませんが)。

TA-GA3

マウントアダプタは一見普通ですが、CONTAX G のアダプタで電子接点つき、というのが唯一無二。AF 対応の証拠です。

マウントの下部が角張っていますが、ここに AF 駆動用のモーターや回路が収められているのでしょう。
アダプタ内部には起毛シートが貼られていて、内部反射への配慮が伺えます。
TA-GA3

付属品は Bluetooth 4.0 アダプタ(上)と、USB メモリ(下)。
BT アダプタはマウントアダプタのファームアップに使用します。これを PC に接続してマウントアダプタと Bluetooth で繋ぐわけですが、基板剥き出しのアダプタ、というのが逆にイカス。
USB メモリは Kingston 製で、中には取説とファームアップの手順書等が収められていました。

TA-GA3

α7 に装着してみました。
チタンシルバーのレンズも似合わなくはないですが、やっぱり α7 で使うなら限定ブラックのレンズが欲しくなりますね...。

ちなみにレンズの装着はレンズ側の個体によってすんなりセットできたり、しっかり確認しながら押し込んでやらないとロックされていなかったり、まちまちです。このあたりは KIPON や METABONES といった実績のあるマウントアダプタメーカーに比べると、精度が今ひとつということですかね。

TA-GA3

アダプタの側面には MF ダイヤルがついていて、このダイヤルを回すことで MF 操作が可能です。買ってみるまでは、この小さいダイヤルで操作するのはまどろっこしいし、きっと回転も固くて指先が痛くなりそうだな...と思っていたんですが、単純なギヤによる駆動ではなく、AF 用モーターが回転を補助してくれるようで、かなり軽い力で回ります。クルマのパワステが効いているような感覚で、これは嬉しい誤算でした。まあ、KIPON や METABONES のほうが MF 専用なぶんダイヤルは大きいし操作感もダイレクトなので、最初から MF で使うならそっちのほうがいいですが、MF をあくまで補助的に使う程度ならばこれでも十分。α 本体の DMF のように、いちいち AF/MF を切り替えなくても直接 MF 操作できるのも使い勝手がいい。
まだテスト的にしか使えていませんが、操作性はちょっと独特ですね。まず、電子連動しているので他のマウントアダプタと違ってレンズ焦点距離・F 値が Exif に記録されるわけですが、レンズ側が電子絞りではないので「Exif に記録される F 値はボディ側で設定した絞り値」になります。つまり、「レンズ側は F2.8 だけど、ボディ側で F8 に設定していると Exif には F8 と記録される」ことになります。また、ボディ側からは電子絞り対応のレンズに見えるので、ボディは開放測光しようという挙動を撮ります。そのため、

  • ボディ側で撮りたい F 値に設定 → レンズ側は開放状態にして AF/AE(シャッターボタン半押し) → レンズ側の絞りを撮りたい値に絞って撮影(Exif には正しい絞り値が記録される)
  • ボディ側の F 値は絞り開放に固定 → レンズ側は絞りたい値に絞って撮影(Exif には開放の絞り値が記録される)
のどちらかの手順で撮影する必要があります。後者の手順(AF 非対応アダプタと同じ使い方)のほうが手っ取り早いですが、Exif に撮影時の F 値が記録されないのと、開放 AF のほうがフォーカスは正確なので、多少面倒でも前者の手順で撮影するのが本来の使い方だと思われます。

AF スピードや精度については、さすがに純正の E マウントレンズには及びませんが、ちょっと前の DC モーター系レンズだと思えば許容範囲のスピード。精度も悪くないですが、コントラスト AF になるので被写体や周囲の明るさによっては迷ったり、合焦しきれなかったりすることもあります。でも、今まで MF でしか使えなかったレンズが AF で使えることの快適さと痛快さはたまりませんね。CONTAX G のボディを持っていないので分かりませんが、オリジナルのボディと比べて AF 速度はどうなんでしょうか。精度はおそらくこちらのほうが高いはずです。

最大の難点を挙げるとすれば、動作音じゃないでしょうか。アダプタに内蔵されたモーターでレンズを駆動しているのである程度の音はしょうがないですが、音量はともかくけっこう甲高い駆動音なので、室内や外でも静かな場所で使うのは躊躇われるレベル。ある程度シチュエーションや被写体は選ぶアダプタだと思います。

さておき、このアダプタのおかげで α7 で日常的に使えるレンズが一気に増えた感覚です。今まで結局純正の 24-70mm ばかり使ってしまっていて、レンズ自体はいいけど描写が現代的すぎて面白みに欠けると思っていました。このアダプタで、「オリジナルに近いツァイスレンズ」が AF で、しかもフルサイズで使える喜びを噛み締めたいと思います。

TECHART / TA-GA3

B00KVHSDGK>

投稿者 B : 22:33 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/07/13 (Sun.)

RX100 III にカスタムグリップを追加

RX100 III はボディがフラットな形状なので、私の身の回りではグリップ性向上のために純正のアタッチメントグリップ「AG-R2」を必須オプションかというくらいにつけている人が多いです。確かに、ミラーレスあたりのカメラに慣れていると、ホールド感とか安心感といった点では、あったほうがいいと思います。でも、個人的には RX100 シリーズはあのアルミボディの質感が気に入っているので、革シボ調のエラストマーグリップをつけて雰囲気が変わってしまうのはちょっともったいない。そこで、サードパーティ製のこのグリップを買ってみました。

リチャードフラニエック / SONY DSC-RX100III/RX100II/RX100 専用カスタムグリップ

Richard Franiec

リチャードフラニエックのカスタムグリップ。外付けのグリップとしては、むしろこっちがオリジナルです。削り出しのアルミにアルマイト加工を施しているので、RX100 III のボディにかなり近い質感を持っているのがポイント。
私は PowerShot S90 でも使っていたので、RX100 III でもリチャードフラニエックにしようと思っていましたが、RX100 III の発売以来しばらく品薄になっていて、ようやく届きました。

Richard Franiec

裏面には強力な両面テープがついていて、これでボディに直接貼り付けます。
両面テープだと接着性に不安が出そうですが、S90 で使っていたときにも全くグラつくことさえなかったので、特に問題ありません。

RX100 III

装着前は、フラットなデザインが使い勝手はともかく見た目にとても美しいですが、

RX100 III

カスタムグリップを装着するとこんな感じに。
ボディの上 1/3 あたりを通っている分割線を遮ってしまうデザインで、PowerShot S90 用のグリップと比べるとやや取って付けた感が出てしまいますが、個人的にはまあ許容範囲。純正のグリップと違って本体とほぼ同じ質感だし、グリップの出っ張りも純正よりわずかながら大きめなので、握りやすさもこちらが上かと。

RX100 III

貼り付けは、ボディの上下それぞれ 1mm 弱の余白を残して貼ってやればいいので、位置合わせは難しくありません。

RX100 III

素材感が同じなので見た目の違和感がなく、慣れてくると最初からこの状態で売られていたかのように見えてくるので不思議です。

RX100 III

ホールド時には、右手中指の第二関節から先を引っかけるようにして握り込みます。グリップの出っ張りはさほど大きくないし、エラストマーほどグリップ力はありませんが、形状がよく考えられているので指がかりが良く、安心感がありますね。
出っ張りが小さいので左手シャッターのやりやすさにはさほど寄与しませんが、通常撮影の使い勝手はこれだけのことでもかなり向上すると思います。

純正の 3 倍の価格なので万人にオススメはしませんが、私は大いに気に入りました。

投稿者 B : 21:03 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/06/28 (Sat.)

CONTAX G-αE AF マウントアダプタがモデルチェンジ

デジカメアイテム丼:AF対応のコンタックスGアダプターが実用レベルに - デジカメ Watch

澤村徹さんによるデジカメ Watch の記事ですが、しばらく前に発売されていた CONTAX G-NEX AF 対応マウントアダプタに第三世代モデルが発売されたとのこと。ポイントは、

  • フルサイズセンサ対応
  • AF 高速化
  • アダプタ自体のファームアップが可能に
の 3 点。 このアダプタ、以前から気にはなっていたものの、AF 速度はあまり実用的じゃなさそうだし、CONTAX G レンズを使うメインボディを α7 に切り替えてしまったこともあって、手を出さずにいました。が、新型ではそのあたりの問題が改善されていて、AF もそれなりに実用レベルになっているようなので、再び気になってきました。AF/MF の切り替えも純正レンズの DMF 的な感覚で使えそうだし(ただ、MF リングが極小なので MF はしづらそう)、これはいいかも...。

純正のレンズラインアップがなかなか揃ってこないので、しばらくこっちで遊んでみるのもいいかもしれないなあ。

TECHART / TA-GA3

B00KVHSDGK

投稿者 B : 00:30 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/04/27 (Sun.)

Voigtländer VM-E Close Focus Adapter

SWH 15mm 用に買ったマウントアダプタはこれです。

Voigtländer / VM-E Close Focus Adapter

Voigtländer VM-E Close Focus Adapter

レンズと同じくコシナがフォクトレンダーブランドで発売している、VM-E のマウントアダプタ。E マウントアダプタは多数所持していますが、意外にも M マウントアダプタは持っていませんでした。

ミラーレスで M マウントを使うのはオールドレンズ遊びの定番中の定番で、いろんなメーカーから数多のアダプタが発売されていますが、あえて高いこのアダプタを選んだのは、「Close Focus Adapter」の名が示すとおり、アダプタがヘリコイドを内蔵していて近接撮影に対応できるようになるからです。まあ、近接撮影対応のアダプタも数社から出ていてもっと安いのもありましたが、コシナなら品質は万全なはず、という信頼感から選択。

Voigtländer VM-E Close Focus Adapter

見るからにきっちりかっちりした、作りの良いマウントアダプタ。中国メーカーの製品とは明らかに違います。所有感のあるマウントアダプタ、っていうのも珍しいけど、まさにそんな感じ。
あまりに精度が高すぎるのか、レンズの装着はキツめ。その代わりガタツキは皆無です。

Voigtländer VM-E Close Focus Adapter

アダプタ側面にはこのように赤いロックレバーがついていて、通常撮影時にはこのロックをかけた状態にしておきます。近接撮影時にはこのロックを外すとヘリコイドが回り、近接撮影可能になるという仕掛けになっています。

Voigtländer VM-E Close Focus Adapter

通常撮影時にはこう↑なっているものが、

Voigtländer VM-E Close Focus Adapter

ロックレバーを外してヘリコイドを回すと、この↑ようにヘリコイドの前後がにょきっと伸びてきて、本来のレンズ仕様よりもフランジバックが伸び、それによって近接撮影が可能になるというわけ。当然、この状態では無限遠が出なくなってしまうので、近接撮影専用のモードです。

実際にどの程度効果があるのか、試してみましょう。

Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

これが通常撮影時。SWH 15mm は最短撮影距離が 50cm ですが、超広角レンズなので、最短撮影距離で撮ってもこれくらい遠くに見える感じで写ります。

これを、近接撮影モードで撮ると、

Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

ここまで寄れる。もはや別のレンズ、というくらいに違う構図を取ることができます。最短撮影距離は SWH 15mm で 10.8cm。結像面から 10.8cm なので、レンズに被写体が触れるんじゃないかという距離まで寄れる。ここまで来ると、被写体にレンズ自体の影が落ちるくらいです(実際に、右側のツツジにはカメラの影が落ちています)。超広角でこういう構図の写真って今まで撮ったことがないので、とても刺激的!これは面白い。

レンジファインダー系のレンズって寄れないものが多く、気になるレンズがあっても風景やスナップ専用じゃなあ...と思って二の足を踏むことも少なくなかったですが、このアダプタはレンズの活躍の幅を広げてくれそうです。そういえば、今まで気にはなっていたけど手を出してこなかった M マウントレンズがけっこうあるんだよなあ。E マウントでもう少し長焦点なマクロレンズが欲しいと思っていたのも、このアダプタを使えばどんな M マウントレンズもマクロ化できてしまうわけで。これは、禁断の扉を開けてしまったのかもしれません。

Voigtländer / VM-E Close Focus Adapter

B00GD30MEM

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2014/04/22 (Tue.)

Lowepro パスポートスリング II

春になるとカバン欲しくなるよねー、という文を何年前から書き続けているのかもはや忘れてしまいましたが(ぉ、春の恒例カバン欲につられて買ってみました。

Lowepro / パスポートスリング II (ブラック)

Lowepro パスポートスリング II

休日のちょっと撮影散歩用のカメラバッグとしては、ナショジオのメッセンジャーバッグをもうこれ以外使っていないというくらいに愛用しているんですが、カメラ以外にも荷物があるときにも使える少し容量の大きなバッグが欲しいと思って。
このパスポートスリングは以前から気になっていたカメラバッグのひとつで、いつの間にかちょっと値下がりしていることに気がついてしまい、勢いで買ってしまいました。

買ってから気づいたんですが、海外では既に後継モデル「パスポートスリング III」が発表済みのようで。

Passport Sling III - Sling Camera Bags | Lowepro

値下がりしたのはこれが来るからなのかもしれませんが、基本的にはタブレット用ポケットが追加されてカラバリが変わっただけのマイナーチェンジのようなので、悔しくないもん(強がり

Lowepro パスポートスリング II

スリングバッグタイプなので、ナナメ掛けしたままで使いやすいようにできています。外周の赤いパイピングの部分は全てポケットになっていて、外出先でちょっとしたチケットやパンフレットなんかを入れておくのに便利そう。野鳥や草花を撮りに行くときなんかはハンディ図鑑を差しておいても良さそうです。

Lowepro パスポートスリング II

ショルダーストラップはワンタッチバックルで簡単に長さ調整ができます。イージースライダーカメラストラップ激愛用者としてはこういうの大事。

Lowepro パスポートスリング II

基本的にはマチの浅いスリングバッグで、身体にピッタリ沿うようにできているんですが、側面のファスナーを開くと、

Lowepro パスポートスリング II

このようにグッと容積が増え、さらに荷物が入れられるようになります。

出掛けるときはカメラだけで身軽に出掛けたいけど、買い物とかで帰りに荷物が増えるようなときには、これは重宝しそう。カメラ持って出掛けたらレンズが増えて帰ってきた、という事態にも対処できそうです(ぉ

Lowepro パスポートスリング II

インナーはパイピングと同じワインレッド。内部は明るい色のほうが機材が探しやすくていいんです。カメラやレンズを入れておくインナーケースは取り外し可能。

Lowepro パスポートスリング II

ミラーレス+レンズ 2 本くらいならば全然余裕のキャパシティ。がんばれば一眼レフ+単焦点 1 本+ 70-200mm クラスの望遠レンズ 1 本くらい入るでしょうが、どちらかというとできるだけ側面ファスナーは開かずに、ミラーレスで軽快に使いたいカメラバッグです。

これから GW、あちこちお出かけに活躍してくれることを期待。

Lowepro / パスポートスリング II (ブラック)

B009H2LZQ0

投稿者 B : 00:22 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/04/18 (Fri.)

α6000 にシューキャップを

α6000 のマルチインターフェースシューには、キャップがついていません。

α6000

ま、EOS にもシューキャップはついていないのが当たり前なので、これ自体については別に不安もないんですが、某氏に「デザイン的にもったいないよね」と言われてから妙に気になってしまいました。確かに、ダイヤルまで含めてツライチのデザインになっているのに、ここだけ凹んでいるのもちょっと不格好かも。

ブラックのボディ用には純正アクセサリとしてシューキャップが用意されているんですが、シルバーはありません。
...と思っていたら、Cyber-shot DSC-HX50V のシルバーのシューキャップが合う、という情報を入手したので、保守パーツを入手してみました。

シューキャップ

シルバーといっても、シューキャップの色は薄めのブラウン、という感じ。本体の色味自体、DSC-HX50V と α6000 では同じ「シルバー」でも微妙に違う。なので完璧に合うことはないことを前提に入手したわけですが、それでもけっこう違います。まあ HX50V 本体のシルバーとも完璧に合っているわけではありませんが。

α6000

シューにつけてみたところ、本体のシルバーよりはやっぱりちょっと濃いめ。でも、そもそもの素材の色が違うことを思えば、まあ悪くない。シュー剥き出しのときには黒いパーツが見えていたのに比べれば、ずっとマシになりました。

α6000

正面から見ても、やっぱり上面がフラットに見えた方が美しい。これ以上一体感を出したければキャップを塗装するしかありませんが、塗らなくてもそこまで違和感はないと思います。

シルバーの α6000 をお使いなら、このパーツおすすめです。

投稿者 B : 00:36 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/03/25 (Tue.)

ARTISAN&ARTIST ACAM-E25S

α6000 は買ったけど、やっぱり初代 NEX-5 系統の大胆なデザインこそが E マウントの象徴だと思っています。個人的にも思い入れの深いモデルだけに、一線は退いても手放す気にはなれず。画質的にはまだまだ一線を張れるカメラでもあるし、とりあえず自分用のカメラを欲しがっていたウチの奥さんにお下がりとしてあげることにしました。

カメラは私がかなり使い込んだ中古ですが、ストラップくらいは新品に換えてあげようかと。今まで使っていたアルチの ACAM-E25 は私自身気に入っているので、これはそのまま α6000 にスライドさせることにしました。リストストラップのほうが取り回しがいいかと思ったら、本人に聞いてみるとリストストラップよりもネックストラップ、それもあまり幅広でないものがいいとのこと。確かに子ども連れてると両手空いてるほうがいいからなあ。

というわけで、最終的にこれにしました。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25S (パープル)

ACAM-E25S

あまりにも芸がないかもしれませんが、結局同シリーズのストラップにしました。長さを変えられてナナメ掛けにも対応、というのは子連れだとこの上なく便利なんですよね。色はピンクと迷ったけど、夫婦どちらが使っても違和感ないパープルで。

ACAM-E25S

初代モデル ACAM-E25 との違いのひとつが、ワンタッチで長さを変えられるイージースライダーの反対側にも長さを変えるためのバックル(ただしこちらはイージースライダーではない)がついたこと。E25S のほうはカラバリからも分かるとおり女性を意識した作りになっているようで、身体の小さい女性なら、あらかじめこちらのバックルで最大長を決めてしまえるのは便利でしょう。イージースライダーは身体の小さい人が使うと、縮めたときにスライダーが身体の後ろに回ってしまうことがありましたが、これならそれを防げることになります。

ACAM-E25S

それともうひとつ、カメラ側に通すストラップ部分が E25 よりも細幅になっています(E25S の「S」は「Slim」の意か)。より小型のミラーレスカメラやコンデジでの使用を想定した仕様でしょう。

「ARTISAN&ARTIST」のロゴも品良く入れられているのがいいですね(笑。

ACAM-E25S

NEX-5R の三角カンには初代 ACAM-E25 のストラップ幅でもピッタリだったので、逆に細くなってしまうことで不安定になるのでは?と少し心配していましたが、実際につけてみるとそんなこともなく。少し余裕はありますが、問題なく収まっています。

ACAM-E25S

シルバーボディにブラックの E25 はちょっと無機質な印象でしたが、有彩色のストラップをつけるとまたイメージが変わっていいですね。こうして見ると、なんだか譲るのが惜しくなってきた(笑
まあ、これで NEX-5R にとっては第二の人生、有意義に使ってもらいたいと思います。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25S (パープル)

B00BQPEQBM

投稿者 B : 00:25 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/03/09 (Sun.)

KIPON CONTAX N-NEX

デジカメドレスアップ主義:コンタックスNレンズが無改造で復活 - デジカメ Watch
KIPON / C/N-NEX E

B00I714T88

久しぶりに「デジカメドレスアップ主義」から。CONTAX N-NEX の電子接点つきマウントアダプタが KIPON からリリースされたようです。CP+ で縮小光学系アダプタが出ていたのは知っていましたが、これは盲点だった。

CONTAX N システムは CONTAX の一眼レフとして初の本格的な AF システムを目指したものの、タイミング的には銀塩からデジタルに移り変わるタイミングであり、時流を逃してしまったがために哀しい運命を辿ることになってしまったシステム。絞りが電子制御式だったこともあって他のマウントで活かす道が(一部の EF マウント改造という手段を除けば)なく、残念ながら不人気マウントという位置づけでした。
が、ほんの十年ちょっと前のシステムなのでレンズ設計的には比較的新しく、特に単焦点レンズの評判はなかなかのもの。ツァイスレンズの中では相場も安い方だし、これがまともな絞り制御+Exif データへのレンズ情報付加ありで使えれば、かなり魅力的なんじゃないでしょうか?まあ、Y/C マウントのレンズよりも一回り大きく重く取り回しが悪いという欠点はありますが。個人的には、Makro-Sonnar 100mm F2.8 なんかはぜひ一度試してみたいレンズの一本でした。ただ、CONTAX N システムは Y/C に比べればあまりにもマイナーで、レンズの相場は安いけどそもそも出回っている本数が少ないのが難点。アダプタの価格もけっこう高いし、既に CONTAX N レンズを持っている人ならまだしも、これから手を出すのにはハードルが高いなあ。

あと、今までそれほど自己主張の強くなかった KIPON が、今回に限ってはアダプタの上部中央に赤い [K] のエンブレムを入れているのが気になる。どこかの blog のアイコンにそっくりなので、某氏にはぜひ試してみてもらいたいのですが(ぉ)、私はどうかなあ。たまたま中古屋で CONTAX N レンズの出物と巡り会うチャンスがあれば、手を出してみたい気はしますが...。

投稿者 B : 00:18 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/03/08 (Sat.)

Kenko Zeta

新しいレンズを買ったらもちろんレンズプロテクタも買うわけですが、前から気になっていたこれに手を出してみました。

ケンコー / Zeta プロテクタ 77mm 033753

Kenko Zeta プロテクタ

ケンコーの最高級レンズフィルタ「Zeta」シリーズ。光学的なことを言えばレンズの前に余計なガラスなんてないほうがいいわけで、でも高価なレンズを傷や汚れから護ろうと思ったらプロテクタは欲しいわけで、いいレンズであるほどできるだけ反射率が低い高性能なフィルタが欲しくなるのは当然の帰着なわけです。

買おうと思ってから気づいたんですが、この Zeta シリーズは最近販路によって商品構成を変えているようで、Amazon ではオリジナルのレンズクロスをセットにして少し高めに販売、ビックカメラでは同様のレンズクロスを付けつつ「Zeta plus」という商品名でこれまた少し高めに販売しているもよう。ゼータプラスっていったら上位機種というよりも変形機構を簡略化した量産機のことであって(ry
まあ、私は別にクロスは要らなかったので、ヨドバシドットコムで購入。

Kenko Zeta プロテクタ

こういう高価なフィルタにありがちな、オリジナルのフィルタケースが付属しています。ND や C-PL フィルタならともかく、単純なプロテクタは基本つけっぱなしなので、このケースを使うことはないかな。。

Kenko Zeta プロテクタ

薄枠なので 24-70mm はもちろんのこと、より広角なレンズでもケラレることはないでしょう。

Kenko Zeta プロテクタ

反射率は 0.3% 以下との触れ込み。写真はあえて映り込むように撮っていますが、実際に比べてみても同社の PRO1D シリーズも程良く反射を抑えていて、目で見る限りは効果の違いはよく分かりません。でも Zeta シリーズならばパープルフリンジの抑制にも多少効果がある、という話もあるようで。

フィルタへのこだわりは、激安製品でもない限り自己満足の側面が強いですが(笑)、L レンズを買ったらこだわりたいじゃないですか...。

ケンコー / Zeta プロテクタ 77mm 033753

B001XXA5S0

投稿者 B : 00:03 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/02/19 (Wed.)

Manfrotto の定番シリーズがリニューアル

先日の CP+ にて、全くノーチェックだった Manfrotto ブースに新製品がいろいろ展示されていることに気がつきました。

Manfrotto

同社の超定番三脚、055 シリーズと 190 シリーズがフルモデルチェンジ。コンセプトは継承しながら、全面的なバージョンアップが施されています。

Manfrotto

Manfrotto のシンボルマーク(三脚のモチーフ)を大胆にあしらったデザインになっているのは最近の同社製品の特徴ですが、さらに水準器が回転して好きな向きに変えられるようになっています。これが地味に嬉しい。

Manfrotto

ローアングル用の開脚ロックレバーが大型化して押しやすくなりました。
また、アーム経由でアクセサリーが装着可能な「イージーリンク」も新たに装備。

Manfrotto

055/190 シリーズの特徴といえばセッティングの自由度を高める 90° センターポール。今回、ここに新機構が採用され、この回転部分が通常使用時には本体内に格納できるようになりました。これにより、機能はそのままに従来よりも縮長が短くなっています。055/190 シリーズの難点はこの機構のためにコンパクト化が難しいことでしたが、これが克服できているというのはかなり大きい。これだけのために新型に買い換えたくなるほどです。

Manfrotto

脚のロックも従来より強力にロックされ、開閉もしやすい「クイックパワーロック」に変更されています。触ってみると、確かにロックは従来よりも強固だし、開閉もスムーズになっています。さらに耐荷重も 7kg→9kg にアップ、といいことづくめ。なんか旧型を使っているのがだんだん惜しくなってきました(;´Д`)。

Manfrotto

そして雲台もリニューアルされています。現在の 055/190 シリーズ用の標準 3 ウェイ雲台「804RC2」の後継にあたる(のかな?)「X-PRO 3 ウェイ雲台 MHXPRO-3W」。これも全面的にリニューアルしていて、まずは前後左右の 2 軸にフリクションコントロールが備わり、重い機材を使用する際の微調整がしやすくなりました。

Manfrotto

あと、ハンドルも、使用時は従来同様の長さですが、

Manfrotto

半分くらいの長さに縮められ、携行時に雲台が従来よりコンパクトに収まるようになりました。三脚の縮長も短くなったし、雲台もコンパクトになって、これはまとめて羨ましい。055/190 の欠点って、三脚も雲台も嵩張ることだったので、これでだいぶ持ち運びがラクになりますね...。

Manfrotto

水準器も従来の 2 ウェイから 3 ウェイに。縦位置の水平が出しやすくなるので、こういうのも地味に嬉しい。

Manfrotto

ひとつひとつは「地道な改良」というレベルですが、まとまるとすごく使い勝手が向上して見える今回のリニューアル。最近の Manfrotto のプロダクトラインは、色使いといいデザインテイストといい徐々に中二病を発症しつつあるのが気になりますが(ぉ、中身はすごくいい。これ、ちょっと買い換えたくなっちゃったんですけど...。

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/02/14 (Fri.)

KIPON M42-NEX マウントアダプタ

α7 のために、マウントアダプタを追加購入。

KIPON / M42-NEX

KIPON M42-NEX

定番の M42 マウントアダプタです。今まで、EF マウントや A マウント用の M42 アダプタは持っていたんですが、ストレートに E マウントにつけられるものは持っていませんでした。α7 用には純正の Sonnar FE 55mm F1.8 が欲しいけど、優先順位的には先に欲しいものが他にあるので、このアダプタを使って当面のレンズバリエーションを増やそうかと。

AF 対応だったりヘリコイド内蔵だったりチルトシフト対応だったり縮小光学系内蔵だったり、と変態アダプタ百花繚乱の E マウントアダプタですが、このアダプタはいたってシンプルに M42 スクリューと E マウントのバヨネットがついているだけの「筒」です。

KIPON M42-NEX

アダプタの径は細め。それでもちゃんとフルサイズセンサのイメージサークルには対応しているので、画像がケラれるようなことはありませんが、レンズをつけるとアダプタ部分が「くびれ」に見えます。レンズのデザインは多少起伏があったほうがカッコイイと思いますが、このくびれは似合うレンズを選びそう。

KIPON M42-NEX

このアダプタを使う本命レンズはもちろんこれ。Planar 50mm F1.4 ZS。55mm F1.8 を買うまでの主力標準レンズの座を、CONTAX G 用 Planar 45mm F2 とともに担ってもらうことにします。このレンズ、とても気に入っているんですが、EVF での MF アシストに慣らされてしまった身としては、今さら光学ファインダで MF をする自信がなくなってしまい(笑)最近出番が減っていたんですよね...。これで再び稼動率を高めてやりたいところ。

KIPON M42-NEX

それからこれも。Zeiss Jena の Sonnar 135mm F3.5。この焦点域の単焦点レンズって今のところ他に持っていないので、改めて活用してやりたいと思います。これから梅や桜の時季になるので、望遠レンズの出番も増えるでしょう。

問題は、しばらく休日も仕事になることが多そうなので、写真を撮りに行く時間がどれくらい取れるか、ということですね...。

KIPON / M42-NEX

B004XB3BV2

投稿者 B : 00:42 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/02/03 (Mon.)

Manfrotto MVH500AH

最近、小学校だったり幼稚園だったりピアノだったり、娘たちをビデオに収める機会がずいぶん増えてきたので、より快適な撮影環境を求めてビデオ雲台を購入しました。

Manfrotto / プロフルードビデオ雲台 MVH500AH

Manfrotto MVH500AH

ビデオ雲台といっても、せいぜいステージへの入退場時にパンするくらいしか使わないんですが、それでも 3 ウェイ雲台だとなかなかスムーズにパンできないので...。

機種は以前試用させていただいた 701HDV がけっこう気に入っていたんですが既にモデルチェンジしてしまっていたので、後継にあたるこいつを購入。

Manfrotto MVH500AH

まあ、我が家のカムコーダ(HDR-CX520V)にはオーバースペックなんですけどね。下位機種の 700RC2 くらいで十分だったとは思いますが、他の用途にも使いたかったので。
クイックリリースプレートが長く、バッテリを交換しようと思ったらプレートをいったん外さなくてはならないのがちょっと難点。バッテリが切れるほど長時間撮影することもまずありませんが...。

Manfrotto MVH500AH

油圧式なのでパン/チルトはすごく滑らか。動き出しにガクッとならないし、パンの速さを途中から変えても不自然に見えないので、撮れる動画のクオリティが一段上がります。まるで自分のウデが上がったように錯覚するほど(笑。このヌルヌルした操作感が妙に気持ち良く、無意味にパンしたくなります(^^;;。ただ、油圧の抵抗感が多少あるので、軽い三脚だと三脚が引っ張られて浮きそうになることもあります。そのために重い三脚を使うのもなかなか大変なので、使用時には三脚に錘を下げるなどで対処するのが良いでしょうか。
また、2.4kg までのカウンターバランスにも対応。701HDV のカウンターバランスが 1.5kg までで、望遠レンズをつけた一眼レフには実質的に対応できていませんでしたが、このあたりは一眼ムービーの定着を見据えた改良なんでしょうね。

ちなみに前方についているネジ穴はアクセサリの装着用。ここにアームを介して外付けモニタなどをセットすることができます。まあ私はそこまで使わないと思いますが。

Manfrotto MVH500AH

701HDV に比べて大幅なアップデートが施されているにも関わらず、雲台の重量は 830g→930g と、100g の増量にとどまっています。これは「BRIDGING TECHNOLOGY」という大げさな名前の技術(笑)により、雲台が 2 枚の側面プレート+天面プレートのみの構成で、中身が実質的に空洞になっているのが効いているようです。外観からするとかなり軽くて、ちょっと驚くほど。

Manfrotto MVH500AH

CX520V ではバッテリ交換時に取り外さなくてはならないクイックリリースプレート(笑)は、VHS ピンつきのロングタイプ。それだけならビデオ雲台では一般的な仕様ですが、着脱がプロ御用達ビデオ雲台の Sachtler 的なサイドロード方式になっています。これはこれでロック用のネジを回す手間があるので一概にクイックになったとも言えませんが、気分的には嬉しい(笑

Manfrotto MVH500AH

グリップはウレタン系だった 701HDV から変わって、ゴム系になりました。このあたりは好みの問題ですが、ウレタン系よりゴム系のほうが操作時のダイレクト感は強まると思います。

701HDV から機能アップして耐荷重も 4kg→5kg に強化され、見た目もカッコ良くなったので、なかなか良い買い物だったと思います。

Manfrotto MVH500AH

一眼レフだとこんな感じ。EOS 5D3 や 7D(+バッテリグリップ)にシグマ 50-500OS をつけると 3.5kg 級になりますが、ぜんぜん余裕。さすがにカウンターバランスは効かなくなりますが、まあ困ることはありません。カワセミ撮影時はこのセットで決まりだな。むしろビデオ用途よりもこのほうが出番多くなりそう。

本当はボール雲台もいいやつを一つ買いたいんですが、それはまた追い追い。

Manfrotto / プロフルードビデオ雲台 MVH500AH

B00CHNREYS

投稿者 B : 00:50 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/01/15 (Wed.)

