b's mono-log

2008/01/25 (Fri.)

Sony DSC-W170

Sony raises a smile with new W-Series (Digital Photography Review)

こちらも PMA 08 に向けて、SEL で Cyber-shot の複数の新モデルが出てきている模様。DSC-T300、DSC-H10、DSC-W シリーズ、DSC-S シリーズが登場しているようですが、個人的にはもう T シリーズは買う気がないし、H シリーズは求めている方向性と違うし、いつも通りだと S シリーズは国内では出ないだろうし、ということで唯一 W シリーズが気になります。最上位機種の W170 は「ようやく」広角 28mm に対応するようだし、評判のスマイルシャッターも搭載してくるようなので、消去法で選ぶならこれかなあ。今の DSC-T9 を使い続けるのもそろそろ限界です。

ただ、どれも順当進化すぎて驚きに欠けるのも事実。一つくらいサプライズがあってほしい気がします。


キヤノン、動き検出機能を新搭載した「IXY DIGITAL 20 IS」 (デジカメ Watch)

IXY にも新モデルが登場。春に出てくるのは常にカジュアル系のラインアップということで、昨年の IXY DIGITAL 10 の後継という位置づけでしょうが、デザインを一新して IS 機構まで搭載し、性格的には毎年秋に出てくる IXY 3 桁系にかなり近くなりました。
あまり特長のないカメラではありますが、バランスとしては悪くないし、最近徐々に質感が下がっている IXY にあってアルミ筐体だし、キャメル・ブラウンあたりのシックなカラバリは嫌いじゃないし、実際のモノの出来と実勢価格によってはこれも悪くないかも。同時に 910 IS のカラバリも発表されてますが、こっちはなんか今さら感が漂っているし・・・。

とりあえず PMA までの間の各社正式発表を待ってみて、この春はとりあえずどれか一つ買ってしまおうと思っています。

投稿者 B : 01:04 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2007/10/30 (Tue.)

RICOH GR DIGITAL II

リコー、高級コンパクト機「GR DIGITAL II」 (デジカメ Watch)
リコー、GR DIGITAL IIの発表会を横浜美術館で開催 (デジカメ Watch)

リコーから名機 GR DIGITAL の後継機種が登場。基本コンセプトは初代 GRD のそれを継承したまま、後発の Caplio GX100 が上回っていた部分を搭載してきた感じ。GR DIGITAL の 800 万画素でも十分だった気がするので、個人的にはスペックアップするよりも価格帯を下げてほしかったところですが、時間とともに微細度が高まるのは半導体の常なので仕方ないですかね。
28mm 単焦点、無骨な「道具として」のデザイン、コンデジの枠を飛び越えた画質、など玄人好みのするカメラがそのまま進化したことを歓迎するカメラ好きは多いでしょう。私も GRD は前々からちょびっと気になるカメラだったのですが、価格帯や位置づけ的に私が求めているコンデジとは違うんですよねー。

まあ、とはいえ、気になるものは気になるんで、お店に並んだら見に行きたいと思います。そういえば、シグマの DP1 はどうなったんだろう・・・。

投稿者 B : 22:56 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2007/10/13 (Sat.)

続々・デジイチユーザーのコンデジ選び

DSC-T9 を買って以来かれこれ 2 年近くコンデジを買い換えておらず、T9 でも無難に大きな問題はないものの、やっぱり画質面ではイマイチという思いが拭いきれず、いい加減そろそろ買い換えたいと思っています。買い換え自体はもう 1 年前から考えているのに、「これ」という機種が出てこずなかなか買い換えられない(´д`)。でもこの秋のキヤノンのラインアップあたりは悪くなさそうなので、ちとカメラ屋に行って一通り見てきました。

画質、使い勝手、今の手持ち(EOS・Cyber-shot)との共通性を考えて、候補に挙がっているのは IXY DIGITAL 910 ISPowerShot G9Cyber-shot W200Cyber-shot T200 の 4 機種。

