b's mono-log

2006/12/06 (Wed.)

IXY DIGITAL 900 IS

キヤノン IXY DIGITAL 900 IS【最終回】 魅力的な仕様を堪能、完成度はもう一息か (デジカメ Watch:気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート)

カメラ屋に行くたびに展示品を触って思案していた IXY DIGITAL 900 IS ですが、とりあえずこのレビュー記事の完結まで読んでから、と思っていた連載がひとまず完了。ポイントはやっぱり

  • レンズの画質がイマイチ

  • デフォルトが 28mm スタート

でしょうか。仕様と実写画像をみてたぶんそうだろうなーとは思っていましたが、起動時の画角は 35~50mm くらいじゃないとちょっと使いにくそうだし、レンズも広角で周辺が流れるだけでなく、イマイチパリッとしない感じ。等倍で見るから気になるとはいえ、もう一息という気がします。アンチシェイクや高感度での画質は相変わらず定評が高いですが、DSC-T10 から買い換えるほどではないかなあ・・・という感じ。
来春の新製品が出たらまた考えたいけど、開発のサイクルを考えると一度光学系をリニューアルしたら次の 1~2 回は撮像素子の画素アップやソフト系のブラッシュアップ、という感じなので、あまり期待できないかなあ。コンデジは 1 年買い換えていないので(←十分だろ)、そろそろ、という気もしているんですが。

投稿者 B : 22:41 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2006/11/02 (Thu.)

鈴鹿写真が続々

こないだの IXY DIGITAL 900 IS のレポートに続いて、今度は LUMIX FZ50 での鈴鹿レポートが。

【特別企画】LUMIX DMC-FZ50で撮る「F1日本グランプリ」 (デジカメ Watch)

どちらもコンデジではあるけど、撮影時設定が記載されていて参考になります。シャッタースピード 1/1000sec は速すぎるかな、と思ってたんですが、けっこう妥当だったみたいですね。ただ、ISO 感度と絞りはやっぱりあまり適切ではなかった模様・・・。
でも、私の写真も描写がそれなりに甘くなってしまっているとはいえ、さすがに解像感では 30D のほうが勝ってますね。

個人的には、こういう媒体には実際に現場へカメラ持って行く人のために予習特集(撮影ポイントとかカメラ設定とか、テクニックとか)を組んでほしかったり。事後掲載だと「ああすれば良かった」ばっかりなんですよね(´д`)。

投稿者 B : 23:54 | Camera | Compact | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/10/19 (Thu.)

デジイチユーザーのコンデジ選び

リングライトを購入して、コンデジでのブツ撮りの画質はある程度向上したものの、屋内での使用では DSC-T9 の根本的にノイジーな部分はやっぱり解消せず、暗部ノイズからは解放されないんですよね。デジイチを使うようになって(30D がノイズに強いから、余計に感じるんでしょうが)だんだんこれがガマンできなくなってきました。
試しに、久々に DSC-P100 を引っ張り出して使ってみたところ、T9 より好ましい画なことを改めて発見。CCD サイズの問題かとも思ったんですが、最近のコンデジの主流は 1/2.5 型で 700 万画素クラスなので、T9 とほぼ変わらず。やっぱり、これは光学系と処理系の問題か・・・。

P100 はバランスが良くて当時かなり長く使っていたので、サブ機を T9 から P100 に戻しても良いんですが、アンチシェイクなし・本体サイズでかい・液晶小さい、とコンセプトの古さが目立つんですよね。なので、ぼんやりと、何か良いのがないか物色中。

第一候補はやっぱり EOS のサブということなので IXY DIGITAL 900 IS。IS つきで広角 28mm というイマドキのトレンドを押さえているし、DIGIC III の画質が気になるというのが大きいです。なんだかんだとバランスが良くて使いやすそう。
暗部ノイズの少なさという点ではフジの FinePix F30 の評判が高いみたいで気にはなるけど、あのデザインはどうも持ちたいと思えない(´д`)。写真はデザインで撮るわけじゃないとはいえ、ちょっとなあ・・・。他にはとりあえず安くて無難な DSC-W50 も悪くなさそうですが、これといって特長もない(たぶん高感度以外は P100 と大差なさそう)のがどうか。LUMIX はなぜか買う気になれないし、あくまでサブなら GR DIGITAL は高価すぎるし・・・それでも、シグマの DP1 は気になるけど。