Manfrotto PIXI ミニ三脚

最近、夕景~夜景を撮る機会が増えてきたので、高さは必要ないまでもカメラを仰角で固定したいと思って昔買ったテーブルトップ三脚を持ち出したりしていたんですが、いかんせんコンデジ用の三脚では、ミラーレスでも厳しい。もうちょっとしっかりしたミニ三脚を、と考えて、これを買ってみました。

Manfrotto / PIXI ミニ三脚 MTPIXI-B

Manfrotto PIXI ミニ三脚

Manfrotto だと POCKET 三脚シリーズもあるけど、あれはさすがに高さがなさすぎるし、角度設定の自由度も狭いので今回は対象外。

ちなみにパッケージ画像に使われているカメラ、NEX-5R に画像加工してピンク色(未発売)にしていますね...。

Manfrotto PIXI ミニ三脚

三脚にしては変わった形をしていますが、イタリアメーカーらしい流麗なデザインですね。

Manfrotto PIXI ミニ三脚

サイズはこんな感じで、すごくコンパクトというほどではないけど普段からカバンに忍ばせておける大きさ。金属製のしっかりしたボールヘッドがついているので重さはそこそこありますが、これくらいないと大きめのレンズをつけたミラーレスは支えきれないでしょう。

ちなみに脚を折りたたんだ状態でこのように握ることで、カメラ用のハンドグリップとしても使えるとのこと。確かに動画用途には良さそうです。

Manfrotto PIXI ミニ三脚

ボールヘッドは Manfrotto のエンブレムの部分がボタンになっていて、ここを押し込むとフリーに、手を離すと固定されるというワンタッチ操作。でもボールの回転はかなり固めなので、これでも撮影中にカメラの重さに負けてヘタッてくることはまずなさそうです。

Manfrotto PIXI ミニ三脚

脚の先にはゴムがついていて、ガラスなど滑りやすい素材のテーブルトップでもしっかり固定。

Manfrotto PIXI ミニ三脚

脚は伸びず、設定できる角度も一段階(最大開脚のみ)なので、基本的には高さはこの状態で固定。あとは角度を変えられるだけですが、まあ今の私の用途にはこれで十分です。残念な点を挙げるとすれば、縦位置撮影に対応していないことだけが惜しい。でもカメラを横 90° 倒しても安定させるには脚側にも相応の重さが必要だと思うので、無理な相談ですかね。

Manfrotto PIXI ミニ三脚


ともあれ、α7 でもガッチリ支えることができるようになったので、またしばらく夕景~夜景を集中的に撮りに出たいと思います。

Manfrotto / PIXI ミニ三脚 MTPIXI-B

B00D76RNLS

投稿者 B : 00:13 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/12/20 (Fri.)

Urban Disguise 50 V2.0

ノート PC が入るカメラバッグ選び、最終的な結論はここに辿り着きました。

シンクタンクフォト / アーバンディスガイズ 50 V2.0

Urban Disguise 50 V2.0

あまりにも当たり前すぎて面白くないって?まあ自分でもそう思いますが(笑)、キャパシティがあって機能的、仕事でも使える落ち着いたデザイン、13inch クラスのノート PC が収納できることは必須、という条件で探すと、やっぱり定番アーバンディスガイズが最適解に思えて。カメラバッグ神ガイアマッシュまで伊達にお揃いで持ってるわけじゃないってことですよ。でも、私は一つサイズ違いの 50 番。あえてお揃いを避けてみました(笑

Urban Disguise 50 V2.0

しかしこのカメラバッグ、頭では解っていたつもりでも実際に触ってみると想像以上に機能的。フラップのポケット内からして仕切りだらけで細かいものを整理して入れ放題。ファスナーの取っ手も中のものに傷をつけないよう非金属になっていたり、芸が細かい。

Urban Disguise 50 V2.0

フラップを跳ね上げたところのポケットにも、ベルクロ式の間仕切りがあって自由に幅を調整できます。ここには 7inch クラスのタブレットとかサブのコンデジを突っ込んでおいても良さそう。

Urban Disguise 50 V2.0

このポケットから伸びている赤いストラップの先にはメモリーカードケースがついてきます。たくさん入るし、これだけ取り外して他のバッグでも使えるし、けっこう重宝しそう。まあ最近は CF を使う機会もめっきり減りましたが...。

Urban Disguise 50 V2.0

PC 用のポケットには 15inch クラスまでのノート PC が入ります。私が使うのはもっぱら 11~13inch クラスなので、全然余裕。小さめのモバイルノートを入れても中で PC がグラつかないよう、ここにもベルクロ式の仕切りがあって固定できるようになっています。芸が細かいなあ。

Urban Disguise 50 V2.0

メインコンパートメントには、バッテリグリップつきの 5D Mark III、70-200mm F4、さらにレンズ 1 本まで入ってまだ余裕があります。OP/TECH のレンズマウントキャップ・ダブルのような小技を使えば 70-200mm に加えて標準ズームくらいまでのレンズなら 2 本は入れられるので、仕事のついでに写真撮りに行きたいときくらいなら十分すぎる容量です。

Urban Disguise 50 V2.0

バッテリグリップを諦めれば、5D Mark III に 70-200mm F4 を装着したまま、縦向きに突っ込むことも何とか可能。不意の撮影チャンスのためにレンズはつけっぱなしにしておきたいこともあるので、カメラバッグにおいてはこれができることはけっこう重要だと思います。

Urban Disguise 50 V2.0

背面にはキャリーバッグのハンドルに固定して持ち運べるギミックもあるので、出張や旅行用のカメラバッグとしても十分使えます。

Urban Disguise 50 V2.0

愛用の仕事カバン、BLIEFING SL LINER とは投影面積が同じ。アーバン 60 ではなく 50 を選択したポイントはここだったりします。電車のベンチシートで膝の上に置いても隣の人の迷惑にならないサイズ、というのは意外と重要なんですよ。アーバン 60 だと、去年買った Manfrotto のプロ用メッセンジャーバッグとサイズ・キャパ的にもろかぶり、というのもあったし。

Urban Disguise 50 V2.0

間仕切りパーツが大量に付属してきましたが、さすがにこんなには使い切れないので(笑)一部は他のカメラバッグに回すかな。

とにかく今までに買ったカメラバッグの中でも、機能性で言えば最高ではないでしょうか。主に通勤用のカメラバッグとして買ったつもりだったけど、もしかするとこれはメインカメラバッグになる予感。

シンクタンクフォト / アーバンディスガイズ 50 V2.0

B0044EBORQ

投稿者 B : 00:52 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/12/07 (Sat.)

OverLay Magic for α7R/α7

α7 シリーズ用の液晶保護シートとして、定番ミヤビックスの OverLay Magic がようやく発売されました。

ミヤビックス / OverLay Magic for Sony α7R ILCE-7R/α7 ILCE-7 OMILCE7

OverLay Magic for α7R/α7

いやー、これ待っていました。
ちなみに今回もミヤビックスさんからサンプルのご提供をいただきました。ミヤビックスさんどうもありがとうございました。

OverLay Magic for α7R/α7

OverLay Magic は、耐指紋・キズ自己修復タイプの液晶保護シート。モバイル機器の液晶保護シートは数ヶ月に一度貼り替えないと、細かい擦り傷がついて逆に使い勝手が悪くなるものですが、キズ自己修復タイプのシートならば細かい傷ならば放っておくとある程度戻ってしまうので、耐久性が高いのが嬉しい。私はスマホ用の保護シートでも OverLay Magic であれば半年~1 年くらいは貼り替えなくても使える印象です。なので、手持ちの機器に貼る保護シートは対応品が出ている限り OverLay Magic にするようにしています。
何も貼らないよりも少しだけ映り込みが強くなってしまいますが、液晶保護シートとしての使い勝手の良さが個人的には上回っています。

OverLay Magic for α7R/α7

例によって、言われなければ分からないほどに採寸はピッチピチ。ジャストサイズだとパネルの縁に合わせて貼り込むだけでいいので、貼り付けもラクなんですよね。

ストラップに続いて保護シートも決まったことで、これでようやく気兼ねなくガシガシ使い込むことができます。撮るぞー。

投稿者 B : 00:33 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/11/26 (Tue.)

ARTISAN&ARTIST ACAM-E38

α7 につけるストラップは、ちょっと迷いましたが、これに決めました。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E38 (ブラック)

ACAM-E38

はい。NEX-5R でも愛用している、ARTISAN&ARTIST ACAM-E25 のバリエーションモデルです。25mm 幅のストラップを採用していた ACAM-25 に対して、こちらは 38mm 幅のストラップを使っていて、大型の一眼レフでの使用にも堪える、というもの。α7 は重量的には ACAM-E25 で十分なんですが、マウントアダプタで望遠レンズや大口径レンズをつける機会が NEX-5R よりもかなり増えそうなので、余裕のある E38 のほうにしてみました。

ACAM-E38

この D カンに指を引っかけて引っ張るだけでストラップを伸縮させることができるのが、「イージースライダーカメラストラップ」シリーズの特長。私はカメラはナナメ掛けで使うことが多いのですが、撮影時には首掛けにするし、たまに肩掛けにもするし、使わないとき(カメラバッグにしまうときや、テーブルの上に置いておくときなど)には長いストラップは邪魔になるので、こういう伸縮自在なストラップこそ「こういうのが欲しかった」という。使用頻度の高いミラーレスカメラには、もうこのストラップなしには考えられません。

ACAM-E25 はストラップ自体が無地だったのでデザイン的にちょっと寂しいものがありましたが、この E38 では縁にアクセントとして、アルチのイメージカラーでもある赤いステッチがあしらわれています。BLIEFING のバッグっぽい雰囲気もありますが、なかなか良い感じ。

ACAM-E38

両端(カメラに繋ぐ部分)のテープ幅は 11mm。α7 の三角カンの幅にギリギリで、最初通そうとしたときにちょっと焦りました(;´Д`)。少しグッと押し込んでやる感じにすることで無事通すことができましたが、やっぱりこのストラップはどちらかというと中級機以上の一眼レフを想定した作りになっているということですね。ストラップ自体にもちょっとした重さがあるので、重量級のレンズを使わないならば ACAM-E25 のほうが取り回しはいいかも。

ACAM-E38

ACAM-E25 ではガッツリ入っていた ARTISAN&ARTIST のロゴは、このモデルでは控えめ。うん、これくらいでちょうどいいと思います(笑。

やっぱり、自分で選んだストラップをつけてやると、だんだんカメラが自分のものになっていく実感が出てきますね。一日も早く思い通り撮れるよう、しばらく集中して写真撮りに行きたいと思います。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E38 (ブラック)

B00CM2NUQK

投稿者 B : 00:38 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/11/08 (Fri.)

秋になるとカメラバッグ欲しくなるよねー

...まあ季節によらず定期的にカメラバッグ欲しくなる病なわけですが。

最近、最もよく使っているカメラバッグは去年買ったナショジオのメッセンジャーバッグ。休日は、レンズをたくさん持ってガチで撮影に行くとき以外は、このメッセンジャーバッグに NEX-5R とレンズ 2~3 本、それに iPad mini を入れて持ち歩いています。
でも、最近仕事のついでにちょっとした機材を持って撮影に行ったり、逆に撮影に行きたいけど仕事用の PC も持っていく必要があったり、という場面が増えていて、タブレットじゃなくて 13inch クラスのノート PC が入るカメラバッグが欲しくなってきました。といって改めて物色してみると、最近の売れ筋なのかミラーレス×タブレット向けのカメラバッグはたくさん出ているのに対して、ノート PC が入るカメラバッグで自分の琴線に触れるのが意外と少ない、ということに気づきました。

私はいかにもなカメラバッグはあまり好きではないので、検討時に選択肢に入れるメーカーは主に ARTISAN&ARTIST、National Geographic、CLUMPLER、Manfrotto といったあたり。DOMKE とか Lowepro とかはちょっと敬遠しています。ただ、この中でも CLUMPLER は最近デザインが私とはずいぶん違う方向性に行ってしまったので、これならもう買うことはないかな...と考えています。

そんな中、ちょうど良さそうな候補として挙がったのがこれ。

シンクタンクフォト / レトロスペクティブ 40 (パインストーン)

B009YTRERU

ノート PC が入ってカメラやレンズも十分入れられるキャパがあって、デザインがカメラバッグっぽくない。シンクタンクフォトは今まで買ったことがありませんが、周囲にユーザーが多いので、品質的には安心できそう。
これが良さそうかな...と思って店頭で確かめてみたんですが、デザイン的にちょっと特徴がなさすぎるのと、コットンの色味が私が求めているのとはちょっと違ったので、惜しいけど却下。それにこれ買うとまた三連星でお揃いになってしまうので、それもちょっと仲良さそうすぎてどうかと思い(笑

カメラバッグ選びって、なにげにカメラ選びやレンズ選び、三脚選びよりも難しいように思います。ここはやっぱりカメラバッグ神のアドバイスを仰ぐか(ぉ

そんなわけで、私のカメラバッグ選びはもう少し続きます...たぶん。

投稿者 B : 23:59 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/09/20 (Fri.)

SIGMA USB DOCK

17230-2969-293400

シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM をレビュー用にお借りしたときに、これも一緒に借用していました。

シグマ / USB DOCK UD-01

SIGMA USB DOCK

Contemporary/Art/Sports へのレンズラインアップ再編の際に、ともに発表されていたレンズ調整/カスタマイズツールです。これまで、ボディ側で AF のアジャストを行う機能が搭載されたカメラは存在していましたが、レンズそのものを調整する本格的なツールをレンズメーカーが一般ユーザーに提供したのは、これが初めてではないでしょうか?私も、これがどんなものかは気になっていました。

SIGMA USB DOCK

プラスチック製の筐体に、レンズマウントと電子接点、USB ポートがつけられただけのもの。ちょっと分厚めなレンズリアキャップぐらいに見える代物ですが、このシンプルなデバイスを介して、PC からレンズの設定を行います。

SIGMA USB DOCK

裏側にはインジケータ LED が。なんとなく、この USB DOCK を下に敷いてレンズを上にセットするようなイメージがありますが、レンズの前玉を下にして、USB DOCK を上に載せるのが正しい置き方です。まあ、短めのレンズならともかく、120-300mm F2.8 のような重量級レンズの下に敷いたら壊れかねませんしね(^^;;。

SIGMA Optimization Pro

レンズの設定には、Web から専用ソフト「SIGMA Optimization Pro」をダウンロードして PC にインストールします。

SIGMA Optimization Pro

試しに手持ちの 35mm F1.4 DG HSM をセットしてみたところ、いきなりレンズファームウェアのアップデート通知が。おお、アップデートが出ていたことにすら気づいていませんでした(笑。

SIGMA Optimization Pro

というわけで、そのままアップデート。アップデート内容は、この USB DOCK に対応したことくらい。

そもそも、他社製ボディ経由でシグマレンズのファームウェアをアップデートする仕組みがないので、レンズファームを更新しようと思ったら、シグマのサポートにお願いするか、この USB DOCK を使うしかないんですよね。ま、レンズのファームを更新することもあまりないでしょうが。

SIGMA Optimization Pro

USB DOCK を使ってできることは、ファームウェアアップデートと「カスタマイズ」。

SIGMA Optimization Pro

「ピント調整」と「カスタムモード設定」の二つのボタンがありますが、35mm F1.4 DG HSM ではピント調整しかできません。Sports シリーズでは「カスタムモード設定」を使って AF リミッターのユーザーモード設定ができるようです。あと、画面上に「AF や OS の設定ができる」と書いてあるので、レンズによっては手ブレ補正に関する調整もできそうです。

SIGMA Optimization Pro

ピント調整は、最短撮影距離から無限遠までの 4 段階のフォーカス位置に関して、ピントの前後を微調整することができます。私の 35mm F1.4 DG HSM は特にピントずれを感じたことがないのでいじりませんが...。

SIGMA Optimization Pro

18-35mm F1.8 DC HSM では、代表的な焦点距離×4 段階のフォーカス位置に対して調整可能。これ、USB DOCK 単体で調整結果を実写確認できないので、調整したらカメラに付け替えて実写確認するしかなく、本気で調整しようと思ったらかなり大変なんじゃないですかね...。まあ、今まではメーカーサポートに(場合によっては組み合わせるボディもセットで)送って調整してもらうしかなく、それでも自分の好み通りに調整されてくるとは限らなかったので、自分である程度好きなようにできる、というだけでも画期的だとは思いますが。

SIGMA Optimization Pro

ちなみに、非対応レンズ(Contemporary/Art/Sports に分類される以前のシグマレンズやキヤノンの EF レンズ)をつけてみたところ、当然ながら非対応のメッセージが出てきて何もできませんでした。私の場合、手持ちのレンズに関してピント調整の必要を感じてはいませんが、50-500mm OS に関しては、フォーカスリミッターのカスタム設定ができると、野鳥でもモータースポーツでも今以上に撮りやすくなると思うんですよね。なので、50-500mm OS が Sports シリーズとしてリニューアルしたら、けっこう本気で買い換えを検討するかもしれません。

シグマ / USB DOCK UD-01 (キヤノン用)

B00CBQ5YOS

17230-2969-293400

投稿者 B : 00:18 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2013/09/17 (Tue.)

Manfrotto befree

「旅行先に持って行けるそこそこの三脚選び、って難しいよねえ」という声を聞いたような気がしましたが、私はこの夏からこんな新兵器を投入しています。

Manfrotto / befree アルミニウム三脚ボール雲台キット MKBFRA4-BH

Manfrotto befree

もともと、ちょっとした撮影程度ならば手持ちで済ませてしまう機動力重視派だったんですが、最近夕景~夜景を撮ることが増えてきて、旅行でなくても持ち運びやすい三脚が欲しくなったので。愛用のカーボン三脚 190CXPRO4 はこのクラスにしては軽いけど、絶対重量として決して軽いわけではなく。電車移動が中心な私としては、最初から三脚を使うつもりで、自分自身に覚悟があるときくらいしか持ち出そうとしていないのが実情。ならば機動性重視の三脚も一本持っておいて損はないかな、と思って買い増し。

ちなみに先日の木更津の海上電柱はこの三脚を使って撮影したものです。

Manfrotto befree

三脚選びにあたっては、これはどちらかというとミラーレスでの使用を重視して軽くてコンパクトなものを、と考えていました。具体的な候補は、Manfrotto の「COMPACT 三脚フォトキット」か「293A4」三脚のボール雲台セット。特に後者は APS-C の中級一眼レフでも使えるスペックで、クイックリリースシュー対応雲台までついて 1 万円そこそこ、というコストパフォーマンスの高さ。

でも、いざ店頭で触ってみると、COMPACT 三脚はいくらコンパクトといっても脚のしなりが大きく、最大伸張時にちょっと頼りなさげな感じ。293A4 はさすがにしっかりしているけど、日常的に持ち運べるか?と言われると、もう一声コンパクトになってほしい。無い物ねだりということは解っていても、悩むよなあ...と思っていたら、293A4 の隣に展示されていたこの「befree」が目に留まりました。
比べてみると、befree は 293A4 と同じくらいの安定性があるにも関わらず、293A4 よりも軽く、コンパクトに折りたたむことができます。その分、価格も 2 倍くらい差がありましたが(汗)、私の今欲しい三脚はこれだったんだよ!というくらいに最適で、完全に想定外だったけど衝動的に買ってしまったというわけ。

Manfrotto befree

携行時には脚を雲台側に折りたたむことで、通常の三脚よりも大幅に短い格納高を実現しています。その短さは 40cm と、293A4 の 2/3、実に COMPACT 三脚と同等というのだから、耐荷重 4kg 級でこれ以上に小さくできるものはなかなかないでしょう。

鋭角なデザインにブラック/シルバー/レッドの配色ってなんだか中二っぽいセンスですが、機動力重視のスポーティな三脚なら、こういうのもアリか。

Manfrotto befree

銀色のストッパーを 3 段階に動かすことで、開脚の角度を 2 段階(+折りたたみ)から選択できるようになっています。

Manfrotto befree

携行用の持ち運びサイズでなく、単純に脚を折りたたんだだけの状態でもかなりコンパクト。撮影場所でのちょっとした移動時にも助かります。

Manfrotto befree

付属の雲台は、コンパクトなボール雲台。これでも 7D+70-200F4 クラスならば十分堪えそうではありますが、超望遠級になると厳しめ。ボールの締まりについてはそれほど不安はありませんが、しっかり締めても水平方向の回転軸に角度方向のグラつきを少し感じるので、マクロ撮影等で高精度に追い込みたいときにはちょっと不安。精度を求めるならばよりハイグレードな雲台に交換したいところですが、この雲台込みでコンパクトさを実現している部分もあるので、悩ましいところ。雲台を換えると折りたたみを諦めるか、雲台を別に持ち運ぶ必要があります。まあ、雲台を別にしても一般的な三脚よりははるかに持ち運びやすいですが。

Manfrotto befree

この三脚の嬉しいところは、原則ケース別売の Manfrotto 三脚にあって、これだけはちゃんとキャリングケースが付属しているところ。同社の中でも特に持ち運びを重視したシリーズであることが分かります。

Manfrotto befree

190CXPRO4 と比べるとこれくらい違います。befree はさすがに通勤鞄には入らないものの、キャリングケースがついていることもあって、これならば仕事帰りに夜景でも撮りに行きたいときに、気軽に持ち歩けるサイズ。たまにある、三脚持っていこうかどうしようか→現場に行ってから「やっぱり持ってくれば良かったああ!」をこれならば解決できます。クルマ移動の人にはあまり気にならないかもしれませんが、電車移動だとこの違い、小さいようで大きいんですよね。

Manfrotto befree

ただ、伸ばしたときの高さはさすがに違いが出ます。脚自体の長さに加えてエレベーターの長さにも差があるせいで、190CXPRO4 と比べるとずいぶん低い。190CXPRO4 のほうは身長 180cm の私が背筋を伸ばしたままファインダを覗ける高さを確保できますが、befree のほうは屈まないと無理。まあ三脚使用時は自分の目の高さに合わせることよりも構図を重視して決めることのほうが多いので、それ自体はさほど問題にはなりませんが、上から見下ろし気味のアングルで使えないのは困る場面が出てくるかもしれません。まあ、それよりも「必要なときに躊躇わずに持ち出せる機動力」のほうが、三脚には必要とされることが多いでしょうが。

そんなわけで、befree は今後私のメイン三脚になりそうな予感。
「三脚は 3 度買い換える」というので、あと 1 回くらい違う用途のものを買い換え/買い増しする機会はあるかもしれませんが...。

Manfrotto / befree アルミニウム三脚ボール雲台キット MKBFRA4-BH

B00COLBNTK

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2013/07/25 (Thu.)

CONTAX G-NEX AF 対応マウントアダプタ

ちょっと前に出ていたのを書きそびれたまま忘れていましたが(笑)、海外で CONTAX G-NEX の AF 対応(!)マウントアダプタが発売されています。しかも、第二世代の製品が近日登場予定という段階。新製品はちょっとデザインがアレな感じになっちゃいましたが...。

DEO TECH CONTAX G to SONY NEX AF Adapter Mark.2 [Eagle], DEO-TECH

CONTAX G システムは AF に対応したレンジファインダですが、ボディ内 AF モーター方式なので、マウントアダプタ経由では AF が使えませんでした。MF さえも、マウントアダプタ側にフォーカスリングを備えて、マウントアダプタからレンズ内の AF 駆動ギヤを動かす、という力業で何とかやっていたのが実情。それを、マウントアダプタ側に AF モーターを内蔵してしまったのがこの製品。ミラーレス用のマウントアダプタではこれまでに電子制御対応の EF-NEX アダプタフルサイズ相当の画角で使える SPEED BOOSTER といったビックリドッキリメカ(笑)がどんどん開発されてきましたが、いよいよ変態マウントアダプタここに極まれり、といった印象です(←誉め言葉

コントラスト AF で、しかもマウントアダプタ内モーターで強引に駆動しているので、AF は下手すると最近のコンデジより遅いんじゃないか...という気もしますが、CONTAX G レンズを NEX で AF で使える、というのはなかなか感動的。まあ、CONTAX G レンズは MF するから楽しいんだ、という側面もありますが。

ググってみたら、日本でも既に初代機を買っている方がいらっしゃるんですね。

スルガ銀行|Contax GのAFアダプター届きました。(人柱レポート) - ニューミドルマンを目指して

しかも、スルガ銀行広報部の blog というのが謎なんですが(笑)、このミスマッチ感が逆にいいね!

Biogon 21mm はレンズガード部に加工(削る)が必要だったり、$299 とけっこういい値段がする(まあ、SPEED BOOSTER や EF-NEX アダプタよりは安いけど)のがちょっとネックではありますが、CONTAX G レンズ愛用者としてはとても気になるアダプタですね...。

投稿者 B : 01:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/06/07 (Fri.)

ツァイス Touit 用のレンズフィルタ選び

Touit 12mm 用のレンズプロテクタを買いました。

ソニー / VF-67MPAM

VF-67MPAM

ツァイスレンズにはやっぱりツァイスのフィルタでしょう。レンズプロテクタとしてはかなり高価な部類に入りますが、ここはこだわりたかった部分。

ちなみにツァイスブランドのレンズフィルタはソニー製コシナ製が発売されていて、どちらを買うかは迷いました。以前、コシナから発売された当初は偶然にもソニー製とコシナ製でフィルタ径があまりかぶっていなかったのでレンズの径によってどちらを買うか自ずと決まってしまいましたが、いつの間にかコシナから主要な径のフィルタがほとんど発売されていて、現時点ではこんな状況になっています。


ソニーコシナ
フィルタ種別MC-P
ND
C-PL
UV
C-PL
40.5mmMC-P
43mmUV
46mmUV
49mm
52mm
55mm
58mm
62mm
67mm
72mm
77mm
82mm
95mmUV

コシナの品揃えにほとんど隙がないですね...。Touit のフィルタ径は 32mm F1.8 が 52mm、12mm F2.8 が 67mm なので、両方揃えるならコシナのほうがいいでしょう。が、コシナ製は入手性がよろしくなく、ヨドバシの本店クラスでもなかなか置いてない。Amazon 等で買うという手もありますが、私はとりあえず 32mm F1.8 のほうは今のところ買う予定はないので、67mm 径の入手性を重視して選びました。

VF-67MPAM

Touit 12mm は前玉が大きく張り出しているので、やっぱり MC プロテクタをつけると安心感がありますね。

レンズ側面から T* の刻印が見えているのも誇らしいです。

VF-67MPAM

...ま、レンズフードをつけると全く見えなくなっちゃいますがね(;´Д`)!!

このレンズ、超広角なのでフレアを防ぐ必要もありますが、それ以上にレンズのたたずまいとしてフード装着時のほうが明らかに美しいので、フードは必須だと思います。

ちなみにこのフード、持ち歩き時には当然レンズに逆付けすることができて、つけてみると

Touit 2.8/12

こんな感じ。この状態でもかなりかさばりますね...。
それでも、やっぱりこのレンズにはフードつけて使いたいので、この状態で持ち歩きます。

12mm(18mm 相当)の画角は難しいけど面白いですね。このレンズを介して見ると、世の中の見え方が一変します。構図やパースのつけ方をよく考えないと、途端に寂しいか五月蠅い感じの絵になってしまうので、構図力と発想力が試される感じ。しばらく重点的に使い込んでみたいと思います。

ソニー / VF-67MPAM

B002R8DOGK

投稿者 B : 00:37 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2013/05/14 (Tue.)

レンズフィルタが外れないときは

カメラにつけたレンズフィルタやステップアップリングが外れなくなるときって、たまにありますよね。長くつけっぱなしにしている間に固着したり、どこかにぶつけてフィルタ枠が歪んだり、気温の変化で枠が膨張/縮小したり。原因はさまざまでしょうが、私も経験あります。

私が数年前にレンズフィルタが外れなくなったときには、これを買って解決しました。

エツミ / フィルタールーズ M E-5034

B003N631PE

樹脂製のリング状のレンチの内側に細かい突起がついていて、それがフィルタ外枠のローレットと咬み合って、きつく締められたフィルタでも比較的軽い力で外せるようになります。レンチは 2 本ついていて、基本的にはフィルタとレンズ両方をこれで掴んで回すのですが、レンズ側にローレットがなかったり素手で掴みやすいような構造であれば、フィルタ側だけレンチを使っても良い。
ペンチとか手元にある工具をいろいろ使って解決したくなるところですが、勢い余ってレンズに傷をつけたりしたら泣くに泣けないじゃないですか...。

まあ、かくいう私もこのフィルタールーズよりも先にこのグッズを見つけて試したりもしたんですが、

ケンコー / らくらくラバー 2 枚セット

B0034DMSSC

あまりにも固い場合は、このラバーを使ってもフィルタが回らずに、逆にラバーが滑ってフィルタのローレットでラバーが削れてくるような状態で(笑)、使い物になりませんでした。その後改めていろいろ物色して、フィルタールーズを見つけたわけですが、同じような人が多いのか Amazon では「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に双方が出てきますね(笑

フィルタールーズはフィルタ径に合わせて 2 種類のサイズがあるので、手持ちのレンズの径に合わせて 1 本持っておくと、いざというときに重宝すると思います。

投稿者 B : 00:29 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/04/27 (Sat.)

CRUMPLER THE ANCHOR

ちょっと気になるカメラストラップが発売されていたので、試しに買ってみました。

Crumpler、2点吊りコンパクト用やループ脱着式などカメラストラップ6モデル
CRUMPLER / THE ANCHOR (ライフル/ブラックストライプ)

THE ANCHOR

一眼レフ用に The Industry Disgrace ばかり何本も買い続けているお気に入りの CRUMPLER から、主にミラーレスカメラ用と思われる新シリーズとして登場した「THE ANCHOR」。カラーバリエーションは 10 種類、と豊富にありますが、単色だとちょっとつまらないし、柄・ロゴ入りも微妙に私の琴線に触れないなあ...という中から、このライフル/ブラックストライプは最も無難にまとまっていたので購入。

ヨドバシの店頭で気がついたのですが、CRUMPLER の従来のカメラストラップはむき出しで無造作に販売されていたのが、今年のモデルからは化粧箱入りになったんですね。

THE ANCHOR

柔らかいコットン素材を採用した 38mm 幅のストラップ。幅広なのでハイエンド系のミラーレス機の重量でも余裕で対応できますが、逆に小型のエントリー機に対してはちょっとアンバランスな気もします。

長さはまあ普通ですが、私は長めのストラップを使うことが多いので、それらに比べると短く、ナナメ掛けにはあまり向かないと思います。身長 180cm の私がストラップを最大長にしてナナメ掛けすると、カメラに肘が当たってしまう程度の長さ。イメージ的には NEX-7 や OM-D、X-Pro1 級のカメラを首から、または肩から提げるのにちょうどいいんじゃないでしょうか。

THE ANCHOR

カメラへの取り付けは二重のニコイル(リング)を介して取り付ける方式になっています。よってテープタイプのストラップが前提のカメラでは取り付けることができないので注意。リングによるカメラへの傷つきを防止する当て革も施されていますが、デザイン上のアクセントになっているとはいえ当て革の面積がちょっと大きすぎるかな。

THE ANCHOR

カメラに取り付けるとこんな感じ。色合いが微妙にジオン風だけど気にしない(ぉ

使い勝手だけで言えばアルチのイージースライダーが最強レベルで使いやすいわけですが、重量級のレンズと組み合わせるようなボディの場合はこちらのほうが負担が軽くて良いかな。それなりに気に入りましたが、もう少しデザインのバリエーションが欲しい気もします。

CRUMPLER / THE ANCHOR (ライフル/ブラックストライプ)

B00BV2JFKW

投稿者 B : 23:28 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/04/02 (Tue.)