T200 はスマイルシャッターの話ばかりで画質に言及している記事をほとんど見かけないし、タッチパネルオンリーの操作性は必ずしも使いやすくないと感じたので却下。屈曲光学系はもういいや。薄くて軽いのは良いので、常にカバンに入れておけるのは利点ですが、その役割は今の T9 で良いかなと。

PowerShot G9 は画質という意味では現行コンデジの中でもトップクラスだと思います。1,200 万画素クラスだと今の手持ち DSLR より高解像度になっちゃうのはどうかと思いますが(笑)、DSLR のサブとして G7・G9 を使う人も少なくないらしいし。でも、サブ機として Kiss Digital X を買った上では G9 はかぶるかなあと・・・。

残るは最もスタンダードなコンデジ然とした 2 機種。DSC-W シリーズはフツーすぎて以前は興味がなかったんですが、は先日の三好和義氏の写真展で W200 の作例を見て、コンデジでもこれだけの画が撮れるのか!と感動して以来、けっこう気になっていたりします。ただ、W200 自体は Cyber-shot の操作性が大幅に変わった最初の機種でまだ「こなれていない」感じだし、やはりどうしても W シリーズは物欲をそそるプラットフォームではないので、ちょっと様子見。

残るは昨年のヒットモデルの後継機種、IXY DIGITAL 910 IS。去年のクネクネしたデザインはあまり好きになれなかったんですが(笑)、今年は直線と曲線を巧く組み合わせつつ比較的シンプルな印象にまとめてきたと思います。ブラックとシルバーのコンビネーションが良いのかな。ただ、コストダウンの影響か?本体の質感はちょっと落ちたような気がします。
画質面ではいろいろレビューが上がっていますが、

【新製品レビュー】キヤノンIXY DIGITAL 910 IS (デジカメ Watch)
広角28ミリのIXYがリニューアル――キヤノン「IXY DIGITAL 910 IS」 (ITmedia)
【レビュー】IXY DIGITAL 910 IS (ASCII.jp)

900 IS より周辺部の画質は向上したという意見もあれば、相変わらず流れているという意見もあり。作例を見ると多少改善しているようにも見えますが・・・。あと、個人的に広角コンデジに感じているのは、電源投入時に必ずワイド端から始まること。最広角が必要になるシーンばかりではないので、28mm にも対応しつつ電源投入時は 35mm 前後の画角からスタートしてくれたほうが使いやすいと思うんですけどね。

どれか気に入ったらその場で買って帰ろうかと思っていたんですが、どうもどれも決め手に欠けてそのまま帰ってきてしまいました。KDX を買ってから、日常的にはコンデジの出番が減っていることもあり、そんなに切羽詰まっていないからかもしれませんが、それだけ細かいことは差し置いて「欲しい!」と思わせるものがなくなってきているような気がします。来春の新モデルまで待ちかなあ・・・。

投稿者 B : 23:42 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2007/08/20 (Mon.)

Canon EOS 40D

キヤノンから EOS を含むデジタルカメラの新製品群が一斉に登場。

キヤノン、デジタル一眼レフカメラなど秋モデル発表会 (デジカメ Watch)
キヤノン、2,110万画素になったフルサイズデジタル一眼「EOS-1Ds Mark III」 (デジカメ Watch)
キヤノン、ライブビューが可能な中級デジタル一眼レフ「EOS 40D」 (デジカメ Watch)
キヤノン、超広角「EF 14mm F2.8 L USM」をリニューアル (デジカメ Watch)