そんなちょうど良いタイミングでちょうど良いレビュー連載が。

キヤノン IXY DIGITAL 900 IS【第1回】 コンパ用最強デジカメ? まずは鈴鹿F1へ (デジカメ Watch:気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート)

って、この人今年も鈴鹿行ってるし・・・ここは逆バンク~ダンロップ間の自由席かな。
画質的にはワイド端だと周辺の描写が甘くなるみたい。実写画像を見る限り画質は今一歩な気もするけど、とりあえずもう少し評判が出揃ってくるのを待ってみようかと。

投稿者 B : 23:41 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2006/09/27 (Wed.)

シグマの新製品ラッシュ

シグマ、FOVEONセンサー採用のデジタル一眼レフ「SD14」 ~有効1,406万画素、5点測距AFやJPEG記録にも対応 (デジカメ Watch)
シグマ、FOVEONセンサー搭載コンパクト「DP1」 ~28mmレンズとSD14と同サイズの1,406万画素センサーを搭載 (デジカメ Watch)

今年の photokina のシグマは気合い入ってますね・・・。

FOVEON センサ搭載の SD14 は、買わないにしても面白そうなカメラ。SD10 はデザインが無骨すぎて興味が湧かなかったけど、今回はスタンダードながら悪くないデザイン。従来 RAW でしか撮れなかったのが JPEG にも対応して、一般ユーザーでも敷居はそれなりに低くなりました(まあ、マニアックなことに変わりはないけど)。

でも個人的にはむしろコンデジの DP1 のほうが気になります。いや、最近周囲に GR DIGITAL を買った人が増えていて、その歪みのない・見通しの高い画にかなり惹かれているんですが、ちょっと時期を逸したというかこのタイミングで買うのも悔しいし・・・と思っていたところなのです。この DP1 もある意味 GR DIGITAL のフォロワーでしょうが、広角 28mm の高級コンデジと FOVEON が同時に試せるという魅力が・・・。価格次第(多分高いんだろうな)だけど、楽しみなカメラです。

シグマ、手ブレ補正搭載高倍率ズームレンズ「18-200mm F3.5-6.3 DC OS」 (デジカメ Watch)
シグマ、デジタル専用大口径標準ズーム「18-50mm F2.8 Macro」 ~最短撮影距離を短縮し、値下げ (デジカメ Watch)

こちらはレンズ。18-200mm OS は私は買わないけど、DSLR の定番レンズとなりつつある 18-200 の OS ということで、一般向けにはもう定番という感じ。
また、2004 年に出たばかりの 18-50mm F2.8 EX DC も早くもモデルチェンジして、マクロ対応になりました。私は 30D と同時購入する標準レンズを悩んでいた頃からずっと同社の 17-70mm と 18-50mm で迷っていたので、これまた気になるモデルチェンジ。17-70mm もズーム倍率はそこそこ高く、そこそこ明るく、かつマクロも使える万能選手なんですが、ワイド端で周辺光量落ちが(構図によっては)若干気になることと、F2.8 で使える領域が狭い(ちょっとズームするだけですぐ F3.5 に落ちる)のが不満で、未だに 18-50mm F2.8 も良いなあ・・・と思っていたのでした。これで AF が高速で静粛な HSM 搭載だったりしたら間違いなく手が滑っていたでしょうが、まあ、あくまでマイナーチェンジだし、単焦点レンズがけっこう揃ってきた標準焦点域にあまりコストかけてもしょうがないし・・・ということで踏みとどまっています。

いや、それはともかくとして、シグマ、ここのところやたら元気ですよね。今後の展開も楽しみです。

投稿者 B : 23:57 | Camera | Compact | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2006/08/27 (Sun.)

Sony HVL-RLS

Cyber-shot T10 と同時発売になったマクロリングライトを購入。

ソニー / HVL-RLS

T9→T10 の進化は買い換えに足るものではなかったので見送ったんですが、同時発売のアクセサリはリングライト、GPS などなかなかよさげなものばかり。中でも blog などのブツ撮りで T9 のマクロ・拡大鏡モードを頻繁に使うので、撮影用の照明かリングライトが欲しいなあと常々思っていたのでした。blog のブツ撮りに 30D を引っ張り出してくるのは億劫だし、かといって地明かりだけだと(主に夜間は)T9 だとけっこうノイズが気になるし、ということで。いや、一眼レフ用のリングライトが高すぎる、というのもあるんですが。
GPS も面白そうだったんですが、まだあまり用途が広くない(Google Maps API を使ったオンラインサービスがもっと普及してくれば・・・)のでとりあえず待ち。

点灯時はこんな感じに。三脚用のネジ穴に固定して 2 箇所のアジャスタで取りつけるので、T10 でなくてもかなり汎用的に(少なくとも最近の P・W・T シリーズはほぼ網羅)使えます。光源は白色 LED で照度は 2 種類から選べるんですが、けっこう明るいですね。

実際に使ってみた感じは↓の通り。


リングライトなし


リングライト弱


リングライト強

室内の蛍光灯と白色 LED の色温度が違うせいか、ホワイトバランスが若干ずれちゃってますが、やっぱりリングライトありのほうが明らかに光が行き渡っていてノイズも少ないです。モノによっては反射が気になったりしますが、そうでないものについてはマクロ撮影時にはほぼ常用したい感じ。
まあ、これとは別にスタジオボックスとかも買おうと思っているんですが、まあ追い追い。

ついでにソフトキャリングケースも買ってみましたが、「本体にフィットする」と書いてあるわりにけっこうぶかぶかなんですけど(´д`)。カバンに入れるものの容積を少しでも減らしたい私としては、今まで代用していた HDD ウォークマン用の吉田カバン製ケースのほうが良かったかな・・・。

投稿者 B : 19:42 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2006/01/09 (Mon.)

DSC-T9 インプレッション

DSC-T9 を買ってしばらく経ち、年末年始や連休を挟んでいろいろ撮ってみたので簡単なインプレを。

とりあえず全部フルオートで撮ってます。
けっこう適当に撮ってもほとんど手ブレ・被写体ブレしないのはさすがですね。今までの T シリーズ(に限らず P シリーズとかでもだけど)ではブレを考慮して同じカットを 3~4 枚撮っておかないと不安だったのが、これならほとんどその必要はなさそう。
4 枚目の写真を見れば分かりますが、十分に明るいところでも雪が止まって写っているところを見ると、常にシャッタースピードは速めでチューニングされている可能性があります。

どの写真もややディテールが甘い感じになってしまっていたり、暗部ノイズが気になるのは旧 DSC-T シリーズと同じ傾向。これはレンズが暗く画素ピッチが小さい本シリーズの性格なので致し方ないところか。まあ、スナップ写真としては及第点なので良しとしましょう。
でもこの作例を見る限り、引きの画よりもマクロ~拡大鏡モードのほうが得意な気もします。

描写力とスタミナという意味では DSC-P100 のほうが優れているのでおそらく併用することになると思いますが、普段使いはほぼ T9 がメインになりそうです。これでしばらくコンデジの買い換えは必要ないかなー。

投稿者 B : 20:34 | Camera | Compact | コメント (4) | トラックバック

2005/12/18 (Sun.)

DSC-T9 を購入

ずーっと悩んでたんですが、やっぱり手ブレはいやーん、ちゅうことで思い切って購入。年末でいろいろクーポンとかついて安かったし。

ソニー / Cyber-shot DSC-T9 (ブラック)

ソニスタで買ったのでサンワサプライ製のメモステ Duo リーダのおまけつき。
色はたぶんいろんな人とかぶるんだろうなあ・・・と思いつつ、いつものブラック。実物見たらブラックのほうが断然落ち着いてるんだもの。
ストラップは T7 で使っていたのと色違いの、ABITAX のレッド。私にしては珍しい色だけど、たまにはこういうのもいいかなと思って。

まだほとんど試し撮りもできてないんで画質のインプレはまたにしますが、手ブレ補正がホントにちゃんと効いてノイズも少ないようなら、コンデジはほぼ T9 に一本化してもいいかなくらいに思ってます。一応 P100(ブルー)は使い勝手いいんで併用するでしょうが、たぶん T7(ブラック)と L1(ポラリスブラック)は使わなくなるんだろうな。誰か欲しい人いれば定価の半額で(以下略

ケースはどうしよう、という感じなんだけど、今まで T7 は名刺と一緒にカードケースに入れていたのが、T9 だと厚みがあってあまりスマートじゃない。でなんかヘッポの BLACKBEAUTY のケースがあるらしいじゃないですか!T9 のブラックと一緒に使えってばかりのブラック。例のハラコとかクロコのケースよりも断然欲しいんですけど!でもあんまり原宿好きじゃないんだよなあ・・・。

投稿者 B : 23:15 | Camera | Compact | コメント (3) | トラックバック

2005/11/01 (Tue.)

Sony DSC-T9

「光学式手ブレ補正」と「高感度」 ダブルでブレない高画質“サイバーショット”『DSC-T9』発売 (Sony Drive)

DSC-T シリーズの新製品発表。米国で先行発表されていたスタンダードコンデジ「DSC-N1」と同時に、未発表だった「DSC-T9」が国内発表されました。
よーーーうやくと言っていいアンチシェイク機能搭載。全てのデジカメの中で最も手ブレの激しいクラスである DSC-T シリーズに「ようやく」搭載されたこの機能は、光学式手ブレ補正+高感度という両張りのアプローチ。まあ、この暗いレンズで高感度モードがどれだけノイズレスで撮れるのかという疑問はあるものの、今まで T シリーズを敬遠してきた最大の弱点が見直されたのは特筆に値するでしょう。

ただ、本体薄さは DSC-T7 の 9.8mm(レンズカバー込みで 14.7mm)から厚くなり、16.8mm(レンズカバー込み 20.6mm)となったのはデザインも含めて初代 DSC-T1 にほぼ逆戻りしてしまった印象。アンチシェイクを積んだ分仕方がないのでしょうが、位置づけ的にも T9 は DSC-T3 の後継であり、T7 は機能よりも薄さ方向に進化した別の派生モデルといったところのようです。

個人的にも仕事用の T7 から買い換えたい気持ちがしてはいるんですが、ちょっと厚くなった分名刺ケースに入るか不安もあり。仕事用としては半ば割り切っている部分もあるんで、T7 でもいいかなとも思いつつ・・・うーん、どうしたものか。

投稿者 B : 13:31 | Camera | Compact | コメント (4) | トラックバック

2005/09/30 (Fri.)

Sony DSC-T7

仕事用に新調したものシリーズその 7。

ソニー / Cyber-shot DSC-T7 (ブラック)

DSC-T シリーズは個人的に「買ってはいけないデジカメ」だと思っていたんですが、仕事用のコンデジを物色していたところ、たまたま安く手に入ったもので。初代 DSC-T1 で一度懲りているのでプライベート用だったら絶対に手を出していなかったところですが、仕事用(メモ用、スナップ用、マクロ撮影用)と割り切れば本当に使い勝手の良いカメラでした。
仕事柄静物やブツ撮りが多いのでシャッタースピードの遅さはあまり気にならないし、むしろマクロ撮影用の拡大鏡モードがあるのが他のカメラに対するアドバンテージでしょうか(本当は他の Cyber-shot にもつけてほしいくらい)。レンズは暗いけど、特に残すための撮影をするわけでもないので許容範囲かと。
意外と急にカメラが必要になるケースが多いので、カードケースに名刺と一緒に入れておけば常に持ち歩いてすぐに使えます。って本当はもったいなくてケースを買っていないだけだけど(ぉ。

↑T7 のために買ったストラップ。ABITAX 製で、ときどきソニエリのキャンペーンで Sony Ericsson ロゴ入りバージョンがプレゼントされているやつです。応募してもなかなか当たらないので自分で買いました(´д`)。カラバリがいろいろあるので他のもののストラップにも使ってみたい感じ。

ちなみに、T7 に付属のバッテリチャージャ(本体側に充電用端子がないので、チャージャで充電)ってインフォリチウム E だけじゃなくて R(P100 系のバッテリ)や T(T1 や L1 のバッテリ)にも対応しているんですね。なんと私が持っているコンデジ全てのバッテリに対応しているので自宅用にもう一つ欲しいんですが、同等品が市販されてないじゃない(;´Д`)ヾ。保守部品扱いで取り寄せるかなー。

投稿者 B : 22:01 | Camera | Compact | コメント (1) | トラックバック