春になるとカメラバッグ欲しくなるよねー

ねー。春になると無性にカメラバッグ買いたくなるよねー。いやお前の場合は春に限らないしカメラバッグにも限らないというツッコミは禁止で(ぉ

去年買ったナショジオのメッセンジャーバッグが普段使いにはあまりにも使いやすくて、最近休日は撮影用途だろうとなかろうとこのバッグばかり使っています。カメラ機材のほかにタブレットが入れられるというのが思っていた以上に役立つのと、タブレットを使う用事がなくてもタブレット用ポケットにちょっとした雑誌なり資料なりを突っ込んでおける、というのも重宝します。なので、ほかのカメラバッグもタブレットとか雑誌とか入れておけるスペースが欲しい。

Million Dollar Home

これは先日江ノ島に行ったときに撮らずにはいられなかった写真ですが(笑)、私のメインカメラバッグ(左)は CLUMPLER の 7 Million Dollar Home、クマデジさんの(右)は同じく 6 Million Dollar Home。ともに 2009 年モデルのブラウンで持ち歩いている機材は EOS 5D Mark III と NEX-5R、どうみても兄弟です本当に(ry

ほとんど同じセットで持ち歩いているだけに、このエントリー↓にあるクマデジさんの気持ちが本当によく分かるわけです。

ザ・6ミリオンダラー・ホーム 2012年モデル - クマデジタル

現行の Million Dollar Home シリーズは背面にポケットを備えていて、6 ミリオン以上ならば書類やタブレットが入りそうなサイズになっています。タブレットはともかく、A4 程度の書類を入れておけるスペースがないと撮影系イベントの参加時には微妙に困るんですよ。さらには三脚用ストラップも追加されていて、かなり私が求めるものに近いスペック。でも、現行モデルのカラーバリエーションは、ブラックだとつまらないけど、青赤やエヴァカラーは攻めすぎなんですよね(´д`)。

まあ、私が 7 ミリオンを買った 4 年前とは違って、今では他のブランドからも「一見カメラバッグらしくないカメラバッグ」はいろいろ出ているので、もう少し選択肢を広げて探してみても良いのかもしれませんが。

投稿者 B : 23:17 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2013/02/07 (Thu.)

E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS とステップアップリング

SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(SELP1650)にレンズフードを付ける - クマデジタル
が、サードパーティを待ってもいられないので、Bさんに相談したところ、ステップアップリングを付けていた。うん、私もいろいろ考えて、現状ではそれしかないかと思っていたところ。
そうなんですよ。私が使っているステップアップリングはマルミのこれ。

マルミ / ステップアップリング 40.5→49mm

ステップアップリング 40.5→49mm

本来、レンズの保護には MC プロテクタを使うのが一般的で、E PZ 16-50mm でも 40.5mm 径のプロテクタは装着できます。が、このレンズは鏡筒の径とフィルタ径が違いすぎていて、40.5mm 径のフィルタをつけると微妙に不格好になってしまうんですよね。
ならば、「不意にレンズの前玉を何かにぶつけてしまうリスクを下げる」という観点で、レンズフードなりそれに相当するものをつければ、MC プロテクタほどではないけどある程度の保護はできます。でもレンズフードをつけると全長が長くなってしまって、せっかくレンズが旧型比で短くなったのに、本末転倒。そうすると、ステップアップリングをちょっとしたレンズガード的に使う、という発想が良い落としどころではないかと。

ステップアップリング 40.5→49mm

私が買ったステップアップリングはマルミの 49mm 一本ですが、光沢系なのでデザイン的なマッチングは悪くありません。レンズ前面のシルク印刷をちょうど隠すくらいのサイズで、中途半端な不格好さはありません。ただ、鏡筒自体はもっと太いので、55~58mm くらいの径のほうが見た目の相性は良さそうです。クマデジさんのステップアップリング二段使いというのは、保護性という点でも見た目という点でもうまいアイディアだと思います。
ただ、いずれにしてもレンズフードではないので、フレア防止にはほとんど寄与しません。まあ構図にもろに太陽を写し込みでもしない限りはそれほど問題にならないでしょうが。

ちなみに、私が 49mm というやや中途半端な径のリングを選んだ本当の理由はこれ。

ステップアップリング 40.5→49mm

先日買った TiANyA の激安サーキュラー PL フィルタを流用したかったので、他の E マウントレンズと共通の 49mm 径にしたというわけです。CP+ では製品がガラスケース展示されることも多いので、反射を低減できる PL フィルタは必須。CP+ レポートに掲載した写真のうちいくつかはこの PL フィルタを使って撮影しています。PL フィルタを使うと必然的に光量は落ちますが、最近の NEX は積極的に ISO 感度を上げてもノイズが載りにくいので、こういう場面で重宝します。

実は私がステップアップリングを買った本来の目的は、レンズ保護よりもむしろ他のレンズとフィルタを共用したかったから、という(笑。

ステップアップリング 40.5→49mm

49mm なら他の NEX 用レンズキャップがそのまま使えるので、キヤノンあたりのロゴ入りをつけなくていいというのもメリットかな(笑。他の E マウントレンズも一緒に持ち歩くような場面で、レンズキャップの径が揃っている、というのは地味に便利なのです。
ちなみに 58mm のリングをつける場合は、コシナツァイス用レンズキャップには 58mm 径があるので、これで見栄を張れます(ぉ

レンズフードといえば、ワイド端の画角が同じだからユーエヌの E16/2.8 パンケーキ用ドームフードが使えるかと試してみたら、ワイド端では見事にケラレました(´д`)。24mm 以上の焦点距離ならば問題ないんですけどね...。
一応、こういうレンズフードは発売されていますが、ケラレないかどうかは買ってみないと分からないのが悩ましい。

スタイリッシュなライカ風代替金属メタルフード 40.5mm

B008DVYBXA

先日の CP+ で、これと同様のフード(同じものかどうかは不明)をつけている人を見かけたので、使える可能性は高そうですが。ただ、このタイプのフードって短めのレンズには似合うんですが、E PZ 16-50mm の電源オン状態(鏡筒が伸びる)には似合わなさそうなのが、ちょっと微妙かも。

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/01/24 (Thu.)

METABONES Speed Booster

APS-C機でフルサイズ撮影"のマウントアダプターを試す

発表からほんの一週間で、METABONES の変態マウントアダプタのレビュー記事が出てきました。執筆はやはりこの分野の第一人者・澤村 徹氏。さすがですね。

このマウントアダプタの原理は、エクステンダーの真逆で「光の経路に縮小レンズを入れることで、フルサイズレンズを通ってきた光を全て APS-C センサで受ける=通常 APS-C センサで受ける光よりも多く受光することになるので、小さく撮れる代わりに明るくなる」という私の理解で正しいようです。また、このアダプタを使うことでレンズ本来の描写よりも画質が向上する、という話については「そんなわけあるかい」と思っていましたが、レンズ内部の反射が多いタイプのオールドレンズに関しては、アダプタ側のレンズコーティングで反射をカットすることでシャープネスが向上する、ということのようで、それなら確かに分かる気はします。

画質に関しては、掲載されている比較作例がシャープネスよりもボケ量比較のために絞り開放でとっていることもあり、描写が甘くなっているか鋭くなっているかについては正直なところ判断はしかねます(見る限りでは「少なくとも極端に悪くなることはない」とは言えそうですが)。でも「フルサイズ機で撮るのと同等の画角とボケ量が得られて、画質劣化も無視できる範囲」とは言えそうで、これはなかなかソソるものがあります。

ただ、補正レンズ入りというこのアダプタの構造上、ベースとなるボディとのフランジバック差が大きいマウント用のアダプタしか作れないので、今後も含め一眼レフ用レンズのマウントアダプタしか期待できないのが現実。フルサイズ用レンズをフルサイズの画角で使いたければ、わざわざマウントアダプタ経由でミラーレス機につけなくても、フルサイズ一眼レフ(少なくとも、一眼レフとしてはフランジバックが短い EOS であれば、たいていの一眼レフ用レンズはアダプタ経由で装着可能)を買えば良い、という話でもあったりします。まあ、どんなに安くても 15 万円はするフルサイズボディを買うことを考えれば、手持ちのミラーレスボディに 6 万円でアダプタを足した方が安上がり、という考えもあるでしょうが。
ただ、AF レンズはさておき、MF レンズを使うならミラーレスのほうが圧倒的に使いやすいのも事実で。現に私も、5D3 との比較では NEX の MF アシスト/ピーキング表示を使ったほうが MF は圧倒的に速くて正確にできるので、5D3 で MF を積極的に使いたいと思えないんですよね。なので、このマウントアダプタを使うなら EF レンズを使うのではなく、アダプタ二段重ねで YASHICA/CONTAX、Leica R、M42 などの名だたるオールドレンズをフルサイズ画角+扱いやすい MF で使うのが最も幸せなんじゃないか、と思う次第です(そういう意味では、L/R-E mount アダプタを買うよりも、EF-E mount アダプタを買って L/R-EOS を重ねたほうがツブシがきく、と言えるでしょう)。

うーん、このアダプタ、とにかく一度触ってみたいんですが、CP+ でどこかのブースに展示されたりしませんかね...。

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/01/19 (Sat.)

Lowepro バーテブラルテック ショルダーストラップ

去年の夏に買った、Manfrotto の Lino プロ用メッセンジャーバッグ。ちょうど買った直後くらいから撮影会だったり出張だったり、購入した二つの目的の両方で活用する機会が増え、かなりあちこちに持ち出しました。すると、ある日...。

LM050-5BB

ショルダーストラップの金具が外れて肩掛けできなくなった(´Д⊂)。しかも、出張先で気がついたら外れているという事故で、応急処置もできない...。
短期間のうちにハードに使っていたとはいえ、買って半年経たずにコレ、というのはさすがにどうなんですか(´д`)。

LM050-5BB

反対側の無事なほうの金具を見てみると、フックの金具はストラップ側の金具に対してリベットや溶接で留まっているわけではなく、リングにダボを通しているだけでした。壊れていないほうを見る限り、この構造でもそう簡単に外れない(ダボが抜けない)ようにはなっているようでしたが、たまたま壊れやすい個体だったのか。メーカーサポートに相談して修理 or 保守パーツとの交換も考えましたが、構造的に同じことが起きないとは言えないし、汎用のショルダーストラップに交換しておいたほうが安心かな、と思って、汎用品を物色してみました。

この手のカメラバッグ用ショルダーストラップって OP/TECH の S.O.S.ストラップが有名で、特に耐久性が低いと言われるシンクタンクフォトのアーバンディスガイズの交換ストラップとしては定番化しているらしいですが、ポリウレタンの部分が経年変化して加水分解するという問題以前に、OP/TECH の製品全般としていかにも米国製品然とした大雑把なデザインが私の美意識と相容れなくてですね...。

で、あれこれ探し回った結果、買ったのがこちら。

Lowepro / バーテブラルテック ショルダーストラップ

バーテブラルテック ショルダーストラップ

ビジネスバッグ用のスペアストラップはそれなりに入手容易なのに、大きめのカメラバッグ用ストラップって案外選択肢がないんですね。それでもいくつか見つけた中で、最も丈夫そうで重い機材を持ち運んでも疲れにくそうに見えたのがこの Lowepro のストラップでした。

バーテブラルテック ショルダーストラップ

Manfrotto Lino プロ用メッセンジャーバッグ付属のショルダーストラップに勝るとも劣らないくらいしっかりしたショルダーパッドがついていて、いかにもラクそうです。

バーテブラルテック ショルダーストラップ

ショルダーパッドの中央を走るオレンジ色のラインがアクセントになっていますが、このラインは単なるデザインというわけではなく、機能性を考慮した構造になっています。強いナイロン製のテープのようなものを無数の樹脂製の土台で支えた脊髄のような構造をさらに EVA 素材で挟み込んでいて、公式サイトの記述によると「重さを均等に分散させるので疲れにくい」とのこと。まだ実際に重い機材を長時間運んだわけではありませんが、ちょっと担いでみただけでも、「単なる厚手のショルダーパッド」な Lino 付属のストラップよりも、肩に掛かる負荷が少ないように感じます。

バーテブラルテック ショルダーストラップ

ショルダーパッドの裏面は、滑り止めがありつつ通気性にも配慮した構造。

バーテブラルテック ショルダーストラップ

肝心のフック部分はリベット留めの非常にオーソドックスなもので、これならそう簡単に壊れることはないでしょう。Lino 付属品と比べてフックの幅が狭いので、安定感に欠けるかな?と思いましたが、そんなこともなく使用感は良好です。

バーテブラルテック ショルダーストラップ

バッグとのバランスも悪くありません。まあデザインはさすがに Manfrotto のほうが洒落ていますし、負荷軽減用のチェストストラップがついていたりもしましたが、チェストストラップは荷物を担いだまま長時間歩くロケのような用途ならばともかく、日本の都市圏のような細かく乗り換える電車移動では逆に荷物の上げ下ろしがしにくくなるので、結局滅多に使わなかったし。私の用途には、この Lowepro のストラップのほうが合っているんだろうなと思います。

これからまたちょいちょい出張が増えそうな時期に入るので、このストラップが活躍してくれることと思います。

Lowepro / バーテブラルテック ショルダーストラップ

B002U82C2E

投稿者 B : 00:17 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/01/17 (Thu.)

METABONES の変態マウントアダプタ(褒め言葉

35mm用レンズを実焦点距離で使用できるマウントアダプター

METABONES EF-E mount Speed Booster

なんか変態的なマウントアダプタがキターーーーー!!!

ミラーレスカメラ向けのマウントアダプタも、真っ当なものから CONTAX G レンズ向けのフォーカスリング内蔵型、ティルトシフト対応型、絞り内蔵型、EF などの電子マウント完全対応型、などどんどん深い方向に進化してきていましたが、この変態度合いはハンパない。「焦点距離を 0.71 倍に、開放 F 値も 1 段分明るく」するアダプタなんて今まで聞いたことがありません。焦点距離が 0.71 倍になるということは、例えば APS-C センサ搭載ミラーレス機ならばレンズの焦点距離は 0.71×1.5=1.065 倍になる計算。例えば EF50mm F1.4 USM をこのアダプタを介して NEX につけると、53.25mm F1.0 相当として使えることになります。これはちょっとすごい。今まではミラーレス機でオールドレンズ等を使うにあたり、「(ライカ M9 やソニーのカムコーダ NEX-VG900 というごく一部の例外を除き)ほとんどの人にとってはどうがんばっても APS-C サイズの画角まででしか使えない」という制限がありました。それが、ほぼレンズ本来の画角で使える、というのには抗いがたい魅力を感じます。

このマウントアダプタはおそらくレンズ交換式カメラ用のエクステンダーのちょうど逆の原理で作られているものと思われます。エクステンダーは「焦点距離を長く、開放 F 値を暗く」するアダプタなので、光学的にはその逆をやればいいということ。それができるならば、最初からそれを前提にしたマウントアダプタが既にあってもおかしくなさそうなものですが、そのあたりは「レンズが本来想定していない光学系」が経路の途中に挟まることによる画質劣化がもちろんあるから、ということもあるでしょう。レンズの後群にワイコンを足したような形になるので、何らかの収差が発生する可能性が高そうです。上記デジカメ Watch の記事には「内蔵レンズによりMTF値、シャープネス、コントラストも向上するとしている」とありますが、そんなうまい話があるんでしょうか...。コントラストはともかくどんなレンズに対しても MTF やシャープネスを向上させられる補正レンズ、というのはちょっと想像しづらいです。
また、EF-S レンズのような APS-C センサを前提としたレンズをつけたときにどうなるのか(あるいはつかないのか)も気になりますが、AF が使えても遅い EF レンズ群を使うくらいならば、最初から MF と割り切ってライカ R マウントのレンズを使ったほうが楽しめそうではあります。

これはちょっと試してみたいマウントアダプタの筆頭ではありますが、値段が新品のミラーレスボディを 1 台買えてしまうレベルなので、ちょっと躊躇するところ。もちろんいくら APS-C のボディを買い増してもこのアダプタの代わりにはならないわけですが。でもどうやらおなじみ metalmickey こと澤村徹氏が早速このアダプタをテストされるということなので、そのレポートがデジカメ Watch なり日本カメラ誌なりに掲載されるのを、まずは楽しみに待ちたいと思います。

投稿者 B : 00:08 | Camera | Camera Accessory | コメント (4) | トラックバック

2013/01/08 (Tue.)

キヤノンの新型レンズキャップ

コレ買いました。

キヤノン / レンズキャップ E-58II
キヤノン / レンズキャップ E-67II

E-58II/67II

EF24-70mm F4L と同時発表されていた、新型のレンズフロントキャップ。EOS M のキットレンズ用のキャップとして同型のものが付属していましたが、EF レンズ用のキャップもこのタイプにリニューアルしたことになります。
手持ちの EF レンズ群で最も稼動率が高い EF70-200mm F4L 用の 67mm と、5D3 を買ってから見直しつつある EF28mm F1.8 USM 用の 58mm をまずは買いました。それ以外のレンズ用のキャップは追い追い、というところですが、最近 EF-S レンズの稼動率がめっきり落ちてるからなあ(^^;;。

E-67U/67II

旧型(E-67U)との比較。ツマミがキャップ中央寄りに移動したことで、使いやすくなっています。
旧型は「ULTRASONIC」のロゴ有無で 2 バージョンありましたが、新型は「ULTRASONIC」なしの 1 種類しか存在しないようです。まあ、最近の EF レンズではコントラスト AF での制御性を高めたステッピングモーターが一部で採用され始めたのを除けば基本的に全て USM 対応で、旧来のジコジコモータータイプは希少種になりつつあり、レンズキャップで USM 搭載を主張する意味も薄れてしまっているので、自然な流れかと。

E-67U/67II

このキャップ、唯一欠点があるとすれば、旧型に比べてけっこう厚みが増してしまうことでしょうか。中央部のツマミの指がかりを良くするためには自ずと厚みが必要になるので、使い勝手を考えると致し方ないところ。まあレンズ自体の大きさからすると誤差程度なので気にするところではありませんが、EF40mm F2.8 STM のようなパンケーキレンズの場合は、レンズそのものの薄さをスポイルしてしまうので、私は EF40mm STM 用は旧型キャップのままでいいかな。

私が EF70-200mm 用のキャップを真っ先にリプレースしたのは、レンズ自体の稼動率が高いからというのはもちろんですが、

E-67U

旧キャップの場合、レンズフードをつけるとキャップのツマミとフードとの間の隙間が狭く、キャップの着脱が極端にやりにくくなって困っていたんですよね。それで手が滑ってキャップを落としてしまうこともしばしば。

E-67II

それが、この新型キャップならば付け外ししやすいので、ストレスが軽減されます。これはありがたい。

キャップを換えただけでなんとなく新型のレンズに買い換えたような気分に浸ることもできるので(ぉ)、EF レンズユーザーの方にはオススメのアップグレードです。

キヤノン / レンズキャップ E-58II
キヤノン / レンズキャップ E-67II

B00A2I1MPC

投稿者 B : 00:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2013/01/05 (Sat.)

NEX-5R のストラップ

しばらく悩んでいた NEX-5R のストラップは、これに決めました。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25 (ブラック)

ACAM-E25

当初は、初代 NEX-5 のときから気になっていた Roberu の帆布カメラストラップで考えていたんですが、マップカメラに展示してあった実物を見ると、好みだったデザインに対して帆布の質感がイメージしていたものよりもゴワゴワしていてあまり好みではなかったので、残念ながら却下。
で、次点として考えていたのが A&A のこのストラップ。A&A はもともと好きなブランドだし、伸縮自在という使い勝手に惹かれました。でも、しょういちさんに NEX-5R ホワイト×ACAM-E25 レッドという組み合わせで先に使われてしまったので、色違いオソロというのもなあ(笑)と軽く躊躇していましたが、他に強力な候補もなかったので、これで。

ACAM-E25

シンプルなナイロン素材のストラップですが、しなやかで取り回しは良いです。黒地に赤で入った ARTISAN&ARTIST ロゴのインパクトが強くて、個人的にはもうちょっと控えめなほうがよかったんですが、たまにはこういうのもいいかな。

ちなみにこの ACAM-E25 はテープタイプのストラップですが、NEX-5R なら付属の三角カンを外すことでリングタイプの「ACAM-E25R」を装着することもできます。私はテープタイプのほうが取り回しが良さそうだったので E25 にしましたが、E25R のほうがクラシカルな雰囲気になるし、ロゴも控えめなので(笑)お好みで。個人的には、E25R は NEX-6/7 あたりのデザインのほうが似合うような気がします。

ACAM-E25

このストラップのキモは、この長さ調節パーツの近くについている D カン。これによって、大げさな話ではなく指一本でストラップの長さを調節することができます。言葉で説明しても伝わりにくいので、A&A の公式に上がっているこの解説動画を見てください。

D カンに指をかけて引っ張るだけで、自由自在に長さが調節できてしまいます。縮める際にはさすがにカメラを片手で押さえていなくてはなりませんが、伸ばす際は本当に文字通り指一本で調節可能。肩掛け、首掛け、ナナメ掛け、どんなかけ方にも対応でき、カメラを身体から外したときには短めにもしておけるので、たいへん重宝します。私は移動時にはナナメ掛け、撮影時には首から、という使い方をすることが多いので、このストラップは理想型に近いかもしれません。ナナメ掛けから首に掛け替えずに、そのままさらに長くすることでナナメ掛けのままでも安定して撮れる長さにもできます。これは新しい。

ACAM-E25

ミラーレスにはあえてショルダーストラップではなくリストストラップ、という運用もあろうと思いますが、私はこのカメラをメインカメラとして行動する日も多いので、基本的にはショルダーストラップ派。機動力の高い NEX-5R にこのストラップ、というのは鬼に金棒ではないでしょうか。しっかりしたショルダーパッドつきのバリエーションが出てくれたりしたら、EOS 用のストラップもこれに買い換えても良いくらいだなあ、とさえ思います。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25 (ブラック)
ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25 (レッド)
ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25 (カーキ)

B005QLI8NE

投稿者 B : 15:25 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2012/11/30 (Fri.)

OverLay Brilliant for NEX-5R

液晶保護シートの個人的定番「OverLay」シリーズに、NEX-5R 用が発売されました。

ミヤビックス / OverLay Brilliant for NEX-5R OBNEX5R

OverLay Brilliant for NEX-5R

私も早速使ってみました。
なお、今回はミヤビックスさんからサンプルのご提供をいただきました。ミヤビックスさんどうもありがとうございました。

OverLay シリーズでは、最近はめっきり自己修復/防指紋タイプの OverLay Magic シリーズばかり使っていますが、今回は久しぶりに OverLay Brilliant。どうやらタッチパネルが静電式ではない(感圧式)ため、Magic よりも Brilliant の素材のほうがタッチパネルとの相性が良いらしいんですよね。まあ、カメラの液晶保護シートは定期的に貼り替えているので(傷や汚れがつくと画面上で画質の確認がしにくくなるから)、まあいいか、と。

OverLay Brilliant for NEX-5R

貼ってみました。

OverLay Brilliant ならではの光沢感...といっても、私の目には OverLay Magic シリーズの光沢感とそこまで違いが分かりません(笑。実は OverLay Magic よりも OverLay Brilliant のほうがちょっぴり指先の滑りが良いので、タッチパネルならば(傷や汚れを気にしなければ)Brilliant のほうが使いやすいんじゃないですかね。

OverLay Brilliant for NEX-5R

いつものごとくこのジャストサイズ。上下左右ともに 0.5mm も遊びがありません。これくらいジャストだと保護シートを貼ってあることが分からないくらい美しいですし、位置合わせが簡単で助かるんですよね。

OverLay Brilliant for NEX-5R

OverLay Brilliant シリーズは光線透過率 90% を謳っているだけあって、貼ったことによる画質の低下もほぼ認められません。やっぱりいいですね。

ということで、保護シートを貼ってカメラバッグも買ったんですが、まだストラップが決め切れていません。今のところ候補は 2 つあるんですが、どっちにするかな...。

ミヤビックス / OverLay Brilliant for NEX-5R OBNEX5R

B00AA60ACM

投稿者 B : 23:27 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/11/27 (Tue.)

National Geographic Walkabout W2141

新しいカメラ買うと新しいカメラバッグ欲しくなるよねー、ということで夏に 5D3 を買った直後にプロ用メッセンジャーバッグを買ったのもまだ記憶に新しいところですが、今回も NEX-5R の購入に合わせて新しいカメラバッグを買いました(ぉ。

National Geographic / Walkabout メッセンジャーバッグ W2141

National Geographic W2141

この秋にリニューアルしたばかりの National Geographic Walkabout シリーズです。ナショジオのカメラバッグというと、今まではカーキだったりモスグリーンだったり、いかにもアウトドア志向すぎるデザインで私の好みに合わず敬遠してきましたが、今回の落ち着いたグレー×ブラックのカラーリングはカジュアルなタウンユースでも全然アリ、ということで。
当初はショルダーバッグ W2300 のほうを買おうかと思っていたんですが、サイズや用途的に今持っている 4 Million Dollar Home ともろにかぶりそうだったので、あえて一回り大きい W2141 のほうにしてみました。このクラスのカメラバッグは休日のお出かけ用バッグを兼用することが多いので、カメラバッグっぽすぎないデザインと、使い回しのきくサイズ感や使い勝手を私はけっこう重視します。

National Geographic W2141

基本的にはショルダーバッグですが、持ち上げるためのハンドルと、キャリーバッグの取っ手に固定するためのストラップが背面についています。

ショルダーストラップは、中に入れる機材の容量を考えるとちょっと細身で、肩に負担がかかりそうだな...と思ったので、別売のショルダーパッドを買ってきてつけてあります。

National Geographic / Walkabout ショルダーパッド NG W7300

National Geographic W2141

まあ何の変哲もないショルダーパッドですが、デザインの統一感があるのはいいことです。難点を挙げるとすれば、ショルダーストラップもショルダーパッドもコットン製なので滑りが悪く、肩にかけたままバッグの位置をずらそうと思うとショルダーパッドごとずれてしまう点。ショルダーパッドは肩に残ったまま、ストラップだけ滑らせたいじゃないですか...。

National Geographic W2141

前面のフラップを跳ね上げると...って、またフラップかよ!!(;´Д`)ヾデザイン上、二重に見えるように処理していると思われたフラップが本当に二重になっていました(汗。内側のフラップには隠しポケットがあって、細かいものや薄いもの程度であれば収納しておくことができます。この内フラップはナイロン製なので、ちょっとした撥水効果もありそうです。

で、内フラップを跳ね上げると(外フラップとはベルクロで繋がっているのでまとめて跳ね上げることも可能)、

National Geographic W2141

また蓋(;´Д`)ヾ。ここは止水ファスナーが奢られているのでちょっとした雨程度ならば機材を完全に保護することができて、そういうところはさすが National Geographic、といったところですが、ここまで蓋が 3 枚というのはいくらなんでも使い勝手が悪いです。たぶん私は普段はこの内蓋は内側に折り込んで使い、雨が降ってきたときとかだけ防水用に閉めるような使い方になるかな...。

National Geographic W2141

前面にはポケットが 2 つ。向かって左側にはメモリカード用の、右側にはペン用のミニポケットがついています。ペン用のほうには機材メンテナンス用のレンズペンを入れっぱなしにしておいてもよさげ。

んで、上の内蓋を開けると、

National Geographic W2141

また蓋ーーーーーーー(;´Д`)ヾ!!

ご丁寧なことに、インナーケースにも蓋がついていました...。

National Geographic W2141

このインナーケースはバッグの内側に固定されておらず、サブバッグ的に取り出すことができます。しかもこのインナーケースの幅はバッグ本体の幅よりも一回り狭いので、本気でカメラバッグとして使うなら、インナーケースは別サイズの他社製クッションボックスに差し替えたほうが使いやすいような気もします。
逆に、このインナーケースは普通のバッグにカメラを少し入れていきたいときに使い回したほうが重宝しそう。ナショジオらしく、世界地図がプリントされたデザインも、嫌いじゃないです。

National Geographic W2141

メインコンパートメントの中にはタブレット用のポケットも用意されていて、10inch クラスまでのタブレットならば余裕で入ります。このタブレット対応というところが今回の選定のポイントの一つだったので、ここ重要。

あまり余裕のあるつくりにはなっていないので、ノート PC はさすがに無理ですが、このバッグのサイズ的にはタブレットが持ち歩ければ十分でしょう。

National Geographic W2141

バッグのキャパシティ的には、タブレットに加えてミラーレスカメラ(ボディ+標準ズーム)、一眼レフカメラ(ボディ)+望遠ズームくらいまでなら何とか入ります。私はミラーレスの持ち歩き用に買ったので一眼レフを入れることはあまりないでしょうが、NEX-5R に加えて 40mm パンケーキを付けた 5D3+70-200mm まで入れることができれば十分です。ただ、一眼レフも中級機やフルサイズ機だとさすがにちょっとパンパンな感じになるので、EOS Kiss クラスのコンパクトな一眼レフのほうがバランスはいいでしょう。あるいはインナーケースを入れ替えて一眼レフ用として使う、というのもアリだと思います。

National Geographic W2141

私の休日の持ち物、という意味ではこのくらいになるでしょうか。NEX-5R+標準ズーム+交換レンズ 2 本程度、加えてタブレットとモバイルガジェットを少々(笑。これなら全然余裕です、というかインナーケースのサイズがやっぱり中途半端な感じなので、インナーケースは蓋なしの別サイズのものに差し替えようかと思っています。

蓋が多すぎてお手軽に使うためにはちょっと工夫が必要ですが、サイズ感的には休日の外出がてらカメラ持って行くか、という用途にぴったりなので、4 ミリオンと使い分けていきたいと思います。デザインも好みの部類だし、けっこう気に入った。

National Geographic / Walkabout メッセンジャーバッグ W2141

B0098W4AQQ

投稿者 B : 21:41 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/11/10 (Sat.)

TiANyA の激安サーキュラー PL フィルタを買ってみた

一眼カメラ用のサーキュラー PL(円偏光)フィルタを買ってみました。

TiANyA / XS-Pro1 Digital CPL 62mm
TiANyA / XS-Pro1 Digital CPL 49mm

TiANyA CPL

「TiANyA」という、初めて聞くブランドのフィルタです。以前、goma さんのエントリーで紹介されていたのを読んで、買ってみようと思った次第。

激安のPLフィルターが欲しい人、「TIANYA Slim XS-Pro1 Digital」が狙い目っす(n00bs)

サーキュラー PL フィルタってけっこう高いじゃないですか。そんなに頻繁に使うわけではないにせよ、たまーに必要に迫られるんですが、使用頻度を考えるとなかなか買おうという踏ん切りがつかない。私の中では、CPL フィルタはそういうカメラグッズの代表格です。それが 1,000 円やそこらで買えてしまうんだから、仮に失敗したと思っても惜しくない、そういうつもりでポチりました。α でよく使う 62mm 径と、NEX でよく使う 49mm 径の 2 枚を買っても 2,000 円程度なんだから安いものです。EOS 用は手持ちのレンズ径がバラけているので、いったん見送り(^^;;

TiANyA CPL

フィルタは蛍光灯に晒してみると、けっこう派手に反射していて微妙に心配になりました。普段、ツァイスやケンコーの比較的高級なマルチコートフィルタばかり使っていて贅沢になっているからかもしれませんが、見てくれからして光学的に優秀とは言えなさそうな雰囲気。

TiANyA CPL

レンズにつけてみたところ。厚みはあまりありません。枠はアルミっぽいですが、刻印のフォントが微妙なせいか、少なくとも高級感はありませんね。まあ 1,000 円の製品に求める部分ではありませんが。

というわけで、どんな感じに撮れるか試してみましょう。

フィルタなし

まずはフィルタなしの写真。まあ、普通です(笑。

TiANyA CPL

サーキュラー PL フィルタを使って、画面の左上から右下に向かってグラデーションが薄くなるように撮ってみました。フィルタを回した角度によって、グラデーションの付き方が変わるので、

TiANyA CPL

角度次第では、こうやって右上からグラデーションするようにも撮れます。空の色だけでなく、ガラスへの映り込みの色だとか、「不二家」のネオンの左にある青色の出方だとかがずいぶん違うのが分かります。
ちなみに、サーキュラー PL フィルタは順光のときに最も効果が高く、逆光だとほとんど効果が出ないので、太陽との位置関係に気を配りながら使う必要があります。

ただちょっと気になったのは、フィルタを付けない状態と比べて、このフィルタを付けると微妙に黄色みが強くなってしまうこと。PL フィルタは時間の経過とともに劣化して黄ばんでくる、という話を聞いたことがありますが、新品でこの状態、というのはちょっとどうなんですかね...。まあ安いので、後からホワイトバランスをいじる前提ならば使い物になりますが、撮って出しだとちょっと厳しいかもしれません。

続いて、ガラスへの映り込み比較。

TiANyA CPL

これがフィルタなしの状態。防湿庫のガラス扉に映り込んだ CD/DVD ラックが見えていますね。

TiANyA CPL

CPL フィルタをつけて前枠を回していくと、映り込みが抑えられてガラス扉の奥にある交換レンズ群がグッと引き立ってきます。

TiANyA CPL

前枠をさらに回していくと、今度は逆に透過光が減って映り込みが逆に目立ってきます。

個人的には、CPL フィルタを使いたい場面は、夏の青空を美しいグラデーションで表現したいとき...というよりは、CEATEC や CP+ などの展示会でガラスケース越しの展示物を撮影しようとするときに欲しくなることのほうが多いです(笑。なので、こういう使い方(映り込みを消す)がメインになるでしょう。

TiANyA CPL

ほかには、実用性はあまりありませんが、フィルタの角度によっては

TiANyA CPL

ディスプレイが真っ暗に写ったり(笑。理屈では分かっているつもりでも、実際にこう写ると不思議なものです。

というわけでこの CPL フィルタ、色味的にちょっと難ありなものの、何と言っても安いし、用途次第では買って損はしないでしょう。私はとりあえず展示会を見に行くときにはバッグに忍ばせて行きます。

TiANyA / XS-Pro1 Digital CPL 62mm
TiANyA / XS-Pro1 Digital CPL 49mm

B007UGH1QS B007UGK95I

投稿者 B : 00:11 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/11/09 (Fri.)

VF-49MPAM

Sonnar E24/1.8 用の MC プロテクタを購入しました。

ソニー / VF-49MPAM

VF-49MPAM

純正のツァイスフィルタです。手持ちの E マウントレンズは 3 万円程度のものばかりなので、それに数千円もするフィルタをつけるのももったいないと思い、今までのレンズには基本的にケンコーの PRO1D をつけていました。が、10 万円近くするレンズならこのフィルタを奢っても良いだろうと思って購入。

VF-49MPAM

このプロテクタは 62mm 径の「VF-62MPAM」を持っていますが、これとは径が違うだけで内容は同じ。ツァイスのロゴ入りフィルタケースもついていて、所有間があります。まあパッケージはいくらなんでも過剰包装だと思いますが(笑。

VF-49MPAM

この枠のところにある「T*」の刻印がイイ。

VF-49MPAM

やっぱりこのレンズにはフィルタもツァイスで合わせてやりたくなりますね。¥5,000 ほどもしてしまうので買うのに勇気が必要なフィルタではありますが、ケンコーの廉価なフィルタのマルチコートに比べれば、T* コーティングだけあって反射は一段少ないように見えます。

あとはこのレンズを使って写真撮りに行く時間を作らないとな(´д`)...。

ソニー / VF-49MPAM

B000VV9BWG

投稿者 B : 00:49 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/10/24 (Wed.)

OverLay Magic for EOS 5D Mark III

先日の NEX 用に続いて、ミヤビックスから OverLay Magic の EOS 5D Mark III 用がリリースされました。

ミヤビックス / OverLay Magic for Canon EOS 5D Mark III

OverLay Magic for EOS 5D Mark III

5D3 の液晶保護シートというと、上面液晶の微妙な凸アールのせいで貼ったはずのフィルムが浮いてきてしまうという問題があり、ケンコーのフィルムはいったん発売した商品を回収して対策品を再発売とか、ハクバのフィルムも結局わずかに浮いてきてしまうとか、間違えて 5D Mark II 用を買ってきてしまう人とか、なかなか満足いく品質のものが得られないという状況でした。私もハクバのフィルムを購入して使っており、今のところ上面の浮きは出ていませんでしたが、OverLay シリーズで発売されるなら使ってみないわけにはいきません。

なお、今回は発売直後にミヤビックスさんからサンプルのご提供をいただきました。ミヤビックスさんどうもありがとうございました。

OverLay Magic for EOS 5D Mark III

製品に含まれる保護シートは 2 枚。背面液晶用と、上面液晶用です。この中で「OverLay Magic」であるキズ修復・耐指紋タイプのシートは背面液晶用のみで、上面液晶用は通常の高光沢タイプ(OverLay Brilliant 相当と思われる)になっています。というのも、やはりミヤビックスでもこの上面液晶のアール対策には苦心したそうで、数多く試作した中から最も浮きの出にくい素材を採用したためとのこと。確かに他社の 5D3 用保護シートを見ても、上面液晶用は長辺を液晶のサイズよりも短めにしていたり、背面液晶用よりも薄手のフィルムを使ったりしていますからね。

OverLay Magic for EOS 5D Mark III

まずは背面。バシッといつもの OverLay Magic クオリティでジャストサイズに決まっています。5D3 はタッチパネルではないので OverLay Magic である必要性はさほどありませんが、ハードに使われることの多いカメラなので、キズ修復機能は嬉しいところ。
5D3 の背面液晶は表面のアンチグレアコーティングがなかなか優秀なのか、保護シートを貼ると却って反射が少し気になってしまうレベルです。でもまあこれは他社の保護シートでも大差ないかな。

OverLay Magic for EOS 5D Mark III

上面液晶用はこんな感じ。いつもなら寸法をピッチピチに攻めるミヤビックスらしくもなく(笑)保護シートのサイズはディスプレイ表面よりも一回り小さめですが、表示部はひととおりカバーされています。通常よりもしなやかな素材を使って、かつ少し小さめに作っておかないと対応しきれないくらい、この微妙なアールは厳しいということでしょうか。

上面液晶の浮きが発生するかどうかはしばらく使ってみないことには分かりませんが、試行錯誤した末の発売なので、そこは期待していきたいと思います。他社の保護シートもケンコーのように改善品を発売したりしているかもしれないので、現在の状況はよく分かりませんが、これで浮いてこなければ 5D3 用保護シートの決定版となるか。今のところ、しっかり食いついているように見えるので、しばらく見守ってみましょう。

ミヤビックス / OverLay Magic for Canon EOS 5D Mark III

B009UQ8NOU

投稿者 B : 01:53 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/10/19 (Fri.)

National Geographic Walkabout

ナショナルジオグラフィック、「Walkabout」カメラバッグをフルモデルチェンジ - デジカメWatch
National Geographic / Walkabout ショルダーバッグ W2300

National Geographic Walkabout W2300

おお、いいねこのカメラバッグ。

先日 VANGUARD Quovio 26 を使用させていただいて、タブレットが入る大きすぎないサイズのカメラバッグを物色していたところでした。Quovio 26 はけっこう気に入ったんですが、普段の休日はむしろタブレット+ミラーレスで出かけることのほうが多いので、ミラーレスに適したサイズのこのカメラバッグは良い感じ。デザインもカジュアルな感じでカメラバッグっぽすぎないし、現在の私の休日用メインバッグである 4 Million Dollar Home の置き換えにもなりそう。

ナショジオのカメラバッグは Manfrotto の取り扱いになっていますが、本家 Manfrotto ブランドでもミラーレス用のカメラバッグを発表していたりします。

マンフロット、ミラーレスカメラ向けの小型バッグ - デジカメWatch

Stile シリーズはデザインが良いし比較的リーズナブルだしで悪くないんですが、昨年みんぽすのレビュー旅行で箱根に行ったときに、バックルを締めないと歩いているときにバックルが当たる音がカンカンうるさいのが気になって、それだけで買えなくなっちゃうんですよね...。バックルさえ変えてくれれば 1 本買いそうなんだけど。

ともあれ、そのうち店頭に行って実物を見てきたいと思います。

投稿者 B : 00:40 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/09/26 (Wed.)

VANGUARD Quovio 26 レビューのまとめ

16932-2969-290246

VANGUARD「Quovio 26」のレビューをそろそろまとめたいと思います。

VANGUARD / Quovio 26

VANGUARD Quovio 26

実はこの一ヶ月、土日も忙しくてあまり写真を撮りに出かけられていないのですが、それでもムリヤリ機材を詰め込んであちこち出かけるときに持ち歩いていました(笑。

VANGUARD Quovio 26

まず前回、「標準ズームをつけたボディ+望遠ズームだとちょっときついけど入る」と書きましたが、フルサイズセンサ搭載の EOS 5D3 はやっぱり背が高かったようで、APS-C 機ならば中級機クラスでも比較的余裕あります。α77+標準ズーム(VS16-80)に 70-300G ならご覧の通り、けっこう余裕。小さめの単焦点 1 本またはコンデジくらいなら追加で入ります。どちらかというとフルサイズよりも APS-C 中級機ユーザーあたりを想定して作られたバッグなのかもしれません。

VANGUARD Quovio 26

実際のサイズ感はこんな感じ(鏡越しに撮った写真なので、画質がイマイチなのはご勘弁を)。横幅が狭くてスクエアな形状のおかげで、正面から見るとけっこうコンパクト。あまりカメラバッグらしくないカジュアルなデザインもあって、比較的使いやすいです。

VANGUARD Quovio 26

ただ厚みはやっぱり厳しい。カメラバッグだからある程度仕方ないとはいえ、混雑した場所や公共交通機関の中ではけっこう引っかかって他人に迷惑をかけがちです。単にマチがあるだけならまだしも、形状がしっかりしていて角張っているので、余計にあちこちぶつけやすいのだと思います。まあ外装がソフトな素材なので、誰かに怪我をさせる危険性は低いでしょうが。

VANGUARD Quovio 26

そしてこのフラップは非常に使いやすいですね。カバンを肩から提げた状態で、フラップが向こう側に開いてくれるので、鞄の中身がとても確認しやすい。一般的なメッセンジャータイプのカメラバッグだと、フラップが邪魔になりがちなので、これは助かります。今後カメラバッグはこういうタイプのものを積極的に選んでいきたくなりました。

実際に使ってみると、他にもストラップのギミックや気の利いたところについているハンドルなどが非常に使いやすくて気に入りました。ただ、ウエストに固定するためのベルトは、あって困るものじゃないけどこのサイズのカメラバッグを腰に固定したいシーンが思い浮かびません。写真撮影を兼ねた山歩きならもっと容量のあるカメラバッグやザックを使うだろうし、ちょっと中途半端な気が。同じ Quovio シリーズでも上位機種はかなりプロ用を意識した仕様になっていますが、個人的にはこのサイズ感ならばもう少しタウンユースを前提とした仕様(スマホや iPod などを想定したポケットがついているとか)ならもっと使いでがあっただろうな、と思います。あと、マチのあるポケットがもう少しだけ欲しかったです。

VANGUARD Quovio 26

というちょっとした不満はないわけでなないですが、このくらいの容量で作りが良く、タブレットを想定したカメラバッグというのはありそうでなかったので、けっこう気に入りました。ちょっとした撮影にいろいろ機材を持って行った挙げ句、単焦点 1 本と望遠 1 本しか使わなかったというケースはかなり多いので、実はこのクラスのカメラバッグが普段使いとしては最も出番が多いのではないかと思います。

同クラスの他社製品も比べてみたいところですが、ひとまず購入の候補に挙げておいて損はないかな。

VANGUARD / Quovio 26

B0090X1M7S

■関連エントリー
VANGUARD Quovio 26 レビュー(外観編)
VANGUARD Quovio 26 レビュー(内装編)

16932-2969-290246

投稿者 B : 23:26 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2012/09/16 (Sun.)

VANGUARD Quovio 26 レビュー(内装編)

16932-2969-289209

VANGUARD Quovio 26

少し間が開きましたが、VANGUARD のカメラバッグ「Quovio 26」のレビューを続行します。

前回は外観だけだったので、今回は内装の話を。

VANGUARD Quovio 26

カメラバッグを選ぶ上でとても重要なのが、サイズやデザインもさることながら、メインコンパートメントへのアクセスのしかた。一般的なファスナー式だと開口部が狭くて機材の出し入れがしにくいですし、フラップ式だとバックルのワンタッチで開閉でき、開口部も大きいのはメリットですが、逆にフラップそのものが邪魔になることも少なくありません。私が先日買った Manfrotto のプロ用メッセンジャーバッグのような二連ファスナー方式は、開閉のしやすさと海溝部の広さ、取り回しの良さを兼ね備えた構造でとても気に入っていますが、この Quovio 26 の上位モデルにあたる「Quovio 41」も同方式採用で、とても使い勝手が良さそうに見えます。
それに対して、この Quovio 26 の開口方式は、フラップ+ファスナー方式を採用しています。ファスナーを全周ぐるっと開閉しなくてはならないので少し手間はありますが、開口部がとても広いのがポイント。かつ、フラップも身体に対して手前側ではなく向こう側に開くので、機材の出し入れの邪魔にならないのがありがたいです。これはなかなかよく考えられていますね。

VANGUARD Quovio 26

メインコンパートメントの収容力はこんな感じ。いかにも「タブレットを入れてください」というアイコンが刺繍されたスペースには 10inch クラスのタブレットが入り、カメラは EOS 5D Mark III に EF40mm F2.8 STM を装着したまま入れつつ、さらに EF70-200mm F4L USM までが余裕で入ります。空きスペースにセパレータを使って、財布なりウォークマンなりを詰めても良いし。
最近、このセットで写真散歩に出かけることが多いので、とてもちょうど良いサイズ感。まあこれらの機材だけが入るカメラバッグなら他にも持ってるんですが、追加でタブレットを持って行けるのがなかったので、それが嬉しいです。

VANGUARD Quovio 26

パンケーキレンズじゃなくて標準ズームレンズ+70-200mm という装備で出かけたいときは、ボディに標準ズームをつけたまま、レンズ下向きに(70-200mm のほうも)してやればちょっときついですが入ります。まあ EOS 5D3 はペンタ部の出っ張りが大きめなので、APS-C 系のボディならばもう少しラクに入るんじゃないでしょうか。

VANGUARD Quovio 26

ちなみにタブレット収納部はモバイルノート PC くらい入るんじゃないの?と思って試してみましたが、VAIO TZ(11.1inch 16:9)は幅はなんとか入ったけど、高さが足りず。惜しい...。10.1inch な Netbook なら問題なく入りましたが、最近のモバイルノートは小さくても 11.6inch からという感じなので、ちょっと厳しいですね。

VANGUARD Quovio 26

フラップの裏側にはポケットがついていますが、これが透明ビニール(シリコン?)+メッシュなので中身が確認できるのが良いですね。フラップには厚手のクッション材が奢られているので、耐衝撃性も高そうです。ただマチはないので、入れられてもメモリカードやケーブル、クリーニングクロス程度でしょうか。

VANGUARD Quovio 26

このフラップ内のポケットには、フラップの外側のファスナーからもアクセスすることができます。これがとても便利。むしろポケットにもう少しマチをつけておいてくれたらもっと便利だったのになあ、とさえ思います。

ところでこのバッグのカラーリング、巨人ファンと勘違いされそうなカラーリングに思えてきたのですが(ぉ。

VANGUARD Quovio 26

前面のポケットには、内部に CF までに対応したメモリカードポケット×3 がついています。ここにはメモリカードや予備バッテリを入れておくのがいいでしょうね。

個人的には、ポケットはもう少しマチのあるものが 2、3 ついていてほしかったですが、そうすると全然別物になってしまうので、これはこれで良いかと。メインコンパートメントの容量が大きめなので、工夫次第で使いようはいろいろありそうです。私は意外とミラーレス+こまごましたガジェットを突っ込んで出かけるのにも重宝していたりします(笑。

■関連リンク
VANGUARD Quovio 26 レビュー(外観編)

16932-2969-289209

投稿者 B : 22:26 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2012/09/06 (Thu.)

VANGUARD Quovio 26 レビュー(外観編)

16932-2969-288085

みんぽすでカメラバッグをレビュー用にお借りしました。

VANGUARD、ノートPCやタブレット対応のカメラバッグ「Quovio」 - デジカメWatch

VANGUARD Quovio 26

カメラバッグはこないだ買ったところですが、といって別に半年おきにカメラバッグを買う人を超えようとしているわけではなく(ぉ、今回はそれとは方向性の違うカメラバッグです。

普段使いのカメラバッグとしては CLUMPLER の 7 Million Dollar Home4 Million Dollar Home、ARTISAN&ARTIST の ACAM-3000 を使い分けていて、それぞれとても気に入っているのですが、ときおり不満なのが「ボディ+標準ズーム+望遠ズームだけで出かけたいのにちょうど良い(小さめの)バッグがない」ことと、「PC やタブレットを一緒に持って行けるバッグがない」こと。まあそういうときにはトートバッグ等にクッションボックスを入れてカメラバッグ代わりにするんですが、そういう用途にちょうど良いカメラバッグがあるといいな、とは以前から思っていました。

私がカメラバッグを買うときは CLUMPLER か ARTISAN&ARTIST、Manfrotto、think TANK photo あたりを選択肢に挙げることが多いですが、今回お借りしたのは初めての VANGUARD。台湾のメーカーで、新興ですが最近じわじわと存在感を増してきている印象があります。今回お借りしたのは、そんな VANGUARD から 9 月 18 日に発売される(つまり、これを書いている時点で発売前!)「Quovio 26」というコンパクトなカメラバッグ。
ちなみに、このシリーズのトローリータイプのカメラバッグ「Quovio 49T」は、もうひとつの mono-logue のほうでレビューされています(^^;;

トローリーなカメラバッグ Quovio 49T レビュー始めます: mono-logue
Quovio 49T レビュー 2 トローリーカメラバッグの外観: mono-logue

VANGUARD Quovio 26

単体の写真ではサイズ感が分かりにくいと思うので、比較写真を。一般的なサイズのブリーフケースに比べて高さはほぼ同じ、横幅は 2/3 程度で、かなりコンパクト。電車で座って膝の上にちょこんと載るような大きさで、ハンドリング性は良いと思います。

VANGUARD Quovio 26

いっぽうで、マチはかなりあります。最厚部は実測で 22cm 程度あって、しかも形がしっかりしているので、満員電車の中で肩掛けにしていると迷惑な感じ。まあカメラバッグは基本的にマチが大きいものなので、横幅が小さいぶん余計に分厚く見える、というのはありますが。

VANGUARD Quovio 26

素材の使い方はかなり凝っています。バリスティック系ナイロン、ネオプレーン、(多少撥水性がありそうな)通常のナイロンを適材適所で使い分け、柔軟性が必要なところと耐久性が必要なところをそれぞれカバーしています。

VANGUARD Quovio 26

底面もエラストマー(かな?)で強化されて、摩擦に強くなっています。かなりヘビーデューティな用途にも耐えそうな印象。

VANGUARD Quovio 26

ファスナー周辺もしっかり作り込んであります。素材が違うので止水ファスナーではありませんが、ちょっとした防塵防滴効果がありそうな構造。このサイズで ¥23,000 もするだけあって、コストかかってます。

VANGUARD Quovio 26

左側面。アクセサリーポーチが下げられるリフレクターつきのベルトがついていて汎用性高いです。縦方向についているストラップは、荷物棚等から取り出すときとても便利に機能する取っ手ではなく、単なる補強用と思われます。

VANGUARD Quovio 26

右側面には伸縮性の高いポケットが。ネームタグもついています。

VANGUARD Quovio 26

背面。下部左右端には D カンがついていて、付属のベルトを使って腰に固定することができます。山登りなど、長時間歩き回るときに重宝しそう。

右上に「rain cover」の文字が見えますが、ここのファスナーを開くと、

VANGUARD Quovio 26

このようにレインカバーが出てきます。このように、けっこう細かいところまで気が利いていて、このシリーズはプロ用途まで考慮して作られているのかな、という印象。

VANGUARD Quovio 26

ショルダーストラップはパッドがバナナ形状だったり、D カンつきでちょっとしたものが下げられたり、ストラップ自体も伸縮させやすい構造だったり、なかなか使い勝手が良い。

VANGUARD Quovio 26

基本的にショルダーバッグですが、バッグを持ち上げたりちょっとした移動(撮影中、地面に置いておいたカメラバッグを少しだけずらしたいときとかけっこうありますよね)に役立ちそうな手持ち用のハンドルもついています。

VANGUARD Quovio 26

付属品。腰に固定するためのベルトと、小物を入れるためのメッシュポーチ。USB ケーブルのイラストが描かれたタブがついていますが、予備バッテリとかメンテ用品とかを入れておいてもいいでしょう。

ということで、今日は外観編なので外から見える範囲の話だけですが、それでも作りがいいことは十分わかりました。正直、VANGUARD というメーカーを侮っていたかもしれない(^^;; なかなか良いバッグの予感がします。
個人的には、オレンジの差し色が α の純正バッグっぽくて気に入ったかも(笑。α77 を入れると似合いそうな気がします。

中身の話については、つづく。

16932-2969-288085

投稿者 B : 23:26 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2012/09/05 (Wed.)

OverLay Magic for NEX-5N

ミヤビックス / OverLay Magic for NEX-5N OMNEX5N

OverLay Magic for NEX-5N

液晶コーティング剥がれ事故は、実はこの保護シートに貼り替えようとして発生した事故でした(^^;;

私がスマートフォン/タブレット/ポータブルゲーム機用の保護シートとして絶大なる信頼を置いている(PS Vita 用は除く)ミヤビックスの OverLay シリーズですが、最近 NEX 用の保護シートがリリースされました。エツミのプロ用ガードフィルムも品質的には十分満足できるレベルでしたが、OverLay シリーズはそこらで売ってるものとはこだわりが違うので、OverLay シリーズがある製品に関しては極力使うようにしています。
ちなみにこの保護シートは NEX-5N 用ですが、旧型の初代 NEX-5 でもそのまま使えます。

OverLay Magic for NEX-5N

エツミのプロ用ガードフィルムを貼っていたときはこんな状態でした。保護シートのサイズは液晶にほぼピッタリ合っているように見えて、実は四辺に 1mm に満たない程度のアソビがあって、よく見るとそこまでピッタリ合っているわけではありません。まあ実用上問題があるわけではありませんが、シートの境目が液晶下の SONY ロゴにかかっていたりすると少し微妙な気持ちになります(^^;;

OverLay Magic for NEX-5N

こちらが OverLay Magic。もう隙間なくピッチピチですよ!さすがミヤビックス。

OverLay Magic for NEX-5N

反対側の隅もここまでピッチピチ。ほぼジャストサイズで作られていると言っても過言ではありません。
先日買った OverLay Magic for Xperia SX は発売日を優先した都合か、採寸のツメが甘い印象がありましたが、今回は最後発だけあってカンペキです。

私は NEX-5 で使っていますが、傷修復タイプかつ耐指紋コーティングが施されているので、タッチパネル搭載の NEX-5N ならさらに威力を発揮するでしょう。ちなみに NEX-7 用NEX-F3 用も発売されています。

いやこれは素晴らしい。今後、カメラ用も自分が持っている機種のが出ている限り、OverLay を使うようにしていきたいと思います。

ミヤビックス / OverLay Magic for NEX-5N OMNEX5N

B008WW2JY8

投稿者 B : 23:30 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/08/09 (Thu.)

SanDisk Extreme SDHC 45MB/s 32GB

ほら、新しいカメラ買うと新しいカメラバッグとか新しいメモリカードとか新しいレンズとか必要になるじゃないですか。

SanDisk / Extreme SDHC Class 10 32GB SDSDX-032G-X46

SanDisk Extreme SDHC 32GB

・・・ということで、5D3 用に Extreme SDHC(45MB/s モデル)の 32GB を買い足しました。こないだ 16GB 品を買ったところですが、あれはむしろ NEX 用のつもりで買ったので、5D3 用には容量のより大きいものを。これで ¥3,000 を軽く切ってるんですから(並行輸入品ですが)、おそろしい時代です。

容量以外のスペックは 16GB 品と同等で、前回のベンチ結果どおり同じ Extreme SDHC の 30MB/s モデル比でシーケンシャルリード速度はそれほど変わらないけど、書き込みとランダムリード性能が約 5 割増しになっていると理解して良いでしょう。ただ、どちらかというと重要なのは CF/SD のデュアルスロットである 5D3 で使ったときに、CF と比べてどの程度のスピードが出るものなのか。Extreme SDHC 30MB/s モデル、および Extreme CF(60MB/s モデル)と比較してみました。条件は、5D3 の RAW+JPEG Large/Fine で、ISO100・シャッタースピード 1/8000 秒で高速連写を 30 秒間続けたときのレリーズ回数を比較。

メディアレリーズ回数
Extreme SDHC 30MB/s 32GB28
Extreme SDHC 45MB/s 32GB31
Extreme CF 60MB/s 32GB62

うーん、SDHC のほうはスペックや PC 上のベンチでの差ほど違いが出ていませんね。そして CF のほうは公称値からして違うとはいえ、SDHC の 45MB/s モデルの 2 倍速いというのは驚きです。SD と CF の仕組みの違いがあるとはいえ、SDHC 同士で比較したときの差分が小さいことから、どちらかというと 5D3 の内部バスまたはファームウェアの作りが CF 優先になっているのかもしれません。EOS 7D Ver.2.0 で連続撮影枚数が劇的に向上したように、今後ファームウェアのアップデートで改良されていく可能性も考えられますが。ちなみに、5D3 上でカード初期化処理をしたときの処理速度が SDHC 同士で比較すると 45MB/s モデルのほうが体感で分かるくらい速かったので、ファームウェア側の SDHC への書き込み処理がボトルネックになっている可能性が高いのではないかと思っています。

というわけで、絶対的なスピードを求めるならやっぱり CF が最強なのは間違いありませんが、SDHC と同容量で比較したときの価格差が 3 倍近いので、そうそう CF ばかり買うというわけにもいかないのが現実。まあ SDHC でも RAW+JPEG で 7~8 枚なら連写できるので十分実用的だし、連写系は 7D に任せればいいので、5D3 の普段使いは SDHC になると思います。物理的に CF よりも SD のほうが PC やタブレットへのデータの受け渡しもしやすいですしね。Eye-Fi を使う、という選択肢もありますが、私は RAW 撮りが多いことと、いろいろ不具合も多いという話も聞くので、なかなか手が出せません。

SanDisk / Extreme SDHC Class 10 32GB SDSDX-032G-X46

B005IF6XN0

投稿者 B : 23:45 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/08/05 (Sun.)

Manfrotto Lino プロ用メッセンジャーバッグを購入

最近散歩用バッグを買った人もいるようですが、私はカメラバッグを購入しました。

Manfrotto / Lino プロ用メッセンジャーバッグ 5 型 MB LM050-5BB

Manfrotto LM050-5BB

昨年みんぽすから借用してレビューして気に入り、大型のカメラバッグを買うならこれだな、とずっと目をつけていたカメラバッグです。機材をたくさん持って撮りに行きたいとき、仕事の行き帰りのついで写真撮りに行きたいとき、あと一泊程度の出張バッグとしても使えそう、というあたりでこのクラスのカメラバッグが欲しいとは以前から思っていたんですよね。今年もこれから出張が増える時期なので、意を決して購入しました。

しかし発注した直後に CLUMPLER から The Bronzed Extravaganza が発表されるという(;´Д`)ヾ。5D3 の値下がりといい・・・いかんな、タイミングがズレてる。Manfrotto のこれは一度試用しているので確実ですが、愛用の CLUMPLER から発売されるのであれば、一度現物を見て比べてから買いたかった、というのが本音(´д`)。

細かい使用感等は以前レビューした際に書いているので今回は省略しますが、買ってみて気づいた点などをちょっとだけ書いておきます。

Manfrotto LM050-5BB

Manfrotto のエンブレムが描かれたファスナーは、ロゴこそ入っていないものの YKK 台湾製でした。これ、なにげに止水ファスナーになっていて、防滴性が高いんですよね。「プロ用メッセンジャーバッグ」の名は伊達じゃない、といったところ。

Manfrotto LM050-5BB

何度でも書きますが、この二連ファスナーの上蓋は本当に使いやすい。大きめの機材でも出し入れしやすく、レンズ交換がスムーズに行えます。一般的なシングルファスナーのカメラバッグだと開口が小さいし、フラップタイプだと開口は大きいけどフラップが出し入れの邪魔になるし、で一長一短なんですが、この二連ファスナーなら開口が大きくて作業もしやすい、というメリットがあります。まあある程度マチのあるバッグでないとこういう構造にはできませんが。

Manfrotto LM050-5BB

あとこれも以前書きましたが、枝分かれさせられるセパレータ。これがあることで、短めのレンズであれば 2 本、あるいはレンズ+外部ストロボなどを重ねて入れることができるようになっています。ついレンズをあれもこれも持って行きたくなる性分の私に合っているというか(^^;;。

Manfrotto LM050-5BB

私の場合、このバッグはカメラバッグとしてよりもむしろ出張バッグとしての出番のほうが多そうですが、こんな感じで一泊分の着替えに EOS 5D+レンズ 1 本程度であれば難なく入れられます。これとは別にノート PC 用のスペースもあるので、最近のヘタな Ultrabook よりも薄くて軽い VAIO Z2 なら、PC だけでなく AC アダプタや筆記具など、一日分の仕事に必要なツールもまとめて持って行けます(私の場合、PC があればだいたい事足りてしまう、というのもあるんですが)。
ちなみにカメラは出張に 5D クラスを持って行くこともさすがにないので、NEX+レンズ 2 本程度、が現実的な使い方になるかな。

ちなみに同シリーズでこれよりも容量の大きい LM050-7BB という製品もあるんですが、さすがにこれ以上大きいと出番が限られそうなので、5BB がいい落としどころかと結論づけました。これに入りきらない容量の荷物があるときは、三泊以上ということになるので、キャリーバッグを使うことにします。

Manfrotto LM050-5BB

バッグだけで 2kg 近くあるという、ちょっと気合いの要るカメラバッグですが、容量や機能的には必要とされるシチュエーションに十分応えてくれる製品だと思います。前面の三脚シンボルマーク付きのフラップだけはちょっと蛇足かな、という気もしますが(^^;;。仕事にプライベートに、長く活躍してくれる一本になりそうです。

まあ、それはそれとして、The Bronzed Extravaganza は一度現物を見ておきたいですが(ぉ。

Manfrotto / Lino プロ用メッセンジャーバッグ 5 型 MB LM050-5BB

B004Q35MYQ

14231-2969-284139

投稿者 B : 22:05 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/08/02 (Thu.)

The Bronzed Extravaganza

Crumpler、70-200mm F2.8・15型パソコン対応のショルダー「ザ・ブロンズド・エクストラバガンザ」 - デジカメWatch

私もストラップやカメラバッグを愛用している CRUMPLER から、大型のカメラバッグ「The Bronzed Extravaganza」が発売されるそうです。相変わらず覚えにくいネーミングですが(笑、15inch までのノート PC の収納にも対応した 70-200mm 級のレンズまで入るカメラバッグ、という収納力が魅力です。一般人が普段使いのカメラバッグにするサイズではありませんが、仕事の行き帰りに撮影に行きたいからいつもの荷物に加えてちょっと気合い入れた機材を持って行きたいときとか、ちょっとした撮影旅行とか、そういう用途に向いていそう。私のメインカメラバッグである 7 Million Dollar Home の収納力にはそれほど不満はないんですが、PC を持ち歩く必要があるシチュエーションに向いていないので、困ることがありました。

クラス的にはシンクタンクフォトの Urban Disguise の上位モデルとか、Manfrotto の Lino プロ用メッセンジャーバッグLowepro のステルスリポーターシリーズや ARTISAN & ARTIST の GDR-C シリーズあたりの競合になるところでしょうが、おっさん臭くならずカジュアルすぎもせず、いいデザインなのではないでしょうか。
私は最近このあたりのカメラバッグが欲しいと思っていたので、けっこうグッときたわけなんですが・・・ということで、続きます(ぉ

投稿者 B : 23:12 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/07/31 (Tue.)

The Industry Disgrace (4 本目)

EOS 5D Mark III につけるストラップは、いつもの通りこれにしました。

CRUMPLER / The Industry Disgrace (ブラック)

The Industry Disgrace

The Industry Disgrace も通算 4 本目。ずっと使っているとそろそろ私のトレードマークになってきたんじゃないかとさえ思えるこのストラップですが、ナナメ掛けしやすい長さがあること、クッション性が高いこと、ファブリック製だから革製と違って汗をかいてもメンテナンスしやすいこと、カメラストラップにしてはガチすぎないデザイン、といった理由で非常に気に入っています。唯一の不満はクッション性がある=厚みがあるせいで、ストラップごとグルグル巻きにしてバッグにしまおうと思うと嵩張ることくらいでしょうか。今のところ、ミラーレスでない一眼レフでこれ以上に使いたいと思えるストラップには出会えていません。

The Industry Disgrace

The Industry Disgrace は 2010 年秋にモデルチェンジしてロゴ周辺の仕様が変わりましたが、それ以外は EOS 7D につけている旧バージョンと全く同じと言っていいでしょう。微妙に質感が違うような気もしますが、7D のほうはしばらく使い込んだので、それで経年変化している可能性もあります。
α77 用ではブラウン/オレンジ/ガンメタルをつけているので、今回買ったのはその色違い。何となく EOS ではブラック系、α ではブラウン/オレンジ系をつけるようにしています。

The Industry Disgrace

ちなみに海外では EOS ロゴが入った赤いキヤノン別注の The Industry Disgrace が存在するらしいですが、あえて社外品のストラップをつけるのにわざわざロゴ入り品を使うのもなあ、という気もするので、ブラックでいいんです。

ちなみに液晶保護シートはこのあたりを購入しました。

ハクバ / Canon EOS 5D Mark III 専用液晶保護フィルム DGF-CE5D3

HAKUBA

5D3 は上面ディスプレイの微妙な形状のせいで保護シート選定に難儀するらしいですが、先人の知恵のおかげで最も無難なものを選択したつもり。まあそれでも問題はあるようなので細かいことは気にしないのが一番だと思いますが、とりあえず間違えて 5D2 用の保護シートを買わなかっただけでも良しとしましょう(ぉ。
ちなみにハクバの保護シートは上面ディスプレイ用の横幅が少し短く、背面液晶用ほどピッタリサイズではありませんでしたが、初期ロット品から寸法が変わったかどうかまでは、比較対象がないのでちょっと確認できず。

5D3 を買ったはいいけど引っ越しで忙しく、実はまだ一度もシャッターを切っていないのですが(笑、今週末は家の片付けの息抜きに写真を撮りに行きたいなあ。

CRUMPLER / The Industry Disgrace (ブラック)

B004ED681Y

投稿者 B : 00:17 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/07/16 (Mon.)

SanDisk Extreme SDHC 45MB/s 16GB

SDHC カードを 1 枚買い増し。

SanDisk / Extreme SDHC Class 10 16GB SDSDX-016G-X46

SanDisk Extreme SDHC 16GB

もともとメモリースティックユーザーだった私は SD カードをあまり持っておらず・・・でも最近手持ちのカメラで SD カード対応機種が増えてきていて、ちょっと困ったな、と思っていたところなので、買い増しました。並行輸入品なら SanDisk の Extreme シリーズでも ¥100/GB 切ってるとか、いくら何でも安すぎる(;´Д`)ヾ。

半年前に、主に α77 用に買った Extreme HD Video SDHC 32GB は 30MB/s 品でしたが、こちらはさらに速い 45MB/s 品。大容量かつ高速な製品がどんどん値下がりしていくのはメーカーには厳しいでしょうが、いちユーザーとしては良い時代になったとしか言いようがありません。

何はなくともベンチマーク。カードリーダは先日買ったバッファローの USB 3.0 対応品、BSCR09U3BK で、比較対象は同じ SanDisk Extreme の 30MB/s 品。

メディアExtreme SDHC 30MB/s 32GBExtreme SDHC 45MB/s 16GB
Sequential Read46.72146.832
Sequential Write34.62942.202
Random Read 512KB41.49442.827
Random Write 512KB2.7534.207
Random Read 4KB (QD=1)3.3194.352
Random Write 4KB (QD=1)0.5390.979
Random Read 4KB (QD=32)3.2814.130
Random Write 4KB (QD=32)0.5921.028

シーケンシャルリードの速度はほとんど変わっていませんが、シーケンシャルライトおよびランダムリード/ライトの値が軒並みグッと伸びています。特にシーケンシャルリードは 30MB/s 品・45MB/s 品ともに公称値とほぼイコールと言って良い結果。スペックが正確であることを裏付ける内容になっています。PC への取り込み速度は変わらないでしょうが、高速連写時の連続撮影枚数は伸びる可能性があると言えるでしょう。ちなみに α77 で試してみたところ、バッファメモリのほうがボトルネックになっているのか 30MB/s 品と 45MB/s 品で有意な差がみられませんでしたが(´д`)、機会があれば別のカメラでも試してみたいところ。

最近大容量 SD カードは何枚あっても困らなくなってきているし、この Extreme SDHC の 32GB 品も並行輸入モノなら Amazon では ¥3,000 を切っている激安状態だし、もう一枚買っておこうかな・・・。

SanDisk / Extreme SDHC Class 10 16GB SDSDX-016G-X46

B005JVRARQ

投稿者 B : 20:45 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/07/15 (Sun.)

パンケーキにトッピングするフードは

キヤノンの 40mm パンケーキレンズ用のフードを買ってみました。

キヤノン / レンズフード ES-52

Canon ES-52

実はレンズと一緒にいつものケンコー PRO1D プロテクタを買っていたので、レンズフードは別にいいか・・・と思っていたんですが、クマデジさんがつけているのを見るとつい欲しくなったじゃないですか。そしたら先にサイカ先生に買われてしまったじゃないですか(笑

このレンズフード、量販店では品薄らしいという話も聞きますが、Amazon では普通に在庫していました。そして、届いてみたらダンボールの中に入っている箱があまりに小さくて驚いたという(笑

ちなみに刻印があるのは裏側なので、装着すると見えなくなります。

Canon ES-52

レンズに着けてみたところ。

フード前面にはレンズ径と同じ φ52mm のネジが切られているので、前面にフィルタをつけることができます。ユーエヌの E 16mm 用レンズフードのように、フード内側に小径のフィルタがつけられるようになっていたほうがありがたかったですが、フード自体が薄すぎるのでそれはそれでフィルタを選ぶかも。

デザイン的にはレンズ前面の刻印が隠れてしまうのは賛否両論でしょうが、個人的には面構えがグッと引き締まって見えるので、こちらのほうが好きかな。

Canon ES-52

フードの素材はアルミのようで、質感はなかなか。

とりあえず前玉にキズがつくリスクは軽減されたので、MC プロテクタは無しで運用してみようと思います。目下、このレンズを買って以来まともに撮りに行けていないのが悩み(´д`)。

キヤノン / レンズフード ES-52

B0089SWZQ2

投稿者 B : 21:52 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/06/15 (Fri.)

METABONES CONTAX G-NEX

以前から気になっていた METABONES の CONTAX G-NEX マウントアダプタを買いました。

METABONES / SONY CONTAX G E-mount アダプタ (ゴールド)

METABONES CONTAX G-NEX

KIPON のアダプタ持ってるし、マウントアダプタにしては高いよなあ、とずいぶん迷っていましたが、買った人のレビュー記事をググって、わたしこんなにこのアダプタ欲しいんだ、CONTAX G レンズなら複数持ってるしいいか、と観念して買った。

METABONES CONTAX G-NEX

KIPON との違いは、アダプタ上のフォーカスリングの幅が METABONES のほうがずいぶん太くて、操作しやすいところ。でもそれ以上にデザインとカラーに私は惹かれました。KIPON はその発想といち早くリリースしてきた姿勢は素晴らしいのですが、デザインがいかにも無粋。それに対して、METABONES のこのアダプタは、CONTAX G と同じくブラック/ゴールドのカラーバリエーションがあって、レンズに合わせて選べるところ。以前、ゴールドの NEX-5 につけてみて、やっぱり CONTAX G のゴールドレンズをつけるなら、黒いアダプタは合わないよなあ、と思っていたので、ゴールドのアダプタがずっと欲しかったんです。

METABONES CONTAX G-NEX

CONTAX G は AF レンジファインダなので、レンズにはフォーカスリングがついておらず、カプラを使ってボディ側のモーターで駆動するようになっています。それを解決してミラーレス機で MF できるようにしたのが、KIPON や METABONES が採用している「マウントアダプタにフォーカスリングを設けて、カプラを介してレンズのフォーカスを動かす」という仕組み。なので、マウントアダプタ側にはカプラがついています。レンズはスピゴットマウントになっているので、レンズとアダプタはカプラを指標に装着して、レンズの根元側の鏡筒を回してやるとセットされます。

METABONES CONTAX G-NEX

このアダプタの特殊なところは、ボディ側とのマウント面にレンズのロックレバーがついていて、これを動かすことでレンズをロックする方式を採用していることでしょうか。KIPON のアダプタは外環の外側にレバーがついていたので脱着が容易でしたが、このアダプタはロック/ロック解除がちょっと面倒です。アダプタの外環全体がフォーカスリングになっている以上、仕方のないことでしょうが。

METABONES CONTAX G-NEX

ロックレバーを動かすと、レンズとの接合部にある金具がスライドしてレンズ側の切り欠きと噛み合い、レンズがロックされる仕掛けになっています。

METABONES CONTAX G-NEX

装着してみて初めて気づいたのですが、このアダプタの良いところは色味だけでなくデザインテイストも CONTAX G レンズに合わせてあること。ピントリング外周のローレットの切り方もレンズと全く同じで(よーく見ると、工作精度はレンズのほうが少し良いように見える)、統一感があることでしょうか。まるで CONTAX 純正のマウントアダプタのように見えます。

METABONES CONTAX G-NEX

KIPON のアダプタと比較するとこんな感じ。美しさの次元が違います。ピントリングも KIPON の 3 倍くらい太いし、ローレットも細かく入っているので、METABONES のほうが操作感がずいぶん良い。

METABONES CONTAX G-NEX

NEX-5 につけてみるとこんな感じ。まずは Planar 45/2 から。

正面から見るとピントリングの径が妙に大きく、少し大柄に見えてしまうのが欠点ですが、デザインの統一感があるのと淡いゴールドの色味のおかげで、それほど威圧感はありません。

METABONES CONTAX G-NEX

こうして見ると、やっぱり黒い KIPON よりもゴールドの METABONES ですよねー。シルバーのボディとの一体感も悪くないですが、ここまでやるとやっぱりボディ側もゴールドにしたくなります。とはいえ今さら初代 NEX-5 を買うというのももったいないですが、現行の 5N はゴールドがないという。残念。

METABONES CONTAX G-NEX

横から見たところ。やっぱり太いピントリングは使いやすいです。一度こちらに慣れると KIPON はどうも使いづらく感じてしまいます。

METABONES CONTAX G-NEX

続いて Biogon 28/2.8。短めの鏡筒と合わせると、アダプタの径の大きさが目立ちますかね。でも、そんなに悪くはないと思います。

METABONES CONTAX G-NEX

Sonnar 90/2.8 と。長めのレンズのほうが、相対的にアダプタの大きさが緩和されるので、違和感は少ないかな。

ということで、たいへん気に入りました。見た目だけじゃなくて使い勝手も向上したので、こんなことならもっと早く観念して発注しておくべきだった。今後 NEX で CONTAX G レンズを使うときにはこのアダプタをメインで使うことになりますが、これで G-NEX アダプタが 2 本になったので、CONTAX G レンズを複数持って行くときには、アダプタごと使い分けるようにしようと思います。

METABONES / SONY CONTAX G E-mount アダプタ (ゴールド)

B005YN5TO0

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/06/14 (Thu.)

USB 3.0 対応メモリカードリーダを導入

自作機が USB 3.0 対応になったので、USB メモリカードリーダを買い換えました。

バッファロー / BSCR09U3BK

BSCR09U3BK

BSCRA38U2 から、約 4 年ぶりの買い換え。CF や SD カードの転送速度も年々向上していて、例えば今使っている Extreme CF は公称 60MB/s。USB 2.0 の規格値(480Mbps=60MB/s)と同等であり、実質的に USB 2.0 がボトルネックになっていることは明らかでした。最近はカメラの高画素化に伴いデータ容量も増加の一途を辿っていて、PC への取り込みにかかる時間もバカにならなくなってきたので、自作機をリニューアルしたらまずメモリカードリーダを USB 3.0 対応品に置き換えたいとは思っていました。

BSCR09U3BK

本体デザインはまあ特筆するところもない感じ。正直今まで使っていた同社の旧機種のほうが外装が凝っていたのが一見して判るほどで、コモディティ化して差異化がしにくい商品カテゴリであることは理解しつつも、もうちょっと何とかならなかったのかなあとは思います。

BSCR09U3BK

対応メモリカードは CF、SD、メモリースティック(標準/Duo)、microSD、M2(メモリースティックマイクロ)、xD カードなど、現在実用的に使われているものは全て網羅しています。非対応なのは唯一スマートメディアくらいですが、さすがにもう使っている人もいないでしょうね。
標準/Duo サイズに両対応したメモステスロット(右下)の接点が、なかなかすごい形状をしていますね・・・。

BSCR09U3BK

USB 3.0 対応ということで、USB コネクタの形状も変わっています(一応、2.0 との下位互換性もある)。microUSB とはいえずいぶん大きな端子になってしまいましたね。

じゃあ実際どの程度速くなったのか?を CrystalDiskMark で計測してみました。比較対象は今まで使っていた BSCRA38U2(TurboUSB On)、計測に使用したメモリカードは Extreme CF 32GB(60MB/s 品)Extreme HD Video SDHC 32GB(30MB/s 品)の 2 種類です。

メディア
/リーダ
Extreme CF 60MB/s
/BSCRA38U2
Extreme CF 60MB/s
/BSCR09U3
Extreme SDHC 30MB/s
/BSCRA38U2
Extreme SDHC 30MB/s
/BSCR09U3
Sequential Read35.69081.88222.08746.721
Sequential Write23.72155.02222.05234.629
Random Read 512KB34.76140.71521.71341.494
Random Write 512KB2.8341.8532.9772.753
Random Read 4KB (QD=1)4.6144.7523.0313.319
Random Write 4KB (QD=1)1.1180.8461.1840.539
Random Read 4KB (QD=32)4.2974.3422.7493.281
Random Write 4KB (QD=32)1.0430.9011.2270.592

うおーーーーーー速い。どちらも Sequential Read に関しては今までの倍以上の速度が出ています。いかに今までの USB 2.0 がボトルネックになっていたかというのがよく分かります(今まで遅かった主な原因が USB インタフェース側なのか、カードリーダの内蔵プロセッサなのかは判りませんが)。特に CF なんて公称値(60MB/s)よりも上の数値が出ているくらいですからね。今までも多少はロスしているんだろうなとは思っていましたが、カードの実力値の半分も出ていないとは思わなかったので、かなり衝撃を受けました。
これで Extreme シリーズのメモリカードを使う限りは、今までの半分以下の時間で画像取り込みが完了してしまうということになります。これは非常に助かります。そして、CF の速さも改めて実感。原理的に SD より速いのは判っているつもりでしたが、ここまで見せつけられるといくら SD の価格下落が激しくても、本気カメラ用は CF スロットがついている限りは CF を使おうという気になりますね。

いやあ、安かった割に効果も高く、いい買い物でした。

バッファロー / BSCR09U3BK

B007IX87GG

投稿者 B : 00:30 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2012/06/06 (Wed.)

防湿庫にレンズホルダーを追加

梅雨になるとレンズのカビ対策が気になるよねー、ってことで、久々に防湿庫の中身を整理しています。

購入時点では「これだけ大きければいっぱいになることもないっしょw」と思って買った防湿庫でしたが、気がつけば中のものが溢れかえりそうな状態に(;´Д`)ヾ。自分でもこれだけレンズを買い集めるとは思っていなかったのですが、レンズ以外のものもけっこうしまっているのがいっぱいいっぱいになっている原因かと思い、旧い Handycam なんかは出して中身を整理しました。
でも、レンズが増えすぎて収まりが悪いので、波形レンズホルダーを追加購入。

東洋リビング / NEW 波形レンズホルダー(大)

波形レンズホルダー

私が使っている防湿庫は 4 段式なのですが、波形レンズホルダーがついているのは 1 段のみ。もうここに収まらなくなって久しいですが、他のレンズホルダーなしの段に入れるとレンズが転がって収まりが悪いので、ホルダーを追加したいとは前々から思っていました。整理して 1 段空けて、そこにレンズホルダーを入れました。
ちなみに東洋リビングの波形レンズホルダーには通常タイプとデジタル対応型の 2 種類があり、手持ちの防湿庫にはデジタル対応型のホルダーが付いていましたが、デジタル対応はおそらく APS-C 専用の細めのレンズを想定しているようで、私の手持ちの大口径 or 超望遠レンズにはちょっと窮屈。追加購入分はノーマルタイプにしました。

波形レンズホルダー

ただ、東洋リビングの防湿庫は私が購入したときからリニューアルしていて、トレイの寸法が微妙に変更になっているようで、幅はぴったりながら奥行きが少し足りません(´Д`)ヾ。まあ体制に影響はないので、このまま使いますが・・・。

波形レンズホルダー

ということでレンズを 2 段に分けてきれいに収めることができました。上段は標準のデジタル対応ホルダーで細めのレンズを、下段は今回買った通常タイプのホルダーで太めのレンズを収めています。

でもいずれにしてもこれ以上機材が増やせない状況であることは間違いないので、機材を整理するか、防湿庫をより大きなものに買い換えるか、そろそろ決断を迫られそう(´д`)。

東洋リビング / NEW 波形レンズホルダー(大)

B004HCCDM0

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/05/15 (Tue.)

雲台メーカーに聞く「ブレない」三脚の選び方と使いこなし

特別編:雲台メーカーに聞く「ブレない」三脚の選び方と使いこなし - デジカメWatch

これはいい記事なのでメモ代わりにエントリー。

カメラもこれだけ高画素化が進み、なおかつフルサイズ機の選択肢が増えてくると、「三脚を使っていてもミラーショックが抑えきれずにブレてしまう」ということが増えてきます。いい三脚の選び方や、カメラバッグをぶら下げるとかカメラのネックストラップを補強に使う、みたいな三脚の使い方は私も知っていましたが、「自転車の荷台用ゴム紐を使って安定性向上」とか「レンズを上から押さえることで、マウントの遊びによるガタつきを低減」とか、今まで気がつかなかったけどすぐに実践できるコツが満載でとても勉強になります。「自由雲台は力学的に振動に強い」というのも目から鱗でした。まさに雲台メーカーならでは、なおかつ自分自身もカメラが好きで深く使い込んでいるからこそだと思います。

そういえば私の三脚につけているのは 3 ウェイ雲台で、ボール雲台は一脚用の径の小さめなのしか持っていないので、そろそろ大径のボール雲台が欲しいとは思っていたのでした。三脚とそろえてマンフロットでもいいんですが、以前からあこがれていたこの梅本製作所の雲台も試してみたいんだよなあ・・・。

投稿者 B : 21:48 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/04/29 (Sun.)

ND100000:金環日食に向けて

あと 3 週間もしたら金環日食だっていうじゃないですか。

マルミ / 太陽撮影用 ND フィルター DHG ND-100000 58mm

DHG ND-100000

普段は天体写真なんて撮らないんですが、こういうときくらいはにわか天体カメラマンになったっていいじゃないですか。いや、けっこう流星群とか彗星とか好きなんですよ。ガンダム関係なく(ぉ

天体撮影は野鳥とはまた違った方向で奥の深い世界ですが、太陽くらい大きな被写体なら私でもそれなりに撮れるかもと思い、ND100000 フィルタを買ってきました。

DHG ND-100000

こんなことでもなければ ND100000 フィルタなんて買うことはなかったと思いますが、さすがにこれだけ特殊なフィルタとなると MC プロテクタのようにはサイズバリエーションが豊富じゃない。マルミからは 77mm と 58mm、ケンコーからは 52/58/77/82mm と角型 76/100mm くらいしかなく、私がメインで使っている望遠レンズ群にちょうど合うサイズがありません。また、ケンコー製は妙に高価く、仮に当日曇りで使えなかった場合のダメージが大きいので、にわか天体カメラマン的にはマルミの 58mm が限度かな、といったところ。

でも、日食撮影なら基本的にはテレ端固定で撮るだろうし、なおかつ APS-C ボディなら小さめのフィルタにステップダウンリングをつけても事足りるんじゃ?と思っていたら、案の定、

ND100000は62mm径はおろか、67mm径もないので - クマデジタル

ですよねー。62mm→58mm くらいならば全然余裕でしょう。ということで同じくマルミのステップダウンリングを買ってきました。

Step-down 62-58mm

フィルタ径を合わせるだけのごく単純なリングですが、アルミ製のようで妙にちょっとした高級感があります。

DHG ND-100000

装備は α77+70-300G で臨んでみようと思っています。手持ちの 300mm 級のレンズで最も描写が良いのがこのレンズだから、という理由。α77 は高感度ノイズが弱点ですが、ND100000 で強烈に減光させるレベルなら、高感度ノイズが気になる余地はないでしょう。
本当は望遠なら EOS 7D+シグマ 50-500OS が最強なんですが、95mm という驚異のフィルタ径(付属の APS-C 向け 95→86mm ステップダウンリングをつけても)を変換できるステップダウンリングは少なくともヨドバシには売っていませんでした(´д`)。一応、APS-C+テレ端なら 95→58mm まで多段ステップダウンさせてもおそらくケラれないだろう、ということは実機確認したのですが・・・。

DHG ND-100000

ちなみに、マルミの ND100000 フィルタにはこんな感じ↑の金環日食撮影ガイドブックが付属していました。
いつ・どこで見られるか、とどうやって撮影するか、を簡単にまとめたガイドブックで、私のように詳しく知らないけどとりあえず流れで撮ってみようというにわかには最適なんじゃないかと思います(笑。

ただ、内容的には私が ND100000 を買う事前に調べたときに見つけたこのページがほぼ同内容でした。

金環日食の撮影にチャレンジしませんか? | 富士フイルム

富士フイルムさんが公開しているページですが、別に富士フイルム製カメラのユーザーでなくても閲覧できるオープンさ。一応、富士フイルム製カメラを使って解説されていますが、内容はいたって普遍的なもの。直接販売につなげようとするいやらしさじゃなくて、写真文化そのものに貢献しよう、という姿勢には好感が持てますね。

ということで、日食は 5/21(月)の朝。ギリギリ会社を休まなくても見られるという、却って悩ましい時間帯の天体ショーです(´д`)。あとは天気が良くなることと、当日自分が起きられるかどうかが問題(;´Д`)。朝は弱いんですよね・・・。

マルミ / 太陽撮影用 ND フィルター DHG ND-100000 58mm

B0068V23KA


投稿者 B : 01:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2012/04/17 (Tue.)

エツミ プロ用ガードフィルム for NEX

なんか今年に入ってからディスプレイ保護シートのエントリーばかり書いている気がしますが(笑)、今日もその話です。

買ってそろそろ 2 年になろうとしている NEX-5 の液晶保護シートが、かなりくたびれてきました。

NEX-5

まあ、私の手持ちのカメラの中でこの 2 年間最も稼動率が高いのが NEX-5 ですし、ハードケースに入れるでもなくズダ袋系ポーチ(←とりあえずのつもりで買ったのが、結局そのまま使い続けてしまっている)に入れているだけなので、正直擦り傷防止程度の保護効果しかありません。本体もけっこう細かい傷だらけですが、中古で売るつもりもないのでもう使い込んだ勲章かなと(^^;;

ただ保護シートだけはそろそろ辛くなってきたので、α77 でも使っているエツミの保護シートに貼り替えてやりました。

エツミ / プロ用ガードフィルム ソニー α NEX-5N/NEX-C3 対応 E-1898

エツミ プロ用ガードフィルム

パッケージに「SONY」よりも「パナソニック」のほうが大きく書いてあるので、店頭で探すのにけっこう苦労します(´д`)。だいたい、保護シート自体がケンコーやハクバのほうが取り扱いが大きく、エツミは売ってないか売れ筋しか置いてないお店も多いので・・・。

ちなみに、Amazon では「NEX-5/NEX-3 対応」と書いてありますが、型番が同じ「E-1898」なので、パッケージが変わっただけで中身は同じでしょう。

エツミ プロ用ガードフィルム

ということで、キレイになりました。光沢系のシートなので反射が全くなくなるわけではありませんが、ギラギラ感が抑えられて画面が見やすくなっています。パナソニック電工の「ファインティアラ」の効果だと思いますが、この素材けっこう気に入った。

今まで使っていたシートはどこのかさえ忘れちゃいましたが(確かハクバだったような気がする)、これもこれで反射光を紫色系に変換するコーティングがなされていて、不満があるということもなかったんですけどね。とりあえずこれで次期モデルが出てくるまでは戦える・・・!

あ、まだ買い換えると決めたわけじゃありませんから(^^;;;;;。

エツミ / プロ用ガードフィルム ソニー α NEX-5N/NEX-C3 対応 E-1898

B003UV9MB4

投稿者 B : 00:42 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/01/31 (Tue.)

SanDisk Extreme HD Video SDHC 32GB

α77 用の SDHC カードをようやく買いました。

SanDisk / Extreme HD Video SDHC Class 10 32GB SDSDX-032G

SanDisk Extreme HD Video SDHC 32GB

実は NEX-5 からα77 に入れ替えて使うつもりだった(←せこい)ソニー製の Class 10 SDHC 16GB が破損してしまったので、観念して購入。最上位の Extreme Pro まではさすがに手が出ませんでしたが(^^;;、通常の Extreme シリーズだって十分速いはず・・・。
容量的には 32GB もあれば、いかに 2,400 万画素なα77 といえど RAW+JPEG でも 917 枚撮れる容量があるので、よほど野鳥撮影にでも行って連写で追いまくらない限りは不足することもないでしょう。α77 自体は SD/MS Duo のコンボスロットだけど、さすがに価格差と汎用性を考えるとそろそろメモステに投資するのは躊躇われます。今後、メモステはあくまで容量が足りなくなったときにバックアップ的に使う程度に限定されてしまうかな。

何はなくとも CrystalDiskMark。比較対象はソニー SF-16NX(Class 10 SDHC)、SanDisk Ultra II(Class 4 SDHC)、ソニー MS PRO-HG Duo HX、SanDisk Extreme CF の 4 種類。

メディアExtreme SDHC 32GBSF-16NXUltra II SDHC 4GBMS PRO-HG Duo HX 4GBExtreme CF 32GB
Sequential Read22.08722.63817.99428.81535.690
Sequential Write22.05216.09016.25717.45923.721
Random Read 512KB21.71321.17317.98326.72834.761
Random Write 512KB2.9771.5793.1143.0352.834
Random Read 4KB (QD=1)3.0311.8674.1292.761 4.614
Random Write 4KB (QD=1)1.1840.0130.0300.0281.118
Random Read 4KB (QD=32)2.7492.2034.1293.0634.297
Random Write 4KB (QD=32)1.2270.0130.0290.0281.043

まあ速い・・・かな?Ultra II SDHC 比でシーケンシャルリード/ライトが 20~30% 増しというのは良い数値だと思うけど、Class 10 と Class 4 の差と考えるともっと速くても良い気はします。ただ、ソニーの Class 10 SDHC でもシーケンシャルリードの値が同程度なので、こんなものなのかな。でもググってみると同等品でもっと良いスコアを出している例もあるようなので、カードリーダ側の限界で頭打ちになっているだけかもしれません。そろそろ UHS-I/USB 3.0 対応のカードリーダに買い換えどきなのかな。 いっぽうでシーケンシャルライトは手持ちの SDHC の中では最も高速なので、α77 の連写に最もついてこれるカード、ということが言えそうです。

ただ、Extreme CF に敵わないのは当然としても、MS PRO-HG Duo HX との比較ではシーケンシャルリードおよび 512KB のランダムリードの値が MS Duo のほうが良いのが目立っていますね。連写用としては書き込みが速い Extreme SDHC のほうが向いていると思われますが、こうまで差が開くと興味深いです。

とはいえベンチはあくまでベンチ、ということで、実際にα77 での連写で比較してみました。高速連写モードにして 30 秒間にレリーズできる回数を計測、設定は JPEG エクストラファイン(ファイルサイズが大きすぎるため RAW 同時記録なし)、1/8000 秒、ISO200 といったところです。ちなみに SF-16NX は破損しているためかα77 に挿しても認識しなかったため、テストなし(´д`)。

メディアレリーズ回数
Extreme SDHC 32GB120
Ultra II SDHC 4GB93
MS PRO-HG Duo HX 4GB103

やはり Extreme SDHC は優秀ですねー。傾向としては CrystalDiskMark での結果にかなり近いですが、連写に伴う書き込みはシーケンシャルライトとほぼ同じ処理になるので当然といったところでしょうか。ただ、JPEG とはいえエクストラファイン画質での撮影となると、最初の 10 枚程度を過ぎたあたりで書き込みが追いつかなくなって、あとはバッファメモリが空いた瞬間に次の 1 枚を撮影・・・というような動作になってしまったので、スペックどおりの秒間 12 コマの速度で撮り続けられるわけではありません。

私の場合、連写を伴う動体撮影は EOS 7D のほうがメインで、α77 は人物や静物撮影のほうが多くなりそうなので、そこまで連写を求めているわけではありませんが、とりあえずそこそこ速い 32GB のメディアが一枚あれば困ることはなさそうです。しかしこれで¥5,000 を切っているとか、良い時代になったものですね・・・。

投稿者 B : 00:32 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2012/01/28 (Sat.)

METABONES の EF-NEX マウントアダプタ

メタボーンズ、ソニー「NEX」でキヤノン「EFレンズ」の絞りを設定できるマウントアダプター - デジカメWatch

ぬわーーー、なんかスゴイのが出た。

デザイン性と使い勝手に優れた CONTAX G-NEX マウントアダプタをリリースしている METABONES から、EF-NEX マウントアダプタがリリースされました。
電子式絞りである EF レンズでは、マウントアダプタを介すと絞り開放でしか撮影できないのが原則。それを覆したのが、1 年前に KIPON からリリースされた 絞り内蔵 EF-NEX マウントアダプタ。これはアダプタ側に絞り機構を内蔵することで、EF レンズでも絞って撮影できるようにできる代物でしたが、本来のレンズ設計上でない場所に絞りを入れることは画質に良い影響を与えないこともあり、疑問符が付いていたのは事実です。

それに対してこの METABONES のアダプタは、電子接点を備えることでカメラとレンズ間でレンズの Exif 情報がやりとりできるのはもちろんのこと、レンズ内蔵の電子絞りと AE が連動できること、そして IS レンズでは手ブレ補正まで利用できてしまう(!)というのがポイント。NEX の LA-EA2 のようにカメラメーカー純正ならともかく、サードパーティ製のマウントアダプタでここまでやれてしまうというのは、恐れ入りました。

しかし 5 万円近い価格には正直びっくりしました。まあ技術的にはカメラ 1 台開発製造できそうなくらいのコストがかかっていてもおかしくない製品ですが、EOS Kiss X50 あたりのボディを買ってお釣りが来る値段なので、そこまでして NEX で EF レンズを使いたい人がいるかどうかは若干疑問です。私のように EF レンズは大量に持っているけど A/E マウントレンズは少ないという環境ならアリかもしれませんが、それなら静止画撮るにしても動画撮るにしても EOS 使うよなあ、と思って。
あと、ここまで電子制御できるのに MF というのが微妙なので、ここまできたら AF までしたくなるのが人情というもの。でもこの構造だとコントラスト AF になるので実用的じゃないし、仮にトランスルーセントミラーを入れて位相差 AF にしたら、10 万円くらいしてしまいそうなので、それも無謀(´д`)。

ともあれ一度実物にお目にかかってみたいところではありますが、来月の CP+ にはメーカーも代理店も出展していないようなので、見られるかなあ。
それはそうと例の CONTAX G-NEX アダプタも一本欲しいんですけどね。

投稿者 B : 00:06 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/12/28 (Wed.)

The Industry Disgrace (3 本目)

α77 に合わせたストラップは、やっぱりコレ。

CRUMPLER / The Industry Disgrace (ブラウン/オレンジ/ガンメタル)

The Industry Disgrace

α700EOS 7D でも使っているので、もう私のカメラのトレードマークとなりつつありますが、CRUMPLER の The Industry Disgrace シリーズです。1 年ほど前にリニューアルして、カラバリが変更になってから、ずっとαの中級機がモデルチェンジしたらこのオレンジ色のをつけてやろうと狙ってました。

The Industry Disgrace

カラーは「ブラウン/オレンジ/ガンメタル」という名称になっていますが、実質ほぼブラウン/オレンジ/ブラック。愛用の 7 Million Dollar Home(2009 年モデル)ともピッタリ合う色味だし、αのシナバーカラーにも近いので(オレンジはシナバーに比べると少し黄色みが強めだけど)、良い感じじゃないでしょうか。

旧モデルだと丸いプラスチック製のエンブレムだったロゴマークはちょっと控えめになりました。このくらいのほうが落ち着いてて良いかも(笑。

The Industry Disgrace

The Industry Disgrace はクッション製が高いし、長さがあってナナメ掛けもできるので、縦位置グリップをつけたり長玉をつけたりしてカメラが重くなっても疲れにくいのが気に入っています。嵩張るのでカメラバッグに丸ごと入れづらいのだけが難点ですが(´д`)。

さーあとは撮影に行く時間を作るだけだー(棒

投稿者 B : 13:33 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/12/20 (Tue.)

SD カードが(物理的に)破損

NEX-5 に挿しっぱなしにしている 16GB の SD カードを、ある日 PC のカードリーダに読ませた後に NEX に戻そうとしたら、なんかうまく入らない。表裏逆に入れちゃったかな、と思って確認してみても、間違ってない。なんで???と思って SD カードをよく見てみたら、

SF-16NX

うん。なんともない。

・・・って、え?

SF-16NX

よく見ると、SD カード端子部の両エッジの土手にあたる樹脂のガードが割れて失くなっているじゃないですか。周囲を見回してみたら、PC のカードリーダ周辺にそれとおぼしきプラスチックの破片が落ちていました。なんと、物理的に破損・・・。
確かに NEX-5 のカードスロットは MS Duo/SD のコンボスロットで、もともと SD カードを挿すときには少し固い感触があったんですが、それが原因(?)でカードを破損してしまったっぽい。今まで、microSD カードなら電気的(?)に破損して読めなくなったことが一度だけありますが、物理的に破損というのは初めてです。メモリカード全般でいっても、大昔に Microdrive(懐)が 1 台クラッシュして以来な気が。

ちなみにこの SD カードはソニーブランドのものなので、海外の粗悪品だから工作精度が悪くてスロットないで破損した、というわけではないはずです。しかも Class 10 の 16GB 品だからけっこう良い値段したのに(;´Д`)ヾ。まあ SanDisk の輸入品あたりだとずいぶん安くなってるからいいんだけど・・・。

一応気を遣って抜き挿しすれば大丈夫なんですが、怖いのでこれは本当に NEX-5 に挿しっぱなしにして、画像の取り込みには NEX-5 に USB ケーブルを繋いでやりとりするようにしようと思います。
ともあれ、カメラ的にはそろそろ MS/CF 環境から SD に切り換えていったほうが良い頃っぽいので、カメラ買い換えの前に何枚か用立てておこうかなあ。

投稿者 B : 01:33 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/11/05 (Sat.)

METABONES の CONTAX G-NEX マウントアダプタ

ひさびさに NEX のマウントアダプタネタです。

muk select さんの blog で、METABONES 製 CONTAX G-NEX マウントアダプタの新製品が紹介されていました。

muk camera service(旧・物売りの魂):ソニーα NEX-5,3,7 Eマウント用 CONTAXーGレンズマウントアダプタ メタボーン製 新製品

私は KIPON の CONTAX G-NEX マウントアダプタを愛用していて、これはこれで特に買い換えの必要性を感じていませんが、機能性や精度はともかく、NEX-5 や CONTAX G レンズとのマッチングという点では、そのあまりにも無骨なデザインがイマイチ気に入っていない部分ではあります。
それに比べると、この METABONES のアダプタは、マウントアダプタ側にピントリングを備えた操作性は KIPON と同様ながら、デザインが洗練されていることと、ピントリングが KIPON に比べて太いので、扱いやすそうなのがソソられるポイント。NEX のボディにおいて存在感を放っている E マウント部分よりもさらに自己主張の強い、太いピントリングは賛否両論でしょうが、個人的にはこれはアリかな。

でも、私が使っているシルバーの NEX-5 とシャンパンゴールドの CONTAX G レンズとの組み合わせとしては、中間にここまで太いブラックのマウントアダプタが介在するのはちょっと。KIPON のアダプタも黒いのでイマイチでしたが、さらに太い黒の環なので、それは抵抗あるなあ。

・・・と思ったら。

METABONES / SONY CONTAX G E-mount アダプタ (ゴールド)

B005YN5TO0

なんかゴールドもあるんですけど!!!!!1!
うーん、これはマズイ。NEX-5 のゴールドとセットで買ってしまいかねないレベルです。ただ NEX-5N ではなく今さら NEX-5 を買う気はしないので、そこが防波堤になってくれているんですが、もし今 NEX-5N にゴールドが追加されたりしたら、間違いなく転んでしまう自信があります(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 21:17 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/10/22 (Sat.)

Manfrotto Nano カメラポーチ

DSC-HX9V 用のポーチをようやく買いました。

Manfrotto / Nano カメラポーチ 4 型 MB SCP-4BC (カーキ)

Manfrotto Nano

なかなかポーチを物色しに行く余裕もなく、今までは DSC-W170→PowerShot S90 に使い回してきた PORTER の DRIVE ポーチ M に入れてたんですが、ぴったりすぎて出し入れがしづらい(´д`)。
最近の私はメーカー純正のケースよりは他社製でデザインや機能に優れたケースを選びたいので、春先に出ていた Manfrotto のポーチを選択してみました。

前面のフラップは同社の Lino プロ用メッセンジャーバッグと同様、Manfrotto の三脚を模したモチーフがあしらわれています。
カラバリはブラック、ホワイト、カーキの 3 色があり、ブラックはカバンの中で見つけにくい、ホワイトは汚れやすそう、という消去法で比較的見つけやすく、汚れが目立ちにくいカーキにしました。

Manfrotto Nano

背面はベルトループ程度。ボタン留めでなくはめ殺しのベルトループなので、あまり汎用性は高くありません。残念。

Manfrotto Nano

この「Nano」シリーズのカメラポーチには、1 型から 7 型までの 7 種類が存在します。が、並び順が別にサイズ順なわけでもなく、どれが自分のカメラに最適なサイズなのかは、現物を見ながらでないと分かりません(´д`)。しかも、全体的に日本メーカーのコンデジを入れるには大きすぎるような印象で、おそらく最も小さい部類であろう 4 型で、ようやく DSC-HX9V にちょうどよさげなサイズ。コンデジよりもむしろミラーレスカメラのほうが適合するサイズ感ではないでしょうか。

Manfrotto Nano

ただ、その 4 型でも高さ方向のアソビが大きく、中でカメラ本体がカタカタ揺れてしまう感じ。フラップはベルクロ留めなので、ちょっとキツめに留めれば改善しますが、それでもジャストサイズという感じではありません。

Manfrotto Nano

逆に横幅と厚みはほぼジャストサイズに近いです。ので、選択肢の中ではベストといったところ。フラップを開けたところにはポケットもありますが、ゆるゆるなので間違ってもメモリカードを入れてはいけません。USB ケーブルや予備バッテリ、POCKET 三脚あたりを入れるべきでしょう。

完璧にジャストサイズな製品がなかったし、それほど高級感のあるつくりでもないので大満足というほどではありませんが、実売 1,000 円程度だし駄目なら他のものに使い回せばいいや、というつもりで買ったので、その割には満足。Manfrotto ファンですしね。
これなら NEX をレンズ付きで入れておくのにサイズ違いをもう一つ買ってみてもいいかな、とは思いました。

投稿者 B : 22:41 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/10/09 (Sun.)

Φ95mm のレンズフィルタ

買うだけ買って、夏の間はほとんど使う時間がなかったシグマの 50-500OS ですが、インディジャパンや幼稚園の運動会など、秋になってようやく出番が増えてきました。なので、レンズプロテクタも今さらながら購入。

ケンコー / 95S MC プロテクタープロフェッショナル

Kenko Φ95mm MC Filter

私はケンコーのフィルタを使うことが多いんですが、ほとんどのモデルで 82mm までしかラインアップされておらず、いつも使っている L37 Super PRO や PRO1D シリーズには 95mm という巨大なフィルタはなし。最もベーシックな MC プロテクタくらいしか、このサイズはラインアップされていません。まあ、最近のレンズはコーティングがしっかりしているので、シンプルな MC プロテクタでも十分といえば十分ですが。

しかしこのシンプルなプロテクタでも、これだけ特殊なサイズとなると値が張ります。単なる MC プロテクタに¥6,000 も払うのはちょっともったいないなあ、と思いつつ、万が一の保護のことを考えると、まあ安いものか・・・と購入。

Kenko Φ95mm MC Filter

高いだけあって、ちゃんとフィルタケースが付属しています。まあ合皮感バリバリではありますが(笑

Kenko Φ95mm MC Filter

どーん!・・・といっても、単体の写真だとサイズ感が分からないですよね、

Kenko Φ95mm MC Filter

ということで、NEX で使っている 49mm のフィルタと比較してみました(笑。
95mm っていかに巨大かということです(^^;;

Kenko Φ95mm MC Filter

でもこれで 50-500OS の前玉を保護することができるようになりました。APS-C で使うなら、ステップダウンリングを使って 86mm 程度のフィルタを使用しても支障はないと思いますが、いつかはフルサイズ(きりっ

インディジャパン、運動会、とこのレンズを丸一日手持ちで使うと(それも流し撮りとかが多い)さすがに翌日は左腕にキますね・・・。それでもがんばって使いたいくらいに素晴らしいレンズなので、もっと腕力を鍛えねば(´д`)。

投稿者 B : 23:59 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/08/26 (Fri.)

Sony LA-EA2

そういえばα77、NEX-7、5N と一緒にこんなものも出ていましたね・・・。

ソニー、NEX用の位相差AF対応Aマウントアダプター - デジカメWatch
ソニー / マウントアダプタ LA-EA2icon

iconicon

NEX で A マウントレンズを使うには今までも E-A マウントアダプタ LA-EA1 を使えば可能でしたし、ファームアップで AF に対応するという進化も果たしてきました。が、従来はレンズ内モーターを搭載する SSM/SAM レンズのみの対応で、なおかつ AF 速度も MF で合わせてしまった方が速いというくらい、あまり実用的な速さとは言い難いものがありました。
が、この新型マウントアダプタは内部にトランスルーセントミラーそのものを内蔵し、アダプタ側で位相差 AF を使うという力業で、非 SSM/SAM レンズでの AF 動作と、より高速な AF に対応。そりゃ理屈上はできるんでしょうけど普通それ作らないでしょ、というのを本当に作りやがりました(ぉ。

製品写真を見て、こないだ南雲さんが見せてくださったオリンパスのパワーフォーカスレンズを図らずも思い出したわけですが、まあ構造的には似たようなものですから、見た目が似るのも無理はない話。コンパクトな NEX に異形のマウントアダプタを装着して巨大なαレンズをつけたさまは、ぐるっと一周回って使ってみたい衝動にすら駆られます(笑。

LA-EA1 のさらに二倍の価格がしてしまうこともあって、いやいやそれならα33 の中古でも買った方が安上がりじゃないかと言ってしまいたくなるほどですが、NEX がメインで A マウントレンズも使いたいけど荷物は増やしたくない、という人・・・はいるのかな(´д`)。技術的、そして本当に商品化したことに対する驚き(ぉ)という点では興味は尽きませんが、私が NEX-5 用に買うことはないかな・・・。

あ、ちなみに NEX-5/3 には後日アップデートで対応予定とのこと。

投稿者 B : 00:02 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/06/05 (Sun.)

Manfrotto Lino プロ用メッセンジャーバッグの良いトコロとイマイチなトコロ

14231-2969-223727

先日、Manfrotto よりお借りした Lino プロ用メッセンジャーバッグ。既に返却してしまいましたが、事前のインプレしか書いていなかったので、先日の箱根ツアーでの感想をふまえて使用感をまとめておきたいと思います。

Manfrotto / Lino プロ用メッセンジャーバッグ 5 型 MB LM050-5BB

Manfrotto LM050-5BB

箱根ツアーはこの装備で臨んだわけですが、このバッグ、本体だけで約 2kg。これに EOS のボディとレンズ、三脚まで含めると・・・持ち歩いた重量は間違いなく二桁を超えていたと思います(´д`)。たくさんの機材が入るバッグ=バッグ自体がしっかりしてないといけない=重くなる、というのはやむを得ませんが、それなりに気合いが必要なバッグであることも事実。アマチュアが普段使いのカメラバッグにするようなものではないので、ここ一番の勝負カメラバッグ(私の場合はサーキットに行くときとか)なら許容範囲かな。

Manfrotto LM050-5BB

大事なことなので何度でも書きますが(笑)、二重ファスナー式の上蓋は本当に使いやすかったです。今までいくつかのカメラバッグを使ってきましたが、機材の出し入れはこのカメラバッグが最もラクにできました。他のカメラバッグにもぜひこの方式を採用していってほしいくらいです。

ちなみに箱根で同じバッグを使っていたしょういちさんは、この二重ファスナーを全部締めずに上蓋はベルクロとかぶせ式の革製カバーだけで閉め、ファスナーのストラップに三脚を通した状態で三脚を持ち歩いていました。目から鱗でしたが、(雨の日は使えないワザだけど)確かにその使い方はアリ。純正でもそれに準ずる三脚の固定法を用意してほしいくらいです。

Manfrotto LM050-5BB

気に入った点もうひとつ。メインコンパートメントの間仕切りに仕込まれた枝分かれセパレータがとてもいい。これのおかげで使うかどうか分からないレンズまで余分に入れてしまってバッグがさらに重くなってしまっても、それがいい(ぉ。他のカメラバッグでも使いたいので、このパーツだけ単品売りしてほしいほど。

Manfrotto LM050-5BB

ショルダーストラップに添えられたチェストストラップ。これを使うと確かにラクになります。このバッグだとどんなに荷物を減らしても 5kg は下らないので、その重量が分散できるのはとてもありがたい。
でも、肩と胸(脇)をストラップでしっかりホールドする形になるので、掛けたり降ろしたりが面倒になるんですよね。なので、数十分歩くような撮影なら威力を発揮するんですが、先日の箱根ツアーのようにちょっと歩いては電車に乗って、歩いては次の目的地に着いて・・・という移動だと、荷物の上げ下ろしが多くて逆に大変(´д`)。結局ショルダーストラップを使ったのは自宅~集合/解散場所(新宿駅)間の移動のみ、という状態でした。まあこれに限らず着け外しのしやすさと安定性は二律背反なので、どちらを重視するかですが。

Manfrotto LM050-5BB

このバッグで物足りないのはサブコンパートメントの容量が小さいところ。大容量のメインコンパートメントに対して、サブコンパートメントはノート PC 用はともかく、前面のポケットのマチがほとんどないのが厳しい。カメラ/レンズとノート PC を入れると他のものはあまり入りません。ここはあと 1cm 程度でもいいからマチが欲しかったところです。

Manfrotto LM050-5BB

もう一点。このバッグ、中身を容量いっぱいに詰めると、前面のフラップがちゃんと閉じなくなってしまいます。フラップ自体はマグネットで留まっているんですが、このマグネットがあまり強くないようで、割とすぐにパタパタしてしまう。これならベルト+バックルかベルクロで留めるなり、いっそフラップなしの構造でも良かったんじゃないかと思います。

でも不満点を強いて挙げるなら、といったようなレベルであり、総じてこのバッグの出来は良いと感じました。丸一日使ってみて、本気で購入を考えようかと思っているくらい。以前書いたとおり、カメラバッグ兼出張バッグとしてもちょうど良い大きさなので、今後出張が増えそうなら具体的に検討しようと思います。

ということで、しばらく続いた Manfrotto 製品のレビュー記事は今日でおしまいです。試用にご協力いただいた Manfrotto さん、WillVii さん、ありがとうございました。

Manfrotto / Lino プロ用メッセンジャーバッグ 5 型 MB LM050-5BB

B004Q3753C

14231-2969-223727

投稿者 B : 00:55 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/05/31 (Tue.)

Manfrotto POCKET 三脚 MP3-D01

14209-2969-222996

ここのところ箱根ツアーで使用した Manfrotto 機材のレビュー記事しか書いてないような気がしますが(´д`)、もうちょっとだけ続きます。ここまで大物の機材の紹介が続いていましたが、今回は小物系。

Manfrotto / POCKET 三脚 L ブラック MP3-D01

Manfrotto MP3-D01

小型カメラ用のテーブルトップ三脚です。同社製品では以前「Modopocket 797」というものがありましたが、その後継的な位置づけ。もともとプロ機材メーカーだった同社も最近はかなりコンシューマーへの傾倒が感じられますが、これもその一つだと思われます。特にこの POCKET 三脚シリーズは、Lino のメッセンジャーバッグや Stile シリーズのバッグ、フィールドジャケット等にもこの三脚の専用ポケットが用意されているという特別扱い。同社の力の入れ具合が滲み出ています。

Manfrotto MP3-D01

三脚はおそらく金属製のフレームにラバーで表面を覆った、凝った作りになっています。
閉じた状態ではけっこうコンパクトですが、開くとそれなりに面積があるのがわかります。ちょっとキツネ顔っぽくも見える(^^;;

三脚にストラップでくっついているのは、カメラにネジ留めするためのマイナスドライバーです。これブラついてけっこう邪魔なので、個人的には十円玉ドライバー方式で良かったような気が・・・あるいは三脚の底面かどこかに固定しておけるギミックが欲しかったところ。

Manfrotto MP3-D01

カメラに装着してみました。サイズ的には NEX などのミラーレス機やハイエンドコンデジ、一眼レフならば Kiss やα33 などの小型機ならなんとか、といったところでしょうか。通常のコンデジにはやや大きいし、一眼の中級機以上にはちょっと心許ないし、というバランス感。ミラーレスを強く意識して作られた製品だと思います。

なお、三脚の向きは二本脚を前にセットするのが良いようです。ボディが極小な NEX の場合、二本脚を後ろにしたらレンズの重みで前のめりになってしまいました。

Manfrotto MP3-D01

脚はスプリングのテンションによって任意の角度に設定可能。なので、水平だけでなく自由な角度にセットすることができます。これ、スチル用というよりも最近コンデジやミラーレスでも機能強化されている動画撮影に使うのによさげ。セミナーや会議の際にテーブルトップでビデオカメラ代わりに撮るのに最適だと思います。

Manfrotto MP3-D01

折りたたんだ状態でも厚みは 10mm もないので、基本的にはカメラにつけっぱなしで使っても不都合はないと思います。が、NEX(NEX-5)の場合は、ホールドしたときに薬指・小指がグリップからはみ出すほどの極小サイズが徒となり、グリップしにくくなってしまうという問題が。オリンパスやパナのミラーレス機なら大丈夫かもしれませんが、ここはちょっと残念。

Manfrotto MP3-D01

MP3-D01 にはネジ穴が 3 箇所ありますが、NEX のようにレンズがカメラの中心から大きくオフセットしているような機種の場合は、中央ではなく横のネジ穴を使ってやったほうが安定するようです。

Manfrotto MP3-D01

ということで、先日の箱根ツアーでも試用させていただいたんですが、ご覧のとおりミラーレス機との組み合わせであれば、ダイニングテーブルの空きスペースに置いてもあまり邪魔になりません。

Manfrotto MP3-D01

で、このようにセルフタイマーを使って自分撮り、あるいはいつもと違う構図でパシャリ。料理写真はブツ撮りに似たアングルで撮るととかく説明的になってしまいがちですが、こんなライブ感のある構図もおもしろいかも。普通に撮るよりも料理が美味しそうに見えますね。

この三脚、実際使ってみるまでは「あったら便利そう、だけど意外と使わないかも?」と思っていました。が、つけっぱなしでもイケるサイズなので、一本持っていても良いかもしれません。ただつけっぱなし前提だと NEX-5 とはあまり相性が良くないので、私にはコンデジと「MP1-C01」の組み合わせで使うのがいいかもなあ・・・と思っています。こっち買おうかなあ。

Manfrotto / POCKET 三脚 L ブラック MP3-D01

B0049SVU8K

14209-2969-222996

投稿者 B : 01:03 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2011/05/29 (Sun.)

Manfrotto フォト・ムービー雲台 MH055M8-Q5

14222-2969-222682

先日の Manfrotto 701HDV の話にはまだ続きがあります。この箱根ツアーを引率してくださったしょういちさんが、Manfrotto のこんな雲台をお使いだったので、私も少し試させてもらいました。

Manfrotto / 055 Magnesium Photo-Movie Head with Q5 Quick Release MH055M8-Q5

Manfrotto MH055M8-Q5

これ、まだアメリカでしか発売されておらず、日本にはこの 1 台しかない(かもしれない)Manfrotto の新型。しょういちさんがめざとく見つけて Manfrotto さんから借用した品です。
パン棒がついていてパン/チルトしやすい雲台を探していた私は、これを見逃すわけにはいきません。

Manfrotto MH055M8-Q5

とても雲台とは思えない異様な形状、あるいは何かの美術品のような形状をしていますが、これにはちゃんと意味があります。

Manfrotto MH055M8-Q5

雲台の前面に「▼MODE」という刻印があり、その脇には「▲MOVIE」「▲PHOTO」と印刷された赤いレバーがあります。このレバーが「▲MOVIE」の位置にあるときには雲台は水平を保っていますが、

Manfrotto MH055M8-Q5

「▲PHOTO」に切り替えると、雲台が倒れて縦位置撮影が必要になるというわけ。701HDV のようなビデオ雲台だと、パン/チルトしやすいのは便利だけどスチルだと縦位置撮影ができなくて・・・というデメリットを解消してくれるギミックです。縦位置撮影の多い私には、けっこう魅力的な仕掛け。

Manfrotto MH055M8-Q5

反対側には「CBS」と刻印されたレバーもあります。これはおそらく「Counter Balance System」の略で、雲台に内蔵されたカウンターバランス(チルト角をつけて手を離しても、カメラが重力に引かれて倒れていかずにその状態でホールドする機構)のオンオフを操作することができます。なお、この雲台のカウンターバランスは、軽量化のためにスプリングではない仕組み(油圧系だと思われる)を採用しているとのこと。

Manfrotto MH055M8-Q5

パン棒は 701HDV と同じような感じ(互換性はないかもしれませんが)。操作感も 701HDV 譲りなスムーズさです。
が、取り付け位置が 701HDV と同様なので、これも光学ファインダを覗き込みながらパン棒を操作する使い方にはあまり向いていません・・・。でも、スチルとムービーの雲台を兼用できるので、結果的にはいくつも雲台を買うよりはリーズナブルかもしれません(それでも $350 ほどするようですが)。スチルとムービーの境界線が曖昧になってきた今の時代だからこそ出てきた雲台と言えるでしょう。

Manfrotto MH055M8-Q5

他にもパン/チルトロックとかフリクションコントロールとか、この雲台には非常にレバーやツマミが多い。マニュアルなどの資料が揃っていないこともあって、全ての機能を試せたわけではありませんでしたが、こんな多機能な雲台は他に見たことがありません。

Manfrotto MH055M8-Q5

クイックシューには 701HDV と共通のスライディングプレートを採用。こういう形状だとどちらかというとスチルよりもビデオ雲台寄りの製品なのかな、と思いますが、長型のプレートのほうが前後の重量バランスを考えながらセットできるので、望遠レンズ使用時には良いかもしれません。

ということで、MH055M8-Q5 はムービーも重視した一眼レフ用雲台としては非常に面白い企画の製品だと思います。本体もマグネシウム製で非常に剛性感も高級感もあるし、良い製品。ただ、雲台としてはかなりデカくて重い部類に入ると思うので(重量が 1,280g もある!)、用途やユーザーを選んでしまうのがもったいないですね。

私はファインダを覗きながらでもパンしやすい雲台をもう少し探してみようと思います。野鳥撮りなら、やっぱりジンバル雲台が最後に残った道しるべですかね・・・。

14222-2969-222682

投稿者 B : 00:55 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2011/05/27 (Fri.)

Manfrotto 701HDV

10017-2969-222416

ここのところ Manfrotto ネタばかりですが、今日は昨日に続いて雲台の話です。2 台目に試用した雲台は、ビデオ用の雲台でした。

Manfrotto / プロフルードミニ雲台 701HDV

Manfrotto 701HDV

私はあまり一眼ムービーを撮っていないんですが、パンしやすいビデオ雲台なら、スチルでも望遠レンズでの野鳥やスポーツ撮りに役立つかな?と思い。実際野鳥を撮りに行くと、高級なビデオ雲台を使っている方を目にすることが少なくありません。

Manfrotto の 701HDV はプロ用ビデオ雲台の中でもエントリークラス、もしくは小型のカムコーダ用の製品です。ビデオ雲台といえば大ぶりな製品が多いですが、これは小型軽量な部類ではないでしょうか。

Manfrotto 701HDV

この雲台はフルード式なのでパン/チルト軸にオイルが封入されており、ヌルッとした適度な抵抗感を伴う滑らかな動きをするのが特長です。一般的なスチル用雲台や、コンシューマー用ビデオカメラ向けに発売されているビデオ雲台ではストッパーを外した瞬間にスコッと軸が回ってしまうものですが、この雲台ならまるでテレビ局のカメラマンのように滑らかなパン/チルトが可能。パン棒を動かす感触が気持ちいいので、つい無意味にカメラを振り回したくなります(笑。

Manfrotto 701HDV

カメラに取り付けるシューは Manfrotto のスチル用雲台で標準採用されている RC2 クイックリリースプレートではなく、カムコーダ用のフネ(スライディングプレート)になっています。まあ本来の用途がカムコーダ用の雲台なので、これは当然ですね。取付ネジの規格はスチルと共通なので、カメラボディからプレートがはみ出す形にはなるものの、そのまま取り付けが可能です。

Manfrotto 701HDV

左側面。チルトのロックネジが大きめでロックしやすくなっています。
上のほうについている赤いボタンはスライディングプレートのロックボタンです。

Manfrotto 701HDV

右側面。パン棒は左右どちらにも付け替えられるようになっています。

Manfrotto 701HDV

カメラをセットしてみました。コンパクトなビデオ雲台ですが、70-200mm 級のレンズをつけた中級一眼でも、ぜんぜん余裕で対応できます。この状態でパンチルトさせながら動かしてみた操作感は上々で、おーこれはいいじゃん、と思った・・・のですが、一眼レフで使うには致命的な問題が。

Manfrotto 701HDV

その問題というのは、カメラの光学ファインダとパン棒の位置関係。光学ファインダを覗きながら操作しようとすると、どうしても顔や身体をカメラ(=雲台)に寄せることになるんですが、そうすると、パン棒が長すぎて逆に操作しづらい(´д`)。ものすごい窮屈な姿勢でパン棒を握らなくてはならなくなってしまいます。
カムコーダならばカメラ本体が前後に長いためにファインダを覗いてもパン棒は理想的な位置にくるし、本体の液晶モニタを見ながら撮影することも多いので問題ありません。一眼レフでも、一眼ムービーを撮るときは基本的にカメラ本体から身体を離して液晶を覗き込みます。でも、スチルで撮るのにこのパン棒の位置や長さは合ってないんですよね。スチルもライブビューで撮れば良いことではありますが、私がこの雲台を使って撮りたい動きモノ(野鳥やスポーツ)は、ライブビューでは AF が遅すぎて使い物になりません。

そこで、

Manfrotto 701HDV

パン棒を前向きに取り付けてみたんですが、パン棒の位置的にはいいけど棒の位置とチルトの支点が微妙にずれていて違和感があるし、

Manfrotto 701HDV

雲台を前後逆に装着してみたら支点の位置は良いけどパン棒のグリップがなんか遠いし、

Manfrotto 701HDV

さらにパン棒を反対向きにしたら棒は短くなったけどやっぱり違和感ありありだし、でどれもうまくない(´д`)。結局、本来の状態にして無理な体勢で使うのが一番マシでした・・・。

とりあえず結論としては、701HDV はビデオ雲台、あるいは一眼ムービー用雲台としてはとてもよくできているけど、スチル用のパン/前後チルト用雲台にはあまり向いていない、というところでしょうか。非常に期待していただけに、残念・・・。

最後に、この雲台の本来の使い方であるカムコーダを載っけてみました。

Manfrotto 701HDV

さすが、カムコーダ用の雲台だけあってベストマッチ。Handycam は HDR-CX520V です。ただ最近のカムコーダは上位機でもかなりコンパクトにまとまっているので、比較的小ぶりな 701HDV でもオーバースペック気味(^^;; 十分すぎるくらい安定感があるので良いんですが、さらに一回り小さいシリーズがあっても良いかも、と思いました。

Manfrotto 701HDV

あまり長時間試したわけではありませんが、カムコーダでの使用感はすこぶる良好。

私が持っている Handycam 用のリモコン三脚(ソニー VCT-D580RM)は、リモコン端子が旧型で今の Handycam では使えないため(リモコンでない単なるビデオ雲台としては普通に使える)そろそろ買い換えようかな、と思っていましたが、この雲台と普通にリモコンを買って三脚は 190CXPRO4、という組み合わせでもいいかも。それくらい、この雲台そのものは気に入りました。ただ我が家のカムコーダ使用頻度を考えるとちょっとコストパフォーマンスが悪いのが、悩みどころ(´д`)。

ということで、私の雲台悩みバナシはもう少し続きます。

Manfrotto / プロフルードミニ雲台 701HDV

B001D2LJ3Q

10017-2969-222416

投稿者 B : 01:07 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (2) | トラックバック

2011/05/26 (Thu.)

Manfrotto 327RC2

14217-2969-222223

箱根ツアーで借用した Manfrotto 製品、雲台は 2 種類借りたうちの一つめはこれでした。

Manfrotto / ジョイスティック雲台 327RC2

Manfrotto 327RC2

だいぶ前から気になっていたジョイスティック雲台。ボール雲台の角度調整機構にジョイスティックを採用したユニークな製品です。
私は 190CXPRO4 での雲台は 804RC2 を使っていますが、3Way 雲台は風景写真など、じっくりアングルを決めて撮るようなシーンには正確なフレーミングができて便利だけど、調整の迅速さという点では正直かなり不利。その点、パンやティルトのしやすさではボール雲台系かビデオ雲台系が有利なので、そういう意味でボール雲台+パン棒的に扱えるこのジョイスティック雲台は試してみたいと思っていました。

Manfrotto 327RC2

カメラとの接続はクイックシュー RC2 経由。基部には水準器もついています。

Manfrotto 327RC2

ボールジョイント部はステンレス製で剛性感があります。ボールの直径も大きいので、安定感と微調整のしやすさを兼ね備えています。耐荷重 5.5kg は伊達じゃない。
これでもステンレスボールの内側は空洞になっているので、見た目ほどは重くありません。とはいえ 620g という重さはあります(これでボールが完全に金属だったら 1kg 近く行っていそうなので、スペックから考えれば軽いとは思います)。

Manfrotto 327RC2

ジョイスティック部。しっかりとしたマグネシウム製のグリップにラバーが貼られ、なかなか握りやすくなっています。ただこのグリップのサイズ自体が欧米サイズなので、私の手にはちょっと余る印象。多くの日本人には一周り小さい 324RC2(こちらはマグではなくて樹脂製)のほうが合うように思います。
で、雲台の角度調整は、このグリップを握り込むとボールが緩み、離すと締まる構造になっているので、グリップを握りながら微調整してやります。一般的なボール雲台だと、ネジでボールを締めたり緩めたりしながら角度を合わせていくので、それに比べると大幅にスピーディ。ジョイスティックのおかげで微調整もやりやすい、と、良いことずくめ。

ちなみに長期間使っているとボールが緩くなってくることがあるようですが、その場合はグリップレバーの付け根あたりにあるネジを締めてやると固めになるようです。

Manfrotto 327RC2

グリップの裏側にはフリクションコントロール用のダイヤルがついていて、これを回すことでボール部の摩擦係数が調整できるようになっており、微調整したいときには締め気味にしてやると細かな調整がしやすくなります。逆に大きく動かしたいときには緩めます。

Manfrotto 327RC2

この製品には Manfrotto のロゴ入りバンドがついていて、説明書によると、長期間使わないときはこれでレバーを巻いておくようにしてください、とのこと。どういう効果があるのか分かりませんが、レバーのバネが伸びた状態にしておくとよろしくない、ということでしょうかね・・・。

Manfrotto 327RC2

カメラを載せてみたところ。レバーは右手用だけでなく左手用にもセットできますし、もちろん縦位置撮影にも対応しています。
上の写真では 50mm をつけていますが、ボールの保持力はかなり高いので、望遠レンズにも余裕で耐えてくれそうです。ちなみに、今までに展示会等で触ってみたときには、レバーを離した状態でも力を入れるとボールの角度が変わってしまうことがあったのが気になっていましたが、実際には(レバーが緩んでさえいなければ)よほど力を入れないと勝手にカメラが傾いたりすることはありませんでした。なので、ボール雲台としては信用して良い品質を持っていると思います。

Manfrotto 327RC2

※注:本製品はトランシーバーとしては使用できません(ぉ。

この雲台、実際に使ってみたら非常に扱いやすかったので、俄然気に入ってしまいました。問題はそこそこ良い値段がする(実売¥20,000 前後)ので、簡単には手が出ないところでしょうか。超望遠レンズさえ使わないなら下位機種の 324RC2 でも良いんですが、これまた微妙な価格差。悩みます・・・でも、レンズに半端なお金を使うくらいなら、撮る被写体にもよるけど三脚と雲台にコストをかけたほうが良い写真が撮れることも少なくないと思うので、もうちょっと思案してみよう。

Manfrotto / ジョイスティック雲台 327RC2

B003CRH1P0

14217-2969-222223

投稿者 B : 00:27 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2011/05/25 (Wed.)

Manfrotto 055CXPRO4

14216-2969-222059

先日の箱根ツアーで試用させていただいた Manfrotto 製品のレビューをアップしていきます。まずはメインの三脚、今回はこれを借用しました。

Manfrotto / カーボンファイバー三脚 055CXPRO4

Manfrotto 055CXPRO4

私が現在愛用している三脚は同社の 190CXPRO4。購入時にはこの 055CXPRO4 も検討したものの、主に価格的理由で 190 で折り合いをつけた経緯があるので、機会があれば 055 と比較してみたいとは思っていました。

基本的にはどちらもカーボン三脚で、055 のほうがより上位モデルという位置づけになります。

Manfrotto 055CXPRO4

Manfrotto のカーボン三脚の特徴でもあるカーボン目。いわゆる「カーボン目」らしい編み目のあるものではなく、UD(ユニディレクション)カーボンを採用しているので、ソリッドな印象を受けます。また UD カーボンといっても繊維目には若干の表情をつけてあるのは、イタリアンデザインならではのこだわりでしょうか。

ええこのカーボン目だけでご飯三杯イケますが何か(ぉ。

Manfrotto 055CXPRO4

三本の脚を支え、雲台を受ける基部はマグネシウム製。Manfrotto のエンブレムが入った楕円形のパーツにも、ちゃんと意味があります(後述)。
脚の付け根についているグレーのボタンを押すと通常よりも広く開脚し、低い姿勢を取ることができるようになります。

Manfrotto 055CXPRO4

脚の固定はレバー式。ナット式に比べるとレバー式は並んでいるレバーをまとめて外すだけで一気に伸ばせるのがメリットで、私はこちらのほうが好みです。レバー式のほうが長く使っているうちに締め具が緩みやすいのは欠点ですが、055/190 シリーズでは締め具にネジが添えられていて、これを締めると緩みが改善されるようになっています。
このあたりは基本的に 055 シリーズと 190 シリーズでは共通で、機能的には同等だけどサイズが違うという作り方になっているようです。

Manfrotto 055CXPRO4

撮影用にセッティングした状態がこちら。身長 180cm の私でも、雲台をセットした状態であればセンターポールを伸ばさなくてもちょうど良いくらいの高さがあります。

Manfrotto 055CXPRO4

センターポールと言えば、隠されているギミックがひとつ。ポール下端についているこのボタンを押しながらセンターポールを上限以上に上げると、センターポールを倒すことができ、

Manfrotto 055CXPRO4

こういう状態で、ローアングル撮影用の三脚としてつかうことができます。
低位置からのアオリ撮影にも使えますが、上の写真のように「芝生や苔など、三脚を立てられないところの外側に三脚を立ててカメラだけ寄せる」ということも可能。これはマクロ撮影が多い人にはかなり重宝するんじゃないでしょうか?

かくいう私は、同じ機能を持つ 190CXPRO4 を持っていながら、いままで使ったことがなかったわけですが(ぉ。

Manfrotto 055CXPRO4

そういえば私が以前 190CXPRO4 用に買った 102 ロングストラップ。三脚の基部と脚先を結んで使うととてもバランスが悪いと思っていたのですが、おそらくこっちの使い方が正解だろうと思われるセット方法を見つけました。ストラップをリング状にして締めるのは脚先のほうではなく、脚の真ん中よりも上のほう。こうやって肩からぶら下げれば、重量バランスが変になることもなく、安定して担げます。

Manfrotto 055CXPRO4

続いて私が愛用している 190CXPRO4 との比較を。

並べてみるとデザイン的には全く共通で、単なるサイズ違いだということがよく分かります。本当に兄弟モデルといった雰囲気。

Manfrotto 055CXPRO4

でも、脚の太さが一回り違います。こちらは 1 段目(最も太いパイプ)。

Manfrotto 055CXPRO4

んで、こっちは 4 段目(最も細いパイプ)。もう明らかに太さが違っていて・・・というより、190 の 1 段目が 055 の 2 段目と、190 の 2 段目が 055 の 3 段目と、190 の 3 段目が 055 の 4 段目と同じ太さ。つまり、190 は 055 に比べて全ての段で一周りずつ細くなっているというわけです。

Manfrotto 055CXPRO4

脚を伸ばしきった状態で比較すると、明らかに 055CXPRO4 のほうが安心感のある太さをしています(´д`)。この状態で雲台のあたりを持って三脚を揺さぶってみると、190 のほうは脚がちょっとたわむ感じがするのに対して、055 はさすがにそんな印象はほぼありません。
まあ 190CXPRO4 もスペック上は耐荷重 5kg を謳っていますし、たいていのカメラとレンズの組み合わせには対応できる(例えば EOS 7D+バッテリグリップ+シグマ 50-500OS の組み合わせでも 3.3kg 程度)ので 190 がダメというわけではありませんが、カメラ自体のミラーショックによる振動でさえ少しでも抑えたいような用途では、055 のほうが信頼はできるのではないでしょうか。
あるいは同じ 190CX でも 3 段式のにすれば最終段はそこまで細くなりませんし、多少重くなるのを覚悟で 190 のアルミバージョンを使うという選択肢もありだと思います。カーボンは折れたり切れたりしにくいですが、しなりがある素材なので振動はけっこう拾いやすいんですよね。

あと話題はちょっと変わりますが、今回の箱根ツアーで他の方が試用していた機材で心にとまったのがこれ。

Manfrotto 190CXPRO4B

「190CXPRO4B」という型番で、190CXPRO4 と同仕様ながら一部パーツをブラウンに変更したカラーバリエーションモデル。まだ日本では未発表のものらしく、国内でのお披露目ももしかしたらこれが初!?という非常に珍しい機会に恵まれたわけですが、近いうちに正式発表予定とのこと。少し前にあったαのブラウンモデルとベストマッチ的な色合いですが、最近増えているミラーレスの赤系カラバリと組み合わせても良さそうですし、普通に一眼レフの中級機と組み合わせても機材の物々しさを緩和してくれそうで、よさげです。というか、私も 190CXPRO4 をまだ買っていなければこの色を購入候補の筆頭にしていたと思います。そのくらい良い色なので、期待大。

話を 055CXPRO4 との比較に戻すと、自重 1.34kg・耐荷重 5kg の 190CXPRO4 に対して 055CXPRO4 は自重 1.7kg、耐荷重 8kg なのでやはり 1 グレード違うモデルです。持ってみると 350g の違いは体感できるレベルですし、長さや太さといった点では持ち運びやすさにも違いがあります。伸ばしたときの安定感は明らかに 055 のほうが上ですが、重い三脚はそれだけで稼動率が下がってしまうので、私の用途にはやはり 190CXPRO4 で必要十分だったな、ということを確認しました。まあクルマを持っていて休日の撮影は主にクルマで郊外へ・・・みたいなライフスタイルだったら 055 でも問題ないんでしょうが、箱根まで電車で行ってさらに現地で歩き回る・・・みたいな使い方には正直向いてないことは、よく分かりました(汗。
でも 055CXPRO4 の良さはそれはそれでよく理解できたので、両方揃えて用途によって使い分ける・・・みたいな贅沢がしてみたくもありますね(笑。

Manfrotto / 055CXPRO4 カーボンファイバー三脚

B001GIPR62

14216-2969-222059

投稿者 B : 00:55 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2011/05/22 (Sun.)

Manfrotto Lino プロ用メッセンジャーバッグ

デジタル家電の商品レビュー系ソーシャルブックマークサービス「みんぽす」から、レビューイベント用として Manfrotto 社の撮影用品をいくつかお借りしました。まずはトップバッターとして、同社の新ライン「Lino」のカメラバッグをご紹介します。

14231-2969-221483

Manfrotto / Lino プロ用メッセンジャーバッグ 5 型 MB LM050-5BB

Manfrotto LM050-5BB

お借りしたのは「プロ用メッセンジャーバッグ」という位置づけの「LM050-5BB」。見てのとおりデカいです。ゴツいです。私は今までカメラバッグといえばカジュアル系のものばかり買ってきたので、いかにもプロカメラマンが使っていそうな風貌のカメラバッグは新鮮。ただ、撮影スキルを考えるとバッグに負けそうで、ちょっとビビります(^^;;

ちなみに Manfrotto は私も三脚や一脚をほぼ同社製品で揃えていますが、出会いはもう 10 年以上前。学生時代に映像関係のアルバイトをしていた会社で使っていた三脚やライティングアクセサリが Manfrotto だったので、それ以来強い信頼を寄せています。自宅にホームシアターを導入した際も、賃貸ゆえ壁や天井に加工できなかったので、Manfrotto のオートポールを使って、プロジェクタやスクリーンを天吊りしていました。
Manfrotto の製品はプロ仕様なので信頼性が高いのはもちろんですが、無骨になりがちな撮影機材において、イタリアらしいデザインが取り入れられていて所有する満足度が高いのも、気に入っているポイントのひとつです。

Manfrotto LM050-5BB

私が仕事で使っている BRIEFING の SL LINER と比較してみました。投影面積はほぼ同じ。マチは BRIEFING が 10cm、Manfrotto が 18cm なので寸法上は 2 倍も違わないことになりますが、BRIEFING のほうはくさび形でそれほど容積があるわけではないので、収納できる容量的は Manfrotto のほうが 3 倍くらいあると思います。
縦横が一般的なビジネスバッグと同等のサイズなので、電車の中で膝の上に置いてもさほど邪魔にはならないサイズ。デザインもカメラバッグというよりはビジネスバッグ風で、何かの事情で一眼レフを持って会社に行かなくてはならないとき(仕事帰りに Real-G を撮影しに行かないと死んじゃう!みたいなときとか)でも、さほど違和感なく持って行けるんじゃないでしょうか。あれ今日出張?くらいは聞かれるかもしれませんが(笑。

Manfrotto LM050-5BB

素材は本革×ナイロンのコンビ。質感と耐久性を兼ね備えています。

本当はカタログ写真だけを見ていたときにはおっさんくさい雰囲気だったらどうしよう、と思っていたんですが(CP+ ではこれの実物をちゃんと見ていなかったので)、これならぜんぜん OK です。細かいところの縫製もしっかりしているし、かなりの好印象。好みが分かれるとすればフラップ部に施されているマンフロットのシンボルマーク(三脚のアイコン)をあしらった革パーツくらいかと思います。

Manfrotto LM050-5BB

ファスナーは全て止水ジッパー使用という、手のかけよう。一部のファスナーのツマミの部分には、マンフロットのマークが入っています。「プロ用」を謳っているだけあって、手を抜いているところがない印象。

Manfrotto LM050-5BB

カメラを収納するメインコンパートメントは、かぶせ式の上蓋に二重ファスナー、さらに上蓋の合わせ目の上に革製のカバーが掛かるという、手の込んだつくり。かつ、二重ファスナーはストラップで繋がっており、おもむろにストラップを掴んで引けば一気に開くという、使い勝手も備えています。
機材の出し入れのスムーズさはカメラバッグの生命線のひとつなので、ここ重要。シングルファスナーのカメラバッグは開閉はラクだけど開口が狭いので出し入れしにくく、フラップ式のものは開口は広いけど跳ね上げたフラップが邪魔になる、というように一長一短なわけですが、この二重ファスナー式はすごく使いやすい。

Manfrotto LM050-5BB

上蓋を開いたら、中はベルクロ式のセパレータで三つに間仕切りされていました。内装がライトグレーやレッドなので視認性が良く、荷物を探しやすいカラーリングになっています。

中に入っている謎の赤い物体については後ほど(ぉ

Manfrotto LM050-5BB

メインコンパートメントは深さがかなりあって、EF70-200mm F4L(レンズフードは逆向きにセット)を装着した EOS 7D が縦に入ってしまうほどの余裕があります。7D にはバッテリグリップを装着してもギリギリ入る感じですが、バッグが少し型崩れしてしまうので、バッテリグリップ常用派や EOS-1D 系ユーザーならばもう一回り大きい「LM050-7BB」のほうがいいかも。

両脇のスペースには、シグマの 17-70mm や EF-S10-22mm など標準的なサイズのズームレンズを入れていますが、深さ方向にはまだ半分も使っておらず、ぜんぜん余裕。

で、このメッセンジャーバッグにはこの深さを活かすギミックが隠されています。

Manfrotto LM050-5BB

間仕切りの脇に赤い取っ手がついていて、これを引っ張ると、

Manfrotto LM050-5BB

ニョキッ、と赤い間仕切りが枝分かれして伸びてきます。

Manfrotto LM050-5BB

で、この赤い間仕切りをパタンと倒すと、この空間を縦方向に二分割できるというわけ。
これで、望遠でないレンズならばさらに 2 本、あるいはクリップオンストロボやサブとなるボディくらいなら入れてしまえます。

このギミックはかなり気に入りました。カメラバッグに隙間があればついレンズを一本多めに入れてしまう性分(でもクッションが足りないのでラッピングクロスとかでくるんで入れる)の私としては、とても助かる。

Manfrotto LM050-5BB

んで、さっきも出てきたこの謎の赤いバナナ状の物体は、抱き枕でも旅行用のネックピローでも Manfrotto のマスコット「マンフ郎」でもなく(←最後のは適当に言いましたごめんなさい)、バッグの中でレンズの隙間を埋めるためのクッションだそうです。表面の一部にベルクロがついていてバッグの裏地に固定し、移動中のレンズがガタつくのを抑える効果があります。

Manfrotto LM050-5BB

背面側のサブコンパートメントは主にノート PC の収納を想定しているようで、13.1inch な VAIO Z くらいなら、AC アダプタやマウスまで含めても余裕で入ります。厚みにもよるけど 15inch くらいのノートでもいけるんじゃないでしょうか(MacBook Pro なら 17inch でもでいけるようです)。一眼レフと一緒に持ち歩くノート PC というと(写真編集用途とすると)そこそこサイズがあって高性能なものになりがちなので、このくらいのサイズまで対応していれば、大抵の PC なら持ち歩けるでしょう。

Manfrotto LM050-5BB

正面側のフラップを開けたところにはマチの薄めなポケットがあります。iPad くらいなら何とか入るくらいのスペースではありますが、ここに iPad を入れるのはさすがにあまり現実的ではないかな(^^;; ワイド画面で高さの低い Android 系のタブレットなら入れられるとは思いますが、ここは撮影に必要な書類とか地図、ガイドブックの類を入れておくのが良いと思います。

Manfrotto LM050-5BB

ポケットの上についているファスナーを開くと、細かく間仕切りされた小物入れが出てきます。予備バッテリやメモリーカードを入れておくのによさそうですが、中央のメッシュポケットには「POCKET」のロゴが入っているとおり、同社の POCKET 三脚を入れてください、というのが Manfrotto のメッセージのようです。

Manfrotto LM050-5BB

前面下側には密かにベルトループが 2 箇所用意されており、付属のベルトで三脚や一脚を固定することができます(写真はカーボンファイバー三脚 190CXPRO4。ただ、この状態だとフラップがちゃんと閉まらなくて歩きにくいので(フラップはマグネットで留まるようになっている)、こうやって持ち歩くならせめて雲台を外すか、取り付けるのは一脚にしておいたほうが良いような気がします。

Manfrotto LM050-5BB

バッグの上面にも一応スペースがあるので、メーカー推奨ではありませんが三脚はこうやって持った方が良いかもしれませんね(三脚は取っ手にベルトで固定しました)。重量バランス的にもこっちのほうが安定する感じ。

Manfrotto LM050-5BB

側面。ショルダーストラップの取付部には、幅があってしっかりした金具にも細かく Manfrotto のエンブレムがあしらわれています。
金具の下にはレザーで補強されたハンドルがあり、ここにコンデジとかレンズキャップホルダーとか GPS ユニットとかをぶら下げておけます。

Manfrotto LM050-5BB

これがショルダーストラップ。幅広で比較的負担の少なそうなショルダーパッドに加えて、ストラップの途中からはチェストストラップが分岐しています。さすがにこの容積のカメラバッグとなると肩掛けだけではかなりの重みになるので、肩だけではなく胸(脇)でも支えられると負担は随分軽減されそう。このあたりは実際に使ってみないと分からないところではあるので、一日使ってみて評価したいと思います。

Manfrotto LM050-5BB

底面には底当てが 4 箇所に。革製ですが、中に何か固形物(金属?樹脂?)が仕込まれているのか、けっこうカッチリしています。これなら安定して自立してくれそうですね。

Manfrotto LM050-5BB

Manfrotto マーク入りのレインカバーも付属しているので、雨が降っても大丈夫。こういうところまで含め、プロの業務使用を本当に考えて作り込まれたバッグです。このバッグを買うなら自分も相応のタフな身体を作らなくては、と思わされます(^^;;

このカメラバッグ、今回の貸出があるまでほぼノーマークでしたが、実物を見て一発で気に入ってしまいました。実は最近カメラバッグ兼 2 泊程度までの出張バッグとしてシンクタンクフォトのアーバンディスガイズを狙っていましたが、いろんなとかぶるので、買うならこっちにしようかなー。

カメラバッグを購入前に試用できる機会なんてあまりないと思うので、しっかり試させてもらいたいと思います。ということで、これから箱根まで、日帰りの撮影旅行に行ってきまーす!

Manfrotto / Lino プロ用メッセンジャーバッグ 5 型 MB LM050-5BB

B004Q3753C

14231-2969-221483

投稿者 B : 07:00 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (3) | トラックバック

2011/05/19 (Thu.)

Canon RS-80N3

今週末の撮影旅行(日帰りですけどね)に向けて、ニューアイテムをひとつ用意しました。

キヤノン / リモートスイッチ RS-80N3

Canon RS-80N3

今度の旅行は三脚撮影が主体になるのでリモートレリーズを。リモートレリーズはα用の RM-S1AM は持っていたんですが、EOS 用は未所持でした。まあ近々超望遠レンズを買うので(←願望(ぉ)、いずれ買うつもりではいましたが、この際。

Canon RS-80N3

形状としてはまあ普通。でも、ケーブルやコネクタがシッカリカッチリしているのはやっぱりキヤノンだなー、と感じます。単なるリモートレリーズではありますが、れっきとした MADE IN JAPAN。

ちなみにケーブル長は約 80cm で、通常の三脚での使用を考えるとちょっと長め。でもあまりに短いとちょっと特殊なシチュエーションになっただけですぐ対応できなくなるので、そういう意味ではまあちょうどいい長さかな。

Canon RS-80N3

レリーズボタンとしては当然半押し(AF/AE ロック)に対応しています。また、全押し状態でボタンをスライドさせるとレリーズロックされるので、長時間露光も可能。

クマデジタルさんもレビューされているとおり、このリモートレリーズはプラスチックの質感丸出しで正直安っぽいですが、何も考えられていない羊羹型の RM-S1AM よりはマシな造りかなと。

Canon RS-80N3

RM-S1AM のほうは細い上に握りやすさを考慮した形状になっていないので、使用感はイマイチ。ケーブルも妙に細くてちょっと不安になるんですよね。その点、RS-80N3 は無骨ながら基本をきっちり押さえた設計になっていて、好感が持てます。ただ個人的にはケーブルは RM-S1AM のように下から生えてるほうが好みかなあ。

リモートレリーズは屋外での望遠撮影だけでなく屋内でのマクロ撮影時にも役に立つので、活用してやろうと思います。

投稿者 B : 22:38 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2011/05/02 (Mon.)

CONTAX UV MC Filter

マップカメラで CONTAX のフィルタを買ってきました。

CONTAX / 46mm UV MC Filter

CONTAX UV MC Filter

CONTAX G レンズ用のフィルタです。1A(スカイライト)フィルタは 2 枚持っているんですが、今手持ちのレンズが 3 本になったので、足りなくなってしまい。常用フィルタとしては 1A よりも UV のほうが一般的なので、UV を探していました(が、意外と置いてなくて)。

CONTAX UV MC Filter

1A フィルタと比較・・・といっても外枠はほぼ同じなので、パッと見では見分けがつきません。よく見ると 1A のほうがガラスが赤みがかっているのが分かりますが、実写ではほぼ気にならない範囲。まあデジタルならこのくらいの色味は簡単に補正できちゃいますしね。

CONTAX UV MC Filter

レンズにつけてみました。まあフィルタ外周の刻印以外は 1A と違いませんが(^^;;。手持ちの CONTAX G レンズ群の中ではやっぱり Planar 45mm の出番が最も多いので、Planar にこの UV フィルタをつけて、Biogon と Sonnar には 1A をつけるようにしようと思います。

そろそろレンズフードとかぶせ式キャップも揃えてやろうかな・・・と思っているのですが、これらも全部揃えるとけっこう良い値段になってしまうので、微妙に躊躇してしまうところ。半端な金額を出すくらいなら、CONTAX G レンズで NEX に(実用的なレベルで)使える最後の一本、Planar 35mm を買いたい気もしますし・・・。
でもその前に NEX の新型や純正レンズの噂も出てきているので、これからまた悩ましい季節になりそうです。

投稿者 B : 21:46 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/04/14 (Thu.)

Eye-Fi Mobile X2

Eye-Fi、スマートフォンに直接画像転送できる「Eye-Fi Mobile X2」を5月に国内発売 - デジカメWatch

デジタルカメラを強引に Wi-Fi 対応にしてしまう Eye-Fi に新型が登場。今度のはスマートフォンに画像を転送できる機能がついているようです。

今まで Eye-Fi には興味があったものの、RAW(+JPEG)で撮ることが多いので結局 PC に接続して転送したほうが早かったり、撮った写真を全部写真共有サービスにアップされてもそれはそれで困ったり、という理由で今まではずっと見送ってきました。でも今回の Eye-Fi Mobile X2 ならいったんスマートフォンに送って、スマートフォン上で取捨選択してアップできるということですよね。これなら一手間は増えるものの、私の使い方には合っていそうです。
Twitter で写真付きツイートする際にも iPhone のカメラじゃ物足りない、というシチュエーションがたまにあるんですよね。私の場合、どちらかというと写真を自動的に共有サービスにアップするというより Twitter 強化ツールという使い方になりそうですが、コンセプトを見る限りではけっこう気に入った。

これは様子を見ていずれ買ってみようと思います。

投稿者 B : 00:12 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/04/04 (Mon.)

Carl Zeiss ブランドの UV フィルタを買ってみた

先日発売になったツァイスの UV フィルタを買ってみました。

Carl Zeiss / T* UV Filter Φ58mm

Carl Zeiss T* UV Filter Φ58mm

ツァイスブランドのフィルタはソニーからも出ていますが、こちらはコシナ製。コシナのツァイスレンズに合わせて発売されたものです。パッケージもコシナツァイスのレンズと同様の意匠になっています。

Carl Zeiss T* UV Filter Φ58mm

パッケージを開けると出てくるのがフィルタケース。見るからにコストかかってます。通常、フィルタケース(パッケージを兼ねている)って買ったらすぐに捨ててしまうものなんですが、これはちょっと捨てるのもったいないなあ。

Carl Zeiss T* UV Filter Φ58mm

で、思い出したのがソニーのフィルタのケース。デザインがよく似てるんですよ。もしかして同じものだったりする?と思ったんですが、実際に並べてみるとかなり似てはいるものの、別モノでした。まあどちらもレンズフィルタとしては最も高価い部類(あと国内メーカーではケンコーの Zeta シリーズくらいでしょうか)なので、こういうところにも手を抜いていないのは、高価いものを買ったという満足感を高めてくれます。

Carl Zeiss T* UV Filter Φ58mm

フィルタ本体。「Carl Zeiss T*」の刻印が誇らしげ。

まあ、ほぼ無色透明なフィルタなので、刻印がなければ¥1,000 くらいのフィルタと見分けがつかないのも事実ですが(´д`)。

Carl Zeiss T* UV Filter Φ58mm

フィルタの外周にはほかに「UV Filter Φ58mm」と「Made in Japan」の刻印。

Carl Zeiss T* UV Filter Φ58mm

ソニーの MC プロテクタ(62mm)と比べてみました。一見しただけでは全く同じものに見えますが、比べてみるとけっこう違います。フィルタの枠はソニーの方がごく若干ではあるけど薄いですし、枠表面の塗装も微妙に違います。「Carl Zeiss T*」の刻印も、同じフォントを使っているように見えるものの、太さが少し違ったり、「*」の大きさも少し違うような。

もしかしたらどちらかがどちらかの OEM だったり、製造元が同じだったりするのかな?と思っていましたが、別々に製造しているようです。

Carl Zeiss T* UV Filter Φ58mm

ということで、Planar 50mm F1.4 ZS に装着してみました。やっぱりツァイスレンズにはツァイスのフィルタですね。まあ、普段はレンズフードをつけているので、外観からは全く違いが分からない上に、写りも今まで使っていた L37 Super PRO との違いが分からないのですが(笑。

私はレンズフィルタはαのツァイス・G レンズにはソニーのツァイスフィルタ、それ以外はケンコーの Super PRO シリーズ(良いレンズ用)か PRO1D(普及クラスのレンズ用)という感じでほぼ決めているんですが、今後はちょっと気合いの入ったレンズを買ったときにはこのフィルタも選択肢に入れようかと思います。まあ、最近あまり高いレンズ買えてないんですが(´д`)。

投稿者 B : 00:58 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/04/02 (Sat.)

Carl Zeiss CP.2-NEX マウントアダプタが 6 月に登場

Carl Zeiss CP.2 primes for E-mount to be available from June: Digital Photography Review

dpreview.com に掲載されていたニュース。ツァイスの CP.2 レンズ群向け NEX マウントアダプタおよび m4/3 マウントアダプタが 6 月に登場するようです。2 月の CP+ で参考出品されていたものが正式にアナウンスされた格好です。

CP.2 レンズは動画撮影、中でも映画を意識した超高級レンズで 1 本 40 万コースなのでいくらなんでも手が出ませんが(;´Д`)ヾ、我々のような素人ではなく E マウントの NXCAM カムコーダ「NEX-FS100J」などでの使用を想定したものでしょう。このレンズを使ってどんな動画が撮れるのか非常に気になるところではあります。

E マウントの仕様開示後の動きは着々と形になり始めているようで、ということで次はシグマさんカモン!

投稿者 B : 22:51 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/03/31 (Thu.)

Manfrotto COMPACT 一脚 MMC3-01

一脚を買いました。

Manfrotto / COMPACT 一脚 MMC3-01

Manfrotto MMC3-01

CP+ で見かけて買おうと思っていたものですが、ようやく出回り始めたので。ただ、取り扱っているお店があまり多くないようで、新宿西口のヨドバシ本店(カメラ館)に行ってようやく見つけました。

Manfrotto MMC3-01

一脚はすでに同じ Manfrotto の 679B を持っていますが、3 段式で縮長が長く、それなりに気合いが入っているとき以外は持ち出すのが億劫なので、もっとコンパクトなのが欲しいと思っていました。この MMC3 は「COMPACT 一脚」の名前のとおり、非常にコンパクトで軽いのが気に入りました。

Manfrotto MMC3-01

本体はアルミ製で非常に軽いです。MADE IN CHINA ということもあってかかなり安く(¥2,500 くらいで買えた)、でも精度が低いという印象は特になし。

Manfrotto MMC3-01

アルミパイプは円柱ではなく楕円柱状になっています。軽さからして肉薄のアルミを浸かっていると思われるのにそこそこの剛性が感じられるのは、この形状のおかげかもしれません。

Manfrotto MMC3-01

679B と比べるとこんなにコンパクト。679B が縮長 64cm・最大伸長 156cm・重量 600g なのに対して、MMC3-01 は縮長 39cm・最大伸長 145cm・重量 300g なので、ずいぶん違います。これだけコンパクトだけど 4 段式なので伸長が 679B と大差ないところまで伸びるので、使い勝手は良いです。
ただ、さすがに細いので耐荷重が全然違い、679B の 10kg に対して MMC3-01 は 1.5kg まで。例えばシグマの 50-500OS(1,970g)ではレンズ単体すら乗りません(笑。エントリークラスの一眼レフか中級機でも標準系レンズまででギリギリ、基本的にはコンデジかミラーレス機で使うための一脚、といったところでしょうか(逆に 679B ならフルサイズ機+サンニッパとかでも余裕でいける)。

この一脚ならカメラバッグのスキマに刺していけるので、492 あたりのコンパクトな雲台と組み合わせて、一脚を持って行こうかどうしようか、というときでも迷わずに携行できそう。NEX での写真散歩に活用しようと思います。

投稿者 B : 23:01 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/03/16 (Wed.)

ソニーの Class 10 SDHC カードを買ってみた

久しぶりに SD カードを買い増しました。

ソニー / SDHC メモリーカード Class 10 16GB SF-16NX

SF-16NX

去年発売されたソニーブランドとしては初の Class 10 のカード。NEX-5 ではメモステ PRO-HG Duo HX の 4GB をずっと使ってきましたが、ときどき容量が不足気味になるので、ちょっと大容量のものを、ということで。私は撮影した写真は帰ったらすぐに HDD(NAS)に移すので、16GB もあればまず困ることはないと思います。

CrystalDiskMark を使って同じくソニーの Class 4 のカード、ちょっと古いですが SanDisk の Ultra II SDHC、メモステ PRO-HG Duo HX とアクセススピードを比較してみました。リーダライタはバッファローの BSCRA38U2 を使用。

メディアSF-16NXSF-8N4Ultra II
SDHC 4GB
MS PRO-HG
Duo HX 4GB
Sequential Read21.591 MB/s17.050 MB/s16.956 MB/s32.717 MB/s
Sequential Write17.744 MB/s9.408 MB/s17.181 MB/s17.248 MB/s
Random Read 512KB19.809 MB/s16.430 MB/s16.433 MB/s30.180 MB/s
Random Write 512KB1.581 MB/s2.146 MB/s3.023 MB/s2.918 MB/s
Random Read 4KB1.740 MB/s3.369 MB/s3.537 MB/s2.370 MB/s
Random Write 4KB0.013 MB/s0.023 MB/s0.029 MB/s0.026 MB/s

うーん、Class 10 という割にはそれほどパフォーマンスが出ていませんね。シーケンシャルリード/ライトともに手持ちの SD カードの中では最速だけど、Ultra II(Class 4)と劇的に違うわけでもないし、ランダムリード/ライト系もあまり芳しい値ではありません。まあ Class 10 だからといって全ての SD カードが規格値いっぱいまで出るわけではないですし、ベンチはあくまでベンチであって実際にカメラで使ったときの連続撮影枚数と必ずしも一致するわけではありませんが、素晴らしいと言える結果とは言えません。
私が主にメモステユーザーだから言うわけではありませんが、逆にメモステ HX のパフォーマンスの高さが際立ってますね。αでは最近メモステ・SD 両対応スロットの機種が主流になりつつありますが、高速連写を多用するような使い方ではメモステに分がありそうです。
まあ私はこのメディアは NEX なりいずれ買うであろう Cyber-shot HX9V なりで使うつもりなので、この SD カードの性能でも十分ですが。というか、もっと言えば Class 4 でも十分です(ぉ。

でも今度連写用の SD カードを買うときは、やっぱり SanDisk Ultra か Extreme にしよう(´д`)。

投稿者 B : 23:16 | Camera | Camera Accessory | コメント (4) | トラックバック

2011/03/07 (Mon.)

コシナが Carl Zeiss ブランドのレンズフィルタを発売

コシナ、カールツァイスのフィルターとロゴ入りストラップ - デジカメWatch

おっと、これは要チェック。先日の CP+ でストラップのほうは新製品が出ていることに気づいていたんですが、フィルタはノーマークでした。

ツァイスブランドのレンズフィルタはソニーからも発売されていますが、ソニー製のものとは競合するもの・しないものがあるようです。

軽くまとめてみました。


ソニーコシナ
フィルタ種別MC-P
ND
C-PL
UV
C-PL
49mm
55mm
58mm
62mm
67mm
72mm
77mm
82mm

ソニー製がどちらかというと小径寄り、コシナ製がどちらかというと大径寄りのラインアップになっています。ソニーはツァイスレンズに限らずソニー製のαレンズ全てを対象にしているのに対して、コシナは自社製の一眼レフ用ツァイスレンズ(ZE/ZF/ZF.2/ZK/ZS)と ZM レンズの一部を対象にしているのがラインアップの違いでしょうね。個人的には Planar 50mm ZS をはじめとして 58mm 径のレンズを何本か持っているので、これに T* コーティングが施されたフィルタを使えるというのが嬉しい。

サーキュラー PL フィルタは両社から出ていますが、MC プロテクタ・ND・UV は直接競合せず。とはいえデジタル用としては MC プロテクタと UV はほぼ同じと考えて良いので、ND フィルタ以外は自分のレンズに合う径のものがあるかどうか、と、(同径で二つある場合は)ソニーロゴがあるほうが嬉しいかどうか(ぉ)で選べば良いと思います。

発売されたら私はとりあえず P50 用に一枚買ってみるつもりです。量販店ではケンコーやマルミが幅をきかせているので取り扱いがあるかどうか分かりませんが、少なくともフジヤカメラかマップカメラには置いてあるでしょう。

ソニー / VF-MPAMicon

iconicon

投稿者 B : 23:04 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/02/16 (Wed.)

NEX 16mm パンケーキレンズ用(?)ケース

先日購入した NEX のパンケーキレンズ用ドームフードですが、スタイリングは気に入っているものの、厚みが増してしまってハクバのスエードポーチ(SS サイズ)にレンズが入らなくなってしまいました・・・。

仕方がないので、こんなものを取り寄せてみました。

VCL-ECF1 ケース

パンケーキレンズ用フィッシュアイコンバータ VCL-ECF1 に付属のキャリングケースです。私はフィッシュアイコンバータを買っていませんが、ケースだけ保守部品を取り寄せました。
このケースをパンケーキレンズ用に使っている人は意外といるようですが、パンケーキレンズ用としてはマチが少々大きすぎて、中でレンズがカタカタしてしまうので、今まではスルーしていました。でもドームフードをつけた状態なら、ほぼジャストサイズ(これでも少し遊びがありますが)。

VCL-ECF1 ケース

内側は起毛素材でできていて、レンズが傷つきにくいようになっています。内部でファスナーとレンズが触れて傷つかないよう返しがついていたり、手が込んだ作りになっています。¥2,000 くらいしてしまうのでちょっともったいない気はしましたが、作りを考えれば納得。

年内発売が予告されている E マウントの 30mm マクロもパンケーキレンズとほぼ同サイズっぽいので、レンズが出たらこのケースをもう 1 個買おうかな(^^;;

投稿者 B : 00:16 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/02/13 (Sun.)

CP+ 2011 レポート (4) -リコー・KIPON・Manfrotto 編

CP+ レポート、最後は個人的に注目度が高かったものを中心にお届けします。

CP+

まずはリコーブース。新製品としてはコンデジの CX5 くらいしかありませんでしたが、GXR の M マウントユニットが参考展示されていました。
発売は今秋を予定とのこと。

CP+

ユニットに装着されていたのはライカの ELMARIT-M 28mm F2.8。まあ M マウントならライカレンズ使いたいですよね。でも個人的にはリコーに期待しているのはカメラ部分ではなくレンズ部分なので、GXR の M マウントユニットよりも GR LENS の M・NEX・マイクロフォーサーズマウント版を出してほしい。

とか思っていたら、

CP+

そんな私のココロを見透かしていたかのように、往年のライカ L マウント版 GR LENS 28mm F2.8・21mm F3.5 が並べて展示してありました(笑。そうだ、これに L-M マウントアダプタをつければ GXR で GR LENS が使えてしまうではありませんか!
あくまで想像ですが、これはもしかして今後 GR LENS の M マウント版を出すつもりがある、という意思表示だったりするのかもしれません。もし本当に出た暁にはマウントアダプタで NEX につけてみたいぞこれは。

CP+

こちらはこぢんまりとしたブースを出していた中国の KIPON。私が絶賛愛用中の CONTAX G-NEX マウントアダプタの発売元です。まさか CP+ に出店しているとは思わなかったので、発見したときはちょっと驚きました。
しかもブースには CEO の Ivan Zhang 氏と思われる人物(見切れちゃってますが、写真の左端に一部写っている方)が立っていました。Zhang 氏、想像以上に若くて流暢な日本語を話す、インテリジェントな印象の方でした。年齢的にはもしかして私と大差ないくらいなんじゃないですかね・・・。

CP+

ブースには NEX・m4/3 を中心にたくさんのマウントアダプタが展示されていました。これはキヤノン FD-NEX マウントアダプタの赤バージョン。NEX-3 のレッドに似合いそうですが、NEX-3 のレッドでマウントアダプタ遊びをする人口自体が少なそう(笑。
個人的には CONTAX G-NEX アダプタのシャンパンゴールドバージョンを出してほしい。

CP+

こちらは Y/C-NEX のティルトアダプタ。現物を見るのは初めてです。ティルトシフトレンズって興味はあってもなかなか買えるものじゃないですが、手持ちの一眼レフ用レンズとミラーレスカメラを使ってティルトレンズ化できるこのアダプタは面白い。iPhone のカメラアプリで疑似ティルトシフトも良いけど、こういう遊びも良いですよね。

CP+

で、これがぜひ現物を見たかった絞り羽根つき EF-NEX マウントアダプタ。EOS-NEX "A" と刻印があるのが、絞りつきの証です。

CP+

絞り羽根は 14 枚の円形絞り。絞っていってもきれいな円形を保ってくれるのが素晴らしい。ちなみに絞りリングはクリック感の全くない、完全無段リングです。回してみた感触は非常に滑らかで気持ちいい。

CP+

試しに装着してみました。このアダプタは EF レンズのみ対応で EF-S レンズには非対応なのですが、持っていたレンズがシグマの初代 17-70mm DC MACRO(EF-S マウント相当)のみだったのですが、装着は一応できました。

CP+

試写してみた画像がこれ。アダプタ側の絞り開放でこの状態です。露出がオカシイのはご愛敬として(ぉ)、開放では普通に撮れます。周辺光量が落ちて見えるのは、アダプタのせいというよりもこのレンズのワイド端のクセです(笑。

CP+

マウントアダプタ側の絞りを「6」まで絞ってみたところ。絞り羽根がレンズ本来の位置にないため、これで F 値がいくつ、というのは正確には分かりません。
確かに被写界深度は深くなっていますが、周辺光量落ちが激しいですね。トイカメラ風にも見えるので、使いようによっては面白いでしょうが・・・。

CP+

絞りを最小にしてみたところ。完全にケラレてしまっています。デジカメ Watch の紹介記事にもあるとおり、このアダプタはレンズとの相性がかなりあるようで、活用できるシーンは限られそう。Zhang 氏によると、やはり最も推奨は EF50mm F1.4 USM あたりとのこと。

また Zhang 氏曰く、このアダプタはパナソニックの AG-AF100 のような m4/3 マウントの業務用カムコーダで、EF マウントの幅広いレンズを活用できるように開発したとのこと。そういえばソニーブースでも NEX-VG10+ツァイス CP.2 レンズの組み合わせが展示されていましたが、やはり欧米ではミラーレス系のフォーマットはカムコーダの映像表現を広げるもの、として受け入れられようとしているのかもしれません。

CP+

このほかにこういう見慣れないマウントアダプタも展示されていました。調べてみると、これはどうやら Contax C(京セラではなくドイツ時代の旧 Contax レンジファインダ)-ライカ L39 マウントアダプタのようです。他の KIPON のマウントアダプタはお世辞にもデザイン性に優れているとは言えませんが、こういうクラシカルな雰囲気のものも作れるよう。であれば、多マウント向けにももっとデザイン性と実用性に優れたアダプタも出してほしいですね。

ちなみに KIPON のマウントアダプタの主要な市場は、現在ではアメリカが最大で、中国や欧州がそれに続いているとか。日本は昨年になってようやく焦点工房(ヤフオク・楽天)と近代インターナショナルが国内での取り扱いを始めましたが、日本での需要も拡大しており、今後の成長を見込んでいるとのこと。

最後は Manfrotto ブース。

CP+

今回の CP+ に合わせて同社の三脚・一脚が一斉にモデルチェンジしましたが、私が注目したのはこの一脚。「COMPACT 一脚 MMC3-01」というもので、アルミ製 5 段で非常に軽い(300g)一脚。
私は今同社の 679B を使っていますが、しっかりしていて良いけど長くて重いのでほぼ確実に一脚が必要なときくらいしか持ち出そうという気になれず(´д`)、コンパクトにたためる軽い一脚が欲しいと思っていたところでした。でもこれなら短くたためるのでカメラバッグやリュックについでに突っ込んで行けるし、高さもギリギリだけど足りそうなので、出たら買うつもり。¥3,000 前後と安いのも、サブの一脚としては嬉しいです。

CP+

あと最近個人的に注目しているのがこのジョイスティック雲台。3 ウェイ雲台は精度が出せるけど調整が面倒だし、ボール雲台は扱いやすいけどパン棒が欲しくなることがあるし、かといってビデオ雲台は良いやつはデカいし・・・という私の悩みに最適なソリューションっぽいのがこれ。これなら野鳥撮影にもある程度応えてくれそうです。問題はけっこういい値段がすること(´д`)。良い写真には良い三脚と雲台が必要なのは分かっているんですが、雲台に何万円も出すくらいならレンズ買いたいじゃないですか(;´Д`)ヾ。

CP+

あと、驚いたのが今回 Manfrotto が三脚・雲台以外のカメラアクセサリーを大量にリリースしたこと。上の写真は Stile(スティーレ)というシリーズのカメラバッグ。ナイロン製のカメラバッグですが、カメラバッグに見えないカジュアルなデザインになっています。カラーはブラック、ホワイト、カーキの 3 色。

CP+

フラップを留めるバックルは Manfrotto のエンブレム入りで、メタル製ですよ。こういうそれなりにしっかりした作りながら、数千円~高くても 10,000 円で買える安価なラインアップなのが驚きです。タウンユースやちょっとした写真散歩用のカメラバッグとしてはかなりよさげ。手持ちのいくつかのカメラバッグの中間的なサイズのが 1~2 個欲しいよね、と思っていたところでもあるので、物色してみようかな。

CP+

同じく Stile シリーズにはカメラポーチも用意されています。サイズも何種類かあるので、Cyber-shot HX9V を買ったらケースはこれにしようかな。

CP+

ちょ、なんで三脚メーカーなのに服とか売ってるの!でもこのジャケットのデザイン嫌いじゃないな(ぉ。

その他、Manfrotto ブースについて詳しくはしょういちさんのエントリーをご参照ください(笑。

マンフロット CP+2011 :: SorryFull ::

ということで、今年の CP+ のレポートは以上。現地に行くまでは一眼レフの新製品も少ないし、見るところないかもなーなんて思っていましたが、予想以上に楽しめました。
一昨年くらいまではデジタル一眼レフもかなり完成の域に達してきたし、コンデジはどのメーカーも金太郎飴状態、そこにきて高級コンデジブームが始まって、もしかしてそろそろ停滞~衰退期に入るんじゃないかと危惧していましたが、ミラーレスや透過ミラーのような新機軸、カムコーダとの融合、新しいギミックなど、進化の萌芽が見えるような展示会だったのではないかと思います。PC やクラウドとの連携ソリューション系展示が少なかったのがちょっと残念ではありますが、それ抜きでも十分に面白いイベントだったのではないかと思います。

さー金策だ金策(ぉ

投稿者 B : 00:00 | Camera | Camera Accessory | Compact | DSLR | コメント (2) | トラックバック

2011/02/04 (Fri.)

絞り内蔵 EF-NEX マウントアダプタが登場

絞り羽根付きEOSアダプターの奇跡 - デジカメWatch

噂になっていた絞り内蔵 EF-m4/3 アダプタに加えて絞り内蔵 EF-NEX アダプタがついに製品化。いつもの焦点工房で販売されているようです。

が、やはり予想されていたとおり EF-S レンズには非対応だったり、NEX では一部のレンズでケラレが発生したり、絞り込んでも実際の F 値がそれほど大きくならなかったり(レンズ本来の絞り位置とは違う場所に絞り羽根が仕込まれているので変わって当然ですが)、と制限事項が多い模様。数あるマウントアダプタの中でも特に上級者向けのアダプタと言えそうです。

当然ながら EF レンズは EOS で使うのが最も性能を引き出せるので、EOS ボディを持っているなら無理して NEX で使うことはないと思いますが、私なら去年手に入れた EF100mm F2.8 MACRO なら NEX の MF アシストが活きそうなので、ちょっと興味アリ。でも逆に言えばそれ以外に NEX で使う意味のあるレンズを持っていないので、微妙かなあ。私はあまりトイカメラ風の遊びもしないし・・・。

でもこういうムチャなマウントアダプタが出てくるということ自体が面白いじゃないですか。ティルトアダプタも出てしまった以上、これ以上の変態アダプタ(笑)はもう出てこないかと思いますが、ミラーレスはまだまだアツい。

投稿者 B : 00:43 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2011/01/16 (Sun.)

NEX 16mm パンケーキレンズ用ドームフード

以前から気になっていたレンズフードを購入しました。

ユーエヌ / ドームフード 49mm ブラック キャップ&フィルター付き UNX-5286

UNX-5286

NEX の 16mm パンケーキレンズ専用のドームフードです。このレンズ用のフードは純正では用意されていませんが(レンズ先端にバヨネット式フード用のツメが用意されているので、18-55mm 用の花形フードを装着することは可能)、サードパーティであるユーエヌから発売されました。

UNX-5286

同様のドームフードはエツミからも発売されていますが、作りの良さやフィルタ/キャップ同梱であることを重視してユーエヌ製を選びました。
ちなみに、ドームフードとしては他にもペンタックスのものも使えるようですが、NEX にペンタックスロゴというのもねえ・・・と思い却下(笑。

これだけのために¥4,980 という価格はちょっと考えてしまいますが、日本製で作りのいいメタルフード+MC-UV フィルタ+メタル製キャップ、それぞれ単品で買った場合の価格を考えると、コスト的にはまあこんなもんかとは思います。

UNX-5286

フードはアルミ製で、それなりに厚みのある素材を使っているため、けっこう高級感があります。「49mm JAPAN」の刻印が自信の表れですね。

UNX-5286

同梱のフィルタは 30.5mm の MC-UV フィルタ。素性が不明ですが、ユーエヌの自社製でしょうか。Made in Japan でマルチコートなら信頼しても大丈夫かな(笑。

UNX-5286

このドームフードの良いところは、フード前面の裏側にネジが切られているところ。これにより、フードの内側にレンズフィルタをつけることができ、フィルタ分の厚みが増さないメリットがあります。

UNX-5286

レンズに装着してみました。このパンケーキレンズは鏡筒の太さに対してレンズの直径がかなり小さいため、正面から見るとややチャチく見えてしまうところがありましたが、このフードのおかげで雰囲気が出てきました(笑。 ドームフードをつけるとちょっとクラシックカメラっぽい雰囲気が出てきますね。オールドレンズ好きとしては、かなり好みのスタイルです。

UNX-5286

フードをつけることによるレンズの厚み増はこの程度。もともとそれほど極端に薄いレンズでもないので、まあ許容範囲ですかね。

UNX-5286

同梱のレンズキャップはネジ込み式。キャップもアルミ製で高精度加工されたものなので、付け外しの感触が気持ちいいです。咄嗟に撮りたいときに一手間かかってしまうのがデメリットですが。

16mm ほどの超広角レンズになると光の入射角がかなり大きいため、レンズフード云々以前にレンズ自体の対逆光性能が非常に重要です。つまり、(特にコーティング技術が発達した現代では)レンズフードの効果はそれほど大きくないというか、むしろ見た目の問題(ぉ)だったりするのですが、とりあえず自己満足(笑。


ちなみにこのドームフード、付属の 30.5mm のフィルタではなく 49mm のフィルタを(レンズとフードの間に)装着するとケラレが発生する、ということなので、一応確認してみました。

■ドームフード先端内側に 30.5mm フィルタ装着時

UNX-5286

ユーエヌが保証している使い方。絞り開放(F2.8)でホワイトを撮影してみたところ、若干のビネット(周辺光量落ち)が発生していますが、これはそもそもこのレンズの仕様なので(笑)絞れば解消するものです。

■レンズとドームフードの間にケンコー PRO1D 49mm フィルタ装着時

UNX-5286+PRO1D

で、これがユーエヌ保証外の使い方。同じく絞り開放で、30.5mm フィルタ使用時とほとんど変わらなく見えますが、厳密に比べるとこちらのほうが周辺光量落ちが若干大きくなっています。でも、ケラれるというほどではないので、被写体や構図によっては許容範囲かな、という気はします。ただ、PRO1D は広角対応の薄枠フィルタなので、一般的な厚めのフィルタだとダメかもしれません。
まあ、わざわざ 49mm のフィルタを使うこともないと思いますが、30.5mm って基本的にビデオカメラ用のサイズで入手性があまり良くないので、49mm も緊急用くらいにはなるかも、というところです。

投稿者 B : 00:16 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/12/17 (Fri.)

mini HDMI ケーブルを購入

気がつけば、私が現在メインで使っている撮影機材のほとんどに、mini HDMI コネクタが搭載されているんですね。

Handycam(HDR-CX520V)にも、

mini HDMI

ミラーレス(NEX-5)とコンデジ(PowerShot S90)にも、

mini HDMI

デジタル一眼レフ(EOS 7D とα700)にも、

mini HDMI

mini HDMI がついています。

私は、撮ったものはすぐに PC 経由で NAS に取り込むようにしているので、後から鑑賞するのも PC かたまに DLNA 経由でテレビに映す使い方をしているのですが、最近、幼稚園などでイベントが増え、奥さんが撮影する機会が増えてきたので、手間をかけずにテレビで見られるように mini HDMI ケーブルを買ってみました。

ソニー / DLC-HDM20 (ブラック)

B000RG9KNA

既に HEC(HDMI Ethernet Channel)対応のケーブルにモデルチェンジしているので、既に旧型になっています。カメラから HEC を使うことはまずないだろうし、型落ちのため少し安く買えたので。

DLC-HDM20

mini HDMI-ノーマル HDMI のケーブルで、単純にカメラをテレビに繋ぐだけのものです。ノーマル HDMI もそんなに大きなコネクタじゃないですが、カメラ程度の大きさの機器では、この程度のサイズの違いでも大きな違い。

ケーブルを繋いでテレビの入力を切り替えれば映るので、取り込みとか面倒なことを考えなくて良いのは、人に使わせる上ではとてもラクですね。ウチの奥さんは今まで撮った動画を Handycam の液晶画面で再生して楽しむという非常にもったいない使い方をしていたのですが(´д`)、これで本来の画質で観ることができるようになりました。
自宅だけでなく、帰省したときにも撮った映像をそのまま両親に見せたりできるので、意外と重宝しそう。

投稿者 B : 23:59 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/12/13 (Mon.)

絞り内蔵 EF-m4/3 マウントアダプタの噂

EFレンズで絞りを使えるKIPON製マウントアダプタの続報が掲載 - デジカメinfo
EOSHD.com - Kipon introduce Canon-Micro 4/3rds lens adapter with mechanical aperture control

KIPON が絞り機構つき EF-マイクロフォーサーズマウントアダプタを開発中とのこと。今までも EF-m4/3 や EF-NEX アダプタは存在していましたが、EF マウントは電子絞りのため、マウントアダプタを使用すると絞り開放でしか使えないという制限がありました。
しかし開発中のこのマウントアダプタは、アダプタ側に物理的に絞り機構を搭載しており、EF レンズでも絞りが使用可能になる点が既存のマウントアダプタとの大きな違いです。画像を見る限りでは 14 枚の円形絞りなのでボケの形は良さそうですが、レンズ本来の設計とは異なる位置に絞りが入ることで、画質的には何かしらの影響を受ける可能性があります。

私はマイクロフォーサーズにはもうあまり興味がないのですが、基本的にマイクロフォーサーズ用の出たマウントアダプタは NEX でも出る可能性が高いので、そこに期待しています。私のような EOS と NEX の両刀遣いには福音と言ってもいいマウントアダプタ。NEX 用の開発を楽しみに待ちたいと思います。

投稿者 B : 22:43 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2010/11/16 (Tue.)

CONTAX 1A MC Filter

先日のせいざんでの異種カメラオフで、MacBS さんからこんなものをいただいてしまいました。

CONTAX / 46mm 1A MC Filter

CONTAX 1A MC Filter

マルミの My Color Filter のエントリーを読んで、ご自宅に転がっていたのを持ってきてくださったとか。

My Color Filter よりも CONTAX 純正の P-Filter のほうがデザインの統一性が高いけど、P-Filter はモノコートなので最近のフィルタに比べると対反射性能が見劣りしそうなんですよね。というところまでは調べていたんですが、1A Filter の存在はノーマークでした。CONTAX の純正フィルタには P-Filter(プロテクタ)以外にも 1A(スカイライト)、UV(紫外線カット)、A2(曇天用色補正)、B2(朝夕用色補正)があり、P-Filter 以外はマルチコートのようです。
ということで、この 1A Filter ならマルチコートの常用レンズプロテクタ代わりに使えそう。よーく見るとコーティングが紫がかっていて、スカイライトフィルタであることが窺えますが、実写には大きな影響はないでしょう。

CONTAX 1A MC Filter

My Color Filter と比較すると、枠の色がけっこう明らかに違うのが分かります。CONTAX 純正はレンズの外装と同じく上品なシャンパンゴールドなのに対して、My Color Filter のパールゴールドはその色名称に反して赤みが強く、ちょっと品のない感じ。どちらもフレームはアルミ製だと思いますが、塗装のせいか My Color Filter のほうはちょっと安っぽく見えてしまいます。

CONTAX 1A MC Filter

レンズに装着してみたところ。この一体感、素晴らしいじゃないですか。個体差や塗装の経年変化でよく見ると微かに色味が違いますが、質感は同じでレンズとフィルタの境界面で段差もできず、まるで最初からこのフィルタがついていたかのようなたたずまいです。
うーん、こうなると純正のレンズフードやかぶせ式レンズキャップまで揃えたくなってしまうな(笑。

気分的なものかもしれませんが、やっぱりモノコートよりもマルチコートのほうが安心して使えるというもの。デザインの統一感も得られるのであれば、今後 CONTAX G 用レンズが増えた際には純正の 1A か UV を買おうと思いました。CONTAX 専門店の極楽堂あたりなら、今でも何とか新品で入手は可能なようですし。

さておき、どうもりがとうございました>MacBS さん。大事に使います。

投稿者 B : 23:46 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/10/19 (Tue.)

マルミの My Color Filter

私が NEX で使っている CONTAX G 用 Planar は鏡筒がシャンパンゴールドなので、色味がピッタリ合うレンズプロテクタやフィルタがあまり市販されていません。とりあえず今はケンコー PRO1D の黒枠を使っているんですが・・・。

PRO1D

こんな感じで、ダメとは言わないけど見た目的にはちょっと美しくない。
径やカラーの一体感なら京セラ純正の P-Filter がベストで、中古カメラ屋に行けば今でもけっこう新品購入できるのすが、残念ながらマルチコーティングじゃないらしく、性能的にはサードパーティ製の現行製品のほうがよさげ。

そんな折、最近ヨドバシやビックのカメラ売り場に行くとやたら販促されている製品があり、これがどうも似合いそうな気がしました。

マルミ光機株式会社 >一眼レフカメラ用のおしゃれでかわいい保護フィルター マイカラーフィルター(My Color Filter)
マルミ / My Color Filter 46mm (パールゴールド)

My Color Filter

なんかこう、いかにも・・・なパッケージでレジに持って行くのにちょっと躊躇してしまいましたが(´д`)、明らかにカメラ女子を意識した体ですね。ゴールドやホワイトはカメラ女子以外のニーズもあるだろうから、もう少し控えめにしておいてほしい・・・。

My Color Filter

さておき、最近はミラーレス機、あるいは一眼レフでもペンタックス K-r のようにカラフルなカメラが増えてきています。ここをビジネスチャンスと見たのでしょうが、目の付けどころとしてはなかなか悪くないんじゃないかと。
店頭の展示なんかを見るとレンズフィルタの枠をボディカラーに合わせるような提案をしていますが、私は逆にレンズ鏡筒の色に合わせてみました。

My Color Filter

純正の P-Filter と違って鏡筒とフィルタに少し段差ができてしまいますが、色味はけっこう近いし、まあ許容範囲。写真ではあえて色味の差が目立つように撮っていますが、光の当たり具合ではもう少し自然。ぱっと見ではあまり違和感がなく、よく見るとちょっと違う(フィルタのほうが赤みが強くて光り方が鈍い)、という感じ。CONTAX G 用のレンズは個体差なのか日焼けによる経年劣化なのかわかりませんが、個体によって微妙に色味が違うものがあります。私が持っている P45 は比較的淡泊なシャンパンゴールドですが、もう少し黄色っぽい色味の個体も存在するので、そういう個体のほうがマッチングはいいかもしれません。

ということで、今後も他の CONTAX G レンズを買うときは、同じくこのフィルタを使おうと思います。
ただ、単なるプロテクトフィルタなのに、枠に色をつけるだけでこの値段はちょっと足下見てるなあ・・・とは思いますが(´д`)。

ちなみに NEX はレンズがアルミシルバーなので、このマルミの My Color Filter シリーズではないですが、シルバーのレンズプロテクタを使いたくなるところ。でも現行の NEX 用レンズはレンズ径に比べてフィルタ径が一回り小さく、シルバーのフィルタをつけると逆に浮いてしまうので、逆にブラックのフィルタのほうが違和感がないような気がします。

Sony E 16mm F2.8

でもパンケーキレンズなんかはもともとが薄い鏡筒なので、薄枠のプロテクタのほうが似合うでしょうね。私は PRO1D を使っていますが、ツァイスの T* コーティングプロテクタなんかも良さそうです。

投稿者 B : 23:46 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/09/29 (Wed.)

NEX-5 のキャリングポーチ(とりあえず)

唐突ですが、NEX のケースって何を使っていますか?

私は休日の撮影や外出であれば去年買った CLUMPLER の 4 ミリオンをかなり重宝しています。でも、平日の通勤バッグに突っ込んでおくためのケース/ポーチに、なかなかいいのがない。

速写ケースや本体ぴったりサイズのケースだと、装着するレンズに制限が出てくるし、そもそもそういう系のケースは 16mm のパンケーキレンズ装着を想定したものばかりで、18-55mm やマウントアダプタ+オールドレンズといった組み合わせに合うものがなかなか見当たりません。
そこでラッピングクロスの出番なのですが、あれは包むものの形状にとらわれないのとしまうときにかさばらないのはとても良いけど、包むのが案外面倒。カメラの出し入れが多そうなときにはちょっと億劫だったりします。
そこでできるだけ汎用性を持たせつつ、出し入れもしやすい、となると、結局このあたりに落ち着くんですよね。

ハクバ / トリコットスエードポーチ

トリコットスエードポーチ

安くて、シンプルで、質感が好みで、上記の私の要件を満たす、となると、このくらいしか解がないように思います。サイズはいろいろ試行錯誤した結果、ボディ+レンズ 1 本をつけて入る最小サイズが S。パンケーキを入れておくための SS をひとつと、パンケーキ以外のレンズを入れておくためにもうひとつ S サイズを。