今回のはちょっと「キターーーーー!!」という感じです。
1Ds と L レンズは手が出ないのでとりあえず置いておいて(ぉ、やっぱり気になるのは 40D。

  1. 1,010 万画素の APS-C サイズ CMOS センサ搭載

  2. 14bit ADC と DIGIC III 搭載

  3. 液晶モニタが 3.0 インチに大型化

  4. AF にも対応したライブビュー機能搭載

  5. 待望のアンチダスト機能搭載

  6. 防塵防滴のマグネシウムボディ

  7. 連写性能が 6.5 コマ/秒 に高速化

  8. ファインダ倍率が 0.95 倍にアップ。しかもスクリーン交換に対応

  9. AF センサは全クロスセンサ化、中央は縦横 F2.8 対応

5 番目くらいまではだいたい予想がついていましたが、それ以外の改善ポイントが大きすぎ。連写性能アップ(私の場合はモータースポーツの撮影くらいでしか使いませんが)、ファインダ改善とスクリーン交換対応、および AF センサのパワーアップはインパクト大きいです。特にファインダ周りはニコンやペンタックスと比較したときの弱点になっており、個人的にも MF レンズの使いにくさを実感していたので、ついにそこに手を入れてきたかという感じ。正直、予想できていた範囲では 30D からの買い換えはガマンできるかなと思っていましたが、これはかなりくらくら来てしまいました。基本性能据え置きでブラッシュアップ中心だった 20D→30D の変更とは比べものにならない大バージョンアップなので、これは従来機種から乗り換えるキヤノンユーザーは多いんだろうなー。唯一弱点になり得るとすれば、高画素化したことで高感度ノイズにどの程度の影響が出ているか未知数なところでしょうか。

私はこないだ KDX を買ったばかりで、それ自体は全然後悔してませんが、ちょっとこの 40D はやばいですね。正直、α-7000 を手に入れたのをきっかけに、この秋は機会をみてαの中級機に手を出してみようかな・・・と思っていましたが、むしろ 30D の買い換えを優先に考えたくなってきてしまいました。これだけパワーアップしていながら価格は 30D から据え置きなんだから、キヤノンさんもにくいことをしてくれたもんです。

同時発表になったレンズは入門クラスに IS が搭載されています。

キヤノン、IS搭載のデジタル専用低価格ズーム2本 (デジカメ Watch)

従来の 18-55mm、55-200mm から大きな重量アップなしに IS ユニットを内蔵。55-250 は EF-S マウントになってしまいましたが、それよりも望遠側の焦点距離延長が歓迎されるはずです。IS 化と引き替えに USM を失ってしまったのはどうかと思うところもありますが、他社のボディ内手ブレ補正の(システムとしての)価格競争力を考えると、USM よりも低価格に IS を搭載することを優先したことは理にかなっていると言えます。
とはいえ、このレンズはクラス的には 40D と組み合わせるよりも KDX 向きでしょうね。近々 KDX にこのレンズをセットにしたキットが発売されるか、あるいは来春頃に KDX 後継機種とのキットが登場することでしょう。発表会ではエントリー機の今後に関しても言及されていますが、あるいは来春時点では KDX はとりあえず据え置きのまま、ニコン 40D 対抗で下位ラインアップを追加するか、KDX の価格を下げつつ 40D との間に 1 ラインアップ置きにくるか、という可能性もありますね。
そういえば、だいぶ前から噂されている 5D の後継(あるいは廉価版)は今回もありませんでしたが、これだけの大モデルチェンジに同時発表がないということは、来春かなあ。


ちなみに、同日にソニーからも APS-C センサが発表になっています。

ソニー、APS-Cサイズの有効1,247万画素CMOS (デジカメ Watch)

こちらはついに CCD から CMOS に移行してきたかという感じ。近日中には D200 の後継機種やαの中位機種が発表されるんでしょうね。

それからコンデジもどかっと発表。気になったものだけピックアップ。

キヤノン、1,210万画素になったIXYフラッグシップ「IXY DIGITAL 2000 IS」 (デジカメ Watch)
キヤノン、3型液晶を搭載した広角28mmモデル「IXY DIGITAL 910 IS」 (デジカメ Watch)
キヤノン、RAW記録に対応した多機能コンパクト「PowerShot G9」 (デジカメ Watch)

コンデジの買い換えもずっと悩んでるんですよね。最後にコンデジを買ったのは DSC-T9 で、もう 2 年近く経つし、もう少しまともな画質のコンデジが欲しいと思っているので(そのうち半分くらいの用は KDX で事足りるようになっちゃいましたが)。
正直、IXY-D 2000 IS や PowerShot G9 を買ってしまうと手持ちのカメラの中で最大解像度のセンサ(1,210 万画素)になってしまうのでどうかと思いますが(笑)、この中のどれかか近々出るであろう Cyber-shot の秋モデルのどれかを買おうかなあと考えています。
910 IS はバランス的に最も堅いセンではあるんですが、広角 28mm スタートはそこまで必要としていないし、2000 IS との価格差も少ないので悩みどころ。広角で無理をしていない 2000 IS のほうが画質的には無難そうな気もします。

というわけで、久々に物欲がふつふつと沸いてきたのでした。いや、相変わらずいろいろ買ってはいますが、新製品発表時にこれだけココロ動かされたのも、久しぶり・・・。

投稿者 B : 23:58 | Camera | Compact | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/03/19 (Mon.)

続・デジイチユーザーのコンデジ選び

【実写速報】キヤノン IXY DIGITAL 10 (デジカメ Watch)

週末、たまたま家電量販店に寄ったついでに発売になっていた IXY DIGITAL 90・10 を見てきました。
IXY DIGITAL 10 のほうはカタログ写真を見てかなり物欲をそそられていましたが、実物を見てそこまでの衝動に駆られなかったのも事実でした。非常にシンプルで美しいデザインではあるものの、強烈な「ブツ感」みたいなものがないというか・・・レンズ周りの円形デザインがヘアラインアルミだったら、とか思いましたが、そんな感じでもう少しディテールへのこだわりが欲しかった気がします。まあ、APS の初代 IXY とかも今見ると多少レトロな感じはあるんですが。
そういう意味では上位機種の IXY DIGITAL 90 のほうが細部の仕上げが凝っていたり、「今のデザイン」という雰囲気で好感が持てました。買うならこっちかなあ、とちょっと思ったものの、どちらもズームレバーが小さくて使いづらいかなあ、と思い、とりあえず保留。

キヤノン PowerShot G7【第6回】サブカメラとしてのG7 (デジカメ Watch:気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート)

そう考えていたら、こんな記事が。そうなんですよねー。私もちょっと前から思っていたものの、今の PowerShot G7 って今までの G シリーズからだいぶ路線を変えて(まあ、DSLR 市場が成熟してきた上での路線変更でしょうが)コンパクトになってきたので、これもありかなあと。DSLR 並みの画質をコンデジに期待してはいけないのは分かっていつつも、とりあえず現時点のコンデジにおけるフルスペックモデルが IXY DIGITAL 90 の価格+¥1 万と考えると、(ちょっと大きいけど)ここらあたりが一番賢明な選択のような気もします。

という感じで、悩みはつきません・・・。

投稿者 B : 22:22 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2007/02/28 (Wed.)

Cyber-shot に BIONZ が

ハイビジョン静止画出力対応の新"サイバーショット"4機種など発売 (Sony Drive)

Cyber-shot の新製品群。IXY DIGITAL 90/10 にクラッと来かけている私ですが、一応チェック。

ポイントは流行の顔認識機能に対応したこと、画像処理エンジンがαと同じ「BIONZ」になったこと、音楽つきスライドショー機能「音フォト」が HD 出力(コンポーネント接続)に対応したことくらいでしょうか。個人的には音フォトの対象ユーザーではなさそうなのでそれは良しとして、顔認識機能はフェイスフォーカスだけでなく露出や色まで自動補正してくれるインテリジェントなものでけっこう使えそうだし、BIONZ は従来の RIP に比べれば高速で画質も高そうなのが気になります。最近のトレンドになっている広角 28mm スタートのズームレンズは搭載してませんが、個人的には DSLR があるのでそこまで広角にこだわってないため無問題。撮像素子もコンデジはもう 500 万画素以上あればどうでも良いです。

問題は T シリーズのなかなか刷新されない光学系ですが、今回は T100 で光学 5 倍ズーム搭載。ただ、相変わらず F3.5 始まりなんですよね・・・。この極小屈曲レンズで 5 倍ズームしてもなあ、という気もするので、それなら F2.8-5.2 の W80 のほうが素性は良いように思います(テレ端で F5.2 というのがかなり怖いけど)。W80 でも顔認識、BIONZ、HD 音フォトというフィーチャーは備えているので、価格やサイズとのバランスを考えると W80 かな・・・H7 は DSLR と絶対にかぶるので対象外。
でもやっぱり一番気になるのは BIONZ の性能でしょうかね。今までの T シリーズ(に限らず薄型のコンデジはどれもですが)は暗部ノイズがどうしても許せなかったので、そのあたりがどの程度改善されているか次第かな、と思います。ISO3200 までの高感度対応もウリみたいですが、無闇に超高感度を追求するよりは実使用域の ISO400~800 あたりの画質改善を求めたいですね。

とりあえずそんなに買い換えを急いでるわけでもないので、一通り出そろったら IXY と比較してみようと思います。

投稿者 B : 22:58 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2007/02/22 (Thu.)

キヤノン春の新製品

キヤノン、APS-Hサイズの1,010万画素CMOS搭載「EOS-1D Mark III」 ~2つのDIGIC IIIやゴミ対策、ライブビュー機能を搭載 (デジカメ Watch)
キヤノン、3型液晶モニター搭載の薄型モデル「IXY DIGITAL 90」 ~フラットデザインの「IXY DIGITAL 10」も (デジカメ Watch)
キヤノン、縦型スタイルの手ブレ補正10倍ズーム機「PowerShot TX1」 ~バリアングル液晶モニター搭載、HD動画記録が可能 (デジカメ Watch)

キヤノンから春の新製品が一斉に発表。1D Mark III のライブビュー搭載や動画対応 PowerShot もちょっとびっくりですが、今回の本命は IXY なのです。あ、そのうち買おうと思っていたスピードライトも「580EX II」にバージョンアップしてますが、これはいずれ買いそうな予感。

本命は IXY DIGITAL 900 IS の後継かな、と思っていたけど、今回は出ず。まあ、今売れに売れているところなので、あえてモデルチェンジするまでもないでしょうが。ってことで、無難な性能ではあるけど、コンパクトで使いやすそうな今回の新製品はけっこう気になります。
新製品は IXY DIGITAL 90 と IXY DIGITAL 10 の 2 製品で、おそらく液晶モニタサイズと本体デザイン、光学ファインダの有無以外はほぼ共通スペック。35mm 判換算で 35-105mm、F2.8-4.9 は突出した性能でこそないものの、スペック上は今使っている DSC-T9 より上。実写画像次第ですが、低ノイズで定評の高いキヤノンの画が継承されているなら買いかなあ、と思います。かれこれ 10 年近くコンデジは Cyber-shot ばかり使ってきましたが、T シリーズのレンズ性能の低さやノイズ感に嫌気が差してそろそろ他メーカーを使ってみようかなあ、と思っていたし。
IXY DIGITAL 900 IS も気になっていたけどコンデジではそこまで広角を必要としていないのと、900 IS の画質がイマイチな様子だったので、どちらかというと今回の新製品のほうがバランスは良さげ。液晶サイズが違っても画素数が同じなので画面サイズの差は私にとってはそこまで大きな違いではないし、とりあえず店頭で見てみて気に入ったほうを買ってみようかな、と思います。まあ、いずれにせよ実写画像と実機を見てからですが・・・。

投稿者 B : 23:59 | Camera | Compact | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2006/12/06 (Wed.)

IXY DIGITAL 900 IS

キヤノン IXY DIGITAL 900 IS【最終回】 魅力的な仕様を堪能、完成度はもう一息か (デジカメ Watch:気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート)

カメラ屋に行くたびに展示品を触って思案していた IXY DIGITAL 900 IS ですが、とりあえずこのレビュー記事の完結まで読んでから、と思っていた連載がひとまず完了。ポイントはやっぱり

  • レンズの画質がイマイチ

  • デフォルトが 28mm スタート

でしょうか。仕様と実写画像をみてたぶんそうだろうなーとは思っていましたが、起動時の画角は 35~50mm くらいじゃないとちょっと使いにくそうだし、レンズも広角で周辺が流れるだけでなく、イマイチパリッとしない感じ。等倍で見るから気になるとはいえ、もう一息という気がします。アンチシェイクや高感度での画質は相変わらず定評が高いですが、DSC-T10 から買い換えるほどではないかなあ・・・という感じ。
来春の新製品が出たらまた考えたいけど、開発のサイクルを考えると一度光学系をリニューアルしたら次の 1~2 回は撮像素子の画素アップやソフト系のブラッシュアップ、という感じなので、あまり期待できないかなあ。コンデジは 1 年買い換えていないので(←十分だろ)、そろそろ、という気もしているんですが。

投稿者 B : 22:41 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2006/11/02 (Thu.)

鈴鹿写真が続々

こないだの IXY DIGITAL 900 IS のレポートに続いて、今度は LUMIX FZ50 での鈴鹿レポートが。

【特別企画】LUMIX DMC-FZ50で撮る「F1日本グランプリ」 (デジカメ Watch)

どちらもコンデジではあるけど、撮影時設定が記載されていて参考になります。シャッタースピード 1/1000sec は速すぎるかな、と思ってたんですが、けっこう妥当だったみたいですね。ただ、ISO 感度と絞りはやっぱりあまり適切ではなかった模様・・・。
でも、私の写真も描写がそれなりに甘くなってしまっているとはいえ、さすがに解像感では 30D のほうが勝ってますね。

個人的には、こういう媒体には実際に現場へカメラ持って行く人のために予習特集(撮影ポイントとかカメラ設定とか、テクニックとか)を組んでほしかったり。事後掲載だと「ああすれば良かった」ばっかりなんですよね(´д`)。

投稿者 B : 23:54 | Camera | Compact | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/10/19 (Thu.)

デジイチユーザーのコンデジ選び

リングライトを購入して、コンデジでのブツ撮りの画質はある程度向上したものの、屋内での使用では DSC-T9 の根本的にノイジーな部分はやっぱり解消せず、暗部ノイズからは解放されないんですよね。デジイチを使うようになって(30D がノイズに強いから、余計に感じるんでしょうが)だんだんこれがガマンできなくなってきました。
試しに、久々に DSC-P100 を引っ張り出して使ってみたところ、T9 より好ましい画なことを改めて発見。CCD サイズの問題かとも思ったんですが、最近のコンデジの主流は 1/2.5 型で 700 万画素クラスなので、T9 とほぼ変わらず。やっぱり、これは光学系と処理系の問題か・・・。

P100 はバランスが良くて当時かなり長く使っていたので、サブ機を T9 から P100 に戻しても良いんですが、アンチシェイクなし・本体サイズでかい・液晶小さい、とコンセプトの古さが目立つんですよね。なので、ぼんやりと、何か良いのがないか物色中。

第一候補はやっぱり EOS のサブということなので IXY DIGITAL 900 IS。IS つきで広角 28mm というイマドキのトレンドを押さえているし、DIGIC III の画質が気になるというのが大きいです。なんだかんだとバランスが良くて使いやすそう。
暗部ノイズの少なさという点ではフジの FinePix F30 の評判が高いみたいで気にはなるけど、あのデザインはどうも持ちたいと思えない(´д`)。写真はデザインで撮るわけじゃないとはいえ、ちょっとなあ・・・。他にはとりあえず安くて無難な DSC-W50 も悪くなさそうですが、これといって特長もない(たぶん高感度以外は P100 と大差なさそう)のがどうか。LUMIX はなぜか買う気になれないし、あくまでサブなら GR DIGITAL は高価すぎるし・・・それでも、シグマの DP1 は気になるけど。

そんなちょうど良いタイミングでちょうど良いレビュー連載が。

キヤノン IXY DIGITAL 900 IS【第1回】 コンパ用最強デジカメ? まずは鈴鹿F1へ (デジカメ Watch:気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート)

って、この人今年も鈴鹿行ってるし・・・ここは逆バンク~ダンロップ間の自由席かな。
画質的にはワイド端だと周辺の描写が甘くなるみたい。実写画像を見る限り画質は今一歩な気もするけど、とりあえずもう少し評判が出揃ってくるのを待ってみようかと。

投稿者 B : 23:41 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック