b's mono-log

2007/09/07 (Fri.)

α700

ソニー、1,224万画素CMOSの中級デジタル一眼「α700」 (デジカメ Watch)
ソニー、「第2章」突入をアピールしたα700発表会 (デジカメ Watch)

αマウントのある意味「本命」とも言えるボディがようやく登場。ソニーブランド以降の初代機α100 からはもう 1 年以上経つわけで、本当に長く待たされました。α100 はいわばカタログスペック偏重主義でカメラとしての作りはお世辞にも良いとは言い難く、その後 1 年あまりの間に登場したライバルメーカーの新興機に明らかに後れを取り始めていましたから、本当に長かったというのが正直な感想です。まあ、エントリークラスでは当面α100 が前線を張るわけで、そろそろ辛いんじゃないのと思いますが、後継はまだ出ないんですかね。ミノルタの殻を破って「デジタルらしく」「一回り以上小型軽量な」後継機種とか出てきたら魅力的だと思うんですけど。

さておき、α700。ほぼ同スペックのセンサを採用した D300 を見た直後ですし、価格性能比ではバツグンの破壊力を持つ 40D も登場しているので、強烈なインパクトというほどのことはないですが、この 2 機種に対抗しうるスペックにまとめてきたかなと思います。また、「らしさ」という意味では 16:9 モードでの撮影や、HDMI 端子を備え(端子だけなら D300 にもつきましたが)新 BRAVIA と組み合わせてフォトモードでの表示ができるなど、AV 総合メーカーならではの強みを生かしてきたのは評価できるところだと思います。ただ、純粋にカメラとしてみると、ファインダ性能や AF センサスペック(中央デュアルクロスというのは面白いけど)という根本的な撮影の快適さに関わる部分がライバル 2 機種より劣っているので、ガチンコ勝負というよりは局地戦に持ち込みつつうまく棲み分けていくんじゃないかな、と思います。価格的にも、D300 と 40D の間のところにすっぽりハマりますし。何よりミドルクラスの中では比較的軽いほう(700g 弱)というのがいいですね。ライブビューがないのは気になるけど、これもまだ発展途上の技術という感じで、無理に搭載しても中途半端なものにしかならなかったでしょうし。

ボディ的にはようやくツァイスや G レンズが活かせるものが出てきたんじゃないでしょうか。正直、キットレンズ以外はα100 にはオーバースペックと思えるようなものばかりだったので・・・。まあ、Planar 85/1.4 や Sonnar 135/1.8 といったレンズの性能を本当に使い切りたいと思ったら、来年と言われているハイエンド機(α900?)待ちでしょうけど。
同時にズームレンズも何本か発表されてますが、(開発発表段階である 70-300 の G レンズを除き)なぜか DT の標準ズームレンズが 2 本も。18-250 は製造元であるタムロンのものも好調らしいですが、αではこないだ純正の 18-200 を出したばかりだし、16-105 にしたって 18-70 とツァイスの 16-80 があるところなので、ちょっと微妙じゃないかと(まあ、18-70 はα700 には力不足だと思うので、α700 のキットレンズという位置づけなんでしょうが)。むしろ G レンズじゃないリーズナブルな 35 単とか、P50(あ、これはハイエンド機の標準単焦点として出そうな気もする)とか、レンズラインアップの歯抜けはまだあると思うんですが、っていうのは少数民族たる単焦点派のボヤキですか。

まあまだまだミノルタ路線から飛躍して独自性を見出すには至っていないとは思いますが、オリンパスもフォーサーズ規格を作ってから「らしさ」を活かした E-400 を出すまでには 4 年を要したわけで。とりあえず、現時点での回答として、αシステムの懐の深さを保証する意味として、悪くないボディが出てきたんじゃないかと思います。あとは現物の仕上がりがどこまでのものになるかですね。α100 のように実機を見てがっかり、ではなく、「おー!」と思えるものだったら良いんですけど。こないだα-7000 を手に入れてしまった身としては宿命を感じざるを得ないわけで、気にもなるし・・・。

投稿者 B : 00:46 | Camera | DSLR | コメント (2) | トラックバック

2007/08/24 (Fri.)

Nikon D3/D300

ニコン、「D3」と「D300」発表会を開催 (デジカメ Watch)
ニコン、フルサイズCMOSを搭載したフラッグシップ機「D3」 (デジカメ Watch)
ニコン、1,230万画素CMOS搭載デジタル一眼レフ「D300」 (デジカメ Watch)

キヤノンに続きニコンも DSLR の新製品を発表。キヤノンの 1Ds Mark III・40D というラインアップと真っ向から競合する、ハイエンドとミドルレンジのラインアップです。東西横綱がっぷり四つという感じですね。
D3 は驚きのフルサイズセンサ搭載。ニコンはセンサ技術を持っていないから社外調達の APS-C センサのスペックに引きずられ続けるかと思っていましたが、なんとフルサイズ CMOS センサを自社開発してくるとは。ちなみに、D300 のほうは先日発表されたソニーの 1,200 万画素 APS-C センサをベースとしているようです。
あとはライブビューとかアンチダストとか。このへんの技術はもう現代の DSLR のスタンダードになりつつある感覚ですね。

キヤノンもニコンも最近は成長著しいエントリー機のラインアップ強化に余念がない感じでしたが、やっぱり上位機種の発表は内容も演出も派手で良いですね。あとめぼしいところではα中級機とオリンパスの E-1 後継機の発表は少なくとも残っているはず。買うかどうかはともかくとして、いちカメラファンとして楽しみな季節がやってきました。

投稿者 B : 00:22 | Camera | DSLR | コメント (2) | トラックバック

2007/08/22 (Wed.)

KDX を使ってみて

えっと、このエントリーは本当は 40D の発表前に手をつけていたんですが、書き上げる前に 40D がものすごいスペックで発表されてしまったので(ぉ、40D を念頭に置きつつ書き直し・・・。

KDX を買って直後にα-7000 を手に入れ、KDX はそのまま 30D の延長線上で使えてしまったのに対してα-7000 にはそこそこ手がかかったので、KDX のことをマトモに書いていませんでしたが、40D も発表されてしまったことだし、30D の総括も兼ねて KDX のインプレを。

KDX のスペックはキヤノンの機能比較表でも一目瞭然なんですが、KDN の頃に 30D に劣っていたポイントがほとんど解消(30D に匹敵するレベルになった)されて、まさに 30D の凝縮版といえる完成度を誇っていると思います。画素数・アンチダスト機能についてはむしろ KDX のほうが上回っているくらいですし、カタログスペック上明らかに違うのは、ファインダの倍率、連写性能、AF フレームの選択方式、バッテリライフくらいじゃないでしょうか(40D はさらなる高みに行ってしまいましたが)。
ただ、操作性は明らかに 30D のほうが高いと思います。やっぱりサブ電子ダイヤルの操作性は慣れるとラクで、KDX の十字キーとは違いますね。カタログに現れない部分での差別化がうまくいっているというのでしょうか?撮影中に設定を変更して撮り続けることがテンポを乱さずにできるのはやっぱり 30D のほうで、KDX だとワンクッション置く感じになってしまいますね。
ただ、30D はマメに掃除していないとなんだかんだいってゴミがつきやすいので、KDX のアンチダスト機能は素直に羨ましいですね。

カメラの性能的には(少なくとも散歩カメラとしては)どちらも大差ないし、画質面でも大きな差は感じられないので、子どもと出かけるときは KDX 中心で、そうでないときや写真が主目的のときは 30D で、という感じで使い分けたいと思います。40D は発表以来毎日 Web を見ては溜息をついてますが、当面はグッとガマンの子。特価が出たりヨドビックのポイントが貯まってきたりすると、つい手が滑るかもしれませんが(ぉ。

投稿者 B : 23:58 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/08/20 (Mon.)

Canon EOS 40D

キヤノンから EOS を含むデジタルカメラの新製品群が一斉に登場。

キヤノン、デジタル一眼レフカメラなど秋モデル発表会 (デジカメ Watch)
キヤノン、2,110万画素になったフルサイズデジタル一眼「EOS-1Ds Mark III」 (デジカメ Watch)
キヤノン、ライブビューが可能な中級デジタル一眼レフ「EOS 40D」 (デジカメ Watch)
キヤノン、超広角「EF 14mm F2.8 L USM」をリニューアル (デジカメ Watch)

今回のはちょっと「キターーーーー!!」という感じです。
1Ds と L レンズは手が出ないのでとりあえず置いておいて(ぉ、やっぱり気になるのは 40D。

  1. 1,010 万画素の APS-C サイズ CMOS センサ搭載

  2. 14bit ADC と DIGIC III 搭載

  3. 液晶モニタが 3.0 インチに大型化

  4. AF にも対応したライブビュー機能搭載

  5. 待望のアンチダスト機能搭載

  6. 防塵防滴のマグネシウムボディ

  7. 連写性能が 6.5 コマ/秒 に高速化

  8. ファインダ倍率が 0.95 倍にアップ。しかもスクリーン交換に対応

  9. AF センサは全クロスセンサ化、中央は縦横 F2.8 対応

5 番目くらいまではだいたい予想がついていましたが、それ以外の改善ポイントが大きすぎ。連写性能アップ(私の場合はモータースポーツの撮影くらいでしか使いませんが)、ファインダ改善とスクリーン交換対応、および AF センサのパワーアップはインパクト大きいです。特にファインダ周りはニコンやペンタックスと比較したときの弱点になっており、個人的にも MF レンズの使いにくさを実感していたので、ついにそこに手を入れてきたかという感じ。正直、予想できていた範囲では 30D からの買い換えはガマンできるかなと思っていましたが、これはかなりくらくら来てしまいました。基本性能据え置きでブラッシュアップ中心だった 20D→30D の変更とは比べものにならない大バージョンアップなので、これは従来機種から乗り換えるキヤノンユーザーは多いんだろうなー。唯一弱点になり得るとすれば、高画素化したことで高感度ノイズにどの程度の影響が出ているか未知数なところでしょうか。

私はこないだ KDX を買ったばかりで、それ自体は全然後悔してませんが、ちょっとこの 40D はやばいですね。正直、α-7000 を手に入れたのをきっかけに、この秋は機会をみてαの中級機に手を出してみようかな・・・と思っていましたが、むしろ 30D の買い換えを優先に考えたくなってきてしまいました。これだけパワーアップしていながら価格は 30D から据え置きなんだから、キヤノンさんもにくいことをしてくれたもんです。

同時発表になったレンズは入門クラスに IS が搭載されています。

キヤノン、IS搭載のデジタル専用低価格ズーム2本 (デジカメ Watch)

従来の 18-55mm、55-200mm から大きな重量アップなしに IS ユニットを内蔵。55-250 は EF-S マウントになってしまいましたが、それよりも望遠側の焦点距離延長が歓迎されるはずです。IS 化と引き替えに USM を失ってしまったのはどうかと思うところもありますが、他社のボディ内手ブレ補正の(システムとしての)価格競争力を考えると、USM よりも低価格に IS を搭載することを優先したことは理にかなっていると言えます。
とはいえ、このレンズはクラス的には 40D と組み合わせるよりも KDX 向きでしょうね。近々 KDX にこのレンズをセットにしたキットが発売されるか、あるいは来春頃に KDX 後継機種とのキットが登場することでしょう。発表会ではエントリー機の今後に関しても言及されていますが、あるいは来春時点では KDX はとりあえず据え置きのまま、ニコン 40D 対抗で下位ラインアップを追加するか、KDX の価格を下げつつ 40D との間に 1 ラインアップ置きにくるか、という可能性もありますね。
そういえば、だいぶ前から噂されている 5D の後継(あるいは廉価版)は今回もありませんでしたが、これだけの大モデルチェンジに同時発表がないということは、来春かなあ。


ちなみに、同日にソニーからも APS-C センサが発表になっています。

ソニー、APS-Cサイズの有効1,247万画素CMOS (デジカメ Watch)

こちらはついに CCD から CMOS に移行してきたかという感じ。近日中には D200 の後継機種やαの中位機種が発表されるんでしょうね。

それからコンデジもどかっと発表。気になったものだけピックアップ。

キヤノン、1,210万画素になったIXYフラッグシップ「IXY DIGITAL 2000 IS」 (デジカメ Watch)
キヤノン、3型液晶を搭載した広角28mmモデル「IXY DIGITAL 910 IS」 (デジカメ Watch)
キヤノン、RAW記録に対応した多機能コンパクト「PowerShot G9」 (デジカメ Watch)

コンデジの買い換えもずっと悩んでるんですよね。最後にコンデジを買ったのは DSC-T9 で、もう 2 年近く経つし、もう少しまともな画質のコンデジが欲しいと思っているので(そのうち半分くらいの用は KDX で事足りるようになっちゃいましたが)。
正直、IXY-D 2000 IS や PowerShot G9 を買ってしまうと手持ちのカメラの中で最大解像度のセンサ(1,210 万画素)になってしまうのでどうかと思いますが(笑)、この中のどれかか近々出るであろう Cyber-shot の秋モデルのどれかを買おうかなあと考えています。
910 IS はバランス的に最も堅いセンではあるんですが、広角 28mm スタートはそこまで必要としていないし、2000 IS との価格差も少ないので悩みどころ。広角で無理をしていない 2000 IS のほうが画質的には無難そうな気もします。

というわけで、久々に物欲がふつふつと沸いてきたのでした。いや、相変わらずいろいろ買ってはいますが、新製品発表時にこれだけココロ動かされたのも、久しぶり・・・。

投稿者 B : 23:58 | Camera | Compact | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/07/28 (Sat.)

30D のサブボディをマジメに検討中

こう毎日暑いとなかなか外に写真撮りに出たいとも思えないですよね。するとどうしても目が物欲の方向に向いてしまうわけですが、レンズもさることながら最近はサブ機としてのボディの追加をけっこう本気で考えてます。私の場合、「写真を撮りに行く」というより「子どもを散歩に連れて行くついでに撮る」というケースのほうが多いため、次第に子どもが目を離せないほど活発になって 30D では辛くなってきました(それ以前に撮ってる場合じゃないことも多いけど)。ということで、普段使い用にフットワークの軽いボディを追加で購入しようかと思ってます。

最近は各社小型軽量なボディが出揃ってきた感じなので、とりあえず EF マウントにはこだわらず考えてみました。

  • キヤノン / EOS Kiss Digital X

  • 30D のサブならなんだかんだ言って最有力候補。操作系は 30D とはだいぶ違いますが、画素数含め 30D より高性能な部分もいくつか。軽さもこれなら申し分ないレベルだと思うけど、難点は 30D 以上にファインダが狭いことでしょうかね。

  • ニコン / D80

  • ニコンはなんか買いたいと思わない・・・。

  • オリンパス / E-510

  • 今最も気になるカメラがこれ(E-410 は小さすぎて対象外)。握った感触も悪くないし、ミラーショックの感触も嫌いじゃない。ただ、これはダブルズームキットで買わないと損だし、かといってそんな予算はないし(´д`)。手を出すならフォーサーズと心中する気で買うか、完全に単焦点レンズ遊び用と割り切るかだけど、マウントアダプタを使うと手ブレ補正が使えないという致命的な弱点が・・・。

  • ペンタックス / K100D Super

  • 一年前だったら迷わず K100D だったろうなあ、というくらい良いカメラだと思いますが、各社がアンチシェイク・アンチダストに対応してきて特長が感じられなくなってしまったんですよねえ。

  • ソニー / α100

  • システムアップを考えると AF に対応したツァイスレンズをラインアップしているのは魅力的ですが、少なくとも今のα100 には魅力を感じないんですよね・・・カタログスペック的にはライバル機と大差ないながら、質感とかシャッター音とかがどうも満足度を下げている気がします。(今回の主旨からは完全に外れるけど)年内には出るという中級機のほうが気になります。入門機にももっと「ソニーらしい」特長を出してくれたらなあ。

まあ、悩ましいところだけど、結局この選択肢から選ぶとすると KDX が無難かなあ・・・。

投稿者 B : 20:39 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/07/20 (Fri.)

Zeiss for PENTAX

コシナ、ペンタックス用カールツァイス「ZK」レンズを投入 (デジカメ Watch)

コシナからペンタックス KA マウント向けのツァイスレンズが発表。ペンタックスは会社の将来の不透明さ(HOYA に買われてもそのまま DSLR 事業は売却される可能性がある)とは裏腹に、カメラグランプリを受賞したり K100D のアップデート版を投入したりツァイスが対応したり、調子良いですね。

しかしこれで国内の主要システムでツァイスレンズが出ていないのは、あとキヤノンとフォーサーズだけになっちゃいましたか。どちらも M42(ZS)をマウントアダプタ経由で使えるから問題ないといえばないけど、EF マウント対応の ZE とか出ないかなあ。

投稿者 B : 12:19 | Camera | DSLR | トラックバック

2007/07/14 (Sat.)

サンヨン

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】 キヤノン「EF 300mm F4 L IS USM」 (デジカメ Watch)

せっかくの三連休も台風のおかげで台無し。写真撮りに出かけたかったのに・・・。

外に出られないとやっぱり機材いじったりレンズカタログを見たりしながら過ごしてしまうわけなんですが、デジカメ Watch にサンヨンが登場。去年の鈴鹿に‘み’さんが持って行っていたのを知ってから、気になっているんですよね・・・。サンニッパやゴーヨン、ロクヨンのようなスーパーレンズは買えないけど、サンヨンなら何とか手が出るレベル。
今年の富士には 400mm 級のズームかこのサンヨンを持って行けると良いなあ、と思いつつ、なかなか手が出ない状態だったりします。レンタルという手もあるけど、3~4 日借りると¥10,000 くらいしてしまうので、それなら買っちゃったほうがいいような気もするし。

まあ、タイミングずれで鈴鹿直後に届いた EF70-300mm もまだ使い切れていなかったりするので、手持ちの望遠レンズをもっと使ってやることのほうが先決かな・・・。

投稿者 B : 20:56 | Camera | DSLR | コメント (5) | トラックバック

2007/07/10 (Tue.)

OLYMPUS E-510

【伊達淳一のデジタルでいこう!】オリンパスE-510 量産試作機実写速報 ~超望遠レンズで試したい手ブレ補正機能搭載機 (デジカメ Watch)

30D を買って以来もっとも気になっていたのはこの E-510 かもしれません。極めつけは私の誕生日発売だし(;´Д`)ヾ。
ということで、私も店頭で見てきました。写りに関しては店頭では確認しきれないので、とりあえず持って/構えてみての感想を。

E-410 はさすがに小さすぎて安定しない感じでしたが(持ち方を変えれば良いのかもしれないけど、メインで 30D を使うとするとちょっと困る)、E-510 のほうはちゃんとグリップがある分しっかりホールドできる感じ。それでも小さめでレリーズが上めについているので、構えはちょっと変わっちゃいますが。
質量的には E-410 よりは 100g ほど重く、KissDX やα100 とも大差ないんですが、レンズが他マウントよりも圧倒的に軽いので、トータルでは十分に小型軽量と言えると思います。子どもの成長に伴い、子どもを連れての散歩カメラとしては 30D が辛くなってきたので(´д`)、サブ機として本体だけでも KissDX を追加しようかとも考えたんですが、ここまで差が出るなら E-510 でも良いかなあ、という気がします(カメラのクラス的には E-510 だと 30D のサブというよりはかぶる感じになっちゃいますが)。

ただ問題は現時点でのフォーサーズのレンズラインアップの少なさじゃないでしょうか。小型化にメリットのあるフォーサーズシステムながら、レンズまで小型軽量を強く意識したものって E-510/410(とその前身である E-400)の登場まであまり選択肢がなく、他のフォーサーズレンズは E-510/410 で使うにはバランスが悪すぎると思います。サードパーティ製レンズにしたって、基本的には 35mm or APS-C 前提の焦点距離やサイズだから、フォーサーズで使いやすいようにも思えないし・・・。今後の展開に期待ではありますが、現状では E-510 をダブルズームキットで購入してそれっきりあとは使うだけ・・・という閉じた使いかたが最も相応しいような気がします。
ただ、これも MF レンズを視野に入れるとだいぶ話が違ってくるんですよね。CONTAX 系のツァイスレンズなら E-510 のクラシックなデザインに似合いそうですし、(明るさを欲張らなければ)比較的コンパクトで写りの良いレンズが多いので本体のコンパクトさをスポイルしないはず。かつ、マウントアダプタを使って他の APS-C 機と共用すれば異なる画角で使えるという旨味もあります。ダブルズームキット+CONTAX の単焦点いくつかというコンビネーションが最も楽しめそうな気が。

といってツァイス使いの自分を正当化しようとしているだけだったりしますが(ぉ)、やっぱり E-510 は最近で最も気になるボディ。いたずらにマウントを増やしたくないという思いもあるし、年内に出てくるαの中位機種(?)というのも気になりますが、悩ましいところです。

投稿者 B : 23:48 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/06/26 (Tue.)

EF-S60/2.8 MACRO を試す

EF-S60/2.8 MACRO ですが、軽くインプレを。

マクロレンズって初めて(シグマ 17-70 も疑似マクロ機能ありだけど、最大撮影倍率が低いので)ですが、特化レンズというよりは「寄れるポートレートレンズ」という感覚ですね。ただ、マクロ域に対応しているだけあって、通常レンズとして使うと AF の合焦が遅いという違いがあるくらい。コンデジは全域マクロで使っても多少遅い程度で実用になりますが、一眼のマクロレンズは USM でもいったん外すとリカバリに時間がかかるので、常用はちょっと辛いですね。

とりあえず最大倍率で試してみました。

ここまで寄れます。スペック上は等倍だけど、APS-C なので 1.6 倍?以前、DSC-F707 にレイノックスのスーパーマクロレンズを試したことがありましたが、それと同じくらい寄れる感じでしょうか(途中のレンズも撮像素子も違いますが、もちろんピントが合っている範囲の解像感はこっちが上)。

試しに DSC-T9 の「拡大鏡モード」で同じように撮ってみました。寄れるという意味ではこっちのほうが寄れます(それこそレンズが時計のガラスにくっつきそうなほど)が、やっぱりノイジーなんですよね。今まではこれでガマンしていたという感じ。
今まではマクロ撮影というとコンデジでそれこそ被写体に近づいて撮っていたんですが、60mm(35mm 換算で 96mm 相当)だとそれなりに離れないと寄りすぎになるので、この新しい距離感に慣れないといけないなー。

植物を撮ってみても、

こんな感じ。ふだん使っている Planar とはぜんぜん違ったボケかたですね。Planar の描写はそれはそれで気に入っているんですが、EF-S60/2.8 MACRO もこれはこれで良い。こちらのほうが DSLR らしい写りというのでしょうか。やっぱり桜の季節に購入しておけば良かったかなと思ったり・・・。

これでレンズの焦点距離・用途としては 30D 購入時にイメージしていたものをほぼ一通り揃えられたかなと思います。あとは単焦点レンズでぼちぼち遊ぼうかなと。

というか、マクロレンズを手に入れるとマクロ雲台が欲しくなりますね(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:25 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/06/01 (Fri.)

HOYA とペンタックスが TOB で合意

HOYAとペンタックス、TOB実施で合意 (デジカメ Watch)

もめていた HOYA とペンタックスの合併話がようやく決着。結局、HOYA の提案どおり TOB が行われることになりました。
とはいえ HOYA がペンタックスのカメラ事業をコアビジネスと捉えていないようなのがどうも気になります。コンデジをやめて DSLR に注力するとか、645 Digital みたいな高付加価値製品だけ残して他のカメラ事業をやめてしまうとか、合併後しばらく続けてみて芽が伸びなそうだったら事業ごと SAMSUNG あたりに売却とか、そういう可能性ばかり心配になってきます。

経営という意味では正しい選択なのかもしれないし、ペンタックス側が合併をいったん白紙に戻そうとしたのは株主にしてみれば良い迷惑かもしれませんが、「カメラブランドの PENTAX」としてみると、なんだか複雑な気分。

投稿者 B : 22:22 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック