b's mono-log

2007/07/20 (Fri.)

Zeiss for PENTAX

コシナ、ペンタックス用カールツァイス「ZK」レンズを投入 (デジカメ Watch)

コシナからペンタックス KA マウント向けのツァイスレンズが発表。ペンタックスは会社の将来の不透明さ(HOYA に買われてもそのまま DSLR 事業は売却される可能性がある)とは裏腹に、カメラグランプリを受賞したり K100D のアップデート版を投入したりツァイスが対応したり、調子良いですね。

しかしこれで国内の主要システムでツァイスレンズが出ていないのは、あとキヤノンとフォーサーズだけになっちゃいましたか。どちらも M42(ZS)をマウントアダプタ経由で使えるから問題ないといえばないけど、EF マウント対応の ZE とか出ないかなあ。

投稿者 B : 12:19 | Camera | DSLR | トラックバック

2007/07/14 (Sat.)

サンヨン

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】 キヤノン「EF 300mm F4 L IS USM」 (デジカメ Watch)

せっかくの三連休も台風のおかげで台無し。写真撮りに出かけたかったのに・・・。

外に出られないとやっぱり機材いじったりレンズカタログを見たりしながら過ごしてしまうわけなんですが、デジカメ Watch にサンヨンが登場。去年の鈴鹿に‘み’さんが持って行っていたのを知ってから、気になっているんですよね・・・。サンニッパやゴーヨン、ロクヨンのようなスーパーレンズは買えないけど、サンヨンなら何とか手が出るレベル。
今年の富士には 400mm 級のズームかこのサンヨンを持って行けると良いなあ、と思いつつ、なかなか手が出ない状態だったりします。レンタルという手もあるけど、3~4 日借りると¥10,000 くらいしてしまうので、それなら買っちゃったほうがいいような気もするし。

まあ、タイミングずれで鈴鹿直後に届いた EF70-300mm もまだ使い切れていなかったりするので、手持ちの望遠レンズをもっと使ってやることのほうが先決かな・・・。

投稿者 B : 20:56 | Camera | DSLR | コメント (5) | トラックバック

2007/07/10 (Tue.)

OLYMPUS E-510

【伊達淳一のデジタルでいこう!】オリンパスE-510 量産試作機実写速報 ~超望遠レンズで試したい手ブレ補正機能搭載機 (デジカメ Watch)

30D を買って以来もっとも気になっていたのはこの E-510 かもしれません。極めつけは私の誕生日発売だし(;´Д`)ヾ。
ということで、私も店頭で見てきました。写りに関しては店頭では確認しきれないので、とりあえず持って/構えてみての感想を。

E-410 はさすがに小さすぎて安定しない感じでしたが(持ち方を変えれば良いのかもしれないけど、メインで 30D を使うとするとちょっと困る)、E-510 のほうはちゃんとグリップがある分しっかりホールドできる感じ。それでも小さめでレリーズが上めについているので、構えはちょっと変わっちゃいますが。
質量的には E-410 よりは 100g ほど重く、KissDX やα100 とも大差ないんですが、レンズが他マウントよりも圧倒的に軽いので、トータルでは十分に小型軽量と言えると思います。子どもの成長に伴い、子どもを連れての散歩カメラとしては 30D が辛くなってきたので(´д`)、サブ機として本体だけでも KissDX を追加しようかとも考えたんですが、ここまで差が出るなら E-510 でも良いかなあ、という気がします(カメラのクラス的には E-510 だと 30D のサブというよりはかぶる感じになっちゃいますが)。

ただ問題は現時点でのフォーサーズのレンズラインアップの少なさじゃないでしょうか。小型化にメリットのあるフォーサーズシステムながら、レンズまで小型軽量を強く意識したものって E-510/410(とその前身である E-400)の登場まであまり選択肢がなく、他のフォーサーズレンズは E-510/410 で使うにはバランスが悪すぎると思います。サードパーティ製レンズにしたって、基本的には 35mm or APS-C 前提の焦点距離やサイズだから、フォーサーズで使いやすいようにも思えないし・・・。今後の展開に期待ではありますが、現状では E-510 をダブルズームキットで購入してそれっきりあとは使うだけ・・・という閉じた使いかたが最も相応しいような気がします。
ただ、これも MF レンズを視野に入れるとだいぶ話が違ってくるんですよね。CONTAX 系のツァイスレンズなら E-510 のクラシックなデザインに似合いそうですし、(明るさを欲張らなければ)比較的コンパクトで写りの良いレンズが多いので本体のコンパクトさをスポイルしないはず。かつ、マウントアダプタを使って他の APS-C 機と共用すれば異なる画角で使えるという旨味もあります。ダブルズームキット+CONTAX の単焦点いくつかというコンビネーションが最も楽しめそうな気が。

といってツァイス使いの自分を正当化しようとしているだけだったりしますが(ぉ)、やっぱり E-510 は最近で最も気になるボディ。いたずらにマウントを増やしたくないという思いもあるし、年内に出てくるαの中位機種(?)というのも気になりますが、悩ましいところです。

投稿者 B : 23:48 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/06/26 (Tue.)

EF-S60/2.8 MACRO を試す

EF-S60/2.8 MACRO ですが、軽くインプレを。

マクロレンズって初めて(シグマ 17-70 も疑似マクロ機能ありだけど、最大撮影倍率が低いので)ですが、特化レンズというよりは「寄れるポートレートレンズ」という感覚ですね。ただ、マクロ域に対応しているだけあって、通常レンズとして使うと AF の合焦が遅いという違いがあるくらい。コンデジは全域マクロで使っても多少遅い程度で実用になりますが、一眼のマクロレンズは USM でもいったん外すとリカバリに時間がかかるので、常用はちょっと辛いですね。

とりあえず最大倍率で試してみました。

ここまで寄れます。スペック上は等倍だけど、APS-C なので 1.6 倍?以前、DSC-F707 にレイノックスのスーパーマクロレンズを試したことがありましたが、それと同じくらい寄れる感じでしょうか(途中のレンズも撮像素子も違いますが、もちろんピントが合っている範囲の解像感はこっちが上)。

試しに DSC-T9 の「拡大鏡モード」で同じように撮ってみました。寄れるという意味ではこっちのほうが寄れます(それこそレンズが時計のガラスにくっつきそうなほど)が、やっぱりノイジーなんですよね。今まではこれでガマンしていたという感じ。
今まではマクロ撮影というとコンデジでそれこそ被写体に近づいて撮っていたんですが、60mm(35mm 換算で 96mm 相当)だとそれなりに離れないと寄りすぎになるので、この新しい距離感に慣れないといけないなー。

植物を撮ってみても、

こんな感じ。ふだん使っている Planar とはぜんぜん違ったボケかたですね。Planar の描写はそれはそれで気に入っているんですが、EF-S60/2.8 MACRO もこれはこれで良い。こちらのほうが DSLR らしい写りというのでしょうか。やっぱり桜の季節に購入しておけば良かったかなと思ったり・・・。

これでレンズの焦点距離・用途としては 30D 購入時にイメージしていたものをほぼ一通り揃えられたかなと思います。あとは単焦点レンズでぼちぼち遊ぼうかなと。

というか、マクロレンズを手に入れるとマクロ雲台が欲しくなりますね(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:25 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/06/01 (Fri.)

HOYA とペンタックスが TOB で合意

HOYAとペンタックス、TOB実施で合意 (デジカメ Watch)

もめていた HOYA とペンタックスの合併話がようやく決着。結局、HOYA の提案どおり TOB が行われることになりました。
とはいえ HOYA がペンタックスのカメラ事業をコアビジネスと捉えていないようなのがどうも気になります。コンデジをやめて DSLR に注力するとか、645 Digital みたいな高付加価値製品だけ残して他のカメラ事業をやめてしまうとか、合併後しばらく続けてみて芽が伸びなそうだったら事業ごと SAMSUNG あたりに売却とか、そういう可能性ばかり心配になってきます。

経営という意味では正しい選択なのかもしれないし、ペンタックス側が合併をいったん白紙に戻そうとしたのは株主にしてみれば良い迷惑かもしれませんが、「カメラブランドの PENTAX」としてみると、なんだか複雑な気分。

投稿者 B : 22:22 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/05/08 (Tue.)

OLYMPUS E-410

【伊達淳一のデジタルでいこう!】オリンパス E-410 ~エントリー向けとは思えない充実機能の小型デジイチ (デジカメ Watch)

最近いろんなカメラ誌で掲載されているだけあって、今最も気になる DSLR はこの E-410 だったりします。写りとか使い勝手は EOS 30D で全然不満はないものの、普段の散歩デジカメとしてはもう少しコンパクトで手持ちの CONTAX Distagon と組み合わせてベストマッチなものがちょっと気になるな・・・と思っていたところに E-410 が出てしまったわけで。サイズ比的に、30D と D35/2.8 ではバランスが悪く(コシナの P50/1.4 はちょうど良いんですけどね)、バランスの良いボディがないかなーと何となく前から思っていました。
キヤノン派としては何故かニコンにだけは手を出すまいと思っているので(ぉ)、EF 以外のマウントでいうとオリンパスとかペンタックスとかαのほうに目がいきます。E-410 は最近の流行である 10Mpx もアンチシェイクもアンチダストも対応していないにも関わらず、軒並み高評価なので、中でも特に気になっている次第(そういえば、一時期あんなに騒がれた K10D の話題が最近全然出なくなったな・・・)。クラシックさ漂うデザインも、CONTAX レンズに合いそうだし・・・。

ただ、店頭でちょっと触ってみたんですが、いくらなんでもちょっと男の手には小さすぎるかな、と思いました。日々 30D を使っているせいでもあるんでしょうが、比較的指が短い私の手でも E-410 は指のやり場に困る感じで、いまいち安定感が得られません。
また、フォーサーズなので焦点距離が 2 倍になると、D35/2.8 では実質 70mm になってしまい、標準レンズとしてはちょっと長すぎるんですよね。D25 か D28 ならぴったりなんですが、わざわざレンズを増やすのもどうかと思うし。
ということで、E-410 はとりあえず保留(まあ、あんまりマウントを増やすのもどうかと思うけど、マウントアダプタを使ってマニュアルレンズで遊ぶ分には)。サイズ感的には今後出てくる E-510 のほうがしっくりきそうかな、という気もしています。あと、今年は出てくるであろう EOS 30D の後継機種とか、αの中位機種(これと DT Vario-Sonnar の組み合わせで使ってみたい)も気になるし、昨年ほどの過熱ぶりではないにせよ、今年も気になる DSLR は少なくありません。

といっても、今の 30D の写りにはさしたる不満もないんですけどね。マクロレンズやスピードライトも欲しいし、物欲のタネは尽きません・・・。

投稿者 B : 23:55 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/04/10 (Tue.)

HOYA とペンタックスの合併が白紙に

ペンタックス、HOYAとの合併中止へ (デジカメ Watch)

HOYA とペンタックスの合併が白紙に。
経営統合時の株式比率や、HOYA が合併後のカメラ事業売却も視野に入れていることなどが理由といわれていますが、確かにペンタックスにしてみればいわゆる本業のひとつ(収益性云々より企業の社会的認知度という意味で)を失うくらいなら、という気持ちも分からなくはありません。ペンタックスの DSLR は去年から非常に良い方向に向いていて、個人的にはこの合併がうまくいって(カメラ事業もこのまま業績が上向いて)二強寡占状態がもうすこし健全な競争市場になってくれれば、とキヤノンユーザーながら期待していましたが、そうもいかなかったようです。ほっとした気持ち半分、残念半分。

そういえば先日ビックカメラとエディオンの経営統合も白紙になりましたよね。国内はあらゆる産業で統廃合が進みつつありながら、いっぽうで風土の異なる複数の企業がひとつになる、というのはそれだけ難しく、単なるスケールメリットや経営効率という観点では語れない、ということが、改めて浮き彫りになっているような気がします。企業の合併も人間の結婚と同じようなもので、片方ばかりが強くてもダメ、お互いに思想や文化を理解し、敬意を払うことが必要なんだろうなあ、と。

投稿者 B : 00:44 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/03/10 (Sat.)

αの上位機種が参考出品

【PMA07】ソニー、「α」最上位機とハイアマチュア向けモデルを参考出品 ~どちらかを2007年中に発売、レンズ8本も参考出品 (デジカメ Watch)
【PMA07】αの歴史において最高峰となるカメラを作る ~ソニーAMC事業部長 勝本徹氏に聞く (デジカメ Watch)
【PMA07】ソニーが参考出品した新α2機種について勝手にいろいろ想像してみた (デジカメ Watch)

米国にて開催中の PMA にて、αの上位機種が参考出品。両機ともにボディ内手ブレ補正、BIONZ 搭載、新開発イメージセンサ搭載以外の情報は明かされていないものの、ハイエンドはフルサイズセンサ搭載、中級機は APS-C サイズの D200・EOS 30D 対抗クラスであるとみて間違いなさそうです。
ハイエンドモデルはペンタ部のデザインがクラシックカメラっぽく、同じ(だろう)フルサイズセンサ機である EOS-1Ds 系とは方向性の異なる、カメラ好きのしそうなデザイン。徐々にラインアップの揃ってきたαマウント向けツァイスレンズ、G レンズ、単焦点レンズを真に活かそうと思ったらこれを買うしかなさそうですが、安くても¥30~40 万くらいしそう。
ハイアマチュア向けと言われている中級機は価格的には¥15 万円くらいでしょうか。ズームキット系以外のレンズと現行のα100 ではちょっとバランスが悪いと感じていたので、α100 や以前のαSweet DIGITAL、α-7 DIGITAL からのステップアップならこれというところでしょうか。個人的には、これと Vario-Sonnar DT 16-80mm の組み合わせで常用してみたいです。

α100 はカタログスペック的には悪くないものの、やはりカメラとしての作りこみが足りないというか、所有感をくすぐるというところには届いていなかったと思っているので、ちゃんと手応えのあるミラーショックとかボディの質感・堅牢性(マグネシウムなら・・・)あたりをクリアしていてくれれば、マウントを増やしてみるのも悪くないかなー(アダプタ経由で手持ちのツァイスも使えるし)と考えていたりします。
キヤノン・ニコン対抗という意味ではボリュームゾーンで勝負をかけているペンタックス・オリンパスと異なり、ラインアップ化で全領域真っ向勝負という戦略がどう出るか分かりませんが、少なくともシステムとしての将来性という意味では、これでようやく安心できる状況になってきました。

投稿者 B : 17:40 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/03/06 (Tue.)

OLYMPUS E-510/E-410

オリンパス、デジタル一眼レフ「E-410」と「E-510」を発表 ~E-1後継機と新レンズの開発表明も (デジカメ Watch)

オリンパスが久々に DSLR の新製品 2 機種を発表。
昨年秋に欧州限定で発売され、国内発売への期待も高かった「E-400」の後継機とその上位機種という位置づけ。フォーサーズの本領発揮ともいうべき小型化にフォーカスしたことと、「デジタル版 OM-1」と言って良いミニマルでクラシカルなデザイン、上位機種にはいよいよボディ内手ブレ補正搭載、あたりがポイントでしょうか。E-410 の 345g という軽さは、休日にちょっと出かけるのにコンデジの代わりに持ち歩いても良いかもとすら思います。あんまりマウントは増やしたくありませんが、E-410 とお手軽コンパクトな標準レンズのセットで普段使いにしてみたい気も。

ジリ貧の状況から K100D・K10D で一気に評価を上げたペンタックスに対して、去年は国内では苦しい状況が続いていたオリンパスですが、ここにきてようやく市場でのパーソナリティを見つけたような気がします。二強に加えて昨年後半からこの古豪二社が盛り返してきたことで、逆に後発のソニー・松下が今度は辛いんじゃないかと思いますが、こちらは今年の第二世代の製品(群)に期待かな。一方で、ニコンも 1,000 万画素クラスのエントリー機「D40x」を出してきたし、今年も引き続きエントリークラスは熱そう。

そういえば、E-510 ってボディ内手ブレ補正がついているけど、松下の手ブレ補正機構内蔵 VARIO-ELMARIT をつけるとどういう風に動くんでしょうね・・・?

投稿者 B : 23:25 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/02/22 (Thu.)

キヤノン春の新製品

キヤノン、APS-Hサイズの1,010万画素CMOS搭載「EOS-1D Mark III」 ~2つのDIGIC IIIやゴミ対策、ライブビュー機能を搭載 (デジカメ Watch)
キヤノン、3型液晶モニター搭載の薄型モデル「IXY DIGITAL 90」 ~フラットデザインの「IXY DIGITAL 10」も (デジカメ Watch)
キヤノン、縦型スタイルの手ブレ補正10倍ズーム機「PowerShot TX1」 ~バリアングル液晶モニター搭載、HD動画記録が可能 (デジカメ Watch)

キヤノンから春の新製品が一斉に発表。1D Mark III のライブビュー搭載や動画対応 PowerShot もちょっとびっくりですが、今回の本命は IXY なのです。あ、そのうち買おうと思っていたスピードライトも「580EX II」にバージョンアップしてますが、これはいずれ買いそうな予感。

本命は IXY DIGITAL 900 IS の後継かな、と思っていたけど、今回は出ず。まあ、今売れに売れているところなので、あえてモデルチェンジするまでもないでしょうが。ってことで、無難な性能ではあるけど、コンパクトで使いやすそうな今回の新製品はけっこう気になります。
新製品は IXY DIGITAL 90 と IXY DIGITAL 10 の 2 製品で、おそらく液晶モニタサイズと本体デザイン、光学ファインダの有無以外はほぼ共通スペック。35mm 判換算で 35-105mm、F2.8-4.9 は突出した性能でこそないものの、スペック上は今使っている DSC-T9 より上。実写画像次第ですが、低ノイズで定評の高いキヤノンの画が継承されているなら買いかなあ、と思います。かれこれ 10 年近くコンデジは Cyber-shot ばかり使ってきましたが、T シリーズのレンズ性能の低さやノイズ感に嫌気が差してそろそろ他メーカーを使ってみようかなあ、と思っていたし。
IXY DIGITAL 900 IS も気になっていたけどコンデジではそこまで広角を必要としていないのと、900 IS の画質がイマイチな様子だったので、どちらかというと今回の新製品のほうがバランスは良さげ。液晶サイズが違っても画素数が同じなので画面サイズの差は私にとってはそこまで大きな違いではないし、とりあえず店頭で見てみて気に入ったほうを買ってみようかな、と思います。まあ、いずれにせよ実写画像と実機を見てからですが・・・。

投稿者 B : 23:59 | Camera | Compact | DSLR | コメント (0) | トラックバック